リフォーム おすすめ

MENU
 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
おすすめのリフォーム方法は順当リフレッシュ!

住宅の構造や雨漏り、そして断熱などの基本性能に問題がないことを前提にすれば、リフォームでもっとも手を付けやすく効果が見えるのはリフレッシュです。

 

その代表は、経年で気がつかない内にくすんできたクロスの貼り替えで、想像以上に明るく新鮮に見えるだけではなく、最近では臭いや有害物質を吸収するもの、或いは汚れを拭き取りやすいものなどがあり、おすすめです。

 

次に、気をつけて掃除しているつもりでも落ちきれないのがコンロ周りの汚れで、コンロを交換することでシステムキッチンが見違えて見えます。

 

また、10数年前のコンロと現在のものでは、その機能や性能、さらには安全性が格段に向上しており、システムキッチンの総入れ替えでなくともビルトインコンロの交換はおすすめです。

 

このように、リフォームを大掛かりなものと考えず、出来るところから始めるのがコツですが、一方ではリフォーム種別によってはある程度まとめてリフォームする方がコスト的に有利なこともあるため、全体のリフォームイメージを持っておくことが重要です。

 

キッチンリフォームは汚れにくさと掃除しやすさがポイント

10数年前のキッチンと現在のキッチンを比べると、そのスタイルは多種多様になり、材質や器具の性能向上には目を見張るものがあります。

 

しかし、どんなにスマートなキッチンも少し手を抜くと数年で無残な姿になるため、リフォームする際には掃除しやすい、そして汚れにくい材種・器具選びが大事になります。

 

最近のシステムキッチンのワークトップに使用されている人工大理石カウンターは、形や色にバリエーションが多く非常にお洒落なものですが、また出始めの頃に比べて随分改良されていますが、それでもステンレスワークトップに比べれば、耐熱や変色、そして傷に対する耐性が劣ります。

 

ですから、コンロから下ろした鍋などをダイレクトに置かない、ワークトップの上で直接包丁を使わない、そしてカレーなどのシミになりやすいものをこぼした時にはすぐに拭き取る、などの注意が必要です。

 

なお、同様のものに人造大理石がありますが、これは大理石を粉砕したものを樹脂で固めたもので、人工大理石には大理石が使用されておらず樹脂だけで成形されたものです。

 

そして、先に挙げた耐熱や変色に関しては、人工大理石の方に優位性があり、現在ではワークトップカウンターの主流となっています。

 

ワークトップ以外で汚れ安いものにコンロがありますが、最近のコンロにはIH・ガスを問わずガラストップタイプになっており拭き取り掃除が楽で、特にIHではゴトクがないため掃除のしやすさと言う点ではベストな選択と言えます。

 

お風呂のリフォームはユニットバスを前提に!

よほどお風呂に趣向を凝らす計画でない限り、リフォームする際にはユニットバスを前提に計画するべきだと思います。

 

50年以上前に市販され次第に普及してきたユニットバスは、現在では多種多様なバリエーションがあり、檜のバスタブ仕様まであるほどです。

 

普及してきた要因には、防水性能がよいこと、施工期間が短いこと、そしてコストが安いことがありますが、何よりもお風呂に必要な防水性能に優れていることが挙げられるでしょう。

 

また、お風呂のリフォームに必要な工事期間が短いのも居住者にとってはありがたいもので、既存のお風呂の撤去を含めて早ければ1日、掛かっても1日半ほどで完了します。

 

なお、ユニットバスの組み立てに際しては出入り口周りの一部撤去・修復を伴うこともあり、その場合には合わせて洗面・脱衣室のクロスの貼り替えを行っておくのもお勧めです。

 

お勧めのプチリフォーム

住みながら行えるプチリフォームでも、生活空間やスタイルに変化を与え、長い住宅寿命の中で新鮮味を維持するために有効なものがあります。

 

快適性で効果が大きいものに、ドアハンドルの握り玉タイプからレバータイプへの交換、電灯スイッチを、左右を押すことでオン・オフになるタイプから、プッシュでオン・オフとなるタイプへの変更などがあります。

 

これらは、高齢者や小さな子供にも優しいものとなりますので、生活の利便性向上のためのプチリフォームと言えるでしょう。

 

視覚的に効果が大きいものとしてはクロスの貼替えがありますが、お勧めなのはリビングや個室の壁一面のみのアクセントクロス貼りで、比較的貼替え面積が少なく効果の大きいプチリフォームだと思います。

 

また、厳密にはリフォームとは言えないかもしれませんが、春から夏の終わりまで、そして秋から冬の終わりまでの2シーズで家具等のレイアウト替えを行い、合わせて床や壁の拭き掃除を行うと、リフレッシュ感がでますのでお勧めです。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

注文住宅の総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事

 

リフォームの見積り金額の内訳と相場リフォームの工事金額に含まれるのは、大雑把に言って、既存部分の撤去・処分費、使用材料の数量と価格、施工費、運搬・交通費、場合によっては管理費などがあります。これらの中で、相場価格と比較しやすいものは使用材料の価格と施工費で、その他は既存部分の状況や施工業者との距離などで変わります。また、内部のリフォームでは家具の移動に要する費用、そして撤去材の搬出や資材の搬入など...

 
 

エコリフォームと良質な中古住宅の購入における補助金リフォームに対する補助金には、長期優良リフォーム、省エネ改修、ゼロエネ住宅などがありますが、あまり知られていないものに,「エコリフォーム」と「良質な中古住宅の購入」に対するものがあります。「エコリフォーム」の対象は、開口部の断熱改修、壁・屋根・天井・床の断熱改修、設備エコ改修、のいずれか(併用含む)を基本として、それらのいずれか(併用含む)と合わせ...

 
 

リフォームした時は確定申告を忘れずに行うことリフォームした時に確定申告で受けられる所得税減税には、償還期間5年以上のリフォームローンを利用した場合、償還期間5年未満のリフォームローンや自己資金で行った場合とに分類され、最大控除額(減税額)などが若干異なります。償還期間5年以上のリフォームローンを利用した場合は、同居(3世代)対応改修、バリアフリー改修、省エネ改修のいずれかのリフォームをした時に所得...

 
 

リフォームデザインする時の参考と注意点リフォームの内容が、クロスの貼り替えやキッチンなどの設備の入れ替えなどの場合、デザインの中心はカラーコーディネイトになり、その範囲ではデザインを設計事務所やデザイナーに依頼することは少なくです。リフォーム業者あるいは居住者自らが計画するのが大半でしょう。リフォームのデザインを居住者が行う場合、参考とするのはカタログやインテリア雑誌になると思いますが、やはりリア...

 
 

壁のリフレッシュリフォームをDIYでチャレンジリフォームで最もDIYしやすいのは壁のクロスの貼り替えです。ホームセンターではクロスを始め、糊、さらには押さえローラーなど一式を揃えることができ、最近ではネット通販でも手に入れることができます。しかし、誰にでも簡単にできると言うほどではなく、それなりに向き不向き。そして慣れも必要になりますのでDIYでチャレンジする時は、壁の一部あるいはトイレなどの面積...

