三井ホーム 坪単価

MENU
 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
坪単価は100万円?三井ホームで家を建てるには覚悟が必要

三井ホームといえば大手ハウスメーカーでお馴染みですが、ここで家を建てるとなると費用は他のメーカーよりも高くなってしまいます。

 

というのも、坪単価が100万円と言われているからです。

 

注文住宅を建てる場合は土地にも何千万円というお金がかかるため、相当の貯蓄と将来の余裕がなければいけません。

 

三井ホームはローコスト住宅で商売を展開するというよりは、高所得者をターゲット層に入れています。

 

そのため、品質重視で坪単価も高くなってしまうのです。

 

できた家に関しては満足できそうですが、費用面で苦労するようなら再考したいところかなと思います。

 

家を建てる時の一番の問題が費用面かと思うので、家族会議を開いて将来のことを話し合う必要がありますね。

 

無理をしない家作りが将来の豊かさにもつながっていきます。

 

坪単価が気になる三井ホームの「オークリー」

「オークリー」というのは、三井ホームの人気商品です。

 

他の商品と比較してみると、外観が水平を強調しているのが特徴的ですね。

 

また、外観は洋風なのに、部屋の中はどこか日本らしさを感じさせる雰囲気になっています。

 

コンセプトになっているのが日本の四季なので、木のぬくもりがいいなと思う方なら気に入るでしょう。

 

外観も内装も、年月が経つごとに馴染むことが強調されているため、新しいのも良いですが、時が経つにつれて出てくる味を感じることもできるようです。

 

人気商品でおしゃれな雰囲気は十分に感じられるのですが、三井ホームの坪単価は安くて75万円というところがネックかなと思います。

 

家の外観も内装も一度気に入ってしまったらそれがいいなと思ってしまうので、建てるなら予算と相談する必要があるでしょう。

 

洋風を追求するなら三井ホームのヴァンス!その坪単価は?

坪単価は注文住宅を建てる際に重要な目安になってくるものですが、数あるハウスメーカーの中でも三井ホームはこれが高いです。

 

例えば、ヴァンスという洋風の家を建てたいなら、この坪単価は95万円ほどになります。

 

ローコスト住宅の坪単価が20万円の家もあることを考えるとかなり高めの設定となっていますね。

 

しかし、ヴァンスはとことん洋風の家がいいという方には向いている商品なので、妥協したくないなら検討の余地は大いにあると思います。

 

この商品のイメージは18世紀のフランスということですから、がっつり洋風ど真ん中ですね。

 

ただ、家自体はキレイに決まっても、周囲の景観を見ると浮いてしまうことがデメリットになりかねないなと思います。

 

ヨーロッパの家は年月が経つことで味があるので、ちゃっちくならないかもモデルハウスにて確認しておきたいです。

 

坪単価はやっぱり高い?外観が特徴的な三井ホームのロンディーノ

高級住宅と呼べる三井ホームの家は、どの商品も坪単価が高めの設定になっています。

 

ロンディーノと呼ばれる外観に特徴がある商品も、坪単価は100万円と決して安くはありませんね。

 

ロンディーノは、一見するとこれは家が2つくっついているのでは?と思うような面白さがあります。

 

三井ホームのホームページに掲載されている家がわかりやすいのですが、一角にタワーのような直方体があります。

 

私の周りではあまり見かけない珍しい外観で、街に映えること間違いなしです。

 

土地が広ければロンディーノはかっこよく決まるかもしれません。

 

できれば外に見せたいデザインなので、見せたい面が隣の家を向いてしまうようならちょっと残念に思います。

 

色んな間取りが考えられるので、土地の大きさによってどんな家が作れるかイメージ図をたくさん作ってほしいですね。

 

三井ホームの平屋、モアストーリーの価格は他より安い

三井ホームで平屋を建てたいなら、モアストーリーという商品があります。

 

