タマホーム 価格

MENU

価格が安いだけじゃないタマホームの魅力に迫る

低価格のうち出しを控えめに、品質のアピールに励むタマホーム

 

低い坪単価や価格を前面に打ち出すのが、タマホームのスタイルでしたが、最近は少々違います。

 

価格の打ち出しを控えめに、高品質をアピール、タマホームの新しいイメージ作りでしょう。

 

価格は低く、品質は高く。

 

これが新しいタマホームです。

 

キャッチフレーズは「良質低価格」

タマホームといえば低価格、ちょっと前まで「坪単価25万8千円」を前面に打ち出して、営業活動を活発におこなっていました。

 

しかし、最近はずいぶん勝手が違うようです。

 

ホームページ上には、今までの実績が大きく取り上げられていますが、打ち出されているのはトータルの価格。

 

坪単価でのアピールはやめてしまったのです。

 

低価格を打ち出してはいるものの、第一は飽くまでも品質。

 

キャッチフレーズは「良質低価格」となっています。

 

この様に、タマホームが坪単価25万8千円といった、低価格の打ち出しをしなくなった理由は何なのでしょうか?

 

タマホーム側から正式な発表があったわけではないので、想像になってしまうのですが、、、。

 

タマホームは、25万8千円/坪で建たなかったから、これが大きな理由でしょう。

 

まあ、どこの住宅メーカーでもそうではあるのですが、、、。

 

坪単価では家は建たないのは常識?!

住宅メーカーのモデルハウスへ立ち寄ったりすると、営業担当者がセールストークを始めます。

 

そこで、「坪単価はいくらぐらいなの?」とたずねた場合「○○円~です」と、即答してくれます。

 

しかし、坪単価×延床面積で家は建ちません。

 

これはどんな住宅メーカーでも同じこと、注文住宅を建てる人の常識になっています。

 

住宅を建てるにはオプション、付帯工事、地盤改良、税金などなど様々な諸費用がかかり、本体価格に含みません。

 

だから、坪単価×延床面積で家は建たないのですが、「25万8千円/坪」でタマホームも建たないのは同じこと。

 

しかし、タマホームが坪単価の打ち出しをやめた理由は別のところにあります。

 

坪単価を低く見せるための努力が、他のメーカーと比較するとあからさま過ぎたから、これが原因でしょう。

 

低価格から高品質への脱却はなるか?

標準仕様にオプションを加えて住宅は建つもの、オプションの価格によって坪単価はどうとでもなるものです。

 

これはタマホームでも同じなのですが、標準仕様の価格は極端に安く、オプションの価格は他メーカーに比べて割高。

 

例えばコンセントを1つ増設するのに、他のメーカーは3千円、一方タマホームは6千円超、、、万事こんな風。

 

オプション部分の価格が高すぎるという批判ですね。

 

加えて、低価格を売りにする住宅メーカーが非常に増えてきたというのもあるでしょう。

 

「1,000万円以下で新築一戸建てが建つ」こんなことを売りにしている住宅メーカーは今ではめずらしくありません。

 

低価格帯の商品の利幅が狭いことは常識、こんなところを主戦場にするくらいなら、とタマホームは考えたのでしょう。

 

低価格で全国的な知名度を得た後に、高品質をアピールする、タマホームはこの段階に入りました。

 

さて、低価格アピール同様、高品質アピールも上手くいくのか?注目したいところです。

注文住宅の総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。

タマホームに関する記事一覧

 

無料の点検、長期保障。これがタマホームのアフターサービス。しかし、これといって特別なものではありません。それぞれ法で定められた範囲のもの。アフターサービスはその程度で充分、これがタマホームの考え方なのかもしれません。長期優良住宅もタマホーム国土交通省の調べによると、住宅が建てられて壊されるまでに、イギリスの場合は77年、アメリカは55年かかるとされています。一方、日本は30年、子どもの代に替わると...

