アキュラホーム 評判

MENU

アキュラホームを口コミや評判から徹底的に検証してみました。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

アキュラホームの公式ホームページ
http://www.aqura.co.jp/

アキュラホームに関する評判にはどんなものがあるのか

アキュラホームで家を建てた人たちの評判をチェックしてみると、概ね満足しているという意見が多かったです。

 

ローコストで家を建てられるのですが、必要に応じて担当者と共に設計士やインテリアコーディネーターが同席しているのが満足度が高くなっている原因と考えられます。

 

安いのは大量仕入れをしているからですが、これによって評判がダウンすることも起きています。

 

同じ商品を大量に仕入れるためには、どうしても企画住宅の方が都合が良いのです。

 

注文住宅として一から作りたいなと言う人にとっては制限されたものになるため、アキュラホームの安さで注文住宅が作れたらなあという声もありました。

 

そこで納得ができず、他のハウスメーカーにするという選択をした人も一定数いるのではと思います。

 

企画住宅で良しという人にとっては安くて良い会社でしょう。

 

口コミでわかるアキュラホームの対応の地域差

口コミチェックをしてみると、アキュラホームの担当者の対応には地域差があることがわかりました。

 

事業を拡大中であるアキュラホームでは、その支店ごとに対応が大きく異なります。

 

とても良い対応をしてもらったという声もあれば、最悪だったという正反対の声もあるので、アキュラホームというハウスメーカーよりは、支店の評価になっている印象です。

 

全国の営業マンが全員コミュニケーション能力が高い人ではないため、下手な場合には不快に思うこともあるのでしょう。

 

ハウスメーカーは打ち合わせが多くなることから、家そのものの評判よりも担当者との兼ね合いを重視する人が多いです。

 

それを考えると、アキュラホームでは満足度に地域差が生じるところに不安が残るなと感じます。

 

たまたま良い対応をしてくれる地域ならラッキーなのですが…。

 

アキュラホームのアフターサービスは永代家守り活動と言う

アキュラホームには、「永代家守り活動」というものがあります。

 

中身を見たところ、これは他のハウスメーカーがやっているようなアフターサービスと同じようなものでした。

 

入居後1回目、1年後、2年後、5年後、10年後の無料点検があったり、必要に応じて家を訪問したり。

 

この活動の様子は公式サイトにも載せられていますが、個人的にはアフターサービスにアキュラホームが名前を付けただけのように思いました。

 

家を建ててからが本当のお付き合いと表現するハウスメーカーも多いので、アキュラホームもその例外ではないということですね。

 

あとは、支店によって対応が違うという情報があるので、その地域でどれだけ対応してくれるかというのがポイントになってくると思います。

 

こればっかりは調べるのが難しいため運かもしれませんね。

 

暖かい家作りをするためにアキュラホームで使われる断熱材

ローコストで家が建てられるアキュラホームですが、その家は暖かいのでしょうか。

 

安いなりだという判断で満足している人もいるようなので、ここでは数値化できる情報として確かなものを紹介したいと思います。

 

あるサイトでは、暖かい家作りに欠かせない断熱に関して、アキュラホームでは床と壁に高密度グラスウールを使っていると書かれていました。

 

天井はただグラスウールと書かれていたので、高密度という特性が取れています。

 

しかし、使われる厚みは基準を超えており、床に80㎜、壁に100㎜、天井に170㎜ということです。

 

グラスウール自体はあまり良い断熱材とは言えないものの、厚みを増すことによって性能は多少なりとも良くなります。

 

高い断熱材を薄く使うのではなくて、安い断熱材を厚く使うという手法をとっていますね。

 

アキュラホームのクレームで多いのは営業マンの対応

大手で全国展開しているようなハウスメーカーならどこもそうですが、クレームはネット上に山ほどあります。

 

かなり悪質だと思えるものもあり、アキュラホームもその例外ではありませんでした。

 

クレームとして多いのはやはり担当者や営業マンの人柄です。

 

契約前と契約後とでは全然対応が違ったと書き込んでいる人もいますし、営業マンが上から目線で気分が悪かったというような情報もあります。

 

知識があるのは認めるけれど、それよりは言葉遣いを学んだ方が良いのではという指摘もあります。

 

そのような人に家作りを任せることはできないとして、アキュラホームは辞めておいた方が良いというアドバイスを書き込んでいる人も。

 

家に関する評価よりも、営業マンに対する評価が悪いのが印象的です。

 