 
 

誰もが親の老後、もしくはパートナーの介護を覚悟しなければいけない時代になってきました。若いときは考えもしなかったことが、年を追うとともに発生してくるものです。介護を辛いものにするかどうかは、住む家の状態によると言っても過言ではないでしょう。介護者が、楽に介護を遂行できるように、リフォームのポイントを検討し、記事にまとめました。目次助成金がもらえる介護リフォームってどんなリフォーム?介護リフォームの...

 
 

融資を受けるには?介護リフォームを安全で安く施工したい住宅金融支援機構のリフォーム融資では、介護リフォームをした場合にその融資が受けられる場合があります。高齢者向けのバリアフリー工事などがそれに当てはまります。詳しい案内はネットでも見ることができるので、家に居ながら情報を得ることが可能です。かなり細かいことまで載っているので、丁寧に、一つ一つ自分たちの場合はどれに当てはまるのかを見ていく必要があり...

 
 

どんな業者なら介護のリフォームを任せられるのか収納スペースをより多くといった要望や、ウッドデッキを付け加えたいというようなリフォームは介護のリフォームとは違います。業者を選ぶ際には、介護のリフォームに関して知識があるところを中心に調べる必要があります。有名なハウスメーカーでも、そこは介護用のリフォームに関して疎い可能性もあり、そうなるとより良い提案を受けられなかったり、申請書類の作成の仕方を教えて...

 
 

介護のリフォーム事例を見て勉強してみよう!要介護者も介護者も、双方が暮らしやすい家にするためには介護リフォームが必要になる場合があります。その時、どんな風にリフォームをしたら過ごしやすくなるのかは、事例を見てみないことには良いアイデアが浮かんでこないでしょう。実際、私は施工事例の写真を見て、こんな工事をすることも可能なのかと学びました。知らないことがあると損をするので、リフォーム会社を選んだら、ど...

 
 

車椅子の要介護者のためにリフォームをするなら気を付けたい点車椅子を使っている人が家の中で暮らしやすいようにリフォームをするなら、介護の点でも気を付けたいポイントがあります。例えば車椅子を押す立場で、そのまま洗面所に行くとしましょう。そこからの洗顔などは車椅子に座った本人ができるとしても、普通の洗面台では足場にスペースがないため蛇口まで届きません。そのため、車椅子の人のためのリフォームは、洗面台であ...

 
 

要介護者の寝室は1階になるようリフォームしよう要介護者のために寝室を作るなら、1階に作るというのは基本です。できるだけ段差がなく、楽に移動ができるところが良いので、リフォームではリビングを寝室に改造するという事例もあります。こうすることで、もともと広い部屋であることから介護用ベッドを置いても狭くなりません。物を置かなくても、介護者が介護する際には場所があった方が何かと便利なので、できるだけ広い部屋...

 
 

お風呂の介護リフォームにはこんなにも工夫がたくさんあるお風呂は、高齢になってくると一人で入るのが大変になってきます。その場合、介護用のお風呂を家に作ることも可能です。基本的には介護リフォームを行っている会社に頼むことになりますが、予算が心配であれば複数の会社に見積もりをとってもらうのが得策だと思います。お風呂の中では一人で身体を洗える人もいれば、全て介護が必要な人もいるので、どこまで改修するのかは...

 
 

階段の昇り降りを楽にするための介護リフォーム家の介護リフォームで厄介なのが階段です。2階建てで暮らしていると、階段を昇り降りするのが困難になってくる場合があります。その場合、最初の段階であれば手すりをつけるのが一般的です。このリフォームなら10万円もしないので、気軽にできる範囲です。手すりに体重をかけても良いよう頑丈に作ってもらえますし、掴みやすい太さにもしてくれます。これによって2階と1階の行き...

 
 

「介護」のリフォームに詳しい会社選びが大切リフォーム会社選びはまずはネットで情報収集という人も多いでしょう。もし介護のためのリフォームを考えるのだとしたら、介護に特化した会社を選ぶべきです。その方が福祉用具を使うための間取りに関して知識がありますし、向こうからこんなリフォームもできますがと提案をしてくれます。また、介護リフォームは役所への申請が必要になってくるので、それらの手続きに関しても指導をし...

 
 

介護リフォームは医療費控除に含まれない?介護リフォームについて調べていくと、これは医療費控除に含まれるのではないかと思う人もいます。しかし、残念ながら介護リフォームは医療ではなく福祉のジャンルに入るため、医療費控除は受けられません。これに含まれるのは施設のサービス代やおむつ代になります。この例を見ると、どこまでが福祉でどこまでが医療なのかという線引きがあいまいな気がします。そのため、これは控除にな...

 
 

10年先を見据えたパナソニックの介護リフォームどこに介護のリフォームを頼むかでアプローチは異なってきますが、介護に特化したリフォームを行っているパナソニックならば安心できます。パナソニックが展開する介護リフォームは「パナソニック・エイジフリー」と呼ばれており、10年先を見据えたリフォームができます。これならば将来の不安もなくなりそうだなと思います。ホームページではリフォームしたい箇所別に詳細が載っ...

 
 

介護リフォームをするのに特別な資格は必要?いざ、我が家でも介護のためのリフォームを行うぞ!と決めた場合、リフォーム会社はどの視点で選べばいいか迷ってしまいます。そんな時、介護リフォームのために必要な資格を相手が持っていると安心できませんか?実は、介護リフォームをするために特別必要な資格というものはありません。しかし、持っていてくれたら安心だなと思うのは「福祉住環境コーディネーター」の資格です。介護...

 
 

マンションでも介護リフォームはできるのか持ち家ならリフォームに関して気を遣うこともないでしょうけれど、マンションとなれば介護リフォームをしていいものか、ちょっと気になりますよね。ここはマンション経営者に直接聞くしかありません。もしリフォームをしてもOKというのであれば、その価格はいくらくらいなのでしょうか。仮に洗面所を介護のためにリフォームするとなると、大体20万円ほどになるようです。一例ですが参...

 
 

リフォームし、エレベーターを介護のためにつけると数百万円持ち家だと、2階建ての家が最も多いですが、そうなると年配者に階段はキツイことがありますよね。介護が必要となればもう2階の使用はできないようになってしまうことも珍しくありません。そこで、家にエレベーターを付けるリフォームをするのはどうだろうと検討してみる人も出てきます。しかし、これの一番のネックは数百万円もする値段です。これでも値段はかなり下が...

 
 

自宅で介護をするならリフォームをしておこう!自宅を介護ができるようにリフォームするのであれば、要介護者のレベルに合わせて何が必要なのかを見極めたいところです。しかし、将来的なことも考えると、段々とできなくなることが増えていくという現実に目を背けないわけにはいきません。よって、できるなら寝たきりになったとしても困らないくらいのリフォームができれば安心かなと思います。そうすれば一度のリフォームで済みま...

 
 

DIYでリフォームを行う時の注意と準備どのような作業でも同じですが、それが成功するか否かは段取り、つまり準備が鍵を握っており、DIYでリフォームする際にも全体のストーリーをある程度描いておくことが大事です。DIYでリフォームするためには、家具などの仮り置き場をどうするか、重量物の移動方法、養生方法、作業時間の予測と確保、使用する材料や道具など、これらを十分に計画しておかないと思わぬところでつまづく...