 
 

新築でエコキュートを導入する家庭が増えています。その流れを受けてか、タマホームはエコキュートなど充実設備をウリにした「大安心の家」をヒットさせているのです。タマホームらしからぬ値段ともいわれていますが、内容は大充実なのです。住宅界のトレンドを凝縮した商品給湯や調理、暖房などすべてを電気でおこなうのがオール電化住宅ですが、その数はジリジリと増加しています。2010年に436万戸、全体の9%弱だった普...

 
 

タマホームといえばローコストな注文住宅というイメージですが、現在はそれだけとはいえません。例えば標準仕様のキッチンをみるだけでも以前のタマホームと違うことは、すぐに理解できるはず。オプションなしでこのキッチン、きっと納得がいくはずです。タマホームならキッチンレイアウトも自在「坪単価25万8千円」を前面に押し出すことによって、爆発的に業績を伸ばしたタマホーム。価格の安さが、最大にして唯一のセールスポ...

 
 

タマホームで選べる壁紙のメーカーは複数用意されていますが、それほど大差はありません。壁紙は高機能なものがいいかというと、一概にそうとも言えない。タマホームの営業さんに安いものを聞くか、気分で個性的な壁紙を選ぶか。壁紙は張り替え前提で選ぶべし普通が一番と言いますから、普通に無難にをテーマに選んだら、つまらないものになってしまった、、、壁紙の話です。「壁紙がイヤ」そんな感想を抱かせないものを選ぶ、これ...

 
 

一条工務店とタマホーム、一条工務店が主張する「性能」で比較するならば、タマホームはやや弱くなります。しかし、坪単価や間取りの柔軟性で考えるならばタマホームの方が上手。それぞれを比較するのは、住宅メーカー選びでも重要なことです。家は性能、と主張する一条工務店「家は、性能」、、、近年、成長著しい一条工務店の企業メッセージ。一条工務店の考える家の性能とは「長期優良住宅が標準!次世代省エネ基準が標準!業界...

 
 

伝統的な木造軸組工法を用いるタマホームは、柱や梁に使う材質や金具を吟味することによって、充分な強度を得ています。この工法は、タマホームだけではなく高価な部類の住宅メーカーも使用しているもの。信頼性は高いものなのです。タマホームは伝統的な木造軸組工法木造軸組工法、在来工法。日本に昔からある工法で、伝統工法と呼ばれることもありますが、意味はまったく同じ。タマホームに代表される、比較的ローコストで家が建...

 
 

契約金は建築費用の5~10%というのが一般的ですが、特に決まりはありません。タマホームの場合も10万円だったり100万円だったりと、契約金はケースに応じて差があります。これはタマホームに限ったことではなく、どんな住宅メーカーでもこんな風なのですが。契約金はいくらぐらいが適当か?住宅の場合、契約時に5~10%の手付金を払い、着工、上棟、竣工、引き渡し時と段階を踏んでお金を払っていくのが一般的。一般的...

 
 

日本の住宅事情から、三階建ての住宅への需要は高いようで、タマホームの商品にも三階建てのものがラインナップされています。通常のタマホームの住宅より、タフな構造を用いた三階建ては、高い耐震性も持っているのです。タマホームの三階建てはタフな構造家族構成、店舗併用、ビルトインガレージなど。様々な理由で三階建ての住宅の需要はあり、タマホームもそんなバリエーションを持っています。商品名は「木望(きぼう)の家」...

 
 

タマホームは住宅を建てる地域によって、性能が異なる住宅がラインナップされています。必要と思われる性能をオプション価格で高めることも可能。こんなタマホームはなかなか合理的な、住宅性能を打ち出しているようです。建てる地域で性能を変えてくるタマホームタマホームは建てる地域によって、商品ラインナップが異なります。あまり他の住宅メーカーではこの様なことはおこなっていないので、奇異に映るかもしれません。しかし...

