パナホーム 価格

MENU
 このエントリーをはてなブックマークに追加 
パナホームの価格設定は妥当?それとも高い?

これから家を建てるならパナホームにするというご家庭は、大体の価格に検討をつけてから本格的に打ち合わせを始めますよね。

 

日本の住宅はどこも安全・安心というのは基本なのですが、「差」を見つけるなら、最も目につくのは価格でしょう。

 

パナホームの場合、坪単価は70万円前後だと言われています。

 

かなり安いハウスメーカーだと坪単価20万円というびっくりなところもあるので、それと比べると高い印象ですね。

 

評判をチェックしてみても、高品質なのは嬉しいが、価格が高いことで少し考えたという例も多いです。

 

しかし、パナホームはパナソニックの商品を取り入れられるということもあり、私は大手である以上は信頼がおけると思いますね。

 

安い買い物ならいいですが、家というおそらく人生の中で一番高いであろう買い物は、多少高くても自分が安心できるものがいいです。

 

1000万円台と決めてパナホームで家を建てると?

もし、1000万円台と予算を決めて家を建てるとなると、どんな家になるのでしょうか。

 

安すぎるところだと不安だという場合、パナホームなどの大手ハウスメーカーに頼むところも多いですが、それだと狭い家になってしまわないかというのが問題です。

 

となれば、少しでも広さを出すために必要なことは工夫です。

 

2000万円しない家で狭苦しくないとなると、平屋建てが一番良いのかなとも思います。

 

2階にすると周りから見ても小さな家だと思われますし、ここは階段などで場所を取らない平屋がベターですね。

 

パナホームは決して安いハウスメーカーではないので、もし1900万円で家を建てるとすると、20数坪くらいの家になる計算です。

 

坪単価の70万円で1900万円を割ると27坪ですが、オプションをつけたりすると広さは少し減ることを意識するとそのくらいでしょう。

 

パナホームで3階建てを作ると価格はどうしても高くなる?

注文住宅だけでなく、リフォーム事業に関しても信頼の厚いパナホームですが、住宅購入者の中には3階建てを希望する人も少なくありません。

 

希望するのは土地が狭いことで生じるデメリットを解消したいという方が多いとか。

 

その時の価格ですが、よくハウスメーカーでは坪単価という言葉を聞きますが、3階建ての場合、2階、3階の全フロアを合わせた坪分のお金が要ります。

 

また、2階建てに比べるとその分家の強度が必要となるので、価格は坪単価にプラスして高くなるのが普通です。

 

これを考えると、土地の狭さを解消するためには、その等価交換として値段が張ることを覚悟しなければなりません。

 

しかし、考えようによっては土地が小さくて安かった分が家にかかってくると思えば、それほど負担になると思わなくても良い気がしますね。

 

4階建て住宅も可能なパナホームの価格設定は?

普段3階建ては見かけることはあっても、4階建ての家というのはなかなかお目にかかれません。

 

しかし、パナホームはなんと9階建てまで住宅を建てることが可能だそうです!

 

こうなるともうマンション級ですね。

 

一般的にパナホームの坪単価は70万円や80万円だと言われていますが、階が高くなるにつれて値段は割増になっていくと思われます。

 

耐震性を十分に確保するのに技術が要りますし、土台をより強くしていかなくてはならないのでそれにお金がかかります。

 

具体的価格設定は、一度みっちり見積もってもらうのが一番ですね。

 

4階建てとなると、狭い土地でも2世帯住宅として活用できるかなと思います。

 

子どもが多いご家庭なら使い勝手も良いでしょうし、収納スペースをしっかりとることもできますね。

 

家族構成によっては気にかけたいプランです。

 

5階建て住宅はパナホームで建てられるの?覚悟したい価格

マンションならともかく、5階建ての住宅となるとほとんど見かけることはないでしょう。

 

ということは、需要がないので実施しているハウスメーカーも少ないはず。

 

ところが、探してみるとあるもんですね!