一般的には平屋は2階建てよりも坪単価が高くなるのですが、三井ホームは変わっていて、このモアストーリーの坪単価は60万円と、他の商品で言われる100万円からグッと値下げしてきています。

 

その理由は、多少品が高所得者をターゲットとしているのに対し、モアストーリーは年配夫婦をターゲットにしているから。

 

大家族の想定はしておらず、こじんまりと、しかし丈夫な家で暮らしたいという場合には向いているかなと思います。

 

2階建ての商品よりは間取りの自由度も下がるようですが、それでもあまり問題視しない場合にはこちらの方が合っているように感じますね。

 

もちろん年配夫婦でなくても、お父さん、お母さん、子どもの3人家族でも十分快適に暮らせる家です。

 

2種類から選べる三井ホームのチューダーヒルズの坪単価は?

チューダーヒルズと言えば、三井ホームが誇る「ザ・洋風」の家の商品名です。

 

三井ホーム商品はどれも坪単価が安いとは言えず、この商品も100万円はするという計算をしておいた方が良いでしょう。

 

このチューダーヒルズには2タイプあり、一つはパラディアンタイプと呼ばれます。

 

これは窓が特徴的で、1階部分などには大きいものが付けられます。

 

もう一つはティンバータイプと言い、パラディアンタイプと比べるとノスタルジックな雰囲気を醸し出しています。

 

私はティンバータイプの方がより洋風なイメージがあるので良いと思いますね。

 

あまり可愛い洋風を追求すると、やはり年月の経った感じではないのでおもちゃのようなイメージを抱かれることがあります。

 

もし本格的な洋風を目指すなら、外観にはレンガなど、素材面にもこだわりたいですね。

 

3階建てを三井ホームで作った時の価格はいくら?

土地が狭いと、そこに家を建ててもなかなか満足のいくプランが見つからなかったりします。

 

そんな時に多くの人が利用するのが3階建ての家です。

 

これならば、横に広さがとれなくても縦に広さを感じられるようになるので間取り次第で狭さは感じません。

 

三井ホームで3階建てを建てるとなると、坪単価は90万円ほどなので、価格的には少し厳しいかも。

 

ですが高い代わりに、それだけ得られるものは大きいかなという印象があります。

 

ホームページでは一部例が載っていますが、それがとにかくおしゃれで驚きました。

 

和風の3階建てにすることもできますし、バルコニーや屋上、吹き抜けといった間取りの自由さもメリットだなと思いました。

 

屋上は雨の日には汚れてしまうのがデメリットだと思いますが、気候の良い日には友達や親戚を呼んでのパーティをするのにぴったりな家になります。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

注文住宅の総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事

 

価格が高い三井ホームの評判はどうなっている?人生で一度きりの買い物になる家を買う場合、最も注目するのは価格でしょう。三井ホームはハウスメーカーの中でもかなり高額な家を建てるので、ターゲットは高所得者になります。そんな三井ホームの評判ですが、高いだけの仕事はしてくれるというのが消費者の本音のようですね。とにかく見た目がおしゃれなので、ハウスメーカー選びの際に最初に目を奪います。特に洋風の家には定評が...

 
 

女性に人気の「シュシュ」は三井ホームの中でも特にオシャレそのおしゃれな外観から特に女性に人気が高い三井ホームですが、シュシュという商品は圧倒的に女性票が多いです。コンセプトを見てみても、まるでファッションブランドのようなイラストが差し込まれているところから女性をターゲットにしていることがわかります。シュシュの中にもタイプがあり、シュシュクールやシュシュドレッシー、シュシュキュートがあり、家に服を着...

 
 

雨対策に関して問題はなさそうな三井ホーム家は進化を遂げているので、本来の「雨風をしのぐ場所」という役割の重要性は意識されなくなっています。何故なら、それができるのは当たり前だからです。三井ホームとて例外ではなく、それを当たり前としているからこそ、「うちの家は雨漏りしません!」という売れ込みはしないのです。よって、台風などで豪雨の多い地域にとっても安心して何十年も暮らせる家だと思います。もともと高級...

