注文住宅 間取り 工夫

MENU

注文住宅の間取りをこのように工夫してみた

注文住宅の間取りの工夫をちょっとしただけで、私達にとってとても有意義な家作りが出来るはずです。

 

しかし考えるといっても、きっかけになる材料などが無いと、なかなか思いつくことも出来ないものです。

 

注文住宅の間取りに他の人たちはどのような工夫をしているのでしょうか。

 

注文住宅の間取りを決定するうえで、私が最も効率的だと思う方法を最初にご紹介したいと思います。

 

それは、、、「失敗談から学ぶ」というものです。

 

家はとても高い買い物ですから、スポーツや仕事のように「失敗から学べ!」なんてことは痛すぎて嫌です。

 

金額的も失敗したら「ハイおしまい。。」ですから。

 

だからこそ、先輩(先に家を建てた方々)がどんな点で失敗したと思っているのか、「こうすればより住みやすくなったのに」と後悔しているのか。

 

間取りを考える中で、そういった「みんなが失敗した点」を知ることから始めてみることを強くオススメします。

 

高額なローンと気に入らない家が残ってしまった、、、なんて悲惨な状況には絶対になってもらいたくないですからね。

 

⇒ みんなが失敗した点から学ぶ、成功する間取りの作り方!

 

家作りと面積、予算に限りはあるもの

家作りと面積、予算に限りはあるもののアイデアを膨らますことによって、これほどまでに快適ライフが実現出来てしまうのです。

 

そのためのポイントをみなさんにしっかりまずは抑えていただきたいですね。

 

自然の力をしっかり取り入れてみましょう

 

家とは外と中をしっかり仕切る境界線のような存在です。

 

エアコンを使うことを前提として外の季節感などシャットアウトしてしまうような家作りには呉々も用心してください。

 

軒の出がない・・・という家も最近では多くあり、そのような場合、強い日射しが外壁、窓を直撃することになり、暖かいという意味では効率もメリットあることかもしれませんが、熱がなかなか逃げず、夜になっても全然涼しくなることがありません。

 

窓もとても大きな役割を持っています。

 

家は確かに外との境界線的役割を持つものですが、境界線を窓という発想に置き換えることによって、自然とうまく共存することも出来るようになることが出来ます。

 

⇒ 失敗できません!住宅の快適さを左右するのは窓

 

軒の出が大事

ここでも大事なのは軒が出ているということであり、軒がしっかりしていることによって夏の強い日射しをシャットアウトすることが出来、冬の日射しを部屋の中へしっかり取り込むことも出来ます。

 

軒が雨から家を守ってくれる。

 

そして軒がしっかりしていることによって雨風が外壁にぶつかることによって痛むことを回避出来てしまうのです。

 

玄関やリビング・階段・2階の個室を廊下で繋がない

玄関、リビング、階段など階段で繋げばいいという発想を卒業するアイデアだけでも随分と違う快適ライフを送ることが出来るようになります。

 

廊下とはいわば、風を遮る存在だったのです。

 

廊下のない家を目指すことによって、風を積極的に取り込むことが出来る家作りが実現出来てしまいます。

 

⇒ 注文住宅の間取りを成功させる!実践したいコツとは?

 

家とは実際にはとてもお金がかかるものです。

 

なのになぜ、それほどまでに廊下に拘りを持つ必要があるのでしょうか。

 

はたまたそれは無意識なのでしょうか。

 

注文住宅の間取りは工夫によって見違えるように変わって行くものです。

 

みなさんもいろいろアイデアを出していただきたいですね。

注文住宅の総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。

注文住宅の間取りのポイントに関する記事一覧

 

注文住宅の間取りのコツをちょっと知っただけで、自分自身でいろいろアイデアを沸かせることが出来るようになるのかもしれません。注文住宅の間取りのコツとは、アイデアを出すためのコツなのです。愛情のある家作りを頑張って心掛けてください。今日は、注文住宅の間取りのコツについてお話ししましょう。アイデアは噴水の如くわき出るもの注文住宅の間取りのコツを知ることによって、私達は自分の力によっていろいろなアイデアを...

 
 

注文住宅の間取りを一生懸命アイデアを出して実現して成功した人たちがいます。家とはそのように作られて行くものなのでしょうか。みなさんは家作りに対して頑張ってアイデアを出しているでしょうか。果たしてそのアイデアは正しいアイデアか・・・。注文住宅間取りの成功例によって勉強しましょう。成功例によってみなさんに成長していただきたいのです。みなさんは家作りでいろいろアイデアを出して、自分たちにメリットある家を...

 
 

注文住宅6ldkの間取りなら、一体どのような工夫をして行けばいいでしょうか。自由がきくから注文住宅6ldkの間取りを考えるのは楽しいのかもしれません。やはりそれなりアイデアを出すということは苦労しなければならない問題です。みなさんのアイデアは本当に正しいのでしょうか?注文住宅6ldkの間取りは、結構自由性があって考えるのも楽しいのかもしれません。自由といっても、素人のみなさんのアイデアの多くは使い...

 
 

30坪の注文住宅間取りならみなさんはどのようなアイデアを付け加えて行くことでしょうか。注文住宅30坪の 間取り、そこにはみなさんの柔軟性あるアイデアも必要です。しかし、もっと大事なことは成功した人たちの声を聞き、参考にするということなのではないでしょうか。注文住宅30坪の間取りに挑戦しましょう。そこには、噴水の如く溢れるアイデアが必要です。ただし、それほど理想ばかりを溢れさせても、実際に実現出来た...