 
 

室内ドアのリフォームと注意点室内ドアのリフォーム理由には、一般的には部屋のリフォームに合わせて交換する場合と、ドアのキズがひどい場合やドアノブの不具合などで原状回復を目的としたものがあります。ドアの原状回復を目的とした場合には、ドア建具のみあるいはドアノブの交換となりますが、既存のドアが建材メーカーのものであればサイズがある程度規格化されているため、器用な人であればDIYでも可能なほどです。一方、...

 
 

リフォーム時に必要な税金と税金控除リフォームで必要な税金には、印紙税、登録免許税、固定資産税があります。印紙税は、業者と締結する請負契約書に必要なもので、税額が小さいため詳細は省きますが、租税特別措置法によって平成30年3月31日までに締結されたものについては、1/2に軽減されています。登録免許税は、抵当権を設定して金融機関のローンを利用する場合に必要なもので、抵当権設定額(借入額)の0.4%とさ...

 
 

リフォームの増築が10m2を超える時は注意が必要リフォームで増築する際に、防火や準防火地域では全ての増築、それ以外の地域でも増築部分が10m2を超えると建築基準法上の建築確認申請が必要となります。そして、建築確認申請に際しては、増築部分だけでなく既存部分も申請対象になり、全ての部分が現行の基準に適合していることが求められます。つまり、増築部分が10m2を超えると、古い建築基準法で建てられた部分もリ...

 
 

リフォームのローン控除は年末調整か確定申告で受けられるリフォーム費用にローンを利用した場合、所得税が控除(減税)されますが、償還期間が5年以上か未満かで控除額の最大や適用年数、さらにはリフォームの対象工事も異なります。ローンの償還期間が5年以上の場合は「リフォーム減税」と言われ、年末のローン残高の2%がその年の所得税から控除され、年末調整や確定申告を行うことで5年間のローン控除を受けられます。対象...

 
 

リフォームをローンで計画する時に知っておくことリフォームでローンを利用する場合、リフォームが住宅の取得に伴うものか、またはローンの償還期間を何年とするかで、節税(減税)の方法が異なりますので事前に十分に把握しておきましょう。まず、リフォームが住宅の取得によるもので、償還期間が10年以上の住宅ローンを利用する場合、年末のローン残高の1%が所得税から控除され、年間の控除額限度を40万円として10年間適...

 
 

リフォームで和室を和風モダンや洋風に変更する時のポイント洋風の生活スタイルが中心の現在でも、リビングの隣に和室を配置している間取りを多く見かけます。しかし、日常生活の中ではあまり活用されていないのではないでしょうか。このような場合、リフォームで和室を有効に活用出来る居住空間とするにはどのような方法があるかを考えてみましょう。まず、リビングを拡げることや繋がりを最優先するのであれば、間仕切り建具を撤...

 
 

床の色をリフォーム時の注意点かつては、床フロアにその高級感からダーク系のフロア材が多用された時期がありましたが、近年では逆に明るい色合いが好まれるようになっています。このように、古い住宅のダーク系フロアをリフォームで明るい色合いに変更する場合には、巾木なども同系に合わせる必要があります。床は占める面積が大きいことから、床の色合いが出入り口建具や枠、さらにはサッシ額縁にまで反映させてコーディネートし...

 
 

本格的なリフォームでは事前の住宅診断費も予算に組んでおこうリフォームが必要な住宅は、相応に年数が経っていると思われますが、出来れば単に古いものを新しくするリフォームだけではなく、事前に住宅診断を行い適正なリフォームで住宅の寿命を長くすることを考えましょう。外壁や屋根の塗装劣化は築10年前後からと言われており、室内でも不適切な暖房や換気による結露で、住宅内部の劣化が進行している場合があります。また、...

 
 

マンションのリフォーム予算が500万円ならどこまで出来る?中古マンションの購入に際して、どこまでリフォームすれば良いのか悩むこともあるかと思いますが、500万円ほどの予算があればリノベーションも選択肢に入れてみては如何でしょうか。その際には少なくとも、外壁に面した部分の内壁、そして上階・当階の水回りがある部分の天井・床を撤去して状況を確認しておくことを勧めます。理由は、外壁(共用部分)からの雨漏り...

 
 

リフォーム予算が1000万円なら何でもできる標準的な住宅規模(30坪〜40坪)で、1000万円のリフォーム予算であれば、特殊な材料やデザインに拘らなければ、ほぼどのようなリフォームでも可能だと言えるでしょう。一方、リフォームに高額な費用を掛ける目的には、その後の数十年の耐用年数が視野にありますから、可能な限り最新の耐震性能や省エネ性能を確保することに重点をおきましょう。具体的には、耐震性能と省エネ...

 
 

2階のリフォームでは搬出・搬入経路と養生に注意古い住宅の2階の間取りでは個室だけが配置されているのを多く見かけますが、リフォームに際してはトイレや洗面を、2世帯同居などではミニキッチンを設けるケースも増えてきています。2階のリフォームが、クロスの貼替えなどの軽微なものであれば、特に問題はありませんが、大工仕事や上記に挙げたような工事の場合には、既存の撤去材や新たな資材の搬出・搬入の経路が問題となり...

 
 

床のリフォームをするなら断熱や吸音・防音も忘れずに床の張替えリフォームの必要性は、他のリフォームに比べて少なく、数十年、メンテナンスさえよければ住宅寿命まで使い続けられるものです。従って、何らかの理由で床の張替えをする時には、数十年の利用に配慮したフローリング材の選択、そして断熱や吸音・防音までを含めて検討しておくことを勧めます。木造住宅では、1階床の断熱、2階の床では吸音・防音が必要で、マンショ...

 
 

無料リフォームってどうなってるの?ごく稀ですが、無料リフォームと言うのをネットなどで見かけることがあり、新築の際に提案されるようです。勿論、全てが無料ではなく子供の成長に合わせて間仕切りを作ることや、場所を限定してクロスの貼替えサービスなどを行うものです。しかし、ビジネスである以上無料のものはなく、たとえ利益を含んでいなくとも何らかのコストは新築時の価格に含まれていると考えるべきでしょう。ですから...

 
 

窓のリフォームはカバー工法がお勧め窓サッシは、直接あるいは間接的にでも柱に取り付いているのが一般的で、その上に外壁下地、外壁仕上げと続き、リフォームで窓を本体から交換するのは容易ではなく、外壁や内壁の一部撤去・復旧が伴います。従って、構造体を露出させるような大掛かりなリフォームでない限り、窓の取替はカバー工法を採用するケースが大半です。この工法は比較的新しく、既存のサッシ枠を利用して新たにサッシ枠...

 
 

リフォームの見積り項目と平米単価リフォームの見積りを数社に依頼して提示される各社の見積りや平米単価には、単純には比較できないケースが往々にしてあります。勿論、最終合計金額だけの比較は簡単ですが、単純に安い方がいいと選んでしまうと、思わぬトラブルになることもあります。例えば、同じ外壁塗装でも見積りに示された積算数量が大きく異る、塗料の仕様が異なる、積算項目が各社によって異なる、など様々でよほど注意し...

