給湯器 価格 相場

MENU
 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
給湯器の相場はいくら?価格には大きな差がある

お風呂の給湯器はどんな商品が人気なのかを調べてみると、ランキング1位はノーリツのエコジョーズが取り入れられたフルオートでした。

 

これで約7万3千円というからお得な方だと思います。

 

安さを追求するならフルオート機能はなしで、追い焚きもなしとすれば安くはなります。

 

それでも最新式で7万円台はなかなかやるなと思いました。

 

というのも、2位に食い込んだ三菱電機のエコキュート、フルオートダブル追い焚きの価格が約16万6千円だったからです。

 

2倍以上もの値段であるにもかかわらず2位なのは、それだけ機能が良いからでしょう。

 

光熱費削減に貢献してくれるので、長い目で見たらコストパフォーマンスは高いのではないでしょうか。

 

給湯器そのものの価格も大事ですが、これから先のことを考えると高くても良いように思えます。

 

給湯器の買い替え、工事費の価格は3~4万円

ガス給湯器は、エコキュートよりも数倍安く購入できることから、エコキュートにして本当に安くなるのかと疑問視する声もあがります。

 

これはオール電化にしているかどうかにも関係があり、場合によっては年間5万円程度お得になることも!

 

だから初期費用が高くても、使えば使うほどガス給湯器よりお得になっていくのです。

 

自分の家の仕組みに最も良い組み合わせを選ぶことで家計に優しい給湯器となるので、メーカーとタイプはよくよく考えた方が良いでしょうね。

 

迷ったら、家を建てたハウスメーカーに気軽に相談してみたり、もともとの給湯器を最初に設置してくれたメーカーに問い合わせてみるのも良いでしょう。

 

そこでなら事情を知ってもらえているので、話せば最適な給湯器の価格がわかります。

 

大事なのはランニングコストかもしれません。

 

お風呂の給湯器の価格はメーカーによって倍以上違う

オール電化で給湯器を使っているならば、地域によって年間の電気代が安くなる可能性があります。

 

都市ガスの地域だと年間20,300~25,300円、LPガスの地域なら年間52,600~56,600円ほど安くなるという情報もありました。

 

年間で5万円も安くなったら、その家に何十年と住み続ければかなりの電気代削減になります。

 

最新型給湯器だと、今なら三菱電機やパナソニックのものが大手で人気です。

 

初期費用はかかってしまうものの、最新型でも7万円ほどで購入できるものもあるので元は数年でとれてしまいます。

 

本体だけでなく工事費も必要なので、本体価格に3~4万円プラスした価格を初期費用と思っておきましょう。

 

給湯器次第で月々の電気代が節約できるなら、選ぶ際に妥協はできないなと思いますね。

 

ハウスメーカーなどに家の仕組みと相性の良いものを探してもらいましょう。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

注文住宅の総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事

 

オール電化なら給湯器の価格は使うほどに安くなるかもノーリツは給湯器価格が安いのが売りで、一戸建て用の商品も多く売り出しています。まずはタイプから選ぶことになるので、公式サイトで自分の家の給湯器がどの種類かを確かめましょう。屋外壁掛けタイプや屋外据え置き浴槽一つ穴タイプ、屋外据え置き浴槽二つ穴タイプ、屋内壁掛けタイプ、そして風呂釜タイプがあります。このうち該当するものをチェックすれば、そこから商品が...

 
 

東京ガスの給湯器は見積もりで正しい価格を知ろう屋外に設置するタイプの給湯器の売れ筋ランキングをチェックしてみると、エコタイプはついているものは全てエコキュートかエコジョーズでした。上位に来るのはオートまたはフルオートで、機能としては最新型のものが多いです。その中でも群を抜いているのがノーリツで、様々な種類がランクインしています。リンナイも5万円以内におさめてくるなど安いものはあるのですが、ノーリツ...

 
 

エコジョーズとは?人気給湯器の価格は7~8万円給湯器を調べると、エコジョーズやらエコキュートなど、似た言葉がたくさん出てきて混乱してしまいます。ここでは、そのうちの1つ、エネファームについて少し解説をします。エネファームは、「家庭用燃料電池コージェネレーションシステム」のことを指します。これは燃料電池とコージェネレーションをミックスして作られたという意味で、他のエコ〇〇と同じ省エネタイプでも、その...

