ヘーベルハウス リフォーム

MENU

へーベルハウスが考えるリフォームには、定価が設定されています

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
最終更新:

 

旭化成リフォーム公式サイト
https://hebelian.com/reform/

 

長期優良住宅の考え方でリフォームの重要性が増しています。

 

そんな中、へーベルハウスが打ち出すリフォームのプランは定価があるという目新しいもの。

 

へーベルハウスのタフな構造に裏打ちされた、大規模リフォームも可能なものとなっています。

 

ここでは、その内容や費用についてまとめてみました。

 

「我が家は住まうほど大切な宝物になっていく」

 

こんな素敵なキャッチフレーズでリフォームを提案するヘーベルハウス。

 

具体的にどんなプランがあるのでしょうか。

 

リフォームのしやすさ=長期優良住宅

一つの家に長く住むのが欧米では一般的、なのに日本の住宅は欧米の住宅に比べて寿命が半分ととても短い。

 

高度経済成長の時代がもう一度来るとは思えませんし、環境のことを配慮しても長持ちする住宅の方が合理的。

 

だから長持ちする「長期優良住宅」という基準を定めて、これにのっとった家を建てた人には優遇措置をとろう。

 

・・・これが、現在日本がおこなっている住宅政策です。

 

地震や湿気など、日本独特の住環境を考えていないよなあ・・・と思う反面、代替わりするたびに建て替えるのはもったいない。

 

そう考えたりもしますから、長期優良住宅という考え方にはおおむね賛成なのです。

 

具体的にどんな家を指して「長期優良住宅」というのか?その具体的な基準、そしてその基準を満たすことで受けられるメリットについてはSUUMOのサイトが参考になるのでぜひご覧になってみてください。
⇒ SUUMO「長期優良住宅の基準や条件は?」

 

ざっくりと、満たすべき条件の項目をまとめておくと、

 

  • バリアフリー性
  • 可変性
  • 耐震性
  • 省エネルギー性
  • 居住環境
  • 維持保全の点検や計画
  • 維持管理・更新のしやすさ
  • 構造躯体の劣化に対する対策
  • 床面積(住戸面積)

 

これら一つ一つの認定基準をクリアしていなければ、「長期優良住宅」とは認められないということですね。

 

かみ砕いて言うと、「長期にわたって優良な状態を保てることを客観的に証明できる住宅」ですから、そう考えるとかなりハードルの高い制度のように思えてきます。

 

しかし、「長い間住む」ということは家族構成なども変化するということ、現に欧米では家族構成が変わるたびに引越をおこないます。

 

日本ではどう考えているかというと、住宅の可変性に重きを置いています。

 

つまり、リフォームのしやすさ=長期優良住宅ということですね。

 

料金が明確なリフォームプラン

費用の問題がありますから、賛同するかどうかは別として、、、ロングライフ住宅はへーベルハウスのセールスポイントの一つ。

 

だから、へーベルハウスは標準で建てても認定を受けることができるほど、長期優良住宅の方針とピッタリ合っているのです。

 

そしてロングライフ住宅ならではの利点として、旭化成リフォームではリフォームのプランに「リメイク」を打ち出しています。

 

旭化成リフォーム 全改装リフォーム「リメイク」
https://hebelian.com/reform/menu/全改装リフォーム

 

これは全改装・定価制見積もりシステムのことで、リフォームを「2度目の家づくり」と位置付けているのが特徴的。

 

目新しい点は「定価」があるという点でしょうね。

 

基本料金+(住まいの坪数×坪単価)で料金が算出されるので、非常にシンプルなのです。

 

部屋の間取りから根本的に作り変えたいのか?それとも、内装や設備を変えたいという「もようがえ」レベルで良いのか。

 

大きく分けて「まどりがえ」と「もようがえ」の2コースがあり、それぞれ基本料金が決まっているのがわかりやすいですよね。

 

「リフォームは、場合によっては新築並みの金額がかかる」なんて話も耳にしたことがありますので、費用面について不安に思っている方は多いのではないかと思います。

 

しかし、このリフォームの仕組みならば、いくらぐらいかかるかという概算は誰にでもできるでしょう。

 

だから、将来的にリフォームをしたいと思っているならば、その金額を目安に貯蓄するなどの手が打てるのです。

 

ちなみにリフォームの基本料金は税別で365万円、坪単価は20万円となっています。

 

