リショップナビ 評判

MENU

リショップナビの評判は?リフォーム業者探し代行サービスの良さ

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
最終更新:

 

リショップナビの評判は?リフォーム業者探し代行サービスの良さ

リショップナビ
https://rehome-navi.com/lp/004?page_transition_source=y-lis-brand&yclid=YSS.1000176176.EAIaIQobChMI59CS7sO_5QIVCmoqCh3uSgcsEAAYASAAEgLp1_D_BwE

 

皆さんは、リショップナビというサービスをご存知ですか?

 

これはあなたに適切なリフォーム業者を選んでくれるというサービスです。

 

リフォームは初めてだという方も多く、どこに頼んだら良いのかわからないという時に使えて便利だと評判です。

 

小さい工務店も入れると、全国にリフォーム業者はどれくらいあるのでしょうか。

 

下手をするとコンビニより多いのではと思ってしまうほどあります。

 

その中から、悪質リフォーム業者ではなく、どこよりも安く丁寧な仕事をしれくれるところを見つけ出すとなると大変な作業となります。

 

信頼ができるところを探す代行業者が、リショップナビということですね。

 

複数社から見積もりが取れるので、不正に高いリフォームを行って後から詐欺だと気付くなんてことも防げます。

 

これなら不安の種はなくなるのではないでしょうか。

 

口コミから見えてくるリショップナビのサービス内容

リショップナビを活用した方の口コミを見てみると、プロによる提案力が良かったという声がありました。

 

ここを直したいという要望があるとしても、プロからすれば別のアプローチの方がより便利で快適になると知っている場合があります。

 

そうなれば、その会社にリフォームをお願いしたいとなりますよね。

 

何故提案力が高いのかというと、リショップナビに登録している会社は他のリフォーム会社にお客さんを取られないように競争しているからです。

 

そこで生き残っていかないといけないため、より良いサービス提供をする必要があります。

 

リフォーム時に採用しようと思っているメーカーがあれば、そのメリットだけでなくデメリットも教えてくれる点も評価されています。

 

総合的に良いところも悪いところも知って決めるのが最も納得できると思います。

 

リショップナビを上手に使うコツ①)相場を把握する

家がそろそろリフォームの時期に差し掛かるのであれば、リショップナビの使い方を知っておくと良いでしょう。

 

ここからは、上手に使うコツを3つ紹介していきます。

 

まず1つ目は、数あるリフォーム会社の中から、最も安い値段でのリフォームを提供してくれる会社を探しだすために使うという方法です。

 

実際にそこにリフォームをお願いするかどうかは置いておき、どれくらいの値段がかかるのかを把握するために使うこともできるのです。

 

具体的に商品の値段が決まっているものと違い、リフォームはその箇所や内容によって差が出るため、素人ではいくらかかるのか検討がつかないという場合もあります。

 

そんな時にリショップナビで見積もりを複数社からもらえば、大体の目安がわかって家族と予算の話し合いをする時間が取れると思います。

 

リショップナビを上手に使うコツ②)具体的な要望をリフォーム会社に伝える

リショップナビを上手に使うコツ2つ目は、どこをどのようにリフォームしたいのかをできるだけ具体的に伝えることです。

 

例えば、「階段に手すりを付けたい」と言うのではまだ具体性に欠けます。

 

そうではなく、「85歳の母の階段の上り下りを楽にしてあげるため、階段の低めの位置に手すりを付けたい」などと言う方がリフォーム会社もより良い提案が出せます。

 

階段の上り下りだけを楽にしたいという要望だけを伝えれば、もし予算がたくさんあるのならエレベーターを付けるなんて提案もできなくはないです。

 

そんな大々的なリフォームは望んでいないとなれば、やはり具体性を持った意見を言うことが大切になってきます。

 

誰がどうするために手すりを付けるのかを言うことで、より良いサービスを提供してくれる会社と巡り合えるのではないでしょうか。

 

リショップナビを上手に使うコツ③)施工事例を確認する

リショップナビに登録できるのは、厳しい審査を潜り抜けたリフォーム会社のみとなっています。

 

そのため、悪質な手口でお金を巻き上げるような会社は入っていません。

 