 

パナホームには2017年に開始した「ビューノ9」という新プランがあり、これだと9階建て住宅まで可能だとか。

 

9階建てはもはや住宅ではないのではという驚きがありますね。

 

しかし、調べてみたところ価格についての記載はなく、これは実際に見積もりを出してもらわなければわからないようです。

 

新しいプランなのでまだ口コミなどもなく、これから出てくると思われます。

 

5階建てともなればかなり豪華ですが、ただ住むだけではなくて自営業を営むのにも向いているのではないでしょうか。

 

私なら1階はお店にすることも検討したいですね。

 

パナホームで注文住宅を建てる時に必要な価格

注文住宅を建てるとなれば、誰もが心配になるのがその価格です。

 

ほとんどの方がローンで退職するまで支払っていることになると思いますが、月々の負担を考えるとやはり安い方が良いですよね。

 

パナホームの場合、坪単価は70~80万千前後という情報があります。

 

これをもとに算出すると、どれくらいの大きさの家が変えるかが予算によってわかってくるのではないでしょうか。

 

注文住宅は建売住宅よりも価格が高いイメージですが、その分のメリットとしては完全オーダーメイドができることだと思います。

 

他の人からしてみれば珍しいと思うような、その家庭ならではの工夫を凝らすこともできますし、住む都市が決まっている場合には、建売の中で気に入らないものの中から選ぶ必要もありません。

 

好きにアレンジが効くのは楽しみが増えるというものです。

 

住宅の値引きをするなら選択箇所が重要!パナホームでの注意点

パナホームは建築業界では大手であり、家を建てたことがない人にもその認知度は高いです。

 

そんなハウスメーカーで家を建てるとすれば、気になるのは価格ですね。

 

できることなら値引きをしたいものですが、同じ品質を保って安くなることはないと思っておいた方が良いでしょう。

 

営業マンとの相性などで変わる場合もあるようですが、あまり期待しすぎるのも良くありません。

 

どうしても費用を抑えたければ、優先順位の低い順に見積もり内容を見ていき、そこから引き算をしていくことになります。

 

こだわり部分やどうしても変えたくない場所はそのままにして、妥協点を探すのがポイントだと思います。

 

それを繰り返すことで費用はかなり抑えられるのではないでしょうか。

 

確かに快適な家は嬉しいですが、毎月ローンで苦しむのは嫌ですからね。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

注文住宅の総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事

 

パナホームのリフォーム価格は他より高いって本当?パナホームというと、家を建てるイメージが強いかもしれませんが、リフォームの方面にも精通しています。その評判は良く、大手であることから信頼は得ているものの、デメリットとしては値段が高いことが挙げられます。他のハウスメーカーが手掛けているリフォームと比較してみると、50万円ほど高い価格設定になっています。金額の分だけ丈夫で長持ちはするでしょうけど、ローン...

 
 

気になるパナホームのリフォームの評判は?パナホームという大手でのリフォームをした家庭の評判は、総合的に見ると良いものです。やはり一度傷がついたら会社全体がダメージを受けることもあり、しっかりとした仕事ぶりがうかがえますね。それが功を奏して消費者から信頼を得ており、思い通りのリフォームになった、暮らしやすくなった、良い提案をしてくれたという意見が目立ちます。しかし、そんなパナホームでの評判で唯一欠点...

 
 

キッチンのリフォームをパナホームでするなら家の中でリフォームをする箇所として多いのは、水回りであるキッチンやお風呂、トイレだというデータがあります。キッチンは使い勝手が良くないと暮らしにくいのもそうですが、水道やガス、電気が通っているため定期的に点検をするのが重要です。それでも劣化はしてしまうので、リフォームをするなら業者に頼む必要が出てきます。その場合、パナホームに頼むと、パナソニックのキッチン...

 
 

収納面にも定評があるパナホームのリフォームリフォームをする理由には色々ありますが、その中でも多いのは収納スペースを増やすものです。これは、注文住宅ではないことで最初から収納面を合わせられなかった場合に多く、中古住宅を買った方に多いです。また、予想外に家族が増えたり、婿養子が来たことによる家族構成の変化でもこのような依頼は多いようです。パナホームのリフォームは、こうした収納面に関しても優秀で、各家庭...

 
 

パナホームに外壁塗装のリフォームを頼むケースとはパナホームはリフォーム業にも力を入れているので、パナホームで建てた家のリフォームをすると同じ会社ということで安心できます。しかし、外壁塗装工事はそんなに必要とされていないようです。経験談も少ないようで、その理由の1つとしては外壁がもともとメンテナンス要らずなくらい有能だからというものがあります。パナホームで家を建てた際、外壁は自然に汚れを分解してくれ...

 
 

パナホームで太陽光発電を取り入れるリフォームを検討しよう今から家を建てるなら、それと同時に太陽光発電システムを取り入れられますが、既に建てた家にそれがないならば、リフォームで付け足したいものです。太陽光発電を取り付けるのはどこのリフォーム会社でも可能だとは思いますが、パナホームを選ぶ人も多いです。理由は、パナソニック系列であり、太陽光発電に対する知識も技術も十分に備わっている大手だからです。費用の...

