エアコン おすすめ 安い

MENU

安いおすすめエアコンの特徴を調べてみて分かったこと

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
安くておすすめのエアコンの特徴

安いエアコンの価格帯となると、大体5万円前後となるでしょう。

 

おすすめの安いエアコンにはそれぞれ選ぶ時に気を付けたいポイントがあるので、その特徴をまとめてみました。

 

まずは、省エネ基準達成率が星2のものを選ぶと良いと思います。

 

星の数が多いほど省エネ基準達成率が高いのですが、実はこれ、現状星2も星3もあまり違いはないのだとか。

 

星4からは差が出てきますが、安さを求めるのであれば星4以上で5万円前後は少しきついでしょう。

 

ということで、星2のエアコンを選ぶことが適切だと言えるわけです。

 

持論ですが、自動お掃除機能が付いているエアコンは便利ですが、素人でも解体が楽なエアコンも出てきているのでここでも費用を削減できると思います。

 

大手メーカーの低価格帯なら安くても信用はできると思います。

 

低価格帯の中でおすすめのエアコンはこれだ!

現在、低価格帯と言われる5万円前後のエアコンの中で私がおすすめしたいのは、三菱電機の霧ヶ峰GVシリーズです。

 


MITSUBISHI MSZ-GV2817-W ピュアホワイト 霧ヶ峰 標準設置工事セット

 

省エネ基準達成率が星2というところがポイントで、星5からあえて下げたことによってこの値段が実現できています。

 

霧ヶ峰ならテレビCMでもやっている有名な商品なので、その名を汚さないよう低価格でもその機能は悪くないはず。

 

対応畳数は冷房8~12畳・暖房8~10畳となっているので、新築に付けるならそれぞれの部屋に1台あれば十分ではないでしょうか。

 

ただし、1階部分ではキッチンとダイニング、リビングが繋がっている家が多いので、1台ではきついものがあるでしょう。

 

性能をアップさせるか、この商品を複数台同時に稼働させると良いと思います。

 

おすすめのエアコンの選び方は型落ちを狙うこと

最新のエアコンはその性能の高さに驚きますが、どうしてもネックとなるのはその値段ですよね。

 

安さも重視したいのであれば、おすすめのエアコンの選び方は型落ちになったものを選ぶことです。

 

型落ちと言っても、今のものではそう機能は落ちません。

 

また、1階のオープンスペースに取り付けるには力不足だとしても、それを2台同時使用することで夏も冬も快適でいられます。

 

複数のエアコンを同時に使うのは電気代がかかると思っている人もいるようですが、実はエアコンは1台で頑張らせる方が電気を食うのです。

 

だから電気代を節約するためにも、安くて質も悪くないエアコンを複数台設置するのがコスト的に嬉しい方法だと思います。

 

三菱電機などの大手であれば、安くても一部屋で使うなら十分力強い商品を5万円台で売っています。

 

エコなエアコンを選んで電気代を節約しよう!

地球環境にも優しいエコなエアコンはそれだけで貢献度は高いですが、各家庭単位で見ても電気代が安くなるのが魅力です。

 

ここでは、そんなエコで家計にも優しいエアコンのおすすめを5つ紹介したいと思います。

 

ネットでもランキングとして紹介されていたものは、パナソニックのCS-226CF、ダイキンのS22TTES、三菱電機の霧ヶ峰MSZ-GE5616S、同じく三菱電機から霧ヶ峰MSZ-L2216、そして日立の白くまくんRAS-AJ28Fです。

 

どれもメーカーとしては大手で、子どもでもテレビCMで聞いたことがある有名どころでしょう。

 

商品自体も、霧ヶ峰や白くまくんは聞いたことがあるという人も多いのではないでしょうか。

 

エアコン自体の価格で選んでしまいがちですが、長く使えるのでその電気代も考えて選びたいですね。

 

音が静かなエアコンのうち、最もおすすめなのは?

