新築一戸建て メリット デメリット

MENU

新築一戸建ての選択は、メリットもデメリットも盛りだくさん!

子どもを中心に考えた場合

一戸建てを検討するタイミングとして、結婚や出産、子どもの入学などがあると思います。

 

手狭になったから、住むところを変えよう、でも一戸建てとマンションどっちにしようか、いろいろ悩ましいところです。

 

同じ予算ならば、分譲マンションの方が条件がいい場合がほとんどです。

 

駅からの距離、間取りなどで比較してみるとすぐわかるはずですね。

 

でも、一戸建てならではのメリットは数多いもの、そのうちの1つは子育てのしやすさでしょう。

 

マンションでは壁や床をはさんで、よその家族が暮らしており、これは非常に気を使うもの。

 

いくら防音が考えられているといっても、子どもがはしゃぐ声は気になるものですし、ピアノなどの音は響くものです。

 

一戸建てだと、この心配はなくなりますし、庭やテラスがあることで水遊びやバーベキューもでき、多少の大騒ぎも大丈夫です。

 

子育てには一戸建ての方が、のびのびと余裕を持って取り組めそう。

 

一方で、庭やテラスの手入れに手間やお金がかかるというデメリットはありますが。

 

歳を取った場合に住むならば?

消費税の増税以来、落ち着きは見せているものの、分譲マンションの人気も依然として高いものがあります。

 

やはり、マンションの方がメリットがある場合も数多いようです。

 

立地がよいのは先にも述べたとおり、また高層階に住んでいることで得られる、採光や眺望のメリットは一戸建てでは不可能です。

 

掃除など家事をするにも間取りがコンパクトにまとまったマンションの方が、体力がいらず有利でしょう。

 

共益費や修繕積立費という名目で毎月引き落とされるので、家の補修で突然大金が必要になったりしません。

 

また降雪地帯では、体力が必要となる雪かきの手間がかからないというのも大きなメリット。

 

若い間は一戸建て、歳を取ったらマンションが良さそうですが、都合によって住み替えるのはお金もかかり大変そうです。

 

では、賃貸と比較してみましょう

では、賃貸がいいのではないか?という声が聞こえてきます。

 

実際、ヨーロッパの都市生活者は一生賃貸住まいといいますね。

 

メリットは、思い立ったら住む場所を変えられる、ご近所とウマが合わない場合や、ライフスタイルが変わった場合など自由です。

 

また、災害や火災などにあった場合、建物に関しては財産に響くことはありません。

 

その一方で、家賃をはらい続けるだけで何も残らないのはさびしいものがありますね。

 

一戸建てや分譲マンションのメリットは、財産が残り引き継げるところです。

 

一戸建て、マンション、賃貸、それぞれ長所と短所で考える必要がありそうですね。

注文住宅の総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。

新築一戸建てのメリット・デメリットに関する記事一覧

 

せっかくの新築一戸建てだから、できるだけ快適にすごせるようにしたいもの。オプションをつければ、その分だけ快適な家になるけれど、予算がいくらあっても足りません。必要なオプションを決めるにはどうすればいいのでしょうか?どこで折り合いをつけるか?どこのハウスメーカーにするか決まりました、予算も決まりました、ローンの仮審査も通りました。ここまでもお疲れ様ですが、ここからも結構大変、決まった予算内で、希望の...

 
 

共働きの家庭なら住宅ローンの限度額もアップします。ならば、その分豪華な新築一戸建てを!と考えるのは早計です。共働きのローンの組み方も色々ありますから、リスクを考慮した上で計画を立てましょう。家は建ったが生活が崩壊ではどうしようもありません。共働きはローンでも有利女性の社会進出が目覚しいのか、不況のせいか、共働きの家庭が増えています。そんな世相を受けて、共働き夫婦のローンの借り方についての相談も年々...