 
 

パナホームの評判を調べたらその特徴が見えてきたパナソニックグループのパナホームは、注文住宅を建てるだけでなく、賃貸マンションや中古物件、リフォームについての事業も行っている幅広いハウスメーカーです。そんなパナホームですが、評判はどうなのでしょうか。調べてみると、パナソニックグループだからこそできるスマートハウスに定評がありました。スマートハウスは省エネ設計が整っていないとできないので、これは電気代...

 
 

中古の家もパナホームなら選択肢はたくさんあるパナホームというと、注文住宅や建売住宅を扱うハウスメーカーというイメージが強いですが、実は中古の家の売買も行っています。パナホームで注文住宅を建てようと思ったら、平均的な坪単価は70万円ほどかかります。本体価格には3000万円かかるとすると予算オーバーになってしまう場合は、中古物件を探すのを手伝ってもらうのも良いでしょう。築年数も新しいものの方が良いです...

 
 

外壁はメンテナンスいらず?パナホームの誇るキラテックとは外壁は家の外観とも大きく関係があるものですが、見た目だけでなくちゃんと機能的な役割もあります。パナホームが扱っている自慢の外壁材の1つに、キラテックというものがあります。これは光触媒で汚れを分解してくれるという優れもの!しかも雨が降れば汚れが流れ落ちていくのでメンテナンスが不要と言われているのです。外壁にこだわりぬいたハウスメーカーでは三井ホ...

 
 

60年保証!?パナホームはずっと先まで付き合ってくれる家という大きな買い物をしたのであれば、保証システムも十分でないと困ることがあります。家電ならまだしも、家自体に不備が見つかるなんてそうそうないだろうと思っていても、注文住宅なら何十年も住む人が多いわけですから、その時の劣化を考えるとやはり保証はあった方が安心です。パナホームでは、家が完成してから2年目までは、点検や補修が無料でしてもらえます。確...

 
 

パナホームの家のメンテナンス費用を抑えたい!家は長年住んでいるとメンテナンスが必要になります。パナホームの家は大掛かりなメンテナンスはそこまで必要ないと思いますが、強いて言うなら外壁をサイディングにしている家は10年ごとにメンテナンスが必要になります。サイディングの塗装が剥げ落ちたり、ヒビが入るとそこから雨水が入ってしまうからです。このメンテナンス費用を抑えたいと考えるならば、最初の外壁材選びが鍵...

 
 

ベランダを増築したくなったら、パナホームは請け負ってくれる?注文住宅というのは、3回目でようやく理想の家が建つと言われています。最初は色々と頑張りすぎてしまって使わない設備や部屋が出てきてしまったり、逆に必要ないだろうと削った場所が欲しくなったり。では、途中でベランダを増築したいと思ったら、パナホームでは対応してくれるのでしょうか。答えはYESです。どんな家になっているかによって提案も変わってくる...

 
 

壁紙選びで部屋の印象を変えられるパナホームのおしゃれとはパナホームは私の中ではデザイン性、機能性、費用面、どれもバランスよく作られた家だなという印象があります。特にどれかに特化しているわけでもなく、かと言って弱点があるかと言われればない、成績で言えばオール4というイメージです。そんなパナホームで壁紙選びをしようとしたら、何が良いのでしょうか。基本は、自分の思うデザインを選ぶ、という最も単純なもので...

 
 

ソーラーパネルはパナホームの得意分野ですパナソニックグループであるパナホームの強みは、電気系統が得意だということ。ということは、ソーラーパネルについてそのノウハウを活かさない手はありませんね?ソーラーパネルというと、設置にお金がかかるイメージがあるので、最初は本当に元が取れるのかというところで躊躇してしまうと思います。もしつけるのであれば、調べておきたいのは自分の住んでいる地域がソーラーパネルの設...

 
 

玄関収納に定評があるパナホームなら玄関を広々使える収納が多い家が良いという声はよく耳にしますが、結構家の中のことに特化しているイメージがあります。ロフトや屋根裏といった収納も良いのですが、玄関収納はおろそかにしてしまいがちです。パナホームでは、玄関ホールを上手く使って収納スペースの確保ができます。玄関なんて靴くらいしか置かないのでは?と思っていても、4人家族にもなれば結構ものが多くなります。例えば...