日本ではメジャーとなっているエアコンは、上から下へと空調管理をするためその風が不快だという人もいます。

 

音に敏感だと、寝ている間に気になってしまうという人も。

 

そうなると、静音性に優れたエアコンというのは重宝しますね。

 

静かで快適さが得られると満足度の高いエアコン第一位を調べてみたところ、日立の白くまくんRAS-AJ25Gでした。

 


標準設置工事セット 日立 RAS-AJ25G(W) スターホワイト [エアコン(主に8畳用)]

 

こちら、エアコンの性能だけでなく価格でも満足度が高くて、最安値だったのでおすすめです。

 

やはりどんな機能も満遍なくレベルが高いのは大手メーカーで、日立や三菱電機のエアコンの満足度は高いです。

 

店舗でエアコンの音をチェックしにくいので、買ってから後悔しないためにレビューを細かくチェックしていくのが適切かなと思います。

 

安い買い物ではないので、調べる手間は惜しまない方が良いでしょう。

 

オール電化なら、エアコンもエコにして電気代を浮かそう!

エコな住宅を目指してオール電化にするという人も増えてきているので、それならここでエアコンもお財布に優しいように変えてみましょう。

 

オール電化用というそれに特化したようなエアコンは見当たらないので、単純に電気代が浮くという商品を選べば大丈夫です。

 

ここで難しいのが、エアコン本体の価格を安くするか、それともランニングコストの方を重視するかです。

 

例えば家を買ってエアコンも新しく取り付けるというのであれば、初期費用はなるべく抑えたいはずです。

 

そのような状況なら、安いエアコンを選んで電気代が浮く方を選択すべきでしょう。

 

私なら、ただ安いものだと不安が残るのでせめて大手メーカーの中から選ぶと思います。

 

個人的おすすめは、口コミでの評判の良い三菱電機の霧ヶ峰です。

 

テレビでも宣伝しているだけあって性能も保証されるのではと思っています。

 

エアコンを安く買うおすすめの時期は

同じエアコンでも、時期によってその値段が変わります。

 

これがいつかがわかれば、安く手に入れられて得をしますよね。

 

おすすめの購入時期は、残念ながら何月と特定して言うことができません。

 

何故なら、安く買える時期はモデルチェンジの時期なのですが、この時期はメーカーやグレードによって異なるからです。

 

それでも、家電が好きな人はこれらを地道に調べていて、どのメーカーのどのグレードがいつモデルチェンジするのかを予測できています。

 

買うメーカーとグレードを動かさなければ、ネットでも安く買える時期というのはわかるので、お店に行く時期をある程度決めることができるでしょう。

 

私なら、一度お店に行ってお気に入りのエアコンを見てきて、そのメーカーとグレードをロックオンしますね。

 

ただ、早く欲しい時に買えないのがデメリットとなります。

 

壊れにくいおすすめのエアコンメーカー

どうせ買うなら長持ちして壊れにくいエアコンが良いですが、そうなるとどこのメーカーがおすすめになるのでしょうか。

 

ネット情報だと、エアコン市場で最も買われているのがパナソニックです。

 

よって、単純に言えば売れているもの=良い製品と言え、パナソニックの製品なら壊れにくいと言えます。

 

面白い情報だったのが、エアコン施工職人の見解から見た壊れやすいエアコンを作るメーカーでした。

 

修理に行ったという経験から得たという情報では、シャープのエアコンが最も壊れやすいと感じたと記載がありました。

 

また、エアコンそのものは壊れていなくても、お掃除機能だけ悪くなるというケースも多いそうです。

 

壊れにくいメーカーの判別は難しいものの、壊れやすいメーカーはわかりやすいと書いてあり、貴重な経験を聞いたなという気持ちでした。

 

コンパクトエアコンの中でもおすすめなメーカー

最初にコンパクトエアコンを売り出したのは日立の白くまくんだと聞きましたが、最近では需要が高まったことによって5つのメーカーから売られているようです。

 

個人的におすすめなのは、富士通「ノクリア」CシリーズAS-C22Gです。

 

高さは250㎜で、窓の上の狭い部分にも設置可能となる部屋も増えると思います。

 