 
 

注文住宅の間取りで意外と忘れがちなのが、ウッドデッキ。このことも考えてプランなどたてて行けば私達は、本当に幸せな気分を味わうことが出来ます。注文住宅 間取り ウッドデッキの幸せとは、木による自然回帰なのでしょうか。それとも、新しい異質な空間をそこに見出した快感なのでしょうか。どのような家作りをしていきましょうか。本当にみなさんがいろいろなアイデアを出し合っているこの家族の団らんこそが一番幸せなのか...

 
 

注文住宅の間取りにエレベーターをと考える人たちも最近ではかなり多いようです。注文住宅 間取りになぜエレベーターが必要なのかといえば、やはり私達の社会が高齢化に向かっているせいです。エレベーターがあれば、車椅子でも簡単に階を上がることが出来ます。注文住宅の間取りでエレベーターをつけようとすると、こう言われるのでは?周囲の人たちはまだまだ、そんな豪華な家を作るの?しかし、注文住宅の間取りでエレベーター...

 
 

注文住宅で間取りを考える時、おしゃれ要素についてアレコレ検討している人たちも多くいらっしゃるはず。今、ちょっとコレを設置しただけで家が俄然おしゃれになったという策があります。注文住宅 間取りをそのような視点より考えてみましょう。注文住宅の間取りでおしゃれを追求するというのも方法の一つです。ウォークインクローゼットを取り入れた生活 ウォークインクローゼットもとてもテレビドラマなどで見る機会があります...

 
 

注文住宅間取りはやっぱりなかなか難しいものであることは事実です。じっくり専門家の意見を採り入れて考えてください。注文住宅 間取りの現在のおすすめは・・・?しっかりおすすめ情報などもインターネットでチェックしましょう。注文住宅の間取りのおすすめ情報など積極的に見る習慣を身に付けるということもとても大事なことです。みなさんは情報をいろいろな場所から集めれば集めるほど、いい家を実現出来る可能性を高めて行...

 
 

注文住宅間取りでキッチンを真剣に考えると言う人たちも結構多いようです。専業主婦目線で動線など考えるということも正しい方法です。サラリーマンの旦那さんよりは、家と深く関わっているのは専業主婦のみなさんです。注文住宅の間取りをキッチンよりいろいろ考えてみましょう。片付くことを優先する注文住宅で間取り キッチンを考える場合、そこには、狭いスペースの中に、たくさんの物が一杯つまっていることをしっかり把握し...

 
 

注文住宅の間取りのコツを知っただけで、自分自身でいろいろアイデアを沸かせることが出来るようになるのかもしれません。注文住宅の間取りのコツとは、アイデアを出すためのコツなのです。愛情のある家作りを頑張って心掛けてください。注文住宅の間取りのコツについてお話ししましょう。アイデアは噴水の如くわき出るもの注文住宅の間取りのコツを知ることによって、私達は自分の力によっていろいろなアイデアを思いつくことが出...

 
 

注文住宅間取りで屋上は、やはり多くの人たちが羨ましいと思う一つです。注文住宅 間取りで屋上が実現すれば、みなさんはそこで一体何をしたいと思うのでしょうか。出来れば景色も追求したいですが、それほど無理難題は果たして実現出来るでしょうか。注文住宅間取りでなんとしても屋上を実現したい・・・と思っている人たちもかなり多くいるのが実状です。注文住宅の間取りに屋上のあるメリット今そのようなものを作り、ガーデニ...

 
 

注文住宅の間取りで一番ポイントを置いている場所は家事動線という人たちもいます。そこは炊事、洗濯といった家事をする時に動く経路のことをいいます。注文住宅の間取りで家事動線の何に注目をして行けばいいのでしょうか。注文住宅 間取りの問題で専業主婦目線に立つということもとても大事なことなのではないでしょうか。つまり家事動線をしっかり意識することです。注文住宅の間取りで効率の良さを追求するためにまず家事動線...

 
 

注文住宅の間取りで家相を考える人たちもいらっしゃるようです。注文住宅 間取りにおいて家相とは、 そこに住んでる人たちに対してすぐに災いが起こると言うものではありません。長年住み続けることによって少しずつ影響を与えるものを回避する方法と考えてください。注文住宅の間取りで家相 を意識することは実はとても大事なことだったのです。災いとは突然起こるものではありません。家の相とは長年住み続けている人に、善し...

 
 

注文住宅間取りで階段についてはちょっと考えることが多くあるのではないでしょうか。注文住宅 間取りで安易に階段のことを考えると後で後悔することになるかもしれません。キーポイントは階段にありという人たちもいます。注文住宅 間取りでポイントは階段にあるという人たちも結構多いようです。そこはとても大事な部分注文住宅 間取りで階段は、最低寸法が決まっているからなかなか自由が効かないということもあります。そし...

 
 

注文住宅の間取りの決め方についてここでちょっと勉強してみましょう。注文住宅間取りの決め方は、もちろん失敗しない家作りのプランのためです。予算のこともしっかり考えていかなければならないですし、 生活動線のことも考えていかなければならないですし。注文住宅の間取りの決め方というものをしっかり考えないことによって失敗が起こっています。注文住宅 間取りの決め方で失敗してしまうケースしっかり判断して決定をし...