 
 

今時珍しい外壁材を使っている三井ホームのこだわりいざこれから家を建てようとなると、外観や内装の作りの他に、長期間安心して暮らせるかどうかを重視することになります。その中でも第一印象として最も大きく働くのは、やはり見た目である外観ではないでしょうか。私なら、外観が気に入ればそこからその商品の詳細を知っていきたいと思います。三井ホームの外観は洋風がメーンでかなり作りこまれていますが、外壁材は珍しくモル...

 
 

三井ホームの玄関は電子錠などの設備面も充実している玄関は、長居する場所ではありませんが、毎日学校や仕事や買い物に行って帰ってくる重要な部分です。三井ホームはヨーロピアンテイストの外観が女性に人気であることから、玄関でそれを損なわないように気を使ってくれています。良く見かける黒を基調とした頑丈そうな玄関ドアでも良いですが、より外観に統一性を持たせるなら木材を使っているように見せるのもおしゃれだなと思...

 
 

全館空調システムを採用している三井ホームの長所と短所標準仕様で全館空調システムを導入しているハウスメーカーもありますが、これは思ったよりすごいことでした。1つの設備で家全体の空調を管理するというのは明らかに技術の進歩ですよね。三井ホームもこのシステムを採用しているため、年中快適な室温を保てるのがメリットです。得に乾燥しやすい冬には加湿もしてくれるので、寒さに震えながら窓を開けて換気をしなくても常に...

 
 

防音にも定評がある三井ホームなら安眠が約束される暮らしに大切なのは目に見えるところだけではないことを、三井ホームは良く知っています。例えば、音は目に見えませんが、隣の家や部屋から音漏れがあったら快適な暮らしとは言えませんよね。だからこそ、防音に関してもしっかりとした作りになっています。三井ホームが使っているのはロックウールや石膏ボードで、これにより各部屋の音が遮断されます。アパートやマンションで暮...

 
 

防犯を意識するなら三井ホームでどんなことが期待できそう?快適な暮らしを追求するために欠かせないのは、防犯面の強化です。三井ホームというとデザイン性に特化した家ということで、そちらにばかり目が行ってしまいますが、防犯面に関しても十分な配慮が行われているなと思います。例えば、電子錠を付けられるのも防犯の意識の表れですね。玄関ドアはYKKという家の設備の詳しいメーカーが作っているので、外観に合わせて電子...

 
 

三井ホームの3階建て「クレセール」の評判は?都市部で注文住宅を建てるとなると、なかなか広い土地が手に入らない場合があります。そうなると、家を建てるには形の悪い土地であったり、狭くなってしまうことも珍しくありません。そんな時、評判が高く人気なのは、三井ホームの3階建て商品であるクレセール。これは狭小地であっても縦に広さを確保できるため、狭苦しさを感じさせない作りが魅力的です。3階建ての高さを活かして...

 
 

30代向きの家、ソノマは三井ホームの中でも安いと評判高級感のある三井ホームの商品のラインナップを見ていくと、かなりの種類があることに驚きます。狭小地で建てられる3階建てのプランや、イギリスやフランス、アメリカなど、それぞれの国を意識したプランなどが特徴的です。その中でも、ソノマと呼ばれるプランは30代向けのプランになっています。注文住宅を建てる年代として最も多いので、まだまだこれから働き盛りの人た...

 
 

屋根材で断熱を可能に!三井ホームの断熱性の秘密家の断熱性を高めるために、各ハウスメーカーは色々な方面から工夫を凝らしています。三井ホームはデザイン性が優れていることから断熱性や設備面での話が埋もれてしまっていますが、独自の手法を使って断熱性を高めています。例えば屋根材に注目することにより、2階だけでなく屋根裏まで暑くならないような構造を作り上げています。空調に関しては全館空調システムを導入している...

