ヘーベルハウス 注文住宅 坪単価

MENU

へーベルハウスへの注文住宅の特徴が坪単価から見えてくる

坪単価でみると、へーベルハウスは高級注文住宅の部類になり、構法でみると強度の高いものを用いています。

 

結果坪単価を引用してみたので、注文住宅でへーベルハウスを検討している人には、よりリアルな予算を出することができるでしょう。

 

結果、坪単価からみたへーベルハウス

坪単価という言葉はよく耳にしますが、これに延床面積を掛けた価格で家は建ちません。

 

自由に間取りや仕様を設定できる注文住宅ならばなおさら、他にも土地の条件によっても大きく値段は変わるもの。

 

そこで仕様はメーカーが考える標準仕様、土地などの条件はなしとした本体価格を延床面積で割った価格を坪単価としています。

 

この本体価格に加えて、別途工事費と諸費用(メーカーによって呼称は変わります)がそれぞれ本体価格の1割前後かかります。

 

「別途工事費」とは、土地の整備、外回り、インフラの整備、内装の追加など、「諸費用」とは、様々な税金など。

 

これに対して結果坪単価は上記の費用も加えた、家が建つのにかかった値段を延床面積で割ったものです。

 

より実際に近い坪単価と考えることができます。

 

さて、住宅産業新聞発表の「14年度大手住宅メーカーランキング表」で結果坪単価を見ていきましょう。

 

ほぼ注文住宅しかないへーベルハウスは、三井ホーム(91.6万円)、住友林業(89.0万円)に次ぐ第3位の84.3万円。

 

後に続くのは積水ハウス(84.0万円)、大和ハウス(81.3万円)、坪単価は高い部類、高級ハウスメーカーと呼んでよいでしょう。

 

構法によって各メーカーを見ていくと

住宅の骨組みの作り方を構法といいますが、これが坪単価を大きく左右します。

 

上記の5社を構法で分類すると、

 

「木質系」は三井ホームと住友林業、「鉄骨系」はへーベルハウスと積水ハウス、大和ハウスとなります。

 

もう少し詳しく見ていくと、上記の木質系メーカーは木造軸組構法という、日本古来の伝統技法が基本。

 

同じ鉄骨系でも軽量鉄骨構法が大和ハウス、重量鉄骨構法が積水ハウス、そしてへーベルハウスとなります。

 

軽量鉄骨構法とは工業化住宅とも呼ばれる、工場でユニットを作り、現場で組み上げていく方法。

 

重量鉄骨構法は高層ビルを建てるのと同じように家を建てていきます。

 

坪単価も家づくりのアプローチの一要素

以上から、ある程度豊富な予算を用意できて、高層ビルのような強度を持つ家を望むならばへーベルハウスは選択肢に入ります。

 

しかし、費用は可能な限り抑えたほうよいでしょうし、強度といっても、どの程度が適当かはわかりません。

 

家を建てるという大変な作業には、予算から、間取りから、見た目から、立地からなど、さまざまなアプローチ方法があります。

 

何を大切と考えるか、これが家の大本をなす部分。

 

これさえ誤らなければ、希望にほぼ沿った家が完成するはず、自由がきく注文住宅ならばなおさらのことでしょう。

注文住宅の総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。

ヘーベルハウスの注文住宅に関する記事一覧

 

へーベルハウスのイメージはタフなこと。それゆえに一方で、無駄にタフとかやぼったいという評判があります。ロングライフもへーベルハウスの大きな売りですが、その分費用もかかるといいます。これらの評判、判断材料の一つに加えてください。とにかくタフなイメージのへーベルハウスALCを外壁や床・屋根に試用している点、構造に重量鉄骨を使用している点、無償定期点検の期間が30年ある点。もちろん他にも注文住宅だけに、...

 
 

鬼怒川の氾濫で、へーベルハウスに注目が集まりました。しかし災害への備えを売りにしているのはへーベルハウスだけではありません。さらに鬼怒川の氾濫に巻き込まれる家ばかりでもありません。問われるのは、どこまでを危険性と認識するかです。一躍名をあげたへーベルハウス自然災害や核戦争、経済破綻、これらの最悪の事態に備えて、様々な準備をおこなう人々がいます。飲み水や食料・医薬品の備蓄から始まって自宅の要塞化、自...

 
 

へーベルハウスの長期無料点検は、他のメーカーにはない特徴の一つ。10年、30年と非常に丁寧な点検が行われます。しかしメンテナンス費用はもちろん有料、10年を過ぎたころから、修理個所が目立ち始めます。これはへーベルハウスに限ったことではありません。無料点検期間の長さがセールスポイントせっかくの注文住宅ならば、可能な限り長く住みたいとは、誰もが願うところです。ALC、重量鉄骨で丈夫な住宅を造ったら、充...

 
 

100年持つ家は言い過ぎかもしれませんが、それを志向する家づくりが日本で広まっています。長期優良住宅と呼ばれるそれら、へーベルハウスは標準仕様で「構造躯体は100年持つこと」などの条件をクリア。長持ちする家を考えるならば、へーベルハウスはその候補です。長持ちしない日本の住宅最近は「百年住宅」という名称のハウスメーカーもあるぐらい、長持ちする家に注目が集まっています。堅牢性や耐久性、そして長期メンテ...

 
 

へーベルハウスのイメージは良くも悪くも質実剛健。しかし間取りへの提案はHPでもわかるとおり、非常に豊富なのです。40坪という延床面積だと、へーベルハウスはどのような間取りの提案をしてくれるのでしょう。けして広くはない40坪、お手並み拝見です。タフなだけが売りではありません延床面積が40坪だと、生活空間だけで余裕がなくなるほどではありません。テラスや吹き抜けなど、念願の設備を取り入れるのも注文住宅な...

 
 

質実剛健のイメージが強いへーベルハウスが遊び心あふれる2.5階という新提案を出してきました。これはテラスと居室がセットになった3階のこと、「2.5style」と呼ばれます。3階建てが得意なへーベルハウスらしい提案です、要は使う人次第ですが。遊び心いっぱいの「2.5階」堅牢性や耐久性、長く安心して住むための仕組み、へーベルハウスのセールスポイントと聞いて浮かぶのは、まずこの3つ。具体的には、高層ビル...

 
 

30年目の集中メンテナンスがへーベルハウスのロングライフサポートプログラムの内容。これに400万円かかりますが、実はそれほど高額ではありません。しかし30年間メンテナンスがいらないのではありません。小まめな補修に加えて、30年目の集中メンテ、これはへーベルハウスに限らないのですが。費用が気になる集中メンテナンス入居後すぐ、1年目、2年目、5年、10年……そして30年。8回の定期点検、その後の30年...

 
 

タフさが売りのへーベルハウスですが、保証期間は特別長いわけではありません。30年目に大規模補修が組み込まれたメンテナンスプログラムに従えば、安心して住める。これがへーベルハウス。保証期間よりも、安心して住める期間、これが基本的な考え方です。ロングライフプログラムと保証の関係ALCと重量鉄骨を使用、そして独自のメンテナンス・点検システム、「ロングライフプログラム」。堅牢性や耐久性の高い住宅を建て、長...

 
 

へーベルハウスのタフな構造は自由な間取りを実現します。さらには高層住宅も得意で、3、4階建てのものも数多く手がけているのです。4階建ての住宅ならば従来よりも幅広い提案が可能、へーベルハウスの奥深さを裏付ける構造なのです。ラーメン構造で、3、4階建てもお手の物へーベルハウスは重量鉄骨でできており、基本構造はビルと同じ。ですから、3階建ての住宅はお手の物でHPにも「3階建てのパイオニア」とうたい、豊富...

 
 

5LDKは2世帯同居に最適の間取り。そして2世帯同居はへーベルハウスが最初に提唱した住まい方です。へーベルハウスならではの5LDKの工夫とはどのようなものでしょうか。共有スペースの取り方が、大きなポイントとなるのです。へーベルハウスが提唱する5LDKとは5LDK、例えば寝室2つと子ども部屋1つ、和室1つと書斎が1つ。注文住宅にするならこんなプランニングでしょうか、これなら2世帯同居も充分可能な間取...

 
 

へーベルハウスの2015年のトピックは、なんといっても鬼怒川の氾濫でしょう。次いで今年メーカーが推しているのが、2世帯住宅。丈夫さと長く住める住宅、へーベルハウスのセールスポイントがはっきりわかる2015年のトピックです。名声が一気に高まった鬼怒川の氾濫へーベルハウスの2015年のトピックといえば、濁流の中に建ち続ける白い家でしょう。9月の台風18号による豪雨で、氾濫した鬼怒川、決壊した堤防、次々...

 
 

延床面積50坪の余裕と、へーベルハウスならではの高い強度。この2つで注文住宅の自由度はぐっと上がります。趣味のスぺース、広いリビングや吹き抜け、これらは余裕のリビングスペースとへーベルハウスならでは。自由な発想で50坪を活かしましょう。50坪、少々の余裕を活かすなら新築やリフォームなどの費用の目安に使われる住居例は、2階建て・延べ床面積45坪。4LDK~5LDKの間取りが想像できるので、日本の平均...

 
 

へーベルハウスにかかわらず30坪の床面積は、充分なスペースとはいえません。そこにストレスなく住まうには、昔ながらの知恵を用います。例えば吹き抜けや和室、これらで30坪の居住スペースが、それ以上の広さとして活用することができるのです。住居の狭さは昔の知恵で克服する延床面積30坪は、かなり限られたスペースといわざるを得ず、いかに広く住むかがポイントになります。狭小地の住宅といえば、連想されるのは伝統的...

 
 

へーベルハウスのタフさが際立つ事件、安全性に疑問を抱かざるを得ない事件、これらが起こった2015年。2016年のへーベルハウスはどのような打ちだしをしてくるのでしょうか。2016年になっても、基本的な所は変えようがないはずですが……。旭化成建材の不祥事は大ダメージに?旭化成建材が請け負ったマンションの基礎工事で、データの転用や改ざんがあったことが明らかになりました。旭化成建材は旭化成株式会社が10...

 
 

これからも人口の増加傾向が続く東京限定で、へーベルハウスは5階建ての賃貸併用住宅を提案しています。しかも賃貸分はへーベルハウスが借上げ、賃料でローンの返済ができるなんて夢のようなプランですが、、、5階建てとなると建築費だけでも莫大な金額、上手くいくのでしょうか?人口増加傾向の東京だけの話2040年には自治体の半数が消滅する恐れがある、そんなショッキングな記事が日本経済新聞に掲載されたのは14年の5...

 
 

へーベルハウスは5年ごとに点検が入るプログラムを持っています。タフさが自慢のへーベルハウスなのに、そんなに点検が必要なのか疑問に感じますが、そこまでしないと60年間の安心は無理という考え方。5年点検でメンテナンス箇所を見つけなければいけないのです。頑丈さがウリのへーベルハウスですが耐久性や断熱性に優れた軽量素材のALCを屋根や外壁、床材に使う、高層建築と同じ仕組みの重量鉄骨で建物の構造躯体を造る。...

 
 

「へーベル」の名前の由来となったALCは優れた建材で、へーベルハウスは屋根・床・外壁に使用しています。強さや断熱性に優れているALCですが、その一方でデザイン性が低いという弱点を持っているのです。へーベルハウスの長所を以下に見ていきましょう。へーベルハウスといえばALC!!へーベルハウスといえば堅牢性の高さ。鬼怒川の決壊以来、すっかりそんな風潮ですが、その役割を担っているのが構造の重量鉄骨とALC...

 
 

最近は様々なキッチンのレイアウトが流行りますが、一番はスタンダードなL型キッチン。へーベルハウスなら割引率も高く設定された提携メーカーも豊富なので、思った通りのL型キッチンで効率的な調理ができるでしょう。狭小地ほどスタンダードなL型キッチン夢にまで見た新築一戸建て、キッチンだけは譲れない、絶対にアイランドキッチン!!毎日、長時間いるところですから、こだわりたい、そんな奥様の気持ちはよくわかります、...

