ロイヤルハウス 価格

MENU
 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
良心的な価格で家を提供してくれるロイヤルハウス

注文住宅を建てるにしてはローコストなのがロイヤルハウス。

 

価格は、坪単価が約30~50万円ということで比較的リーズナブルな設定です。

 

30万円となればローコスト住宅と言えるでしょう。

 

それでいて自由な間取りができるというからお値打ち感は高いと思います。

 

安い家というとあまり期待をしないためか、値段のわりに良い住宅を作ってくれるという評判です。

 

坪単価がほぼ同じハウスメーカーは他にもあるので、選ぶ際には価格以外の面も見て競争させるのが良いでしょう。

 

見積もりを取った結果を見比べてみたり、営業マンの態度を見てみたり、選べるオプションの数を比較してみたりすることで、より自分に合ったハウスメーカーが見つかります。

 

若い層でも、夢のマイホーム購入を検討できるのがロイヤルハウスの良いところですね。

 

suumoでロイヤルハウスの実例をチェックしてみよう!

ロイヤルハウスの実例をsuumoで確認してみると、特徴的なあらわし梁がありました。

 

吹き抜けになっているのですが、木肌の美しさを存分に見せるように大きな梁が横たわっています。

 

これはロイヤルハウスの得意とする作りです。

 

柱と梁の接合部分に金物が見えてはせっかく木肌が台無しなので、隠せるようにしたのが「ロイヤルSSS工法」です。

 

これなら見栄えも悪くないですし、客人が来ても立派な内装を持つ家だと思ってもらえると思います。

 

ちょっとしたところなのですが、それがきちんとできているかいないかによってデザイン性が大きく変わってしまいます。

 

これらを追求したから、ロイヤルハウスはグッドデザイン賞を受賞しています。

 

suumoでは他にも事例を見ることができるので、建てたい家に近いものを1つ確保しておくと良いでしょう。

 

ロイヤルハウスアール1は「マンションカタログ」で調べてみよう

ロイヤルハウスアール1と調べると、たくさんの情報が見られます。

 

「マンションカタログ」というサイトでは全国のマンションの口コミが見られるのでオススメです。

 

活用するには、見たマンションをお気に入りにしておくと後で気に入ったもの同士の比較が楽です。

 

ロイヤルハウスアール1は、例えば東京にあるもので3階建てになると、賃料は約12万円でした。

 

写真もたくさん提供されており、文字で情報を見るだけではイメージできないというデメリットを解消してくれています。

 

総戸数、築年数もチェックできますし、何と言っても重要なのが立地条件ですね。

 

私なら、車移動をしないのであれば最寄り駅までどれくらいかかるかが最重要条件です。

 

それらも簡単に載っているので、それを参考にしながら引っ越し先を決めることもできます。

 

都会に住むならロイヤルハウスの「アーバンステージ」

ロイヤルハウスには、「アーバンステージ」という都市に住む3階建てのプランがあります。

 

狭小地でも広々と住めるようにとデザインされたプランで、例としてあげられている写真がまたおしゃれです。

 

確かに見た目は狭いという印象なのですが、縦長ということとその外観デザインによって窮屈さを感じさせません。

 

例としてある写真では、一部がバルコニーとなっています。

 

家の中と外とをつなぐ空間というのはあった方が心地よいでしょう。

 

もし私が「アーバンステージ」にしたら、特に都会なら自然と触れ合う機会が少なくなってしまうので、せめて空と風と光は感じられるようにしたいなと思います。

 

陸屋根なら屋上をつけられるかを検討してみても楽しいですね。

 

人目を気にせず布団を気持ちよく干せる空間ができて、洗濯物もよく乾きそうです。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

注文住宅の総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事

 

191プランから選ぶロイヤルハウスの「アリエ」ロイヤルハウスの中でも、基本プランを選んだあとから自由に家作りができるのが「アリエ」という商品です。そのプラン数は191で、それらをどう組み合わせるか楽しむのが醍醐味です。基本条件と言うのは道路方向や間口のことを言います。それが決まればおのずと良いプランというのは決まってくるので、それに沿った形を選んでいけば理想の家作りができると思います。敷地が限られ...

 
 

アフターサービスはイマイチ?ロイヤルハウスの評判家を建ててから必要になってくるアフターサービス、どこのハウスメーカーでも悪い評判は必ずと言っていいほどあります。残念ながらロイヤルハウスもそうです。特にフランチャイズチェーンであることから、担当してくれた加盟店が潰れてしまい、そのため引き継ぎ先ではアフターサービスが十分に受けられなかったと嘆く人もいるようです。加盟店ごとの対応も違うため、一概にロイヤ...

