注文住宅 相場

MENU

注文住宅の適切な予算を出すために、まず相場を知る!

憧れの注文住宅です。

 

でも実際に注文住宅がどの程度の予算で建つのか判らないと言う人たちが多いのです。

 

まず、予算の平均を知ることが大事。

 

平均を知り、自分は、一体平均とどう差異を見つけることが出来るのかというものの見方をしましょう!

 

憧れの注文住宅・・・。

 

でも注文住宅の相場のことを判っていない方が多く、そのため失敗してしまうケースがあるようです。

 

30坪の場合の場合

注文する住宅はオーダーする住宅なので、値が張るものだと言うことを意識しなければなりません。

 

平均を知り、予算にある程度余裕を持っていないと、とても理想の家作りなど出来ないでしょうね。

 

妥協して妥協して、予算を平均値に近づけると言うのも方法ですが、それでも注文の住宅は高くついてしまうものです。

 

実際にいくらかかるものなの?

ローコストのハウスメーカーは、坪単価30万円以下でそれを実現してくれるところもあります。

 

材料費用など抑えるノウハウがしっかり備わっているようです。

 

でも大手ハウスメーカーなら70万円〜と全然違う状況が違ってくるようです。

 

材料費を抑えるノウハウ

理想の家を実現するために追求する拘りは大事なことです。

 

材料費用など抑えるノウハウといい、ああそうかと見過ごしてはいけません。

 

材料費用を抑えるノウハウは安物の材料を使用する技かもしれません。

 

それでも、ある部分は安物の材料使用で構わないという妥協も時として予算を抑えるためのポイントかもしれませんが、一生住むかもしれない大切な買い物をする訳ですから、しつこいくらいに程追求して、知ると言うことが大事なのです。

 

平均予算を安く抑えられる理由

そこに、人件費、宣伝費などによってコストが削減出来るのなら、全然問題はありません。

 

企業はそれぞれ企業努力をしているものです。

 

いろいろな業者に見積もりをしてもらってその違いをしっかり拘りを持って把握していただきたいものです。

 

そして、 本体工事費以外の諸費用もかかるので坪単価だけでなく、全体の見積書を、複数の業者において作成してもらうようにしてください。

 

面倒くさいから、あのハウスメーカーでいい・・・という妥協は、やはり絶対にしてはならないことです。

 

それでは、みなさんの理想とする資金でなかなか実現することは出来ないでしょう。

 

しつこいと言うことは、それだけ みなさんの住む家に愛情を注ぎ込むと言うことなのです。

 

しつこく、細かく、時には妥協して注文住宅の理想を実現してください。

注文住宅を建てる時その頭金は?相場をまず知ろう!

注文住宅を建てる。

 

すぐにキャッシュの支払いが出来ればいいですが、頭金など用意してローンを組む人たちがほとんどです。

 

果たして注文住宅の頭金の相場はいくら程度なのでしょうか。

 

ここでも相場の把握が重要になります。

 

すんなりキャッシュで注文住宅を建てることが出来ればいいですが、そのようなことが出来る人たちの方が希有です。

 

ほとんどの人たちが頭金を意識している

相場を知る前に初期投資は全然必要ありませんと謳っている業者もあります。

 

でも、その方法に頼ることは正しいのでしょうか。

 

それを必要としないということは、毎月の返済額が高くなると言うことに他なりません。

 

最初に楽でも後から辛いことがやって来るに過ぎないのです。

 

注文住宅は頭金にしっかり意識すればするほど、生活設計は楽になる

敢えてここでいう必要もないかもしれませんが、最初に出せば後は楽になるということです。

 

そして、ローンを組む訳ですから、利息の支払いも少なくて済むでしょう。

 

最初に出す頭金の額を知りたい
 

やっぱり最初に多くの人たちがどの程度のお金を出しているかという相場のことを知っていただきたいですね。

 

最初にお金はあればあるほど後々の生活設計は楽になります。

 

だから、最初に自分たちで工面出来ないのなら親から援助を受けるというのも方法ですし、実際にそのような形で用意をする人たちも多いようです。

 

その額は3000万円で1000万円程度か

相場を知り、出来るだけ超えるようなモチベーションを見つけてください。

 

大体、3000万円物件で1000万円程度であり、三分の一なのです。

 

5000万円の家で、500万円程度・・・という人たちもいらっしゃいます。

 

でもやっぱり、かなりローンに厳しく締め付けられることになると思いますが。

 

家は最初にお金が少なくても建つもの

家はつまり最初に支払いするお金の額が少なくても大層な家が建ってしまうものです。

 

でも後々辛い思いをするのもみなさんであり、ローン地獄を味わうことにもなるのかもしれません。

 

ローンの利率もしっかり意識する

 

ただしローン地獄は借入額と利率によって起こることであり、もしも驚くほどの低い利率で借り入れすることが出来れば、それも方法の一つです。

 

でもそれは特殊な例なのかもしれません。

 

注文住宅をしっかり計画もって建てる、それはもちろん予算をしっかり見つめるということです。

 

辛さを後回しする発想は極力回避していただきたいと思います。

注文住宅の総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。