核シェルター 価格

MENU

核シェルターの価格は?

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
家庭用核シェルターの値段はどれくらいするものなの?

日本の核シェルター保有率は0.02%と、北朝鮮のミサイルで危機感が増しているにもかかわらず、世界的にとんでもなく低いです。

 

スイスでは100%というから、日本がどれだけ平和に暮らしているかがわかりますね。

 

まだ各家庭が核シェルターを導入する方が珍しいと言われますが、もし家庭用に買うとしたらどれくらいの価格なのでしょう。

 

調べてみると、最近人気のアメリカが作った「アトラス・サバイバル・シェルターズ」は今の為替レートで210万円から買えるそうです。

 

思った値段より安いと感じましたが、でも実際日本からの問い合わせが多い商品は980万円とのことです。

 

やっぱり核シェルターというからにはそれくらいしますよね。

 

富裕層にしか手が出せないかというとそうでもなく、大きさなどによってピンキリのようです。

 

核シェルターの建設費だけで家が建つ!

核シェルターは地下にという場合が多いですが、深さは大体4m掘るそうです。

 

家庭用核シェルターであっても、その建設費は約2500万円かかるとか!

 

新築に核シェルターを付けようと思っていたならば、家がもう一軒くらい建ってしましますね。

 

どうしてこれほど費用がかかるのかというと、ただ地下に部屋を一つ作るのとはわけが違い、特殊な空気清浄機を取り付ける必要があるからです。

 

気密性が高くなければ意味がないので、この辺りの見えない努力も関係しています。

 

ちなみにスイスでは、広島に落とされた原爆地点から、わずか660メートル離れたところでも損傷が少ないことが基準だそうです。

 

スイスは鉄壁のディフェンスがあり、かつお金持ちですね。

 

日本で核シェルターを増やそうと思っても、その建設費はどこから来るのかを考えると実現は難しそうです。

 

格安核シェルターはいくらくらい?現実的な値段を追求しよう

格安核シェルターを調べてみたところ、225万円ほどのものがありました。

 

この値段をどうみるか、他の人の意見が聞きたいものです。

 

個人的には、核シェルターというからには1000万円行くほどかと思っていたので、ハードルが上がりすぎていると安いなと感じてしまいます。

 

ちなみに、お昼の番組、「バイキング」で紹介されていた核シェルターの価格は300万円で、最大収容人数は8人と紹介されていました。

 

大体車を一台購入するくらいだと思っていれば良いでしょうか。

 

これより安いと、核シェルターというより地震や津波対策として作られた防災シェルターとなります。

 

73万円のものを見て安いと思ったのですが、ミサイルが飛んできても大丈夫かと言われたら不安が残ります。

 

地上に置くタイプは地下より安いものの、安全性は低くなるようです。

 

安い核シェルターを買うなら安全性は下がる覚悟で

最近興味が出てきたけれど、安い核シェルターってどうなの?と思っている人は多いと思います。

 

あの激しい爆弾から身を守ってくれるシェルターが格安で売っているとすれば、それは安全面において不安になりますよね。

 

値段がある程度均一になっていたらそういうものだと思えますが、ピンキリなのが不安をあおります。

 

個人的には、この答えは出ないでほしいです。

 

「あの広島・長崎に落とされた原爆に耐えた核シェルター!」という売り文句で売っているシェルターなんてないですし、実績から買えるものは今のところほぼないからです。

 

紛争地域で普通の爆弾に耐えたシェルターならもしかしたらあるかもしれませんが、核となると話はまた別のように思います。

 

紛争地域は貧困地域であることも多いので、実績を残したシェルターはないと思います。

 

核シェルターがある賃貸マンションを発見!家賃はいくら?

賃貸マンションに核シェルターは無縁だなんて、とんでもありません。

 

東京は首都であり狙われる可能性が他よりも高いので、もしかしたらこれからできて話題になるかもしれませんね。

 

さすがに各部屋に作るのは無理がありますが、日本でも賃貸マンションの地下に核シェルターがある物件がありました。

 

場所は不明なのですが、70~80人が約2週間生活できるくらいのものがあるそうです。

 

家主はあまり価格に固執しない人なのか、作った時の値段は1500~2500万円だったかな、となんとうろおぼえでした。

 

それくらい資産があるのでしょうか。

 

気になるこの核シェルター付きのマンションの家賃ですが、52000円とのこと!

 

場所がわからない分安いのか高いのか厳密にはわかりませんが、これが首都圏にあるとすればなんとお値打ちなことか!

 

東京の賃貸で核シェルターがある物件はあるのか

人が集まる東京で、核シェルターを持っている賃貸物件はあるのかを調べてみました。

 

ネットでは、探している人はいても実際に発見には至りませんでした。

 

あればきっとテレビなどでも有名になっているでしょうから、今のところそれはないのかなと思います。

 

特にマンションなら個人的に核シェルターを付けることもできないでしょうから、一戸建てを買ってそれをアレンジする方が良いと思います。

 

しかし、地下に作るので中古物件を買っても取り壊しになるかもしれません。

 

となると、新築に核シェルターを追加するというのが最も安い方法かと思います。

 

仮に、賃貸マンションに核シェルターがあるとしてもその家賃は普通に考えればとんでもなく高くなりそうです。

 

使わない日の方が多いので、それを考えると私はそこまで安全意識を高めなくてもいいかなと思ってしまいます。

 

ひとくちメモ:amazonでも核シェルターが買える!その値段は?

