エスバイエル 坪単価

MENU
 このエントリーをはてなブックマークに追加 
エスバイエルの坪単価は平均60~75万!?

エスバイエルは創業が1951年とかなり前から活躍し続けているハウスメーカーで、坪単価は60~75万円程度と言われています。

 

ハウスメーカーとしてはとびぬけて高くもなく低くもなく、一般的な値段と言えるでしょう。

 

2013年にヤマダ電機の傘下に入ったため、名称は今ではヤマダエスバイエルホームとなっています。

 

最も得意とするのが注文住宅ということなので、これから土地を買って家を建てようと思っているのであれば、値段的にもまずまず検討の余地があるのではないかと思います。

 

エスバイエルは、他のハウスメーカーよりここがすごい!という売りがあまりありません。

 

悪いようにも聞こえますが、とりあえずは全体的にノーマルであることを思うとそれも悪くないかなと思います。

 

全科目平均点で成績を出すタイプでしょうね。

 

エスバイエルの良い評判と悪い評判を比較してみよう

エスバイエルの評判なのですが、これは口コミを見てみると、和モダンのデザインに定評がありました。

 

商品としてはオンリーワンのデザイン住宅「小堀の住まい」を展開しており、見た目重視であれば外観で選ぶこともできるでしょう。

 

これと言ってとびぬけたものがないからか、デザインをアピールすることが多いように感じます。

 

最近では、ヤマダ電機の傘下に入ったことによりスマートハウスが他より安価で手に入れられるようになったという評価も見られるようになってきました。

 

悪い評判としては、直営店と協力店とがあるので、その違いによっては仕上がりが雑になるという意見がありました。

 

どこに施工してもらうことになるのかを把握してからでないと、エスバイエルに頼むのは少し怖いかもしれません。

 

運試しにならないようにしたいですね。

 

良くない噂も立っているエスバイエル、とことん真偽を確かめよう

ハウスメーカーを選ぶ時には、その評判も気になると思います。

 

エスバイエルでは、遮音性や断熱性でその他のハウスメーカーより劣るという噂が立っています。

 

音や暑さ寒さに関しては目で見えるものではないので、立派な家が建ったと思っても、実際住んでみると思った暮らしとギャップがあることも無きにしも非ずです。

 

これを防ぐためには、やはり展示場や見学会、モデルハウスを見に行くのが早いでしょう。

 

遮音性は2人以上で空いている時に行けば2階から1階に響く音などを確かめることができますが、断熱性については冷暖房を切ってもらうことが必要なのでなかなか確かめるのが難しいと思います。

 

悪い噂があると気になるので、その真偽を確かめるのは大事なことです。

 

その結果から自分の答えを出し、納得して頼みたいですからね。

 

口コミから見えてきたエスバイエルのメリット・デメリット

エスバイエルの口コミを見てみると、最近出てきたものにはスマートハウスの性能が良いというものがありました。

 

これはヤマダ電機の傘下に入ったことによるものが大きいと考えられます。

 

安価でスマートハウスを提供できるようになったことで、月々の電気代を抑えたい、住宅ローンのことを考えてランニングコストを良くしたい、という人に人気が出ています。

 

設備が良いなら暮らしやすいはずですから、これは期待できそうです。

 

一方、フランチャイズチェーンでの施工はオススメしないという口コミもありました。

 

施工してくれる会社が違うので、出来上がりも違ったものになるとのことです。

 

腕の良いところが施工してくれたらラッキーですが、そうでないなら期待通りの家とはならないかもしれません。

 

直営店で頼めないかとチェックするのも大事です。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

注文住宅の総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事

 

2001年の発売以来人気のエスバイエルの商品、「すまい21」エスバイエルと言えば、「すまい21」という商品が人気です。理由は単純、安いから。坪単価28万円でできるというので、これはローコスト住宅と言えますね。しかも、選べるプランが豊富!安い家となると、条件がほぼほぼ定められていることも多いのですが、エスバイエルは他のローコストハウスメーカーと比較するとそこまでの制限はないようです。2001年以来人...

 
 

ヤマダ電機の傘下に入ったエスバイエルの変化とはエスバイエルとヤマダ電機には切っても切れない関係があります。2013年にエスバイエルがヤマダ電機の傘下に入ってからは、エスバイエルは「株式会社ヤマダエスバイエルホーム」と名称を変えました。この変化で何が変わったのか、それはヤマダ電機のノウハウがエスバイエルに伝えられたことによる、スマートハウス事業の進化だと思います。口コミでも、エスバイエルのスマートハ...