リフォームは2度目の家づくり

この料金で何ができてしまうかというと、相当大規模なリフォームが可能。

 

つまり天井をや壁を取り払ったり、水廻りをゼロから考えたりというところからできてしまいます。

 

また、床・壁・天井に新たにハイスペックな断熱材を施し、窓も二重サッシにして「快適性を高める」という“住み心地”レベルの刷新までできてしまうんですよ。

 

へーベルハウスがリフォームを「2度目の家づくり」と位置付けているのもうなずけますね。

 

家に長く住んでいると間取りなどで後悔する点は必ず出てきます。

 

しかし、ここまでやってくれるならば、そんな問題点もすべて解決するはず。

 

1回建てただけでは絶対に到達できないという、理想の家へ近づくことができるのです。

 

リフォームをより身近にする定額制プラン「リメイク」、こんなところも「さすがへーベルハウスだなあ」と感心しちゃいます。

 

では、へーべリアンさんたちは実際にどんなリフォームをしているのか?

 

こちらのリフォーム実例集がとても参考になるのでご覧になってみると良いかと思います。

 

旭化成リフォーム リフォーム実例集
https://hebelian.com/reform/example

 

介護、ペット、両親との同居、家事効率、シェアハウス・・・等々、そのリフォームに求めたものは各ご家庭によって違っていますが、「この家にずっと住むために」という住宅への強い“愛”が感じられるという点では共通していますね。

 

住宅のリフォームは、「モノを大切にして長く使う」ということの究極の形なのだということに改めて気づかせてくれます。

 

ヘーベルハウスのリフォームの特徴や、リフォームそのものに対する考え方についてはこちらの記事でも紹介していますのでぜひ参考にしてみてくださいね。
⇒ リフォームにも幅広く対応できるヘーベルハウスの柔軟性

 

あなたの家族に必要なのはどんなリフォーム?

理想を100%に近い形で建てたはずだったマイホームも、築10年、20年・・・と年数を経るにつれて「もうちょっと、ココがこうだったらいいのにな」という小さな不満が出てくるもの。

 

それは、単に家が劣化したからというだけではなく、自分自身の老化も多分に影響しています。

 

家も、自分の年齢に合わせてカスタマイズしていかなければいけない。

 

そんなことに気づかせてくれるのが、旭化成リフォーム公式サイトにある「リフォームメニュー一覧」です。

 

「設備・部位別リフォーム」に加えて、「暮らし方提案リフォーム」という項目があるのですが、これからのリフォームを考えていくうえでとても参考になるコンテンツなんですよ。

 

旭化成リフォーム リフォームメニュー一覧
https://hebelian.com/reform/menu

 

例えば、私が心惹かれたのは「イマドキそなえ」というリフォームメニュー。

 

「いまどき」の「備え」ってどんなこと?

 

とページをクリックしてみると、災害や加齢など、「心配ではあるけれど、具体的に何か対策をしているわけではない」というようなテーマがメインコンセプトになっていて「なるほど、確かにそうだよね」と考えさせられました。

 

「備えあれば憂いなし」とはわかっていても、実際は「備え」がなくていつもどこかに憂いを抱えて生きている方が大多数なのではないでしょうか。

 

かくいう私もその一人ですから、ヘーベルハウスの提案はグサグサと痛いところを突いてきました。

 

ヘーベルハウスの家に住んでいる方も、そうでない方も。

 

これからヘーベルハウスで家を建てる方も、別のメーカーで建てる方も。

 

数年後の自分や家の老化を見据えて、「今、元気なうちにやっておくべきことはなにか?」現実から目を背けずに今できること、すべきことを具体的に考えてみたほうが良いかもしれません。

 

上記のサイトは、その具体的なヒントを与えてくれるのではないかと思います。

 

新発売のリフォームプラン「PremiumLDK」とは?