 
 

引渡しとは聞きなれない言葉ですが、重要な工程。これ以降、家は施主のものになります。ですから一戸建ての引渡しはシビアに、各部の仕様や仕上がりを見極めないといけません。新築一戸建てのチェック項目は盛りだくさん、最後の大仕事になります。「引渡し」は引き渡されるだけではない家の所有が売主から買主に変わるとき、これが引渡しです。家の代金の残りと引き換えに住宅の鍵を渡され、念願の家が自分のものになったことを実...

 
 

新築一戸建てを買うきっかけは様々ですが、子どもができたからという人は多いでしょう。新築の家での子育て、最高ですね。ではいつ建てるのがいい時期なのでしょうか?今がすごくいい時期だと思うのですが、どう思われますか?ローンはお嫌いですか?今回はアグレッシブにいきましょう子どもができたので家を検討する、なけなしの貯金をはたいて35年ローンを組んで、やっとマイホームを手に入れる。でもローンって、仮に固定金利...

 
 

新築一戸建てで分譲住宅を購入するメリットはとても大きいもの。価格もお買い得ですし、完成品の安心感など数々あります。一戸建てを検討しているならば、分譲をぜひ検討してみてください。注文住宅に劣るのは、注文しているという満足感のみです。やっぱり一番の魅力は価格分譲とは分割譲渡の略、まとまった土地を分割して販売するの意味です。たとえば山を切り開き、電気や水道などを整備して分割して販売します。土地だけを売り...

 
 

せっかくの新築一戸建て、どうせなら人気のあるところにたのみたいもの。ランキングをハウスメーカー選びの参考にしてみてください。販売実績や人気投票、口コミはここでは無視しましたが、それだけでも色々なことが見えてきます。人気のハウスメーカーとは?夢のマイホーム、昭和の匂いのする言葉ですが、平成の世の中になっても、言葉の指す内容は変わりません。今も昔も、新築一戸建ては、夢でありあこがれ、その人気はおとろえ...

 
 

世界に一つだけの家を建てたい、そう思う人にとって注文住宅の新築一戸建ては譲れないところでしょう。しかしそのハードルは意外と高いもの、すべてオーダーになる注文住宅はの一戸建ては多大な労力を要求します。その分完成の喜びは大きいのですが…家が思い通りになる喜び一生に何度とない買い物だから、思い通りの家にしたい。そう思う人たちにとって、注文住宅は何にも勝る喜びでしょう。一から思い通りの家が建てられるのです...

 
 

備えあれば憂いなし、何かのために手を打っておくことは大切です。新築一戸建ての最大のリスクは災害、そのための保険は必ず検討するべきでしょう。最悪の事態に保険で備えておくことは、一戸建ての新生活をより安心にすることでしょう。万が一の事態にそなえるには念願の新築一戸建てを手に入れましたが、漏電による火災で全焼、残ったのは土地と35年間のローンだけでした。他人事ではありません、災害に合えばあっというまに全...

 
 

新築で一戸建てを作る作業は大仕事。様々な工程で成り立っています。それらの工程で施主が関係することは少ししかありませんが、それぞれ大切な機会です。自分の家の工程をチェックするとともに、現場を受け持つ人たちと良い関係をきずきましょう。工程を理解する必要はないけれど工期は数か月、述べ数百人がたずさわる住宅建築は非常に複雑なもの。それぞれのプロフェッショナルが手分けして、各部位を仕上げていきます。呼び方は...

 
 

1件の家を、長く住み継ごうという動きが高まる中で、新築一戸建ての長期保証は当たり前の時代になりつつあります。国の義務付けに、メーカー各社の保証が加わるこの形は、歓迎すべきですね。長年住める住宅には保証が必要イギリス 141年、アメリカ 103年、フランス 86年、ドイツ 79年、日本は、27年。 これは各国の住宅の平均寿命。日本以外はずいぶん長いですね、欧米を舞台にした旅番組や映画で古い町並みのシ...