 
 

リフォームも手掛けるエスバイエルは料金表示が具体的エスバイエルでは、リフォーム事業も行っており、ホームページを除くとパック料金となっているサービスが目を引きます。例えば、30坪の外壁塗装パックなら79万円台~と書かれています。また、太陽光発電システムはセット価格で177.2万円~だとか。他にも色々ありますが、気を付けなければならないのはパック料金といえど最後に「~(から)」が書いてあることです。要...

 
 

リフォームも手掛けるエスバイエルは料金表示が具体的エスバイエルでは、リフォーム事業も行っており、ホームページを除くとパック料金となっているサービスが目を引きます。例えば、30坪の外壁塗装パックなら79万円台~と書かれています。また、太陽光発電システムはセット価格で177.2万円~だとか。他にも色々ありますが、気を付けなければならないのはパック料金といえど最後に「~(から)」が書いてあることです。要...

 
 

価格は平均的?エスバイエルで究極の節約をする方法もあるエスバイエルの注文住宅の価格は、一般的なプランなら坪単価は60~75万円程度だと言われています。幅があるのは、設備を良いものにすればそれなりに高くなるからです。ちなみに、坪単価にはオプション費が入っていないので、純粋の本体価格ということになります。もし価格を極限まで抑えたいのであれば、エスバイエルの「すまい21」という商品は坪単価を28万円にま...

 
 

賃貸のラインナップもエスバイエルは豊富に用意しているエスバイエルは注文住宅を得意としますが、実は賃貸住宅も売っています。戸建賃貸住宅なら「エルシス・ガーデン」があり、公式ホームページの写真では白を基調とした中に鮮やかな青を入れ、直線的な外観が都会的な商品がありました。2階建ての賃貸住宅なら「エルシス」があり、3階建て賃貸住宅なら「アルベーユ」がそれぞれ用意されています。家族構成やライフスタイルによ...

 
 

「小堀住研」はエスバイエルの旧社名でした1972年3月、小堀住研株式会社は滋賀県に「小堀コンポス株式会社」を設立しました。その1年後、社名を「小堀住工株式会社」に変更し、1990年には「エス・バイ・エル住工株式会社」とまたまた変更しました。ここでやっと、エスバイエルの話をしていたのかとわかった人も多いのでは?結構社名を変更しているので、もともとの名前が小堀住研だと知っている人は少ないでしょう。今も...

 
 

アフターサービスはエスバイエルの条件を飲めばお得になる!注文住宅は、建てたらそれで終わりではありません。家を建ててからのアフターサービスも重要です。エスバイエルでは、家を建ててから3か月後、1年、2年と定期的にスタッフが来ることになっており、それ以降は5年、10年と5年刻みです。ここで不安箇所があれば改善してもらうことができ、リフォームも手掛けていることからその相談もできます。また、超・長期保証制...

 
 

理想の家がエスバイエルの得意と合致すればベスト!家を建てるならまず値段から決めるという人も多い中、色んな価格帯での商品ラインナップがあるのがエスバイエルです。最も安いので言うと、坪単価28万円の「すまい21」がありますが、値段相応の家となるのでクレームも多いです。平均的な価格帯である坪単価50~80万円とされる商品は多く、代表的なのは、エスバイエルが原点回帰して作ったという「小堀の住まい」です。総...

 
 

エスバイエルのeスマイルは効率を上げ価格を抑えた商品エスバイエルは、2015年4月に「eスマイル」シリーズのラインナップを拡充する計画を発表しました。これにより、コストパフォーマンスが高い商品が更に増え、アッパーミドル層をターゲットとして展開していくことが明かされました。価格を抑えた家作りをするのはエスバイエルの特徴とも言え、その究極が坪単価28万円の「すまい21」です。ここまでとはならないものの...

 
 

MS基礎を採用するエスバイエルの理由とは?ハウスメーカーによって基礎が違いますが、エスバイエルはMS基礎という特殊なものを使っています。鉄筋コンクリートの連続布基礎なのですが、写真を見る限りベタ基礎に近いように思いました。MS基礎を採用している理由はいくつかあり、耐圧盤による高い剛性を発揮してくれることが1つ。その他、地中壁と耐圧盤の相乗効果が出るので、地震による家の被害を最小限に抑えられることや...