 
 

30坪の家を三井ホームで建てたいときはどうする?家を建てる際にはどれくらいの土地を用意できるかが要となってきます。三井ホームでは高級住宅を建てるハウスメーカーなので、30坪の家だとしても坪単価が90万円だとすると3000万円はかかると思っていいでしょう。それに加えて契約金や保証、オプションもあるのでさらに料金は追加されていきます。金銭的に余裕があるのなら良いですが、もしないようであればソノマという...

 
 

0から建てる注文住宅!三井ホームで建てるための覚悟夢のマイホームとはよく言いますが、家族構成や自分たちのライフスタイルにより合わせた家を建てるなら注文住宅の方がメリットがあります。三井ホームも0から家を作ることが可能で、営業マンの方と一緒になって打ち合わせをしていきます。やっとハウスメーカーが決まったと思ったら次は本格的にプラン決めをしなければならないと思うと大変かもしれません。ですが、一生にそう...

 
 

外観には特別こだわりがある三井ホームの特徴ハウスメーカーを選ぶ時、外観から先に入るという方は相当数います。そういう点で言えば、三井ホームはかなり有利ですね。何故なら外観に対しては並々ならぬこだわりがあるからです。三井ホームの建てる家の特徴は、洋風に強みがあることです。しかも、ただ洋風とひとくくりにしてしまうのではなく、ヨーロッパであればイギリスを始め、フランスやスペインなど国の特徴をしっかりとらえ...

 
 

三井ホームのキッチン事情はどうなっている?デザイン性に定評がある三井ホームですが、そればかりに注目していると機能性が劣ってしまいます。それをカバーするためには、毎日使う場所であるキッチンはしっかり使いやすさを意識したいですね。三井ホームでは、水回りを得意とするメーカーからキッチンを選択できるようになっており、有名どころで言えばリクシルやトクラスがそれにあたります。既に使いやすいよう工夫されたシステ...

 
 

三井ホームの家の保証はどうなっているの?家は、建てたらそれで終わりではありません。どのハウスメーカーも、建ててから10年間は保証と点検をするよう義務付けられています。しかし、それだけでは10年目を迎えた以降に不安が残るという場合、各ハウスメーカーがそれぞれに保証プランを設けています。三井ホームでは、30年保証が続きます。持ち家となると、予期せぬ事態が起きない限りはそこに長い間住むことが想定されてい...

 
 

三井ホームが採用している家の基礎はどんなものなの?家を建てる際には、家の重みに耐えられるような基礎が大事になってきます。耐震性を考えたときにも重要となってくる家の基礎は、三井ホームの場合ベタ基礎かフルベース基礎になっています。ベタ基礎とはコンクリートを使うタイプの基礎で、フルベース基礎はつなぎ目がないのが特徴の基礎です。それぞれに特徴がありますが、ベタ基礎だと寒い土地には向かないという情報がありま...

 
 

住友林業と三井ホームのこだわりを比べてみたそれぞれのハウスメーカーには売りにしたい部分がありますが、今回は住友林業と三井ホームを比べてみました。それぞれの特徴を見ていくと、住友林業は使用する木材にこだわりが見えました。木のぬくもりを大切にしたい方や、鉄骨の雰囲気はあまり好きではないという方には向いています。一方、三井ホームのこだわりポイントは外観です。とことん洋風のおしゃれな家を追求しているため、...

 
 

リフォームで三井ホームの家を安く手に入れる方法がある?三井ホームの家を建てたら、数十年後にリフォームをしたいなと思うかもしれません。家族が時代によって変わっていくのなら、家もそれに合わせて変えた方が住みやすいですからね。しかし、リフォームはこのようにして活用するだけでなく、三井ホームの場合は安く家を手に入れる方法にもなることがわかりました。三井ホームの家は高いため手が出せないという方も多いのですが...