 
 

ロイヤルハウスのベタ基礎は床下換気バッチリ!ロイヤルハウスは、家の耐久性を著しく損なう原因は、床下から来る湿気だと言います。これを基礎で食い止めることができれば良いと考え、基礎防湿対策はバッチリです。床下の換気能力を高めることで湿気を効率的に逃がすことができ、湿気による木の腐りをなくす方法を採用しています。これは「基礎パッキング工法」と呼ばれ、床下換気がしっかりできています。家の柱などの木材の耐久...

 
 

茨城の工務店ランキング1位はロイヤルハウスつくば南店!茨城の注文住宅の作り手工務店ランキング、というものでは、ロイヤルハウスつくば南店が第1位となっていました。そのサイトへ行ってみると、最新ニュースの欄にはかなりまめに情報が更新されていました。間が空いても4日くらいで、どこでどんな工事を行ったかがわかります。連絡をこちらからとったら色んな情報がもらえるのは当り前ですが、こうしてネット情報でもリアル...

 
 

自由な間取りができるロイヤルハウス、吹き抜けもできる?自由な間取りが特徴的なロイヤルハウスでは、二世帯住宅や3階建て、太陽光発電システムがあるプランが選べます。選べる間取りに幅があるなら、施設でよく見かける吹き抜けにしてみたり、オープンキッチンにパントリーを加えるなんて手もあります。人気の吹き抜けを採用するメリットは、1階リビングの解放感があることです。家族全員が集まるということは、1人部屋よりも...

 
 

ロイヤルハウスの値段は選ぶプランによって大きく変わる値段が安ければ安いほど嬉しいのは誰しもあると思いますが、自分たちが住む家となればちょっと話は別かもしれません。ロイヤルハウスの坪単価は30~50万円と言われており、安いものを選択すれば貯蓄額がまだない若い層でもマイホームの購入が可能です。安いとあまり良い家にならないという噂があり、確かにそれは嘘ではないと思います。ですが、これはロイヤルハウスの場...

 
 

ロイヤルハウス宮崎店の展示場でスキップフロアをチェック!ロイヤルハウスの宮崎店には、常設展示場「ニューライフタウンひばり野・No81モデル」があります。ここの見どころはスキップフロアで、2階でも1階でもないこの間取りを実際に体感したいならば是非足を運んでみましょう。写真もサイトに掲載されていますが、スキップフロアの上からリビングを眺めた時の写真は吹き抜けの2階部分からの眺めにも思えます。外観も素敵...

 
 

次世代省エネ基準をクリアしているロイヤルハウスの外断熱ロイヤルハウスでは内断熱ではなく外断熱を採用しており、これは次世代省エネ基準をクリアしています。外断熱は内断熱よりも費用がかかると言われているのですが、ロイヤルハウスはその点かなり安く仕上げられているなという印象です。外断熱とは、家をまるっと断熱材で囲うような断熱方法です。内断熱は、家の柱があるとそこで一度断熱材が途切れてしまうので、そこから外...

 
 

ロイヤルハウスの施工例では、「あらわし梁」が魅力的まずは値段のことを考えず、ロイヤルハウスが作れる家にはどんなものがあるのかを見てみるのも楽しいと思います。できることとできないことを把握すればその後の家作りに役立てられますし、自分では知らなかった、思いつかなかった良いアイデアをもらえることもあります。特にロイヤルハウスが得意とするのは、「あらわし梁」と言って梁をあえて見せる家作りです。これをよりア...

 
 

ロイヤルハウスの良い評価と悪い評価をチェックしてみようロイヤルハウスの評価について、良い面ではコストが安いということがあげられています。家を安く買いたいと思うのは多くの人の願いであり、それを実現してくれるのはありがたいことです。坪単価は安くて30万円となっており、これならローコスト住宅を建てられます。また、木造なので鉄骨が嫌いだという人には一定の人気があるようです。ところが、悪い評価では、担当して...

 
 

ロイヤルハウスで平屋を建てるなら「グランドワン」「グランドワン」では、キッチンからダイニング、そして縁側にかけて広々と繋がった空間の間取りも施工可能です。これなら、こじんまりとしていても狭さを感じないのではないでしょうか。退職金だけで建てたいという希望も叶えられるそうなので、予算に合わせた土地を購入してみると良いでしょう。老後にはそんなに大きな家も必要ないので、必要最低限の広さの土地であれば十分で...