 
 

リフォームのポイントは耐久性能と省エネ性能どのようなリフォームでも、その後の十数年の利用を予定しており、重要なポイントを押さえておかないと、住宅の寿命が短命になったり、日常的なランニングコストに苦労することとなります。リフォームで押さえておきたいポイントのひとつに耐震性能があり、目的は生命の安全と財産を護ることにあります。次に、日常の快適性や冷暖房費のランニングコストを抑えるための省エネ性能があり...

 
 

ペット好きに勧められるリフォームって?ペット好きの人でも家が汚れたりキズが付くのは無視出来ない問題でしょうから、リフォームに際しては何らかのペット対策が必要になります。まず、フローリング床では、爪によるキズ防止や汚れ防止にもコーティングをお勧めします。コーティングには、シリコン系、UV系、ガラス系がありますが、滑りにくさではシリコン系、キズのつきにくさではガラス系となります。なお、フローリングの保...

 
 

室内リフォームにペンキを利用してイメージチェンジ厳密にはペンキは油性塗料のことで、現在の新築は勿論、リフォームにおいても、ほとんど使用されておらず、現在の主流は水性塗料となっています。しかし、一般的には水性ペンキなどと意味の判らないものも便宜的に使用されているため、ここでもペンキ=塗料として扱います。リフォームでペンキが必要な部分には、外壁、破風・鼻隠、瓦などで、これらは高所作業を伴うことから業者...

 
 

リフォームでシングルガラスからペアガラスにする方法リフォームで既存のサッシをペガラスに変更する方法には、カバー工法で新たにサッシを取付ける方法、サッシ障子だけを交換する方法、そしてペアガラス専用のアタッチメントを利用する方法、さらにはガラスのみを交換する方法もあります。カバー工法は、既存サッシの枠を下地にして新たにサッシを取付けるもので、サッシ枠の結露まで防止するのであれば、より有効な断熱サッシの...

 
 

リフォームのプランはキーワードやコンセプトを明確にリフォームが単に、修復や修繕の範囲であれば特に意識する必要はありませんが、築数十年の住宅をリフォームする際には、コンセプトやキーワードを決めておくと、リフォームの方向性や必要な内容を明確に把握することができます。例えば、知人が集まる家、ペットと暮らす家、キッチンがリビングの家、・・・などのようにコンセプトをキーワードで表わしてみると、リフォームプラ...

 
 

リフォーム会社の分類と特長リフォーム会社の多くは、何らかの基盤となる事業をすでに行っており、その発展型としてリフォーム事業を部門化あるいは分社化しているのが一般的です。また、部門化や分社化はしていませんが、工務店や建設請負業者が兼業で行っている場合があり、リフォーム実績としては少ないかも知れませんが、対応の幅が広く融通が効く良さもあります。ハウスメーカー系のリフォーム会社は、もともとは自社のアフタ...

 
 

防音リフォームの前に遮音と吸音の性質を知っておこう標準的な仕様の住宅をリフォームで防音仕様とするためには、事前に防音の基本的な性質を知っておく必要があります。防音には音を反射させ外部に音を逃さない遮音と、特定の周波数音を熱エネルギーに変える吸音があり、住宅における防音とは一般的に外部に音を逃がさない遮音に重きを置いたものです。反面、遮音だけの部屋では反響音で音が聞きづらい上にうるさいだけの部屋にな...

 
 

屋根を定期的に塗装リフォームすることの重要性一般的に住宅の屋根は、10年〜15年でリフォームが必要と言われており、雨漏り防止のためには塗装やルーフィングなどのメンテナンスを定期的に行う必要があります。住宅の多くに使われているカラーベストなどの平板スレート瓦は、元々水分を吸収しやすい性質があり、表面を塗装することで防水機能を確保し雨漏りを防いでいます。この塗装は、紫外線や煤煙などの化学物質を含んだ雨...

 
 

リフォーム業者は大手と地域業者のどちらを選ぶか住宅に関連する産業は基本的に地域産業ですから、長い住宅寿命の中で幾度かあるリフォームも出来れば地域に長く密着した業者にリピートしてお願いする方が安心で便利なものです。しかし、現実にはハウスメーカー系などの大手でも、支店や営業所を全国に配置し、古くからの地域業者と遜色のないスピードと幅広い対応を謳っています。では、大手と地域業者をそれぞれに選ぶ判断基準に...

 
 

リフォームサイトの何を参考にすればいいかネットでの情報検索が普通になっている現在では、リフォームに関する情報も簡単に検索することができ、専用サイトでは参考になる情報も数多くあります。また、個人サイトでは実体験による成功例・失敗例を載せている場合もあり、ユーザー目線の意味でも参考になります。ただし、中には間違ってはいないものの正確ではない、と言うものもあり、その情報だけを元に判断すると誤ることもあり...

 
 

店舗と住宅のリフォームは基本が違う一般住宅のリフォームでは特定の個人を対象としているのに対して、店舗では生産効率や不特定多数を対象にした集客率を目的としているため、かなり専門的な知識が必要となってきます。ですから、一般的に店舗のリフォームではコンサルタントやプランナーを介しての工事が多くなります。店舗で注意するポイントとしては、入りたくなる外観、居心地がよい空間などが集客率に繋がり、働きやすい空間...

 
 

リフォームで塗り壁を勧める理由現在の住宅の壁・天井の仕上げはクロスがほとんどですが、リフォーム時には、少し高価ですが塗り壁を復活させても良いのではないでしょうか。クロス壁には、施工のしやすさやコストが安いこと、そして貼替えが楽なことがあり、仕上げとしては非常に便利なものですが、空間イメージの新鮮味に欠けます。かつての塗り壁は、土壁や砂壁、そして聚楽壁が主なもので、コストやスピードが優先され次第にク...

 
 

水回りのリフォームはまとめて行うのがお得例えば、水漏れなどで急を要する場合の修繕では仕方がありませんが、水回りのリフォームを計画する際には、水回りをまとめて検討することを勧めします。特に、洗面・脱衣、トイレ、浴室などは、間取りにおいて1箇所に集中している場合が多く、給排水工事を行う際にも作業を効率的に行うことができます。また、1箇所の給排水工事なら数時間で終わりますが、前後の準備や片付け、さらには...

 
 

リフォームはある程度まとめて行う方がお値段がお得になる住宅工事のお値段を決めるものには、仮設費、材料費、施工費、交通・運搬費、そして諸経費があり、中でも比重の大きいのは施工費(人件費)で、工事規模の小さいリフォームでは特に人件費の占める割合が大きくなります。また、人件費の内訳にも実際の施工部分と前後の準備・片付けなどがあり、施工時間と準備・片付け時間のバランスが適切である必要があります。例えば、ク...

 
 

リフォーム目的に合わせた会社選びリフォーム会社をネットで検索すると、あらゆる分野の業者がリフォーム事業を展開していることが分かります。元々が建築業に関わりがある会社は勿論ですが、設備関連メーカーや業者、不動産仲介業、さらには家電量販店や家具量販店までがリフォーム事業を展開しており、何を基準に選択すればよいのか迷うことが多いと思います。一概には言えませんが、上記を踏まえて結論的なことを言うと、建設業...

 
 

マンションのリフォーム相場を検討してみる個人が行うマンションのリフォームは、専有部分、つまり室内に限られていますから戸建住宅に比べて、比較的相場観が付きやすいと言えます。マンションの専有部分とは、室内の仕上げ部分と設備部分で、バルコニーは専用部分で使用を許可されていますが個人でリフォームすることは一般的に許されていません。また、玄関ドアも共用部分が含まれていますから、勝手に取り替えることができませ...