 
 

へーベルハウスの人気のシリーズがキュービック、坪単価はやや高めとなります。なぜキュービックのような形になったのかを考えると、自然とへーベルハウスのメリットが浮かんでくる合理的なシリーズでもあるのです。高めの坪単価に納得できる理由はあるのでしょうか?キュービックの特徴、フラットルーフへーベルハウスらしい外観、と考えると一番初めに浮かぶのが、屋根が平らな「フラットルーフ」、陸屋根なんていったりもします...

 
 

へーベルハウスとダイワハウスで検討しているという話を聞きますが、その迷っているポイントはどこにあるのでしょうか?それぞれのセールスポイントを比較すれば、へーベルハウスとダイワハウス、迷う必要すらないと思うのです。へーベルとダイワで迷っている?いろいろなサイトやブログをみていると、「へーベルハウスとダイワハウスで悩んでいます」というのを目にします。なぜ、悩むのか正直わからないというところなのですが、...

 
 

ウォールファニチャーは魅力的ではありますが、実際カッコよくできるかどうかは、作った後の住み方次第。へーベルハウスのカタログでも、かっこいいウォールファニチャーは大々的に取り上げられてはいますが、、、これは、へーベルハウスに限らない問題です。収納を魅せることに対する違和感ウォールファニチャー、壁に作りつけの収納のことで、へーベルハウスのホームページにも大々的に取り上げられています。「魅せる」収納と「...

 
 

新築一戸建てを購入するには、何度かまとまった金額が必要になりますが、それをローンで補おうというのが、つなぎ融資。へーベルハウス専用のローンでもつなぎ融資は用意されていますので、検討する価値は充分。へーベルハウスに全部任せられるのは安心ですね。へーベルハウス専用ローン夢、などといわれる新築一戸建てですが、それは年収の数倍という高額なお金がかかるから。先立つものはお金、新築一戸建てが欲しくなる年代の場...

 
 

へーベルハウスが最近推している床材がアドバンスフローリング。木目を印刷した床材といってしまえば身も蓋もないアドバンスフローリングですが、天然木にはないメンテナンス性の高さなど優れた点が多くあります。へーベルハウスが推しているだけある製品なのです。理想と現実のはざまで頭を悩ます念願の新築一戸建ての構想を練っている間は、あれがいい、これがいいと色々想像は膨らむものです。しかし現実問題として考えた場合に...

 
 

へーベルハウスは重量鉄骨の構造なので大空間が得意、だからビルトインガレージに向いている。説得力がありますが、ビルトインガレージはへーベルハウスしか手がけられないわけではありません。多くの情報を集め、自分で決めることが大切です。ビルトインガレージならへーベルハウス?ガレージ。車やバイク、自転車が趣味の人にとって大きなこだわりポイントでしょう。都会ではわざわざ駐車場を借りなければならず、それだけで月に...

 
 

注文住宅の一戸建てにするなら、最新のスマートハウスを検討している方も多いはず。ただ、スマートハウス自体がまだ未成熟な商品です。へーベルハウスはその点も同じ、しかし、へーベルハウスはすでにスマートハウス向きの点を持ってはいるのです。盛り上がりに欠けるスマートハウス今春の電力小売完全自由化が話題になるにつれて、スマートハウスへの注目が、また高まりを見せています。スマートハウスというと非常に新しい物のよ...

 
 

へーベルハウスで家を建てると招待されるのがインテリアフェア、何といってもコーディネータと実物を見ながら家具選びができるのは大きいと思うのです。多くのブランドも見れる、割引もある。へーベルハウスのインテリアフェアを利用しない手はないと思うのです。いく価値があるのか?ヘーベルハウスのインテリアフェアへーベルハウスで家を建てると、引渡しの前に「?インテリアフェア」への招待状が届きます。「アルフレックス」...

 
 

へーベルハウスのスカイコテージは、子育て世代にとって実に楽しそうな提案です。空に囲まれたスカイコテージは、遊びを中心に色々使えそう、これもへーベルハウスの重量鉄骨の構造に寄るところが大きいのです。そんな提案ですがデメリットもありそうです。通常の3階建プラスαの発想コテージとは都市で生活する人々が、週末やバケーション期間に訪れる別荘のこと。へーベルハウスの「スカイコテージ」とは、空に囲まれた別荘とい...

 
 

へーベルハウスとセキスイハイム、工法がそもそも違うので根本的に違う2社です。しかし坪単価が似ていることもあり比較されるのでしょうか。タフさや間取りの自由度でいうとへーベルハウスの方がセキスイハイムより優れているのですが、、、。工法がそもそも違う2社ですが、、、工場で造ったユニットを現場で組み上げるという工法のパイオニアであるセキスイハイム、軽量鉄骨のメーカーです。工期の圧倒的な短縮と、製品の品質の...

 
 

ウッドデッキは色々夢が膨らむ楽しい設備。へーベルハウスの場合は特にウッドデッキが果たす役割が大きいものです。施主支給にするともちろん安く上がります。しかし後々のことを考えればへーベルハウスに頼むのがよいのでしょうか?天然木製はやはりメンテナンスが必要ウッドデッキがいいなと思う人は多いようで、最近は通常より幅を取って、昔でいう縁側をもうける人が多いようです。単に腰かけるため、洗濯物を干すため、バーベ...

 
 

小売り自由化の時代を迎え、新築でエコキュートを導入するケースは増えています。へーベルハウスでもエコキュートはおススメの設備、太陽光発電とへーベルハウスは相性もよいので、これからますます主流となっていくでしょう。小売り自由化の時代を迎える電力電力の小売り全面自由化が今春スタートするにもかかわらず、あまり話題にもなっていないのはどういうことでしょうか?これまでは地域に縛られていた電力の供給元を自由に選...

 
 

高層住宅が得意なだけあって、へーベルハウスとエレベータは非常に相性がいいものです。ホームエレベータと聞くと縁遠いもののように思えますが、実際あると間取りの自由度も高くなるもの。へーベルハウスならば一度検討すべきものではないでしょうか。へーベルハウス得意の高層住宅へーベルハウスの他の住宅にない強みを考えたときに、最初に思い浮かぶのが重量鉄骨による構造躯体。何といっても鉄骨ですから、いくら木造がタフだ...

 
 

へーベルハウスのアフターサービス窓口はヘーベリアンネット。トラブルには電話サポート、アフターサービスでは60年点検サービスが、その代表的なメニューです。ここまで手厚いアフターサービス、へーベルハウスを選ぶ動機になりそうですね。アフターサービスの窓口は24時間対応新築一戸建ては、家を建てるまでに大金を用意したり、契約・手続きなどが面倒だったりで大変なものですが、そこあたりは大抵の住宅メーカーが手厚い...

 
 

住宅メーカーのイベントは集客を図る上で重要なもののひとつ。へーベルハウスでも盛んにおこなわれています。なかでもへーベルハウスでよく見るのがセミナー的なイベント。構造を見せたりするだけというのはもう古いのかもしれません。イベント盛りだくさんのへーベルハウス年始やゴールデンウイークは住宅メーカーは繁忙期、それに合わせて打たれるのが数多くのイベント。へーベルハウスも、もちろん例外ではなく他のメーカー同様...

 
 

ウォークインクローゼットを造るのは、へーベルハウスでもよくある間取り。他の新しい収納の工夫もへーベルハウスでも打ち出し中ですが、大切なのは造るよりも活用すること。これはウォークインクローゼットでも同じです。ウォークインクローゼットは機能的?この前へーベルハウスのケースではないのですが、新築の注文住宅を建てた人と話していて驚かされることがありました。「坪単価を抑えるため」という理由で、収納はなるべく...

 
 

へーベルハウスは新居の建築後のメニューも充実しており、エアコンクリーニングもその一つ。もちろん有料のサービスですが、エアコンクリーニングですらへーベルハウスに任せられるというのは、非常に安心できるものですね。手厚いアフターサービスへーベルハウスのオーナーさんをメーカーでは「ヘーベリアン」と名付け、会員向けに様々なサービスを用意しています。その軸はもちろん「ロングライフサポート」。24時間対応のご相...

 
 

軒のないデザインが多いへーベルハウスは、スッキリした外観で好評です。しかし軒のないデメリットは大きいもの。そんな場合はオーニングを使います。へーベルハウスは構造上オーニングの後付けは苦労します。始めからオーニングを含めた構想が必要です。軒のない家にはオーニングへーベルハウスの主力デザイン、「キュービック」はフラットの屋根と、立方体を組み合わせたような外観が特徴です。シンプルでスッキリしていて実にカ...

 
 

へーベルハウスといえば独特の陸屋根、その外観をおしゃれと取る人も多いようですが、それはへーベルハウスの高い機能性を象徴するもの。とってつけたようなおしゃれではなく、すべて理詰めで考えられたものなのです。陸屋根はおしゃれな外観なのか?おしゃれと思えるポイントは人それぞれで、難しいところではあります。へーベルハウスの主力商品、キュービックの文字通り箱を積み上げたような外観は実におしゃれです。よくいわれ...

 
 

風呂についても、へーベルハウスで選択できる4社はどれも大手メーカー。高いレベルで競っているだけに、大差がなかったりします。へーベルハウスが注文住宅のメーカーといっても風呂にしろ、カタログから選ぶだけ。デザインで決めても良さそうです。注文住宅といっても選択するだけへーベルハウスは注文住宅を手掛けている住宅だからといって、家の全てがオーダーメイドというわけではありません。外観ならば基本の3つのバリエー...

 
 

へーベルハウスが最近打ち出した「ソフィット」は、従来のへーベルハウスの路線を強化する魅力的なシリーズです。従来のキュービックに寄棟造の屋根が乗った外観は、伝統的な住宅を連想させて落ち着きます。それだけではない魅力を見ていきましょう。伝統的な寄棟造の屋根を付けました聖武天皇・光明皇后ゆかりの品を納めた「正倉院」、世界最大の木造建築・東大寺「大仏殿」などなど。これらの伝統的な建物は、寄棟造の屋根をいた...

 
 

へーベルハウスが最近売出している「そらのま」は、個人的に非常にムダが多い間取りだと思います。「その分、夢があるから」という奇特な方向けなのでしょうか。そらのまに割くぐらいなら、もっと現実的な間取りができそうです。そらのま、聞いている分には楽しそう「そらのま」は非常に夢があります。3階を家族みんなの共有スペースにしてしまうというコンセプトで、スカイコテージと呼ばれる部屋と、ウッドデッキにより造られた...

 
 

ただでさえ高いへーベルハウスの坪単価は「そらのま」を採用すると、ますます高くなります。しかし、その分快適性はアップ。他の高坪単価のメーカーと比較しても、「そらのま」というアイデアなど、へーベルハウスは魅力的なのです。ナイスアイデアな「そらのま」2階にリビングを持ってくるというへーベルハウス、イチオシの間取り。それを強化するのが「そらのま」であり「そらのま+」です。都市部の住宅で求められているものの...

 
 

へーベルハウスはダウンフロアを売り出しています。重量鉄骨ならではのまどりともいえますから、へーベルハウスがダウンフロアを推したくなる気持ちもわかるのです。しかし、間取りとして実用性はどうでしょうか?見栄えだけで考えるべきではなさそうです。へーベルハウス得意の間取りですがダウンフロアとは、空間の一部を段差を付けて低くすることで、ダイニング・キッチンと連続したリビングなどに用います。これにより目線の変...

 
 

へーベルハウスのロングライフプログラムには60年間安心とはいっていますが、60年間保証ではありません。それもへーベルハウスがいうメンテナンスを受けた上での、60年間安心なのです。それにはもちろん費用がかかってくるのですが、、、。60年間の保証が付いているわけではないへーベルハウスの「ロングライフプログラム」は独自のメンテナンス・点検システム。その考えは基本性能を60年先まで維持するというもので、6...

 
 

へーベルハウスが提案するLハットの価格は、坪単価にして5万円程度のアップ、決して安いものではありません。価格の分だけLハットに価値があるかというと、それも疑問。価値はへーベルハウスが建てられる環境に左右されそうです。Lハット、気になる価格とはフラットルーフが得意なへーベルハウスの屋上部分に三角形の小屋裏が付く。これが「Lハット」、モデルハウスで盛んに提案している間取りです。天井を一部高くすることに...