 
 

東京ガスの相談窓口、エネスタで給湯器の価格を相談できるエコウィルは、エネファームと似て非なる給湯器の省エネの仕組みです。家庭用ガスコージェネレーションシステムというのがエコウィルの別名で、エネファームは燃料電池を利用しているのに対し、エコウィルはガスエンジンを使ってエネルギーを発生させます。価格は70万円前後と書いているサイトもあるのですが、ちょっと高め設定かもしれません。エコウィルは本田技研工業...

 
 

種類別の価格も明記しているカインズの給湯器カタリナは給湯器の販売も行う会社ですが、給湯器というより熱交換装置と言っているようです。そして商品に関する情報が少なく、写真を見ても家庭用とは思えない工場で使うようなものが多くありました。ステンレス製熱交換式給湯装置、EX-MBシリーズという小型のボックスタイプを見つけたのですが、こちらは価格の欄に何も書いてありませんでした。詳しいことはお問合せくださいと...

 
 

給湯器の価格、最安値は5万円以下!どこのメーカーがオススメ?給湯器は新品しか買えないというイメージがあるかもしれませんが、新中古という形で同じ型が少し安く買えたりもします。大手の楽天市場でもたくさん売っており、例えばノーリツの16号なら57,024円です。給湯器の価格はピンキリで、給湯専用だと新品でも5万円しません。逆に、暖房乾燥機などの機能がついていたり、エコキュートなどの省エネ設計になっている...

 
 

タカラの給湯器の価格は他より少し高め設定?タカラスタンダードの販売する給湯器は、スイッチ1つで行える全自動タイプもありますし、そこまでの機能はなくても良いというバイアは安くて機能ダウンしたものもあります。エコキュートは今時の省エネ設計ですが、これの一例を見てみると425,600円でした。通話型コントローラセット価格で、税込みだと459,648円になります。標準コントローラセット価格なら413,60...

 
 

都市ガスが動力の給湯器を選びたいが、価格はピンキリ給湯器を買い替えるなら、都市ガスやプロパンガスを動力とするものが主になります。現状、最も売れているものの多くはこれらを動力としており、給湯器のシェア比率が高いノーリツやリンナイも多くの商品を出しています。家族構成、人数によって適切なものを選びたい号数、そして給湯機能だけでなく暖房乾燥機やフルオート機能など、他の機能が付いているかどうかで価格は変わり...

 
 

日立の給湯器の価格は良心的?他メーカーと変わらないタンク容量が大きくて、フルオート機能がついている日立の人気給湯器は248,000円です。もし日立の給湯器への買い替えを検討しているなら、この値段を目安にしてみましょう。この商品はエコキュートとなっており、「ナイアガラ出湯」というのがなかなかおしゃれなネーミングです。一番人気だそうですが、2位の給湯器の価格は162,500円なので決して皆さん安さで選...

 
 

床暖房対応の人気給湯器の価格はおよそ12万円台床暖房と給湯器ってあまり結び付かないような気もしますが、床をどのように暖めるかによっては大いに関係があるのです。もし、温水で床を暖めるとすれば給湯器の役割も理解できますよね。この方式を採用しているハウスメーカーで家を建てるのであれば、床暖房に対応している給湯器を選ぶ必要があります。リンナイやノーリツでそれにマッチする商品を調べたところ、やはり人気を独占...

 
 

ユメックスの給湯器はもうない!買い替える時の価格は?給湯器でユメックスとはもう聞かなくなってしまいましたが、これは以前ガスターが売っていた商品です。今はガスターが撤退したのでリンナイが後を継いでいます。ユメックス、もといガスター製品の給湯器を使用しているならば、買い替えだと他のメーカーにものになります。業者によって品揃えが違いますが、ノーリツやリンナイを始め、パーパス、パナソニックの4つから選べる...

 
 

ダイキンの給湯器、価格は他メーカーに引けを取らないダイキンで売れている給湯器のトップ3を見てみると、価格ドットコムのランキングに入っているメーカー全ての中だと、1位から順に19位、37位、87位でした。給湯器を販売しているメーカー内ではいまいちな位置ですが、有名メーカーなので性能は悪くはないと思います。フルオート機能付きのエコキュートで、全て20万円台という価格です。まずまず良心的な値段だと思いま...