 
 

値引き率が気になる!三井ホームでどれくらい得ができる?大きな買い物をするほど、どれくらいの値引き率なのかなと得をしたい気持ちが出てきてしまいますが、三井ホームの場合はそれが期待できません。もともと富裕層を狙っているため高級ハウスメーカーという位置づけなので、値引き交渉を始めたらきっとびっくりされてしまうでしょう。このこともあり、家を安くしたいなら値引くというよりは見積もりを見てから必要でないものを...

 
 

北欧風のおしゃれな家は三井ホームで建てられるのか洋風の家といったらその外観が美しいことで有名な三井ホームですが、北欧の家は建てられるのでしょうか。人気商品にはイギリス、フランス、スペインを意識した家がありますが、北欧となると目立ってきません。しかしそこはデザインセンスで北欧風にもできるのが三井ホーム。外観に関して言えば、なかなか今は使われなくなったモルタルを使い、雰囲気を出すことに成功していますし...

 
 

中古販売を利用して三井ホームを手に入れよう!坪単価が高く、ターゲットは富裕層という三井ホーム。ですが、坪単価が最低でも75万円というその家を、中古販売によって安く手に入れる裏技があります。三井ホームでは中古販売を行っており、ホームエステートというサイトを使えば三井ホームの中古を見つけることができます。工法からデザインまで細部にもこだわっているハウスメーカーですから、築年数が数十年経っていてもそこま...

 
 

ベランダを作るには適さない?三井ホームの意外な弱点デザイン性に優れたハウスメーカーとして有名な三井ホームでは、ベランダを作ることもできます。日当たりの良い2階部分に付けたら、布団などの洗濯もの干しにも役立ちますよね。ところが、三井ホームはベランダが機能的でないという意外な弱点を持っています。間取りの変更等で改善はできると思うのですが、ベランダは外観にも関わるためデザイン性の優先順位が高い家では小さ...

 
 

三井ホームなら屋上を付けておきたい!その理由とは?屋上のある住宅というのは周りではあまり見ないという方もいるようですが、今は屋上の人気が高まっています。各ハウスメーカーも屋上のある家のプランを1つは持っていることがあり、土地を広く確保できない都会で注文住宅を建てる場合に重宝される場所になります。三井ホームでも屋上があるプランは建てられます。ホームページの例を見てみると、おしゃれすぎてこんな家が本当...

 
 

断熱性はどうなの?三井ホームでの住み心地私が家に求めたいのは住みやすさなので、断熱性の高さはどうしても外せません。となると気になるのはそれぞれのハウスメーカーの工夫ですが、三井ホームでは屋根による工夫をアピールしているようです。もし、天井にだけ断熱材を入れていたら、小屋裏は熱気が溜まってしまいますよね。しかし、三井ホームが屋根の断熱材として使っているダブルシールドパネルがあれば、天井に外からの熱が...

 
 

三井ホームのパティオとは?より豊かな生活を目指してより豊かな生活を目指すなら、デザイン性に秀でている三井ホームでも機能性を追求すべきでしょう。その中でも、ゆったりとした時間を設けたいならパティオを付けるのは良いと思います。パティオとは中庭を意味するスペイン語です。三井ホームの商品名や設備名は外国語なので、気に入ったものがあれば何が何なのかメモをしておくと便利です。ヨーロッパでは家に中庭や裏庭がある...

 
 

そんなところまで!洗面台にもこだわる三井ホームの良さ後で家に運び入れることが可能な家電や家具なら家を建てた後でも考えることができますが、家に取り付ける設備となると話はまた別です。三井ホームではその設備にもこだわっていて、買い手が詳細まで選べるように選択肢が多くなっているのが特徴です。洗面台一つとっても、その大きさや色、素材、とってまで私たちで決めることができます。ここまで細かく決められるのであれば...

