土地探し ポイント 周辺環境 騒音

MENU

新築を建てるための土地探しのポイント

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

家を建てるために土地探しをするならば、押さえておきたいポイントはいくつかあります。

 

その土地に、何十年という長いあいだ住むことになるのですから、失敗したら大変です。

 

外せないポイントを解説しておりますので、しっかりおさえて下さいね!

 

目次

何と言っても土地の広さは必須条件

まずはその家族構成で居心地が良いと思えるだけの広さは必須です。

 

どんなに立地条件が良くても、狭い家なら家族がそれからずっと息苦しさを感じながら生活していかなくてはなりません。

 

予算に余裕があるなら、多少広すぎると思っても、それは構いません。

 

庭や駐車場、ウッドデッキなど、スペースは建物だけに使うわけではないからです。

 

もし狭い土地しかないのであれば、鉄骨3階建てを建てるプランを考えるなど第二案を用意しておくべきでしょう。

 

条件は上げたらきりがないですが、私なら希望する立地条件で、許せるくらいの広さがある土地であれば、とりあえず確保はしておきたいですね。

 

複数の不動産会社を回り、ネットにはない情報を掴むのも良いですね。

周辺環境に注意!

一戸建てを建てるための土地探しでは、周辺環境に気を配る必要があります。

 

これは家族のライフスタイルと密接な関係があります。

 

例えば、車を使って通勤する場合なら駐車場がとれるだけのスペースは欲しくなります。

 

電車やバスなど、公共交通機関を使っての通勤ならば、駅やバス停から近い場所にある土地を選ぶべきでしょう。

 

そして、人が住みやすいなと感じるのは日常生活で使う施設が程よい距離にあることです。

 

普段買い物に行くスーパーは押さえたおきたいポイントですね。

 

また、風邪など病気になった時にかかりつけの医師が近くにいるのは安心です。

 

体調が悪い時に遠くの病院へ行くのは大変なので、近場で評判の良い病院を探しておくのも一つです。

 

個人的には、学校は遠くても子どもは数年で卒業してしまいまうので、その他を考慮したいなと考えます。

騒音を考慮した土地探し

土地探しは騒音問題に注意

 

騒音に対しての配慮をするのも、土地探しの非常に重要なポイントです。

 

騒音は目に見えない分とても厄介ですが、ある程度は予想することができます。

 

例えば、線路付近なら電車の音は大きく聞こえる環境になりますよね。

 

近くに子どもが遊べる広い公園があるのは良い立地条件だと思うかもしれませんが、デメリットとしてその子どもの耳を指すような声が聞こえてくることがあります。

 

昼間は家にいないとしても、休日にそうなるとなかなか気になるもので、家にいながら落ち着かないという状況になりかねません。

 

よって、静かに過ごしたいという場合は周りにうるさいものはないかを確認しましょう。

 

スーパーが近くにあるのも良いですが、やはりそれなりににぎわいます。

 

便利な反面、騒音がつきまとうことは忘れてはいけない点だと思います。

妥協するポイントはどこにある?土地探しで家族会議をしよう

広いスペース、静かな場所、日当たりが良い空間・・・、土地探しは、希望条件を挙げればきりがありません。

 

しかし、その要望を全て叶えた土地というのはそうそう見つからないものなので、どこかで妥協する必要が生じます。

 

妥協する時のポイントは、家族全員に対してのその重要度を理解することです。

 

家族会議を開いて、アンケートをとります。

 

数字を1から重要度の高いものと決め、駅から近いことを重視するのか、騒音のない暮らしを希望するのかを聞きます。

 

この数字が低いものほど、優先度が高く妥協できないものとなります。

 

逆に、数字が大きいものほど妥協できるものとなります。

 

数値でわかりやすく判明するので家族間でもいざこざが起きにくく、後々シコリが残ることもありませんから、安心です。

 