 
 

へーベルハウスでは全館空調をあまり推さずに、従来のエアコンが普通のようです。これは高気密・高断熱の性能に問題があるからではないでしょうか?これはへーベルハウスが、必要以上の高気密・高断熱はオーバースペックと考えているから。エアコンで充分ということかもしれません。従来のエアコンを用いるへーベルハウス高気密・高断熱をウリにしている住宅メーカーは、標準もしくはオプションでも全館空調をすすめるものです。最...

 
 

へーベルハウスで用意されているキッチンは大手3社。それぞれ特徴があり面白いので、デザイン以外にも検討してみることをおすすめします。へーベルハウスがいくらよくても、キッチンひとつで台なしになっては、がっかりですから。へーベルハウスは大手3社から選べますトクラス(ヤマハ)、LIXIL(サンウエーブ)、パナソニックなどから選べるへーベルハウスのキッチン。どれも一流どころのメーカーですから、どこを選んでも...

 
 

へーベルハウスはあまりクレームを見かけない住宅メーカーです。その原因は、後々もめそうなメンテナンス費用を始めからオープンにしているところ。クレームが発生するよりは営業チャンスを逃した方がいい、これがへーベルハウスの方針かもしれません。クレームを見かけないへーベルハウス「へーベルハウスは高い」というのが、新築一戸建てを検討している人々の一般的なイメージです。実際坪単価などをみていても、値段は住宅メー...

 
 

へーベルハウスは高級な部類の住宅メーカー、またそれだけの魅力は持っています。予算が足らなくてもへーベルハウスで建てたい、そんな場合に家をコストダウンする方法は以下に述べたとおりです。結局人件費を自分で補うのがコストダウン上一番効果がありそうですが。高価な建材を使用しているから高い!!数ある住宅メーカーの中でも高価な部類とされるへーベルハウス。坪単価でみると70万円~、ここに「そらのま」などのオプシ...

 
 

住居の断熱性でサッシが果たしている役割は非常に大きいもの。へーベルハウスに用いられているアルミ樹脂複合断熱サッシは、現在のところベストな選択。へーベルハウスでも、住宅の高断熱性はサッシが担っているのです。断熱を考えるならばサッシを考える地球環境への意識の高まりから、高断熱がこれからの住宅の必須条件のようになっています。加えて高断熱の家は、光熱費の削減の上でも重要。各住宅メーカーは、あの手この手で自...

 
 

サンルームは便利、快適な装備に思えますが、へーベルハウスではどうやら推していません。理由はサンルームがイメージとはかけ離れているから。これはへーベルハウスだけではなく、多くの住宅メーカーでも同じのようです。一見快適そうなサンルームですがサンルームとは大きな窓で囲まれた空間を指します。「雨の日に洗濯物を干す空間がほしい」そんな場合は「テラス囲い」という簡易的なサンルームを造ります。また最近では、リビ...

 
 

へーベルハウスにシロアリの被害が出ないということはありません。木造の建築と違い、鉄骨製のへーベルハウスの場合は、深刻なシロアリの被害が出ないというだけでしょう。また、それだけで充分安心できると思うのですが、、、。営業マンの営業トークを鵜呑みにしない!住宅についてのブログに目を通していると、しばしば「営業マンにだまされました」的なものに出くわします。そもそも営業マンは売るのが仕事ですから、売るために...

 
 

へーベルハウスのデメリットといえば、一番にその価格があげられるでしょう。ローコスト系の住宅と比較すると、とにかく目につくデメリットです。それ以外にもへーベルハウスのデメリットはあるものです。以下に見ていきましょう。一番のデメリットは、そのコスト重量鉄骨とALCによるタフな構造、ロングライフ住宅、このようにセールスポイントがきっちりあるへーベルハウス。ですから、デメリットがなさそうなイメージがありま...

 
 

へーベルハウスの新製品「テラクラフト」は、お得意の要素をいっぺんに詰め込んだ感があります。その分、機能性や快適性が高まっているはずですが、へーベルハウスの特性から見た弱点もチラホラ。テラクラフト、一度現物を確かめてみてください。盛りだくさんの新商品「テラクラフト」都市型の住宅を得意にしているへーベルハウスが、一昨年に発表した「テラクラフト」は、狭小地向き3階建ての新商品。「住宅密集地で広さや明るさ...

 
 

ネオマフォームはへーベルハウスのグループ会社、旭化成建材が製造しているもので、製品自体は非常に優秀。業界内でもネオマフォームに高い評価が集まっています。へーベルハウスの断熱性は、この建材によるところが大きいのです。ネオマフォームは、あの旭化成建材製年始早々、芸能界で大きな話題が相次いでいます。そのせいで、すっかり忘れてしまいがちですが、昨年末大きな話題になったのは、旭化成建材による杭工事データ偽装...

 
 

へーベルハウスの外壁にはALCが用いられていますが、耐火性、軽量性、断熱性において優れた性能を持っています。そんなへーベルハウスの外壁ですが課題は塗装の表現力、どうしても単調なものになりがちだというのです。へーベルとはALCの代名詞へーベルハウスの「へーベル」とは、技術提携しているドイツの会社ヨーゼフ・へーベルから取りました。このヨーゼフ・へーベル社は軽量気泡コンクリート(ALC)を手掛ける会社で...

 
 

へーベルハウスにはハウスクリーニングなども依頼できる会員制のサイトがあります。多少料金は高めですが、ハウスクリーニングなどを安心して依頼できるのですから、へーベルハウスの金儲けと一概に批判はできなさそうです。アフターサービスへシフトの住宅メーカー長期優良住宅への対応が最も進んでいるといえばへーベルハウス、なぜならアフターサービスなどの体制が整っているから。そんなうがった考え方をしてしまうのは、私が...

 
 

へーベルハウスの標準で用意されているバスルームは大手メーカーのものばかり。品質は確かな上に、機能も大差ありません。結局バスルームはデザインだけで選ぶ、これもへーベルハウスの安心感といってよいのでしょう。標準のものは大差がありませんへーベルハウスで選べる標準のバスルームは、TOTO、LIXIL、セキスイの3社。どれも大手メーカーですから、どこを選んでも大差がないイメージがありますが、自分の家となると...

 
 

へーベルハウスでもパントリーはよく造られる設備になりました。しかしパントリーといっても所詮は収納庫、無理におしゃれにする必要はなく、実用本位で考えるべきでしょう。へーベルハウスに限った話ではないですが。日々進化するパントリーキッチン脇に設けられた収納スペースを、パントリーといいますが、非常に人気の高い間取りになっています。へーベルハウスのWeb内覧会を見ていても、施工例を見ていても、ほぼ必ず造られ...

 
 

防音性が高いことで知られるへーベルハウスですが、ピアノの音を防音するとなるとやはり不充分かもしれません。防音には施工時にへーベルハウスに相談するか、後付で防音室をしつらえるという方法もあるのです。防音性が高いALCなのですが様々な特徴を持つ軽量発泡コンクリート(ALC)をふんだんに用いたへーベルハウス。断熱性や耐震性、耐久性などに優れているとされています。加えて、軽量発泡コンクリートは遮音性にも優...

 
 

へーベルハウスのキッチンの選択肢にはパナソニックが含まれています。どの機能も平均的に優れているのでパナソニックのキッチンはおススメなのです。実際へーベルハウスに住む人が選択するのもパナソニックというケースは多いのです。どのメーカーでも間違いはなさそうですへーベルハウスに標準で用意されているキッチンは4社。LIXIL(サンウェーブ)とトクラス(ヤマハ)、パナソニック、オリジナルになっています。デザイ...

 
 

へーベルハウスとパナホームが競合する場合に最も違う点は、外壁材になるでしょう。その比較をするならパナホームは耐久性で、へーベルハウスは初期投資の安さでそれぞれ勝っています。あくまで性能のみでの比較になりますが。両社が競合する場合ってあるの?パナホームが手掛ける住宅を構造で分けると、鉄骨軸組と大型パネル、重量鉄骨ラーメンの3種類になります。鉄骨軸組と大型パネルは両方とも軽量鉄骨の工法になりますから、...

 
 

ハンモックを日常生活に取り入れるのは楽しそう、中庭や屋上をウリにしているへーベルハウスならなおさらのこと。ハンモックやビーチパラソルを出して、へーベルハウスならではの楽しみ方もできるはず。特にお子さんがよろこびそうです。ああ、憧れのハンモック・・・特に暑い国で日常的に使われているハンモック、実に良さそうです。夏の寝苦しい時期など通気性はバツグンでしょうから、ハンモックで眠りにつければどれだけ心地い...

 
 

単なる明りだけでなく、風景を取り入れるピクチャーウィンドウはへーベルハウスでも盛んに用いられています。へーベルハウスの得意の間取りとピクチャーウィンドウの相性がよいことがその理由。色々考えるのも楽しそうですね。ピクチャーウィンドウのヒントは借景?日本の庭園には昔から借景という言葉があり、近所の山々の景色も庭園の一部として取り込む手法は一般的です。そんな借景にヒントを得たのかどうか不確かですが、最近...

 
 

へーベルハウスに限らず人気の設備はピクチャーレール、部屋のアクセントとして最適です。しかし取り付ける場所は石膏ボード、これはへーベルハウスでも他のメーカーでもかわりません。ピクチャーレールが落下、こんな事態は避けたいものです。部屋を彩るピクチャーレール壁紙にシンプルなものを選択してしまうと、部屋が実に殺風景になってしまいます。そこで、絵でも飾ろうかと考えますが、そうなるとピンの穴が壁に開いたり、立...

 
 

へーベルハウスが推すピロティガレージは、まさに都市型の狭小地にピッタリ、へーベルハウスの基本理念とピッタリの商品です。柱しかないピロティガレージはオーナー次第で色々楽しみ方も広がるはず。災害にも意外と強いのです。へーベルハウス向きのピロティガレージ柱だけでガレージ部分を支えるピロティ、これは壁がなく柱だけで造られた吹き抜けの構造のこと。ホテルやホールなどの、広々としたエントランスを創造してもらえば...

 
 

へーベルハウスは強力な旭化成グループの一員で、住宅ローンもグループ企業にまかせることができます。そこでも取り扱うフラット35もフラット35Sもへーベルハウスならば標準仕様で利用が可、住宅ローンは長期にわたることだけに、条件をよく比較しましょう。住宅ローンも旭化成グループでへーベルハウスはいうまでもなく、旭化成を中心とした巨大企業グループの一員。例えばへーベルハウスの「へーベル」とはALCの商標です...

 
 

へーベルハウスのフローリングで標準担っているのは合板ばかり、天然のフローリングにこだわるとコストがかかってしまいます。また、へーベルハウスのアウトドアリビングは床材の選択が一苦労。こちらはフローリングをあきらめるという手もあります。フローリングの選択は結構重要注文住宅には、自分の理想を形にできるという大きなロマンがあります。一方で、すべて自分で決めなくてはいけないという大きな面倒さもあるのです。当...

 
 

へーベルハウスの標準はペアガラス、3層ガラスに比べると見劣りはしますが、性能的には充分。それがへーベルハウスが考える住宅へのスタンスなのです。ペアガラスや断熱性だけを取って住宅を云々するのはナンセンスだと思いますが?確かにQ値は見劣りするけれど断熱性や気密性に注目するようになって、Q値やC値といった単語が自然と口を衝いて出るようになる。そうなると、へーベルハウスの断熱性能の値には多少のがっかり感が...

 
 

へーベルハウスのオーナー向けサイト、ヘーベリアンネットは非常に充実した内容を持っています。ヘーベリアンと呼ばれるオーナーはへーベルハウスに対する愛着は格別。それを高める役割でもヘーベリアンネットの役割は大きいでしょう。オーナーとの関係性強化のためにオーナーの特権意識をくすぐるためか、それとも利便性の追求か。住宅は建てた後もトラブルやメンテナンスのたびに、メーカーを頼らなくてはなりませんから、関係は...

 
 

へーベルハウスはペットとの共生に向いたつくりになっています。アウトドアリビングなどは犬との共生に、高い天井は猫との共生にそれぞれ最適。室内だけで完結するペットとのすまい。へーベルハウスは様々なアイデアを持っているのです。へーベルハウスならではのペット共生住宅昔は庭の隅に小屋を作って、そこでペットを飼うというのが一般的でした。しかし、最近ではペットと屋内で共生するのが当然という認識、座敷犬や猫が一般...