リショップナビを上手に使うコツ3つ目は、そのような優秀なリフォーム会社の施工事例をチェックしておくことです。

 

写真を見ることによってイメージがわきますし、こんなリフォームもできるのかと、知らなかった知識を得ることができます。

 

これらの施工事例を見た後なら、もっと詳しくリフォームの要望を伝えられるかもしれませんよね。

 

例えば、和室を追加したいと思っていたけれど、スキップフロアで畳のコーナーを作るという手があったかなどと気づくことができます。

 

施工事例のうち、気に入った写真は保存しておくと、後でリフォーム会社にイメージを伝えやすくなって良いと思います。

 

リフォーム業者選びに失敗しないための注意点①)公正な比較サービスを利用する

ここからは、リフォーム業者選びに失敗しないための注意点を3つ挙げていきます。

 

リフォームを何度もしたことがあるという人はあまりおらず、初めてリフォーム業者を利用するという方の方が多いです。

 

となると、何でも初めての時はわからないことだらけになります。

 

リフォーム費用はどれくらいになるのか、この家を建ててもらったハウスメーカーに相談した方が良いのか、どこから情報を得れば良いのかなどなど。

 

中には悪質なリフォーム業者もいるので、それに引っかからないようにするためには、リショップナビなどのリフォーム業者探しを代行してくれるサービスを利用すべきでしょう。

 

このようなサイトでは、登録できるのは審査を通過した優良リフォーム業者のみとなっているので安心できます。

 

変な会社に目を付けられない自己防衛が、1つ目の注意点だと思います。

 

リフォーム業者選びに失敗しないための注意点②)値段重視なら建てたハウスメーカー以外の見積もりも取る

リフォーム業者選びに失敗しないための注意点2つ目は、今住んでいる家を建てたハウスメーカーと提携しているリフォーム会社を、どこの会社とも比較せずに選ばないようにすることです。

 

ハウスメーカーと提携しているのであれば、または同じ系列の会社であれば安心だと思うのもわかるのですが、中には同じリフォーム内容でも別の会社にしておけば70万円も安くなったのに、というような事例もあります。

 

予算を抑えることを第一に考えるのであれば、他社との比較というのは大変重要になってくると思いますね。

 

一度自分たちが信頼して家作りを任せたハウスメーカーなら、適切な会社を紹介してくれるだろうというのは費用を抑える方法ではなく、信頼から来るものです。

 

安心第一ならそれでも良いのですが、比較対象があった方が視野が広がります。

 

リフォーム業者選びに失敗しないための注意点③)そのリフォーム会社の得意分野を見誤らないようにする

リフォーム業者選びに失敗しないための注意点の最後、3つ目は、リフォーム会社の得意分野を見誤らないことです。

 

一応全科目に対応しているけれど、専門は数学だという先生に英語を学ぶのと、英語専門で活躍している先生に英語を学ぶのとではやはり違いますよね。

 

リフォーム会社も、水回りが得意な会社もあれば、間取りを変更するなどの大掛かりなリノベーションを得意とする会社もあります。

 

自分がしたいリフォーム内容と、相手が得意とするリフォーム内容を照らし合わせることが重要となってきます。

 

方法は、各社のホームページのパックとなっている商品内容をチェックするか、施工事例の件数を確認することが一番手っ取り早いと思います。

 

例えばキッチンなどの水回りの施工事例が多ければ、そこの得意分野だとすぐわかりますね。

 

リショップナビを活用してから業者を選びたい

リフォームをしたことのない私なら、リショップナビを使っておおよその料金総額を知ってから、本格的にどこの業者にリフォームを頼もうか決めたいです。

 

自分がしたいと思っているリフォームにいくらかかるのか、これはなかなか調べることができず、例えば外壁塗装では各社のホームページを見ても家の大きさによって異なったり、いくら「~」と書かれていて最安値しかわからなかったりします。

 

これでは自分の家のリフォームにはいくらかかるのか知るには、直接どこかのリフォーム会社に相談して値段を聞くしかありません。

 

しかし、一度相談をしてしまうとそのまま契約にまで持って行かれそうな不安もあります。

 

リショップナビを活用すれば、そのような不安をなくすことができ、しかも相場を知ることができるので大変便利ではないかと思います。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

注文住宅の総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事