 
 

三井ホームは狭小住宅の建設も受け付けてくれてる?高級ハウスメーカーというイメージが強い三井ホームですが、それもそのはず、坪単価が100万円することもあるというからちょっと驚きです。そんな豪華なイメージがあるからか、土地が狭いと三井ホームの家ではアンバランスなのではないかという不安があります。しかし、富裕層しか足を踏み入れてはいけないという方針ではないので、そこは安心しても良いかなと思います。狭小住...

 
 

子供部屋はどう設置したらいいだろう?三井ホームで考える家の間取りを考える際、若年夫婦の場合特に困るのは子供部屋になります。これから子供ができるかもしれないし、できないかもしれない、そんな将来が見えない中で家を建てるとなると、子供部屋は何部屋あれば良いのか計算が難しいですよね。三井ホームで考えるとなると、注文住宅だけでなくリフォーム事情も行っているので、後から部屋数を増やすことも可能です。しかし、三...

 
 

三井ホームの賃貸住宅で収入を得るという手もある新たなる事業を始める時には、三井ホームの家を賃貸住宅として建てるのも1つの方法になるでしょう。他のハウスメーカーでももちろん賃貸住宅として家を貸し出すことはできますが、その運用に対してのノウハウも持っているのが三井ホームなのです。そうなると初めての人でも心強いですよね。また、三井ホームの家は坪単価が高い家として有名で、富裕層しか手が出せないと思っている...

 
 

坪単価かなり高め?三井ホームのエレガント商品シュシュに手が届かない各ハウスメーカーで注文住宅を建築、リフォームする際に一番気になるのはお金がいくら必要なのか、といったお金にまつわる疑問。住宅の場合、坪数に対していくら必要かという、いわゆる坪単価と言われますが、三井ホームの場合いくらか調べてみました。もちろん宅地、三井ホームの住宅種類によってかなりバラツキはありますが、全国平均で見てみると90万強位...

 
 

屋根もかわいいシュシュ。見えないオシャレも手を抜かない三井ホーム三井ホームが手掛ける、女性思い住宅のシュシュ。外見も、女性の人気を一手に集め、目をそらさせない思考が凝らされているの様です。外見で一番に目に飛び込んでくるのは壁やドアですが、意外に知られていないのが屋根のデザイン。壁や玄関にはアクセサリーが沢山施されていますが、屋根にはさすがに飾りはつけられないものの、三角屋根のかわいい外観には目を引...

 
 

シュシュだからインテイリアにもこだわりたい。三井ホームの狙いとは三井ホームの女性が主役住宅、シュシュ。女性目線で設計され、計算されつくしている可愛さいに魅かれる女性は後を絶ちません。そんなこだわりの詰まった住宅はインテイリアの選択がとても大切。住宅自体にコンセプトが決まっているため、その外観を崩さない様にインテリアもコーディネートする必要があると私自身は考えます。もちろん三井ホームも内装にアイアン...

 
 

外壁にも気を抜かない。三井ホームシュシュのクオリティーが凄い頑張る女性へのご褒美的な家、三井ホームのシュシュは外壁にも強いこだわりを持っています。近年の住宅には珍しい外壁に塗装を吹き付けた施工になっています。近年の住宅の外壁と言えば、サイディングが主流で、中でも光触媒系で作られた外壁は、外観を損なうであろう汚れを雨で落とすといった画期的な仕様がほとんど。そんな中、シュシュはあえて吹き付けの壁にこだ...

 
 

30坪でもシュシュは建つの?三井ホームに相談してみたい住宅を建てる時気になるのは敷地の坪数。もちろん広ければ広いだけ、十分なスペースが確保できるのは言うまでもありませんが、坪数が多いという事は、土地の面積ももちろん大きくなるので、購入費や、その後の固定資産税などに大きく影響してきます。もちろん三井ホームのシュシュだって、30坪もあれば十分建築することはできるのですが、やはりせっかくなら建坪で30坪...