 
 

へーベルハウスは様々なペット向けのアイデアをこらした、ペット共生型の賃貸を提案しています。賃貸併用住宅はへーベルハウスのお手の物、賃貸経営でもノウハウを、、、といったところでしょう。へーベルハウスの構造は賃貸向け都市型の一戸建て注文住宅を得意とするへーベルハウスは、賃貸との併用住宅も得意にしています。へーベルハウスは重量鉄骨を用いて建てる住宅、構造自体はいわば背の低いビルのようなもの。そのまま1階...

 
 

へーベルハウスに限らずですが、最近はペニンシュラキッチンが流行です。しかし、ペニンシュラキッチンはデメリットも大きいと言われているのも事実。レイアウト、へーベルハウスで採用されているそれらを考えると、人口大理石のワークトップがよさそうです。最近流行のペニンシュラキッチンまあ、最近のキッチンはペニンシュラやらアイランドやら、、、地理の授業をしているのではないんだからと思ってしまいます。キッチンレイア...

 
 

へーベルハウスはベランダを活用する提案が豊富ですが、その床の選択は迷うところです。タイルを選択するならば、楽しむには工夫が必要。へーベルハウスの提案通りにアウトドア風に楽しむのなら、タイルの床にはコストがかかるのです。アウトドアリビングの床は何にするか?へーベルハウスが営業所を構えているのは都市部が多い、これは得意とする住宅がどちらかというと都市型のものだからです。都市型の住宅の大きな特徴として、...

 
 

ベランダに屋根がないデザインをよく見かけるへーベルハウスですが、利便性や快適性を考えると必須のものなのです。ベランダに屋根を付けるとへーベルハウス独特の外観上の問題になるなら、収納式のターフは欲しいところですね。屋根やヒサシには理由があるのです最近の住宅は、スッキリした外観を重視するためか、それともコストダウンのためか、ヒサシや屋根を省く傾向にあります。確かにヒサシや屋根のないデザインはおしゃれで...

 
 

へーベルハウスのアウトドアリビングにあわせて、ベランダの手すりを決めると使い勝手が悪くなります。へーベルハウスと外見上の相性が今一つでも、ボリュームを抑えたベランダの手すりにする。これで使い勝手も大きく向上するのです。ベランダの手すり?普段意識しませんがすべてを自分好みにできる注文住宅の場合は、決めなくてはいけない点が多くあります。壁紙をどうするか?トイレの床は?中には「こんなところまで?!」と驚...

 
 

ベランダや陸屋根の排水はへーベルハウスに限らず大きな問題。きっちり雨水が流れる経路を確保してやらないと、排水がとどこおり、雨漏りへと事態は発展します。へーベルハウスではベランダなどの排水は、定期的なメンテナンスとドレインの掃除に依存しているのです。ベランダの基本性能である排水アウトドアリビングを前面に打ち台している、へーベルハウスだけにベランダの美観は非常に気にかかるもの。なぜならリビングから眺め...

 
 

ペンダントライトはへーベルハウスに任せるよりは、施主支給の方が安くなるというケースもあります。一方で、定価では高すぎるグッズもへーベルハウスを通すと安くなるというケースも。ペンダントライトだけでなく、どこから調達するかは頭の使いどころです。ペンダントライトなら施主支給も視野にいつもの空間を特別にする演出として光は欠かせないもの、昔は間接照明なんて流行りましたよね。最近の注文住宅でよく目にするのは、...

 
 

陸屋根を得意とするへーベルハウスはペントハウスが大得意。最近ではペントハウスの発展系ともいえる「スカイコテージ」を発表し話題になりました。いかにもへーベルハウスらしいアイデア、使い勝手も良さそうですから要注目なのです。へーベルハウス得意のペントハウスもともとペントハウスとは、ビルなどの屋上にある付き出た部屋を指しました。次第に意味が変わり、現在ではマンションやホテルの最上階、最も価格が高い物件を指...

 
 

へーベルハウスはアフターケア全般を受け持つホームサービス課を持っています。メインの業務は有料メンテナンスというホームサービス課はへーベルハウスとオーナーとの関係を深める役割を担っています。つまり、より大きな安心を提供しているのです。痛しかゆしの長期優良住宅長期優良住宅、長持ちする構造とメンテナンスの仕組みをもった住宅。これが、今の日本が補助金を出してまで後押しをしているトレンド。人口の減少傾向が続...

 
 

へーベルハウスならばマンションと自宅が一緒になったような賃貸併用住宅の実績も十分。加えてへーベルハウスはマンション経営のノウハウも豊富にもっています。なかなか魅力的な賃貸併用住宅、条件が整えば検討の価値はありそうです。高層ビルと同じ構造のへーベルハウス日本古来の住宅の構造は木造軸組、柱を中心にして家を建てていくもので、7世紀に創建された法隆寺と同じ。日本の風土とよく合っているのでしょう、加えて間取...

 
 

へーベルハウスのメリットは主なものは3つだけ、その分他社とはっきり差別化ができています。それが気に入ればへーベルハウスで建てるといいですし、今一つと思えば縁がなかったということ。へーベルハウスのメリットはわかりやすさ、といい換えてもよさそうです。少数精鋭のセールスポイントあれもこれもできるけれど、すべてが中途半端な人のことを「器用貧乏」なんて言葉を使って揶揄します。へーベルハウスはまさにその逆、セ...

 
 

住宅業界でモジュールというときには、サイズの単位を指します。へーベルハウスのモジュールは日本古来の尺単位。部材なども尺モジュールで作られていますから、へーベルハウスで用いられる分には無駄なく使われるということです。建築業界におけるモジュールとはモジュールとは建築を設計する場合に、元となる基本寸法を指します。日本の住宅で広く用いられているのが「尺モジュール」、1単位が910mm(3尺)となっています...

 
 

へーベルハウスがよく使う言葉、メンテナンスフリーは誤解を呼びやすいもの。メンテナンスフリーと保証は意味が違います。保証は別に確認が必要、しかしへーベルハウスは、あえて混同させようとしているのでしょうか?メンテナンスフリーと保証は違う「へーベルハウスは30年間メンテナンスフリーです」なんて文句で、自社の住宅を売ろうとする営業マン。加えて、メンテナンスフリーといっているけれど保証じゃないではないか!!...

 
 

少し前にへーベルハウスは総工費3億円のモデルハウスを公開して話題になりました。その一方で住宅地に建てるモデルハウスとして「街かどへーベルハウス」を多数公開しています。これら様々なタイプのへーベルハウス、参考になりますでしょうか?登場、総工費約3億円のモデルハウス!こんなご時世に大層なことだと思うのですが、へーベルハウスは総工費約3億円のモデルハウスを公開しています。場所は世田谷区成城にある「東宝ス...

 
 

へーベルハウスを建売で購入しようと思っても、設定がありませんからそれは不可。しかしモデルハウスを購入するという手があります。「街かどモデルハウス」と称したものを多数抱えるのがへーベルハウス、思い通りのものが見つかればラッキーですね。建売という選択肢がないへーベルハウス少しでも安く家を建てたいとなると、建売住宅を購入するという選択肢が出てきます。間取りなども人気のあるもので標準化していますから、価格...

 
 

へーベルハウスのモニター価格、よく殺し文句に使われますが、はたして本当にお得といえるのでしょうか?結論はお得と思えばお得、モニターだろうと社員価格であろうとへーベルハウスは損はしていません。それで購買してもらうという手段なのです。よく目にする、モニター募集という文句「へーベルハウス緊急・限定5棟、モニター募集!!」なんていうチラシを見かけたりします。条件は、建築中や完成後の見学会に協力できることだ...

 
 

リビングは生活の中心だけにこだわりたいところ。へーベルハウスは「らしい」リビングの提案を豊富におこなっています。どれもへーベルハウスが得意とする都市型の注文住宅に対応したもので、説得性も充分あるのです。へーベルハウスが推すリビングとは?住宅メーカーにはそれぞれ得意分野やセールスポイントがあり、それが個性となっているものです。へーベルハウスは敷地に余裕がない都市型の住宅が得意。近隣の家々との間にも充...

 
 

へーベルハウスをリフォームしたという実例を見ていると、やはり旭化成リフォームに依頼したくなるものです。しかし、これらの実例は、旭化成リフォームしかできないかというと違います。へーベルハウスだから特殊ということもないのです。へーベルハウスに精通した業者を選択「旭化成リフォーム株式会社」、へーベルハウスの売りの一つ、定期メンテナンスやリフレッシュ工事を担当。加えて、ライフスタイルの変化に対応したリフォ...

 
 

へーベルハウスに値引きを要求すると、非常に困ったふりをして提示されるのが「モニター価格」、建築現場などを公開するという条件の特別価格がモニター価格です。へーベルハウスの奥の手のように見えますが実際はどうなのでしょうか?本当に望んでいるのは値引きなのか?大阪のおばちゃんでもないのに、大きな買い物をするとなると、値引きの要求をしたくなる、これはなぜでしょうか?値引きの要求に応えることができるということ...

 
 

へーベルハウスは築30年で、まとまった価格のリフォームが必要であることを明言しています。これはへーベルハウスの信頼性の低さを物語っているのではありません。リフォームはどんな家でも必要なのです。その価格が適正かどうかは、何ともいえませんが。リフォームが不要な家などないへーベルハウスのロングライフプログラムによると、30年目に外装の大規模リフォームが必要になり400万円かかるそうです。やっとローンのめ...

 
 

長期優良住宅の考え方でリフォームの重要性が増しています。へーベルハウスが打ち出すリフォームのプランは定価があるという目新しいもの。へーベルハウスのタフな構造に裏打ちされた、大規模リフォームも可能なものとなっています。リフォームのしやすさ=長期優良住宅一つの家に長く住むのが欧米では一般的、なのに日本の住宅は欧米の住宅に比べて寿命が半分ととても短い。高度経済成長の時代がもう一度来るとは思えませんし、環...

 
 

へーベルハウスを手掛ける旭化成リフォームと同じ仕事を他社が手掛けられるかというと、それは全然可能です。しかし他社のノウハウだけでは、旭化成リフォームと同じ仕上がりは不可能。へーベルハウスのクオリティで手掛けて欲しいならば、他社はさけるべきでしょう。お金や頭を使わずにセンス良く仕上げる?カタログやホームページには、へーベルハウスの関連会社、旭化成リフォームが手掛けた実例が豊富に乗っています。これらの...

 
 

最近のへーベルハウスはルーバースクリーンを多用しています。目隠しにも防犯にも役立つルーバースクリーンは非常に有能。ルックス的にもスタイリッシュです。へーベルハウスとルーバースクリーン、実に好相性なのです。そもそもルーバースクリーンとは地面と平行もしくは垂直な線ばかりで構成されているへーベルハウスのデザイン。加えて、外壁材のへーベルはデザインの幅が小さいのが特長。よくいえばあか抜けてスタイリッシュ、...

 
 

ルーフバルコニーにテーブルを出して、、、といったイメージ写真をよく見ます。へーベルハウスもルーフバルコニーの活用を打ち出しています。しかし、これはへーベルハウスに限らないのですが、実際使うものなのでしょうか?疑問は残ります。へーベルハウス得意のルーフバルコニー建物の外壁に張り出した、手すり付きのスペースをバルコニー、しかしこれでは充分なスペースがとれません。そこで、階下の屋根の部分を利用してバルコ...

 
 

へーベルハウスのフレックスレジデンスは、富裕層をターゲットにしたもの。東京や大阪に数カ所のモデルハウスを展開しています。邸宅と呼ぶのにふさわしいレジデンス、へーベルハウスというだけにも高価なのに、はたして需要はあるのでしょうか?へーベルハウス上位のラインナップへーベルハウスには数多くの商品ラインナップがありますが、外観のバリエーションは3種類にわけられます。まず、へーベルハウスの代名詞ともいえる陸...