 
 

一条工務店とエスバイエル、2択で迷う人も多い一条工務店は標準仕様が豪華だと言われているハウスメーカーで、一条工務店らしい外観でも人気です。エスバイエルとどちらにしようという質問もネットで見受けられ、この2択で迷う人も多いみたいですね。ちなみに、回答としては一条工務店はアフターサービスが良いものの、見た目でどこのハウスメーカーで建てたかがわかってしまうので、それを気にしなければ良いのではというものが...

 
 

断熱に力を入れているエスバイエル。フランチャイズは大丈夫?家に断熱性は欠かせませんが、エスバイエルの場合はウェルネス断熱という方法で室温を夏でも冬でも快適に保っています。使っている断熱材は一般的に他のハウスメーカーが使っているグラスウールとは違い、熱伝導率が0.022という更に良い高性能発砲系断熱材を使用しています。これで家全体を多い、さらにエコ換気システムで換気することによって高い断熱性を維持し...

 
 

住宅展示場でエスバイエルの魅力を体感しよう!エスバイエルの住宅展示場は、近場で探せば意外とすんなり見つかるかもしれません。自分の住んでいる地域を検索すると、それぞれの都道府県の展示場がずらっと並びます。例えば、愛知県岡崎市にある「岡崎駐日展示場」では、写真を見ただけでもう既に住みたいと思わせるような立派な家があります。コンセプトは、大屋根を使うことによりカジュアルな外観にすることだそうでう、外壁タ...

 
 

リフォームも手掛けるエスバイエルの評判は?リフォーム事業も行っているエスバイエルですが、その評判はどうなのでしょうか。口コミをチェックしてみると、リフォームの見積もりを複数社から取っていた人は、その会社と比較するとエスバイエルの方が2割ほど高かったそうです。それをエスバイエルに伝えると、営業マンは競争しているなら先に言ってくれと言ったそうです。リフォームや注文住宅などは、見積もりを複数社から取って...

 
 

床材に無垢が選べるエスバイエルの温かい部屋エスバイエルの注文住宅では、今人気の無垢を床材として使うことができます。無垢が人気なのは、天然の木を使っていることによる温かみを肌で感じられるという点や、香りがするタイプのものだとアロマ効果を実感できることにあります。経年劣化もしていきますが、それがまた味わいがあり、色の変化が楽しいという面も評価されているのです。実例では、25帖のLDKに床材としてカバザ...

 
 

概要からわかるエスバイエルのコンセプトやこれからのことエスバイエルの概要は、公式ホームページでチェックできます。結構情報開示をしており、やましいところがないのかなという印象ですね。中にはIR情報がほとんど載っていないハウスメーカーもあるので、隠さず、億劫だと思わず掲載されているのは安心感があります。企業理念はハウスメーカーによくある、お客様の立場に立ってとか、満足いただけるようにとか、そのような文...

 
 

新空間提案をするエスバイエルのニュー・オーセント「新空間提案」がコンセプトのエスバイエルのニュー・オーセントという商品は、ゆとりのある部屋を提供しています。家を建てる際、ちょっと豪華にしたいなと思ったらこの商品が良いかもしれません。例として挙げられているのは、四季の移ろいを家の中からでも感じられるようにした中庭を作ることでした。中には水庭と言い、小さな池を作ってその波紋を楽しむという大変風流な庭を...

 
 

全館空調はエスバイエルではオススメしていないの?家の中の空気を清潔に保て、空調管理を一括でしてくれる全館空調。とても魅力的ですが、エスバイエルで全館空調を取り入れたという話は聞きません。もしかしたら施工はできるのかもしれませんが、ここまで話が出てこないとなると、営業マンがあまり勧めないのかもしれません。他にも全館空調は付けない方が良いとするハウスメーカーはあり、その理由はオーバースペックだから。エ...

 
 

キャンペーン内容がでかすぎるエスバイエルエスバイエルは、たまに大きなキャンペーンを行っています。例えば、「2017年サマーBIGドリームキャンペーン」では「小堀コース」と名付けられた約108坪の「小堀の住まい」という商品、7500万円分が当たった人もいました。サマーと書かれた部分が新春になって同じようなキャンペーンを行っていたりもしたので、定期的に豪華賞品を狙えるようになっているようです。ハウスメ...