 
 

夢がふくらむマイホームですが、居心地のよい間取りは、夢だけでは実現しません。押さえなくてはならないポイントがあります。専門家とともに、間取りのポイントをきっちり押さえた上で、家族の理想の家を考えていきましょう。目に付かないところに、気配りを間取りといえば、キッチンをどうするとか、大きな吹き抜けとかそういったことばかりに目がいきがちです。設計の担当者や建築士は違います。まず考えることは「採光」、「通...

 
 

注文住宅間取りの考え方があります。私達は、家作りに対して初心者ゆえまず最初に学んでいかなければならないものは、考えると言うことなのではないでしょうか。果たしてどのように考えて行けばいいのか・・・、ここでは注文住宅 間取りの考え方を学びます。注文住宅の間取りを考え方を学んでください。家作りに対していろいろなアイデアを活かしていかなければなりません。そのアイデアはランダムに出ればいいという問題でもなく...

 
 

注文住宅 間取り 打ち合わせに対してみなさんはどのような考えをお持ちでしょうか。是非、その努力工夫を他の人たちにも聞かせていただきたいと思います。注文住宅の間取り 打ち合わせの一番の理想をみなさんで一緒に考えて行きましょう。注文住宅の間取りの打ち合わせの問題はとても大切な時間です。いい理想の家造りが出来るのか、そうでないのかここで決定づけられてしまうのです。理想のマイホームが実現するから気持ちが高...

 
 

注文住宅 間取りで具体的に土間の部分は、そしてウッドデッキは・・・。いろいろ具体的に考えていかなければなりません。注文住宅の間取り 土間、ウッドデッキという部分部分をしっかり捉え、再び全体的見方をして行きます。注文住宅の間取りに土間を取り入れる、そのような憧れを持っていた人たちもかなり多くいらっしゃるのではないでしょうか。日本建築に於ける家屋内の一部を構成するそれは日本建築における家屋内の一部を構...

 
 

人気の間取りはよさそうに見えますが、それが各家に合っているかどうかは別問題。メリットがあればデメリットも。両方考えた上で、間取りを考えましょう。人気があるから、自宅にもピッタリというわけではありません。最近の間取りのトレンドとは?どのように、家の区画を配置するか。これが本来の「間取り」の意味ですが、最近は、内装をどうするか、といった意味合いでよく使われます。「間取りの希望は、リビングは広く。収納は...

 
 

高い天井、ゆったりと回るファン、あこがれますね。吹き抜けのある間取りは、今1、2を争う人気です。もちろんメリットもあればデメリットもあります。両方考えた上で、かっこいい吹き抜けのある間取り、実現しましょう。吹き抜けは最近のトレンド雑誌やテレビでは、吹き抜けのスペースを持つ家がよく取り上げられます。解放感や光にあふれ、非常に居心地がよさそうな吹き抜けを見ていると、ぜひ我が家にもと思ってしまいます。吹...

 
 

家を建てるなら、家族みんなのこだわりが詰まった間取りで。せっかくの注文住宅、でも希望全てがかなうわけではありません。時にはこだわりを捨てた間取りにすることによって、この先何10年も快適に住める家ができあがるのです。こだわりは家族それぞれいろんな家族がいて、いろんな場所に、好みの家を建てるとなると、こだわりも色々。今、こだわりをもって間取りを考えているのは「キッチン」、「リビング」、「子ども部屋」が...

 
 

2階にリビング、狭小地にピッタリのこの間取り、メリットがたくさんある反面、デメリットも目につきがち。デメリットを減らして、メリットを最大にするアイデアとは?2階リビング、これ実は非常に使える間取りなのです。ややこしい法律を逆手にとって2階にリビングを持ってくる理由で1番は、建ぺい率や容積率を考慮しなくてはいけないからです。建ぺい率とは敷地における建物の占める割合のことですし、容積率とは敷地における...

 
 

趣味性たっぷりの家、たとえばガレージが家の中にある間取りはいかがでしょうか。外で遊ぶより家がいいと、趣味に打ち込むご主人の株は家族間で急上昇!ビルトインガレージのある間取りは、みんなを幸せにしてしまうかも。趣味は車と機械いじり、の家家は何かと主婦目線で作られがちなもの。もっと、ご主人が喜ぶような家はないものか。たとえば車好き、バイク好きのための家「ビルトインガレージ」などはいかがでしょう。建ぺい率...

 
 

際限なく増える洋服。収納は頭が痛い所です。そんな悩みもクローゼットを加えた間取りですぐ解決。ウォークインクローゼットにするならば、お出かけ前の準備も楽々ですね。最近の収納事情も、いっしょに紹介します。クローゼットと簡単に呼びますがクローゼット、昔は洋服ダンスと呼んでいました。注文住宅で、クローゼットと呼ぶ場合は作り付けの洋服用の収納スペースを指す場合が多いです。そして近年、ウォークインクローゼット...

 
 

建築の世界も日進月歩。10年前には考えられなかった間取りが最近は話題です。それはスキップフロア。いい所ばかりのようですが、そうとは言い切れないスキップフロア。でも、注目の間取りであることは間違いありません。画期的なスキップフロア狭い敷地に、無駄な空間をなくした広い家を建てる。これが「スキップフロア」の考え方です。もともと狭小空間のために、考案された間取りですがメリットも多いので、今注目を集めている...

 
 

ネコ好きは世の中にたくさんいるだけあって、同居のためのアイテムは豊富に用意されています。同様に間取りのアイデアも豊富です。いろいろ検討して、ネコが幸せな間取りで、人もいっしょに幸せになってしまいましょう。床材の検討は、やはり大切ネコはイヌと並んで、人間の大切なパートナー。そんなネコと同居する場合に、まず注意する点は、床材を滑りにくいものにすること。でも、爪が立たない素材にすると、ケガやストレスのも...