 
 

へーベルハウスは基本的にローコスト住宅には分類されません。それでも少しでもローコストでへーベルハウスで建てたいならば、極力オプションを削ること。これしかありません。へーベルハウスが高いのは基礎性能が優れているから、魅力は衰えないはずです。へーベルハウスを少しでも安く!!へーベルハウス、セールスポイントがはっきりしており、他にはない魅力を持った、素晴らしい住宅メーカーだと思います。陸屋根やスッキリし...

 
 

へーベルハウスだからローン審査がゆるいということは考えにくいのですが、へーベルハウスでしか組めないローンは存在します。金利や手数料など条件面ではかなり有利なのです。が、ローン審査がゆるいかどうかについては、何とも分からない部分ではあるのです。ローンの相談は担当営業と借入暦、勤務先、勤続年数、収入、団体信用生命保険、、、以上がローン審査で問われる内容。これらの項目は、どこの金融機関を利用しようとも変...

 
 

へーベルハウスを手掛ける旭化成ホームズは、旭化成の完全子会社。外壁材のへーベルを手掛けるのも同様の旭化成建材です。巨大グループの技術の結晶ともいえるへーベルハウス、だから安心できるといえるはずなのですが、、、。旭化成の技術の結晶、へーベルハウス戦前の日窒コンツェルンを祖にする「旭化成」、主力事業は化学薬品や合成繊維、サランラップなどの家庭用品。資本金は1,000億円超、売上高は2兆円に迫らんとする...

 
 

へーベルハウスを安く建てるには、契約までに条件をすべて引き出してしまうことが必要。その上で安くしてもらうには、へーベルハウスと他のメーカーを競合させるなど、前段階が大切なのです。「最後の数万円で契約」この段階まで煮詰めましょう。やみくもに安く!は意味がない車や家具、家電、そして住宅、高額な商品を購入するときに、口を開けば安く!という人がいますが、これは賢明ではありません。そりゃ安いに越したことはな...

 
 

何かと維持費が高いといわれがちなへーベルハウスですが、実際のところそうではありません。陸屋根=雨漏りではありませんし、ALC=高維持費でもないのです。維持費がかかるのは住宅すべて同じ、へーベルハウスも普通にかかる、それだけなのです。維持費が高いといわれがちですが?へーベルハウスは維持費が高い、この様な風潮があるのはなぜでしょうか?住宅を維持していく上でかかる費用ですから、どんな住宅でもそう変わらな...

 
 

へーベルハウスと聞くと坪単価の高さばかりが目立ちますが、実際に建てられた一戸建ての値段で見ると、それほど高くないという印象です。これは、一戸建ての延床面積が狭いから、狭小地に強いへーベルハウスならではの特性。グロスの値段で考えてみましょう。へーベルハウスは高いという先入観高い高いといわれるへーベルハウス、その理由は構造に重量鉄骨を用いているから。耐久性や耐震性の高さを求めているならば、高層ビルと同...

 
 

構造が全く違うだけに単純に比較できないへーベルハウスと一条工務店ですが、企業としての成長率や気密・断熱性など様々な点で、へーベルハウスを上回っています。それでいて坪単価は安いという一条工務店。なかなか優秀な住宅メーカーです。急成長しているのは一条工務店手元に各住宅メーカーの売上高を示したグラフがあります。2011年度を100とした場合に、2014年度は150超、、、消費税はアップする、不況風は相変...

 
 

へーベルハウスに切妻屋根にあるような雨樋はありませんが、代わりに排水溝とドレインがあります。雨樋のメンテナンスは大仕事ですが、排水溝とドレインだったら簡単。これもへーベルハウスのメリットの一つということができるでしょう。雨樋の不調は雨漏りの原因です雨樋の役割は雨水の通り道を確保して、建物に侵入するのを防ぐこと。ですから、雨樋が正常に機能していないと雨漏りの原因になってしまいます。通常の切り妻など傾...

 
 

メリットが多い陸屋根はへーベルハウスにも用いられていますが、雨漏りが多いという噂も根強いもの。しかし、へーベルハウスは保証も20年間付いていますので、30年目にメンテナンスは必要ですが、雨漏りが特に起こるいうことではないのです。陸屋根のメリット色々のはずですが?陸屋根、、、地面と平行に付いている、傾斜のない平面の屋根のことを指します。陸屋根は、へーベルハウスのほとんどのモデルに用いられているもので...

 
 

リフォームにも幅広く対応できるヘーベルハウスの柔軟性長期優良住宅が主流になってきている昨今、それと同時にリフォームの方もかなり需要が高くなってきていると私は感じています。ヘーベルハウスにももちろんリフォーム専門の旭化成リフォームがありますが、その需要は年々高まってきていて、部分リフォームだけでなく大体的なリフォームまで一手に手掛けているとのこと。その価格はもちろん安くは無いのですが、ヘーベルハウス...

 
 

賃貸としての5階建てもヘーベルハウスで可能!注文住宅を建てる多くの人が、自分たち家族が住むためだけの家を作ります。しかし、実際には賃貸併用型にして、家賃をもらおうという家を作る人もいます。ヘーベルハウスなんかは4階建ても5階建てもできるので、これを建てて1階部分を賃貸として貸し出すというプランも考えられます。ちょっとしたビルのようになるので、1人暮らしで引っ越しをするという人を呼び込むのは良い収入...

 
 

猫との暮らしを応援するヘーベルハウスのプランがある最近では、猫を飼っている人が犬を飼っている人を追い抜かしそうな勢いになってきています。ペットとの暮らしを重視する人が増えている中、ヘーベルハウスでは猫が人間と共存できるよう、間取りを猫用にするプランがあります。このプランは愛猫家にとってはかなり嬉しいものではないでしょうか。猫が梁の上を歩けるように設計し、キャットウォークを作ることができます。リビン...

 
 

フラットな屋根がヘーベルハウスのZEHに合うかもヘーベルハウスでは、「ZEH」というゼロエネ住宅の商品があります。これは、家で消費するエネルギーと、家で作り出すエネルギーを同じ量にしようという試みから生まれた家で、つまりは光熱費がゼロになる家ということです。こうなると、肝になってくるのは屋根の上にある太陽光パネルです。もし日光をよりよく集めたかったら、費用はかかりますが、フラットな屋根が良いと言い...

 
 

坪単価は100万円になることも!ヘーベルハウスの高級住宅へーベルハウスの坪単価は、平均すると80万円と言われており、100万円行くこともあります。かなりの高級住宅と言えるので、手を出せる人が限られてくるのが少し惜しい気がします。40坪の家を建てようと思っても、坪単価が80万円なら本体価格だけで3200万円します。標準仕様だけでも良いですが、オプションもつけたくなってしまうのでそれを追加するとさらに...

 
 

ヘーベルハウスの坪単価を他社と比較してみると・・・?ヘーベルハウスの坪単価は公式ホームページでは公表されていませんが、大体70~100万円と言われています。これは他のハウスメーカーと比較すると高い方で、大手だと三井ホームに次いで高い坪単価になっているほどです。ヘーベルハウスで家を建てようと思うには、それだけの予算があることが前提となってしまうのが少し残念でもあります。ターゲットは富裕層ということで...

 
 

値引きしてもらえるかも!ヘーベルハウスは交渉次第で安くなるヘーベルハウスは坪単価が70~100万円ほどと、かなり高級なハウスメーカーです。だからこそ値引きをしてもらいたいと思う人も多いのですが、実際のところは上手く行けば5~8%ほどの値引きはしてくれるそうです。中には値引きはしないというハウスメーカーもあるので、これは大きいのではないでしょうか。値引き交渉を上手くする方法としては、月末や決算時期を...

 
 

外観には直線がを多用するヘーベルハウスの特徴的な家ヘーベルハウスと言えば、平べったい屋根を思い浮かべる人も少なくないと思います。テレビCMでやっているもので多いのが陸屋根だから、そのイメージが強いのでしょうね。外観に注目してみると、ヘーベルハウスの家はどこか「ヘーベルハウスっぽい」と思わされる特徴があります。それは、陸屋根にもある直線が多用されているところです。四角や長方形を取り入れた家が多く、都...

 
 

陸屋根が特徴的なヘーベルハウスは雨漏りしないの?ヘーベルハウスには時々雨漏りはしないのかという疑問が投げられるようですが、その理由は陸屋根を用いていることが多いからです。フラットな屋根はヘーベルハウスの特徴的な外観で、陸屋根にあるメリットを最大限に活用しています。例えば、平なのだから屋上が作れ、人目を気にせず洗濯物を干したり、日光が注ぐ場所を利用してガーデニングをしたり、それぞれが思い思いに過ごす...

 
 

ヘーベルハウスでも起こるトラブル回避方法家を建てる時のトラブルって、「こう言っていたのに、そうじゃないじゃないか!」というものが多いと思うんです。これは完全に双方のコミュニケーション不足で起きるトラブルですね。だから高級住宅を建てるヘーベルハウスにだって、このような問題は生じてもおかしくないわけです。このようなトラブルを避けるためには、まずは営業マンの人柄を知ることが大切です。話が通じそうな人なの...

 
 

口コミからわかるヘーベルハウスの良い所・悪い所口コミを見ると、ハウスメーカーの実態が見えてきます。ヘーベルハウスの良い口コミには、ヘーベル板の耐火性能が気に入ったというものがありました。ALC外壁材に特徴があり、耐久性が高いものです。ヘーベルハウスはロングライフ住宅が得意で、60年保証など長い間家と向き合ってくれるハウスメーカーです。だからこそ、有事の際にも耐えられる家が誇りなのでしょう。一方で、...

 
 

インテリアの種類も自由に選べるヘーベルハウスヘーベルハウスの内装を見ていると、インテリアを含めて全てこのままで!と頼みたくなるほどおしゃれでテンションが上がります。色々コンセプトが別れているのですが、私はその中でも「ウッディ」が気に入りました。その名の通り木を多く使っているので、全体的な色合いは茶色です。家具もその色や雰囲気に合わせてあるので、家具も一式そろえて自分の家に盛り込みたいと思う人も多い...

 
 

住友林業とヘーベルハウスは木造VS鉄骨という構造住友林業とヘーベルハウスを比べると、大きな違いは木造か鉄骨かという違いでしょうね。住友林業は木造住宅を得意とし、木の性質を良く知っています。気にこだわりたいからと、ハウスメーカーは木造から選ぶという人もいますから、日本に昔から伝わる家作りというのは現代人も大切にしているんだなあと思います。一方ヘーベルハウスは鉄骨で、鉄筋コンクリート連続布基礎が地震に...

 
 

維持費は30年目で400万円!?ヘーベルハウスの嘘ホントヘーベルハウスは長期間安心して住める家、ロングライフ住宅が得意ですが、その維持費とはどれくらいなのでしょうか。ロングライフプログラムには、30年目には約400万円もの維持費がかかると書かれていたりもするので、これを見て目玉が落ちかけた人もいるかもしれません。きちんと具体的に値段を書いているのは良いことだと思いますが、さすがにこれは額が大きすぎ...

 
 

ショールームを多く持つヘーベルハウスなら気軽に見学できるヘーベルハウスのショールームを調べてみると、その地域がズラーっとすごい数出てきました。性質上寒冷地には建てられないヘーベルハウスですが、そうでなければ結構近所でショールームをやっているかもしれません。気楽に見に行けるのは良いのですが、こんなにショールームがあったらその維持費や人件費がかかってしまい、その分家が高くなってしまわないのかなとも思い...

 
 

ウッドデッキは必ずしもヘーベルハウスに頼む必要はないッドデッキは、あるだけで存在感が増し、家のおしゃれ度を一気に引き上げてくれます。ヘーベルハウスでも注文する人がいますが、ウッドデッキはどんなに丈夫な木でもメンテナンスが必要となることを忘れてはいけません。外に出ているものなので雨風に触れますから、その分傷みやすくなります。ヘーベルハウスにお願いするのも良いですが、マージンが高くなるのでここは他の外...

 
 

オプションはどこにつける?ヘーベルハウスの家の予算を考えるオプションがあることによって、注文住宅の選択肢の幅は広がります。しかし、ヘーベルハウスで家を建てた人の中にはオプションの選択肢が少ないという意見を言う人もいました。標準装備以外にも選べるものがあることを良いと思うか、それともオプションはもっとあるべきだと思うかは人によって違います。予算があるならば、せっかくのマイホームはできるだけ自分の思う...