 
 

リフォームの請負契約書は必要かリフォーム工事を実行するには請負契約が必要で、口頭における契約も有効になりますが、できれば正式に請負契約書を取り交わしておくことがトラブルを防ぐ最大の方法になると思います。契約書には、発注者・受注者、請負金額や支払い方法、工事期間などが記載されており、リフォーム内容が判る図面や仕様書が添付されます。また、工事期間中や完了後のトラブルにおける対応方法などを記載した工事請...

 
 

リフォームでピアノ室を造るために必要なものリフォームで標準的な部屋をピアノ室に変更するために必要なものは、防音・遮音が中心ですが、既存の床下地の状況によっては重量増に対応した床補強も必要になります。ピアノ室の壁の防音・遮音には、室内側に防音材(断熱材でも可)を入れ、室外側に遮音マットを入れますが、防音材の吸音波数や遮音マットの減衰性能などを適切に選ぶためには、専門的な知識が必要となります。なお、上...

 
 

ホームセンターでリフォームのヒントやアイディアをつかもうホームセンターには、リフォームコーナーを設けているところが多くあり、リフォームを計画しているユーザーにとっては色々なヒントやアイディアに繋がるものがあります。例えば、最新のトイレや浴室などの設備機器を手に触れることができ、ウッドデッキやウッドテラスなどに使用する材料なども揃えています。また、ホームセンターがリフォーム部門をもっていることも多く...

 
 

どのようなリフォームでも保証は付くか?リフォームには、少額のものから高額なものまで、あるいは修繕を伴うものから単にリフレッシュのものまで様々にありますが、それらの保証はどのようになっているのでしょうか。新築住宅では瑕疵担保保険が義務付けられていますが、残念ながらリフォームでは任意となっています。リフォーム瑕疵保険では、構造耐力上で主要構造部の不具合と屋根・外壁、そして窓からの雨漏りに対しては工事完...

 
 

リフォーム価格に含まれるマージンと経費リフォームの価格に含まれる内容は、業者規模の大小、そして業者の事業形態などによって異なります。例えば、外壁塗装のリフォームを塗装業をメインとしているリフォーム業者に依頼した場合は、その施工も工事監理も自社で行うことができます。そのため、中間マージンが発生することがなく、施工監理や工程管理に対する経費も最小限に抑えることができます。一方、同じ外壁塗装を大手リフォ...

 
 

リフォームの相談はどこにすればいいか。リフォームを思い立っても、その経験や知識がないと、見積り相談の方法や工事費、そして期間などが分からず、具体的なアクションをどのようにすればよいのかが判りません。また、リフォームに対する補助金や優遇制度、さらには自己資金だけで不足した場合に、どのような融資や条件があるのかは、非常に専門的な知識が必要になってきます。従って、相談先はリフォーム業者と金融機関となりま...

 
 

リフォームで収納を見直してみるリフォームする理由は様々にあると思いますが、その部屋に物入れ等の収納がある時には、その収納の目的や役割を見直すことも重要で、大きい収納よりも部屋の用途に合わせた収納とする方が実用的なものになります。例えば、古い住宅に多いリビングの横にある和室を洋室にする時などは、床の間や押入れを合わせて大きな収納にするよりも、一部をTV・オーディオラックにするのもお勧めです。その際に...

 
 

リフォームでクローゼットを造る時のサイズについてクローゼットに必要なサイズはハンガーが納まる最低限60cmの奥行き必要で、間口サイズは既成の専用建具の選択と取付け枚数によって決まりますから、リフォームに際しては将来の洋服の増減も考慮しておましょう。一方、収納量を増やすために安易にクローゼットの間口を広くしたり壁一面に並べるのは疑問で、その場合はウォークインクローゼットの選択も検討してみるべきです。...

 
 

リフォームで部屋の間仕切りを撤去する時の注意新築時には、家族数に応じて計画した間取りも、子供の成長や独立などで間仕切りの移動・撤去などのリフォームが必要になってくるケースがあります。子供部屋としてワンルーム利用していた部屋を、子供の成長に伴い間仕切りを追加する場合は特に問題ありませんが、自立・独立で間仕切り壁を撤去・移動して部屋を拡げるような時は注意が必要です。通常、間仕切り壁には、柱や筋交い(耐...

 
 

外壁を塗装リフォームする時は目地シーリングとセットで行うこと外壁のリフォームと言っても、既存の外壁材を撤去して異なる外壁材に変えるケースは少なく、多くは既存の外壁材のままの塗装リフォームがほとんどでしょう。外壁の塗装リフォームに合わせて行われるのは、目地シーリング材の撤去・新設で、業者によっては事前に確認しておかないと、省略する場合もありますので注意が必要です。目地シーリングは、窓周りや異種材料と...

 
 

リフォームで外壁サイディングを選ぶ時の注意外壁サイディングの取付け方法には、専用釘で留めるタイプと専用金物による引掛けタイプの2種類がありますので、リフォームで外壁にサイディングを採用する際には、それぞれの特長を知っておきましょう。専用釘で留めるサイディングで横張りの場合、釘は横に45.5cmピッチ、縦には一枚のサイディングで上中下の3本とするのが標準で、外壁全体では数千本の釘打ちとなり、その中に...

 
 

リフォーム業者と下請け業者リフォーム業者の多くは、それぞれに得意分野については社員として技術者や職人を雇用していますが、その他の分野については下請け業者に外部発注しているのが一般的です。これは、小規模業者・大規模業者に関わらず共通ですが、規模が大きくなるにつれて設計や管理担当者のみを自社に置き、工事部門は下請けに出す傾向にあります。一方で、下請けに出すと中間マージンで価格が上がってしまうのも事実で...

 
 

リフォームの業者選びでランキングは参考になるか]リフォームに限らず、ランキングで1位と言われるとすごいと感じますが、リフォームの業者選びで大事なものは何でしょうか。ランキング1位と言ってもその中身は、満足度、売上実績、実績件数・・・などと表現方法は様々で、中にはアクセス件数1位などと、本来のリフォーム評価には何ら関係のないものでイメージ戦略しているものもあります。上に挙げたランキングで敢えて参考と...

 
 

リフォームに必要な工事期間リフォーム工事の規模や既存状況によって異なりますが、いくつかの例を参考にそれぞれの標準的な工事期間を考えて見ましょう。外壁塗装であれば、足場組みに1日、壁面の洗浄に1日、既存の目地シーリングの撤去・新設と下地調整に2〜3日、マスキング・養生で1日、下塗り・上塗りで2〜3日、足場撤去に1日で、稼働日合計は9〜10日になりますからほぼ2週間になります。浴室のユニットバスリフォ...

 
 

建築確認申請が必要な10m2を超える増築リフォームリフォームは新築に比べて比較的安易に進めがちですが、増築の規模によっては建築確認申請が必要な場合があり、事前に確認しておく必要があります。建築基準法では、木造2階建て住宅は4号建築物に該当し、10m2を超える増築時(防火・準防火地域以外)にのみ建築確認申請が必要となります。なお、増築による建築確認申請の審査対象の基本は増築部分だけですが、増築によっ...

