リノベーション マンション

MENU
 このエントリーをはてなブックマークに追加 
マンションは最初からリノベーション目的で買うのもアリ

マンションの一室をリノベーションしたいというケースは多く、近年では趣味に合わせて大幅グレードアップをするところもあります。

 

間取りが決められているので、家族が増えたらより多くの部屋が必要になることもありますよね。

 

そんな時にはリフォームではなくリノベーションです。

 

リフォームは、マンションから引っ越す際に現状回帰をする時などに使い、最初の状態に戻る作業のことを指します。

 

一方リノベーションとは、新築の状態よりも更にグレードアップさせたり、リフォームよりも大規模な工事をすることを言います。

 

もし状態の悪いマンションであっても最初からリノベーションする目的なら選んで損はないように思います。

 

立地条件は最高なのに古いのが難点という場合は、リノベーションありきで考えると良いかもしれません。

 

マンションをリノベーションした時の相場っていくらくらい?

リノベーションの相場と言われても、どんなリノベーションをするのかによって何百万円もの差があるので、一概には言えません。

 

どのくらいの値段になるのかを知りたい場合は、リノベーション会社に見積もりを取ってもらうのが手っ取り早いでしょう。

 

より安くするためであったり、より良い提案をしてくれるところを探すなら複数社に頼むのが理想です。

 

2014年、ホームズが手掛けた300ほどの事例を見てみると、マンションのリノベーションにかけるお金で最も多かったのは700万円~1000万円でした。

 

これは一戸建てが1000万円~1500万円であることを考えると安めであることがわかります。

 

それぞれの家庭によってリノベーション内容は違うので、皆がこれくらい出すから私たちもそうしようというわけではないと思いますが、一応の知識としてあっても良いかもしれませんね。

 

坪単価でマンションのリノベーションを表すとしたら?

マンションをフルリノベーションする場合、その費用を坪単価で表すのは難しいそうです。

 

だからサイトでは一概に言えないというものが多いのですが、あえて表すとするならば、大体15万円~30万円になるようです。

 

フルリノベーションでこの値段というのはやはり一戸建てを買うよりは安くおさまりますね。

 

内容にもよりけりですが、子どもが生まれてもっと部屋が欲しくなった場合や、逆に成人して巣立って行ったから部屋が1つ余ってしまったという場合に、間取り変更をするリノベーションもあります。

 

これなら仕切りを1つ増やして部屋を追加したり、仕切りをとっぱらって大きな部屋を新たに作ることができます。

 

リフォームよりも大きな工事ができるのがリノベーションの特徴なので、違うマンションに引っ越したような感覚も味わえると思いますよ。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

注文住宅の総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事

 

新築マンションより中古マンションをリノベーションの方が安い?新しいマンションを買って住むより、中古マンションを買ってリノベーションした方がお得になることもあるそうです。マンション選びは間取りが第一という人もいますが、やはり駅から近かったりと、立地条件が良いところが住みよいと言えますよね。しかし、駅はそうそう場所を変えないことから、昔からその便利な立地を狙って建てられたマンションがずっとある場合もあ...

 
 

おしゃれなリノベーション事例も多い!どんな趣味部屋を作る?リノベーションは、新築より良くというのがモットーなところがあります。元に戻したいならそれはリフォームになってしまいますから、より趣味を活かす工夫がされている事例が多いですね。これぞ究極のおしゃれ!という事例もたくさんあり、思わずここは家かと思ってしまうほどです。例えば、全面コンクリートにし、そこに趣味である自転車やギターなど、飾って常に目に...

 
 

ヴィンテージを意識したリノベーションは無垢の床は必須?ヴィンテージ風にリノベーションするならば、ポイントとなるのはまず床です。多くの写真でもそうなのですが、床は木材に濃い部分と薄い部分がある無垢材が使われています。床材まで変えることができるのがリノベーションの良いところですね。無垢材は、ペットや小さい子どもがいると傷つきやすいその性質からあまりハウスメーカーからオススメされないことがあります。です...

