クレバリーホーム 平屋

MENU
 このエントリーをはてなブックマークに追加 
日本の四季を感じられるクレバリーホームの平屋

平屋を建てることになったら、それようのプランを用意してくれているハウスメーカーに頼みたいですよね。

 

今回はクレバリーホームに注目してみました。

 

テレビCMでもおなじみの大手ハウスメーカーですが、ここも平屋プランを持っています。

 

クレバリーホームの平屋は日本の四季を感じられるよう、光と風に焦点をあてた作りになっています。

 

自然との共存というようなイメージで、温かみのある家という雰囲気があります。

 

また、個人個人の要望に応えるために「自由設計」を取り入れていることから、それぞれのライフスタイルに合わせた家作りが可能です。

 

平屋なら、自分が年老いて階段がきつくなっても大丈夫ですから、長く歩める家を目指したいです。

 

そのためにも、自由設計でバリアフリーを意識して家を建てるのも良いなと思います。

 

皆の評判はどう?クレバリーホームは良くも悪くも安定志向かな

クレバリーホームの評判をネット上で拾ってみると、機能性、デザイン性ともにものすごく悪くはないし、他と比べて突出して良いということもない、そんな印象でした。

 

坪単価が50万円ということから、それ以上コストがかからないように工夫された家作りを心がけているように思えます。

 

だからほどほどという意見が多くなるのかもしれませんね。

 

坪単価が標準的でも、家にとことんこだわろうと思ったらオプションでいくらでも値段を跳ね上げることができます。

 

地下室を付けたい、無垢材を使用したい、防音室を作りたい・・・、このように追加すれば豪華な家が出来上がりますが、クレバリーホームは予算に応じた家ができるのが特徴でしょう。

 

私は家を建てるなら、生活が便利になる設備は欲しいですが、そんなにすごい技術は必要ないからその分費用を下げてと思います。

 

私のような人にはクレバリーホームは向いているのではないでしょうか。

 

クレバリーホームの口コミで多くみられる意見は何?

どのハウスメーカーを選ぶにしても、最初はやはり口コミが気になるところ。

 

クレバリーホームは、テレビCMなどで流れるあの「クレバリーホーム♪」という愉快な音が脳内再生されますが、実際のところ評判はどうなのでしょうか。

 

口コミを総合的に見てみると、坪単価50万円という金銭面のこともあり、可もなく不可もなくという印象のようです。

 

各ハウスメーカーは何か1つ強みを持っているものですが、クレバリーホームの場合は設備面もデザイン面も平均的であり、どれかに特化した感じではありません。

 

よく言えばオールマイティーということです。

 

また、気になったのは営業マンによって知識の差が大きいという評価でした。

 

これは運次第になってしまうこともあるのでは?

 

どのハウスメーカーでもそうですが、どんな人が担当になるかは難しい問題だと思いました。

 

住み心地を意識するなら、クレバリーホームより工務店を調査

家を飼うからにはその後の住み心地は気になりますが、こればかりは見学会やモデルハウスを見に行ってもわかるものではありません。

 

クレバリーホームは設備やデザインが平均的だと言われるハウスメーカーですが、気密性については工務店によってばらつきがあるようです。

 

これはクレバリーホームがフランチャイズチェーンであるからで、気密性はどれくらいなのかと言われたら地域によりけりとしか答えようがないでしょう。

 

今時の家は高気密高断熱が当たり前となっているので、もし工務店によって気密性が低くなるようなら後悔しきれません。

 

契約前に、どのくらいの気密性になるのかをきちんと数値で表してもらえれば1つ対策にはなるかなと思います。

 

調べられるのであれば、その工務店の実績から気密性を得意とするかどうかもチェックしたいですね。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

注文住宅の総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事

 

クレバリーホームのオリジナルタイルなら安価で手に入る!外壁にタイルを使いたいけれど、やっぱり問題はコストが高いというところ。クレバリーホームでは、その欠点をなくすべく対策に出ました。外壁材にタイルを使うと、汚れにくいためローメンテナンスな上に高級感が出るということから大変人気です。しかし、その代償として高価なものとなっているので、予算的に厳しいと手が出しにくいのが唯一の欠点です。それを解消しようと...