 
 

セキスイハイムとパナホームはどちらにどんなメリットがある?家を建てると決めたら、まずはハウスメーカー選びです。予算からハウスメーカーを選ぶ場合、似たような坪単価のハウスメーカーだとどこに差があるのかを把握する必要があります。パナホームは坪単価70万円程度の家が建ちますが、肝となるのは太陽光パネルによる技術です。パナソニックグループなので、電気系統の強みを家にも存分に活かしているのが特徴ですね。一方...

 
 

三階建てを作りたい!パナホームにそのプランはある?三階建ての家を作ろうと思ったら、ハウスメーカーはより慎重に選ばなければなりません。地震の多い国なので、まずは何といっても頑丈かどうかが決め手になってきますよね。パナホームには、三階建てのプランとして「ビューノ3s」という商品があります。これは五階建てまでできる仕様でもあり、鉄骨で作るので強度に関しての心配はありません。三階建てとなると、家族がそんな...

 
 

主婦に嬉しい機能満載!パナホームが提案するエルソラーナハウスメーカーを1つに絞っても、そこでは提案している商品がたくさんあります。狭小住宅、ローコスト住宅、ハイクラス住宅、大家族向け、バリアフリーなどなど、一戸建てと言ってもその幅は広いです。用途に合ったものを選ぶためにはその商品をよく知る必要がありますね。パナホームの場合、その中でも主婦向けだと言われているのがエルソラーナという商品です。もともと...

 
 

窓まで光触媒のパナホームは汚れ知らずで掃除が楽?窓がない家というのは特別な条件でなければないものなので、意外に重要な役割を持っていることを忘れてはなりません。パナホームというとキラテックという外壁材が目立ちますが、実はこれと同じ技術が窓にも使われています。キラテックは、光触媒によって汚れを分解してくれるので、汚れが付きません。だから外壁のメンテナンスがいらないのです。この光触媒が窓にも施されている...

 
 

間取りのシミュレーションはパナホームのホームページへ!家を建てるとなると、どんな間取りにしようかと迷ってしまいます。家族の分の個室を用意したり、キッチンとダイニング、リビングは開放的にと考えるのが一般的ですが、吹き抜けやリビング階段、スキップフロアなどの自由度は高いです。注文住宅では、どんな間取りにどんなメリットとデメリットがあるのかを考え、それを自分の家族に当てはめて考えなければなりません。数年...

 
 

パナホームのエコナビ搭載換気システムはどんな感じ?家の中の換気は、冬場なら特に行っておきたいものですが、窓を開けるというのは寒いものですよね。せっかくエアコンで温めた空気が逃げていってしまうので、できれば避けたいという人もいるのではないでしょうか。パナホームでは、そんなことをしなくても良いエコナビ搭載換気システムがあります。これなら換気ができるうえ、夏には家の中が涼しく、冬には外が0度でも室内は2...

 
 

防犯も意識したパナホームが提案する設備とはパナホームは、ただ節約に特化した設備だけに力を入れているわけではありません。もちろん防犯面に関しても考えてくれています。一戸建て住宅であれば一人暮らしではないので、そこまで防犯をしなくてもと思っている人もいるかもしれませんが、パナホームでは標準設備だけでも防犯はできています。空き巣は10分に一件発生しているという犯罪ですが、その多くは窓から侵入します。パナ...

 
 

標準設備で大丈夫!パナホームのお風呂はどこまでこだわる?パナホームのお風呂事情を見てみると、やはりパナソニック製品に人気が集中しています。標準仕様だけで十分なのですが、お風呂は一日の疲れを取るリラックスする場所なので、標準仕様にプラスαするのもアリかなと思います。私はお風呂に入るタイミングがいつもテレビのバラエティーがやっている時間帯と被るので、お風呂でテレビが見られたら最高だなと思います。オプシ...

 
 

外観も悪くない?抜け目ないのがパナホームの家家の外観はとても重要ですが、どのような家にしようかというのはそれぞれのハウスメーカーの例を見てみるのが良いと思います。そうすることで、この商品はこんな外観というタイプが見えてきますし、その中から気に入ったものを選べる楽しみが増えます。パナホームは機能面に秀でた家というイメージがありますが、外観に関しても悪くないと思います。機能性だけを追求しすぎた結果、デ...