 
 

壁をリノベーションして趣味を活かした部屋にしたい!壁をリノベーションする時、古いことや、耐久性が悪くなっているのでそれを直したいという場合と、デザイン性を追求しておしゃれに決めたいという2種類があります。ただ、前者だと直すだけではなく、直した後に更に手を加えます。直すだけではリノベーションではなくリフォームとなってしまうので。おしゃれにしたい場合、凝ったものだと壁一面を本棚に変えてしまうというもの...

 
 

ハウスメーカーにリノベーションを頼む時のメリット・デメリットリノベーションというと、それ専門の会社に頼む場合と、家を建てたハウスメーカーに頼む方法とがあります。ハウスメーカーに頼む場合、メリットとなるのはその家の構造・間取りを熟知していることから、どのようなリノベーションが適切かをしっかり把握してくれていることです。だから失敗も少なく、保証もついた安定したリノベーションが望めます。一方、リノベーシ...

 
 

リノベーション会社を選ぶ時はどこに気を付ける?リノベーションを専門とする会社はいくつかあるものの、その家を建てた会社、またはその会社が運営するリノベーション会社を選んだ方が無難ではあります。というのも、木造住宅を建てる家が、鉄骨作りの家のリノベーションを手掛けるとなると、その経験はあまりないかもしれません。構造まで変えるような大掛かりなものでないなら問題ないのかもしれませんが、やはり家の構造を知っ...

 
 

和室のリノベーションで今から自分でできること和室のリノベーションなど、家の部屋の一角を工事するなら、費用もそこまでかかりません。よって、こだわりがあるなら少しお金をかけて豪華にしてみるのも良いでしょう。和室となると、たいていの場合椅子ではなく床に座るスタイルです。だから、底冷えしないように床暖房を取り入れるという思い切ったことも視野に入れて良いのではないでしょうか。和風スタイルをどこまで取り入れる...

 
 

若い世代を中心に評判が良いリノベーション最近テレビでもよくやるようになってきたリノベーションですが、評判は上々のようです。若いとまだ貯金がなくて家が買えないということも多いのですが、20代でも、中古物件を買ってリノベーションをするという方法なら新築を買うより安価で、しかもおしゃれにできると話題です。早いうちから家庭を持つことになると、実家暮らしより自分たちの家が欲しくなるところもあります。しかし、...

 
 

一戸建てをフルリノベーションするなら、性能とデザインに注目!一戸建てを丸々フルリノベーションするなら、部屋と部屋の仕切りを取るなど、間取りまで変更できます。本格的にやるなら、傷んでいる壁や床まで新築以上のものにすることもできますが、そこはお財布と相談することになるでしょう。ここまでのフルリノベーションをするのであれば、どうせなら性能アップと同時にデザイン性アップもしておきたいものです。両方を獲得す...

 
 

何か1つテーマを決めてリノベーションするとキマル?リノベーションをするなら、何か1つテーマを決め手取り掛かる人も多いです。主にデザイン優先の人が考えがちなのですが、例えば和モダンでということもありますし、部屋をプチ図書館にするとより具体的に決めている人もいます。これがあることによって、リノベーションをする会社とのイメージ共有がしやすくなるのでオススメです。趣味を活かしたリノベーションをするところも...

 
 

気になるリノベーションの価格、定価が決まっているものもある!いざリノベーションをしようと思っても、どれくらいの価格になるのかがわかれなければ、やるやらないは変わってきますよね。最も確実な手は複数の業者に見積もりを取ってもらい、その中で一番安くて一番良い方法を提示してくれたところに頼むことです。比較対象ができることで、ぼったくりではないかと思えるような値段を支払わなくて済むわけです。リノベーションと...

 
 

インテリアはリノベーション後のイメージに合わせて選びたいリノベーションをしたら、インテリアにもこだわりたくなるのが人間の心理です。部屋がせっかくおしゃれになったのに、それにそぐわない家具をもっていたらアンバランスです。その時のインテリアに合わせた形でリノベーションをすることも可能ですが、そうでないなら新しく家具などを買い替えることも計算して予算を考えたいですね。リノベーションは言ってみればオーダー...