 
 

注文住宅を最も得意とするエスバイエルでマイホームを作ろう!マンションやアパートなどの賃貸住宅の販売や、リフォーム事業も手掛けるエスバイエルですが、最も得意としているのは注文住宅です。商品にも色々あり、それぞれのライフスタイルに合わせたものを選択できます。今人気の商品は「小堀の住まい」でしょうか。これは、エスバイエルが「小堀住研」という社名だったころの原点に戻り作りたいとして出した商品です。全体的に...

 
 

家をネット販売しているエスバイエル!中身はよく見て!エスバイエルは、なんと住宅のネット販売もしています。どんな家にするかは一つ一つ間取りを見ていきクリックするのですが、そのためにはマイページへの登録が必要です。商品名は「LinC(リンク)」と言い、28.5坪で978万円からです。計算すると、坪単価は約34.3万円とかなり安いと言えますね。ただ、どんどん先へと進んでいくと、2階にトイレがなかったり、...

 
 

実例を見たい!エスバイエルのweb内覧会でチェックしてみようエスバイエルで建てた家の実例が知りたいのであれば、web内覧会がオススメです。個人がブログでハウスメーカーと協力して建てた自慢の我が家を公開しており、それを参考にして自分たちの家を考えることができます。実例を見て役に立つのは、「こんなこともできるのか!」と新しい可能性を見いだせることです。例えば、ビルトインガレージだったり外観デザインだっ...

 
 

欠陥のないエスバイエルの住宅に住むためにはせっかく一世一代のマイホームを買ったのに、それに欠陥があってはやり切れませんよね。エスバイエルの場合は、坪単価が65万円ほどのものであれば一般的に過ごしやすく、欠陥がない家が建つと言えるでしょう。フランチャイズチェーンのところもあるので一概には言えませんが、それだけの値段がするのですから手抜きはできないはずです。一方、怖いのは「すまい21」や、ネット住宅販...

 
 

外壁塗装の評判は?エスバイエルは再ディングの方が良いかも外壁塗装は外観を決める上で要となってくる部分なので、どのようなものが適当なのかは知っておきたいところです。エスバイエルの場合は、外壁塗装として使う弾性塗料はあまりオススメできないというサイトがありました。何故なら、弾性塗料を使うと膨れてしまうことがあり、これがトラブルを招きかねないからだそうです。もしこの可能性を避けたいのであれば、サイディン...

 
 

気密性には不安が残る?エスバイエルは28位中18位家には気密性が必要不可欠であると述べるエスバイエルですが、実際はその通りに施工してくれているのでしょうか。とあるランキングによると、28社中気密性についての良さを上からランク付けしてったところ、エスバイエルは18位となっていました。これはあまり良い結果とは言えないなと思ったのですが、どうでしょうか。断熱性や気密性が十分に行われていない家では、冷暖房...

 
 

エスバイエルでは二世帯住宅にバリアフリーも取り入れられる二世帯住宅の建築も可能なエスバイエルでは、実例を写真付きで公開しています。三世代住宅も可能ということで、これらを多世代住宅と呼んでいるそうです。二世帯住宅では、足が不自由な親世代のために1階は完全にバリアフリーにしたという家がありました。将来的に車椅子生活になることも考え、家の仕切りはあまりなく、扉は手前に引くタイプではなく水平に開けるタイプ...

 
 

アフターサービスにも力を入れるエスバイエルサービス面も欠かせないのがハウスメーカーですが、エスバイエルはアフターサービスにも力を入れています。まだ注文住宅を建てると決まっていない段階でも、ネットでアフターサービスについての表を見ることができます。これによって、いつどんなメンテナンスを行うのかというサイクルが確認できます。家は建てたらそこで満足感と達成感が生まれますが、長く住むことを意識するならサー...

 
 

エスバイエルのスマートハウスはトリプルエコを目指しているエスバイエルが目指すスマートハウスは、ヤマダ電機の傘下に入ったことでレベルアップしました。「省エネ・創エネ・蓄エネ」のトリプルエコが基本となり、住宅を購入後に得をする仕組みができあがっています。外観のプランを見てみると、屋根に大きなソーラーパネルが設置されており、そのため屋根部分が大きく日の当たる方向に流れるものが多いです。個人的には屋根のあ...

