電力自由化

MENU

電力自由化で電気代はどれぐらい安くなる?1割程度?

来年は電力自由化元年といわれていますが、何が起こるのかわかりづらいもの。

 

まずは現状の独占状態での電気供給体制が、不自由なものであると認識するところから始めましょう。

 

電力自由化により独占が崩れると、どんなことが起こるのでしょうか。

 

1社に頼っている状況ではおぼつかない

長年連れ添った夫婦は互いに、空気のような存在と呼んだりしています。

 

あるのが当たり前すぎてふだんは有難味を感じないが、なくなると即生活に支障が出てしまうようなものといった意味でしょうか。

 

日常生活でも、空気のような存在はたくさんあります。

 

ライフラインがそれに当たり、中でも電気・水道・ガスの3つは、命の存続に直結しているだけに、正に空気のような存在でしょう。

 

現在、日本には地域ごとに10の電力会社があり、地域ごとに決まった会社から電気を買っており、それを普通のことと思っています。

 

生活の基盤を支える電気ですから、大企業に任せておけば安心と思っています。

 

しかし、2011年3月の東日本大震災、それに伴う原発の事故、電力の不足を思い出してください。

 

その時生まれた、従来通りの大企業任せの電気で大丈夫か、というムードが電力自由化のきっかけです。

 

電力会社が地域を独占している規制を緩和し、それ以外も発電に参加できるようにしようという動きが生まれました。

 

競争が存在しなかった電力業界

フォーマルな席に招待されたときに持っていくバッグがない場合、奮発してヴィトンで10数万円のものを購入しました。

 

さて、世の中にルイ・ヴィトンしかバッグを扱っているメーカーがなかったらどうでしょう。

 

子どもが学校へ持っていく袋類まで、すべてヴィトンしか買えません、これは悪夢です。

 

電力会社が独占している状況は、いわばそのようなもの。

 

選択肢がないからしょうがない、世界的にみて日本の電気は高いといわれていても、手の打ちようがありませんでした。

 

家計に響く、ぐらいならまだかわいいもの。

 

製造業にとっては死活問題、ただでさえ人件費が高い国内での製造は国際競争力を失い、国力の低下に直結します。

 

そこで、大量に電気を使う工場やビルに限って新規参入した電力会社を比較して電力が最も安い電気を買うことが可能になりました。

 

それが2000年、それから徐々に対象は増えていき、現在では公共施設やチェーン店、コンビニまで広まっています。

 

それが個人の住宅まで広がり「全面」自由化になるのが2016年です。

 

選択肢がない異常な世界から

これまでの電力自由化は日常生活と離れていたので実感は少ないかもしれませんが、電力自由化で参入した会社は450以上あります。

 

2016年からは、これらの新電力から電気を買うこともできますし、従来通りの電力会社を選ぶこともできるのです。

 

これにより電気料金が安くなる以外に、発電方法によって電力会社を選ぶということも一般的になるかもしれません。

 

いずれにせよ、消費者にとって選択肢が増えるのは良いこと。

 

ヴィトンのバッグしか選べない世界は異常な世界なのですから。

電力自由化のメリットとは?金銭的なメリットが無ければ意味がないよね

電力自由化がおこなわれると、電力会社で独占されていた市場が開放され、競争が生まれます。

 

結果、もたらされるものはメリットがほとんどです。

 

反面、電力供給の不安定化への懸念というデメリットもありますが限定的なもの、電力自由化を楽しみに待ちましょう。

 

電力自由化による個人のメリットは

電力自由化、もう少し正確に言うと電力小売りの完全自由化は来年の4月、もう目前に迫っています。

 

電力の自由化自体は、2000年にすでに始まっています。

 

規制が緩和された、大規模な工場や商業施設ではメリットがあるはずです。

 

しかし、限定的なもので商品が安くなったりといったところまで還元されていないので実感がありません。

 

ですから、電力自由化の範囲が家庭まで広まると聞いても、ピンとこないものです。

 

しかし、この規制緩和により解放される市場規模は7.5兆円というインパクトがあるもの。

 

大きなメリットがあるはずなのですが、実際はどうなのでしょうか。

 

