注文住宅 北欧家具 ブランド

MENU

注文住宅で使ってみたい!北欧家具の人気ブランドを調査!

北欧家具のブランドは知らなくても、強く印象に残るデザインは、一目見れば忘れられないもの。

 

長く愛されるデザインの根底にあるものは何か?

 

ブランドをブランド足らしめる、もの作りの姿勢こそ、北欧家具の神髄なのです。

強く印象に残る家具

しゃれた家具店、目にとまったのは人を包むようなフォルムの赤い椅子。

 

ああ、かわった椅子だなあ、あんなのが、マッチするのって、どんな部屋だろう?

 

後日、たまたま見ていたインテリア雑誌で、その椅子の名前が「スワン」であることを知りました。

 

アルネ・ヤコブセンというデンマークのデザイナーが、1970年代に手掛けたこと、価格は50万円もすること。

 

作り続けられるデザイン

現在、このスワンを製造しているのは、「フィリッツ・ハンセン」というメーカー。

 

ほかにも、ポール・ケアホルムなど北欧を代表するデザイナーの名品を復刻し続けています。

 

また、フィンランドの「アルテック」は1933年にデザインされた、アルヴァ・アアルトの「スツール60」生産をつづけています。

 

そして、デンマークの「カール・ハンセン&サン」

 

ハンス・J・ウェグナーの名品、1950年に登場した「Yチェア」を、今も世に送り続けています。

 

北欧のブランドの名品と言われるものは、時代が変わっても愛され続けているのが特徴。

 

これらは、著名なデザイナーの手によるものですが、日常とかけ離れた芸術品ではありません。

 

際立つ個性はありますが、シンプルかつ機能性に富んだ日用品なのです。

 

他にも、ヨナス・ボリーンの「コンクリートチェア」で有名な「シャレモ」。

 

現代の新しいスタンダードとなりつつある「スェデッセ(スウェーデス)」などが北欧家具を代表するブランド(メーカー)といえます。

 

イケア、そして北欧家具の理念

2006年の上陸以来、日本の家具事情をすっかり変えた「イケア」。

 

低価格やデザインのよさで、世界中から支持を受けている企業です。

 

多様な品揃えの中でも、注目したいのは「ストックホルムコレクション」。

 

お値段はイケアでは高めですが、同等の商品をほかの家具店で買うと、2~3倍の値段はするとの言葉どおり、高い品質のラインです。

 

通常はプラスチックが使われるような場所も、しっかり木で作りこまれています。

 

使われている素材は、全て丈夫なウォールナット。

 

北欧ブランドの名品にしても、イケアのストックホルムコレクションにしても、根底にあるのは同じ考えです。

時代を超えて、長い間愛される家具であること。

 

存在感はあるが、シンプルで機能的であること。

 

そして、使う人が心地よいこと。

 

ブランドといっても名前だけではないのです。

 

もの作りの姿勢が共感を呼んで、北欧家具の名声が高まっているのです。

注文住宅の総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。

北欧家具に関する記事一覧

 

キッチン収納だと、システムキッチンが一番優秀だけど、北欧風にはなりづらい?アンティーク家具を使わないと、北欧風にはならないのかな?通常の家具に北欧のエッセンスを加えて、居心地のよさを演出する、キッチン収納にしてみましょう。北欧スタイルの差し色を使う丁寧に作られた家具を、手入れしながら長く使う。「祖父の代から使ってるカップボードなの」そんなスタイルが北欧風とされています。だからといって、現代的で機能...

 
 

やっとであえた北欧家具。長く使いたいなら、お手入れは不可欠です。手入れといっても、そんなに難しくないのがいい所。経年の味がでてくるのも北欧家具の魅力の一つ。大事に使って、子どもや孫の代まで愛されるものにしたいですね。いいものは長く使いたい時代を超えて常に新鮮なデザイン。そんな北欧家具は、いつまでも美しく使いたいものです。そのために、大切なのは日ごろの使い方と、メンテナンスです。北欧家具は、合板では...

 
 

北欧家具に囲まれた心地の良い暮らし。子ども部屋も、上質で長く使える家具でコーディネイト。北欧風のインテリアは部屋を楽しく、後にはパーソナルスペースとしてクールに演出します。いっしょに成長を見守る子ども部屋です。情操教育は、子ども部屋から北欧の子ども部屋はやっぱりおしゃれ、いかにも居心地がよさそうです。部屋の基調は白、家具は天然素材。陽光はできるだけたっぷりと入るように。ビビッドな色を小物類にあしら...

 
 

巷には北欧家具と呼ばれるものが、あふれています。長く付き合うものだから、良い物を選びたい。そんな時頼りになるのは、信頼できるショップです。長く付き合える北欧家具探しはショップ探し、といってもよいでしょう。好きな店で、その目で確かめてからネットで「北欧家具」で検索をかけてみると、驚くほどのサイトがヒットします。おなじみの大規模郊外店から、通信販売やカタログショッピングの会社、有名店から無名店まで。値...

 
 

玄関は家の顔、それぐらい家の印象を左右します。北欧家具でばっちり決まった玄関ならば、家だけではなく家族の株も上がるはず。少しのアイデアで、印象が変わる北欧のエッセンスを加えて、居心地の良い空間作りを。ゲストにも家族にも安らぎをゲストを一番初めに出迎える。玄関は非常に重要なスペースです。お出迎えするにしても、一味違うおしゃれ感がある、玄関にすればゲストにもきっと喜んでもらえるはずです。北欧風にまとめ...

 
 

寝室は最もパーソナルで、リラックスできる場所。日本人と相性が良い北欧家具で、そんな寝室を作りましょう。何よりも自然が一番なのは人間も家具も同じ。小物を積極的に取り入れて、自分らしい空間づくりを楽しんで。心地よいのは理由があるスウェーデンやフィンランド、ノルウェー。。北欧の人々と、日本人は意外に共通点があります。森林が多いこと。両者とも、木資源が豊富なので、木造建築や木製家具が多い点。スウェーデンか...