 
 

リフォームの見積もりで確認しておくことリフォームの見積もりを見ても、そこに表示されている数値や単価、そして使用材料名など知らないため、その見積もり額をどのように評価してよいのか、検討が付かない場合が多いのではないでしょうか。そんな時は、各項目毎にきちんと説明を受けると共に、その場で決断するのではなく、必ず他社の見積もりと比較して納得する方を選ぶと共に、契約書の有無や保証内容を確認しておくことも重要...

 
 

リフォームで坪単価表示の意味例えば、クロスの貼替えリフォームで8帖(4坪)で〇〇万円などと謳っているケースがありますが、これから逆算した坪単価で6帖や10帖の見積額を算出してもいいのでしょうか。同じ8帖の部屋でも天井高さが変われば、あるいは窓などの開口部面積が異なれば、クロスの使用面積もおのずと異なってくるはずです。そもそも壁の貼替え面積を床面積から算出すること自体に問題がありそうですが、逆に貼替...

 
 

戸建て住宅のメンテナンスとリフォームの関係戸建て住宅ではマンションのように毎月の修繕積立金がないため、リフォームに対する計画が疎かになりやすく、いざリフォームとなると具体的な進め方や費用で戸惑うことが少なくありません。なお、マンションの積立金は外壁などの共用部分が対象ですので、室内については戸建て住宅と同様に、居住者の責任でメンテナンスやリフォームの計画をもっておくことが重要となります。日常で行え...

 
 

リフォームで起きやすい追加費用トラブルリフォームに限らず見積りには必ず前提条件があり、その前提から外れた場合の費用は追加費用とするのが一般的ですが、事前の説明や理解が十分でないとトラブルの原因にもなってしまいます。特にリフォームのように見えない既存下地を想定して見積る場合には、仕上げ撤去後に想定外の下地形状や劣化で新たに下地から造り直さなければならない場合があります。また、屋根の塗装リフォームのつ...

 
 

ショールームのイメージをリフォームで再現するのは難しいリフォームを計画した時や業者に誘われた時などで、ショウルームを訪れることもあると思いますが、気に入ったショウルームのイメージをそのまま自宅に再現するのは難しいものです。理由は、例えショウルームと同じ仕様であったとしても、展示物を取り巻くイメージや置かれている家具や備品、さらには器具などが実生活とは異なるためで、見せるインテリアと生々しい実生活と...

 
 

リフォームで失敗しやすいことリフォームの各作業は比較的短時間で完了することが多いため、気が付いた時には確認しておきたかったことが見えなくなっていたりして、失敗あるいは後悔を感じることがあります。たとえば、システムキッチンや洗面台の交換では、撤去時に漏水の痕跡の有無を確認できますし、ユニットバスの交換では外壁の断熱材の劣化状況、さらには換気パイプ周りの結露の有無なども確認できます。これらの確認を、リ...

 
 

中古住宅の耐震性をリフォームで向上させるために必要なこと現在の耐震基準は、1981年に大きく変更され2000年に阪神淡路大震災の影響を受けて追加・修正されたものです。ですから、リフォームで耐震性を上げるためには、築36年以上の住宅では基本からの見直し、そして築17年以上のものでは接合部等の補強が必要になる可能性があります。しかし、古い住宅でも良好な環境であったりメンテナンスが適正であれば、柱や梁に...

 
 

風呂のリフォームは構造材や断熱材を見るチャンス中古の住宅では、設計図書で使用されている構造材や断熱材などの仕様を知ることは出来ても直接目にすることはできません。しかし、もしお風呂をリフォームする機会があれば、それらを直接目にすることができるチャンスですから、有効に活用しましょう。特にユニットバスの交換では、基礎の形状、柱や土台の状況、断熱材の種類や留め方、これらが詳細に分かりますので、住宅の全体状...

 
 

リフォームのアイディアは家具や雑貨小物からでも得られる経年劣化を原因としてリフォームを漠然と計画し、単にリフレッシュするだけでは大きな満足は得られませんが、何らかのアイディアがあれば、それを中心にして具体的な計画を立てることができます。例えば、家具や雑貨を扱うショップで気に入ったアンティーク調の壁掛け鏡を見つけた場合、それを洗面カウンター上部のユニット鏡の代わりに使えば、個性的な洗面所とすることが...

 
 

リフォームの進め方で注意することリフォームに際しては、いきなり業者に相談するのは避けて、リフォームが必要な真の理由を知ること、そしてどのように改善したいかのイメージをしっかり持つ事がリフォームの進め方では重要なことです。次に、業者の選択では、近隣情報や口コミなどを参考に、数社ほどリストアップします。その際の選択基準は、希望しているリフォーム内容に適しているか、事業継続年数などになりますが、知り合い...

 
 

リフォームとは、そしてリノベーションとはジーニアス英和辞典では、リフォーム(raform:動詞)とは、社会体制や政治体制などを改善する、改革する、刷新する、そして精神的な部分を改心させる、あるいは矯正する、とあり建物とは直接的には関係があるものではありません。一方のリノベーション(renovation:名詞)は、古い建物の修理や復元、そして改装となっていますので、本来ならこちらの方が適切な使用だと...

 
 

リフォームのやり方で変わるコストパフォーマンス工事内容の種類を問わずコストパフォーマンスの高いリフォームは、維持を目的としたメンテナンス関係で、劣化が進み修理や修復が必要になってから行うやり方では、コストアップになりコストパフォーマンスの低いものとなります。例えば、屋根の定期的な点検やメンテナンスを行っておらず、雨漏りになって初めてリフォームするとなると、屋根瓦の撤去に始まってルーフィングの貼替え...

 
 

リフォーム工事中の疑問をクレームにしないためにリフォーム工事中に感じた疑問は放置していると、出来上がってから業者への不満やクレームになることがあります。そして不満の解消やクレームが円満に解決するか否かは、その原因となった当初の疑問をどれだけ早く適切に解決できたかどうかによります。工事に疑問を感じると言うのは、専門的な知識不足もありますが、施主と業者のリフォームの意図に関して情報の共有化が十分ではな...

 
 

複合ビルをリフォームする場合に建築確認申請が必要な例複合ビルの一部を賃貸し、リフォームで建築基準法に示されている特殊建築物に用途変更する場合、そしてそれに該当する面積が100m2を超える場合、建築主は建築確認申請を行わなければなりません。特殊建築物の詳細は省きますが、馴染みのあるところでは、物販店、飲食店、診療所などがこれに該当し、例えば事務所からこれらに用途変更し100m2を超える場合は、建築確...

 
 

自分で行うリフォームは楽しみながら日曜大工の延長でリフォームを自分でやってしまう人もいますが、日曜大工の多くは趣味として楽しむことでもありますから、出来る範囲で苦痛とならないようにすることも必要でしょう。なお、リフォームを自分の趣味として行う場合は、時間の都合を付けながらの作業になりますから、比較的タイトなスケジュールになりがちです。しかし、あまりにタイトなスケジュールでは、折角の楽しみも苦痛にな...