 
 

家の中でケガをするイヌが増えています。人間のための間取りで家を建てると、イヌには暮らしにくい環境になっているのです。イヌそして、そこに住まう人すべてがストレスなく快適に過ごせる住まい。いったい実現できるのでしょうか。イヌと同居、まずは床から考える昔は犬は外で飼うものだったり、夕飯時だけ帰ってきたりするものでした。イヌの地位がいつの間にか向上したのでしょうか?最近は家の中で飼うのが当たり前になってい...

 
 

人気のリビング階段、雑誌などでよく取り上げられる間取りです。確かに、目新しさはありますが、そこまでして必要なものでしょうか?好みは人それぞれ、だからこそリビング階段が必要かどうか、間取りを検討することが大切です。人気のリビング階段を考えるリビング階段が人気を集めています。設計事務所に建築を依頼する、ほぼ半数がリビング階段を希望すると聞きました。玄関を開けるとホールがあり、1階の各部屋への廊下がある...

 
 

○○すればよかった。という話は家造りでよく聞きます。でも間取りで「後悔」という重いフレーズはあまり聞きません。極端な例をあげました。後悔しているかどうかは、わかりませんが間取りを考える際、何らかのヒントにはなるはずです。コンクリート打ちっぱなしの建築住吉の長屋、六甲の集合住宅、光の教会。。これらの、コンクリート打ちっぱなしと幾何学的なフォルム。日本で一番高名な建築家、安藤忠雄氏の作品です。それらの...

 
 

子育ては人生の大仕事、間取りも子育てをふまえた上で、考えていくとスムーズに全体がまとまります。間取りを決めることは、何を大切にするか決めること。それがはっきりしていれば、家造りは成功したのと同じです。みんなが集まるスペース作り子どもの誕生が、家を建てようという、きっかけになる場合は多いです。ですから、間取りを決める場合にも子育てが重要事項になります。ここでは、家族とのコミュニケーションが子育ての第...

 
 

機能的ですっきりしたデザインのおしゃれな家にはあこがれます。間取りもモダンなアイデアが取り入れられ、いかにも住みやすそうです。その一方で、昔ながらの間取りも見直されています。モダンなデザインは魅力的ですが、良いことばかりではなさそうです。魅力的な現代的デザインですが・・・現代的なデザインの、モダンな住宅が増えています。まるで箱のような外観は、余分な装飾が極力抑えられ、実におしゃれ、合理的で高い機能...

 
 

洗濯に適した間取りを考えてみましょう。すると、他の点までスムーズに決まるものです。洗濯に限らず、何を優先した家するか?これを決めることが、間取りを決める早道です。効率をよくするには、動線が大切日々の家事、少しでも負担を軽くしたい。炊事、掃除、洗濯楽にならないの?主婦の切なる願いですね。炊事を楽にするには、動線上に冷蔵庫とキッチンとコンロを置き、無駄な動きをなくすこと。掃除だと、汚れが落ちやすい素材...

 
 

庭の伝統は非常に長い物。それだけ生活に重要なものだったのです。現代風にいうなら中庭のある間取り。一見、ムダなスペースに思える中庭ですが、その間取りは遊び心に満ちています。ホッとできるのが我が家なら、その役割を担う中心が中庭なのです。実用的で理にかなった庭京都に代表される、町屋という住宅には坪庭や裏庭と呼ばれるスペースがありました。外からは見えないものの、家屋や蔵に囲まれるようにして緑のスペースが設...

 
 

間取りについても吉凶はよくいわれます。北玄関の間取りは、本当に不幸をもたらすのでしょうか?また、まったく裏付けのない言い伝えにすぎないのでしょうか。昔から伝わる家相にもとづく鬼門家相という考え方が、平安時代より信じられてきました。古代の中国の自然哲学や陰陽五行説が日本に伝わり、日本風にアレンジされ発展したものです。その家相によると、家の中心から見た北の方角にある玄関はあまりよくないとされています。...

 
 

注文住宅、一世一代の買い物です。少しでも費用を削りたいのはわかりますが。希望の間取りをかなえるには、費用だけ見ていてもよい結果にはなりません。かけた以上の満足が得られる間取り。ここを追求していきませんか?坪単価はあてにならない?注文住宅を建てる場合、いくらぐらいのお金がかかるかは、一大事。気になる人が多いのは、ネット上にあふれている、情報量でもわかります。でも、いろんな実例をみていても全然ぴんと来...

 
 

北東の方向が鬼門、西南の方角が裏鬼門で両方とも大凶ならば、逆に大吉の方角はどこでしょうか。家相では、家の中心からみた東南がベスト。なぜなら気の通り道であるからです。南玄関の迷信は本当?分譲住宅でも、東南側の棟から売れていくといいますから、大勢の人が家相を考慮しているのでしょう。もしくは、単に日当たりがよいせいかもしれません。良い気が通るなら玄関をもうけて取り込みたいですが。。大吉の東南、そこに玄関...

 
 

古代中国で生まれた風水は、気の力を利用した環境学。基本的に、環境が運を決めるという考えにのっとっています。環境をよくすれば、運が増えていく。環境をよくするためには、どうするか?その手段が風水です。まんべんなく流れる間取りが良い間取りとは運気は家の中を漂うと考えられています。気が流れやすいのは正方形が良く、次に長方形が良いとされています。いびつな形や三角形はタブーです。運気が入り込む玄関は、家相同様...

