無垢 床材 メリット

MENU
 このエントリーをはてなブックマークに追加 
床材に無垢材を選ぶメリットにはどんなものがある?

注文住宅を建てる際、床材は人工的なものにするか無垢にするかで迷う人は多いです。

 

無垢とは赤ちゃんや子どもを形容して使うこともありますが、余分なものを追加していないという意味です。

 

人工的に貼り合わせたものではないので自然の味わいが感じられるのが無垢の最大のメリットですね。

 

どの木を使うかによってその色合いや経年変化が楽しめます。

 

経年変化とは、時間が経つことによって木の色が変わっていくことです。

 

このタイプの木を選べば、長年住む家をじっくり楽しめますよね。

 

種類によって値段もまちまちなので、予算に合ったものを選べるのも嬉しいところ。

 

私なら、なるべくメンテナンスいらずの強い木を使った床材にしたいなと思います。

 

何十年もお世話になるのですから、無垢の良さをできるだけ長く感じていたいです。

 

かえでを無垢の床材にする時のメリット・デメリット

家の床材を無垢にするのは、機能性よりデザイン性を重視するタイプの人です。

 

そんな無垢にも色々な種類がありますが、かえでは傷がつきにくいことから人気です。

 

無垢を床材として採用する時のデメリットは、どうしても傷がつきやすいこと。

 

それを嫌煙して人工的に貼り合わせたフローリングを選ぶ人が多いので、かえでは傷に強く凹みにくいという特性がかなり嬉しいものとなります。

 

一方で、かえでは傷はつかないが汚れが付くと取れにくいという性質があります。

 

ダイニングやキッチンなどの床材をして使うとなれば注意したいところですね。

 

私なら汚さないという自信がないので、キッチンの作業場には長めのフロアマットを置きたいなと思います。

 

明るいイメージがかえでの特徴なので、それに合わせた家具選びも楽しみながらしたいですね。

 

無垢で人気の床材はくるみ!その理由とは?

くるみは、注文住宅で床材を決める際に人気の無垢です。

 

無垢にも色々な種類があるのに、どうしてくるみが人気なのかというと、その秘密は足触りの良さにありました。

 

冬には靴下にスリッパで室内を歩きますが、夏には素足で過ごすという人も多いでしょう。

 

そんな時、床の足触りが良かったらそれだけでもちょっと嬉しい気分になりませんか?

 

無垢にくるみを選択するならば、夏場には楽しみができますね。

 

また、広葉樹のくるみは傷に強いという性質もあるので、このことからも人気です。

 

本当は無垢が良かったけれど諦めた人の意見のほとんどは、傷や汚れがついてしまうことや、そのためメンテナンスが必要になることをマイナスと判断したものによります。

 

無垢の床材のデメリットを少しでも軽減できているくるみは、だから人気があるのだと思います。

 

床材を無垢にするとき、ナラを選ぶと良いのは何故?

注文住宅を建てる時、床材をどうするかで悩む人も多く、人工的なフローリングにするか無垢にするかは大きな問題です。

 

無垢はどの木を選ぶかによってもメリットやデメリットが変わってくるので、それぞれの特徴を捉えることが大切になってきます。

 

例えばナラだと、色合いはかなり明るいのでそれによって家具選びも相性の良いものを選ばないとインテリアがイマイチになってしまいます。

 

また、ナラは非常に硬い性質を持っているので、もし家の中に転倒しやすい子どもや高齢者がいるなら少し考えたいところではあります。

 

硬さが吉と出るような場所を選び、頑丈さを追求したいなら選びたい木ですね。

 

私だったらどうするかなと考えたところ、明るくて強いナラはキッチンにいいかもしれないと思いました。

 

使用する場所と人が問題ですね。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

注文住宅の総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事

 

今人気の無垢の床材は何?調べてみたら納得の結果に床材を無垢にして味わいを出したいという人の中で、人気の無垢はどんな種類なのでしょうか。無垢には汚れやすい、傷がつきやすいといった、生活を送るうえではデメリットになりえる要素をどうしても持っています。その中でも人気なのは、コスト的にも問題なく、かつ最もシンプルであるオークでした。これは強度や傷つきにくさなどにおいて、無垢の中でもバランスがとれた木です。...

