大安心の家 キッチン

MENU

大安心の家はキッチンに大きな魅力を持っていた!

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

豊富な選択肢が用意されている、大安心の家のキッチン。

 

レイアウトも豊富ですから、大安心の家がキッチンに力を入れていることが伝わってきます。

 

しかし、グレードが下がると、グッと狭まる選択肢。

 

これがタマホームのやり方です。

 

一流メーカーから選べるキッチン

家造りの主導権を握っているのは、大抵の場合が奥様、その奥様がこだわるのがキッチン。

 

時間的にも一番長く過ごす場所ですし、おこなう仕事も一番多い、いわば作業場だから当然のこと。

 

ですから、タマホームなど住宅メーカーが非常に力を入れるのがキッチン、「大安心の家」でもそのことは変わりがありません。

 

タマホームでは他の住宅メーカーと違い、変わった方法でキッチンのアピールに努めています。

 

例えば、システムキッチンは

  • クリナップ、
  • LIXIL、
  • 永大産業、
  • タカラ

の4社から選べます。

 

どのメーカーも日本を代表するといってよい一流企業ばかり、安心感が増すのですが、ここまであからさまなのはタマホームだけ。

 

他の住宅メーカーでも、やっていることは同じなのですが、HPを見ていてもタマホームの様に他社が出てくるのはマレなのです。

 

いかにも自社で開発しましたよ、、、という顔をしておいて、実は他から供給を受けている品だったり。

 

実際自社で開発しているといっても、実は他社の既存の製品をマイナーチェンジし、OEMを受けているだけだったり。

 

そんなことも多々ありますから、タマホームのやり方は少し異例なのです。

 

アイランドキッチンのオプション料金

大安心の家ではこのように4社から選ぶことができますが、ちょっと安くなる「木麗な家」になると選べるのは1社のみ。

 

、、、この辺の打ちだしもうまいところ、大安心の家が売れている理由の一つでしょう。

 

そして、大安心の家、ホームページの記載によると、キッチンレイアウトも自由に選べます。

 

例えば人気のアイランドキッチンも実現可能なのですが、この辺はやっぱりオプション料金がかかってくる。

 

水廻りを部屋の中央まで持ってくるんですから、タダという訳にはいきませんよね。

 

ある人の話によると40万円の料金がかかるとか。

 

さすがに、大安心の家といえどそこまで面倒は見てくれないということでしょう。

 

坪数によってカップボードがタダになる

さて、キッチンはシステムのユニットがそのまま入りますから、コーディネートはばっちりなのです。

 

しかし気になるのがそれ以外の部分、カップボードなどの家具類も決めたいところです。

 

これを大安心の家でオーダーすると、もちろん大きさにもよるのですが、20万円を超える金額が必要となります。

 

しかし、大安心の家を40坪以上で施工するならば、カップボードは無料で付くとか。

 

こんな所が、実にタマホームらしい。

 

試しに他の住宅メーカーで見てみると、無料で付いてきたりするところはまずありません。

 

さすがタマホーム、大安心の家、そんな風に思うのです。

 

4社から選ぶキッチン、大安心の家ではどれにする?

大安心の家のキッチンはの選び方としては、まず大安心の家の間取りに合うかどうかが重要となってきます。

 

広さに見合った大きさのキッチンになっているか、生活動線は適切か、家族分の収納スペースは十分かに注目してみましょう。

 

キッチンに広さを求めすぎてアイランドキッチンにしたところ、そのしわ寄せがリビングにいってしまったという体験談もありました。

 

誰もがくつろげる家にするならば、キッチンをあまり豪華にしすぎてもダメなのです。

 

私なら、安いもので気に入ったものがあればデザインはDIYでも良いなと思います。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

注文住宅の総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事