 
 

窓も住宅の大事なポイント。三井ホームシュシュの窓は大丈夫?住宅の顔ともいえる窓にこだわる方は少なくありません。大きな窓や、格子窓、出窓など窓の外観だけでなく内装にもこだわりを演出してくれる強い味方となっています。私なら大きな窓で、部屋の中に光を沢山注ぎたいと感じていますが、やはりそれだけではかわいいシュシュには少し物足りません。もちろん出窓なども有効だと感じていますが、かわいいだけでなく機能性にも...

 
 

シュシュの内装は玄関から。三井ホームが仕掛ける玄関マジック住宅に入る時、必ず通らなければいけない玄関は一番印象に残りやすいと感じています。特に初めて入る住宅なら尚更、玄関の様子は鮮明に記憶に残りがち。シューズBOXの大きさや、クロークがあるかないか、タイルはどんなものを使っているか、部屋に入る段差は高いか低いかなど、細かい所まで見てしまいます。その家の顔とも言うべき玄関に手を抜くなんて私ならあり得...

 
 

三井ホームの女性住宅シュシュがこだわるキッチンとは女性目線で設計されたナチュラルモダン住宅のシュシュにはまる人が続出中ですが、女性が多いにこだわるキッチンも三井ホームはセミオーダーが可能なのです。扉のデザインから、取っ手など細かい場所のワガママも嫌な顔一つせずに対応してくれます。内装もかなりこだわっている住宅なので、女性が大活躍するキッチンもやはりしっかりこだわって正解。私はシュシュの様な住宅なら...

 
 

三井ホームが協力的?シュシュに合う家具も要相談近年の住宅の中に、こんなにかわいく設計された住宅があったかと思わせる様な佇まいの三井ホーム住宅のシュシュ。外観からかわいいがあふれ出ている住宅の内装はやはりこだわり抜きたいと思うもの。外観に合わせてかわいいインテリアを一つづづ選んでいくのも住宅を購入する際の楽しみの一つであることに間違いありません。ですが家具もこだわるのであれば、建て付け家具を設定して...

 
 

三井ホームのお手頃価格で人気のシュシュにも建売が?人気の三井ホーム、女性目線住宅のかわいい住宅のシュシュは、女性目線で考えられぬいた住宅で、今人気が急上昇しています。住宅は購入する際、建売か注文住宅かを真っ先に決める事になりますが、そんな人気の住宅で建売なんかがあればすぐに売れてしまいます。私の調べではシュシュの新築建売物件は見つけられませんでした。坪単価も高い設定のシュシュですが、注文住宅だから...

 
 

三井ホームの自由設計シュシュにも当然適応済み建売、中古、リフォーム、注文住宅と住宅には色々な形がありますが、どんな住宅が自分に合っているのか検討しておく必要があります。私は自由設計の利く、注文住宅にとても憧れますが、金銭的にも土地的にもなかなか理想通りにはいきません。建売でもいいお家は沢山あるので、もちろん検討していますがやはり自由設計に勝るものはないと感じています。三井ホームはハウスメーカーの中...

 
 

床材もかわいい!三井ホームのシュシュに妥協無し女性目線で人気が高い三井ホームの住宅、シュシュは床座にまでこだわっている印象が強くあります。というのも、三井ホームの坪単価は平均で65万円から70万円台の印象が強いのですが、床材に関してはとても良心的な金額の設定になっています。もちろん今人気の無垢材を使用するとなると当然価格は高くなってしまうのですが、それ以外の複合にした場合、4000~の価格設定にな...

 
 

間取りが大切。可愛さ重視のシュシュは三井ホームの宝。女性目線の住宅という事だけあって間取りには並々ならぬこだわりを持つ、シュシュ。そもそも三井ホームは自由設計、注文住宅が多くその点はホームメーカーのプロ。間取りにも相当こだわりが強く、生活動線の事まで考え間取りを決めてくれます。恐らく注文住宅で、一番打ち合わせに時間がかかるのも、間取りを決める話し合いではないかと感じていますが、それは将来の大切な住...