 
 

外壁材にはタイルをオススメしているクレバリーホーム外壁材に何を使うかは迷うところですが、近年ではタイル張りが主流となっています。クレバリーホームもタイルをオススメしているようで、テレビCMでも断熱性能やインテリアではなくタイルだけを宣伝していたりします。そこまでタイルにこだわるのはメリットがたっぷりあるからです。雨によって汚れを流し、静電気が発生しないことからホコリも寄せ付けないので汚くならないの...

 
 

値段的には悪くない?クレバリーホームの家作り坪単価が40万円と言われるクレバリーホームは、評価として可もなく不可もなくとよく言われるようです。値段的にはそこまで高くないので、若夫婦でも手が出せるハウスメーカーでしょう。クレバリーホームも高くなりすぎないよう、しかし品質は保てるようにと工夫をしています。その1つがこだわりの外壁タイルで、テレビCMでもやっているほど。外壁タイルはどうしても高くなってし...

 
 

クレバリーホームの値引きは加盟店によりけり?一世一代の大きな買い物と言えば、家ではないでしょうか。その場合、どのハウスメーカーを選んだとしても値引きができればしたいものです。クレバリーホームで値引きができるかを検討する場合は、加盟店によって違いがあるらしいのであまり期待はしない方が後でがっかりしないと思います。ただし、値引きしないスタンスを取っていたとしてもその他でお得となる情報やキャンペーンを紹...

 
 

クレバリーホームが誇るeシリーズにはどんな家がある?クレバリーホームには、人気のeシリーズというものがあります。このシリーズの中にはスマートエブリーやシュフレといった商品があり、それぞれの特徴を見て選ぶことができます。スマートエブリーの方はスマートハウスになっており、太陽光発電システムを搭載できます。日当たりの良い場所に家を建てる人や、光熱費削減を目指している人なら魅力的ではないでしょうか。一方シ...

 
 

坪単価は他より安い方?クレバリーホームの家の予算を決めたい各ハウスメーカーを比較しているサイトに行くと、坪単価によってどれくらいの値段がかかるか検討しているところがあります。1つ1つ違う注文住宅を建てる時には、もちろん見積もりを出してもらわないことには詳しいことはわからないのですが、ある程度の参考にはなりますね。クレバリーホームだと、坪単価はおよそ30~60万円と言われています。幅があるのは商品に...

 
 

30坪の家をクレバリーホームで建てた時にかかる価格は?家を建てるなら、どれくらいの土地に建てるかによってその価格も大きく変わってきます。クレバリーホームの場合は坪単価が30~50万円ほどになっています。このことからクレバリーホームの中で最上位ランクであるvシリーズを選んだとしても、30坪の家ならかかる価格は2000万円までに抑えられるはずです。本体価格だけならもっと安いかもしれませんが、外構工事や...

 
 

積水ハウスとクレバリーホームならどちらに分があるのか積水ハウスもクレバリーホームも、どちらも有名なハウスメーカーですが、本当のところはどちらが良いのでしょうか。積水ハウスの特徴は、注文住宅にもかかわらず自由度が低いことですが、それをカバーするために商品がかなり多くなっています。また、引き渡し棟数が他のハウスメーカーと比べて圧倒的に多く、ハウスメーカーとしては歴史がある方です。一方のクレバリーホーム...

 
 

ua値はどう?クレバリーホームの断熱性を他社と比較家には断熱性が求められますが、これはなかなか自分の目では確かめられないものですよね。中にはお泊りができるモデルハウスを持っているところもありますが、1泊くらいではあまり実感できそうもありません。そこで、数値でわかりやすくしてくれたのがua値というものです。これが低ければ低いほど熱が逃げにくく、断熱性の高い家と言えます。国の定めた住宅の省エネルギー基...

 
 

外観でキメるならクレバリーホームのvシリーズハウスメーカーを決めても、それによって家の形が決まってくるわけではありません。その中から商品を選ぶことによって傾向が決まります。例えばクレバリーホームの場合はシリーズがあり、その中から商品を選んでいきます。その中でもクレバリーホームの最上位となるvシリーズは坪単価が45万円からとなっており、ワンランク上の家を目指すには注目しておきたいものです。特徴は外観...