 
 

タマホームの洗面台は、標準で大手メーカー3社から選ぶことができます。しかし、タマホームで選べる洗面台に、大きな性能の差はない感じ。強いて言うならばTOTOの洗面台は、蛇口がシャワーになっていることぐらいでしょうか。標準仕様ならばTOTOが一番!!カタログやHPによると、タマホームの洗面台は「LIXIL」、「パナソニック」、「TOTO」の3社が標準仕様。カタログにのっていないものも選べるケースもある...

 
 

家庭用蓄電池を導入する上で問題になるのは導入コスト。そこでタマホームは蓄電池と太陽光発電をリースできる仕組みを提案しています。タマホームで新築した場合のみに使えるシステム、試算した結果は「微妙」の一言なのですが、、、。蓄電池はまだまだ高価なのです世間はスマートハウス、蓄電池ブーム、太陽光発電が付いている家は今や珍しくないですし、ということは蓄電池もあるのでしょう。新築する人は太陽光発電+蓄電池+H...

 
 

二世帯住宅向けの商品が、タマホームでも用意されています。タマホームは自由設計の家、二世帯住宅もお手の物です。しかし、二世帯住宅は様々な問題が予想されます。木造軸組みで建てるタマホーム、最も心配されるのは階下での防音性でしょうか?近年はずいぶんよくなったと聞きますが、自身の耳でのチェックが必要です。二世帯同居なら「木望の家」ローコスト住宅のイメージが強すぎて、何かと損をしているタマホーム。デザイン性...

 
 

外部と内部、2種類の結露に対して、タマホームはサッシの質や壁内の断熱を上げるなどの対策を講じています。タマホームの結露対策は他の住宅メーカーのものと比較しても見劣りするものではないのです。外気の寒さをシャットアウトする方法冬場、窓に水滴が付くなんて昔は普通だったんだけど、いつの間にか「結露」がずいぶん悪者にされるようになりました。結露、大きく分けて2種類になります。まずは表面結露、窓や壁の表面に水...

 
 

タマホームのメリットは標準で設備が充実している点、デメリットはオプションを追加したくなる点。基本タマホームはメリットが大きい住宅メーカーですが、やはりデメリットもある、そう考えた方が良さそうですね。何といってもコスパが高い!!タマホームのメリットとしてまずあげられる点は、値段の割に物がいい、つまりコストパフォーマンスが高いという点でしょう。「とにかく安く」で業績を飛躍的に伸ばしてきたタマホームです...

 
 

地震への備えは耐震・制震・免震の3種類があり、始めの2つについてタマホームはしっかりとした備えが(一部オプションですが)なされています。しかし、免震についてタマホームは全く対応していないもの、それ自体は責められることではないのですが、、、。耐震については高い基準をクリア日本は地震が多い土地柄、どうしても住宅に地震に対する強さを求めてしまうのも当然。タマホームも、地震への備えとして様々な工夫を施して...

 
 

タマホームの屋根材は大きく分けて3つから選ぶことができるのですが、まずこれらに不満を抱くことはないはず。住宅は屋根からといいますが、これらの屋根材をそろえた時点でタマホームの屋根は万全、そう考えることができるでしょう。歴史が証明する屋根瓦の優位性住宅の外装は、そのままイメージに直結しますから、非常に重要。タマホームは標準仕様で、かなりのレベルまで外観をカスタマイズできるのがセールスポイントの一つ。...

 
 

タマホームのユニットバスは通常よりサイズも大きく、有名メーカーから選ぶことができますので、満足度は高いはず。ユニットバスは一家のくつろぎの場所、タマホームはその点を充分に理解しているなという、感想です。タマホームのユニットバスは広めのサイズタマホームの浴室サイズは「1620」もしくは「1818」。1620とは160cm×200cm、1818とは180cm×180cmの内寸を持っているということで、...

