空き家 活用

MENU
 このエントリーをはてなブックマークに追加 

空き家の活用方法を検証!

空き家はビジネスの場として活用するのもアリ

日本も空き家問題が深刻になりつつあるので、その活用法を考えていく時代へと突入しました。

 

空き家は古いイメージがあるので、そのまま使えない場合も多いです。

 

その場合はリノベーションをする必要があります。

 

清潔に、かつおしゃれに、耐久性の高い建物として立て直せば色々な活用方法が見えてきます。

 

例えば、自分で事業を起こしたいけれど良い立地条件が見つからないという場合、自宅ではなくその空き家で商売を行うという手もあります。

 

リノベーション費用として最初に使うお金はありますが、それから先は自分の所有物にしてしまえば借りて毎月の支払いをする必要もなくなります。

 

住むというスタイルばかりでなく、ビジネスの場として空き家を活用するのは大いにアリだと思います。

 

気になるようなら、空き家バンクで検索してみることをオススメします。

 

事例を参考にして空き家を有効活用していこう!

空き家をどのように活用しているのか、その実例をチェックしてみると、三重県ではミュージアムとして使っていました。

 

これによって地域交流をはかるのが目的です。

 

大きくなくても、ちょっとしたものを展示する場所というのはありそうでなかなかないものです。

 

家の中で展示物を並べてもお客さんは入りにくいでしょうし、暮らすなら展示品に常に気を使わなければいけません。

 

他の事例としては、おしゃれに改装することでネイルサロンとして活用しているところもありました。

 

昔ながらの建物なら、特に外観は洋風にリノベーションした方が良いでしょうね。

 

和風の空き家の良さをそのまま引き継ぎたいなら、古民家をしている実例をもとに真似をしてみるのも面白いと思います。

 

腕に自信があるならDIYで、法律を勉強しながら作っていくのも良いのではないでしょうか。

 

自治体が空き家の有効活用を進めている場合もある

空き家問題に取り組む自治体には差があります。

 

そもそも人気エリアなら空き家などすぐにつぶされ常に人が住むでしょうし、そうなれば空き家自体がありません。

 

自治体で空き家を有効活用したいと思っている場所の中には、人に来てもらいたいという思いを持っているところがあります。

 

若者が都市へ働きに行き、人口が減少しつつある町ではこの対策として空き家に住んでもらいたいと思っているところも多いのです。

 

ただの空き家なら人は来ないので、家賃は激安で提供、または無料で住めるように設定している町もあります。

 

このような空き家は空き家バンクで見つけることができ、最近はこの知名度も上がってきています。

 

就職を期に、住む場所を変えてみたい、人生を変えてみたいという若者が活用する傾向も徐々に増えてきているみたいですね。

 

空き家を活用すると補助金を出してくれる地域もある

空き家に住むためにリノベーションを行う場合、自治体によってはそれに補助金を出してくれる場合があります。

 

例えば、岐阜県では空き家利活用事業補助金の募集を行っており、相談するとリノベーションの費用は少し浮きます。

 

空き家問題を少しでも解消してくれるのであれば、それだけで助かるからです。

 

ただし、全ての地域でこのような補助が出るわけではないため、希望する自治体でも同じような補助を受けられるのかは要チェックです。

 

どれくらいの額を補助してくれるのかは事前に知っておきたいところですが、その内容によっても変わってくるでしょうからあらかじめどのようにリノベーションしたいのかはイメージしておくべきでしょう。

 

具体案がわからなければ、何として空き家を活用したいのかを明確にしてから伝えると良いと思います。

 

アイデア次第で空き家の活用力は大幅に広がる

空き家の活用方法はアイデア勝負

 

どのように空き家を活用するかというのはその人の自由であることから、アイデア次第でどんな色にも染まります。

 

例えば趣味として絵を描き始めたいと思うのであれば、そこを本格的なアトリエとして使うことができます。

 

家の中にアトリエを作るのも良いのですが、大抵の場合土地をそれ以上広げられないという理由から増築が難しくなっています。

 

現実的に不可能な場合、今の家を傷つけることなく新しい場所をアトリエとした方がのびのびできるもの。

 

家族の生活音に悩まされることのない場所を確保できるのは良いアイデアだと思います。

 

自分個人で楽しむのもアリですが、集客力を高めてそれをビジネスに発展させるのも良いでしょう。

 

この場合、人通りが多いという立地条件が必須です。

 

空き家のある場所によって用途を変えると上手く行くでしょう。

 

空き家活用に関するイベント情報はどこで手に入る?