競争により消費者が受けるメリット

今まで10ある日本の電力会社が独占してきた、7.5兆円市場の取り合いが始まります。

 

電力自由化に伴い参入した新電力は450社以上、他の電力会社に負けないように、価格とサービスの面で競争が進むでしょう。

 

具体的には、電気を少しでも安く供給しようとするでしょう。

 

また、現在深夜電力の割引がおこなわれていますが、もっと割り引ける時間帯が設定されるようになります。

 

後述の、スマートメーターの設置が、その鍵になります。

 

進むスマートメーターの導入

電力自由化に合わせて新しい電力計、スマートメーターの設置が始まっています。

 

順次設置されていき、日本中にいきわたるのは2024年。

 

まだ先になりますが、各家庭に設置されることもあり生活に大きな影響を及ぼす機器です。

 

スマートメーターにはリアルタイムで電気の使用量を把握できる機能が付いており、そのデータは電力会社に送られます。

 

これにより電力会社は電力が不足するであろう時間帯を予測できるようになり、適切な電気の使用を呼び掛けるようになります。

 

これにより需要のピークを避けることができるので、全体的に割安な料金になることが期待できます。

 

また、現在の夜間電力は、需要の少ない時間帯の電力を割安な値段で提供してくれますが、さらに発展したプランも考えられます。

 

夜間だけでなく、需要が少ない時間帯をピンポイントで割り出せるので、もっと細かな割引の提案を受けることもできるでしょう。

 

電力の効率的な利用や、用途に応じたサービスや料金プランが提供されるようになるのです。

 

一方で、電力供給が不安定化するのではないかという懸念もありますが、導入当初の限定的なものでしょう。

 

安く、便利に、現在想像できる電力自由化でもたらされるものの多くはメリットです。

電力自由化が本格スタート!私たちの暮らしに起きる変化とは

電力自由化について、その詳細と消費者が知っておくべきメリットやデメリットを解説。

 

2011年、日本では福島第一原子力発電所の事故を契機に「電力が足りない!」という大パニックになりましたよね。

 

あの時、電気を自由に購入できる仕組みがあったら、状況はもっと違っていたかもしれません。

 

1995年から段階的に進められてきた電力自由化の改革は、2016年に最終的な段階に進みます。

 

電力自由化によって私たちの生活はどう変わり、また、どう変わらないのか?

 

知っておきたい基本知識をまとめました。

 

目には見えない電気。

 

それでも、その電気がなければ現代の生活は成り立ちません。

 

私たちはそれを「買って」暮らしているわけですが、購入先を自由に選べるようになるとどんなメリット&デメリットがあるのでしょうか?

 

電力が自由化するってどういうこと?

ちまたでは、「2016年4月から電力自由化になる!」と話題になっていますが、そもそも電力が自由化するとはどういうことなのでしょうか?

 

電気の契約をされたことがある方ならご存知かと思いますが、これまでは住む地域によって管轄する電力会社が決められており、消費者の私たちには「電力会社を選ぶ」という権利はありませんでした。

 

例えば、北海道に住んでいる人は北海道電力、東京に住んでいる人は東京電力、東海に住んでいる人は中部電力、大阪に住んでいる人は関西電力・・・と、固定されていたのです。

 

しかしこれからは、携帯電話会社を選ぶように、「どの会社から電気を購入するか」を選べるようになります。

 

つまり、「自由に」電気を買えるようになるということなんですね。

 

大手の電力会社だけではなく、

  • ガス会社やベンチャー系の発電会社(風力発電や太陽光発電など)、
  • 通信会社(携帯電話会社やインターネットプロバイダ会社)

・・・と様々な企業が参入してきますから、企業間の競争も激しくなることが予想されます。

 

自社に発電設備を持っている企業にとっては大きなチャンスですね。(工場を持っている企業は、自家発電をしているところが多いです。)

 

私たちの生活にどんなメリットがある?

みなさんは、携帯電話会社やインターネットのプロバイダを選ぶ際に何を基準に選びましたか?