 
 

全館空調システムがある三井ホームに床暖房は必要?今や新築にはついていて当たり前にもなってきた床暖房ですが、三井ホームの場合は必要でしょうか。というのも、全館空調システムがかなり有能だからです。これによって家全体の空調が管理され、エアコンで一部屋ずつの温度を調節しなくても済むようになっています。これがあれば床暖房は要らないようにも感じますが、冬の寒さが厳しい地域では導入している家庭も多いようです。ス...

 
 

高額な三井ホームではスマートハウスを選びたいスマートハウスを取り入れることで家のランニングコストが良くなるなら、是非取り入れたいものです。三井ホームは特に高級な家を作るハウスメーカーとして有名なので、スマートハウスを考える余地は十分にあるのではないでしょうか。スマートハウスとは、自家発電ができる家です。その代表格は太陽光発電システムが搭載された家ですね。三井ホームでも太陽光パネルを付けることは可能...

 
 

三井ホームのこだわりは外壁材の標準仕様がサイディングじゃない点外観が洋風でおしゃれだという三井ホームでは、外壁材には一般的であるサイディングを使わないというこだわりを見せています。標準仕様となっているのはモルタルという塗り壁で、これは職人さんの腕によって出来栄えが異なってくる難しい外壁材です。そのため、定期的なメンテナンスを行い、ヒビが入っていないかどうかのチェックが必要です。しかし、苦労して仕上...

 
 

三井ホームの平屋は洋風目当ての人にはうってつけ!はじめから平屋目当ての人であれば、三井ホームのウエストウッドは洋風にできることから狙い目だと言えます。平屋だとどうしても和風の家が多くなっているのですが、ここはおしゃれなカフェのような外観を目指したい!という場合に満足できるプランになっています。三井ホームの平屋の商品名はウエストウッドと言い、内装も素敵です。平屋だとオプションとして付け加えることの多...

 
 

庭を取り入れた三井ホームの家でくつろぎを得よう家を建てる時には、外観や内装、設備も重要ですが、外構も無視してはならないポイントです。三井ホームでは外構工事も行っており、庭や、家の周りを囲う柵などを作ってくれます。その中でも庭というのは大きなポイントで、あるとないとではくつろぎ空間に違いが出ます。三井ホームは洋風の家が中心ということから、それに合う中庭や裏庭を作ることも得意です。庭があれば外と中の繋...

 
 

スキップフロアも三井ホームで作れる?使い勝手はどうだろう中2階や中3階とも言われるスキップフロアですが、これは三井ホームでも作ってもらえます。完全な2階ではないのですが、部屋の一部分だけ大きく段差があり、そこに階段を設けて空間を作ることができるのがスキップフロアです。使いやすさを体感しておいた方が良いので、ここはモデルハウスに行って確認ですね。狭小地であってもスキップフロアなら狭さが感じられないこ...

 
 

サッシで断熱性を高めている三井ホームなら一年中快適!サッシというと、なんだか家に関する話としては小さいような気がしますが、それでもこれ1つで断熱性が違うというのは驚きです。三井ホームは断熱性が高く、一年中快適な家を作ることができます。そのために一役買ってくれているのがサッシで、それにはアルゴンガスというものが入っています。アルゴンガスは空気よりも熱を伝える性質がないため、家の外の空気、または室内の...

 
 

バーリオは三井ホームの中でも破格の価格!三井ホームと言えばハウスメーカーの中でもかなり高い価格で家を販売しており、その平均坪単価は93万円だと言われています。しかし、その中の商品の1つ、「バーリオ」は坪単価が55~65万円におさまるというお値打ち価格!これは三井ホームで家を建てたい人にとっては有益な情報ですね。三井ホームのメリットと言えば外観が美しいことですが、残念ながらバーリオは間取りや外観がほ...