新築一戸建て 見学 ポイント

MENU

新築一戸建てを実際に見学の際は、ポイントを押さえた見極めを!

検討中のメーカーで大丈夫か、その確認にも見学は必要。

 

実際の一戸建てを見学する、そのメリットは大変大きいものなのです。

現地見学会への参加のすすめ

どこのハウスメーカーに頼もうか、ある程度候補をしぼったら、次は「現地見学会」に足を運ぶことになります。

 

どれだけカタログやネットで情報収集しても、実際に見るのと見ないのでは大きな差があります。

 

そして、ポイントを理解していないと、どこを見ればよいかわからないでしょう。

 

しっかり現物を見て目で情報を集め、ハウスメーカー選びに活用してください。

 

まず、現地見学会は大きく分けて2つにわかれます。

 

・構造見学会
・完成見学会

 

構造見学会ではモデルハウスなどでは目にすることのできない、基礎や家の構造、金物と呼ばれる補強材などを見ることができます。

 

骨格が大切なのは人も家も同じ。

 

耐震性などの安全を請け負うのは、普段は隠れている構造の部分なのです。

 

自分の目で見て、メーカーの担当者にも質問をして疑問を解決することが大切です。

 

モデルハウスにある落とし穴

完成見学会は完成した家を見ることができます。

 

これならば、モデルハウスでも見ることができるし……というのは、大きな間違い、落とし穴です。

 

モデルハウスはいかにも購買をうながすようなしくみがたくさんなされています。

 

標準のものではなくて、グレードを上げてあったり、オプションが使われていたりするのです。

 

モデルハウスでほれてしまい、同じ仕様にしたら予算を大幅に超えてしまった、とか標準の使用にしたら、あまりにも貧弱。

 

こういった話はよく聞きますので、実際に建てられ引渡しされる家を見ておくことは、非常に大切なのです。

 

構造見学会、気になるポイントは?

さて構造見学会で見ておくべきポイントは、仕事と現場がきれいかどうかです。

 

丁寧な仕事かどうか、現場が整理整頓がなされておりゴミの散乱がないかぐらいならば、予備知識がなくても判断できますね。

 

あとは同行してくれるメーカーのスタッフに、質問をしてみます。

 

金物の役割、耐震で役立つ部分は、シロアリが心配なんだけど、床下の換気の仕組みは?

 

また、自分の中で競合しているメーカーがあるならば、そこに対する強みなども聞いてみるとよいでしょう。

 

その対応でメーカーの企業体質、信頼性がわかるはずです。

 

また完成見学会では、仕事が丁寧さはもちろん使われている設備のグレードや壁紙、フローリングを確かめておくのも大切です。

 

現地見学会は、メーカーの現実を知るうえでとても参考になるので、ぜひ利用してください。

 

事前の予約電話をするのは忘れずに。

注文住宅の総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。

新築一戸建ての見学のポイントに関する記事一覧

 

家を考えるときに新築の一戸建てにしようかマンションにしようか悩ましい所です。両方ともメリット・デメリットがあり、一概に一戸建てがいいとかマンションがいいとか、いい切れないのもつらいところ。両者を比較することが大切ですね。マンションの大きなメリット立地、間取りなど同じ予算で一戸建てとマンションを比較すると、どうしてもマンションの優位性が際立ちます。大手デベロッパーが手がけているマンションとなると、都...

 
 

モデルハウスはハウスメーカーの発表の場、実際の家と少し違いますが、そのメーカーの理想とする家作りをみせてくれます。これから建てる新築一戸建てのお手本としても、非常に役に立つモデルハウス、できるだけ多くを周ってみましょう。住宅展示場へ足を運ぼう結婚してずいぶんたつし、そろそろ子供もほしくなってきました。計画していた頭金もできたし、そろそろ新築で一戸建てを検討しようかな。でも、どんな家かいいだろう、安...

 
 

建売の住宅は人員の効率化、標準化された建材を使うなどコストダウンがしやすいので、お買い得な物件が多いのが特徴です。新築一戸建てを検討中なら、ぜひ建売も候補に入れてください。コストパフォーマンスの高さなら、注文住宅ではかないません。意外な落とし穴、建売住宅建売住宅ほど素晴らしいものはありません。なんといっても、お買い得です。間取りに大ハズレがありません。ところが、意外なところに落とし穴がありますので...

 
 

新築一戸建てを探すには、まず希望をはっきりさせること。ここでは代表的な住宅地を2例あげてみたので、希望をかなえるにはどちらがよいか考えてみてください。そして、希望の優先順位をつけること。妥協すべき点は妥協することも大切です。魅力的な大規模分譲地新築一戸建てを探そうとなった場合、候補に挙がるのが大規模分譲地。山などを切り開いて数10、数100といった建売り住宅が並びます。大規模分譲地の魅力は、住宅の...

 
 

せっかくの新築一戸建て不具合が見つかったら、こんなにさびしいものはありません。内覧会は不具合や仕上がりをチェックする最後のチャンス。新居での生活のためにも、ぬかりなくチェックしましょう。誰が悪いか不明なものはトラブルに家の不具合は引渡しの後でも直してもらえるもの。実際ある程度はそうなのですが、直してもらえなくてトラブルに発展するケースはよくあります。たとえば壁紙や床、柱などのキズ。引っ越しや家具の...

 
 

新築一戸建て購入時、見学のポイントを知っておきたい家を買うにあたり、参考になる家を見学しておこうと夫と話をしながら、通勤しています。子供たちの学校に配慮した地域で不動産屋さんに見せてもらうことにしました。大体10件ほどの見学をすることができました。見学のポイントとして、不動産会社の方にも聞き、生活の利便性を見るために周辺の地図の用意、デジカメ、メモ・ペン、メジャーを用意して行きました。生活の利便性...

 
 

新築一戸建ての家の外観デザインをおしゃれにしたい新築一戸建ての家を建てるにあたって、外観を野暮ったくしたくないので外観デザインを見て今研究中です。実際に見て外観デザインが素敵な家を探して、じっくり見て回っています。外観デザインが良いと思う家は、屋根のデザインと窓の並び方デザインにあるように思います。また、外壁やサイディングにも個性が出ていておしゃれだを思える家があります。雨や太陽の力でセルフクリー...