 
 

エスバイエルのスマートハウスはトリプルエコを目指しているエスバイエルが目指すスマートハウスは、ヤマダ電機の傘下に入ったことでレベルアップしました。「省エネ・創エネ・蓄エネ」のトリプルエコが基本となり、住宅を購入後に得をする仕組みができあがっています。外観のプランを見てみると、屋根に大きなソーラーパネルが設置されており、そのため屋根部分が大きく日の当たる方向に流れるものが多いです。個人的には屋根のあ...

 
 

エスバイエルの家の性能はイマイチ?設備メーカーで勝負かなエスバイエルの家の性能を見てみると、断熱性や気密性については悪いという評判があります。夏、冬ともに快適に過ごしたいというならば、ハウスメーカー選びを慎重にした方が良いでしょう。ただし、ハウスメーカーが直接手掛けないシステムキッチンやバスルーム、トイレなどはTOTOやリクシルなど、有名メーカーのものを選ぶことで設備性能をグレードアップすることが...

 
 

和風の家をエスバイエルで作ったらどんな感じ?和風の家が良いという場合、エスバイエルでは外観からいかにも和風!という家を見つけることができます。イメージギャラリーで発見したのはまさしく和風の外観で、広い敷地ということも相まってとても素敵でした。格子状に組まれた木材がちょっとした目隠しとなっており、外構に使われている壁に丸い穴が開いているのはおしゃれな旅館という感じです。窓などに四角が多いので、丸で直...

 
 

地震に強いエスバイエルの家、でもそれは今は当たり前すぎる今時、いや昔から地震に強い家を作りますなんて言うのは当たり前で、それは戦国武将がいる時代から城を大地震から守ろうと今まで続けられてきた技術です。エスバイエルも当然のごとく地震に強い家は作り、そのために技術にはどんなものがあるのかをネットでも公開しています。意外だったのは、サッシも地震対策として使われていたことです。地震対策として言うのであれば...

 
 

建売というより分譲地が多いエスバイエルの家エスバイエルの建売住宅を探してみたのですが、建売というよりは分譲住宅としての販売が目立ちました。ヤマダ電機のロゴが最初にあるサイトだと、引っ越し先の都道府県をクリックして分譲地を探すというよくあるパターンでした。エスバイエルの家は全国にあるものの、クリックできない都道府県もあり、中には残り少なくなっているところもありました。そのため、今日はクリックできたの...

 
 

エスバイエルの特徴を思い切り引き出せる注文住宅とはエスバイエルの特徴は?と言われて、一体何を思い浮かべるでしょう。人によって違いますが、ネットではこれと言って特徴がないというのが特徴と言われていたりもします。歴史から見ていくと、ヤマダ電機の傘下に入ったことによってスマートハウスがより人気になったかなと、個人的には思います。また、デザインが良いという声も聞けます。特に和モダンの家はおしゃれでセンスが...

 
 

坪単価はエスバイエルの商品によって大きく異なるので注意注文住宅を建てようと計画し始めた時、最初に調べ始めるのはハウスメーカーの坪単価という人も多いです。何故なら、気に入った家があっても、その坪単価が予算オーバーであったらそこで手も足もでないからです。無理をして借りるのも良いですが、その後のことを考えると教育費がかさむ世代のところも多いので、毎月苦しむのは痛いのです。エスバイエルという1つのハウスメ...

 
 

エスバイエルの中古住宅はメンテナンスされているかに注目エスバイエルの中古住宅を購入するならば、まずは立地条件が良いことが理想です。そこが合わないと、いくら家が快適であっても学校や職場など、外との繋がりがきつくなってしまいますからね。そこがクリアできたら、次は値段です。エスバイエルの家は特別に高いということはありませんが、20年経ったら家の価値が0円になってしまうことを防ごうとするシステムに加入して...

 
 

鉄骨住宅の商品もあるエスバイエル!これで3階建ても安心エスバイエルは、鉄骨より木がいかに優れているかを述べているところもあったので、木造住宅への思い入れがあるのかと思いきや、実はちゃっかり鉄骨住宅も作っていました。都市型住宅がもともと得意なので、狭小地でも建てられる3階建ての「コンチェルトダイナ」という商品が鉄骨です。この商品の特徴として挙げられるのは、鉄骨軸組ブレース工法により、木質パネル構法を...

 
 

エスバイエルのハウス55の耐火基準は今となってはわからない?エスバイエルでは、かつて「ハウス55」という低価格企画住宅を中心に家を売っていた時期がありました。このシリーズがあることから、エスバイエルは安いハウスメーカーだというイメージもついたようです。この商品の耐火基準はどうだったのかを調べてみても、今はその商品がないからか情報を見つけることができませんでした。値段なりの商品であったならば、そこま...