 
 

賃貸ヴィンテージマンションのリノベーションは性能重視?ヴィンテージマンションの賃貸の部屋をリノベーションした事例をチェックしてみると、デザイン面より機能面に重きを置いているなという印象でした。リノベーションの良さを伝えるには、はっきり一目でわかった方が良いので、奇抜な壁紙の色やおしゃれな空間を宣伝するものが多いです。しかし、実例はもっとリアルで、ヴィンテージマンションをリノベーションしたという写真...

 
 

リノベーションの方がリフォームより価格は高くなる"リノベーションにかかるお金は、リフォームよりも高くなるのが一般的です。リフォームとは、例えば住んで10年の家で行うと、新築の時と同じくらいの性能に戻すことが目的となります。一方リノベーションは、新築以上の品質や機能をつけることができ、リフォームより大掛かりな工事ができます。だから当然価格も上になってしまうわけですね。最近では、新築の一戸建てを購入す...

 
 

ルーフバルコニー付き物件へリノベーションしたマンションも素敵ルーフバルコニーとは、1階など下の階の屋根の上にあるバルコニーのことです。ベランダと違うのは屋根がないことで、日の光を浴びたり、夜空を眺めることができるスペースとなります。リノベーションでルーフバルコニーをつけたいという要望はなかなか難しいことからそこまで要望はないようですが、既にそう工事された物件に引っ越ししたいという意見はあるようです...

 
 

マンションをリノベーションした時の相場っていくらくらい?リノベーションの相場と言われても、どんなリノベーションをするのかによって何百万円もの差があるので、一概には言えません。どのくらいの値段になるのかを知りたい場合は、リノベーション会社に見積もりを取ってもらうのが手っ取り早いでしょう。より安くするためであったり、より良い提案をしてくれるところを探すなら複数社に頼むのが理想です。2014年、ホームズ...

 
 

基礎工事はどうする?リノベーションでするか取り壊すかスケルトンリノベーションをするならば、家の基礎を強化することもできます。例えば、実際にある事例の中には布基礎からベタ基礎へと変更したものもありました。どれが良いとは一概には言えないのですが、地面からの湿気が上がってこないことを考えると、地面が見えないよう全てコンクリートで埋めてしまう基礎の方が良いと言われています。そうすることで床下に湿気を好むア...

 
 

耐久性を高めたいなら半端なリノベーションではいけないリノベーションによって家の耐久性を上げたいなら、表面だけを変えるのでは不十分です。家は様々な構造、工法、躯体で成り立っていますが、やはりそれぞれに合った土台から出来上がっています。ということは、家の基礎と呼ばれる部分から変えていかなくてはなりません。基礎には主に布基礎とベタ基礎の2種類がありますが、ハウスメーカーによっては独自の方法を採用している...

 
 

業者選びは?リノベーションを安心して頼、むためにリノベーションをするとなったら、まず選ぶのに迷うのがどこの業者に頼むかです。リノベーションを専門としている業者もいれば、リフォーム会社がその延長線上でリノベーションを行っているところもあります。人気のリノベーション業者をネットの口コミで調べるのも良いですが、私なら、大掛かりな工事をする場合に家を建てたハウスメーカーのことをよく知っている業者が良いなと...

 
 

費用の高いリノベーションで使いたい有担保型リフォームローン特に大型リノベーションをした場合、その費用は新築よりは安いかもしれませんが、それでも1000万円を超える場合もあります。となるとローンを使うことになるのですが、リノベーションの場合は物件を担保に入れる「有担保型リフォームローン」があります。物件を担保に入れている分金利が低いのがメリットで、借り入れ可能金額も1億円までとなっています。借入期間...

 
 

激安リノベーションは本当に信用していいのか考えよう安い買い物ができれば嬉しいものですが、それが家にかかわるものとなるとより慎重にならなければいけません。長期間住む場所がへっぽこでは毎日ストレスが溜まってしまうからです。リノベーションでも同じで、家を改造するのであれば激安にすぐ飛びつくのは良くないと思います。ハウスメーカーがその良い例で、1000万円もしない家となるとやはり安かろう悪かろうになってし...