 
 

この先を見据えた間取りを決める。大変な作業だけに注意点はたくさんあります。ですが、一番はもっと基本的なところの注意点。良い人間関係なくては、よい間取りも実現しないのです。まずは、業者選びからスタートです。打合せのときも記録を残す一番奥の畳の部屋を、フローリングに変える希望を伝えていたのに、何度言っても図面が変更されていない。3回目でやっと、直ったものの、さすがに不安になっちゃって。こんな話を聞きま...

 
 

狭小な間取りに頭を悩ませていませんか?でも日本では昔から、そのような間取りの活用は得意だったはず。狭小な土地だからこそ、無限に広がる宇宙を感じることもできるのです!大げさになりましたが、そんな勢いで間取りのご提案です。禅に通じる狭小住宅「立って半畳、寝て一畳」という言葉があります。どんな立派な家に住んでいても、人が占める場所の面積は、せいぜい半畳から一畳の広さでしかない、という意味です。だから、生...

 
 

秘密基地が大好きな男子は、大人になると書斎が欲しくなります。間取りを割いてまですること?と考えますが、そこは理解してください。ひとりになって、ホッと一息つける書斎は、オアシスなのです。そんな間取りを考えていきましょう。男の夢?意地?書斎スペース新築を検討しているご主人に、希望する間取りを聞いたら、1番に来るのは書斎です。その一方で、造ったらはいいけど使われない間取りナンバー1も書斎といわれています...

 
 

家族も増えるし、家を買おうか。子ども部屋の間取りは一大事です。先を見越して、考えられるのがベストですが、予想通り育つとは思えない。ならば、こうなってほしい、こんな願いを込めて子ども部屋の間取りを考えていきましょう。机を子ども部屋におかない間取り子どもの誕生や成長が、注文住宅を建てるきっかけになるケースは、非常に多いもの。ですから、子ども部屋は間取りを考える重要な要素のひとつになります。12畳程度の...

 
 

間取りを考えるとき、つい収納はおそろかになりがち。でも、すっきり整理整頓された家だからこそ、快適な生活が送れるというもの。収納スペースを考え、間取りを決めても、ものが増え続けるなら意味はありません。まずは、捨てることからです。まずは捨てることからはじめましょうアメリカのタイム誌が選ぶ「世界で最も影響力のある100人」に近藤麻理恵氏が選ばれたのは、記憶に新しい所です。「人生がときめく片づけの魔法」が...

 
 

風呂好きの日本人だからか、カタログにはビックリするほどの浴室オプションが用意されています。間取りにも凝って、ここにしかない浴室を目指す。こんなのも、注文住宅ならではの楽しみ。家族みんなが大喜びの浴室にしちゃいましょう。至れり尽くせりのリラックススペース書斎の次に、ご主人が熱くなる間取り、それが浴室です。男性全般が風呂好きという事情もあるでしょうし、一人になり、本当にリラックスできる数少ない機会だか...

 
 

周りが伝統的な家屋が多いので、和風の外観にしたい、間取りでも和風を取り入れたい。そんなニーズは高いものです。せっかくの先人たちの知恵、ないがしろにするのはもったいない。和風の間取りの家は住みよい家になるものです。和風建築は日本の知恵の蓄積日本の伝統的な住まいは、長い歴史の中で積み上げられてきた、ノウハウの蓄積です。エアコンがなかった時代から、高温多湿の気候を過ごす工夫がなされています。たとえば壁、...

 
 

洋風の家にしても、和室は絶対にもうけたいものです。ちぐはぐな間取りにならない?そんな場合はコーディネートで合わせましょう。また、機能面でも和室は非常に優れています。和洋組み合わせた間取りで、日本ならではの住宅を。LDK+畳の間という間取りソファでくつろぐよりも、畳の方がやっぱり落ち着くという人が多いのでしょうか。和室と洋室バランス良く配置した間取りが人気です。リビング・ダイニング・キッチンの続きに...

 
 

家はどんな形にするのが正解なのでしょうか、答えは正方形です。間取りは正方形から取っていくのがよいのです。では、部屋の形は?こちらは長方形。間取りは感覚的なところが大きいですが、今回はめずらしく理詰めの話です。算数の話からスタートです何事にもメリットがあれば、デメリットがあるものですが、めずらしいことに正方形の家にはメリットしかありません。だから、世の家は似通った外観になってしまうんだ。納得してしま...

 
 

嫁姑の問題を和らげてくれるような、2世代同居の間取りとは?大切なことは、お互いを思いやる心。間取りで、それを表現するには?互いのプライベートに気を使い、2世代同居ならではのメリットをいかした間取りを探っていきましょう。同居を選択するなら、ストレスのない毎日を同居と聞くと嫁と姑の問題がまず思い浮かぶため、デメリットばかり連想します。それを軽減しメリットを大きくする、間取りはあるのでしょうか。2世代同...

 
 

伝統的な建築である平屋が見直されています。メリットがいっぱいのその間取りは、暮らしていくうえでのよい点がたくさんあります。限られたスペースで難しいかもしれませんが、平屋で間取りを検討してみる価値は充分にありますよ。平屋で暮らす、本当の贅沢平屋を検討している、その恵まれた環境に少しうらやましくなります。ある意味、最高の住宅は平屋です。最近、平屋のよい点が見直されています。たとえば、階段という最大の障...