 
 

タマホームの看板商品、大安心の家はオール電化を推進していることからも、床暖房も電気式が向いているといえるでしょう。しかし、電気式の床暖房といっても方法は、色々。タマホームを建てる地域に合ったタイプを選択しなくてはいけません。数多く種類がある床暖房床暖房は、エアコンやファンヒーターなど、空気を暖める暖房と違い輻射熱を利用するタイプ。室内の空気が汚れたり乾燥したり、逆に湿ったりとトラブルが起こりがちな...

 
 

結論から言うとタマホームとはいえ、延床面積を削ったとしても1,000万円以下で家を建てることは無理でしょう。しかし、同じ内容ならタマホームより安い住宅メーカーはないはずです。1,000万円で一戸建て、望むこと自体が無理な話かもしれません。低坪単価追求・訴求からの脱却!!「25.8万円」、タマホームが以前、全面的に打ち出していた坪単価。他の住宅メーカーの坪単価が70万円程度といったところが多いため、...

 
 

ローコスト系の住宅メーカー「ゼロホーム」。様々な所がタマホームとかぶる面白いメーカーです。ただ、3階建てでも坪単価は同じという、ゼロホーム独自のセールスポイントには注目。タマホームと相見積もりをとるといいのかもしれませんね。どこかで見たやり方のゼロホーム「ゼロホーム」とは、京都が本拠地の住宅・不動産販売の会社。高品質・低価格・厚管理をモットーに、成長を続けているといいますから、気になってホームペー...

 
 

タマホームは建てる地域によって、断熱材の仕様が変わります。気候によって、断熱材も変化させる、これによってムダなコストをかけずにコストパフォーマンスに優れた住宅を建てる、タマホームの考えの表れでしょう。断熱性等級4を実現するためにタマホームの主力商品、「大安心の家」は断熱性等級4という最高等級をクリアしています。使われている断熱材は、床が発泡ポリスチレンフォームの「カネライトフォーム」65mm。壁と...

 
 

断熱性と防音性、両方とも空気が大きな役割を果たしますから、断熱性に優れたタマホームは防音性にも優れていると考えられます。ただ、タマホームだけの問題ではなさそうですが床の防音に難点があるとのこと。間取りで何とでもなりそうですが。必要十分な防音性を持つタマホーム外から入って来たり、出ていく音を防ぐ。音は空気が震えることによって伝わりますから、重要なのは口が開いているところ、、、換気口とか、外部と接して...

 
 

断熱材として優秀な素材、グラスウールをタマホーム適材適所に使うことで省エネ基準をクリア。地域によってグラスウールの厚みや工法を細かく変えるタマホームは、こんなところでもコストダウンを図っているのがわかります。優秀な建材、グラスウール断熱材、吸音材として優れた性能を持ちながら、コストパフォーマンスも高く、防火性にも優れているのがグラスウール。ホルムアルデヒドの放散もほぼなく、発がん性なども認められて...

 
 

タマホームで用いられる外壁は至ってスタンダード、各商品ごとにグレードは異なりますが、充分満足がいく外壁となっているはずです。加えて豊富なオプションも用意、外壁でタマホームに不満を抱く人はいないのではないかと感じます。必要十分なタマホームの外壁タマホームの商品に標準で用いられている外壁材は、窯業系のサイディング。窯業系サイディングとは、現在最も広く用いられている外壁材で、セメントを主原料にしたボード...

 
 

タマホームの元気の家は、ローコストが売りの商品。元気の家は構造から細かいところまで、微妙にグレードを落としてありますが、それを感じるのは比較をするから。タマホームのコストダウンの努力こそ称賛されるべきではないでしょうか?オール電化はみんなが欲しい設備なのか?タマホームの主力商品は「大安心の家」なのですが、家に要求する性能は人それぞれ。例えば大安心の家は、標準でオール電化となっていますが、これってあ...