これから空き家を活用して事業を起こそうと思っていたり、新しい住処として使おうと思っているならば、そのための勉強を少しする必要があります。

 

不動産会社に頼っていくのも良いですが、自分にその知識があれば「こんなことができるなんて、もっと早くに気づけば良かった」と後悔することもなくなります。

 

逆に、「これができないのなら初めからこの計画は立てなかった」という予想外の事態も避けられますね。

 

空き家を活用するための勉強会やイベントは各地で行われています。

 

FacebookやTwitterなどで告知があったりするので、気になるところをフォローしておくとイベント情報を流してくれます。

 

開催場所と、簡単なイベント内容、日時が簡単にわかるのは便利ですね。

 

基本誰でも参加可能なところが多いようです。

 

失敗しないためにも、積極的に参加しておきたいところです。

 

海外からの旅行客に目を向けた空き家の活用方法

空き家というと、古いタイプのものもあります。

 

古民家に改装したら民宿でも始められそうなものもあるので、活用の仕方次第で海外受けするビジネスを発足できるかもしれません。

 

日本の住宅は洋風になってきたとはいえ、海外の旅行者はまだまだ瓦屋根の映画に出てくるような「日本」を求めています。

 

となれば、妙に海外チックな洋風の場所よりも、純和風の建物の方がよっぽど魅力的にうつるはずです。

 

空き家を改装して民泊ビジネスを始めるというのは手堅いかもしれませんね。

 

事例の中には、立派な梁を残したまま他を改装して居心地を良くしたというものもありました。

 

これなら古さをデメリットではなくメリット、この場合はシンボルとして扱えるため、損にはなりません。

 

海外に目を向けてターゲットを絞るなら、空き家ビジネスは期待できそうです。

 

留学生のシェアハウスとして空き家を活用する方法

海外から日本に旅行に来る留学生などを、格安シェアハウスという形で提供する方法があります。

 

この場合、場所がないと思っても空き家を改装することによってシェアハウス専用の建物に生まれ変わるので、学校の近くにあるなら是非利用したいものです。

 

事業が波に乗るかわからないので博打になりますが、自治体によっては改装費用を援助してくれるところもあります。

 

この情報を上手く使えば、他地域で高くつくものも安上がりでできるでしょう。

 

シェアハウスにするコツは、海外に合わせて土足OKにするなど、海外の文化を取り入れることです。

 

日本を味わいたいという人からはあまり好まれないかもしれないので、畳の部屋などを別で用意しておけば喜ばれると思います。

 

需要の高い地域に狙いを定めれば、安定した収入を稼ぐのも夢ではありません。

 

空き家の活用事例のうち、失敗として多いものは?

空き家の活用に失敗した事例として多いのは、それをビジネスとして使った場合です。

 

住む場所として使う場合には、その空き家なりの価格を提供すれば、不備があっても安いのだからと仕方なく思ってくれる人が大半です。

 

しかし、ビジネスを始める時に空き家を活用した場合、たとえ大金をはたいてリノベーションをしたとしても成功していない人がいます。

 

これは空き家を使ったからというよりは、立地条件や周りの需要を読みこめていなかったというところに失敗原因があるように思います。

 

すぐに店が潰れてしまったという場合、またそこが空き家になってしまいます。

 

ただこの場合は、リノベーションがしてあることから次の買い手がすぐつきそうですけどね。

 

空き家での事業が軌道に乗るまでの貯蓄のあるなし、そこで本当に集客できるのかどうかは重要な課題でしょう。

 

空き家を宿泊施設として活用する際の注意点とは

空き家を宿泊施設として活用する場合、どうやって人を呼び込むかが最大の課題となります。

 

民泊は日本国内のみならず、海外サイトへの登録も可能なので海外からのお客さんが多いという地域もあります。

 

その場合は観光地に近ければ近いほど人気となります。

 

英語ができれば相手もより安心できるので、英会話ができる人が経営すれば集客率も上がることでしょう。

 

ただし、最近問題視されていることには要注意です。

 

民泊サイトの中には、「闇民泊」と呼ばれる悪質なものがあるからです。

 

女性客を狙った犯行もあるため、いかに安全かを示さなくてはなりません。

 

これらの事件もあるため、受け入れてもらえるための工夫を考えてから、空き家のリノベーションに取り組んだ方が良いように思います。

 

そしたら大きな失敗もしなくて済むはずです。

 

空き家を取り壊し、駐車場として活用するのもアリ

空き家を駐車場として活用する

 

空き家の中には、リノベーションするよりは建て直した方が早いとする物件もあります。

 

古すぎる場合にはこうした方が早く、より耐久性の高いものができるからです。

 

