外断熱 内断熱 価格

MENU
 このエントリーをはてなブックマークに追加 
外断熱と内断熱、価格的にはどちらが安いの?

家を建てるなら誰もが良い機能で安い方が良いはずですが、断熱性を高めることを考えると、価格的には外断熱と内断熱、どちらが良いのでしょうか。

 

日本で一般的に使われることが多いのは内断熱の方です。

 

こちらの方が、外断熱よりも価格がかなり抑えられるからです。

 

よって、初期投資のことを考えるのであれば内断熱の方が良いと言えますね。

 

この方法を取っている家が多いということは、それだけハウスメーカーもこの建築方法に慣れているので欠陥も少ないはずです。

 

価格面では内断熱に分があるものの、外断熱は高い分断熱性は高くなっています。

 

このことから、長い目で見ればとあえて外断熱を取り入れる家もあります。

 

確かに家は長年住むものなので、より良い性能のものを初めから取り入れるというのも1つの手だと思います。

 

ランニングコスト的にお得なのは外断熱・内断熱どっち?

外断熱と内断熱を比較した時、価格が安いのは内断熱の方でした。

 

しかし、これをランニングコスト的に見てみると、立場は逆転、外断熱の方が良いという意見もあります。

 

確かに外断熱の方が内断熱より断熱性は高いので、はじめから外断熱であれば快適性を長い間保てます。

 

もり将来大掛かりなリフォームをしない予定であるならば、私は外断熱にするのも良いように思います。

 

リフォーム予定があるならば、未来では住宅により良い機能が開発されて、それが主流となったときに変えることができます。

 

技術の進化待ちをするならば内断熱でも良いかと思うものの、それにはリフォーム費用も別でかかってくるでしょう。

 

それを考慮するとやはりランニングコストで勝つのは外断熱なのかもしれません。

 

日本の家は海外に比べて短命なのもあり、まだまだ内断熱の時代が続くかもしれませんね。

 

比較するとわかる外断熱と内断熱それぞれのメリット

今のハウスメーカーはどこも断熱性の高さは当たり前に持っています。

 

断熱材には何が使われていて、どれほどの効果があるのかをホームページでも公開しています。

 

断熱性を高めるには内断熱と外断熱がありますが、これを比較するとそれぞれの良いところが見えてきます。

 

まず内断熱ですが、こちらは外断熱よりも費用がかからないので一般的な断熱方法になっています。

 

しかし、断熱性能が高い方は外断熱なので、夏冬に家の中で暑い・寒い思いを少しでもしたくないのであれば外断熱の方に分があります。

 

効果が高いほど、エアコンを使う機会が減るので月々の光熱費が減るので、最初にかかった費用も長い目で見たらチャラになるかもしれません。

 

このように、最初に思い切って費用を出すか、それともそこまで性能の違いは気にしないとして安くおさめるかでどちらの断熱方法にするかが決まってくると思います。

 

単純に、外断熱と内断熱の併用をすることはできないの?

外断熱がランニングコスト、断熱性能に優れており、内断熱が初期投資に優れているなら、それぞれの良いところだけを取る、つまり場合によって使い分けることはできないのでしょうか。

 

調べたところによると、ネットではできるというものもありましたが、できないというものもあって、真実がわかりませんでした。

 

併用を考えるなら、壁は外断熱で屋根は内断熱という家があるとありました。

 

実際は全て外断熱を希望したものの、屋根だけ手抜きになっていたというクレーム記事でしたが、これだと併用していますよね。

 

ところが、反対に日本では外断熱と内断熱の併用はまだできないとする情報もありました。

 

建築技術は昔の木造建築からしても世界的に評価されている日本にその技術がないというのは正直驚きです。

 

どの情報が正しいのかは、家を建てる際に各ハウスメーカーに問い合わせてみるほかないようです。

 

結露しにくいのはどっち?外断熱VS内断熱

新築を買ったのに、結露が発生してしまってこれは欠陥ではないかと思う事例もあるそうです。

 

そもそも結露とは、外の空気と室内の空気の温度差が大きくなることによってできます。

 

皮肉なことですが、家の中を快適にする断熱性能が高ければ高いほど、結露発生のリスクは高くなるというわけなのです。

 

この結露発生の事例が少ないのは、外断熱の方です。

 

内断熱はその名の通り「内」側に断熱材が入れてあるので、室内により近くなります。

 

そうすると、外の冷えた空気が室内に近い壁で温められ、結露が室内の方に出てきてしまいます。

 

このように結露の観点から考えると、壁から遠い位置にある外断熱の方が良いと言えます。

 

もし結露の発生が心配であるならば、費用の覚悟はしておかなくてはならないものの、外断熱の方が無難だと思いますね。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

注文住宅の総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事

 

ハウスメーカーが外断熱を勧める理由には何があるのか家を建てる準備としてハウスメーカーの担当者と話し合っていると、外断熱を勧めてくるという話はよくあります。内断熱も悪くはないですし、実際木造住宅であれば断熱性能の差は大きくないので、その理由が気になるところですね。外断熱のメリットとして、結露しにくいというものがあるので、それを大いに評価しているハウスメーカーだとよく勧められる傾向にあるようです。せっ...