例外として、バスがないと病院へ通えないという年配者などはまた別口ですけどね。

土地探しに疲れたら、ハウスメーカーから意見をもらおう

あれもこれもと欲張ると、どの土地にもメリットとデメリットが生まれて決め手にかけるということがあります。

 

何十年もそこに住むのなら慎重になるべきなのはわかりますが、考えすぎると自分では決められない状況になることも。

 

土地探しに疲れたら、自分では十分に熟考したと思うので、今度は客観的に見てもらいましょう。

 

不動産会社に行くのも良いですが、気になるハウスメーカーに連絡を取るのも良いと思います。

 

何故なら、不動産会社は不動産を仲介するだけであって、直接家を建てるプランを持っているわけではないからです。

 

「まだ土地はないけれど、もしこの土地ならどんな家が建ちますか?」と相談するならハウスメーカーです。

 

そこでイメージがわけば、選ぶ土地の姿も徐々に見えてくることでしょう。

 

他人からの意見をもらうと案外スムーズに決められることもあります。

 

※狭い土地にはスキップフロア
スキップフロアを間取りに取り入れる際の注意点については、『狭小敷地に福音!スキップフロアは問題解決の魔法の間取りなのか?!』で解説しています、あわせて確認しておきましょう。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

注文住宅の総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事

 

土地探しって、家をたてるうえでは絶対に失敗したくないポイントです。特に注文住宅ともなると、金額も一般的な家屋よりも高額になりますからなおさらです。土地探しのコツはなんなのか?徹底的に調べてみました!土地探しの方法で最も気楽に行えるのはネットを使った探し方真っ先に不動産会社に行くのが土地探し最大のコツ平屋建てを建てる場合の土地探し注意点二階建ての場合は、隣の家との距離に注意!注文住宅の場合の土地探し...

 
 

ハウスメーカーに土地探しを頼む時に生じうるデメリット新築を建てるための土地探しを自力で行う人と、ハウスメーカーに頼む人は半々だというデータがあります。ハウスメーカーに頼むことで起こりうるデメリットには、「本気度」を示さないと向こうも本気になってくれないということです。結局家を建てないのに土地探しにだけ力を使われたとなれば、ハウスメーカー側も徒労に終わってしまいます。しかし、家を買ってくれる人が現れ...

 
 

土地探しをしている人のリアルはブログからも知れる新しく家を建てる人が土地探しに奮闘する様子は、個人のブログを見てそのリアルを知ることができます。メリットはリアリティーがあることで、売りたい側から見るのではなく、自分と同じ立ち位置である買いたい側から見られることでしょう。少し先の自分を見ているようで、先輩として勝手に頼りになる存在になることも。また、ブログにコメントできるようなら質問に返答してもらえ...

 
 

不動産会社で土地探しをする際に発生するメリット不動産会社で土地探しをすると、不動産会社を持っていないハウスメーカーに頼むより安くなります。ここが最大のメリットで、同じ土地を手に入れるにしても手数料で差が出てくることがあります。ハウスメーカーに土地を探すよう頼むと、仲介する箇所が増えるためその分多く手数料をとられてしまいます。それを自分で直接不動産会社に足を運ぶことで安くあげられるのであれば、時間が...

 
 

おすすめサイトは?新築を建てるための土地探しをするなら土地探しを家にいながらするなら、サイトを回って探すのがおすすめです。これなら不動産会社の営業時間に縛られることもなく、自由に見つけることができます。具体的なおすすめサイトはその人の要望によって変わってきます。例えば地元に新しく家を建てようと考えているなら、全国的なサイトより、地域密着型のサイトの方がより多くの穴場スポットを教えてくれることがあり...

 
 

レインズとは?土地探しで個人でも利用できるのか土地探しをする場合、レインズというところから探すことができます。レインズとは、Real Estate Information Network Systemの略称で、日本語訳をすると不動産流通標準情報システムとなります。指定流通機構という場所に会員登録をしている不動産会社のみが利用できることになっているため、どんな不動産があるのか見たいというだけではそれ...