しかし、であれば新築を建てるための費用だけでなく、空き家を壊す費用もかかってしまいます。

 

それでは更地を探した方が安い場合もあるので、空き家を駐車場スペースとして活用する場合もあります。

 

これなら壊すだけ壊し、更地にしてもらって駐車場経営ができます。

 

車での移動が多い地域、つまり電車はバスなどの移動手段が便利でない場所なら、月極駐車場の利用者も多いのではないかと期待できます。

 

一度決まればその人は別の駐車場を借りることはほとんどないため、毎月一定した収入が入ることとなります。

 

後でその土地を売ることもできるので、とりあえず土地を持っておきたい場合は空き家にも注目すると良いと思います。

 

ビジネスの場として空き家を活用する場合の例

空き家をビジネスのために活用している人はたくさんいます。

 

その方法は様々ですが、貸店舗よりメリットを感じる場合に利用している場合が共通点となります。

 

既に知名度もあり、大通りに面していて車でも電車でも通いやすい好立地に空き家があるなら、それはビジネスとして十分活かすことができますよね。

 

失敗するかもしれないという恐れもそれほどなく、フランチャイズチェーンであれば数年で多くの利益を得ることも不可能ではありません。

 

あまり駅に近い場所ではないとしても、例えば学校に近いなら塾経営ができます。

 

この場合もフランチャイズであれば知名度は最初からあるので、個人経営ほどお金は入ってきませんがその代わり失敗するというデメリットは少ないはずです。

 

空き家情報があれば、その立地条件から何に活かせられるかを考えてみると良いかなと思います。

 

どんな活用法にせよ、空き家は特に防災を考える必要がある

空き家を活用してそこに住むことにしたり、または新事業を展開することになったら、その工事は防災面を考えたものにしなければなりません。

 

昔に建てられたものであれば、その耐震基準などが今と変わっている可能性があります。

 

そうなってくるとそのままでは防災に弱い建物となってしまうので、しっかりとした補強が必要です。

 

一見キレイに見えても、その耐性は素人ではわからないものです。

 

目には見えない壁の中などを調査してもらい、必要であれば防災のための工事をしてもらいましょう。

 

火災保険や地震保険に入るのもお忘れなく。

 

初期費用が多くなるからとケチりたい気持ちもわかりますが、法律が定めるところは必ず守る必要があるので、多少のお金はやはり最初から準備しておく必要があります。

 

空き家強化のための資金調達から始めるのが最初のステップかなと思います。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

注文住宅の総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事

 

空き家バンクとは?不動産会社のようなもの?空き家バンクとは、不動産サイトの空き家バージョンというだけで、特別難しいシステムではありません。空き家を売りたい人と買いたい人を仲介する役割が空き家バンクであり、要は不動産会社のようなものです。売りたいと思っている空き家があったとしても、それを自力で拡散していくのは困難ですから、空き家バンクに登録しておくのはお手軽ですよね。一般的な不動産サイトでは、新築一...

 
 

賃貸物件として空き家を活用するという方法空き家バンクは近年知名度を上げてきましたが、ここに登録されているものは全て自分で買わなくてはならないものではありません。賃貸物件として、月々にその家賃を払っていくというスタイルで引っ越すことも可能です。空き家を改装して住むという予定ならば買ってしまった方が良い気がしますが、中にはコツコツDIYをしながら住みたいという人もいます。特に若い人であれば、空き家とい...

 
 

空き家管理はどうすればいい?適切な会社選びの方法いきなり実家が空き家になってしまったなどの場合、その空き家管理はどうするのかという問題が発生します。実は、そのような空き家管理は各会社が行っており、そのどれかに管理を頼むのが一般的です。大東建託グループも行っていますし、東洋テックも選べます。数多くあるとどこに頼めば良いかわからなくなりますが、それを解決してくれるサービスもあります。車や家を売る時、ど...

 
 

売却時のメリットを考えると空き家はリノベーションした方が良い空き家をリノベーションするメリットは、ずばりその空き家が売れやすくなることでしょう。空き家を買って、自腹でリノベーションするのを煩わしく感じる人は大勢います。それを先んじて売り手がやっておけば、その手間が省けるのですから、キレイになった家を買いたいという人は現れやすくなると思います。その分買い取り金額はリノベーション前の空き家より高くなり...

 
 

「空き家 譲ります」で検索すると穴場が見つかるかも空き家物件を探しているなら、ネットでも「空き家、譲ります」という検索ワードで探すとある程度はヒットします。不動産会社や空き家バンクから探すという手もありますが、まだそこまで本気ではないという場合には気軽で良いですね。どんな物件がどこにどれくらいあるのかをざっくりと知るためには便利です。ただ、譲ってくれるということは無料ということなので、かなり古かっ...

