大安心の家 価格

MENU

コスパの高さなら大安心の家!価格と性能を比較

大安心の家の価格を他メーカーと比較すると、どう考えても安い。

 

その理由は、大量発注によるローコスト化によるところが大きいようです。

 

ですから、その「弊害」が大安心の家には出てくるのですが、価格を考えれば充分にアリだと思われるのです。

 

値段が高くなったのは戦術の変更?

大安心の家、タマホームが現在主力で売っている商品。

 

標準仕様で非常に充実した設備が付いてくる上に、長期優良住宅にも対応しているなど、コストパフォーマンスの高さが売りです。

 

大安心の家を選んだ人の声によると、坪単価は35万円とか45万円といいますから、価格帯は住宅メーカーの中では低め。

 

中には、3kw弱の太陽光発電を搭載しても45万円弱といった声もありますから、かなりお得な価格です。

 

しかし、昔は坪単価25.8万円~と大々的に宣伝していましたから、タマホームの価格も高くなったと考えるべきなのか、どうなのか?

 

しかし、ローコストを全面的に打ち出してきたころでも、オプションを加えるとすぐに坪40万円はかかるといわれていたもの。

 

実際の価格は、それほど変わっていないのかもしれません。

 

坪単価25.8万円~を全面的に打ち出して、最終的に坪単価40万円程度の価格の物を売る、という戦術だったのでしょう。

 

ところが最近は、最低価格の打ち出しをやめて、大安心の家などコストパフォーマンスの高さを打ち出すようになりました。

 

タマホームの価格が高くなったというよりは、戦術を変更したということでしょう。

 

なぜ、充実仕様で価格が安いのか?

大安心の家の設備や仕様を見ていくと驚かされるのは、かなりの充実ぶり。

 

オール電化システムが標準で装備されていたり、大手設備メーカー3社からキッチンやバスが選べたり。

 

外壁材や屋根材もバリエーション豊富です。

 

これで、大安心の家の価格なら、文句がないと思われるのです。

 

普通、この様な仕様で他の住宅メーカーの価格なら坪単価60万円程度はかかってしまうはずなのです。

 

しかし、価格が安いのだから満足していればいいのに、なぜかそれだけでは満足できなくなってしまうもの。

 

何かウラがあるのではないかと勘繰ってしまいます。

 

メーカー曰く、同じような部材を大量に購入することや、様々なムダを省くことで、コスパの高さを実現しているとか。

 

、、、うーん、ありきたりな説明です。

 

コスパで考えるなら絶対にアリ!!

さて、タマホームの大安心の家で建てるのをやめたという人の話を聞くと、注文住宅という割には、制限が多かったから。

 

こんな声をよく耳にします。

 

いくつかあるバリエーションの中から選んで建てていく感じがして、思っていた注文住宅と違うというのです。

 

大量発注でのコストダウンを信じるならば、これはありそうな話ですね。

 

加えて、営業担当者に誠実さを感じなかった、、、これはどんな住宅メーカーにもありそう、タマホームだけの問題ではありません。

 

まとめると、内容と価格で考えると大安心の家の満足度は高いものの、今一つ融通が効かないということでしょうか。

 

しかし、コストパフォーマンスという点を重視するならば、大安心の家の価格は絶対にアリ。

 

そんな印象を受けましたが、いかがでしょうか?

注文住宅の総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。

↓の記事も読むと注文住宅への不安が軽減されます

 

大安心の家の新しいバリエーション、「大安心の家 ZERO」は超省エネハウス。HEMSを含む、様々な最新設備が標準で搭載されています。しかし、HEMSについては詳しい言及がなされていない点が気がかり、突っ込んだ説明を受けたいところですね。大安心の家の新バリエーション「ZERO」非常に評判がよいというタマホームの主力商品、大安心の家に新しいバリエーションが加わりました。「大安心の家 ZERO」ZERO...

 
 

タマホームのベストセラー大安心の家は、寒冷地仕様になると「大安心の家 暖」となります。どういう点が「暖」かというと、断熱材の厚さやサッシの仕様など。もちろんその分割高になりますが、その分快適になるという具合です。タマホームと次世代エネルギー基準例えば耐用年数が非常に短い、断熱性が非常に低い。この様に、日本の住宅は先進国とはとても呼べないくらいに、性能が低いといわれています。耐用年数が短いことにより...

 
 

大安心の家に標準装備の換気システムは、非常に優秀なもの。熱交換型の換気システムを付けているという時点で、ローコスト系では優秀、更にはイオン発生までする場合もあるといいます。これについては大安心の家、文句はなさそうです。シックハウス対策の換気システムシックハウス症候群が大問題化して以来、新築で住宅を建てる場合には、換気システムの設置が義務付けられています。おいおい、そんな対症療法ではなく、シックハウ...

 
 

タマホームの「大安心の家」の外壁で用いられているのは標準的なサイディング。これが「プレミアム」になると、外壁もグレードアップしていきます。高い物を使えば長持ちするというのはタマホームでも同じ、結局はいつお金を払うかということかもしれません。ごく標準的な、大安心の家の外壁「レンガや石造り、塗り壁、木調といった素材感を再現、壁についた汚れを雨で洗い流すので美しさが長持ち」以上は、タマホームのホームペー...

 
 

オプションなしでは非常に貧弱、大安心の家でよくいわれます。そしてオプションがこれでもか!というくらい用意されているのです。しかしコスパが高いのが、大安心の家の特色と考えると、いたずらに価格を上げるのもどうなのでしょうか?そのオプションは必要なものなのか?オプションがないとどうしても、見劣りする家が建ってしまうという「大安心の家」。ですが、実際のオプションとはどの程度用意されているものなのか?どの程...