これを見ると大丈夫かなと思ってしまいました。

 

スタッフの評判が悪いという声が多目立つアキュラホーム

家作りをするのに欠かせないのがスタッフとの連携ですが、アキュラホームではその評判がとても悪いです。

 

約束は口先だけで人の話を聞いていないという書き込みや、会社内で連携が取れていないというもの、お客の視点で家作りをしてもらえないという声があります。

 

直接会うスタッフは限られていますが、その限られた接客をする人の対応がかなり悪いようで、ネット上ではやめた方が良いという声も多く見られます。

 

対応が良い人と出会えたならそれはそれで良いのですが、悪い評判が目立つのはストレスをネット上で発散しているからなのか、それとも本当に良い対応が少ないのか、どちらなのでしょうか。

 

相談の時点で対応が悪いと判断できたなら契約する前にやめられるので、個人的にはポジティブな考え方をすればそれで良かったのだと思います。

 

アキュラホームの家の住み心地は遮音性で決まる

アキュラホームで作る家の住み心地は、壁の断熱材と窓ガラスによってある程度推測できます。

 

企画住宅を作るためそのあたりは大体同じになっているはずなので、ローコストで住み心地がそれなりであればと考えるなら十分でしょう。

 

壁に使われる断熱材、高密度グラスウールは100㎜と十分な厚みになっているので、遮音性は大丈夫だと言えます。

 

家の間取り上部屋が隣り合っていても、そこまでうるさくならないと想定できます。

 

また、窓ガラスにはペアガラスが採用しているので、これも遮音性に一役買ってくれています。

 

家の外からの騒音を遮る効果があるので、立地的に道路の前であったり、お店や学校などが近くにある場合にも快適に住めるでしょう。

 

私は睡眠を妨げる音こそが住み心地の敵だと思っているので、この点は嬉しく思います。

 

価格が高いという人はいないアキュラホームの秘密

ローコスト住宅が建てられるアキュラホームなら、価格が高いと言う人はいないでしょう。

 

安くできる秘密は仕入れ量にあり、これをどれだけ多くするかによって大幅なコストカットができます。

 

アキュラホームの場合、それぞれが違う出来上がりを希望する注文住宅ではなく、同じ建材を使う企画住宅を展開しています。

 

これも仕入れ量を多くしてコストダウンをするためです。

 

悪く言えば細かい希望が言えず自由度が低いですが、良く言えば若い世代でも手が届くお手頃な家が買えます。

 

ちょっと頑張って高い家を買う場合、家の満足度は高いかもしれませんが住宅ローンで毎月厳しいということになりかねないので注意が必要です。

 

私なら、多少妥協をしてでも身の丈にあった家作りをする方が後悔しないように感じますね。

 

特にお金は無理をすると後が怖いです。

 

ライフスタイルから商品を選べるのがアキュラホームの魅力

アキュラホームの魅力は、ライフスタイルから家の形をある程度決められるという点にあります。

 

公式サイトでは、3階建て、二世帯住宅、ZEH住宅、収納上手な家などなど、それぞれのスタイルに合った商品がカテゴリー別になっているので理想の家を探しやすくなっています。

 

企画住宅は注文住宅に比べれば自由度が低いですが、決められているところが多い分早く打ち合わせが終わり、素早く新居に引っ越せるというメリットもあります。

 

そこまでこだわりがなく、ある程度快適に過ごせればよいと考えているのであれば企画住宅で十分でしょう。

 

商品を選ぶコツは、将来性を意識することです。

 

今のライフスタイルが生涯ずっと変わらないというのであれば決めやすいのですが、子どもや親の同居を考えるならそれを意識しないとリフォームが必要になると思います。

 

アキュラホームの家に必要なメンテナンス時期は?

アキュラホームでは、メンテナンスをいつすべきかという目安を表にして公開しています。

 

自分でチェックできる項目と、プロにチェックしてもらうべき項目に分かれており、室内、室外も別で表記されていて見やすいです。

 

しかし、メンテナンス時期はそれぞれ早めになっている印象です。

 

アキュラホームは、修理を早めに行うことによってその家の資産価値を高く保つという考えを持っているため、水回りも外壁も本格的に悪くなる前段階でチェックする前提で書いているのでしょう。

 

木製建具は、7年~10年の間に1回目の貼り替えとなっており、表の通りに全てをメンテナンスしていたら結構な維持費になることが予想できます。

 

確かに悪くなる前のチェックは必要だと思いますが、7年ちょっとでダメになるような建具はどうなのかなとも思います。

 