通販で核シェルターが買える時代になったため、amazonで探してみると「核シェルター・酸素カプセル」というものが3種類出ていました。

 

最も安いもので50万円、次が240万円、最も高いもので360万円でした。

 

 

こちらはペット用です。
↓ ↓ ↓

 

私は猫を飼っているので、この核シェルターは良いなと思いました。

 

酸素カプセルと表記しているからには、普段使いもできるよとアピールしているのでしょうね。

 

見た目は白くて無機質な直方体で、家の中においておけばいざという時に逃げ込めそうです。

 

ですが、人が立てるほどの高さはなく、基本的に寝転がっているだけというものです。

 

売り文句の中に「寝返りもうてる」とあり、しばらくの間身をひそめるのに良いという感じですね。

 

日本で購入した人の話をテレビで見ましたが、核対策というより地震対策として買っているように見えました。

 

Jアラートが鳴ったらそこに入ってじっとしているのでしょう。

 

ちなみに、津波・洪水対策用のカプセルもありました。
↓ ↓ ↓

 

耐震シェルターというのも、あるのですね!頑丈そうです。
↓ ↓ ↓

 

政府が検討している核シェルターについての補助金

危険に備えて、本当なら各家庭に備えておきたい核シェルター。

 

特にお隣が北朝鮮という日本はその必要性が高く、災害大国であるからさらに重要性は増すはずなのですが、どういうわけかその保有率がとんでもなく低いです。

 

保有するにはお金が必要なので、これに対して政府は補助金を出すことを検討しています。

 

しかし、世界情勢は常に変化し、2018年4月現在北朝鮮は核やミサイルの実験をやめるとも言いだしました。

 

その言葉が本当なのか嘘なのかわかりませんが、いずれにせよ核シェルターの普及率が異常に低い日本には補助金制度は必要になってくるのかもしれません。

 

せめて学校などの施設に作れるようにしたり、避難所を近くに設けないとJアラートが鳴ったからと言って私たちはどうしたらいいのかわかりませんよね。

 

隠れる場所が必要です。

更新日時

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

注文住宅の総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事

 

核シェルター内のトイレ事情。臭いは?普通に排泄できる?収容人数が80人、2週間ほどいられるというものもある核シェルターでは、当然トイレが必須となってきます。もちろん家庭用核シェルターでもそうですよね。そのトイレ事情ですが、黒い袋を便器にセットし、専用のタブレットを入れてから排泄をするという方法があります。このタブレットが排泄物を凝固し、臭いも閉じ込めてくれるのだそうです。だから2週間いても臭いはな...

 
 

核シェルターの構造や必ず設置される設備について大変頑丈でなければいけない核シェルターですが、その構造はどうなっているのでしょうか。地上に核シェルターを作るとその安全性が下がってしまうため、基本的には地下に作ります。そのため、耐水性のプレハブを埋めるという方法を取っている会社もありました。そして、どの核シェルターにも欠かせないのが気密性です。少しでも毒ガスやウイルスが核シェルターの中に入らないよう、...

 
 

大きさは様々。どの核シェルターなら家庭用に良いだろう核シェルターの大きさは様々ですが、どの程度の大きさなら家庭用としてベストなのでしょうか。もし、お母さん、お父さん、子ども2人の4人家族の家庭であれば、地下に4人用の核シェルターがあれば安心できるはずです。この場合、商品を見てみると縦約3m、横2.4m、高さ2.5mのものがありました。部屋としては4人にとって少し狭い印象ですが、高さが結構あるなと感...

 
 

核シェルターの安全性についての議論を覗いてみた本当に大丈夫なのかという疑問が飛び交う核シェルター。その安全性をについて議論していたサイトがあったので、少し覗いてみました。とても貴重な意見だなと思ったのは、核シェルター保有率がほぼ100%というスイスに行った人の意見でした。実際に、家の地下にある核シェルターを見学させてもらったそうです。扉は3重になっており、簡易ベッド、トイレなどがあり、手狭なマンシ...

 
 

日本製の核シェルターも輸入品を使っている場合がある何でも日本製なら高品質だと言いますが、核シェルターに限っては普及率が低いことからスイスやアメリカから取り寄せている場合も多いです。日本製の核シェルターもありますが、会社は日本でも空気清浄機はスイスから輸入しているというケースもありました。スイスの核シェルター保有率はほぼ100%で、各家庭に1つずつという驚異的な対策をしているのでそれは参考にさせても...

 
 

核シェルター内の電気事情はどうなっているのか家庭用核シェルターだと、電気が使えない状況に陥った場合どのように対処するのかは気になるところです。絶対に必要な空気清浄機が機能しなくなれば、人は核シェルター内にいても死に至ります。電気が通らなくなった時ももちろん想定済みなので、例えばイスラエル製の家庭用核シェルターでは、2時間ジャバラのポンプを押し引きすることで24時間分の電気ができるとありました。停電...

 
 

核シェルターになりうるのか。ソトチカの評判は完全防水耐震地下シェルターとして売られている「ソトチカ」という商品があります。この「防水」「耐震」というところを見ると、核シェルターという記述は見られないので、核兵器対策として間に合うかと言うと微妙なところだなと感じました。このソトチカの評判ですが、住んでみたいという前向きな検討をしている人もいる一方、外に出られず飢え死にするかもしれないから棺桶だという...

 
 

個人用核シェルターの値段は200万円ほど。買う価値は?大人数を収容できる大規模核シェルターは個人で作れませんが、自分用、または家族用の核シェルターなら通販でも販売しています。個人用核シェルターの価格は商品によって前後しますが、メジャーなところで言うと大体200万円です。それだけ出して買う価値があるのかを考えると、現実的に考えて日常的に使える方が良いように思います。例えば、酸素カプセルとしても使える...