 

やはり、料金が安かったりお得なセットプランがあったりすると心惹かれますよね。

 

電力自由化も同じで、各企業は様々な料金プランを用意して契約者を獲得しようと奔走するでしょう。

 

結果的に、今までよりも光熱費を安くできる可能性がある!というのが最大のメリットです。

 

例えば、

  • ガスとのセット料金プラン、
  • 太陽光発電システムとのセットプラン、
  • 携帯電話とのセットプラン、
  • インターネット回線とのセット、
  • スマートハウスとのセット

・・・等々。

 

少しでも月々の光熱費が安くなるプランを選ぼう!ということで、一般の私たちも今まで以上に電気の“動き” を意識するようになるでしょうね。

 

視覚的にその動きを把握しやすいように、各家庭には専用の電力計(スマートメーター)が設置されるそうですよ。

 

いきなり電気が止まった!・・・なんてことにはならないの?

ただ、色んな会社が参入することには不安も伴います。

 

これまでは「○○電力」と名のついた専門業者が国の許可を得て独占していたわけですから、私たちもなんとなく暗黙の安心感がありましたよね。

 

でも、これからは他の業界の会社も電気を売るようになるわけです。

  • 「それって大丈夫なの!?」
  • 「電気ってそんなに簡単に作れるの?」
  • 「電線はどうするの?」
  • 「いきなり電気が止まってしまったりすることはないの?」

と、一抹の不安も覚えませんか?

 

本当に、責任を持って安定した電力を提供してくれる会社なのかどうか、それをどうやって見極めたら良いのか・・・。

 

光熱費が安くなるのはありがたいことですが、不安な要素も多過ぎるように感じます。

 

調べてみたところ、電気を送るネットワーク(電線や変電所)は既存のもの(つまり、これまで大手電力会社が使っていたもの)を使って送られてくるのだとか。

 

新しく算入する企業(「特定規模電気事業者」と呼ばれます)は、お金を払って送電線を使わせてもらう(レンタルする)ということらしいです。

 

万が一、契約した会社が電気を送れなくなったとしても、従来の大手電力会社が継続して電気を送り続けるというルールになっています。

 

ですから、「いきなり停電する」という心配はありません!

 

また、中央には「広域的運営推進機関」という司令組織が設置され、全ての地域に安定的に電力を送れるようにコントロールしてくれるのだそうです。(例:Aの地域が電力不足になった時は、地域Bに指令を出してAの地域に電気を供給する。)

 

ですから、東日本大震災の時にように「どこかの地域で災害が起きて発電ができなくなった」という場合でも他の地域から電気を調達することが可能になります。

 

「変わること」と「変わらないこと」

電力自由化というと、なにやら大きな変化が起こって私たちの生活も激変する!というイメージもありましたが、私たちの実生活にはそれほど変化はありません。

 

今までと同じようにコンセントにプラグを差し込めば電気が使えますし、電気そのものの“質”が変わってしまうわけでもありません。

 

要は、月々の請求書を送ってくる会社と料金プランが変わるだけなんですよね。

 

料金といえば、場合によっては安くなるどころか高くなる可能性もあるというウワサもあります。

 

これまでは料金が高くなり過ぎないように国が規制をしていましたが、今後はそれもなくなります。(そういう意味でも「自由化」なんですね・・・。)

 

電気の原料となる燃料費が高騰した場合は電気料金も上がる可能性がありますので、「ずっと料金が安いまま」という保証はどこにもないのです。

 

こうしたデメリットやリスクについては、自分で情報を集めなければ知りようがありません。

 

正しい目を持っていないと、詐欺に引っかかる危険性もありますよね。

 

制度の変わり目は、「よくわからない」という消費者の弱点をうまく利用する詐欺が増える時期もありますので・・・。

 

「自由になる」ということは、選ぶ側にも「自己責任」が生じるということ。

 

自分の身を守るためにも、これからは私たち消費者自身も電気についての正しい知識を身に着け、「賢い消費者」になる必要がありそうですね。

 

電力自由化によって「何が変わって、何が変わらないのか」、まずはそこを正しく認識しておきましょう!