 
 

断熱性能を外断熱で上げたのに換気して大丈夫?断熱性、それは家の外の温度が暑い時に家の中は涼しく、外が寒い時に室温を暖かく保つ性能です。今時の家は高気密高断熱が当たり前なので、家の中では気温の変化に悩まされずに快適に過ごすことができますよね。しかし、高気密高断熱ということは、家の中の空気はずっとそのままなのでしょうか。これでは問題ですので、換気をする必要があります。しかも、室温を快適に保ったままです...

 
 

ログハウスにした場合、外断熱は必須なのだろうか全てが天然の木というログハウス、見た目からしておしゃれなので、住みたいなと思ってしまいます。しかし、一泊泊まりに行くなら良いかもしれませんが、実際住むとなるとちょっとメンテナンスが大変そうだなというイメージがあります。そんなログハウスは寒さに弱いことから断熱材を入れないとキツイものがあります。サンパックスという会社では、ログハウスの断熱性を高めるための...

 
 

リフォームで外断熱をつけるとしたら抜け目なく!家の中でも快適に過ごせるようにと、外断熱を後付けでリフォームする家庭も徐々に増えてきているとか。外断熱があれば家全体を断熱材が囲ってくれるので、夏でも冬でも快適に過ごせるのです。この時注意しておきたいのは、外断熱を入れたからと言って本当にその家の断熱性は上がるのかという効果の面です。実は、新築は外断熱を入れる体で家の構造が出来上がっているものの、そうで...

 
 

ベランダと外断熱の相性は最悪?どちらを取るか考えようベランダというと、2階建ての一般的な家にはついていて当たり前のような気もしますが、実は外断熱を施そうと思うと相性的には良くないのです。断熱性の高い家では結露がたびたび問題になります。この原因は、外気と室内の温度差が大きくなるからです。ベランダがあると、そこへ出るための窓はその一枚だけを挟んですぐ外気になりますよね。そうなると余計結露ができやすいの...

 
 

外断熱の家の耐久性はどうして高くなるのかイメージ的には、外壁材でがっちり固めた家であれば断熱材がなくても十分丈夫なように感じますが、内断熱と外断熱を比較すると外断熱の方が耐久性は高いとのことです。内断熱は壁に断熱材を入れており、外断熱は内壁より外壁側に断熱材を入れます。この違いだけでどうして耐久性に違いが出るのかというと、内断熱の場合は柱や梁が断熱材のせいで窮屈になるからです。一方外断熱は外側に家...

 
 

住み心地の良い家なら、費用が高くても外断熱かな家を建てるからには住み心地が良い方が良いに決まっていますが、そのためには具体的に何をしたらいいのでしょうか。私は暑さ寒さをダイレクトに受ける家というのは過ごしにくいと思うので、空調調節ではなく家自体で室内の温度管理をしておきたいですね。となれば、断熱性を各段にあげてくれる外断熱は魅力的です。初期投資は内断熱と比べると1割から倍近く高いと言われていますが...

 
 

外壁材のメンテナンスはしっかりと!外断熱をダメにしないためにどのハウスメーカーに家を建ててもらおうかと悩むのは楽しいですが、その基準の1つに外観のおしゃれさがあります。三井ホームなんかは洋風の家により近づけるために、あえてメンテナンスが必要な塗り壁を使用するほどのこだわりを持っています。これによって外観がよりキレイに見えるのです。ですが、メンテナンスが必要な外壁材を使うのであれば、外断熱を採用して...

 
 

外断熱を考えているなら断熱材の種類を知っておこう外断熱にして家の断熱性を高めたいのであれば、それに使われる断熱材の種類についての知識を増やしておきましょう。断熱材と一口にいっても、それぞれの特徴があります。断熱材には、大きく分けて繊維系断熱材と発砲プラスチック系断熱材の2つがあります。このうち繊維系断熱材であるロックウールやグラスウール、セルロースファイバーは、発砲プラスチック系断熱材と比較すると...

 
 

輸入住宅は外断熱が当たり前?得られるメリットとは輸入住宅とは、その名の通り海外から輸入された住宅のことで、洋風の家のことではありません。作りとして特徴を上げるならば、長生きする家ということです。その理由の1つの外断熱があります。内断熱が主流である日本の家は、30年も経てば長生きしている方に分類されるでしょう。しかし、ヨーロッパの方では住宅が100年もつのはもはや当たり前であり、何も珍しいことではあ...