 
 

新築一戸建ては内需拡大に大きな効果が見込めます。そこで、国は様々な優遇措置をとり、後押ししてくれています。少々複雑な仕組みのものもありますが、すべてを理解する必要はありません。知るべきなのは、今が新築一戸建ての建て時だということです。数々の特例制度が後押し住宅を作るとなると大きなお金が動き、大勢の人が働きます。それだけ経済効果も大きいので、国は住宅を買いやすいように、様々な優遇制度を打ち出していま...

 
 

暗い話題ばかりの現代ですが、明るい話題も意外なところにあるのです。新築の購入なら不景気で低金利の今。有利な点が多く、正に買い時といえるでしょう。新築一戸建ての購入で、景気回復をお家からはじめてみましょう。先行きがみえない現代だから消費税が増税されてしばらくたち、株高だ円安だとにぎやかではありますが、景気が上向いたという実感はあいかわらずありません。景気がよくないというのに、一戸建てなんて現実離れし...

 
 

転勤など様々な理由で家を手放さならなくなったとき、まずはいくらで売りたいか、売れるだろうかを考えましょう。複雑な取引になるので、次はパートナーの選定です。せっかく手に入れた新築一戸建て、売りたい金額にとどかせるためにがんばりましょう。家を売りたいと思ったら目標設定最近、自動車の買取りや貴金属の買取りなどのコマーシャルをよく耳にします。自動車でも手持ちのジュエリーでも、売って何かの足しにしようと思っ...

 
 

不動産の販売形式は3つにわかれますが、一番有利なのは「売主物件」。何といっても、お得に買えてしまうのがメリットです。新築一戸建て3,000万円の物件ならば、得をするのは約100万円!売主物件と希望の新築一戸建てとの出会いを願いましょう。販売形式の違いを知ろう不動産の物件は、販売の形式によって3種類にわかれます。・売主物件・仲介(媒介)物件・販売代理物件「売主物件」とは、自ら土地を仕入れ、建物を建て...

 
 

現代の口コミは主にWebで拡散します。そのスピードは圧倒的、量も圧倒的ですが同時に無価値な情報も多いもの。新築一戸建ての情報を単に探そうと思ってもうまくいきません。大切なのはどんな情報が欲しいか。口コミを活用するポイントです。あふれるのは価値のない情報だけWebが世間に浸透することによって、誰もが世界に向けて発信する手段ができました。Youtubeや大規模掲示板などを見ていると、そのことが実感され...

 
 

家作りを成功させる、理想どうりの家を建てる、そのためにまずは理想を追求するところから始めましょう。新築一戸建て、思いどうりにいかないものですが、妥協できないポイントは明らかに。予算内で落としどころを見つけるのが新築一戸建ての成功の秘訣です。理想をとにかく具体的に考える「成功者は成功することをずっと思いえがいていたから成功を引き寄せたのだ」。最近、よく見かける「引き寄せの法則」、ロンダ・バーンの自己...

 
 

新築一戸建てを手に入れたら、ずっしりのしかかってくるのは住宅ローン。その返済に頭を痛める前に、将来のリスクを加味した計画を立てなければなりません。返済がとどこおれば、新築一戸建てを手放す羽目に。最悪の事態だけはさけたいものです。組むまでは甘いのがローン家を建てるということは、一部の幸せな人たちをのぞいて、多大なローンを背負ってしまうということ、これは、一戸建てに住むということで向上する生活の質に、...

 
 

一戸建てで工夫した部分は?と聞くとかなりの割合で収納だと返ってきます。重要な部分だけに、各ハウスメーカーも工夫をこらして収納をつくっています。ここで、そのアイデアをご紹介。みなさんの新築一戸建てに役立ちますでしょうか。さすがハウスメーカーの収納家を建てたみなさんに、工夫したところを聞いていくと、一番多いのがやはり収納。極めるとベストセラーが出せてしまうジャンルだけに、収納についてはみなさん工夫して...