 
 

防犯面は?クレバリーホームがしている工夫について家の中で快適に暮らせるのは大事ですが、そのためには防犯面もしっかりしておきたいものです。クレバリーホームでは、防犯では様々な工夫を施しています。玄関ドアは1キー2ロックシステムを採用し、ドアの2か所を施錠するタイプになっています。また、不正開錠が難しいと言われるシリンダー錠にしているところもポイントです。それから、1階部分には大きな窓を付ける人も多い...

 
 

屋根はどうすべき?クレバリーホームの家をメンテナンスフリーに外観にかなり力を入れているクレバリーホームでは、外壁材だけでなく屋根も大切な要素とみなします。片流れ屋根と言って、への字ではなく片方へ傾いた屋根を付けることもできるので、デザインの仕様によって外観はかなり変わります。ソーラーパネルを付ける予定であれば、南側に傾けるなどの工夫もいるので担当者の方と相談が必要です。ある担当者は、メンテナンスフ...

 
 

クレバリーホームでメンテナンスフリーの家を作るには?家は建てたら一段落しましたが、それでもそれで終わりではありません。何故ならメンテナンスが必要になってくるからです。どこか欠陥はないかチェックする意味合いも込めてか、家を建ててからすぐは頻繁に点検が行われますが、そのうち10年に一度など、頻度が少なくなっていきます。クレバリーホームの家をメンテナンスフリーで建てたいならば、メーカーがオススメしている...

 
 

床にもデザイン性が感じられるクレバリーホームのインテリアクレバリーホームの家を検討しているのであれば、是非モデルハウスへ行ってみてください。ネットなどで情報は得られるものの、やはり実際に目で確かめるのとは違います。クレバリーホームのモデルハウスを見学した人のブログによると、複合フローリングの表面に無垢の薄い板を張り付ける床が素敵だったとありました。これによって見た目は無垢そのものなのですが、値段は...

 
 

1000万円で足りる?クレバリーホームの家を格安で建てる家を建てるには予算を決めておかないと、ローンにしても支払いが終わりません。坪単価が30万円からという安いハウスメーカー、クレバリーホームでは、1000万円の予算で家は建つのでしょうか。正直なところ、本体価格のみに絞ればできなくはないと思いますが、性能は必ず落ちてしまいます。25坪の家だとして、オプションは一切付けず、外構や照明、カーテンなどの...

 
 

外壁断熱で快適な家を目指すクレバリーホームクレバリーホームのホームページで断熱性について調べると、外壁断熱という言葉が出てきました。外壁に100㎜の無機質繊維系断熱材を入れることによって、家の中は夏に涼しく、冬に暖かく保てるのだとか。いくら断熱材を入れていると言ってもそれが薄ければあまり効果はないので、100㎜というのは期待できるのではと思います。断熱材を隙間なく敷き詰めることによっても快適性を上...

 
 

アフターサービスに当たりはずれがあるクレバリーホーム家は長年住んでいくものなので、アフターサービスが必要不可欠です。家電ならまだしも、家に修理が必要となることなんてそうそうないと思うかもしれませんが、念のためにアフターサービスである保証や点検はチェックしておきましょう。クレバリーホームの保証システムは手厚く、なかなか評判も良いです。しかし、その一方で依頼したのにできませんと断られたという事例もあり...

 
 

建売はあまりない?クレバリーホームは注文住宅がメインクレバリーホームの建売住宅を探してみましたが、その情報はあまりなく、どちらかというと夢の一戸建てを建てようという注文住宅の記載が多くありました。建売住宅がないわけではありませんが、買い手が確実にいる家を建てる方を優先しているのかなという印象を受けました。建売住宅は、外観や間取りなどの面倒な取り決めがないため、引っ越しがスムーズにできるのがメリット...