 
 

注文住宅だからこそ選べる外断熱!快適な暮らしには是非検討をこれから注文住宅を建てるなら、外断熱については是非とも考慮しておきたいところです。快適な暮らしを送る上で必要なのが家の中の温度調整なので、家そのものがそれをできたらエアコン稼働率が少なくても丁度良い温度で暮らせます。そのために断熱性が高い家が人気です。内断熱か外断熱か迷うところではありますが、一部情報によれば木造住宅の場合はどちらでも大きな...

 
 

防音素材としても使える断熱材を使って外断熱を取り入れよう!最近ではボード状にして外断熱にも使われるようになったグラスウールですが、これには断熱材としての役割だけでなく、防音材としての役割も果たしてくれます。持ち家だとなかなか気づかないかもしれませんが、マンションやアパートなど、壁一枚挟んで隣に人が住んでいる状態というのは結構音に敏感になってしまいます。しかし、外断熱を取り入れるとそれがそのまま音を...

 
 

暖房を使う頻度を少なくできる外断熱なら冬の光熱費が楽しみ!高気密高断熱の家が段々と当たり前になってきた今、外断熱の効果に評価が集まっています。今日本では内断熱が主流なのですが、外断熱の断熱性能の高さと耐久性が注目されているのです。外断熱は夏よりも冬の時期に効果を発揮してくれ、外の冷気を中に入れない役割に優れています。だから外断熱にしてからも冬の光熱費は楽しみだと思います。暖房を入れて一度家の中を2...

 
 

外断熱は断熱材を入れたら終わりじゃない?メンテナンスも必要外断熱は外壁材の下に入れますが、一度入れたらそれでOK!というわけではありません。やはりものは劣化していってしまうので、定期的にメンテナンスをする必要があります。外壁材の劣化がそのまま外断熱の劣化にもつながると言うので、もしサイディングなどのメンテナンスが必要な外壁材を使用しているのであれば、それと同時にその中の断熱材をチェックしてもらいま...

 
 

出窓はおしゃれだけど、外断熱のためには控えたい出窓のある家は、外観に大きな影響を与えることからかなりおしゃれ度がアップすると言えます。しかし、外断熱の家が良いなら出窓との相性は悪いので、どちらかを捨てた方が良いでしょう。もともと窓には断熱材によるカバーがないので、家の外と中との温度差が大きくなる部分になります。それが出窓ともなればさらに気温差は上がり、せっかく外断熱によって家の中を快適な温度に保っ...

 
 

太陽光発電と外断熱で電気代をダブルでおさえる!地域によっては太陽光発電を家に取り入れる際に援助が受けられるところもあるという省エネ設計の家。そんな家で生活をしたら、さぞかし電気代は助かるでしょうね。それだけでも良いのですが、さらに快適な家作りを使用と思ったら外断熱も追加すると良いと思います。外断熱によってエアコン効率が上がるので、エアコンを使う時間や頻度が減るのです。となれば太陽光発電で得た電力が...

 
 

3階建てとなると外断熱はちょっとキツイかもしれない外断熱は、家のぐるりに断熱材を入れ、まるごと覆うような仕組みです。よって、3階建てのような大きな家になると外断熱の施工が大変になります。壁だけでなく、屋根や床にも断熱材を入れるので、大きい家ほどコストがかかることになります。厳しいかなと思うのは、部屋が区切られておらず、広い空間がある場合です。最近ではおしゃれだという理由で吹き抜けが流行ってきていま...

 
 

無印良品の家は外断熱と内断熱、両方使っている!無印良品と家というのはなかなか結び付かなかったのですが、実は住宅も建設していると知って驚きました。そんな無印良品の家の特徴は、外断熱と内断熱を両方使っているという点です。どちらにもメリットとデメリットがあることから、家を建てる地域や条件によってその方法を変えるのが一般的ですが、両方を1つの家に使うというのは良いとこどりができます。外断熱は、家の耐久性を...

 
 

増築時に外断熱の工事も一緒にやるとなると厳しいかも家族が増えたり生活スタイルが変わったら、人が家に合わすよりも家が人に合わせた方が便利な場合があります。そうなると増築を考えることもありますが、この時、どうせならと外断熱の工事も一緒に行っておけば一石二鳥ですよね。ところが、新築に外断熱を施すならまだしも、元ある家の方に断熱材を入れるとなると、その効果のほどは怪しいようです。もともと古い家は高気密高断...

 
 

外壁材のタイルと外断熱の組み合わせはデメリットもあり外壁材にタイルを使用すると、メンテナンスが楽であったり、汚れを自分で落としてくれることがメリットになります。このことから、家を建てる際には初期投資がかかっても、メンテナンス費がかからないのならと、最初からタイル派になる人が多いです。そんな家に外断熱を施そうと思うと、実はタイルとの相性は良くないのだとか。外断熱の場合、断熱材は壁の外に設置します。と...