 
 

新しく窓を作る時に気をつけたいことリフォームで出窓を新設する場合、出来るだけ外壁に影響を与えないために、既存窓の開口サイズをそのまま利用するケースが多いと思いますが、外観・室内ともにいくつか注意しておく点があります。一般的に窓サッシ上端の取付け高さ(内法高さ)は、視覚的な統一感を出すために他の開口部と揃えられており、古い住宅では1.8m、最近のものでは2.0mほどとなっています。従って、窓の開口高...

 
 

リフォームで新築同様とするために有効なこと新築後、十数年あるいは数十年経過した住宅をリフォームで新鮮さを取り戻すためには、どのような内容とすればいいのでしょうか。骨組みだけを残して全ての外装あるいは住設備を含めた内装をやり替える場合は、ほぼ新築となりますがコストも新築に近くなるため標準的なリフォームでは少なく、住みながらではより難しいものとなります。そんな中で、居住者の負担が少なく新築らしくできる...

 
 

リフォームでミニキッチンを2階に増設二世代同居や二世帯住居では、主となるキッチンとは別にミニキッチンがあると便利なものですが、リフォームでキッチンを増設する場合の注意点を考えてみましょう。キッチン・ダイニング、あるいはリビングまでも計画できる広さがある場合は苦労しませんが、リフォームのように限られた面積の中で行うキッチンの増設では、何らかの工夫が必要となります。ミニキッチンでも飲食するスペースは必...

 
 

リフォーム時にニッチ棚の採用でおしゃれな壁を作るリフォームには何らかの形でクロスの貼替えが伴うものですが、折角の張替えですから少し工夫しておしゃれにイメージチェンジすることを検討してみては如何でしょうか。少しの工夫のひとつに、壁の厚みを利用したニッチ棚があり、お気に入りの写真や雑小物、部屋によっては文庫棚とすることでアクセントができ、締りのある空間とすることがでます。ニッチとは、隙間とか窪みとかを...

 
 

階段のリフォームは安全が最優先階段をリフォームする時の最優先事項は利用に際しての安全で、安全な階段の基準としては品確法に示されているバリアフリー基準が一般的です。階段の安全基準の詳細は省きますが、標準的には階段の一段の高さは18cm前後で、踏み面が21cm以上となっており、1階から2階までの高さが3mであれば、300cm/18cm=16.7段で、実際には17段が必要になります。これを満足させるため...

 
 

リフォームにおける助成金とは?リフォームで居住者の経済的負担を軽減するものには、補助金、減税、住まい給付金、優遇金利、住宅保険の減免・割引、そして助成金があります。上記の軽減対策のほとんどが国交省や自治体の管轄に対して、助成金は厚生労働省の管轄で行われており、介護保険のからの助成金とされています。この介護保険のリフォーム助成金対象となるのは、リフォームする住宅に要支援・要介護に認定された被保険者が...

 
 

リフォームでサンルームを造る時にひと工夫既存の住居部分をリフォームでサンルームとする場合、あるいはエクステリア製品を利用してサンルームを追加する時、これらに少し工夫を加えてオリジナリティーのあるものにする方法を考えてみましょう。住居部分をリフォームでサンルームとした場合、それだけでは外観上の変化がありませんが、出入り口上部にオーニングやサンシェード類を加えると、屋外との繋がりもできオシャレなサンル...

 
 

リフォームする前に知っておきたい基礎知識リフォームをする前には、それが必要になった理由・原因などを明確にしておくことが最低限必要で、そのために必要な基礎知識を知っておくことが重要だと思います。リフォームの理由・原因が経年による自然劣化なのか、清掃不足や間違ったメンテナンス方法だったのか、などを知っておくとリフォームの仕様やその後のメンテナンスにも役立つこととなります。例えば、日常的に目にする外壁で...

 
 

リフォームで基礎補強する前には耐震診断が必要現行の耐震基準は2000年に改定されたもので、その際に地耐力による基礎の形状が規定されており、リフォームで基礎の補強が必要な場合には、この基準が参考になります。ただし、住宅が不同沈下を起こしていない既存の住宅地では、ある程度は地耐力も安定していると思われるため、基礎のリフォームが必要なケースは限定されます。現在の住宅基礎では鉄筋コンクリート造が標準ですが...

 
 

ハウスメーカーの住宅をリフォームする場合ハウスメーカーの住宅ユーザーがリフォームする際に選ぶ業者としては、やはり同じハウスメーカーに依頼するのがリスクの少ない選択だと思います。戸別の住宅情報が企業にどのくらいの期間まで残されているかは分かりませんが、当時のハウスメーカー企画の基本仕様情報は残しているはずですから、ユーザーの気づかない改善点への助言が得られる可能性があります。ハウスメーカーが独自の工...

 
 

リフォームでの多機能クロスの活用についてリフォームでは多くの場合、クロスの張替えがついてまわりますが、単にカラーコーディネートだけでなく、部屋の用途に応じたクロス性能にも配慮するようにしましょう。クロスに求められる性能には、臭いの吸着、汚れの拭き取りやすさ、調湿機能、防カビなどがあり、これらの性能を複合的に保有しているものもあります。臭いには、調理臭やペット臭などが代表的なものとしてありますが、こ...

 
 

リフォームに必要な諸費用新築時には諸費用の話題が必ず出ますが、リフォームでの諸費用にはどのようなものがあるのでしょうか。増築で延床面積が増え新たに登記する場合、あるいはリフォームローンで発生する諸費用は、新築時と同じものですから、ここでは省略します。リフォームで発生する諸費用には、現場管理費、通信・交通費、業者によっては残材処分費なども含めている場合があり、補助金や建築確認申請などの手続きがある場...

 
 

リフォームの見積比較で必要なことリフォームで相見積りを取った時に、慣れていないとその見積り内容をどのように比較するかは難しいもので、それなりの努力とエネルギーが必要になります。見積り書式は市販のもの、業者オリジナルのもの、と様々にありますが記載項目はほぼ同じで、工事内容、数量、単価が基本となっています。また、記載方法も業者によって様々で、必ずしもユーザーが見積り比較しやすいものとなっている訳ではあ...

 
 

台所のリフォームで考えておくこと台所をリフォームする際には、単に厨房機器の入替えや内装のリフレッシュが原因であっても、少し先の生活スタイルを見越した内容としておくことが必要だと思います。厨房機器の老朽化や陳腐化がリフォーム原因であっても、その後に高齢化対応が予測される場合は、イスを使った洗い物ができるシンク形状や、安全性を優先したIHヒーターの採用なども視野に入れておかなければなりません。また、孫...

 
 

リフォーム設計は住宅の長期利用を前提に考えよう突発的な修理は別として、一般的なリフォーム設計では住宅の長期利用を見据えた、そして出来れば次のリフォームも視野にいれて計画的に進めるようにしましょう。かつては比較的寿命の短い日本の住宅でしたが、現在ではリフォームに対する考え方や建設基準の向上などで、きちんとリフォームすれば50年・60年の耐久性を確保することは可能となっています。リフォームは決して安く...

 
 

リフォームで二世帯住宅とする時に必要なもの住宅の大きさは、建築基準法で定められた建蔽率や容積率に制限されており、建築面積や延床面積は、ほぼ限度で作られているものが多く、リフォームで二世帯住宅とする時の選択肢に増築は難しいのが実情でしょう。従って、既存面積の中で二世帯住宅とする訳ですが、キッチンやお風呂などの各世帯による生活リズムやスタイルが異なりやすい部分では何らかの工夫が必要です。ミニキッチンな...