 
 

地震に強い基礎を意識したクレバリーホームの工法とは家の基礎は耐震などでかなり重要となってくる箇所ですが、素人ではなかなか身近でない部分なので気にする人が少ないのが現状です。クレバリーホームはそんな基礎構造もネットで公開しており、写真付きの解説がありました。土台と基礎とをがっちりつなぐために使われているのが、マークアンカーボルトというものです。これによって土台の断面欠損も最小限に抑えられるのだとか。...

 
 

クレバリーホームの設備重視の家はシュフレクレバリーホームの人気商品の中に、シュフレというものがあります。これは名前でもうっすらわかるのですが、主婦のためを思って作られた商品です。だからこそ設備がしっかりしており、バスルームは省エネ仕様高級システムにすることができます。例えば、サーモバスSでは、浴槽保温材と保温組フタの2つを使うことで、4時間後でもお風呂のお湯の温度が約2.5度しか下がらないとのこと...

 
 

契約するまでのクレバリーホームのステップとは家を建てると決めたら、契約するまでにはいくつかのステップを踏む必要があります。これを無視しても良いですが、やはり長期間住むのですからいくら急いでいても慎重さは欠かしたくないなと思います。クレバリーホームの場合はまずは相談から始まり、要望や質問など、わかる範囲で聞きます。納得できたら、建築現場へ案内された後、敷地調査を行ってくれます。それから設計プランがで...

 
 

展示場で見るべきはどこ?クレバリーホームの家を知ろう!クレバリーホームはモデルハウスを持っており、全国の展示場ではそれぞれのシリーズを見ることができます。ローコストで建てられる住宅だと、モデルハウスは維持費がかかるから持っていないというハウスメーカーがあるのですが、クレバリーホームはきちんとあるので思う存分見学できますね。安い理由は大量発注という別の部分にあります。展示場では雰囲気にのまれたらただ...

 
 

クレバリーホームは結露は発生する?高気密高断熱の家は過ごしやすいですが、その性能が高まるほどに発生してしまう確率が高くなってしまう困りものが結露です。クレバリーホームも高気密高断熱を謳っているので結露が発生してもおかしくありません。そこで口コミを見てみたのですが、実際にクレバリーホームで家を建てたという人は結露は全くないということでした。ペアガラスと蓄熱暖房機を使っているものの、それはなかったとの...

 
 

クレバリーホームでできる二世帯なら「円居」二世帯住宅を作りたいなら、まずは3種類のうちどれにするかを選ばなくてはなりません。クレバリーホームでは、完全分離型、一部共有型、完全共有型の3つの例を挙げたうえで、二世帯住宅用の商品、「円居(madoi)」を提案しています。madoiの特徴は、プライべーとな空間とコミュニケーションが取れる空間とを両方可能にするというものです。このスタンスから、一部共有型に...

 
 

平屋は坪単価が高い!クレバリーホームも例外ではない平屋建て住宅を建てたいなと思ったら、大体どのハウスメーカーでもそれ用のプランをいくつか用意しています。クレバリーホームでも平屋は建てられるので安心して任せられます。しかし、この時注意しておきたいのが、2階建てよりも平屋建ての方が坪単価が高くなるということです。普通に考えたら2階建ての方が値段が高いように思えるのに不思議ですよね。理由は、平屋建ての方...

 
 

見積もりを見てから削る!クレバリーホームの家を安く夢のマイホームを建てるとなると、どうしても理想を高く持ってしまいます。最初から遠慮して安く仕上げることもできますが、こんな家になればいいなを追求してから予算と相談する方法もあります。クレバリーホームは特に安い住宅を提供してくれる家なので、はじめからオプションを追加していって良いと思います。そうして出た見積もりを見ながら、財布と相談するのです。そうす...

 
 

「スマートエブリ」はクレバリーホームの省エネ特化住宅クレバリーホームには、エネルギー収支をゼロにしようという試みから生まれた商品、「スマートエブリZERO」というものがあります。ポイントは3つあり、1つは高断熱仕様により冷暖房を使う頻度や時間を減らします。2つ目は省エネ設備で、家の中で使われるエネルギーを抑えます。そして3つ目は創エネ設備で、具体的には太陽光発電などによりエネルギーを生み出します。...