 
 

木質パネルを使うことで有名なエスバイエルの構法エスバイエルの住まいは、「ストレストスキンパネル」というパネルを使った構法でできています。これは木質接着パネルで、ミサワホームと同じ接着剤を使った方法により家をより丈夫にしています。縦方向、横方向のどちらにも強いということで、家の強度を考えるのであればエスバイエルの構法は頼りになると言えるでしょう。他のハウスメーカーも地震対策はもちろんしていますが、接...

 
 

平屋もエスバイエルにお任せ!和モダンが特に素敵です平屋を検討している人もいますが、注文住宅であれば大抵どのハウスメーカーでも要望に沿った完成品を渡してくれるでしょう。エスバイエルの平屋の実例を見てみると、勾配天井を利用した吹き抜けが素敵でした。エアコンより上にまだ抜けた空間があり、上からは光が降り注いでいます。これが我が家だと思うとあまりにおしゃれで、なんだか別空間に迷い込んだみたいだなと思いまし...

 
 

内装はエスバイエルのデザイン力が発揮できる分野!内装にこだわることもできるエスバイエルでは、写真を見るとどれもおしゃれで暮らしたくなる工夫がいっぱいです。デザイン性に関して高評価を集めているハウスメーカーなので、内装をおしゃれにしたい、家の外観と合わせたい、という要望なら難なく取り入れてくれるでしょう。後で自分で購入するという手もありますが、お金に余裕があるならその面倒をとっぱらって全てエスバイエ...

 
 

ローンの支払いに対してエスバイエルがするアドバイスとはエスバイエルで家を建てたなら、多くの人が住宅ローンで長い間支払い続けていくことになると思います。そんな中、エスバイエルでは「今と同じ額の家賃を支払い続けていく計画ではダメなの?」という質問に対し、より余裕を持った方が良いというようなことを書いていました。理由を見てみると、そこにはこれからの子どもの教育費や、万が一病気になったり事故にあったりした...

 
 

長期保証が自慢のエスバイエル!ただし条件もある?エスバイエルの保証と言えば、超・長期保証制度「新・住まいの生涯サポートシステム」となります。これはその名の通り長期保証なのですが、建物がある限り保証し続けてくれるとなれば条件があります。30年目までは保証がついているのですが、それ以降は有償メンテナンスを受けないと保証は延長できません。1回の有償メンテナンスで延長できるのは10年まで。つまり、より長く...

 
 

日本らしいエスバイエルの「minca」でほど良い距離感をエスバイエルは和モダンが得意ですが、その中でも写真を見るだけで惚れ惚れしてしまう商品、「minca」があります。この商品の最大の特徴は「間」であると言い、これは日本人独特の距離感を示しているとありました。家の中でその「間」とは具体的に何を示すのかというと、土間であったり、中庭やデッキ、渡りになるとエスバイエルは考えています。これがあることによ...

 
 

エスバイエルの3階建てシリーズの坪単価は?3階建てを建てようと検討している人の中には、都市部に住んでいる人も多いです。何故なら、土地代が高いということもあり、広い土地を手に入れることが難しいからです。となると頼りたいのが3階建てで、上に広く空間を取るということでしょう。エスバイエルには3階建てシリーズもあり、どれも坪単価は大体60万円から70万円前半におさまるそうです。特に都市部となると、庭が確保...

 
 

口コミから見るエスバイエルの大体の見積もり金額エスバイエルの見積もりはどのくらいになるだろうと思っている人もいますが、行ってしまえばそれは注文住宅である限りその家ごとに異なるので一概には言えないというのが答えになります。しかし、口コミから情報を集めてみると、大体の坪単価はわかってきますね。例えば「シンプルアンドモダン」という商品を37坪で建てた人の場合、坪単価は約61万円でした。大体50万円後半か...

 
 

エスバイエルの木質パネルに使う木材はアメリカ産何かと日本のものは良いと国産のものにこだわっている人もいますが、海外のものが全て悪いということではありません。例えば、エスバイエルでは木質接着パネルを使って家の強度を上げることに成功していますが、それに使われている木材はアメリカのウェアハウザー社のものです。そもそも資源に乏しい日本は輸入に頼っているので、個人的には家に関して国産でこだわるのは性能の良い...