 
 

リフォームで余った材料の活かし方リフォームに限らず、建築材料には箱買いなどのように一定の単位でしか購入できないものがあり、使用面積によっては一箱近くの材料が余ることもあります。例えば、床フローリングは坪(3.3m2)単位の梱包で販売されている場合が多く、タイル類などではダンボール箱の強度や持ち運びなどの重量に配慮した箱売りとなっています。ですから、見積り書に記載されている価格も梱包や箱単位になって...

 
 

リフォーム料金は既存部分の状況で大きく変わるリフォームの料金には、撤去・処分、下地修復・仕上げの各工事費用が含まれますが、同じリ仕様のリフォームでも既存部分の状態によっては、大きく料金が変わることがあります。例えば、同じユニットバスのリフォームでも、窓の有無や既存の出入り口回りの状態によって、リフォーム料金が異なります。窓の有無は、事前調査時に判るものですが、搬入や取付けに際して既存の出入り口部分...

 
 

リフォームとリノベーションの費用とコストパフォーマンスリフォームとリノベーションの定義は別として、リフォームには住みながら、リノベーションには入居前や仮住まいで行うイメージがあり、費用は後者が高額ですがコストパフォーマンスは高くなると思います。住みながらのリフォームでもその規模が広範囲に渡る場合は、仮住まいで行った方が合理的な場合がありますが、仮住まいでは生活環境が大きく変わること、引越し等の労力...

 
 

リフォームの口コミは信用できるかリフォーム業者に限らず、一般ユーザーを対象とした営業では口コミの影響は大きく、特に経験者の口コミは業績にも大きく影響するため、企業でも重要視されています。一方、ユーザー側から見た時も口コミは参考になり、欲しい情報はネット上の口コミから得られるますので、同様に大きな影響力を持っています。では、口コミ情報は信頼してもよいのか、となると少し疑問が残ります。経験者の心理とし...

 
 

外観のリフォームで家全体をイメージチェンジする方法リフォームで外観をリフレッシュする方法の代表には塗装替えがありますが、外観をイメージチェンジするほどの効果はなく、イメージを刷新するには、外壁のテクスチャーを変えるなどの工夫が必要になります。外壁の塗装を行う動機としては、色褪せやチョーキング現象などの塗装劣化がありますが、特に1階の地面に近い部分では、カビや藻の発生で劣化が進んでいる場合があります...

 
 

昨今、激安リフォームをうたう広告を多く見るようになってきました。私自身がリフォームを検討していることもあるのですが、本当に激安で大丈夫なのかと心配になりますよね。そんな心配を心に抱いているのは、きっと私だけではないと思いましたので、ガッツリと調査をし、以下に要点をまとめてみました!目次激安リフォームは本当にお得?家電量販店のリフォームでは無金利ローンがお得リフォームで無担保ローンを利用する激安リフ...

 
 

リフォームするうえで最も悩むのが内装のリフォーム。センスが無い人がやると、やっぱり変になってしまうものです。北欧風、ヨーロッパ風、アメリカン、アジアン、和風、、、などなど、テイストは色々とありますが、もっと注意しなければいけないことがありますよ。目次新築で床暖房を導入する場合自分ならどうする?私なら温水式ガス床暖房!その理由は○○私が考える、床暖房メーカー選びの基準クロス壁に塗装する内装リフォーム...

 
 

リフォームをする際には、家のものを全てどけなければいけません。当たり前ですが、物が置いてあるとリフォーム工事はできませんからね。どうせ物をどけるなら、一緒にハウスクリーニングをしてしまおうと考えるのは正しいと思います。ハウスクリーニングの注意点について解説してみましたので、参考に検討してみてください。他にも、よく問題になる「ゴミの処分方法」と、「ペット臭」、さらにはあの真っ黒でヤバイつわもの達、「...

 
 

リフォームでのお勧めの仕上げ建材リフォームでお勧めの仕上げ建材は、床では無垢材のフローリング、壁クロスもビニール素材ではなく自然素材のもので、いずれも自然色の優しい色合いと風合いを楽しむことができます。例えば、桐材のフローリングは、素足の感触がほんのりと暖かくて柔らかく、色合いも比較的白っぽいため、部屋が明るくなります。反面、汚れやシミには弱い面があるため、桐材の素材感を殺さない範囲で、同じく自然...

 
 

リフォームでは色々と悩みを抱えるものです。分かります、その気持ち。でも、ずっと悩んでいるのは辛いですし、一向に前に進まないので、どこかで解決しなければいけませんね。そんな場合は、無料相談を利用することで専門家の意見を聞くことができますから、安心して計画を考えられるようになります。今回は、そんなリフォームの悩み解決策として、無料相談の利点と、無料相談をより活かせすためのポイントをご紹介します!リフォ...

 
 

リフォームで間取りを変更する場合、何に注意したら良いのか、知りたいと思いませんか?リフォームを行う前に知っておきたいことは沢山ありますが、その中でも、間取りに関しては、後々の変更は難しくなりますから、しっかりと事前に予習しておきたいところでもあります。そんな間取りの注意点について、家具のレイヤウトや、各部屋ごとの細かいチェックポイントについても、合わせてご紹介させていただきますね。リフォームで間取...

 
 

一日の疲れを癒やしてくれるのが、お風呂ですよね(^^)そんな素敵な存在が、リフォームで綺麗に生まれ変わったなら、、、想像するだけでも楽しくなってしまいます。ただ、浴室のリフォーというのは、とても高額だということをご存知ですか?100万、200万は当たりまえのリフォームになりますから、失敗したら大変!!この記事をしっかりとお読みになって、浴室リフォームのポイントを押さえて、失敗のないようにしてくださ...

 
 

リフォームで出入り口の扉を替えるリフォームで内部の扉を替える方法には、扉だけの交換、そして開閉形式を変えずに建具枠も含めてをセットで交換、あるいは開閉形式の変更を伴うものがあります。一般的には、開閉形式を変えずに建具枠とのセットでの交換が多いと思いますが、既存の建具が既製品で同じメーカーのものであれば、同じサイズで、あるいは寸法調整をオプションで行い扉だけを取り替えることもあります。この扉だけの交...

 
 

リフォームにおけるフラット35の利用は住宅の取得が条件リフォームでフラット35を利用する条件の最大のものとしては、中古住宅の取得に伴うものであることで、既に使用している住宅のリフォームには利用することができません。また、借入額の年間返済額(率)の制限もあり、年収400万円未満では30%以内、400万円以上で35%以内となっており、この年間返済額の中には、自動車ローンやカードローンなども含まれますか...

 
 

リフォームにおける所得税減税所得税減税とは、住宅の工事に要した費用の概ね10%が所得税から減額されるもので、リフォームにおいても年末調整や確定申告で適用されます。リフォームでの所得税減税には、償還期間5年以上のリフォームローンを利用した場合と、5年未満のリフォームローンや自己資金の場合の2種類になります。5年以上のリフォームローンを利用した場合、5年間は年末のローン残高の2%がその年の所得税額から...