注文住宅 北欧家具 玄関

MENU

玄関に一工夫!存在感のある北欧家具で、居心地の良い生活を

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

玄関は家の顔、それぐらい家の印象を左右します。

 

北欧家具でばっちり決まった玄関ならば、家だけではなく家族の株も上がるはず。

 

少しのアイデアで、印象が変わる北欧のエッセンスを加えて、居心地の良い空間作りを。

ゲストにも家族にも安らぎを

ゲストを一番初めに出迎える。

 

玄関は非常に重要なスペースです。

 

お出迎えするにしても、一味違うおしゃれ感がある、玄関にすればゲストにもきっと喜んでもらえるはずです。

 

北欧風にまとめると、足を踏み入れたとたんに、安らぎや落ち着きが感じられるようになります。

 

まず、玄関そのものの個性はできるだけ抑えます。

 

可能ならば、壁や天井のカラーは白かベージュ、床は木目を生かした明るいトーンのものにして、ナチュラルテイストでまとめます。

 

次に収納ですが、選ぶのはごくシンプルで存在感のないもの。

 

大きくて、存在感があるものを玄関においてしまうと、限られたスペースが狭く感じられてしまいます。

 

北欧インテリアの肝、アイキャッチ

次に目が止まる場所、「アイキャッチ」作りです。

 

ビビッドな色を、配置して変化と楽しさを演出です。

 

アイテムとしては、北欧インテリアの定番ファブリックパネル。

 

「マリメッコ」や「アルメダール」のブランドが有名です。

 

玄関のラグも、ファブリックパネルと色目をそろえると、統一感が出ておしゃれ度がアップします。

 

そして北欧らしいアイテムを配置。

 

たとえばコートハンガー、アルテックから出ているアルヴァ・アアルトのデザインのもの。

 

木を模した、ナチュラルな人気商品で、現在も多くのデザインをインスパイアし続ける名品です。

 

アンティ・ヌルメスニエミがデザインの「サウナチェア」をコートハンガーの脇に。

 

シンプルかつ存在感のある椅子は、靴を脱いだりするのに、ちょっと腰掛けて重宝する実用品でもあります。

 

小物使いで個性をアピール

照明で選びたいのは「ホッ」と一息つきたくなる、温かみのある白熱灯球。

 

裸電球スタイルで、シェードもつけずに無造作にたらしておくのも、おしゃれです。

 

最後に、小物類を靴を収納しているチェストの上に並べる。

 

飾り棚を作ってもおしゃれ感が増します。

 

手作りしても、その素朴さが北欧インテリアとマッチします。

 

小物は、定番のムーミンものや「イッタラ」のフラワーベースを選択。

 

これで完璧な北欧風玄関のできあがりです。

 

でも、全部、北欧テイストでまとめすぎるのも案外つまらないかもしれません。

型にはまらない、家族の居心地のよさを追求することが、北欧インテリアの原点。

 

あえて、和風なものを持ってきて、ハズして楽しむというのも、ありかもしれませんね。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

注文住宅の総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事