このエアコンには抗菌・防カビコーティング熱交換機が付いているので、ふと見ただけではわからないエアコン内部もキレイに保ってくれます。

 

空調管理をしてくれる設備の中が汚くては良い気持ちはしませんからね。

 

汚い洗濯機で衣服を洗うような感じで、汚い空気を吐き出してもらうのは健康にも良くありません。

 

コンパクトにまとまっているならインテリア感覚で設置できるので、あまりエアコンを目立たせたくない場合に最適だと思います。

 

COLUMN:エアコンの買い時は?おすすめの時期はあるのか

エアコンは、モデルチェンジの前になると安くなるのでそこが買い時となります。

 

新しい型が出る前に、その前の型を売りきってしまいたい店側の心理があらわれますね。

 

しかし、おすすめの時期というのは一概に言えず、各メーカー、各グレードによってモデルチェンジ期が異なります。

 

よって、もし買い時を絶対に逃したくないのであれば、あらかじめどこのメーカーのどのグレードのエアコンを買うかを1年前くらいから決めておく必要があります。

 

そこを変更しなければ、いつモデルチェンジするかはネットでも調べられます。

 

ただ、個人的にはそこまでしてずっと気にしているのは疲れてしまうので、お店に行って気に入ったものがあれば即買いしてしまいそうです。

 

かなりの種類があるので、安さを求めるなら5万円台のものもありますしね。

 

エアコンのカビ対策としておすすめの方法は意外と単純

お掃除機能など、高性能なエアコンがたくさん売られていますが、カビ対策はお掃除機能がなくてもできるものです。

 

カビは湿気のあるところを好むので、要は水分をなくせば良いわけですよね。

 

よって、おすすめするのは除湿を使ったり、暖房を付けておくことです。

 

夏前や冬前など、これから毎日エアコンを使うという時期が来る前にこれをやっておくだけで効果があると聞きました。

 

定期的にやっておけばカビ繁殖を防げるでしょう。

 

夏前であれば暖房を付けておくのは暑いので、窓を全開にして出かけている間にタイマーセットをすると良いと思います。

 

私なら、暖房や除湿を付けるまえに軽く自分で見える範囲だけでも掃除しておきます。

 

古いタイプでもフィルターは簡単に外せますし、スポンジでなぞればホコリが舞わずキレイに取れるはちょっとした裏技です。

 

赤ちゃんにも優しいエアコンは人の温度変化がわかるタイプ

家に赤ちゃんがいると、エアコンの設定温度一つとっても気になるものです。

 

声を上げて暑い、寒いと言えないからこそ大人が調節してあげなければなりません。

 

そこでおすすめのエアコンなのですが、口コミでも高評価なのが三菱電機の霧ヶ峰です。

 

何故赤ちゃんにも良いかというと、「ムーブアイ極」が搭載されているから。

 

これは360度センシングで、人の身体の温度変化を感じ取ることができる最新のエアコンなのです。

 

その温度変化は0.1度単位でわかるというので驚きました。

 

でも、言われてみれば人間って1度でも熱があるとまあまあだるいですから、これだけ細かくわかるというのは必須なのかもしれませんね。

 

サーキュレーターも併用すれば部屋の空気の流れも滞らないので、空調管理はいくつかの設備を同時に使うのもアリだと思います。

 

高齢者におすすめのエアコンはどこを見る?

段々と免疫力が落ちてきてしまう高齢者がいる家では、エアコン選びも慎重になった方が良いでしょう。

 

そう頻繁に買い替えないからこそ、私なら少々値段が高くても納得して購入すると思います。

 

おすすめのエアコンは、パナソニックの「Eolia(エオリア)」という商品です。

 

エアコン市場ではパナソニックが最も購入されているので信頼も厚いでしょう。

 

Eoliaは、吹き出される風をキレイにするという機能、「ナノイーX」が付いているのが特徴です。

 

これならいつでも清潔な空気を吸えるので、エアコンの風に敏感だという人でも大丈夫そうです。

 