メンテナンス費用はどれくらい?アキュラホームの維持費

家を安全かつ便利に使えるようにするためにはメンテナンス費用が必須になってきます。

 

アキュラホームの外壁にサイディングを施すとすると、10年ごとにメンテナンス費用として30万円~100万円ほどかかります。

 

これをアキュラホーム自身も指摘していて、サイディングはメンテナンス費用がかかるから嫌と思う人もいるのでは、と言っています。

 

しかしもちろんこれは反語で、タイルにしたからといってメンテナンス費用がなくなるわけではないと、他の外壁材へのメンテナンスフリーについて触れています。

 

だからサイディングでもタイルでも、いずれにせよメンテナンス費用はかかるよというまとめになっています。

 

外壁材のメンテナンス費用だけでも10年ごとに最低30万円なので、家の管理費としての貯蓄も忘れないようにしないといけませんね。

 

アキュラホームの防音に効果的な2つの工夫

アキュラホームの防音に関しては、壁に使われている100㎜の高気密グラスウールという断熱材、そしてペアガラスが貢献してくれています。

 

これによって家の中の生活音であったり、外から聞こえてくる近所の声や道路を走る車の音が軽減されています。

 

私は特に音には敏感な方なので、より生活音を遮断するのであれば自分の寝室と別の部屋はくっつけないようにすべきだと思っています。

 

部屋が隣通しだと、いくら断熱材があるとはいえ壁一枚向こうは別の人が住む空間です。

 

きょうだいがいる家庭では、友達が泊まりに来たという場合にもう一人が寝られないという苦情を出すかもしれません。

 

その場合、上手い間取りは部屋の隣は廊下にすることです。

 

これだけでも随分と違うので、防音を徹底するなら間取りにも注意してみてください。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

注文住宅の総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事

 

アキュラホームの二世帯住宅の評判ライフスタイルから家の商品を選べるアキュラホームには、二世帯住宅という選択肢もあります。その評判を調べてみたところ、家の住み心地というよりは営業マンの対応の悪さに対する書き込みが目立ち、結局他のハウスメーカーにしたという声がありました。もしその対応が良かったら、家の内容は満足できるものだったのかが気になるところです。公式サイトには間取りの例もあるので、家族構成を考え...

 
 

まずは、アキュラホームで3階建てを建てた人からの評判をチェック狭小地などにアキュラホームで3階建てを建てた人の評判を探すと、理想通りの間取りにできたという情報がありました。ドラマーだという旦那さんと奥さんと2人で暮らしているという人は、1階を防音室にして旦那さんのドラムの練習部屋としていました。そして2階はリビング、3階は寝室という間取りになっています。もちろん水回りの設備もありますが、基本はフロ...

 
 

アキュラホームの断熱アキュラホームの断熱性を見てみると、次世代省エネ基準の2.7W/m2/Kをクリアしていることがわかりました。断熱材の厚みも十分という見方があるので、その効果が適切に出てくれれば快適な家となるはずです。ローコスト住宅は個人的にこの断熱性や気密性に関して不安があるのですが、公表されている断熱に関する工夫には問題なさそうです。家の断熱性が低いと、たとえエアコンで空調管理をしたとしても...

 
 

坪単価は30万円からは可能?アキュラホームのローコスト住宅ローコスト住宅が建てられるアキュラホームの坪単価は30万円からと言われています。しかし、実際には50万円ほどになってしまうという例もあるため、プランニングしたらその見積もりがどうなるかに注目しましょう。契約後にさらに高くならないことを確認することも忘れずに。安さをさらに追求するのであれば、「新住まい55」という550万円の家もあります。ただ...

 
 

アキュラホームの保証の評判はスタッフの対応に左右されていたアキュラホームで家を建てると、35年長期保証プログラムによる点検を受けられます。引き渡しから1回目を終えると、1年後・2年後・5年後・10年後に無料点検があります。この評判ですが、営業マンの態度が悪かったという不信感があると、保証に関してもあまり期待されていないことがわかりました。一部の声なのでしょうけれど、どうせ保証も大したことはやってく...

 
 

アキュラホームの平屋の評判平屋の建築もできるアキュラホームの評判には、思ったより安くならないというものがあります。安さを売りにしているのがアキュラホームの特徴なので、これは平屋を建てるなら痛手となるでしょう。本体価格自体は安いと思っても、坪単価に直すとやはり高くなってしまうのです。土地が狭いからこそと言えるでしょう。特に最近はお年寄りがモデルハウスを訪れることが増えてきていると聞くので、リタイア後...