 
 

モデルハウスの選び方は?エスバイエルならどこに行くエスバイエルのモデルハウスの行くのなら、できるだけ自分たちが作ろうとしている家に近いモデルハウスを訪れるべきです。家族構成やライフスタイルを考えて、この家なら住んで丁度良いのでは、と思えるところにすることで、よりイメージがしやすくなるからです。しかし、エスバイエルも良いものを見せたいので、かなり豪華なものを持ってくる場合もあります。そのような家を見...

 
 

エスバイエルで家を建てる時に生じうるデメリットエスバイエルに注文住宅を頼む時には、デメリットとなることもあります。他のハウスメーカーでも多かれ少なかれデメリットはあるのですが、それを把握しておくことで後悔しなくて済むでしょう。直営店で施工してもらえるのなら良いのかもしれませんが、エスバイエルはフランチャイズチェーン展開しているので、その協力店に施工してもらうのであれば質が落ちないか注意しなければな...

 
 

長期優良住宅に理解があるエスバイエルの取り組み長期優良住宅に認定されると、所得税の税額控除などの融合措置が受けられます。これは2009年の6月に施行された「長期優良住宅普及促進法」に基づくもので、エスバイエルもこの方針に賛同しています。「暮らし継がれる住まいシリーズ」は、エスバイエルが2008年に出した商品で、先駆けて長期安心して住める家を提案しています。日本の住宅は海外と比べると寿命が短く、平均...

 
 

エスバイエルのベランダに特徴はそこまでない?エスバイエルのベランダは、正直これと言って特徴がないように思えます。一般住宅にあるベランダを取り付けてくれるというイメージなので、注文住宅で、布団干しなどに使うのであればさほど凝る必要はなさそうです。ベランダを洗濯物を干すスペースとして活用するのであれば、それなりの広さは欲しいですね。家の中から干すという方法ならベランダは狭くても大丈夫ですが、それだと窓...

 
 

外壁塗装はエスバイエルのデザインを損なわないものにしようエスバイエルで家を建てた人が、10年目で外壁塗装をしたところ、費用は125万円かかったそうです。仕様は遮熱防水塗料というもので、これを変えるとまた値段も大きく変わってきます。これはアステックペイント社の仕様で、耐久性があることをアピールしています。一般の弾性塗料だと3から5年で劣化し始め、その結果ひび割れを起こしてしまうのだとか。ひびがあれば...

 
 

外壁塗装はエスバイエルのデザインを損なわないものにしようエスバイエルで家を建てた人が、10年目で外壁塗装をしたところ、費用は125万円かかったそうです。仕様は遮熱防水塗料というもので、これを変えるとまた値段も大きく変わってきます。これはアステックペイント社の仕様で、耐久性があることをアピールしています。一般の弾性塗料だと3から5年で劣化し始め、その結果ひび割れを起こしてしまうのだとか。ひびがあれば...

 
 

注文住宅の中でも自由度が高いエスバイエルの家エスバイエルの注文住宅を建てるのであれば、選ぶ楽しみが他のハウスメーカーよりも多いかもしれません。というのも、坪単価28万円のローコスト住宅から、80万円も高級住宅まであるので、どんなランクの家も準備されているからです。これなら予算が多い層も少ない層も手を出せますね。そこから商品選びをしていくのですが、商品ごとに大体の坪単価が決まっているので、家計に負担...

 
 

エスバイエルの屋根材には何が使われているのかエスバイエルは、和風も洋風もできるハウスメーカーなので、それぞれの家に合ったものは用意されていると思います。実際に話を聞いて、カタログを見てそこで決めるという形になるのでしょう。デザインの良いハウスメーカーなので、屋根の配慮もしているはずです。地震に強い家なので、それに適した軽い屋根材を使っているとも予想できます。昔々の話ですが、戦国時代には城の瓦が思い...

 
 

エスバイエルの外観はおしゃれだと人気が高いエスバイエルと言ったら、デザイン性が高いことから外観に一目ぼれする人もいます。より欲を出せばもっと坪単価の高い富裕層をターゲットとしたハウスメーカーがより良いデザインを追求してくれるでしょうけれど、値段を考えればそれでも十分だと考える人も多いようです。外観は、大きく分けると和風と洋風があります。純和風を選ぶ人よりは、和モダンの外観を気に入る人が多いようです...