 
 

水道管をリノベーションで塩化ビニル管にしてしまおう!リフォームとリノベーションの境界線があいまいということもあり、あまり区別して使っていないところもあります。しかし、決定的に違うのは、リフォームは配管の工事まではしてくれないということでしょう。業者によってはリフォームもリノベーションも行っており、サービスでしてくれるかもしれませんが、基本的にリノベーションでのみ配管工事ができます。そうなると嬉しい...

 
 

主婦のための部屋をリノベーションで作る時のポイント部屋のリノベーションを考えているなら、ハウスメーカーの商品やプランを参考にしてオリジナルな改造をするのもアリです。例えば、家事担当の主婦のための部屋を作りたいというのであれば、パントリーにそのまま部屋を設けるという方法もあります。書斎のように机と椅子を置き、ちょっとしたパソコン作業や趣味ができるようにするのです。がっちりと壁で覆われた部屋でなくても...

 
 

リノベーション投資で一儲けする時の注意点とはリノベーションで投資をするという発想、思いついた人はお金稼ぎが上手いと思います。最近人気となってきたリノベーションですが、メリットは中古物件を購入して改造した方が新築より安くなるという点です。これを利用して一儲けしたいというならば、リノベーション投資があります。注意点は、自分が住みたいと思う部屋に改造するのではなく、万人受けするような部屋を作ることです。...

 
 

総額はいくらくらいになる?リノベーションでかかる費用リノベーションをするとなると、総額は一体いくらくらいになるのでしょうか。具体的数字を出すには、まずリノベーションをするのが戸建なのかマンションなのかで分ける必要があります。また、フルリノベーションなのか、部分的なものなのかによっても当然大きく値段は違います。ネットでヒットしたものを見てみると、見出しにはざっくり1000万円だとか、980万円の内訳...

 
 

家賃を安く、設備を良くしたいならリノベーション済の部屋!家賃は生活していく上で最も多くの出費になるという人も多いです。マンションやアパートを新しく探すとしたら、誰もができるだけ立地条件が良く、設備が使いやすく、かつ家賃が安いところが良いでしょう。これをできるだけカバーしてくれるのが、リノベーション物件です。たとえ古いマンションでもリノベーションしてあればそれだけ設備は最新のものになっているはず。だ...

 
 

床をリノベーションする場合は20平方メートル10万円でOK?家や部屋をリノベーションする場合、床を変えることも多いそうです。となると一度剥がすことになるのでかなりお金がかかるかと思いきや、床20平方メートルをフローリングに変えたい場合は約10万円でできるそうです。これは個人的にはまだ良かったと思える値段でした。ただ、これがまた良い素材になってくると値段も倍以上に跳ね上がるため、素材の品質を落として...

 
 

戸建の防音機能をリノベーションでアップさせたい暮らしに欠かせないものの1つが「防音」で、これがしっかりしていないと毎日がストレスフルになってしまいます。目に見えないので見落としがちなのですが、住んでみてからこんなはずじゃなかったと言わないようにするためには、防音はしっかりさせておきたいものです。リノベーションで防音機能をアップさせるなら、まずは家の中、外、どちらがうるさいのかで工事する場所は変わっ...

 
 

リノベーション物件とは?どのように活用するか考えよう一人暮らしをしていてリノベーションを考えているなら、マンションやアパートの部屋を改造して良いものかどうかの確認をまず取らなければなりません。より良い部屋を実費で作ってくれるのであれば大家さんからしたら良いことなのですが、その工事期間の騒音や隣人の不在時間、その後の家賃のことを考えると考慮すべき点はたくさんあります。許しが出たら、いよいよ本格的にど...

 
 

増築リノベーションならデメリットにも目を向けよう増改築をするのはリフォームでもありリノベーションでもあります。どちらかというとネットでもリフォームとして表記されることの方が多いですね。増築するのであれば、現状回帰するも何も元がないのでリフォームよりかもしれませんが、改築であればより性能を良くする場合ならリノベーションよりとなります。明確な区分はないようですが、基本的に大きな工事で、かつ新築のころよ...