 
 

間取りで迷ったら、おすすめはライフサイクルウォールアキュラホームで家作りをするのであれば、間取りはある程度自由に決めることができます。しかし、まだ子どもが小さかったり、これから子どもが誕生する予定があるなら下手に間取りを固定しない方が良く、将来のことも考えなければなりません。とはいうものの、家を作る段階で間取りは決まってしまうので、難しいこともあります。ここで登場するのが、アキュラホームのライフサ...

 
 

建売住宅も販売しているアキュラホームの評判は?アキュラホームでは注文住宅や企画住宅が目立ちますが、建売住宅も販売しています。その評判を見てみると、やはり安さに一番の関心が集まっていました。アキュラホームの注文住宅の坪単価は30万円からとなっているのですが、建売住宅も似たような値段設定になっていることが多いです。一般的には、注文住宅よりも建売住宅の方が安くなる傾向があるのですが、アキュラホームの場合...

 
 

シンプルな色の外壁がアキュラホームの特徴アキュラホームの建てる家の外観を見てみると、屋根は黒、外壁は白というのがスタンダードのようになっています。このシンプルさが特徴的で、外壁は白以外だと黒やグレーで落ち着いています。中には、2階部分の外壁だけ濃いグレーで、1階部分は白を使っている家もあります。珍しくベージュをアクセントカラーとして使ったものもありますが、これはデザインセンスも問われるので家の形や...

 
 

アキュラホームのおしゃれ玄関とイマイチな玄関アキュラホームが作る家の玄関を見てみると、注文次第でかなりおしゃれな空間が作れることがわかりました。木の柵のようなものを縦に何本か並べるというデザインセンスを感じられるものもありますし、靴を履いたまま家の奥まで行けるような作りになっているものもあります。玄関を広くとることができるのであれば、このように来客を驚かせるようなものも楽しくて良いですね。玄関を開...

 
 

アキュラホームの屋根にはどんな特徴があるのかアキュラホームの屋根の形には、特別な特徴がありません。特徴がないことは悪いことではなく、それだけバラエティーに富んだ作りができるという証拠でもあります。陸屋根もありますし、片流れ屋根の家も、もっと複雑な形をした家もあります。中でもアキュラホームの屋根に目立つのはソーラーパネルで、これを付けるから角度を付けた屋根が若干多いように見えます。大きな片流れ屋根の...

 
 

外構のアドバイスもできるアキュラホームのおすすめハウスメーカーはあくまで建築のプロであり、外構に詳しいわけではないとするところもあるものの、アキュラホームは外構の工夫についても記述があります。外構を考えることで、家単体として見るのではなく周りとの調和が取れると書かれています。具体的には、メインとなる木を一本植えるなどをおすすめとしています。確かに、家は自分たちの好みを入れて素敵な外観にしたいと思い...

 
 

アキュラホームの「大収納のある家」の評判は?アキュラホームには、「大収納のある家」という商品があります。名が体を表しているのでわかりやすいですね。これは2階建て扱いになるのですが、中2階スペースを収納とすることでかなり大きな収納スペースを確保できる仕組みになっています。評判を見てみると、アキュラホームに決めた理由がこの大収納の家があるからというものもありました。しかし、気になるのはミサワホームにも...

 
 

床暖房を設置してアキュラホームの家をより快適にアキュラホームの床暖房について詳しく調べようとしたのですが、公式サイトでこだわり検索をしても床暖房でヒットしたのはそれを採用した家があることくらいでした。和モダンの平屋住宅では、断熱性が高いから床暖房だけでも冬は暖かいという記載があったものの、どのタイプの床暖房を使っているのかわかりませんでした。オール電化が多いアキュラホームでは、電気を使うタイプがほ...

 
 

口コミから知るアキュラホームの床材の評判は?アキュラホームの家に使われる床材についての評判は、特別に悪いものも良いものもなく、可も不可もないという感じです。少し前の記事になってしまいますが、公式サイトに床材についての記述が見当たらなかったため別のサイトを見ると、2008年の書き込みでアキュラホームの床材の標準仕様についての記述がありました。EIDAIのニューハイビーチDXという床材が標準になってい...