様々なリフォームニーズに応えるべく多彩なリフォームプランを用意している旭化成リフォームですが、2019年11月現在、要注目なのは新たに発売されたコチラのプラン。

 

ヘーベルハウスリフォーム PremiumLDK
https://hebelian.com/reform/menu/新発売%ef%bc%81%e3%80%80premium-ldk

 

その名の通り、LDKを「プレミアム」に生まれ変わらせることができるプランです。

 

具体的には、

 

  • 上質なキッチン
  • 天然木の床(厚単板フローリング)
  • 高級感のあるタイル

 

を組み合わせてLDKに高級感を演出するというリフォーム。

 

LXILの「リシェルSI」や、パナソニックの「Lクラス」、クリナップの「セントロ」など、大手メーカーの「最高級クラス」のシステムキッチンを採用していますので、もうそれだけで空気の流れが変わりますね。

 

LDKは、家族が毎日集う場所でありお客様をお迎えするパブリックな場所でもあります。

 

私と公、どちらの顔も持つ空間だからこそ、「オシャレに、センスよく仕上げたい」。

 

でも、どうすればセンスの良い空間になるのかわからない・・・というのが悩みどころだったりしますが、このリフォームプランを見るとやはり質の高いキッチン設備やフローリングを採用するだけで空気感は全然違いますね。

 

もちろん予算の都合もありますが、「インテリアのセンスに自信がない」という方は思い切ってこんなハイクラスなリフォームに投資してみるのもオススメです。

 

古いキッチンの撤去・処分、給排水やガス・電気の工事、その他食器棚やクロスの張替え、照明なども全てパックになっていて、料金がわかりやすい(後から上がったりしない)のも安心材料です。

 

ヘーベルハウスのキッチン設備についてはこちらの記事でも紹介していますのでぜひ合わせてご覧になってみてくださいね。

 

⇒ ヘーベルハウスのキッチンメーカーはどれも優秀!

 

求人が増加!リフォームのニーズが高まっている証拠?

興味深いことに、2019年8月現在、ヘーベルハウスのリフォーム部門では求人の数が増加しています。

 

職種としては、既存の顧客に対する「リフォーム提案営業」がメインとなっているようです。

 

新築や建て替えよりも、「丁寧に手入れをして住み継いていくこと」を大切にしているハウスメーカーということもあり、リフォーム部門を今後も強化していきたいという思いがあるのでしょう。

 

こちらのページに様々な実例が掲載されていますが、ライフスタイルや家族構成の変化に合わせてリフォームする方が多いようですね。

 

ヘーベルハウス ストックハウスヘーベルハウス
https://hebelian.com/reform/example

 

少子高齢化で、「親を自宅で、自分で介護する」というケースが増えていることも影響しているのでしょう。

 

人間の寿命が延びるということは、住まいの寿命もまた伸ばしていかなければいけないということ。

 

人々が住宅選びをするにあたって、今後は「長く住める家」「寿命が長い家」という基準に重きを置くようになるでしょう。

 

そうなれば、長寿命でリフォーム技術に長けたヘーベルハウスは今より実績を伸ばせるチャンスとも言えるかもしれません。

 

また、中古のヘーベルハウスを同社がリフォームして再び売り出す「ストックヘーベルハウス」の事業にも注力しているようです。

 

ヘーベルハウス ストックハウスヘーベルハウス
https://www.afr-web.co.jp/stock/purchase/index.html/

 

新築にこだわらず寿命の長い家に住みたいという方、少しでも手頃な価格であこがれのヘーベルハウスを手に入れたいという方は中古の購入を検討してみるのもアリではないでしょうか。

 

【まとめ】「これから」を考えてくれるリフォームサービスだった

このように、ヘーベルハウスのリフォームは「これからの家づくり」や「住まい」の在り方について考える上で非常に参考になります。

 

押さえておきたいポイントは以下の5つ。

 

  • 日本も、欧米並みに住宅の寿命が延びている
  • ヘーベルハウスの家は、標準仕様でも「長期優良住宅」の基準をクリアできる
  • ヘーベルハウスのリフォームは、わかりやすい「定価制」
  • リフォームのコースは大きく分けて2種類用意されている
  • 多様なニーズに合わせたリフォームメニューが充実している

 

新たに家を建てる方にとって、そして既存の家をリフォームする方にとっても、これからの住まいとの付き合い方について改めて考えることはとても大切

 

ヘーベルハウスのリフォーム事例から学ぶことは多いはずです!