 
 

間取りの変更はスケルトンリノベーションで可能!リビングをリノベーションしようと思ったら、家族の普段の過ごし方次第で大きく変えることができます。例えば、冬には皆がホットカーペットに集まってテレビを見ているのなら、いっそのこと1階は全部床暖房にしてしまうという手もあります。温かい空気は上の方に行くので、エアコンが上についている日本では暖房効率がよろしくありません。機能も向上しているので最新型に付け替え...

 
 

ウォークインクローゼットをリノベーションで作ってしまおう!壁面収納、あったら便利だと思いませんか?そんな収納がある家を購入しておけば良かったと後悔するのはまだ早いです。何故なら、比較的小規模なリノベーションで作れてしまうからです。壁面収納は部屋の一面に、天井まで届くほどの大きな棚を付けるという発想です。新たに棚を購入するよりぴったりサイズですし、オーダーメイドで作れるので何を収納するかの検討を付け...

 
 

木造の方が鉄骨より安くリノベーションできる?梁が見えている家は少数派なので、リノベーションで梁を良くしたいという希望を出す人はあまりいません。そもそも梁は家の支えですし、機能として何か暮らしに具体的な役割を果たしてくれているかというと、丈夫な家を保つ以外で見当たりません。それでもここをリノベーションしたいという場合には、梁があまりにも立派だから、ここを残したまま他を最新型にしてほしいという要望があ...

 
 

リノベーションにかかる費用を見積もり以外で具体的に知るには新築より安く、しかも新しい設備を利用した家に住みたいという場合、中古物件を購入してリノベーションを行う方法があります。しかしこの方法、銀行からローンを融資してもらうのが難しいのが難点となります。中古物件とリノベーションをセットで見てくれるところが少なく、それぞれで手続きが必要な場合が多いのだとか。自分で最適な銀行を探すのは難しいので、ここは...

 
 

リノベーションの現状は失敗も多い?対策方法はリノベーションの魅力というのは、自分で自由に間取りや部屋のアレンジをできるところです。既存の商品を購入するのではなく、オーダーメイドができるのがメリットですね。完全オーダーメイドが注文住宅だとするならば、リノベーションはセミオーダーと言えます。個性豊かな事例は見ているだけでも面白く、自分の家や部屋だと思えないくらいおしゃれに仕上げる人もいます。観葉植物に...

 
 

DIYでプチリノベーションに挑戦!まずは小規模なものからリノベーションもDIYも家や部屋を改造する意味では同じですが、違いは誰がその工事を行うかです。リノベーションは一般的に専門会社に行ってもらいますが、素人が行うことにも使われます。一方DIYはdo it yourselfの略なので、自分が行う部屋の改造を意味します。日本語だと日曜大工という言葉があったのですが、何でも横文字の方がかっこいいと死後...

 
 

二世帯住宅にリノベーションする時に決めることリノベーション情報がたくさん載っている「リノベる。」では、メゾネットタイプのマンションをリノベーションした人の事例がありました。写真を見るだけでもおしゃれで、ここが本当に自分の家となったら素敵だろうかと思いました。ダイナミックなLDKで、印象的なのは全体的に木目調が目立ったことです。床材もそうですし、机などの家具もそれに合わせてあります。子どもがやペット...

 
 

リノベーション済の分譲住宅を探すにはどうすべきかマンションの一室を実費でリノベーションしようと思ったら、周りの迷惑を考えるとなかなか実行に移せません。一戸建てとは違い、壁を一枚隔ててお隣さんなので気を遣わずにはいられません。となると、便利なのはDIYです。これは自分で行うリノベーションのことで、隣が出かけている時間帯を選んで自分の好きなように部屋を改造することができます。大掛かりなことはできません...

 
 

リノベーション向きの物件の判断基準は築年数?リノベーションを行う際、建築確認申請という届け出が必要になる場合があります。新築にも必要な届け出なのですが、増築した場合や大規模な工事でも提出を求められます。大規模というと曖昧ですが、具体的には階段や屋根、1階を含まない床の工事などを言います。ただ、例外も意外とたくさんあり、例えば木造2階建て以下の住宅ではリノベーションの規模などによって申請は不要とされ...