 
 

バスルームの脱衣場と一緒にされていた洗面所が、最近の間取りでは独立していることを目にします。洗面所は独立していないと,使い勝手でおとるとか。間取りだけではない、最近のすすんだ洗面所事情を見ていきましょう。洗面所もおしゃれに進化一日の始まりは、洗面所から。歯を磨く、髪を整える、化粧する、髭をそる。そんな重要な場所なのに、意外とないがしろにされ、ついでのように扱われるていたのが洗面所です。最近はずいぶ...

 
 

最近はの間取りでは、あまり目にしなくなった床の間。実用いっぺんでは、たしかに不要に思えるかも?注文住宅なら、間取りのにぜひ、床の間を加えてください。そうすれば、非常に意味のあるものであることに気付きますよ。床の間、実は非常に使えます床の間と聞いて、どのようなイメージをうかべるでしょうか?和室にある、ちょっと高くなって、花や掛軸がかかっている、あのスペースです。何のためにあるのかと問われて、即答でき...

 
 

人気の習い事ピアノ、でも存分に弾くには相応の間取りと設備が必要です。また、さすがの注文住宅だけあって、ピアノ用の究極の間取りを作ってもらうこともできます。音楽のある生活、ステキですよね。新生活は心豊かにまいりましょう。新築したなら、ピアノを入れよう習い事で依然と高い人気のピアノ。アンケートによると、子どもができたらさせたい習いごとのランキングで、女の子では1位、男の子でも5位でした。家族も増えるし...

 
 

3階は階段さえなければ、最高の間取りです。上がり降りの問題さえクリアできれば、何でも3階に造ってしまえます。快適な生活が約束される3階に、リビングを持ってくる。少々むちゃな間取りに思えますが。。。注文住宅ならそれが可能になります。3階は最高のスペースですが。。都市部でよくみられる狭小住宅の場合、限られた土地を最大限にいかすため、上や下にのびる場合を、よくみかけます。問題は階段、元気でも上り降りは体...

 
 

本当の注文住宅、デザイナーハウス。間取りも何もかもが、自分の思い通りの家。そのためにはデザイナーとの幸せな出会いも必要ですし、間取りひとつ決めるにも手間もお金も必要です。でも一生に一度の買い物。デザイナーズハウスの注意点もまとめてみました。まずデザイナーとの相性ありきデザイナーハウス、カッコいいですね。住宅雑誌の見開きにドーンと載っている写真など、思わず見とれてしまいます。施工実績、デザイン集これ...

 
 

ローコストで家を建てる方法とは、ハウスメーカーおすすめの仕様・間取りにしてしまうことです。でも、これでは注文住宅の意味がない。間取りでこだわるところはこだわる。そうでないところはローコストに。これが注文住宅をローコストにする秘訣です。ローコストの間取りとは少しでも安く買いたい、これは誰もが思うこと、住宅のような高価な買い物ならばなおさらです。注文住宅となると、あれやこれやとこだわりたくなるもので、...

 
 

漠然と家が欲しいなあと思っていても、何もはじまりません。注文住宅を建てるには、理想の間取りを固めること、どこに頼むか決めること。そのために本は有効な手段になります。間取りの考え方や実例集、イメージなど本を手にお勉強です。何かを始めるときに必要なのは、その方向を導いてくれるもの。やっぱり、本がいいですよね。家を考えるときならなおさら本。大きな写真が訴えかける力と、ぱらぱらめくれるアクセス性の高さは、...

 
 

注文住宅だから、自分の家らしくしたい。間取りは、必要最低限の3LDK、敷地には余裕があるから、平屋で。建売には絶対にない間取りが実現できる注文住宅、こんな要望はとおるのでしょうか?3LDKならだんぜん平屋3LDKと聞くと、非常にスタンダードな家族向けマンションの間取りを思い出します。それは「田の字プラン」と呼ばれるもの。漢字の田の字のように、洋室が3つリビング・ダイニング・キッチンが1つが、それぞ...

 
 

マンションでもよくある間取り4LDK。でもせっかくの注文住宅ならば、マンションにはない間取りを取り入れたい。色々な工夫をこらした4LDK、一つの参考例です。ご覧下さい!!スタンダードな4LDK広いに越したことはありませんが、4LDK、大人3人、子ども2人で充分の間取りです。子どもが小さい間なら、1部屋の余裕ができます。その1部屋の余裕が大きいのです。家自体の使い勝手や家族の満足がぐっと変わってきま...

 
 

狭い土地での2世代同居、5LDKも注文住宅なら実現可能です。間取りはもちろん自由自在、みんながすごしやすい住宅とは?それぞれの寝室の位置と広さは?お客さんを泊めるスペースはあるの?3階建てでの提案です。堂々の間取り、どうあつかう5LDKだと、間取りとしては2世代同居も可能なもの。ここでは、狭小地に5LDKを建てるとして、3階建ての計画です。ご両親、夫婦、子ども2人の6人家族。以上で寝室数は5部屋。...

 
 

間取りを考える場合に出てくる、理想のアイデア。それを取りやめたのは妥協したからでしょうか、それとも?重要なのは、何が大切か把握すること。その上で間取りを取りやめたのは、妥協ではなくムダだったから。そう言い切れるぐらい計画を練りましょう。夢の住宅を思い浮かべましょういろいろとこだわりはあるでしょうが、すべてにこだわっていては、お金がいくらあっても足りません。理想の壁紙、床材、ドアとやってたら当初の見...