 
 

大安心の家については床下の構造や、床面の剛性などで問題にすべき点は見当たりません。そして、オール電化の大安心の家、注目は床暖房となりますが、こちらはもちろんオプションですから、コストがかかる。慎重に検討したくなりますね。気になる「大安心の家」の床下の話タマホームの床のことを考えるならば、まず床下について述べなくてはなりません。タマホームが用いるのは木造軸組構造、つまり木造建築。心配になるのは床下の...

 
 

割高になりがちな平屋ですが、大安心の家なら坪単価で比較すると、2階建てとそれほど大差ない金額で平屋を建てることができます。その点、さすが大安心の家と思われますし、だからこそタマホームは支持を受けているのです。平屋を選択するのは合理的?タマホームの「大安心の家」が優秀な点は多々あります。それらの長所の中でも、地味ながら素晴らしいのは、バリアフリー設計になっている点。部屋間の段差がない、浴室の出入り口...

 
 

500万円で住宅が建つという触れ込みの「大安心の家5シリーズ」ですが、結局のところ800万円超、、、。以前のタマホームが得意としていた営業手法をほうふつとさせますね。そして現在、大安心の家5シリーズはHP上に見えないのです。500万円で家が建つ?!「大安心の家5」デフレだ何だといわれていますが、この波は住宅の世界にも押し寄せているようです。例えば、「iPrime7」はアイフルホームの商品で、700...

 
 

大安心の家プレミアムが通常のものと何が違うか、大きく異なるのは外観です。それだけで高くなるの?そんな声が聞こえてきそうですが、大安心の家プレミアムのコスパに注目すれば十分なレベル、外観が好きになったらしょうがないのです。サッシが大きい、プレミアム仕様タマホームのベストセラー「大安心の家」の上級モデルが、「大安心の家 プレミアム」。両者は何が違うのか?まず、外観が違います、サッシが大きくなりました。...

 
 

大安心の家は充実した設備で知られていますが、それはお風呂にも表れています。例えば広さは1.5坪、これは非常に大きな部類、質が高い大安心の家をアピールする狙いです。お風呂を重視する人が多いという調査結果からか、非常にやり方がうまいのです。質の高さをアピールするには?ローコスト住宅の代表格の様な存在であるタマホーム、その方向性に限界を感じたのでしょうか?現在では、質の高さをアピールするのに躍起になって...

 
 

大安心の家と木麗な家、最も大きな違いは耐震性。これをどうとらえるかで、大安心の家と木麗な家のどちらを選ぶかか決まります。加えて、細かな違いが見えてきますが、もちろんオプションで追加することは可能なのです。必要十分に見える木麗な家ですが、、、低価格を前面に打ち出すことで業績を伸ばす、ローコスト系の住宅メーカーの先駆けとなったタマホーム。他に多くのローコストを売りにした住宅メーカーが出てきたことで、た...

 
 

豊富な選択肢が用意されている、大安心の家のキッチン。レイアウトも豊富ですから、大安心の家がキッチンに力を入れていることが伝わってきます。しかし、グレードが下がると、グッと狭まる選択肢。これがタマホームのやり方です。一流メーカーから選べるキッチン家造りの主導権を握っているのは、大抵の場合が奥様、その奥様がこだわるのがキッチン。時間的にも一番長く過ごす場所ですし、おこなう仕事も一番多い、いわば作業場だ...

 
 

外観に変化を付けやすくなっているのが大安心の家、屋根の形状などバリエーション豊かです。他に予算を上げる以外でも外観の変化を付けることは可能。大安心の家にしても何にしても要は、アイデア次第ということでしょうか。逆に屋根は画一的な方向となるのか?ちょっと前までのタマホームならば、真四角の住居本体に切妻屋根が乗っかっただけという、画一的な外観がイメージされました。しかし、最近の大安心の家はちょっと違う。...

 
 

大安心の家には、構造を補う耐力壁が用いるなど、コストがかかっている一方で、壁をつくる間隔などが細かく定められている大安心の家。どこでコストを削るか、大安心の家を見ているとタマホームの考えがよく理解できるのです。耐力壁で構造の強度をアップするタマホームの「大安心の家」、構造は基本的に日本古来の木造軸組工法を用いています。しかし、単に柱や梁を組み合わせて造っていく工法では、強度にやや難があるといわざる...

 
 

大安心の家の間取り、実はあらかじめ決められています。40~45坪の大安心の家ならば、4LDKという間取りはほぼ動かせないのです。これでは自由設計ではないではないかという声も聞こえてきそうですが、コスパの高さのためには動かせない条件なのです。住宅メーカーのものに「自由」はない大安心の家のホームページには「お客様のライフスタイルにあわせた間取りをご提案します」と書かれています。さすが注文住宅、だったら...

 
 

大安心の家、仕様は素晴らしいのですが、タマホームの弱点としてあげられるのは提案力の弱さ。二世帯になると余計に不安です。ならば、二世帯の間取りを自分たちで提案できればいいのですが、、、多少の不安は残る大安心の家なのです。部屋数を多くすると二世帯になるのか?価格と満足のバランスでみると、非常に高いものがある大安心の家ですが、二世帯住宅となるとどうなのでしょうか?一口に二世帯といっても、それぞれの世帯が...

 
 

大安心の家の外壁に用いられているのは、非常にスタンダードなタイプ。それだけに、標準仕様の外壁を選ぶと10年程度でメンテナンスが必要になります。その期間を延ばすには外壁を大安心の家よりもグレードアップさせることが可能となります。一番早く劣化するのは外壁なのです住宅を建てた場合、一番最初にメンテナンスを考えなくてはいけない部位は外壁です。なぜなら多くの住宅の外壁に用いられている建材であるサイディングの...