 
 

無垢の床材の反りをなくす方法ってあるの?無垢を床材として採用した時に直面するのが、無垢材の反りです。床が反ってしまってはさすがに危ないですし、家の中で転倒してケガはしたくないですよね。この反りをどうにかできないかと調べてみたら、方法はありました。無垢材に塗膜と呼ばれるものを覆うのです。こうすることによって人工的に自然の木により反りを押し込めることができます。しかし、こうなると自然が売りの無垢の意味...

 
 

色味も大切!家具と合わせやすい無垢の床材を選ぼう家の床材に無垢を選ぶ人のうち、これは困ったぞという意見として多いのは、その無垢材の色が家具と合わせづらいというものでした。木によって色合いは様々で、明るい色もあれば大変濃い色もあり、また経年変化でだんだん色味が変わっていくというものもあります。これを考えると、インテリアを重視する場合には家具選ぶが大変ですね。家具を引っ越しと同時に移動させて使う予定で...

 
 

どんな種類があるの?話題の床暖房が気になりすぎる住宅環境の居住性能を良くするのに一役買ってくれるのが、今流行りの床暖房。もちろん気温が暖かい地域などでは必要ないと感じますが、家族に冷え性の方がいるご家族などは床暖房はかなり重宝するのではないかと感じています。実は話題の床暖房、今や種類が結構豊富にあるのです。電気式、温水式、ハイブリットタイプや灯油燃料のものなど、居住空間に合うように、各社思考を懲ら...

 
 

家具には気を付けて。床暖房が家具に与える影響近年の新築、リフォーム等でよく耳にする床暖房は最近の住宅にはマストアイテムに変わってきました。もちろん住宅の設備費は居住環境によって変わりますし、必要のない地域も確かにありますが、日本は一年の3分の1は、寒い、肌寒いと感じる国ですので、床暖房の選択はあながち間違ってはいないと個人的には感じます。特に心配になるのが床暖房をつけている時の温度や設置家具への影...

 
 

広葉樹の濃い色が無垢の床材の雰囲気を醸し出す広葉樹か針葉樹か、無垢を床材に用いる時にはどちらにどんなメリットがあるのか気になるところです。そこで今回は広葉樹に注目してみます。広葉樹の特徴は、濃い褐色系を含むものが多く、そのほとんどが重いです。そのため、硬くて頑丈な床を作りたい時には広葉樹が向いていると言えます。濃い色ということなので、リビングやダイニングという家族の共有スペースよりは、書斎などの個...

 
 

高級な無垢を床材として利用するだけの価値はあるのか無垢を床材に使う時、それぞれの樹種によって価格は変わってきます。高級なものだと、1㎡あたり2万円ほどするカリンだったり、同じような値段にチークもあります。カリンなら防虫効果があるので無垢でも虫が寄り付かないことはメリットですし、チークのように世界三大銘木を使っていると思うと気分が良いです。しかし、それだけの価値があるかどうかはしっかり判断しておかな...

 
 

無垢の床材の張り方には十分注意しないといけない!素人がDIYで床材を、しかも無垢を張り替えるとなりと、その張り方には十分注意しないと業者にやり直してもらう羽目になります。無垢の難しい所は伸縮することです。よって、その伸縮を予想して張らなければならないのです。どの樹種を使うかによっても隙間を開けた方が良いのか、そんなに気にしなくて良いのかが変わってきます。基本的には接着剤と釘の両方を使って張っていき...