 
 

キッチンリフォームでIHヒーターを計画する時に必要な電気容量電気契約容量は、ホームブレーカーの主開閉器の容量で判断できますが、現在ほど電気機器が充足していなかった頃の古い住宅では、30A(アンペア)や40Aの小さいものがあります。そして、省エネの電気機器が増えたとは言え、電気機器の増加や住設備の全てに電気が使用されている現在では、30Aや40Aでは容量オーバーでブレーカーが落ちる恐れがあります。電...

 
 

人気のリフォームでも万人向けとは限らない人気のあるリフォームが実施件数の多いリフォームとは限らず、また人気があるからと言って取り入れた内容が自身の生活スタイルに合っているとは限りません。例えば、リフォーム雑誌などに体験談としてアイランドキッチンに改装した楽しそうな家族参加の料理風景が載っていますが、実際にアイランドキッチンにするには相応の広さが必要になります。また、アイランドキッチンではダイニング...

 
 

庭のリフォームで生活空間を拡げる庭の生け垣や植木は年数と共に成長してゆき、剪定などの手入れを行っていても自然と大きくなり、建物とのバランスが悪くなっていく傾向があるため、リフォームに際しては前面道路から眺めた時のバランスを参考にすると良いでしょう。また、庭は住宅の専用プライベート空間として大きな役割を持っていますから、屋内空間と屋外のプライベート空間を上手に繋げ、生活空間を豊かにすることにも配慮し...

 
 

断熱に関するリノベーションが必要になる物件はいつ以前のもの?中古物件を全面改装したというリノベーション物件の費用を調べると、高いと1100万円のもの、そして安いと500万円というものもありました。全面改装で500万円は安いので、もしかしたら購入した中古物件が新しかったのかもしれません。この事例の中身を見てみると、もともと壁付けだったというキッチンはL型の対面型にしたそうです。こうすればリビングやダ...

 
 

一般家庭をオフィスなどの仕事場にリノベーションしたいなら普通の家をオフィスにしたい時、役立ってくれるのがリノベーションです。家の一部をオフィスとすることもできますし、フルリノベーションして全体的に家庭感を取り去ることもできるので、用途に合わせた使い方ができます。例えば立地条件が良いことや、取り壊しとなると金額がかさむことから一般家庭を学習塾にしたい場合、玄関を取り壊して自動ドアを設置するだけでなか...

 
 

水回りのリノベーションならメーカー選びも大切特に設備を必要とする水回りであるキッチン、トイレ、バスルームなどのリノベーションは、どこのメーカーのものを取り入れるかで機能性が変わってきます。どこのメーカーも機能性が高いものはあるのですが、違いがあるとすればそれは値段です。グレードアップしても値段がそこそこお手軽なものもあれば、長期保証が付いているなどの理由で高いままのところもあります。キッチンならト...

 
 

リノベーションするなら見積もりは複数社に頼もう!家の工法がどんなか、壁は取り壊すのか、水道やガスはいじるのか、いうなればセミオーダーになるため、詳細がわかるのはリノベーション会社が家に来て調べてからとなります。家の工法がツーバイフォー工法だった場合、壁の取り壊しが不可能な部分もあるので、必ずしも希望するリノベーションができるとは限りません。ただし、技術的な部分の問題もあるため、見積もりは複数社に頼...

 
 

フローリングをリノベーションする際に選びたい会社とはフローリングが傷んできたら、思い切って全部剥がして新しいものに張り替えるリノベーションをしてみるのも手です。築年数がそんなに経っていないにもかかわらず傷みが酷かったり、床鳴りがする場合には最初の工事が悪かったことが原因かもしれません。そのような場合には、大手リノベーション会社に頼んで腕の確かな人を呼びましょう。口コミで調べるのも良いですが、やはり...

 
 

新築と中古+リノベーションを比較してみてわかること新築と中古物件を購入してそれをリノベーションしたものを比較すると、それぞれにメリットとデメリットが出てきます。リノベーションのメリットは、何と言っても新築より安く満足のいく家が出来上がることでしょう。自営業をやっている人の多くは引っ越しを嫌う傾向があるため、今住んでいる場所を移動しなくても良いのも大きなメリットです。周辺環境が全く変わらないというの...