古河林業 評判

MENU

古河林業の評判を本音を交えて徹底的に検証してみて分かったこと

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
古河林業の評判をネットの口コミからチェックしてみた

木造軸組工法の家を建てる古河林業の評判をチェックしてみると、対応は良いけれど提案力に欠けるという声を多く見ました。

 

ハウスメーカーの評判は、その担当者によって大幅に変わるのだなと思ったので、古河林業は比較的丁寧に対応してくれる人が多いのが良い点です。

 

たとえできないものがあっても、それが何故できないのかをしっかり説明してくれるという口コミも見ました。

 

提案力に欠けるというのは、こういう家が良いなというイメージがなかなか伝わりづらいことがあるという記載からわかりました。

 

相手から何かアドバイスを待つのではなくて、こちらが建てたいという家のイメージがあればスムーズに行くように思います。

 

完全自由設計で商品も1つしかないために、提案するというのは慣れていないのかなという印象を受けます。

 

口コミから分かった古河林業の長所、短所

古河林業の口コミからわかるのは、皆さん木のぬくもりを大切にしているということです。

 

古河林業には、大黒柱を自分たちで選べるという面白いツアーがあります。

 

これが楽しかったという口コミがあり、家作りはプロに任せるものの、自分もそこに参加しているという実感が持てたという声には他のハウスメーカーにない満足度がうかがえました。

 

こういう家にしてくれと口で言うだけでなく、こういう参加型のイベントがあるのは家が出来上がるまで楽しみが続きそうです。

 

一方、悪い口コミには安いだけのものしか作らないというものもありました。

 

実際住んでみると木造だから夏には熱がこもり、エアコンを稼働させるのに光熱費が高くつくという意見も。

 

家は安くついても、その後の光熱費を考えると長期的に暮らすには不向きな地域もあるのかなと思いました。

 

満足度は高い?古河林業で家を建てた人の本音

古河林業の全体的な満足度を取ればどんなデータになるのでしょう。

 

ハウスメーカー自体は良い評判や口コミしか載せないので、本当のところのリアルな声をまとめたデータは気になります。

 

その声を聞くのに良いのはやはり口コミ情報ですね。

 

どのハウスメーカーでもそうなのですが、ざっくりと見ていつも思うのはどこも満足度が低く、悪いところを書き連ねているところが多いなということです。

 

満足行かなかったことに対する不満はどこかに出したいからかなと思うのですが、これだとどこに家を建ててもらっても決して満足いかない気がします。

 

もちろん良い口コミもあるのですが、意見が二極化しているというのが特徴的です。

  • 安くて地震にも耐えてくれたデザインも良い!
  • 安いだけの設備で担当者が・・・・・・だった!

どちらの意見も本当なら、これは個人が感じる差が大きいと言えるでしょう。

 

坪単価は40万円~70万円と、幅の広い古河林業

どこのハウスメーカーに家を建ててもらおうかと決める際、真っ先に見るのは自分たちの稼ぎで支払えるのかという目安になる坪単価ではないでしょうか。

 

古河林業の坪単価は幅が広いのが特徴で、40万円~70万円だという記載がありました。

 

これは、商品展開がほとんどない自由設計で建てられることが大きく影響しているのだと思います。

 

よって、安く作ろうと思えばそれもでき、高級な素材をそろえることもできるわけです。

 

だからターゲット層となるのは若い人からお年寄りまでで、その収入も様々です。

 

比較的安いというコメントが多いので、若干安さ重視の人からの支持が厚いのかなという印象を持ちました。

 

古河林業が何故安い家を提供できるのかを調べてみると、自社一貫管理ができるからだとありました。

 

確かにこれならコストカットに貢献できそうですね。

 

自由設計の家が欲しいなら、こちらから提案しやすい古河林業

古河林業は、自由度が非常に高い注文住宅を建てられるハウスメーカーです。

 

家は自分たちの意見を通したいというのであれば、古河林業は良い仕事をしてくれるでしょう。

 

自由度が高いということで、特別こういう商品はどうですかというものがなく、ナチュリーというものが1つあるくらいです。

 

その他は自分たちの要望をできる範囲で通してくれるため、こちらからの提案がしやすいです。

 

特徴的なのは、社名に林業と付いているくらいなので、木をふんだんに使った家作りをしていることです。

 

構造は木造軸組工法になっているのですが、通常の木造軸組で使う木の1.5倍を使っているというから、その頑丈さもうかがえます。

 

木材を意識した自由設計の家作りをしたいなら、古河林業は視野にいれておきたいハウスメーカーだと思います。

 

住宅価格は高め?古河林業の坪単価は幅広い

歴史のある古河林業で住宅を作る場合、その価格は坪単価を参考にして計算できます。

 

ただ、古河林業は坪単価が40~70万円と幅が広く設定してあり、商品があるわけでもありません。

 

一つ、ナチュリーという商品がありますが、これ以外は基本自由設計なのでその設計によりけりなのです。

 

ローコストハウスメーカーが提示する坪単価が30万円あたりなので、それよりは高い金額となるところを見ると、ハウスメーカーとしては中間から高めの設定と言えるでしょう。

 

木造軸組工法で価格が高くなるのは、使っている柱にこだわっていることや、その数が一般的なものより多いことにあるのかもしれません。

 

高温多湿の日本の住宅としては木材を使う工法は相性が良いと言えるので、和風テイストの家を作る場合には視野にいれておきたいハウスメーカーですね。

 

アフターサービスは60年という長期サポートが特徴的

アフターサービスも込みで選びたいのがハウスメーカーです。

 

古河林業では、60年の長期サポートと、24時間のコールシステムがあるのが特徴です。

 

60年のサポートというのは確かに他のハウスメーカーと比べても長いので、一生面倒を見てもらえるということになります。

 

30歳で家を買ったとしたら、ほとんど死ぬまで家は見てもらえますよね。

 

24時間コールシステムというのは、使ってみた人の感想があったので読んでみました。

 

当たり前ですが、深夜に電話をかけても音声ガイドがあるだけで、対応は営業時間内になるとのことでした。

 

これならあまり24時間にする必要もないように思ったりします。

 

ただ、個人的に良いなと感じたのは台風が来た時に設けられる「台風対策本部」です。

 

家の不具合があれば台風時に待機していてもらえるので心強いでしょう。

 

10年目、古河林業の有償メンテナンスは受けるべき?