また、高齢者だとエアコンの掃除は高所での作業になるので、セルフクリーニング機能が付いているものの方が安心できると思います。

 

買ってあげるなら、少々お金を切り崩す必要がありそうですね。

 

型落ちでもおすすめされる理由

最新のエアコンになるとそれなりの値段になりますが、そこまでの機能は望んでいないというのであれば、型落ちとなった商品をおすすめします。

 

型落ちというと言葉の響きは悪いですが、それでも頻繁にモデルチェンジするエアコンは性能が十分高いのです。

 

ハイスペックなエアコンがどんどん型落ちと呼ばれるようになり、今は高性能、オーバースペックなものが多くなっていると聞きました。

 

性能が高くて困ることはありませんが、それだけ値段が高くなると思うと最初から余計な機能はなくても良いと思う人もいるでしょう。

 

私もどちらかというとそうで、部屋を快適な温度に保ってさえくれれば、そして10年ほど持ってくれれば良いと感じます。

 

私のようなタイプであれば、エアコンはあえて最新のものを買わずに型落ちタイプを選んでみてください。

 

木造の和室におすすめのエアコンランキング

家の作りなんてエアコン選びには関係なさそうですが、実はネットでは木造和室向きというランキングでエアコンがズラッと並んでいたりもします。

 

「冷房(木造和室目安):14畳~」とされたランキングを見てみると、堂々の第一位は日立のステンレス・クリーン 白くまくん RAS-X63G2でした。

 

お値段は147,800円で、まあまあしますが口コミも良いのでおすすめです。

 

ちなみにこれは売れ筋ランキングでは13位に入っています。

 

第二位はダイキンのうるさら7 AN56URP-W [ホワイト]で、15万円ぴったりです。

 

そして第三位は三菱電機の霧ヶ峰 MSZ-ZW5617S-W [ウェーブホワイト]で、134,480円でした。

 

値段は大幅に違うことはないので、この中でお気に入りを選べば木造和室には文句なしと言えるでしょう。

 

冷房のみのエアコンがおすすめできる点とは

冬には電気ストーブやホットカーペット、床断熱という手段があることから、エアコンで暖房は使わないという人もいます。

 

そうなると冷房のみの機能を持ったエアコンがありますが、おすすめできる点はどこになるのでしょうか。

 

まず言えるのは、なんといっても価格が安いということですね。

 

冷房のみのエアコンではコロナが人気ですが、ほとんどの商品が3万円台となっています。

 

また、冷暖エアコンと比べるとコンパクトになっているため、普通であれば設置できないような狭い箇所にも付けられることができるのはメリットです。

 

デメリットはと言えば、セルフクリーニング機能が付いていないことや、冷暖エアコンと比べると効率が若干低いことです。

 

個人的には、エアコン本体がこれだけ安いなら、他の性能はなくても文句は言えないなと思いますね。

 

どこのメーカーが日本製のエアコンを作っているのか

日本製の電化製品は性能が総じて良いとされているので、エアコンも買うなら日本製のものの方がおすすめです。

 

上位モデルとなると海外生産が多くなるのですが、日立は栃木県で、三菱電機は静岡県で生産しているというので純国産と言えます。

 

ただし、日立はグレードが一番低いものは海外生産だったりするので注意が必要です。

 

ダイキンも日本で生産していると見たことがあるのですが、これは一部を滋賀県で作っているということだと知りました。

 

アピールしていなくとも、全てを国内で作っているというエアコンもあるのですね。

 

利用者が多いパナソニックは上位モデルに日本製が多いという記述も見つけました。

 

やはり品質を高めようと思ったら上位のものは日本で作る方が都合が良いようですね。

 

エアコンが日本で作られる場合は滋賀県が多いです。

 

猫を飼っている家におすすめのエアコンは?