 
 

無垢をよく知るメーカーを比較して床材を決めたい無垢を扱うメーカーは多々ありますが、そのうち床材にも使えるもので有名どころと言えばどこになるのでしょうか。調べてみたところ、無垢材を扱っている中で有名なのは「マルオン」や「WOODONE」というメーカーでした。どんな樹種がおいてあるのかも知りたいなと思っていたところ、サンプルを送ってもらうことが可能ということなので、これは利用するしかないと思いました。...

 
 

床材に無垢を採用する時に知っておきたい欠点家作りをするとなればよく耳にすることになる「無垢」は、床材として人気の高いものです。人気の理由は、フローリングとは違うそれぞれの樹種による個性が味わえることや、冬でも床が冷たくないとなどの特性が手に入るからです。ここは大きなメリットなのですが、その反面大きな欠点もあります。まずは水に弱いというところ。掃除をする時にも水拭きがダメなくらいなので、水回りに無垢...

 
 

白を基調とした床材なら、無垢の樹種選びが大切家の床は木を使用していると、大体茶色を主としたものになります。フローリングもそうですし、一般的には茶色の薄い・濃いで選ぶことになっているハウスメーカーもあります。そんな中、無垢を使用することで白を基調とした床材を手に入れることもできます。樹種によってはかなり濃い色のものもあるのですが、反対に白っぽいのは広葉樹のナラです。ナラは無垢の中では傷に強く、そのた...

 
 

床材選びは無垢とフローリングを比較して決めたい無垢の床材はメリットもあるものの、フローリングと比較するとデメリットも目立ってしまいます。ならば、それぞれ無垢とフローリング、どちらが良いかは部屋によって変えるのが得策ではないでしょうか。例えば、寝室という動きが少なく静かな空間には、傷に弱い無垢を使用しても問題なさそうです。水を使う場所でもないので、耐水性がなくても安心ですよね。反対に、水を使ったり椅...

 
 

賃貸でも無垢の床材が欲しい!どうすればいい?賃貸マンションやアパートに住んでいると、無垢の床材がいいなと思ってもリフォームできなかったりしますよね。そうなるとやっぱり持ち家はいいなという感想になってしまいますが、もしも賃貸で無垢材が使われていたらメンテナンスが頻繁に入ることになるでしょう。自分の部屋だけなら我慢できるかもしれませんが、お隣さんや上の階の人が床材を張替えしていたらちょっと騒音が気にな...

 
 

無垢を使った床材を自力で補修することは可能?メンテナンスが大変だという無垢の床材ですが、実はやろうと思えば自分で補修ができるのです。そのためにはノウハウがいるので、できれば補修することを視野に入れて、ハウスメーカーの営業マンなどにその無垢の補修方法を教えてもらっておくと良いでしょう。樹種にもよりますが、もし凹みが生じてしまった場合にはこんな対策法があります。まずは水を染み込ませたいので、それを塞い...

 
 

床材が無垢だと、メンテナンスが大変になることを覚悟しよう新築に無垢の床材を採用したならば、フローリングよりもメンテナンスが大変になることを覚えておかなければなりません。フローリングなら傷もつきにくいため、ほとんどメンテナンスは必要ありません。ところが無垢の場合は、自然を活かした作りであることから、塗装やコーディングをしていないと反りが出てしまったり、節からひび割れができることがあります。こうなった...

 
 

床材を無垢にするならどんな選び方がいいのか家を新しく建てたなら、床材は無垢にしようと決めている人もいます。その場合、どのような選び方をしたら後悔しないのかというのは気になるところでしょう。無垢材の共通しているところは繊細で傷がつきやすいということなので、これ以外の要素で選ぶのはどうでしょうか。例えばこんな条件があります。耐久性が高く硬い、柔らかくクッション性がある、防虫効果、断熱性、経年変化がある...