 
 

タマホームの実例を見ていると、力を入れた玄関を良く見かけます。玄関は家の顔ともいいますが、オプションばかり費やしていては予算がいくらあっても足らないはず。タマホームの玄関は標準でもかなりのクオリティのはずなのですが。オプション満載、タダでは玄関も飾れないタマホームで家を建てた人が、ネット上で披露してくれる「Web内覧会」を見ていると、皆さん非常に凝るのが玄関。家で一番最初に目に入る場所だけに、気合...

 
 

タマホームの保証期間が終了するのは引き渡しの10年後。それ以降はメンテナンス工事を受けて保証の延長を得る必要があります。10年後のメンテナンス、これが必要なのはタマホームだけではありません。他の住宅メーカーでも、メンテナンスは必要なのです。法律で義務付けられている10年間の保証住宅は本来なら、何世代にもわたって受け継ぎ使い続けられるもの。その間、安心して安全に使い続けることができなければいけません...

 
 

タマホームとパナホーム、音が似ているだけで似ても似つかない住宅メーカー、、、そう思っていたら次世代主力商品、コンセプトはそっくりです。タマホームとパナホーム、目指しているところは同じなのでしょうか?音は似ているタマホームとパナホーム名称が一音違いだからでしょうか?タマホームとパナホームこの2社は、意外と比較される機会が多いとされています。タマホームの「タマ」は創業者の名字「玉木」から、パナホームの...

 
 

タマホームは、屋上をバルコニー化したり、ルーフバルコニーも数多く手がけているので、施工技術だけなら何ら問題はない。ただし、屋根を延長したりしてベランダ化するには、タマホームに限った事ではないのですが、オプション料金が必要となります。バルコニーをベランダ化する費用は?ベランダとバルコニー。背広とスーツの関係と同じでしょうか?いい方が違うだけ、何となくバルコニーの方が今風な感じがしてカッコいい。と思っ...

 
 

タマホームでもパントリーをよく見かけるようになりました。しかし、ただパントリーを造るだけでは、その分価値があるとは言い難いもの。提案力に難があるというタマホームだけに、こちら側(依頼する私達)の力が試されます。収納能力を上げるためのアイデア住宅造りで一番力を注いだ点は?といったアンケートを取ると、間違いなく「収納」という答えが上位を占めるはず。それだけ住宅づくりにおいて重要視されている収納。パント...

 
 

土地に制限がある場合に大活躍するのがベランダ。これを踏まえてタマホームでも、数多くのオプションが用意されています。まず軒を延長、水栓を用意、ベランダの楽しみ方は家族次第。それらのバックアップもタマホームは万全なのです。夢が広がるベランダなのです土地に余裕があまりない都市部において、バルコニーは重要な設備。リビングに隣接する形で配置されたバルコニーなら、リビングの延長として視覚的にも使い勝手でも大い...

 
 

タマホームのモデルハウスに影響されて、スキップフロアを導入したという妻。。。モデルハウスに影響されるのはいいのですが、スキップフロアのデメリットは理解しているのか?タマホームも洒落たことができるのはわかるのですが、多少心配になるのです。建てる側のエゴを感じるスキップフロア住宅は誰のものか?施主のものであり、家族のもの、このことについて異論をはさむ余地はないはずです。しかし住宅の雑誌やテレビなどをみ...

 
 

タマホームの10年間の保証中にメンテナンスが必要となる主な個所は外壁のサイディングです。しかしタマホームのプレミアムモデルになると、経年劣化も進みにくく、メンテナンスも不要。値段の差はこんな風に表れるのです。タマホームのアフターサービスの評判2000年に施工された「住宅の品質確保の促進等に関する法律」、略して品確法。この法律によると、10年以内に住宅に傾きや雨漏りがするなどの欠陥が見つかった場合、...