 
 

エネファームをヘーベルハウスで設置するなら太陽光発電も!家庭用燃料電池のことを「エネファーム」と言いますが、これはヘーベルハウスでも設置可能です。特に省エネ設計の家なら太陽光発電システムと共に使われ、安定した電気供給を行ってくれます。電気とお湯を同時に作ることができるのが燃料電池で、ガスエネルギースタイルと呼びます。注文住宅に設置するとなると、置き場所は家の片隅、隣の家との間にちょこんと置く感じで...

 
 

ヘーベルハウスではリビング階段や螺旋階段も提案してみよう!ヘーベルハウスで注文住宅を建てるなら、今時風にリビング階段なんてどうでしょうか。玄関を開けたらすぐ階段という家もありますが、これでは子ども部屋が2階にある場合に誰がいつ帰ったかわからないことがあります。家族間コミュニケーションを高めたい場合は、はじめからリビング付近に階段を設けておいた方が楽でしょう。また、おしゃれをとことん追求したいのであ...

 
 

エクステリアはヘーベルハウスに頼まない方が安い?ヘーベルハウスは外観がシンプルなので、エクステリアによってその印象はまた変わります。とことんシンプルモダンを目指すなら落ち着いた色合いを貫くと良いですし、自然を意識するなら高い植木を増やすのも面白そうです。もしエクステリアを安く仕上げようとするなら、場合によってはヘーベルハウス以外の外構会社に頼んだ方が安く済むかもしれません。ヘーベルハウスのマージン...

 
 

ヘーベルハウスのキッチンメーカーはどれも優秀!ヘーベルハウスの注文住宅でキッチンを選ぶなら、トクラス、リクシル、パナソニックの3社から選べます。どこも一度は聞いたことがある大手ではないでしょうか。どこもそれぞれ他社に負けじと素敵なキッチンを作ってくれているので、正直どこを選んでも後悔はないと思います。傷がつきにくい天板はもはや当たり前ですし、収納が少ないキッチンなんて今時ないでしょう。使いにくいキ...

 
 

大手4社に期待大!ヘーベルハウスで選べるお風呂注文住宅を建てる時にはお風呂はハウスメーカーが持っている選択肢の中から選べます。ヘーベルハウスだと、トクラス、リクシル、TOTO、セキスイの4つの中から好きなものを選びます。ジャグジーをつけてみたりテレビをつけてみたり、色々とできますがそれはどのメーカーでも既に手を出しているため、どこのメーカーが良いというのはあまりないように思います。お風呂と言うと身...

 
 

ヘーベルハウスの分譲地ランキングNo.1は武蔵小杉でした!ヘーベルハウスの宅地分譲を調べてみると、今都会でランキング1位の人気を誇るのは武蔵小杉にありました。再開発が進むということから人気ですし、また武蔵小杉駅へは徒歩11分、新丸子駅へは徒歩6分と好立地です。都会だと車を持っていない人も多いので、駅から近いのはやはり良い条件と言えるでしょう。子どもの通学にも便利です。ここは分譲地6区画ということも...

 
 

ヘーベルハウスと契約するまでに多い流れとはヘーベルハウスと契約を結ぶまでの道のりを簡単に説明すると、まず最初は見学会からという人が多いです。本気でなくても近くでやっているから見ておこうかというノリから契約まで行く人もおり、勉強を兼ねて家を見るというのは得るものがあるみたいですね。バス見学会もあるので、そこでより深い知識を身につけることができます。その後、他のハウスメーカーも見に行くことで比較検討が...

 
 

外壁材に定評があるへーベルハウスはALCを使っているヘーベルハウスと言えば、外壁材が有名です。使われているのはALC外壁材と呼ばれる高性能なもので、ヘーベルハウスは「ヘーベルパワーボード」と言ったりもします。外壁材はほとんどデザインで選ぶものでしょという人もいますが、実は家を建ててからのメンテナンスを考えると、性能が良い方がランニングコストが良いのです。ヘーベルハウスはよくメンテナンスフリーという...

 
 

防犯に特化した構造を熟知したヘーベルハウスの家日本はとても安全な国ですが、それでも空き巣被害に遭っている人は多く、特に1階部分の防犯対策は重要だと言われています。ヘーベルハウスでは、防犯面強化のために、設備だけに頼らず家の構造自体を防犯に適したものにしようという試みがあります。これを「ASDS」システムと呼び、家への侵入被害を調べ、分析した結果防犯に向く家を構築しています。空き巣が入りやすい家と入...

 
 

収納を考えるならヘーベルハウスで十分です!家を建てる際、うちは物が多いからと収納にこだわるお宅もあります。ヘーベルハウスも収納に弱いわけではないので、実例を見て良いなと思ったものは是非真似してみましょう。例えば、玄関ならシュークローゼットを大きくとって季節ごとに変わる靴や、新しく買い替えた靴を収納できるようにしておけるようにできます。玄関に自転車やキックボードを収納する箇所を作っても良いですよね。...

 
 

火災保険だけでなく、生命保険の加入も勧めるヘーベルハウスヘーベルハウスはロングライフ住宅と呼ばれており、長い間住めるだけの力を持った家です。そんなヘーベルハウスでは、火災保険だけでなく生命保険にも入るよう勧めています。もしヘーベルハウスが提案するプランの方が良いなと感じたら、今入っている生命保険からそちらへ乗り換えても良いでしょう。火災保険は、一般的には火災にのみ手当が出ると思われていることもあり...

 
 

二重コンクリート構造がヘーベルハウスの強い基礎ヘーベルハウスの基礎はちょっと変わっています。普通は布基礎やベタ基礎のどちらかなのですが、ヘーベルハウスの2階建ての基礎は二重のコンクリート構造になっています。太いアンガーボルトで柱を強くしているので、これらの構造から地震に強い家を作っていることがわかります。耐震強度で言うとどのハウスメーカーも震度7の実験を行い・・・と自信満々にアピールしていますが、...

 
 

狭小地が得意なヘーベルハウスでは3階建てがオススメ!ヘーベルハウスは狭小地を得意とするハウスメーカーです。重量鉄骨で家を作るので強度は申し分なし。ということで、3階建てもお手の物。狭小地しか手に入らなかったという場合、部屋数を多くするために3階建てを作る人は多いです。となると、ヘーベルハウスはもってこいのハウスメーカーですね。外観はボックス型なのが特徴的で、そのため屋上を利用しているところも多々あ...

 
 

ヘーベルハウスにするなら結構な金額を用意しておきたいところ家を建てるためにはそれ相応の金額を用意しておかなければなりませんが、その額はハウスメーカーによって大いに左右されます。ヘーベルハウスは坪単価が65~70万円とも言われ、ハウスメーカーの中では高い方です。住宅産業新聞には、以前85.2万円と掲載されていたので、実際は90万近くかかると思っておいた方が良いかもしれませんね。また、ヘーベルハウスは...

 
 

見学会では躯体現場も見られるヘーベルハウスもし家の見学会に行くなら、モデルハウスだけを見るのではなくて構造躯体を見られるようなバスツアーに参加してみると学ぶことがたくさんあって有益です。ヘーベルハウスはそのようなバスツアーを用意しており、結構評判も良いです。躯体現場が見学コースに入っているツアーだと、なかなかお目にかかれない躯体を生で見ることができるので家の作りを知るには最適です。もし欠陥住宅やメ...

 
 

欠点は家の断熱性!?ヘーベルハウスが苦手とする分野は?坪単価が高い分良い仕事ぶりを発揮してくれそうなヘーベルハウスですが、欠点もあります。どこのハウスメーカーにもメリットとデメリットがあるので、この辺りを天秤にかけて熟考してみましょう。ヘーベルハウスは、断熱性に優れているとはあまり言えないという意見があります。その証拠として、北の方には進出していません。検索ワードには、ヘーベルハウスと共に「寒い」...

 
 

結露の発生はヘーベルハウスでもありえます家の作りが完全でないと、窓付近に結露が発生する場合があります。これを防ぐために、ヘーベルハウスでは低放射複層ガラスを使った窓や、アルミ樹脂複合断熱サッシを使っています。これによって結露が抑えられることももちろんあるのでしょうけれど、その証拠がなかなかつかめないのは事実。一般的に広がるのは、ブログ等で書かれた「結露がどの窓にもある」というクレームです。1つのク...

 
 

鉄骨住宅が得意なヘーベルハウス。軽量鉄骨の家も作れます住友林業などが木造住宅を得意とするのに対して、ヘーベルハウスは鉄骨住宅を得意としています。どちらが良いとは一概には言えないのですが、鉄骨の方が強度では木造に少し有利な立場にいます。ヘーベルハウスは重量鉄骨がメインで扱われていますが、実は軽量鉄骨の家も作っています。その名の通り重さが違うのですが、重量鉄骨は強度が高い分重さを考慮しなければならない...

 
 

災害対策としてヘーベルハウスが考える「そなえのいえ」地震に強い家が欲しいとはよく聞きますが、災害に強い家とは言わないのが不思議です。日本は災害大国であり、地震ももちろん脅威ですが、台風による洪水被害などにも備えなければいけません。ヘーベルハウスの家は頑丈な作りが売りなので、地震以外の災害にも強いと評判です。また、「備災住宅」という言葉を使った「そなえのいえ」というコンセプトを打ち出しているのも特徴...

 
 

2013年の税制改正によるヘーベルハウスへの影響は?家を建てるだけでも莫大なお金がかかるのに、税金のことを考えると更に支払わなくてはならないというのは身の毛もよだつことではないでしょうか・・・。2013年、税制改正が行われてから、税金に関する問題は富裕層だけの問題ではなくなりました。ヘーベルハウスはかなり高級な家を建てるハウスメーカーなので、購入者は富裕層が多いです。となると今までもこれからも、税...

 
 

断熱への評価はイマイチなヘーベルハウスの家ヘーベルハウスの家は断熱が弱いと言われています。坪単価が85万円もする家なのでそれなりの機能は備わっているはずなのですが、その費用は断熱にはあまりいっていないのでしょうか。調べてみると、使っている素材は悪くはない印象を受けます。「高性能の断熱材」というのがなんともアバウトですが、ヘーベルハウスでは取り入れている断熱法を「ヘーベルシェルタードダブル断熱構法」...

 
 

設備重視ならヘーベルハウスの高齢者用「ヘーベル・ヴィレッジ」ヘーベルハウスの設備は比較的整っていて、標準仕様でもなかなか過ごしやいものだと言われています。もし設備によりこだわりたいなら、高齢者向けの商品である「ヘーベル・ヴィレッジ」が良いでしょう。介護施設などに空きがない状態が続いているため、将来のため自宅介護を考えているならなおさらぴったりの商品です。あとでリフォームして介護により特化させること...

 
 

防音に定評があるヘーベルハウスが採用しているのは「ヘーベル」注文住宅を建てたいなら、目に見えないところを決めるのも重要です。例えば「防音」は、目に見えませんがこれがしっかりしていない家だと睡眠妨害をされたり、その結果健康被害が出るなんて最悪な事態にもなりかねません。もし外からの騒音を防ぎたいのであれば、ヘーベルハウスが採用している「ヘーベル」という外壁が高評価を得ていてオススメです。これは外壁に使...

 
 

騒音被害に遭わないためにヘーベルハウスがしてくれること引っ越し先にと選んだ土地が線路の近くだったり、大規模な道路工事が行われている場所であるならば、家に騒音対策を施さないとかなり暮らしにくくなってしまいます。ヘーベルハウスは防音に対しては得意分野になるので、選んで間違いないハウスメーカーだと思います。使っている外壁材が「ヘーベル」と呼ばれるものなのですが、これが防音に一役買ってくれています。これは...

 
 

建具の評判は?ヘーベルハウスのデザインセンス建具とは、「たてぐ」と読み、意味は戸・障子・ふすまなど、開閉して部屋をしきるもの、です。ヘーベルハウスの建具は評判を見ていると思ったほど良いものではありませんでした。一部ですが、デザインが古臭いという意見もあります。デザインについては個人個人で感じるところが違うのでどうとも言えませんが、個人的には建具だけで見るのではなく、間取りのどこに取り入れるのか、壁...