注文住宅の総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。

電力自由化で電気代はどれぐらい安くなる?1割程度?記事一覧

 

電力自由化が個人にまで及ぶと、競争原理が働くことにより、値段が下がることが期待できます。ほかに電源やサービスで電力会社を選べるようにもなります。電力自由化で他の業種と同じように電力会社が選択される時代になるというだけなのですが。電力自由化で個人の生活はどう変わるのか電力自由化と聞くと非常に目新しく感じますが、実は2000年より、すでに始まっていること。対象は大量に電力を消費する工場やショッピングモ...

 
 

太陽光発電はあまった電気を電力会社が買ってくれる「売電」が魅力。電力自由化が進んでも、このしくみは変わりそうにありません。そればかりか、より高い値段で買ってくれる可能性もあるのです。電力自由化による太陽光発電、デメリットは少なくともなさそうです。使用料より買取り価格が高い仕組み屋根の上に太陽光発電を付けた新築の家は、今では珍しくなくなりましたが、「売電」が普及の原動力であることは間違いありません。...

 
 

部屋ごとに電気メーターが取り付けられているアパートは電力自由化にともない、好きな電力会社を選べそうです。しかし、電力自由化が実際おこなわれてみないと、どうなるかは不透明です。アパートの都合というより、電力会社の都合に左右されそうですが・・・本当の電力自由化は、もう少し先大口の電力を消費する工場や商業施設での電力自由化はすでになされています。その量は国内電力の約6割、来年から電力「全面」自由化になる...

 
 

電力自由化にあわせて、一番大きなアクションを起こした通信会社はauでした。auは既存のユーザー向けに、携帯電話と電力を合わせたセットのサービスを強化しそうです。電力自由化により異業種からの参入が目立ちます。便利になることは大歓迎なのですが。電力自由化へ通信各社の対応・・・auの場合これまでは日本全国、地域ごとにある10の電力会社が電気を独占的に販売してきました。しかし規制の緩和が段階的に行われ、新...

 
 

電力自由化に10年前に乗り出したアメリカは、結果大混乱に陥ってしまいました。原因はいくつか考えられるので、日本の電力時床の場合は、アメリカを教訓にしてくれるよう祈るしかありません。もし混乱に陥った場合、パニックを起こさないよう、事例を見ていきましょう。電力自由化で電気代は安くなるのか?!電力の自由化とは、誰でも電力を供給でき、どこからでも電気を買うことができ、どこへでも送電できるようになることです...

 
 

製造業が盛んな愛知県では電力自由化にともない、新電力を開業したり、利用するために工夫したりと様々な取り組みがおこなわれています。電力自由化後は愛知県や製造業だけでなく、各家庭でもかしこい電気の利用について考えねばなりません。製造業が盛んな県での電力への取り組み愛知県はトヨタを始めとする製造業が盛んな県のため、産業用の電力消費量は年間350kwを超え、全国1位となっています。製造業にとって電気料金は...

 
 

いち早く電力自由化を進めたイギリスでは、メリットがあった反面、弊害も見られました。また多くの新電力が参入したため、サービス合戦は激化、選択が難しくなっています。電力自由化したイギリスの例は日本でも参考になるはずです。いち早く電力自由化を進めたイギリスではイギリスでは長年、発電と送電を国営の中央電力公社が独占的にになってきました。しかしサッチャーが首相に就任し、国営企業の民営化を推進。イギリス経済の...

 
 

エネファームは家庭用燃料電池、発電の機能があるので電力自由化によるメリットをより多く享受できる可能性があります。例えば、電力自由化により多様化するプランとエネファームを組み合わせることで、得をするかもしれないのです。何かと注目を集める燃料電池2015年は映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー2」で主人公のマーティがタイムスリップした年。それを記念して、ナイキやペプシは映画に登場するグッズが商品化、レ...

 
 

電力自由化で関心が集まっているのがイーレックス。余剰電力の買い取りと自社電源の開発の2つに取り組む新電力で豊富な実績が安心感を与えます。安いだけでなく、環境にも考慮するイーレックス、電力自由化後も要注目です。余剰電力と新電源の組み合わせ1999年に昭和鉱業や日立製作所、東芝などの出資を受けて創業したイーレックスは新電力の老舗です。社名の由来は「Energy Resources Exchange(エ...