 
 

赤褐色が美しいカリンの無垢!床材として使いたい無垢の中には高価なものもありますが、そのうちの1つがカリンになります。これは床材として使用すると、1㎡あたり2万円もする高級な無垢材で、どれも高いものが多いです。予算に余裕があるなら使用したいなと思うものの、家の床全部をカリンに統一するとなるとかなりの額になってしまいます。寝室だけにするなどの工夫で取り入れられるかもしれませんね。カリンは赤褐色という色...

 
 

無垢をウレタン塗装することで床材に起こるメリットとは床材を無垢にするならば、一度考えたいのは塗装のことです。自然塗装やウレタン塗装があり、これらを無垢材に施すことによって天然の無垢の耐久性をあげたり、耐水性を持たせることが可能になります。よって、水回りは向いていないと言われていてもキッチンや洗面所に無垢材が使えるようになるので、使用できる幅が広がります。ウレタン塗装は生活する上で大変便利な塗装なの...

 
 

種類で選ぶ床暖房。効率的なのは温水式?電気式じゃダメなの?最近の住宅に設定されることが多くなった床暖房。実はまだまだ導入率が少なく全国でも一割ほどの住宅にしか設置されていません。そもそも床暖房には温水式の床暖房と電気式の床暖房と設備が別れています。電気式の床暖房は床下に電熱式のプレートを敷き詰め、温めていく方式で全て電気で熱し床を温めていきます。電気の特性として熱交換が一番エネルギーを使うので、電...

 
 

オール電化にするなら電気代が気になる。床暖房はいくらかかる?今や空前のエコブーム。住宅はもちろんの事、生活のあらゆる物、事がエコになってきています。エコを意識しすぎて、まだ利用できる物を買い替えるのはエコではないのではないかと唱えた人も現れるほど。確かにそうではありますが限りある資源、大切に使用しなくてはいけないのは事実。住宅で言うと、近年ではオール電化住宅が流行っています。中でもガスと電気を併用...

 
 

便利な床暖房も消し忘れると大惨事に?頼れる安全機能は?寒い日本の冬に暖房器具は欠かせません。エアコンにヒーター、こたつに床暖房など、寒い日本だからこそ、各社電機メーカーは暖房機器を多く販売しています。近年多いのは床暖房。以前は電気カーペットなどで、床を温めていましたが、床下に温熱機能を備えた床暖房が見栄えも暖かさもひと際良くなっていると注目されています。もちろん、他の電気製品の様に、消し忘れにも安...

 
 

便利な床暖房にはデメリットも。欠点があるとすれば何?人気の床暖房を導入する新築、リフォーム住宅が圧倒的に増えています。足元が暖かくて、全面床暖房にすると他の暖房器具がいらないとまで言わせる程。もちろん人の作りしものなので、もちろんメリットもあればデメリットをもつ側面もあります。床暖房の欠点と言えば、点けっぱなしや消し忘れてしまうなどの欠点ももちろんありますが、一番人的に被害があるのは低温やけどなの...

 
 

床暖房にも個別に保証があるの?期間はどのくらい?暖房機器として最近最も注目を浴びている床暖房。床を温める事で、部屋自体を暖め、体感温度を上昇させてくれます。もちろん範囲によって温まる時間が違いますから、導入する範囲によって寒さも変わるという事になります。暖房を使用する際外はかなりの寒さになりますので、もし故障なんてしたら大変です。大手メーカー、ダイキンを例にすると床暖房は設置から10年が保証の対象...

 
 

メンテナンスは怠れない。寒い時期に備える床暖房寒い冬に備えて住宅にも備えておいた床暖房が起動しない、なんてトラブルを防ぐため、メンテナンスは怠れません。特に床下に温めた水を通す、温水式と言われる床暖房は要注意です。近年発売されている温水式床暖房器のほとんどは、温める溶液に不凍液という凍らない水分を配管内に通しています。ですがこの不凍液、凍らないものの少量づつ蒸発し量自体は目減りしていくのです。不凍...