 
 

自由設計という割りに自由ではない。注文住宅なのに、間取りの選択があまりにも少ない。こんなトラブルがあるようです。思っていた自由設計とぜんぜん違う、そうなったらすぐ取りやめるべきなのですが……契約を結ぶときはくれぐれも慎重に。自由設計とはそもそも何?家を建てよう、どうせなら注文住宅で。そんなことを考えながら、Webで検索をしていると、気になる単語が目につくようになります。「自由設計」思いのままに、好...

 
 

家造り、成功のキーワードは収納です。誰もが頭を悩ませる収納がうまく造れれば、その間取りは大成功。先人の経験から学び、ぜひご自身の家にいかしましょう。これしかないという間取りを作り上げるのです。家造り、成功か否かは収納次第アマゾンの書籍カテゴリーで「収納」をキーワードに検索すると2,977点もヒットします。世の人々がいかに収納で頭を悩ませているかよくわかりますね。間取りでよかったものは?との問いの答...

 
 

ハウスメーカーとコミュニケーションなしで、満足の間取りはできません。要望を伝え、気に入らなければ変更依頼。それを繰り返して理想の間取りへと近づくのです。納得がいくまで変更!気に入らない家には住みたくないはずです。直してほしいけど、気を使う一度建ててしまったら、数十年は住み続けなくてはいけない注文建築。間取りを決めるのは、一大事。設計申込以降は、一日中間取りが頭から離れない、なんていっている人がたく...

 
 

完璧と思えた間取りでも、住んでいくうちに、何か違うと思えてくるもの。それを防ぐには、先人の失敗から学ぶことです。間取り上の失敗をゼロにすることは無理かもしませんが、ゼロに近づけることは可能です。まずは動線、想像力を働かせて間取りの失敗で一番多いのは、動線を考えなかったことより起きたもの。たしかに、どの部屋を何帖にしてとか、テラスをここに造ってとか、そういったことは気にかけます。でも、そこを実際に使...

 
 

進化する世界標準のツーバイフォーやユニークな間取りで定評のある住友不動産。さらにユニークなのは営業マンです。他分野の専門知識が豊富なため、間取りの提案もおまかせできます。住友不動産の家をみていきましょう。ツーバイフォーの強み大手不動産デベロッパーとして有名な住友不動産は同時にハウスメーカーとしても多くの実績があります。地震に強いツーバイフォーの家を伝統的に得意にしており、近年では「パワーコラム」や...

 
 

積水ハウスの信頼、安全性や間取りなどの豊富な提案、一貫して手掛ける安心感。これらは積水ハウスならの魅力をひき立てます。とりわけライフスタイル別の間取りやインテリアのコーディネイトはみているだけで楽しいですよ。手がけた戸数は信頼の証創業以来200万戸以上という日本一の建築実績をほこる積水ハウス。軽量鉄骨ユニット式住宅の先駆けとして名高く、自社工場で組み立てたユニットを現場で設置。実現された高品質・短...

 
 

プレハブ工法で業界に革命を起こした大和ハウス、最先端の工法などが注目ですが、バラエティに富んだ間取りも有数のもの。様々な提案をみているだけでも家造りの参考になるはずです。建築最大手ダイワハウスの家造りをみていきましょう。パイオニアにして最大手すぐに建てられる丈夫な住宅創業時の理念により、工業化住宅を日本で初めて製造したダイワハウス。従来の住宅建設の常識をくつがえし、業界に新風を吹き込みました。以来...

 
 

ミサワホームならではの頑丈さとデザイン性は高い評価を受けています。間取り上の注目は蔵と呼ばれるオリジナル収納。他メーカーにはない工夫でミサワホームらしいユニークな使い勝手と間取りを実現しています。タフな造りは証明済み日本が南極の観測を始めて40年以上、その拠点である昭和基地の60余りの建物は、すべてミサワホームが手がけたもの。気温はマイナス30度、ブリザードが年間50日も吹き荒れる、地球上でももっ...

 
 

北海道などの寒冷地や豪雪地では、不可能な間取りがあるのでしょうか。ポイントは高気密高断熱と輻射熱、北海道以外でも注目のキーワードです。寒さに強い間取りが気になるならば、これらの単語をぜひ知りましょう。寒さで間取りをあきらめる?寒冷地で気になるのは、暖房がききにくいという間取り。やっぱり寒いから、吹き抜けや広いリビングはあきらめるべきなの?ここでのキーワードは高断熱高気密と輻射熱です。高断熱高気密と...

 
 

広さがあるからこそできる空間を、さらに別の目的で生かす。40坪あるならば、できる間取りです。様々なアイデアで使えるスペースがぐんと増える40坪、そのアイデアを拝見。今考えている間取りにいかせるものはありますか?余裕の広さを効果的な間取りで少し余裕がある延床面積40坪、これならば多少の遊びもできます。テラス、吹き抜け、廊下の活用、これらを活用した遊び心と機能性が両立した間取りを見ていきましょう。20...

 
 

広いとはいえない35坪。でも、必要なものを詰め込み、遊びの間取りを少しいれることはできるスペースです。その余裕で豊かな毎日が送れるそんな間取り。そんな、ちょうどよい広さが35坪なのかもしれません。人気の間取りを取り入れる。延床面積35坪ということは、115平方m。ひとり暮らし用のワンルームマンションが20平方m程度ですから、単純に計算して5人が住める家となります。必要になる部屋はリビング・ダイニン...

 
 

総床面積が20坪、決して余裕があるとはいえませんが、間取りを工夫すれば居心地がよくなります。注文住宅ならではの自由な間取りで、小さな宝石のような我が家をめざすのも楽しいもの。20坪、知恵の使いどころですね。狭いならではの心地よさを決して広いとはいいがたい、延床面積が20坪の家。狭いからダメか、不便かというと必ずしもそうではないのが住宅の面白い所です。狭いならではのメリットを以下に、思いつくまま述べ...