 
 

タマホームでも、担当部署を立ち上げ、近年リフォームに力を入れ始めました。リフォームで必要とされるのは提案力ですが、タマホームが最も苦手としているところでしょう。今後のリフォームの動向に注目したいところですね。今後増加するリフォームの比重人口の減少が避けられない事態となっている日本では、住宅の新規着工の伸びが今後、望めなくなっています。そこで、住宅メーカーがおこなっていることは、メンテナンスやリフォ...

 
 

自由設計をうたうタマホームですが、実際は相当な制約があり、自由設計とは何かについて考えてしまいたくなります。しかし、タマホームのローコスト化は制約で実現できているようなもの。不満ばかりいっているわけにはいかないのです。自由設計を妨げるタマルールの存在自由設計をうたっている住宅メーカーは多いものの、1から家を設計させてくれるところは、ほぼありません。大抵の住宅メーカーは、様々なひな形を持っており、そ...

 
 

1,500万円という予算はタマホームで住宅を建てるなら充分な予算。贅沢をしなければ4LDKが建つでしょう。他のメーカーでは1,500万円では建ちません。そこはさすがタマホームなのですが、マイナスの側面もあるのです。タマホームはやっぱり安いのです「坪単価25.8万円」と前面に打ち出すことで急成長を遂げたタマホーム。しかし、坪単価の算出方法が他のメーカーとは違うとか、地盤調査や電気工事、給排水など付帯...

 
 

タマホームのバスルーム、一番の売りは同程度の住宅メーカーのものより広い1.5坪のバスルームが選べる点です。また、タマホームは営業所ごとにオリジナルのお得なプランが多い印象。かしこく利用して少しでもお得に建てたいものですね。大差はない3つのメジャーメーカータマホームで「大安心の家」以上の商品を選ぶと、広めの1.5坪タイプのバスルームが標準となります。ユニットバスでそろえられているブランドはLIXIL...

 
 

30坪ならば間取りは3LDK、タマホームならこの様に決められています。タマホームは間取りが不自由で自由設計ではないという声も聞こえてきそうです。加えて30坪とは施工面積の広さを指しています。ますます、難しいことになりそうですが、、、。施工面積で定められた間取りタマホームは注文住宅・自由設計をうたっているわりに間取りに制限が定められており、いうほど自由ではありません。例えば、施工面積が30坪の住宅の...

 
 

タマホームの間取りには決まりがあり、40坪以上50坪未満の場合は4LDK。確かに40坪ならば効率的な間取りといえますが、自由度という点では難ありです。こういったことはタマホームだけではないとはいうものの、しばりが少し強すぎるのです。人が少ないからこそのハイコスパタマホームの住宅はコストパフォーマンスの高さで知られていますが、もちろんそれには理由があります。例えば、人件費の削減。契約以降は営業が全く...

 
 

タマホームの標準では無垢のフローリングは用意されていません。タマホームの標準はプリント合板のもの。【合板】と言われると、なんとなく安っぽく感じますが実は優れ物。外見は無垢フローリングと変わりませんし、耐久性も非常に高いのです。無垢フローリング=高価ではないキズが付いても味になるとか、歳を経るごとに味わいが出てくるとか、、、無垢のフローリングが人気です。やっぱり寝転がれる床って考えると無垢フローリン...

 
 

タマホームでリビングを考える場合、アイデアが出てくるのは、営業担当者からしか期待できません。ですから自分たちはどのようなリビングが欲しいかを、こちらから提案する必要があります。受け身では理想のリビングに成り得ません家族全員がくつろぐ場所、その家の象徴となるのは、やはりリビング。となると力が入るのは間違いありません。個性的なものにしようと、住宅雑誌などを参考にした上で、色々想像したくなるもの。タマホ...

 
 

ルーフバルコニーで心配なのは雨漏りですが、タマホームでは特殊な防水工法をルーフバルコニーなどで採用し、最も恐ろしい雨漏りの心配を軽減しています。加えて品確法に準じた10年保証がタマホームには付いていますから、心配する必要はないのです。コストがかかる屋上緑化の問題「ストップ地球温暖化」とかいって色々な手段を講じていますが、実際どの程度の効果が上がっているのでしょうか?各家庭では、自動車をハイブリッド...