 
 

空き家を購入する人の活用法。どんな用途で購入している?もし空き家を購入したら、何に使いますか?中古住宅ではなく空き家を選択する人には様々な理由があります。最近では、中古住宅を購入してリノベーションすることで、新築を建てるより安く一軒家を手に入れようという動きが活発になっているそうです。その際、空き家を利用すればより安く仕上がるかもしれません。費用を抑えるためにも空き家は活用できるのです。また、空き...

 
 

購入、リノベーションであれば、補助金が期待できる購入するにしても、リノベーションをするにしても、空き家なら自治体から補助金が出るとことがあります。それだけ空き家問題に悩まされているということでしょうね。買ってくれたことにそれだけ感謝しているのだと思います。購入する場合であれば、その補助金制度がある自治体をあらかじめ調べておき、その地域で空き家を探すという方がお得になります。リノベーションも、DIY...

 
 

空き家にかかる税金は主に4つ。相続税について掘り下げてみた何かと税金がかかる世の中ですが、もちろん空き家に関しても税金はかかってきます。そのうち関係が深いのが「相続税」「固定資産税」「都市計画税」「譲渡所得税」あたりです。このうち相続税は、その名の通り親などから相続してもらったものにかかる税金であり、空き家となるものもそうであるならば対象となります。ただし、基礎控除額を下回る場合には申告も納税の義...

 
 

空き家相談をするなら自治体を不動産会社、どちらにする?今所有している空き家をどうしようかと迷っているならば、しかるべきところに相談するのが得策です。知識がない状態で売ろうとしてもなかなかうまくいきませんし、お得な方法を見落としているかもしれないからです。その相談場所というのは、ネットより自治体や不動産会社の方が、総合的な意見を聞けると思います。ネットでは、不動産情報に詳しい人が答えてくれますが、自...

 
 

リフォームやリノベーションで空き家を売れやすくしよう!持っている空き家をリフォームしたりリノベーションしたりすると、買い手はそのキレイになった家を購入したくなります。みすぼらしい空き家、という印象を抱いた人がそれを購入するというのはあまりないかもしれません。買ってから自分好みにアレンジしたいというのであれば別ですが、一般的には売り手が改修してすぐにでも住めるように設定しておくと購入を検討する人が増...

 
 

買い手が現れないような空き家なら最初から買取をお願いしよう所有している空き家を売りたいと思っていても、なかなか次の所有者が見つからない場合があります。そのような場合は、不動産会社や自治体を通じて引き取ってもらう、または買い取ってもらうという手があります。買取は不動産会社だと、査定してもらってどこに買い取ってもらうかを決めることになります。一括査定サイトが便利で、これによりどこが最も高く買い取ってく...

 
 

不用品はどうする?空き家の解体で出てくる問題空き家の解体をお願いしようかと思っている場合、不用品の処分のことを考えると踏みとどまってしまうかもしれませんね。しかし、空き家の解体と不用品処分、これを別々で考える必要がないのがヨネス産商などの、それぞれを一つとして考えてくれている会社です。これなら、家の中に不用品があっても処分もお願いできるので手間が一気に省けます。必要なものがあれば先にそれだけ取って...

 
 

空き家なのに保険って必要?火災保険への加入について誰も住んでいないのだから、空き家にはあらゆる保険は必要ないのかもしれません。しかし、世間一般的には火災保険への加入は勧められています。転勤で一時的に空き家となる物件はまだあってもらわなくては困るのでもちろんのこと、相続などによって引き継いだ空き家に対してもです。人が管理していないということは、放火や自然発火という危険性が完全にないわけではありません...

 
 

空き家の粗大ゴミはいくらで回収してもらえるの?まだ家財がある状態で家が空き家になってしまった場合、家財の整理が必要となってきます。そのまま放置すると家財はゴミと化してしまうため、自治体の粗大ゴミ回収サービスを利用するのが一般的になります。各自治体によって値段は変わってきますが、大型家具だと1000~1800円で回収してくれます。具体的には、ベッド、ソファ、テーブル、タンスなどがそれに当たります。ま...

 
 

防犯は必要?空き家でもセキュリティー会社が必要な訳防犯は空き家には必要ないと考える人もいますが、セキュリティー会社は空き家に関するサービスも提供しています。理由は、放置された空き家に不審者が頻繁に入り込むというケースや、放火された形跡がある空き家が過去にたくさんあるからです。親が亡くなって相続するという場合や、いずれ転勤から戻ってくるという場合にはその間防犯面を通常通り続けることは有効です。しかし...