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

注文住宅の総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事

へーベルハウスの評判はおおむね良好なのですが・・・
鬼怒川の氾濫級の災害で残るへーベルハウスそんなにスゴイのか
節目の10年そして30年へーベルハウスの無料点検は長期にわたります
メンテ次第で100年も60年先を見据えた長期優良へーベルハウス
平均的床面積40坪へーベルハウスの提案する間取りはどうだ?
へーベルハウス2.5階の新提案「2.5style」注目のその内容とは?!
へーベルハウス30年目の集中メンテナンス費用は400万円!
へーベルハウスは30年保証はないが安心して住めるしくみがある住宅
4階建てだからできることへーベルハウスからの提案
5LDKへーベルハウスに頼むのならば大得意の2世帯同居で
へーベルハウス2015年のトピックは丈夫さとロングライフ住宅
へーベルハウスならではの提案で自由に50坪を活かしきる
へーベルハウス得意の吹き抜けで30坪をより広く使うコツ
へーベルハウスの2016年は追い風と逆風?
へーベルハウスの5階建て賃貸併用住宅はオイシイプランなのか?
へーベルハウスのロングライフプログラムの柱は5年点検
ALCを全面的に使用したへーベルハウスの長所と短所とは?
へーベルハウスの提携メーカーで効率的なL型キッチンを
へーベルハウスの主力キュービックの坪単価は高めだけど?
へーベルハウスとダイワハウス両者を比較してみると・・・
へーベルハウスに限らずウォールファニチャーは作る前によく考える
つなぎ融資も用意へーベルハウスの専用ローンが優れすぎてる?
へーベルハウスが推すアドバンスフローリングを検証してみた!
へーベルハウス得意の大空間でビルトインガレージを実現
将来のスマートハウスを視野に入れてへーベルハウスを検討してみる
へーベルハウスのインテリアフェアには是非とも出向くべき!!
へーベルハウスのスカイコテージは楽しそうですが、、、
へーベルハウスとセキスイハイムを鉄骨の使用で比較!
ウッドデッキはへーベルハウスに頼むべきなのか?
へーベルハウスでもエコキュート導入は普通の時代
へーベルハウスにエレベータは非常に相性が良いですね。
へーベルハウスのアフターサービス窓口は万全
へーベルハウスでは、お勉強的イベントが増加中
へーベルハウスでもウォークインクローゼットは一般的ですが
へーベルハウスはエアコンクリーニングまでも任せられる
スッキリデザインのへーベルハウスにオーニングはピッタリ
へーベルハウスの独特な外観は、おしゃれなのだろうか?
へーベルハウスで選べる風呂は国産大手の4社から
へーベルハウスの新シリーズ「ソフィット」を徹底検証
夢があるへーベルハウス「そらのま」の間取りはムダばかり?
へーベルハウス「そらのま」の坪単価はプラス5万円から
へーベルハウスは構造的にダウンフロアが得意ですが・・・
へーベルハウスは60年保証とは始めから言ってはいない
へーベルハウスのLハットは価格分の価値があるのだろうか?
へーベルハウスの空調は従来通りのエアコンをメインに使う
へーベルハウスのキッチンは特徴ある3社から選択する
へーベルハウスはクレームの要因を始めからオープンにする
へーベルハウスで建てたいからコストダウン策を考える
へーベルハウスの高断熱性はアルミ樹脂複合断熱サッシのおかげ
へーベルハウスとサンルームは相性がよさそうなのですが?
ヘーベルハウスにシロアリの被害が出ないのはウソ?!
意外と目立つへーベルハウスのデメリット特集
へーベルハウスのテラクラフトには得意な要素が盛りだくさん
へーベルハウスが採用する優秀な断熱材はネオマフォーム
へーベルハウスの外壁に用いられるALCは優秀な素材
ヘーベルハウスの会員制ハウスクリーニングは料金高めだけど安心
へーベルハウスなら、どんなバスルームも実現可能
へーベルハウスでもパントリーは必須の間取り
ピアノの防音はへーベルハウスでは不充分?
へーベルハウスでパナソニックキッチンが選ばれる理由とは?
へーベルハウスとパナホームを比較するポイントは外壁材
へーベルハウスと独特の間取りはハンモックと好相性!