 
 

エクステリアはパナホームが直接施工してくれるパナホームで素敵な家を建てたら、多くの人はエクステリアにもこだわりたいと思います。ここをどうするかによっておしゃれ度に一気に差がつきますし、土地に余裕があれば緑を植えることによって素敵な空間ができますね。私ならウッドデッキを作り、その目隠しとしてちょっとした木を植えたいです。柵だとちょっと無機質な感じがあるので。しかし、木を植えるならその世話も必要になっ...

 
 

パナホームでは鉄骨の平屋を作ってもらえるパナホームでは、鉄骨の平屋のプランを出しています。ユールキアやソルビオスといった商品があるのですが、坪単価は2階建ての70万円と比べると、60~70万円と多少安くなっているようです。木造の平屋プランを売り出しているハウスメーカーもありますが、パナホームの鉄骨の家は家の中に木をふんだんに使うことができます。鉄骨の無機質な感じが好きではないという場合は、作りは頑...

 
 

床下収納・床下換気ができるパナホームの家の実情床下収納や床下換気など、床下という空間を上手く使った家を建てられるのがパナホームです。収納がない家というのはどうしてももので溢れてしまうので、ロフトや屋根裏を作ることもあります。しかし、上の方の収納は熱い空気がこもることから、床下を選択することもできます。また、床下換気はキレイな空気が使えることがメリットになります。パナホームの床下換気は10年間は大丈...

 
 

独自の構造で作られるパナホームの家、3つの工法がある理由とはパナホームの家は鉄骨を採用しているだめ、地震に強いというイメージを持っている人もたくさんいます。しかし、鉄骨というだけで強いというわけにはいきません。パナホームでは、3つの工法をそれぞれの商品に使っており、制震鉄骨軸組構造、重量鉄骨ラーメン構造、大型パネル構造と呼ばれます。どうして3つもあるのかというと、建てる商品によって最も良い相性があ...

 
 

スマートハウスで暮らしたいならパナホームは最適!スマートハウスという言葉はよく聞きますが、これは簡単に言えば省エネ住宅です。パナホームならスマートハウスはお手の物なので、商品も豊富にそろえてあります。私が注目したいのは太陽光発電ですかね。自家発電できるのは省エネですし、家計にも優しいからです。よく、三角やねに四角のソーラーパネルを設置して、他の屋根の部分がもったいないなと感じる家を見ますが、パナホ...

 
 

パナホームはインテリアも充実しているの?パナホームというと、機能性についての話題の方がフィーチャーされやすく、インテリアについてはどうなのかという話があまり聞こえてきません。となればデザイン性には富んでいないのかという不安がよぎりますが、ホームページを見てみたらそんなことはありませんでした。おしゃれは人の感覚でとらえ方も違いますが、暮らしと意識しつつもインテリアがところどころ際立っているということ...

 
 

賃貸マンションもパナホームが貸し出ししています世界に一つだけの注文住宅も良いですが、賃貸マンションは引っ越しが簡単なので色んな土地へ行けるのがメリットですね。仕事での転勤や結婚予定があるならば、持ち家を持っていたらなかなか引っ越しできません。実は、注文住宅を建ててくれるイメージが強いパナホームは賃貸マンションの貸し出しも行っています。その他にも不動産については幅広く展開しているため、建築に特化した...

 
 

土地が買えない場合はつなぎ融資でパナホームの家を建てられるパナホームは、坪単価が70万円ほどのハウスメーカーです。決して安いわけではないので、これに加えて土地も購入しなければならないとなると厳しいなという人もいるでしょう。そんな時にはつなぎ融資が役立ちます。つなぎ融資とは、家を引きわたすまで、土地代を融資してもらうことができるローンです。よって、土地を買うことが難しい場合には便利なものとなります。...

 
 

標準装備だけで十分なパナホームなら価格も抑えられる各ハウスメーカーの商品には、標準装備というものがあります。例えばパナホームだと網戸やLED照明なんかは標準装備なので、わざわざオプションで希望しなくても最初からその家についてくることになります。オプションでは選択の幅が広がるものの、標準装備より費用がかかるので価格を抑えたい人はできるだけ使わないようにすることで節約ができます。中にはほとんどオプショ...

 
 

パナホームの基礎は業界トップクラスという安心さがある家を建てるとなると、基礎という部分が重要になってきます。各ハウスメーカーとも、地震に強い家を実現するために、または浸水被害を削減するために基礎には力を入れています。入れなければその上に頑丈な家が建つはずがないからです。パナホームも当然基礎はしっかりしており、耐震性において業界トップクラスだと言われているほどです。よって、地震に強い家を建てたいとい...