 
 

坪単価が高くてもヘーベルハウスにしたい場合はどうすればいい?どのハウスメーカーが良いかと選ぶ時、どうしても選べないものが出てきませんか?お金が足りなくては自分たちが支払える坪単価のハウスメーカーに下げるしかないからです。ヘーベルハウスの坪単価は85万円程度で、これは大手ハウスメーカーの中では三井ホームに次いで2番目に高いと言われています。となると、手に入れるためにはそれなりの予算がないと厳しそうで...

 
 

5年刻みの点検があるヘーベルハウスの入念なチェックヘーベルハウスの家を購入したら、定期的な点検があります。引き渡しから1か月経ってからという比較的すぐに行う点検もありますが、メインとなるのは5年刻みの点検です。そこでは家の基礎から外壁塗装など、あらゆる箇所をチェックし、必要があればメンテナンスを行います。点検の頻度は他のハウスメーカーと比較しても一般的かなと思います。ただし、もし点検の度にメンテナ...

 
 

保証はないの?ヘーベルハウスの曖昧なところ家を建てると保証があるように思いますが、実はヘーベルハウスには保証についての言及がありません。家が保証されないとなると不安になるかもしれませんが、その代わりになるものならあります。ヘーベルハウスには「60年点検システム」というものがあり、長寿の家を目指すロングライフプログラムに従って動いています。家の点検は主に5年ごとで行い、必要であればメンテナンスを行い...

 
 

ヘーベルハウスのマンションから退去する手順ヘーベルハウスは、注文住宅だけでなくマンションやアパートも持っています。もしマンションなどから契約満了までに退去したいという場合には、一定期間前に申告が必要になってきます。この「一定期間」がどの程度の期間なのかについて具体的な言及はネット上ではなかったので、しかるべきところに電話して確かめる必要があります。もし退去したいなと思っても、契約満了を1日でも過ぎ...

 
 

注文住宅をヘーベルハウスらしさを出して建てたいなら注文住宅をヘーベルハウスで建てるなら、やっぱり好きな商品、好きなデザインと、好きをとことん追求したいですよね。ヘーベルハウスらしさを出したいなら、陸屋根と言ってフラットな屋根がオススメです。これぞヘーベルハウスという外観で、屋上を作ることも可能です。また、狭小地に家を建てるならヘーベルハウスはお手の物なので、3階建て住宅も視野に入れられます。1階は...

 
 

間取りはどうする?ヘーベルハウスでの暮らしやすさを追求しようヘーベルハウスで間取りを考えるなら、まずは家族構成から見ていくことになります。当然一人一部屋は欲しいでしょうから、子ども部屋の数、夫婦の寝室、奥さんのパントリー兼書斎、旦那さんの書斎などなど、必要な部屋数は絶対確保です。後で付け足すわけにはいかないので、居場所がないようにはしてはいけません。最低限の部屋数がわかったら、ここからはヘーベルハ...

 
 

ヘーベルハウスのライバルとなるのはどのハウスメーカー?ヘーベルハウスは外壁材として使っている「ヘーベル」を全面に押し出すスタイルですが、そのライバルとなるのはどこのハウスメーカーなのでしょうか。個人的には、同じく外壁材にこだわっているクレバリーホームなんかはアピールポイントが一緒なので気にしていたりするのかなと思います。ヘーベルハウスはALCコンクリートという、駅のホームやホテルなどにも使われる防...

 
 

天井高は240㎝と少し低いヘーベルハウス。それって悪いこと?普段暮らしていてあまり意識しないものの1つに「天井高」があります。新しく家を建てるとなって初めて意識するものだと思いますが、ヘーベルハウスの場合はこれが少し低いのです。通常は260㎝ほどなのですが、ヘーベルハウスの場合は240㎝となっています。この20㎝の差をどのように感じるかはモデルハウスに行ってみないことにはわからないでしょう。家に慎...

 
 

売却するならヘーベルハウスの家は得をするかも!ヘーベルハウスの家を売却しようと思った場合、他のハウスメーカーよりも高値で売れる可能性があります。単身赴任という選択肢を選ばなかった場合や、何等かの理由で転居を強いられた場合、持ち家があるにもかかわらずそれを手放さなければいけません。そうなると多くの人が売却すると思うのですが、残念ながら家の価値は約20年もすると価値がなくなると言われています。これでは...

 
 

耐用年数を60年とするヘーベルハウス。でもメンテナンスは必須耐用年数とは、家に安全に住めると判断された年数です。ヘーベルハウスの場合は、ロングライフ住宅をモットーにしているので他のハウスメーカーよりも長いとされる60年を目安に考えています。この60年という年数は、鉄骨の強い家であることや、ALCコンクリートのヘーベルを使用していること、鉄筋コンクリート連続布基礎を採用していることなどからヘーベルハ...

 
 

標準仕様はどんな感じ?ヘーベルハウスの具体的設備家の標準仕様は、充実していればしているほどオプションをつけなくて済むので助かります。ヘーベルハウスの標準仕様には、防犯ペアガラスがあります。これならオプションで付けなくても良く、既に防犯面は意識されているのが嬉しいですね。また、断熱面に関しては、屋根裏にネオマフォームを64㎜、ポリスチレンフォームを25㎜、壁にはネオマフォームを25㎜入れています。ヘ...

 
 

塗装のしなおしはヘーベルハウスだと15年が目安ヘーベルハウスの自慢の1つは、外壁材として使用しているALCコンクリートのヘーベルです。これは耐火性に優れているので防火地域にも家が建てられますし、駅のホームに使われるほど遮音性も高いので外がうるさい場合に活躍してくれます。しかし、この塗装しなくても大丈夫かとなるとそうでもありません。半永久的という言葉が端々に見受けられるヘーベルハウスですが、ヘーベル...

 
 

外壁メンテナンスは15年ごとのヘーベルハウス家の外観を良く保つためには、外壁のメンテナンスが必要です。家の持ち主だけでなく、周りからも見えるので放置しているのがバレるところですからきちんとしておきたいですね。ヘーベルハウスの家の場合はALCコンクリートのヘーベルを使っているのですが、これは劣化したり、欠けたりすることもあります。シーリングという部分が劣化すると雨漏りの恐れもあるので、やはり定期的な...

 
 

増築は難しい?ヘーベルハウスの家は難易度が高い家を建ててしばらくすると、ああした方が良いかな、こうした方が便利かなと思うことがあります。それは、マイホームは3回建てないと満足の行く出来にならないということが関係していることもありますが、中には家族が増えたという事情で、部屋数を増やしたいという場合もあります。どの家でも増築は簡単な工事ではありませんが、ヘーベルハウスの家を増築するのは難しいそうです。...

 
 

2世帯住宅のパイオニアはヘーベルハウスだった!2世帯住宅を作りたいと思うのであれば、そのパイオニアであるヘーベルハウスは信頼できるでしょう。ヘーベルハウスが提案するまで2世帯住宅という概念がなかったと思うとなんだか不思議な感じです。種類は、分離型と融合型があり、前者はキッチンや玄関など、設備を完全に分離して、アパートのような感じになります。後者は共有スペースがあり、2世帯が一緒になって食事をするダ...

 
 

平屋プランもあるヘーベルハウス、坪単価は70~80万円ヘーベルハウスには平屋プランもあり、坪単価は70~80万円と、2階建てとそこまで変わりません。2階部分がないだけ安くなるのではと思いがちなのですが、平屋だと基礎や屋根が2階より多く必要となる場合があるのでそこまで極端に安くはならないのだそうです。ちょっと損をしたような気分ではありますが、子どもが独立し、夫婦2人だけの家を改めて建てるというような...

 
 

住まいの学習塾でヘーベルハウスのあれこれを学べる!家を建てるためにはそれなりに事前知識があった方が有利です。ハウスメーカーと契約をしてから、他のところではこんな間取りができると有名だったの!?と後悔せずに済んだり、アフターサービスについてを知っているといないとでは選ぶはずの商品も違うからです。ヘーベルハウスでは、そんな知識を活かしてもらおうと開いている「住まいの学習塾」があります。地域によって内容...

 
 

地震に強いヘーベルハウスは重量鉄骨の家がメイン地震に強い家として有名なヘーベルハウスですが、同じキャッチフレーズで売り出しているハウスメーカーは少なくありません。木造住宅は地震に弱いなんてレッテルがありますが、そもそも本当にそうならば国が建てるのをストップするでしょう。どちらが地震の揺れに強いかと言われれば鉄骨になりますが、木造だから揺れに弱いとは言えません。ヘーベルハウスはより強く、より頑丈にと...

 
 

特にメンテナンス費用がでかいのがヘーベルハウス家を建てるとなると色んなところにお金がかかるので、一概に坪単価だけで計算できません。ヘーベルハウスで家を建てようと思った場合、その坪単価は約85万円です。40坪の家なら、本体価格は3400万円、それにオプション、契約金、諸経費、保険、固定資産税、外構、地盤改良工事などなど、たくさんのお金がかかってきます。家を建てた後もそれで終わりではなくて、メンテナン...

 
 

玄関作りもお手の物!ヘーベルハウスの自由な玄関玄関は家の顔とも言われる要なので、家作りをする際には外から見た場合と中から見た場合の2パターンを想定して作りたいものです。ヘーベルハウスの家を建てて外から見える玄関を意識するならば、まずはデザインが素敵と思えるものでありたいですよね。私なら、家の外観をどんなものにするかによって玄関ドアを決めたいです。単体ではよさげでも、外壁材や家の形と組み合わせるとア...

 
 

フローリングはどうする?ヘーベルハウスは黄色もピンクもありフローリングは普段あまり気を付けて見ない部分ですが、家作りに時には意外と熟考するところです。ヘーベルハウスのフローリングも数種類の中から選びますが、これはモデルハウスや展示会に足を運んだり、web内覧会等で広い範囲に張られたものを見た方が良いでしょう。実際に私がweb内覧会で見ることができたのは、Hシリーズの突板フローリングで、モダンなイメ...

 
 

ヘーベルハウスの賃貸に住むなら知っておきたい保証会社ヘーベルハウスは賃貸マンションも持っていますが、入居したら保証会社と自分が関連することになります。例えばそこに入居したら、「連帯保証人不要システム」を使うことができます。しかし、これは安いものではなく、保証人が要らないということを甘く見てはいけないことがわかります。ところが、一部では連帯保証人不要システムを強制される物件もあるという口コミもあるの...

 
 

見積もりはネットでもできる!ヘーベルハウス以外もチェック注文住宅を建てるための土地が決まったら、各ハウスメーカーに見積もりを取ってもらいたいですよね。ヘーベルハウスや三井ホームなどは坪単価が高く、同じ坪数でも他のハウスメーカーと比べると高額です。できるだけたくさんのハウスメーカーの見積もりが欲しいなら、ネットで無料で見積もりができる「タウンライフ」がオススメです。一斉に多くのハウスメーカーの見積も...

 
 

躯体はクレーンを使って組み立てるのがヘーベルハウス流家の躯体がどれだけしっかりしているかで、家の頑丈さも変わってきます。ヘーベルハウスの場合は鉄骨住宅の専門家で、躯体工事も早いとのこと。クレーンを用意し、現地に持ってきた鉄骨を運んで組み上げるのがヘーベルハウス流。ここに窓をつけたりヘーベル板を取り付けたりしていきます。画像をチェックしてみると躯体は暗い赤色をしていますね。ブログで我が家を公開してい...

 
 

メンテナンス費用が高いヘーベルハウス、400万円必要?家を建てたらそれで終わりではなく、住宅ローンを支払う以外にメンテナンス費が必要になります。特にメンテナンス費用が高いと言われているのがヘーベルハウスで、その値段を見てハウスメーカーを変えるという人も。ヘーベルハウスには60年もつ家を作りたいというモットーがあるのですが、このロングライフ住宅にするためには、家を建ててから30年目に400万円のメン...

 
 

制震技術に優れているヘーベルハウスの強い家地震に強い家に住みたいという人は多く、そのためハウスメーカーは制震技術の高いところが人気を集めています。ヘーベルハウスも地震に強い家を作ることに長けており、より強いと言われる鉄骨住宅のスペシャリストです。強い柱と梁、そして「ハイパワードクロス」と呼ばれる制震フレームを取り入れた、「ハイパワード制震ALC構造」を採用しています。鉄骨そのものが強靭でも、組み合...