へーベルハウスでも用いられるピクチャーウィンドウ
へーベルハウスでも人気のピクチャーレールは安価に自作可能
まさにへーベルハウス向き!ピロティーガレージは超快適
へーベルハウスは標準でフラット35Sの基準をクリア
へーベルハウスだとフローリングの選択も一苦労
へーベルハウスのペアガラス3層ガラスと比べて機能的や効果は?
へーベルハウスのヘーベリアンネットを活用して情報収集だ!
へーベルハウスのペット共生住宅はアイデア満載!
へーベルハウスが提案するペット共生型の賃貸とは?
へーベルハウスでもペニンシュラキッチンは大流行中
へーベルハウス風にベランダを楽しむのなら床はタイルが最上?
ベランダに屋根のないデザインをへーベルハウスでは見かけます
へーベルハウスのベランダの手すり、布団を干す場合のポイント
ベランダの排水はへーベルハウスに限らず大きな問題です
ペンダントライトもへーベルハウスに任せてしまうのですか?
ペントハウスが得意のへーベルハウス、次のアイデアは?
へーベルハウスのアフター全般はホームサービス課が担当
マンション建築・経営もへーベルハウスにまかせてみると?
建てるメリットは3つだけ?へーベルハウス
へーベルハウスのモジュールは昔ながらの尺単位らしいけど大丈夫?
へーベルハウスがメンテナンスフリーだと聞いて安心するなかれ!
ヘーベルハウスのモデルハウス街かどへーベルハウスは現実的だぞ!
ヘーベルハウスのモデルハウス購入は本当にお得?格安だけど、、、
それってホントにお得なの?モニター価格でへーベルハウスを購入
超絶に住みたいリビング特集!へーベルハウスが提案する憧れのリビング
ヘーベルハウスのリフォーム実例を参考にベストなリフォームを実現
お客さんだけに!圧倒的なモニター価格で指示を集めるへーベルハウスが凄いぞ!
損したくない!へーベルハウスのリフォーム価格は適正なのか?
旭化成リフォーム以外の他社にへーベルハウスのリフォームを依頼するには?
へーベルハウスにルーバースクリーンはもってこいだぜ!
本気で屋上緑化を考えるならヘーベルハウスのルーフガーデンいいかも!
お上手!ヘーベルハウスはルーフバルコニーの使い方が素敵すぎ
へーベルハウスの最上位モデルのフレックスレジデンスを検証!
ローコストでへーベルハウスを建てる方法はただ一つ・・・
ヘーベルハウスのローン審査は甘いのか?専用の住宅ローンを検証
巨大企業、旭化成の技術の粋「へーベルハウス」
へーベルハウスを安く建てる!といっても限度があるワン!
なぜか維持費が高いと言われるへーベルハウス。実際はそんなに高くない
割安?ヘーベルハウスの一戸建ての値段は意外と高くない!
一条工務店とへーベルハウスを比較して分かったこと
ヘーベルハウスは雨樋の代わりにメンテが楽な排水溝とドレインが使われる
ヘーベルハウスの陸屋根は雨漏りが多いといわれますが本当ですか?
リフォームにも幅広く対応できるヘーベルハウスの柔軟性
賃貸としての5階建てもヘーベルハウスで可能!
猫との暮らしを応援するヘーベルハウスのプランがある
フラットな屋根がヘーベルハウスのZEHに合うかも
坪単価は100万円になることも!ヘーベルハウスの高級住宅
ヘーベルハウスの坪単価を他社と比較してみると・・・?
値引きしてもらえるかも!ヘーベルハウスは交渉次第で安くなる
外観には直線がを多用するヘーベルハウスの特徴的な家
陸屋根が特徴的なヘーベルハウスは雨漏りしないの?
ヘーベルハウスでも起こるトラブル回避方法
口コミからわかるヘーベルハウスの良い所・悪い所
インテリアの種類も自由に選べるヘーベルハウス
住友林業とヘーベルハウスは木造VS鉄骨という構造
維持費は30年目で400万円!?ヘーベルハウスの嘘ホント
ショールームを多く持つヘーベルハウスなら気軽に見学できる
ウッドデッキは必ずしもヘーベルハウスに頼む必要はない
オプションはどこにつける?ヘーベルハウスの家の予算を考える
エネファームをヘーベルハウスで設置するなら太陽光発電も!
ヘーベルハウスではリビング階段や螺旋階段も提案してみよう!
エクステリアはヘーベルハウスに頼まない方が安い?
ヘーベルハウスのキッチンメーカーはどれも優秀!
大手4社に期待大!ヘーベルハウスで選べるお風呂
ヘーベルハウスの分譲地ランキングNo.1は武蔵小杉でした!