 
 

タマホームは地盤と住宅、シロアリの虫害に対して10年保証を持っています。しかし、これらの10年保証は特別手厚いものというものではないようです。ごく標準、ムダなコストを省くというタマホームらしいものと考えられるでしょう。実は任意の地盤改良工事しっかりした家を建てるなら地盤から。どれだけ地震に強い住宅を建てようと、地盤がぜい弱ならば話になりません。しかし住宅の建築に不適切な土地というのは現実にあるもの...

 
 

タマホームで2000万円の予算ならば、相当快適な住環境の実現が可能。ただし2世帯同居となると少々難しい価格帯になってきます。しかし、同じタマホームでもグレードを下げるなど工夫をすれば、選択肢も増えてくるのです。2000万円で二世帯住宅も可能?タマホームの大安心の家だと坪単価は45万円程度、2,000万円の予算なら45坪の住宅が建つ計算になります。これならば4LDKから5LDKの間取りは可能ですから...

 
 

タマホームは価格によって、間取りがほぼ決まります。しかし、このことはタマホームに限ったことではありません。はっきりしているかしていないかだけ、価格で間取りが決まってくるのは、どのメーカーでも同じことなのです。★有名なタマルールというものがありますタマホームでは施工床面積に応じて、間取りが決まる仕組みをタマルールとして取り入れています。これだけ聞くと何とも自由度が低い、どこが自由設計だ!!と憤慨した...

 
 

タマホームで施工面積が35坪の住宅を建てると、間取りは自動的に3LDKになってしまいます。これはコストダウンの結果でもあるのですが、問題はイレギュラーな間取りをタマホームで希望する場合。35坪をワンフロアーで、こんなことはできるのでしょうか?建築士が少ないというタマホームの体制タマホームはコストパフォーマンスの高さで知られていますが、それを実現するためにおこなっているのが数々の企業努力。一番に挙げ...

 
 

タマホームの平屋の商品で、ガレリアートというものがあります。ビルトインガレージが標準で付く間取りはかなり個性的。これ以外の間取りで調べると、タマホームの平屋の坪単価は標準的な大安心の家とそう変わらないといいます。平屋の例としてあがるガレリアート商品ラインナップを増やし続けるタマホームですが、その中の一つに「ガレリアート」という異色の1軒があります。http://www.tamahome.jp/pr...

 
 

タマホームの価格は実際そんなに安くない?タマホームは、ローコストなハウスメーカーとして有名ですよね。しかし、値段が安くても、大手有名ブランドのハウスメーカーですし、実際に購入したご家庭は住まいに対してとても満足しているという意見が多く目立ちます。つまり、ローコストというよりも、コストパフォーマンスが良い住宅だといえるでしょう。具体的な価格を提示すると、タマホームの坪単価平均は45万円前後です。名の...

 
 

タマホームのメリットとデメリットタマホームのデメリットとメリットについて考えていました。メリットはやはり、価格ですね。大手ハウスメーカーで、坪単価20万円台で立てられるのはタマホームだけと言っても過言ではありません。ハウスメーカー自身でもローコストメーカーというところを売りにしています。デメリットは、安いからこそ、標準仕様の設備だけでは満足されないご家庭が多いということです。オプションを付け足しま...

 
 

タマホームで建てた家の結露状況タマホームはローコスト住宅で有名ですが、安い分、作りもそれなりなのだと思います。我が家のタマホームで建てた住宅、結構、結露が起きてしまうのです。他のタマホームで住宅を建てたご家庭に聞いても同じような回答が返ってきました。例えば、我が家の場合では、ほぼ全室の窓ガラスに結露が発生してます。特に寒い日は、玄関のドアにまで結露してることもありますし、ヒーターの空気が届かない階...