 
 

クレバリーホームは無垢のレッドパインにこだわっているクレバリーホームでは、木材には無垢のパイン材を使っています。特に北欧産のレッドパインに注目しており、フィンランドに直営工場を設置しているのです。これにより常に安定して木材が手に入るのですね。ちなみに、無垢パイン材は日本の家に使用しても風合いが似ているから違和感がないとのこと。レッドパインの特徴は、マイナス30度という厳しい環境の中で育ち、木材とし...

 
 

シリーズごとの特徴は?外観で選ぶクレバリーホームの家クレバリーホームにはシリーズがあり、それぞれ見た目で選ぶことができるようになっています。ランクが上の方から順に、vシリーズ、cxシリーズ、eシリーズが人気でありメインです。vシリーズはクレバリーホームの中でもちょっと高級感があり、坪単価も高めの設定です。個人的にはクレバリーホーム自体がローコストメーカーなので、外壁総タイルでメンテナンス費を抑えた...

 
 

ネクストライフはクレバリーホームの設計業務を行っている会社クレバリーホームで検索していると、ネクストライフというキーワードに辿り着くこともあるかと思います。これは私は最初商品名なのかなと思ったのですが、実はクレバリーホームの新築木造住宅の設計業務を行っている株式会社の名前でした。まだ歴史は浅く、少数精鋭で成り立っている会社のようです。この会社の強みと言えば、耐久性が高く地震に負けない家をローコスト...

 
 

クレバリーホームのライバルはどのハウスメーカー?クレバリーホームはローコスト住宅の中では坪単価が高く、低価格で家を提供できるにしては標準仕様が整っているという評価が目立ちます。そんなクレバリーホームのライバルとなると、今はどこのハウスメーカーになるのでしょか。クレバリーホームと同じフランチャイズチェーンの中で、他のハウスメーカーを引っ張って行っているのはアキュラホームなので、ここがライバルに当たる...

 
 

アパート探しもクレバリーホームに相談できる!ハウスメーカーのショップへ行くと、新しく家を建てる相談ができます。クレバリーホームの場合、これだけに限らず賃貸アパートを探す手伝いをしてもらうこともできます。不動産のことについて手広く活動しているメーカーなので、他にも住宅リフォームや医院設計、モデルハウスの見学予約受付なんかもやっています。ショップによってできないものもあるかもしれませんが、気になること...

 
 

上柿建設の建てるクレバリーホームを知りたいなら上柿建設は、クレバリーホームのフランチャイズ加盟店として活動している会社です。主な仕事は注文住宅を建てることですが、リフォームや土木事業についてもノウハウがあります。群馬県にあり、モデルハウスが見られるのは伊勢崎店・高崎店・太田店・前橋店の4つです。例として伊勢崎店を見てみると、写真をクリックできるようになっており、どんな家があるのかをチラッとみること...

 
 

免震システムを導入しているクレバリーホームの頑丈な家地震に強い家というのはもはや当たり前の文言のようになってきましたが、やはりそれは日本に住む以上なくてはならないものです。記憶に新しい東日本大震災と同じような揺れが起きても、家の倒壊や半壊はなくさなくてはなりません。そこでクレバリーホームの免震にはどんなものが使われているのか調べたところ、ごくシンプルな名前の「免震システム」でした。ちなみに工法は木...

 
 

HEMSが搭載されているクレバリーホームの商品は?注文住宅を建てる時にソーラーパネルを付けようか迷う人も多いですが、クレバリーホームならスマートエブリが最適な商品と言えるでしょう。スマートエブリはクレバリーホームで初めてHEMS(ホームエネルギーマネジメントシステム)、太陽光発電システム、蓄電システムを搭載した商品です。スマートハウスで、創エネ、蓄エネ、省エネの3つが基本柱となります。坪単価は他の...

 
 

ガレージのある家も作れる!クレバリーホームと車のある家家にガレージがあったら、車を使用するのが楽になると思いませんか?クレバリーホームでもガレージ付きの家を提案することは可能で、写真を見ても特に変なデザインのものはありませんでした。ガレージがあると車まで雨降りの日に駆けて行かなくても良いですし、電動シャッターがあれば防犯対策にもなります。車好きであれば家の中から車が見えるようにガラス張りにすること...