三菱電機の「霧ヶ峰」FZシリーズは、猫を飼っている家におすすめできるエアコンです。

 

通常のエアコンと言えば、空気の吹き出し口というのは1つしかありませんが、このシリーズは送風機が2つ付いているから気流も2つあります。

 

人もペットも両方が快適に暮らせるようにとなれば、それぞれの温度を感知して送風を変えてもらった方が良いはずです。

 

猫は人間と違って汗をかいて体温調節ができないので、扇風機に当たっても涼しさは感じないと言われています。

 

よって、夏も冬もエアコンでの温度調節は必須。

 

特に夏は冬に使うストーブやホットカーペットなどの暖房器具に変わった冷房器具がないので、ほとんどエアコンに頼った形になります。

 

ペットがいると一日中エアコンをつけっぱなしということもあると思うので、私ならそれでも電気代が安いものを選びたいです。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

注文住宅の総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事

 

エアコンについている個人的おすすめの機能テレビCMでも見聞きしたことがある人もいると思いますが、エアコンについている機能のうち私がおすすめするのは「ムーブアイ」です。その名の通りエアコンについている目が動くという仕組みで、これによって部屋にいる人の体温を0.1度単位で感知してくれます。エアコンは設置箇所が限られており、それによっては気流を変更したとしても限度があります。私の部屋のエアコンはデスクに...

 
 

寝室におすすめの冷やしすぎないエアコン段々と暑くなってきている日本列島には最低限エアコンは必須となってきています。家の中での熱中症を防ぐためにも、寝ている間という無防備な時間帯にエアコンで温度調節をすることも必要です。熱帯夜で寝られない地域もありますからね。そうなると、寝室におすすめのエアコンは眠りを妨げない静かなもので、やんわりと冷やしてくれるものです。日本には春夏秋冬の4つではなく、梅雨もいれ...

 
 

価格は抑えたいけど機能は欲しいエアコンは安い買い物ではないので、できることなら価格は抑えたいものです。色んなエアコンが色んなメーカーから出ているので、正直お店に行っても比較すべき対象が多すぎて悩むという人も多いです。そんな時におすすめなのは、あらかじめネットで希望に近い商品をチェックしておくことです。この時のポイントは、各メーカーによって機能の名称が違うのでそれを間違えないようにすることです。特に...

 
 

エアコンを買うならどこのメーカーがおすすめ?どのエアコンメーカーがおすすめかと言われれば、一つに絞るのは難しいです。ですが、ここであえて言うならパナソニックでしょうか。エアコン市場を見てみると、拮抗してはいるもののパナソニックが占めている割合が最も多いのです。ということは、それだけ人気ということで性能が高く価格もそれなりだと判断できます。最新エアコンはどこのメーカーも性能が良いため、比べて一番を出...

 
 

窓用エアコンのおすすめメーカエアコンの中ではあまり馴染みがないかもしれませんが、窓用エアコンなるものがあります。その名の通り窓に設置するのですが、取り付けが比較的簡単で、小型に特化していたり冷暖房機能が良かったりと、様々なものがあります。エアコンだとメジャーなメーカーは日立やダイキン、三菱電機などになりますが、窓用エアコンとなるとまた違ったメンツになるのが興味深いところです。おすすめのメーカーは、...

 
 

4畳半の部屋におすすめのエアコンの選び方4畳半の部屋におすすめのエアコンとなれば、各メーカーの安いもので大丈夫だと思います。部屋が狭いとエアコンの効き目は必然的に高くなりますし、付けてから部屋が暖かくなったり涼しくなったりする時間も短縮できます。部屋の仕組み上そうなるので、エアコンの機能がオーバースペックとなってしまうことがあります。よって、そこまで機能性にこだわらなくても、値段重視で買った方が結...

 
 

工事費込みの14畳用エアコンの価格の一例14畳用のエアコンをジャパネットたかたで検索してみた結果、工事費込みでの提供をしている商品も結構ありました。三菱では、人気の霧ヶ峰で主に14畳用とされているウェーブホワイトMSZ-AH4017S-W-INが、標準取付工事費込みと記載されていました。ジャパネット通常価格だと、税別で319,600円とエアコンにしてはかなりの高額でしたが、下取り値引き後価格は27...