 
 

ベランダを庭に!ヘーベルハウスが勧める都市での緑化生活ヘーベルハウスは都会に暮らす人のことも考えており、緑を豊かにするのにベランダが活用できると言っています。陸屋根が特徴的なヘーベルハウスは、同じように屋上も庭として活用できるとしています。確かに、ベランダも屋上も日当たりは良いですし、植物を育てるにはうってつけですよね。たとえ庭の面積を確保できなくても、そのためのベランダを作ればよいのです。中には...

 
 

ガレージをつけるのもヘーベルハウスの得意技!ガレージのある家を作るなら、ヘーベルハウスはビルトインガレージを推してくるかもしれません。特に狭小地であるならば、3階建てでガレージ付きの家なら広さも確保できますし、駐車場を借りる必要もないのでお得になります。鉄骨で頑丈な家が作れるので、ヘーベルハウスの家は3階建てでもガレージがあっても大きな地震に対応できるくらい強いのが特徴。ガレージに電動シャッターを...

 
 

中古なのに高いヘーベルハウスの家に秘密とはネットでヘーベルハウスの中古住宅について調べていると、「ヘーベルハウスの中古住宅はどうしてあんなにも高いの?」という質問がありました。買う側からしてみれば不満でしょうけれど、売却する側からしたらその全部が手に入らないとはいえ、他のハウスメーカーで建てた家よりも多くのお金がもらえます。この秘密は、ヘーベルハウスがロングライフ査定を採用しているからです。家の価...

 
 

柱の数が少ないヘーベルハウスは間取りの自由度が高い重量鉄骨の家を作れるヘーベルハウスでは、柱の数は少なくても頑丈な家が建つように設計されています。柱が少ないと地震の時に弱いのではないかと思うかもしれませんが、やたらと多いのも考え物です。特に注文住宅を建てる場合には、希望するアイデアで建築できますよと言われるためには間取りに柱が邪魔にならないような作りにしなければなりません。柱を多く用いなければなら...

 
 

ペット用の変わり種ドアも用意されているヘーベルハウス家を建てるならドアにも気を使いたいところですが、分けると玄関ドアと家の中のドアがありますよね。ヘーベルハウスの玄関ドアは直線的な家に合ったシンプルなものが多いです。黒でシックにまとめたもので合わせている人が多い印象です。家の中のドアについては、変わったものでいうとペットのためのドアがあります。気ままな猫が自由に部屋から廊下へと出ていけるように、「...

 
 

予算はいくら必要?ヘーベルハウスの家を建てるためにはヘーベルハウスで注文住宅を建てるのに必要な予算は、他のハウスメーカーに比べると多めです。坪単価は平均すると約85万円とも言われているので、これをもとにして考えてみましょう。これはオプションをつけず、完全に標準仕様で建てた場合の本体価格なので、そこにもう数百万円は必要になります。オプション費だけでなく、外構をつけたり照明を入れたりもしなければいけな...

 
 

ランキング形式でヘーベルハウスの位置確認をしてみたランキング形式でヘーベルハウスを他のハウスメーカーと比較していくと、意外な事実がわかりました。坪単価は大手の中ではかなり高い方ですが、ランキングサイトに登録しているハウスメーカー全ての中でも26位と、最も高いハウスメーカーとされていたのです。初めは高い方からのランキングかと思いましたが、低い方からの順位でした。また、興味深かったのは売上高と年間着工...

 
 

ランドリーサンルームを作ったヘーベルハウスの意外な狙いヘーベルハウスは、夫婦の共働きが多くなってきたことを家にも反映させられないかと話し合い、「ランドリーサンルーム」なるものを開発しました。これは、いわば洗濯兼室内干しのコンパクトスペースで、洗濯という家事に必要な一連の流れをその部屋1つにまとめたものです。洗濯機に入れたものを取り出したら、そのまま日の当たり室内に干せるのです。1階に洗濯機があり、...

 
 

弱点は断熱性?ヘーベルハウスのこれからに期待どのハウスメーカーにも弱点はありますが、ヘーベルハウスの弱点と言ったら断熱性になるでしょうね。寒さに弱いという口コミがあり、関東より北には家が建ちません。使っているヘーベル板には断熱性があるのですが、それでは不十分だと言われています。断熱性を調べるには数値が出ていれば比較もできるのですが、ヘーベルハウスはそれを出していないので体感してみるまでわかりません...

 
 

ペットと一緒の暮らしも考えてくれるヘーベルハウスのアイデアヘーベルハウスの特徴の1つに、ペットのことを考えてくれている、というものがあります。ただ家を建てるのではなく、そこに住む人たちのライフスタイルに応じてプランが多いのがヘーベルハウスらしいです。注文住宅の場合、犬を飼っているなら「フェンスドア」をつけられます。家にお客さんが来た時、犬が興奮してお客さんに飛びついてしまうといけませんよね。そこで...

 
 

リビングに関するヘーベルハウスの提案はどれがいい?リビングは注文住宅には欠かせないものですが、ヘーベルハウスはどのようなリビングが提案されているのでしょうか。フローリングはその暖かみのあるデザインで無垢が人気なのですが、ヘーベルハウスで無垢材を使うととんでもなく高くなると言われています。中には家の1割に当たると言っている人も!なので、リビングには予算的に考えて複合フローリングを使う人が多いです。ま...

 
 

ヘーベルハウスの和風は外構がものを言う?ヘーベルハウスには、「新大地プレミアム」という和風の商品があります。浜松にある和風のモデルハウスを見ると、「本格和風」と書かれているものの、日本瓦を使ったような伝統的和風感はありませんでした。昔ながらの家というよりは和モダンですね。屋根も日本瓦ではないですし、和風らしさは家というより外構で醸し出しているように感じました。「豊かな自然に囲まれた室内」というよう...

 
 

住宅ローンに手厚い対応をしてくれるヘーベルハウスどこのハウスメーカーにせよ、注文住宅を建てるならほとんどの人が避けて通れないのが住宅ローンです。せっかく契約できたのに、ローン審査に通らなければ今までの努力も期待も水の泡と化してしまいます。ここで注目すべきは、ヘーベルハウスの住宅ローンです。実は、ヘーベルハウスは「旭化成モーゲージ株式会社」という会社を設立しており、ヘーベルハウスで家を建てた人専用の...

 
 

ヘーベルハウスの得意とする二世帯住宅を建てる利点とはヘーベルハウスに住む利点としては、将来二世帯住宅が役に立つ可能性が高いということでしょう。二世帯住宅はヘーベルハウスが始めたことであり、もちろん得意分野です。これからの時代は福祉分野が追い付かず、世界で高齢社会のトップを走っている日本は施設に高齢者を入れるのに今以上の争奪戦が始まると考えられます。そうした背景から、今のうちに二世帯住宅を建てておけ...

 
 

リフォームも手掛けるヘーベルハウスの評判はまずまずヘーベルハウスはリフォームに関しての事業も展開しており、評判はまずまずなようです。良い評判には、期待通りの仕上がりだった、営業担当の対応が誠実だった、長期の補償制度がある、などがありました。リフォームとなると家が傷んできたから行うことが多いのか、これらの口コミは比較的年齢層の高い50~60代の人の意見でした。リフォームを行うならバリアフリーを意識し...

 
 

DIYも考えながらヘーベルハウスの外構・内装を決めてみよう注文住宅を建ててから少しDIYを考えているというならば、その分家を安く手に入れられます。ヘーベルハウスで家を建てようと思うと坪単価が70~80万円と結構高いので、自分でできるところは自分で作ってしまった方が楽でしょう。例えば、駐車場を広くとっておいて、後で自分でちょっとした自転車小屋を作ることもできます。外構工事も安くはないので、ホームセン...

 
 

ルーフトップというサイトでヘーベルハウスの屋上利用例を確認ヘーベルハウスの家にはよく屋上がついていますが、実際にところ付けてもどう利用したら良いかイマイチしっくりこないという人がいます。そんな時には、ルーフトップというサイトをオススメします。ここでは屋上の利用方法が載っており、写真を見るととてもおしゃれでつい真似したくなります。DIYをしておしゃれなガーデンにしてしまうという例もありましたし、日よ...

 
 

ヘーベルハウスの外構には目隠しとなるフェンスが欲しい外構は、家の印象を左右するものです。ヘーベルハウスの外構工事費用は安くはないので、家以外にかかるお金として多少残しておきましょう。ポストや表札、植木、フェンス、駐車場などについては、家とのバランスを見て配置やデザインを考えます。特にないと困るのは意外にもフェンスです。道路や隣の家から自分の家が見えるようなら、そこのカーテンが開けづらくなってしまい...

 
 

グレードは中の上?ヘーベルハウスの設備の評価一般的にヘーベルハウスの調度品や設備のグレードは中の上くらいと言われています。なかなかにお金をかけているという印象だったので、私としては低い評価だなと思いました。しかし、他メーカーにお願いするキッチンやバスルームはもっと上を行くと思います。何故なら、日本を代表し、世界でも誇れるTOTOなどの商品を扱っているからです。どのメーカーを選んでもグレードはほぼ変...

 
 

ヘーベルハウスの外壁で最も濃いのがダイナブラウンヘーベルハウスの外壁選びは、家の印象を大きく左右します。その中で重要視するのは、模様と色でしょう。ヘーベルハウスが用意する中で最も濃い色となるのは、ダイナブラウンという色です。確かにブラウンなのですが、焦げ茶色と表現するのが一番しっくりきました。これを家全体に使った写真を見てみましたが、茶色自体は珍しくないはずなのに、あまり見かけない家だという印象を...

 
 

断熱材の厚さは?ヘーベルハウスが1階床に使うのは従来の3倍!注文住宅を建てて気になるのは、その断熱性。もし断熱性能が悪ければその分夏は暑く、冬は寒い家となってしまうからです。ヘーベルハウスには「ヘーベルシェルタードダブル断熱構法」というものがあり、これによって断熱性を高める工夫をしています。1階の以下には厚さ100㎜の床ヘーベルがあるのですが、これに、それまでヘーベルハウスが採用してきた基準の3倍...

 
 

ヘーベルハウスのデメリットは全体的にお金がかかることどのハウスメーカーにも弱点やデメリットがあるので、そこを吟味した上で自分たちに合ったハウスメーカーを選びたいですよね。ヘーベルハウスのデメリットは、全体的にお金がかかってしまうことです。鉄骨住宅を売り出していますが、重量鉄骨の家を建てるとなると地盤改良が必要になってくる場合が多いそうです。となると、家に耐えうる地盤作りに高くて1000万円が必要と...

 
 

ダウンフロアを得意とするヘーベルハウス!リビングにオススメダウンフロアとは、その名の通り一段フロアを周りよりも低くして、段差をつけることです。ヘーベルハウスはこのダウンフロアが得意!狭小地を得意とするので、その分広さを取る間取りに関してのノウハウは他よりも長けているのです。ダウンフロアがよく使われるのはリビングで、ダイニングやキッチンと繋がるようにして使われます。一段低い位置にあることにより、天井...

 
 

電動シャッターの価格は高い!ヘーベルハウスには取り入れる?ヘーベルハウスで注文住宅を建てる時には電動シャッターを付けることもできます。どんなに窓ガラスを強化するより、電動シャッターがあった方が防犯性は高くなります。また、自動であることから操作が簡単で、お年寄りには必須条件と言えるでしょう。しかし、問題はその価格です。後付けも可能なのですが、お手軽な電動シャッターだと13万9千円という商品がありまし...

 
 

シンプルなデザインが好きならヘーベルハウスは向いているかもグッドデザイン賞を受賞しているヘーベルハウスですが、実のところそのデザイン性に関しては意見が二分しています。そもそもグッドデザイン賞を受賞しているのはお金をかけた富裕層のための商品です。一般に作られるもの、特にヘーベルハウスの特徴である陸屋根を考えると、そのシンプルな作りを良しとする人と、好まないという人に分かれるのです。私個人としては、屋...