パパまるハウス

MENU

パパまるハウスはローコストなのにメリットいっぱい!家計に優しいのが評判

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
最終更新:

 

パパまるハウスのうち評判が良いのはローコストなこと

どこのハウスメーカーや施工店に家作りを頼もうかというのは人生最大の選択と言っても良いかもしれませんね。

 

それだけ大きな買い物をするのですから、何十年先も丈夫で長持ちしてくれなければ困ります。

 

パパまるハウスの評判として良いのはなんと言ってもローコストで家が建つという点ですね。

 

パパまるハウス 公式サイト
出典:パパまるハウス 公式サイト

 

これはパパまるハウスの方も意識している点で、そうでないとせっかく建てたマイホームを楽しめないからということでした。

 

確かに、夢がかなってもその代償としてお金が大きく負担になるようならなんだか本末転倒な気がします。

 

企画住宅とはいうものの、むしろ注文住宅のように決め事だらけで頭を悩ませなくても良いと言う人もいます。

 

サッと決めたいならパパまるハウスはぴったりかなと思いますね。

 

口コミから探るパパまるハウスの良さは安さと充実した標準設備

口コミからハウスメーカーのメリットやデメリットを見つけるのは今や当たり前のこととなりましたが、パパまるハウスはどうでしょうか。

 

ネット上だと様々な意見が飛び交っていますが、まとめると「安い割には標準装備が良い」というところでしょうか。

 

安いと謳っているハウスメーカーでも、結局はオプションを付けないと快適に過ごせない場合に高額となります。

 

パパまるハウスはそれがなく、標準装備が充実しているからローコストのままで済むのだとか。

 

ベタ基礎が標準になっているので強いですし、24時間集中換気システムだって標準仕様です。

 

ここに魅力を感じて候補の一つに入れる人も多そうですね。

 

私個人としては、24時間集中換気システムに興味があるので夏と冬の過ごしやすさについて担当者から話を伺ってみたいです。

 

パパまるハウスの住み心地の良さの秘密は?

パパまるハウスが建てる家の住み心地ですが、これは比較的他のメーカーと比べても安く建てられる割にあまり不快さというのはないと聞きました。

 

そう感じられるものの一つが断熱材として使われているアクアフォームではないでしょうか。

 

これは気密性も高いため、害虫の侵入なども防いでくれます。

 

また、企画住宅ではあるものの坪数の選択が可能なため、各土地に合った無理のない設計ができるのも住み心地の良さに関係していると思います。

 

無理しないで予算内で買える家がコンセプトのパパまるハウスでは、あまり押し売りなどをしなさそうだなというイメージがありますね。

 

だからこそ相談中にもこの担当者がしつこくて嫌だと感じる人も少ないのかもしれません。

 

相談がスムーズに進むのであればクレームもおのずと少なくなりますしね。

 

魅力的なのはパパまるハウスのエコを意識した家

各ハウスメーカーには個性的な魅力がありますが、パパまるハウスの魅力と言えば子育て世代にハマる家作りでしょう。

 

企画住宅として平屋から二世帯住宅など、選べるタイプがあるのでそれぞれの家庭のスタイルに合わせられます。

 

また、環境や家計に配慮したプランもあり、これは「パパZEROプラン住宅」と言います。

 

パパまるハウス 公式サイト パパゼロ ZEH
出典:パパまるハウス 公式サイト パパゼロ ZEH

 

省エネをポイントにしたもので人気があります。

 

テレビコマーシャルでもやっていますが、節約しているつもりなのに光熱費が増えているという状況は家そのものが作り出している場合もあります。

 

パパまるハウスではそれを最小限に防ぐことができるのは魅力的だと思いますね。

 

個人的には、家作りをする際にはただデザイン性など見た目だけにこだわらず、家計に優しい家作りというところをもっとフィーチャーすべきだと思いました。

 

パパまるハウスの評判をまとめてみると・・・?

ここでパパまるハウスの評判をまとめると、まずは何と言ってもローコストで充実した設備の家が建つというところが最大のポイントとなるでしょう。

 

そして、その充実した設備はオプションで付けなくても標準仕様で整っており、ベタ基礎やアクアフォームの使用、24時間集中換気システムなどが代表です。

 

これがあることによって快適性がグッと上がり、断熱性、気密性共に良くなって四季の中でも気温差が激しい日本の住宅としては住みやすくなっています。

 

また、坪数が選べることから企画住宅にもかかわらず土地の広さを心配しなくても良いというメリットが挙げられ、27~50坪まで対応しているとのこと。

 

省エネにも貢献しており、家を建てた後の家計についても考えられている家です。

 

こう並べるとなんだか私も住みたくなってきました。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

注文住宅の総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事