ヘーベルハウスと契約するまでに多い流れとは
外壁材に定評があるへーベルハウスはALCを使っている
防犯に特化した構造を熟知したヘーベルハウスの家
収納を考えるならヘーベルハウスで十分です!
火災保険だけでなく、生命保険の加入も勧めるヘーベルハウス
二重コンクリート構造がヘーベルハウスの強い基礎
狭小地が得意なヘーベルハウスでは3階建てがオススメ!
ヘーベルハウスにするなら結構な金額を用意しておきたいところ
見学会では躯体現場も見られるヘーベルハウス
欠点は家の断熱性!?ヘーベルハウスが苦手とする分野は?
結露の発生はヘーベルハウスでもありえます
鉄骨住宅が得意なヘーベルハウス。軽量鉄骨の家も作れます
災害対策としてヘーベルハウスが考える「そなえのいえ」
2013年の税制改正によるヘーベルハウスへの影響は?
ヘーベルハウスが使っている断熱材はどんなもの?
設備重視ならヘーベルハウスの高齢者用「ヘーベル・ヴィレッジ」
防音に定評があるヘーベルハウスが採用しているのは「ヘーベル」
騒音被害に遭わないためにヘーベルハウスがしてくれること
建具の評判は?ヘーベルハウスのデザインセンス
坪単価が高くてもヘーベルハウスにしたい場合はどうすればいい?
5年刻みの点検があるヘーベルハウスの入念なチェック
保証はないの?ヘーベルハウスの曖昧なところ
ヘーベルハウスのマンションから退去する手順
注文住宅をヘーベルハウスらしさを出して建てたいなら
間取りはどうする?ヘーベルハウスでの暮らしやすさを追求しよう
ヘーベルハウスのライバルとなるのはどのハウスメーカー?
天井高は240㎝と少し低いヘーベルハウス。それって悪いこと?
売却するならヘーベルハウスの家は得をするかも!
耐用年数を60年とするヘーベルハウス。でもメンテナンスは必須
標準仕様はどんな感じ?ヘーベルハウスの具体的設備
塗装のしなおしはヘーベルハウスだと15年が目安
外壁メンテナンスは15年ごとのヘーベルハウス
増築にかかる費用、ヘーベルハウスはかなり高い!
2世帯住宅のパイオニアはヘーベルハウスだった!
平屋プランもあるヘーベルハウス、坪単価は70~80万円
住まいの学習塾でヘーベルハウスのあれこれを学べる!
地震に強いヘーベルハウスは重量鉄骨の家がメイン
特にメンテナンス費用がでかいのがヘーベルハウス
玄関作りもお手の物!ヘーベルハウスの自由な玄関
フローリングはどうする?ヘーベルハウスは黄色もピンクもあり
ヘーベルハウスの賃貸に住むなら知っておきたい保証会社
見積もりはネットでもできる!ヘーベルハウス以外もチェック
躯体はクレーンを使って組み立てるのがヘーベルハウス流
メンテナンス費用が高いヘーベルハウス、400万円必要?
制震技術に優れているヘーベルハウスの強い家
ベランダを庭に!ヘーベルハウスが勧める都市での緑化生活
ガレージをつけるのもヘーベルハウスの得意技!
中古なのに高いヘーベルハウスの家に秘密とは
柱の数が少ないヘーベルハウスは間取りの自由度が高い
ペット用の変わり種ドアも用意されているヘーベルハウス
予算はいくら必要?ヘーベルハウスの家を建てるためには
ランキング形式でヘーベルハウスの位置確認をしてみた
ランドリーサンルームを作ったヘーベルハウスの意外な狙い
弱点は断熱性?ヘーベルハウスのこれからに期待
ペットと一緒の暮らしも考えてくれるヘーベルハウスのアイデア
リビングに関するヘーベルハウスの提案はどれがいい?
ヘーベルハウスの和風は外構がものを言う?
住宅ローンに手厚い対応をしてくれるヘーベルハウス
ヘーベルハウスの得意とする二世帯住宅を建てる利点とは
リフォームも手掛けるヘーベルハウスの評判はまずまず
DIYも考えながらヘーベルハウスの外構・内装を決めてみよう
ルーフトップというサイトでヘーベルハウスの屋上利用例を確認
ヘーベルハウスの外構には目隠しとなるフェンスが欲しい
グレードは中の上?ヘーベルハウスの設備の評価
ヘーベルハウスの外壁で最も濃いのがダイナブラウン
断熱材の厚さは?ヘーベルハウスが1階床に使うのは従来の3倍!
ヘーベルハウスのデメリットは全体的にお金がかかること
ダウンフロアを得意とするヘーベルハウス!リビングにオススメ
電動シャッターの価格は高い!ヘーベルハウスには取り入れる?
シンプルなデザインが好きならヘーベルハウスは向いているかも