 
 

床面積が広く取れる、3階建ての間取りの可能性は大きなものです。趣味のスペースなど、必ずしも必要でない間取りを入れる余裕があります。とりわけ3階の使い方は、アイデアによって非常にユニークなものにすることが可能です。3階の間取りが考えどころ3階建ての間取りについては、多少ウルトラC的なことを別の項で書いていますが、今回は違った見方で考えてみます。家の基本は平屋、という考え方は根強いです。平屋で収まらな...

 
 

2階の間取りを解説した本は多いですが、今回はあえて、多くの説に逆行した間取りを提案します。キーワードはプライバシー。どんな間取りだと、2階の住み心地の良さが生まれるのか、一つの例として考えてみてください。プライベート重視で考える注文住宅ですと、自由に間取りが造れます。今回は2階はプライベートスペースというコンセプトで、2階にあるとよいものを集めました。つまり、1階は来客を意識した間取りになりますし...

 
 

60坪だと、かなりの部屋数が望めます。今回は、多くの人が頭を痛める2世帯同居に特化した間取りを考えました。心地よい距離感をかなえる60坪、その間取りのアイデアをご覧ください。ストレスのない2世代同居延床面積60坪は1世帯には広すぎるスペースです。お互いの世帯のプライバシーも重視した、独立型の2世帯同居住宅を考えていきましょう。独立した家を2軒合わせたような2世帯同居住宅でもよいのですが、もう少し距...

 
 

新婚で注文住宅を建てる!間取りで失敗しないためのポイントは?家を買う、ということは人生において一番大きな買い物と言っても過言ではないですよね。ましてや私は新婚、一生に一度の新居なので絶対に失敗はしたくないです。そこで主人とも話し合って候補に上がったのが注文住宅です。注文住宅の一番の魅力といえば、なんといっても自分の希望や要望を反映できる、ということですよね。使用する資材も選べて楽しいし、やっぱり間...

 
 

念願のマイホーム!理想の家にするためには注文住宅!結婚するにあたり、念願のマイホームを購入しようと思っています。何を重視するかは、人それぞれ違うかとは思いますが、私の場合はいかに自分の希望通りの家にできるかです。そうなると自然と選択肢は注文住宅に絞られました。せっかく夢の新婚生活を送る新居ですし、これから長く住むことになるのですから、できる限り理想の家に住みたいものです。間取りを自由に決められるの...

 
 

平屋か2階建てか。どっちもいい、どっちも捨てがたい!注文住宅を購入するにあたって、平屋にするのか2階建てにするのかも悩ましいところです。平屋で間取りを工夫してどんなに広く見せても、やはり2階建てに面積は敵いません。ましてや子供が産まれ、ある程度の年齢になってくると自分の部屋がほしくなってくると思います。そのときに2階があった方が部屋数も多いですから、子供に広々とした部屋を与えることができます。特に...

 
 

もっと部屋を広く使うための注文住宅の間取りの工夫は?注文住宅では、どれだけお部屋を広く使うのかも間取り次第でだいぶ変わってきます。例えば、お部屋を広く使うためには、廊下の面積を狭くしたり、水回りを隣接させるなどのテクニックはよく採用されていますね。また、収納スペースの確保も間取り上、工夫したい点です。ウォークインクローゼットは隙間のスペースに取り付けることで無駄がなくなります。また、収納機能は取手...

 
 

家の間取りは特に失敗したくない部分です。間取りだけはリフォームでも変更が難しいですから、王道で設計しておいたほうがよいのかも。私は家事動線を優先することで、幸せな家族になると思っています。注文住宅の間取りでよりコンパクトな家事動線を築くために注文住宅で我が家を設計する上で、家事は毎日の生活で欠かせないものなので、家事のしやすさは最も重視した項目でもあります。色々調べていくうちに、間取り次第で家事動...

 
 

インテリア次第でおしゃれな注文住宅の間取りに!インテリア次第で、様々なおしゃれな雰囲気を住宅で演出することができます。しかし、住宅にはインテリアをしやすい間取りとしにくい間取りというものがあるです。せっかく自由設計ができる注文住宅ですので、インテリアのしやすい間取り作りをしたいですよね。例えば、玄関のインテリアは、土間収納やシューズケースなどの玄関収納スペースの高さを人の目線の高さまでで取り入れて...

 
 

注文住宅で建てる30坪の住宅の間取り例30坪という限られた土地で建てる住宅は、いわゆる狭小住宅と呼ばれています。しかし、注文住宅であれば、工夫次第で狭小地にもゆとりのある住宅を建てることが可能です。例えば、光が差し込んでくる設計の明るいお家は、お部屋全体を広々と、またゆったりと見せる視覚的な効果があります。そのため、狭小住宅では、大きな窓が取り入れられている間取りをよく見かけますね。また、散らかり...

 
 

注文住宅の間取りはどうやって決めればいいの?注文住宅のメリットは自由に設計ができ、ご家庭の理想になるべく沿った間取りの住宅を建てることができるところにあります。しかし、一から自分たちで考えなければいけないからこそ、逆に間取りの決め方に悩ませられるケースも少なくないそうです。そもそも注文住宅の間取りは、まずハウスメーカーや工務店から配られるプランニングシートに、家族構成や必要としている住宅機能を記入...