 
 

電力自由化にともない異業種からの参入が話題になっています。流通大手イオンもその一つ、太陽光発電を前面に打ち出しています。しかし、目新しさは何もナシ「電力自由化があるから乗っておくか」という姿勢しかうかがえません。イオンならではのサービスを期待したいものです。言わずと知れた流通大手、イオンの取り組み日本国内外260以上の企業で成る大手流通グループ、イオン。ショッピングモールなど郊外型の大型店舗を中心...

 
 

電力自由化を前に、多くの新電力が名乗りを上げていますが、中には胡散臭い会社もあります。例えばエナリス、虚偽の決算報告でペナルティを受けました。電力自由化に乗ったエナリスのような会社は、まだありそうですが……。電力会社の選択時に役立ちそうだけど電力自由化がなされると、数多くの電力会社やプランから、家庭でも自由に選択だできるようになります。しかし、たくさんある新電力の中から適した1社を選ぶにはどうすれ...

 
 

リース業最大手オリックスも電力自由化をにらんで取り組みを活発化し、発電所を2基新設するといいます。高額な投資に見あう成果は得られるのでしょうか。電力自由化はそんなに儲かる話なのでしょうか。オリックスだけにぬかりはなさそうですが。電力自由化とオリックスの取り組み電力「全面」自由化に向けて様々な企業が参入を表明しています。それらの企業は、どのような商品で参入しようとしているのでしょうか。先に導入したア...

 
 

電力自由化で料金が値下げされるから、オール電化が有利と考えがちですが、本当にそうでしょうか。ガスも同様に自由化されますし、すべてを電気にたよるというリスクもオール電化は持っています。電力自由化、考えるべきことは多そうです。オール電化は電力自由化にこそ有利?オール電化住宅が増えていますが、けん引役はIH調理器と給湯器の2つ。IH調理器は火力の強さと、フラットな天板で手入れが非常に楽な点がメリット、炎...

 
 

電力自由化で選択肢が増えて、競争原理が働けば、値段が下がることが期待できますし、電源の違いで電力会社を選ぶこともできます。おすすめは単純に電気料金で選ぶことと、生活信条にあったものを選ぶこと。電力自由化で生活は意外と変化しそうです。電力自由化でサービス競争の時代へ来春4月、法律による規制が緩和され一般家庭など、小口需要者向けの電力小売が全面自由化されます。これにより、従来の地域ごとに縛られていた電...

 
 

色々なメリットがある電力自由化、切り替え方法は実にカンタン。でもその前に大切なのは、シミュレーションして電気代を比較検討することです。電力自由化でメリットが得られるかどうかはあなた次第、切り替え方法を見ていきましょう。電力会社を選べるということ法律による規制が緩和されて、電力自由化がおこなわれると、競争が起きて電気料金が安くなります。今までは電気代が高いなら、電気の利用を抑えるくらいしか手が打てな...

 
 

2016年春の電力自由化に向けて、報道が盛んになると必ず詐欺に引っかかる人が出てきます。防ぐためには「お金を払わない」、これだけです。電力自由化で利用者が負担すべきコストはありません。そのポイントだけを押さえておけば、詐欺なんて恐れる必要もないはずです。怪しい話になぜか乗っかる人がいる何か社会制度に大きな変更が起こると、必ず起こる詐欺。最近ではマイナンバー制度を語るものが急増しているようで、不審な...

 
 

電力自由化を考える際に、参考になるのはセブンイレブンの事例。電力会社を変えることにより、数億円のコスト削減をおこないました。来春の電力全面自由化以降は、一般家庭でもこの様なことは起こるのか、それともセブンイレブンが特殊だったのか、非常に興味をひかれます。興味深いセブンイレブンの事例流通大手、セブンイレブンは関西圏の約1,000店舗の電力を、東京電力から調達することを決定しました。関西電力から東京電...

 
 

顧客の囲い込み。他の業界では当たり前のようにおこなっていることを、今さら始めた中部電力。電力自由化は強いインパクトを持っています。電力自由化後も中部電力は顧客に支持されるのか、それを見極めるうえでも興味深い事象です。中部電力の新サービス始まる中部電力はWeb会員向けのサービス「Club KateEne(クラブカテエネ)」を今年の3月にリニューアルしました。その内容とは、前年同月の電気料金比較や、他...