 
 

タマホームで自由設計はできる?タマホームには自由設計専門の「大安心の家」という人気シリーズがあります。これは、専門の営業担当者がついてくださり、ご家庭毎の敷地や予算などの条件に加えて、独自の過去の経験や施工数をもとに、家族構成などから検証して、様々な間取りを提案してくださいます。より家族それぞれの理想の間取りを設計することができたので、これは安心してタマホームのハウスメーカーにお任せできて、嬉しか...

 
 

タマホームのユニットバスの種類タマホームで選らべるユニットバスの種類は、標準仕様でもだいぶ多かったイメージです。ちなみに、選べるお風呂メーカーは、TOTO、INAX、日立の4メーカーでしたね。もちろん全て標準仕様なので、どのお風呂ブランドを選択したとしても価格は変わりません。また、昨日もどっこいどっこいなので、ご家庭の理想に沿ったお風呂をできるだけ選ぶというのが良いと思います。サイズも1620~1...

 
 

タマホームの無垢フローリングが気持ち良い!タマホームには、オプションで人気を集める無垢フローリングというものがあります。これが、普通のフローリングと全然違うのです!見た目がなめらかなのはもちろんですが、触り心地がとても気持ち良いのです。裸足でも、靴下を履いていてもその無垢フローリングの気持ち良さは体験できます。足先をつけた瞬間の心地よさは、体験した人にしか伝わらないと思うので、ぜひタマホームのショ...

 
 

タマホームの価格は安すぎて間取りが心配?タマホームはなんと、坪単価20万円台から住宅が購入できるため、価格的にはとてもお手頃だと思います。しかし、いくらお安くても間取りが微妙だと、購入者も満足ができませんよね。タマホームは、注文住宅の場合はほとんど購入者の理想に沿った住宅の間取りの設計が可能ですし、間取りの視点から見てもお安いからと言って何かがマイナスに働いていることがあるかと言えば、それはありま...

 
 

タマホームの注文住宅の価格は?タマホームの注文住宅の価格は、坪単価40万円から50万円といった相場価格設定になっているので、これは大変お安いコストになっていると思います。と言いますと、名の知れたブランドハウスメーカーの場合は、注文住宅の建設はどこもお高く、だいたい坪単価70万円ほどのイメージがあるからです。坪単価20万円の差といいますと、全然違いますよね。有名ハウスメーカーでは、坪単価40万円あた...

 
 

木麗な家の価格は大安心の家よりも安くて驚いた!タマホームといえば、大安心の家のが有名ですが、その価格を抑えたシリーズが誕生しました。ただでさえ、タマホームの大安心の家はお安いのに、もっとお安いのは驚きですね。具体的な価格は、坪単価40万円前後といった設定になっています。お安い分、機能性が決して劣っていることはなく、例えば住宅を建てる工事費や人件費を削っているわけでもないですし、気密性や耐震性が低い...

 
 

大安心の家の価格は?タマホームには大安心の家というシリーズがありますが、坪単価は約40万円という価格設定だそう。これは、タマホームの中では平均的な価格設定のシリーズだといえます。しかし、この坪単価40万円という数字は、オプションを含まない価格です。なので、もしオプションなどを加え、その他様々な諸費用を入れた総額を坪数で割った坪単価で計算すると約50万円ほどになることも少なくはないのです。そのため、...

 
 

大安心の家「暖」って?タマホームには、大安心の家というシリーズがあり、人気を集めていますが、このシリーズの中にはたくさんの商品があるのです。その中のひとつが「暖」と呼ばれるシリーズです。この「暖」シリーズは無駄なコストを抑えているため、コストパフォーマンスが高いのが特徴です。また、お安いと聞いてしまうと、機能性は大丈夫なの?と心配になってしまいますが、住宅の機能がとても高く、品質が良いのも特徴です...