60年の長期サポートシステムがある古河林業ですが、保証とは書かれていません。

 

一応法律上では10年保証までが定められているので、ここはしっかり守っています。

 

もしこの期間を延ばしたければ、10年目に有償メンテナンスを行うことで保証が20年に延びると知りました。

 

しかし、個人的には家は長い間丈夫に建っていてくれるので、家の寿命を考えれば20年の間は比較的何もなく過ごせると思います。

 

だから、メンテナンスが高頻度で必要になってくるのは20年目以降です。

 

ここが商売の上手いところで、あまり不具合がない時期に保証をし、それ以降は保証してもらおうと思うとさらにお金が必要だったりします。

 

私なら、とりあえずの有償メンテナンスは受けておこうかなと思いますが、20年であれば何事もなく済んでいくように思います。

 

点検頻度はどのくらい?古河林業のアフターサービス

古河林業で家を建てると、プロが無償の点検を定期的に行ってくれます。

 

その頻度は6ヵ月後、2年後、10年後、15年後、20年後となっており、最初だけサイクルが少し早くなっていますね。

 

その後は5年おきになっています。

 

家の点検をして実際にメンテナンスが必要だということになるのは相当時が経ってからになるので、最初のうちは不具合がないか確かめる程度だと思って良いでしょう。

 

むしろ、そんな短期間でメンテナンスが必要な家なら建てたくないでしょう。

 

地震の多い日本では耐久性の高さをアピールしていないハウスメーカーなんてないくらいなのに、そこでメンテナンスが入ればそれが嘘とも捉えられます。

 

ただ、やはり点検はないよりあった方が良いので、来てもらった際には気になる点を全てみてもらうべきだと思います。

 

木に包まれた家にしたいなら、自社林も持っている古河林業がオススメ

古河林業は木造軸組工法で住宅を作るハウスメーカーです。

 

個人的にここがすごい!と思ったのは、古河林業が持っている自社林が全国に3か所あることです。

 

そして、ツアーでそこに行くことができ、大黒柱を自分で決められるというのが魅力的でした。

 

これなら家を建てるのはプロでも、提案して柱を選んだりと、自分たちができることが多くて嬉しいなと思いました。

 

ツアーに参加することで、住宅が出来上がったときにこの柱は自分で選んだのだと実感できるのは嬉しいところです。

 

通常の木造軸組工法で建てる住宅の1.5倍の木材を使用しており、一つ一つの柱の太さも太いとのこと。

 

これなら木にこだわれるので、床も無垢材を使って自然と一体化できるような家作りができるでしょう。

 

木ならではの暖かさに包まれたい方には、オススメできるハウスメーカーであることは間違いありません。

 

私も、古河林業さんは、注文住宅を建てる際のハウスメーカー候補に入れています。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

注文住宅の総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事

 

https://www.furukawa-ringyo.co.jp/tenjijyo/edogawa.html江戸川にある古河林業の展示場の豪華さは必見!古河林業の家を実際に見てみたいなら展示場に行ってみましょう。ネットや写真で見るのとはまた違い、自分の目で確かめてみると抱く印象が異なるはずです。新しい家のにおいであったり、太陽光で変わる色合いや素材の風合いを楽しむことができます。東京では、23区...

 
 

千葉県にある古河林業の分譲住宅情報を見てみた千葉県佐倉市にある古河林業の新築分譲住宅一号棟には、約33坪の家が建っています。税込みで3505万円となっています。外観で最初に目につくのは、駐車場スペースより1mほど高くした生垣のようなところがあり、その上に家が建っていることです。高低差があることから、実際の土地の広さよりも広く感じられるのではないでしょうか。ただ、玄関に行くにはそれだけ地面からの段差...

 
 

古河林業の標準仕様キッチンは見劣りする?古河林業の標準仕様のキッチンは見劣りするという口コミがあります。人にもよるのでしょうけど、ショールームに行ったらもっとグレードの高いものが気に入ってしまったということも珍しくないのだとか。キッチンは毎日使う場所なので、多少の贅沢はしても損はないと思います。だから、もしお気に入りのキッチンを見つけたら、そのメーカーと商品名はひかえておきましょう。予算に余裕があ...

 
 

価格を操れる古河林業mその秘密は自由設計にあった一般的に、ローコストハウスメーカーと呼ばれるようなところの坪単価は30万円くらいなので、例えば40坪の家を作ったとしたらその本体価格は1200万円となります。古河林業の場合は、坪単価は安くて40万円、高くて70万円ほどなので、ターゲット層が広いのが特徴です。所得が低い年齢でも坪単価40万円に抑えれば住宅ローンもそこまで苦にはならないでしょう。逆に予算...

 
 

木造だからこそ断熱にも力を入れる古河林業快適な家は総じて断熱がしっかりしています。四季があり、夏と冬との寒暖差が非常に激しい日本では、断熱性が家の快適さに直結していると言っても良いでしょう。古河林業ではどんな断熱仕様をしているのかを調べてみたところ、グラスウールの約1.3倍の断熱性を誇るロックウールが使われていました。また、1階の床にはポリエチレンを使用しています。木造の家というとエアコンが効きに...