 
 

アキュラホームの「住みごこちの良い家」の評判は?アキュラホームには、「住みごこちのいい家」というとてもわかりやすい商品があります。実はアキュラホームが販売する全ての商品においてのモットーも、住みごこちのいい家となっているので注意が必要です。商品としての住みごこちのいい家は、デザイナーが施工主の意向に沿ってくれるところが評判が良いと聞きました。平屋や3階建てにも対応していることも評価できる点で、安く...

 
 

リフォームの評判は?アキュラホームに頼むべきか否か新築を建てるだけでなく、リフォーム事業も行っているアキュラホーム。しかし、リフォーム面での口コミが見つけられなかったことから評判がどのようになっているのかがわかりません。アキュラホームで家を建てると、永代家守りというアフターサービスがあるので、その中にリフォームもあります。このことを踏まえて情報を探してみると、アフターサービスは対応が良く、すぐに駆...

 
 

ガレージのある家の評判が良いアキュラホームガレージのある家をアキュラホームで建てた人の評判を見てみると、他のハウスメーカーと比べてアキュラホームの提案がずば抜けて良かったとあります。これはアキュラホームの公式サイトに載せられている声なので、良い意見となるのは当たり前ですね。この方が希望したのは「一台でも多くの車が置ける、カッコイイ店舗併用住宅」ということで、最終的に5台の車が置けるガレージが作られ...

 
 

アキュラホームのトイレに関する評判にはどんなものがある?アキュラホームで家を建てた人の口コミをチェックすると、トイレに関するものもいくつかありました。1階のトイレはオプションをたくさん付け、その分2階のトイレはアキュラホームの標準仕様にしたというものもありますし、予算があればタンクレスにしたかったなあという声もありました。アキュラホームのモデルハウスの中のトイレは、毎日使うところだからとゆったりし...

 
 

アキュラホームの中古住宅はいくらするのだろうアキュラホームの中古住宅をネットで探してみたのですが、3000万円台からありました。ですが、数が少ないです。埼玉北支店でも、あるのは全て新築一戸建てとなっており、アキュラホームの中古住宅情報が極端に少ないです。売りに出されているものはあるのですが、数が少ないため直接不動産会社に行くなどしないと、複数の候補を見つけるのは困難だと思います。アキュラホームは営...

 
 

アキュラホームのキッチンは標準で事足りる?アキュラホームのキッチンの評判を調べてみたところ、口コミでは標準仕様からオプションにしたという声が多かったです。システムキッチンの標準仕様は、ネット情報だとクリナップ、リクシル、タカラスタンダードから選べると書いてありました。この3つは有名メーカーなので信頼できるでしょう。キッチンは料理を仕事とする人にとっては職場となるので、こだわりを持ってオプションを付...

 
 

注文住宅の評判はどう?アキュラホームを選ぶ理由アキュラホームの注文住宅の評判で良いものには、安いこととデザイン力が挙げられます。安さはアキュラホームの代名詞とも言えるもので、同じプランを別のハウスメーカーに頼み、見積もりを比較したらアキュラホームの安さに負けたという人もいます。また、自由度が高いためデザイナーが施工主の希望をしっかり聞いてくれるという点も評価されています。過去にはグッドデザイン賞を...

 
 

タマホームとアキュラホームの評判タマホームもアキュラホームも、どちらもローコスト住宅を提供できるという点が共通していることから比較されやすいです。その評判から両者の違いを見ていくと、実はタマホームもアキュラホームも性能面では大きな違いがないことがわかりました。仕様は平均的であり、遮音性や断熱性は普通という評価となります。少し差が開くかなという点は担当者との打ち合わせ場面です。アキュラホームは担当者...

 
 

アキュラホームは住宅ローンの相談にも乗ってくれるアキュラホームでは、単に家作りに関する相談だけでなく、住宅ローンに関する相談もできるので積極的に話し合いの場を設けたいところです。予算を先に言っておくことで無理のない家作りが可能になるので、お金の面でも助けてもらいましょう。アキュラホームは特別に費用がかかるハウスメーカーではなく、むしろローコストハウスメーカーです。かといって住宅ローンを考え無しに組...

 
 

木造軸組工法のアキュラホーム、その耐震性は?鉄骨だと強いと言う人もいますが、耐震性がどの国よりも重視される日本ではまだまだ木造建築が優勢です。アキュラホームによれば、日本人にどんな家に住みたいかと聞くと、8割が木の家と答えるそうです。アキュラホームの家は木造軸組工法で建てられていますが、耐震性に関しては問題ないことをアピールしています。地震以外の災害にも強く、自由な設計プランも可能にするという多く...