注文住宅 北欧家具のブランド

MENU

北欧家具は注文住宅に必須だと思ってる!どのブランドを選ぶ?

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
注文住宅購入者に人気の北欧家具ブランドは?

注文住宅では、輸入住宅のようなデザインを希望される方が多いです。

 

そのため、家具にもこだわりを持たれるケースが多く、実際に北欧家具を取り入れているご家庭は多いですね。

 

日本ではあまり親しみのない北欧家具ですが、もちろん人気ブランドと呼ばれるものが存在します。

 

北欧家具を最も代表するブランドと言えば、マリッコ。

 

マリッコが誇るビビッドな赤い花柄は誰しもが見たことがあるかと思います。

 

家具はもちろんですが、クッションカバーなども売られているので気軽に取り入れることができますよ。

 

テーブルや椅子は、フィリッツ・ハンセンがデザイン性、機能性ともに優れていると人気を集めています。

 

また、日本でも定番になりつつある、イケアの家具もリーズナブルでおすすめです。

 

北欧家具のお手入れ、注文住宅購入者はこうしてる!

注文住宅購入者はデザイン性にこだわりを持っている方が多く、家具もおしゃれな北欧家具で揃えているご家庭が多いそう。

 

しかし、北欧家具はビンテージのアイテムもありますし、お手入れにも少し手間がかかってしまいます。

 

我が家でも北欧家具の導入を検討しているので、実際に北欧家具を利用しているご家庭に、お手入れの仕方について伺ってみました。

 

まず、お手入れ以前に、直射日光が当たらないような位置に配置したり、熱いものは置かないようにする心掛けは日頃から行っているということです。

 

あとは、年に数回、オイルを家具に塗り込んだり、レザー部分には革用クリームを使用しているそう。

 

大変そうに聞こえますが、慣れてしまえば簡単にできてしまう作業のようです。

 

玄関に北欧家具を入れるなら、事前にスペースを空けておくべし!

北欧家具は装飾が立派なものが多く、正直、収納面での効率性には不向きです。

 

通常の住宅なら、標準の玄関の空いているスペースのサイズに合わせた靴箱を取り付けるのが定番だと思います。

 

しかし、北欧家具のシューズケースを取り入れたい場合は、先に家具を選び、その家具のサイズ分のスペースを確保した玄関設計を事前に行うことをおすすめします。

 

そんなことができるの?と思いがちですが、注文住宅なら自由設計なので、ご希望の北欧数の大きさに合わせてご家庭毎にデザイニングができます。

 

裏を返せば、注文住宅の購入を検討しているご家庭は、事前に取り付けたい家具もイメージした上で設計デザインをする必要があるということになりますね。

 

自由が丘で北欧家具が似合う注文住宅を見学しよう

自由が丘駅から徒歩5分のところにあるショールームでは、ユーロJスペースというハウスメーカーが提供する住宅があります。

 

ユーロJスペースは北欧、南欧のデザインを得意とするハウスメーカーなので、注文住宅を建てるならここを訪れて参考にしてみるのも良いでしょう。

 

北欧らしい家を建てたいと思っても、日本で日本の生活を送るのでそれに合わせる必要があります。

 

ここに焦点を置き、いかに北欧スタイルをジャパニーズスタイルに自然に置き換えられるかに気を付けているそうです。

 

高温多湿である日本でも耐久性の高い家を目指し、かつ北欧らしさを失わせない家となるのが特徴です。

 

家がそうなら、当然インテリアも北欧家具を取り入れて合わせます。

 

一から買いそろえるならその分の費用も見積もっておかないといけませんね。

 

60年代の北欧家具が似合う注文住宅を目指して

注文住宅に北欧家具を置きたい時、60年代のものを選ぶとなると一般的な北欧イメージとはまた違った雰囲気になります。

 

薄い色の木材や、白をベースとして家具が一般的な北欧的イメージですが、60年代となるとその木の色が濃くなります。

 

より濃い色をしていることからアンティーク家具に相応しいものとなり、明るい色より落ち着いた雰囲気を醸し出せます。

 

特に静かに落ち着きたい書斎には向いていると思います。

 

そこに同じく北欧をイメージさせる間接照明を置けば、異国にタイムスリップしたような部屋になるでしょう。

 

この雰囲気を家族の共有スペースであるリビングやダイニングに持ち込めるならそうしたいところですが、家族全員の意見の一致が必須になるのが難点ですね。

 

個人的には、自分の部屋だけそうあればそれで満足です。

 

更新日時

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

注文住宅の総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事

 

注文住宅を玄関を北欧家具に合わせるときのコツ新しく注文住宅を建てたのなら、そこに北欧家具を置きたいという人も多いはず。ならば玄関はどうすべきでしょうか。北欧にこだわるのなら、キーワードは「アーチ」です。玄関ドアそのものの上部をアーチ状にし、木製とわかる状態で作れば家の中からも外からも北欧チックに仕上がります。また、家の中に入る前のスペースも、壁をアーチ状にしてくりぬくことで一気に北欧らしさが出ます...

 
 

中古の北欧家具を購入する上での注意点は?こだわりを持って設計した注文住宅ですので、家具も北欧家具の導入を検討中です。北欧家具と言えば、ビンテージという響きに憧れのイメージがありますが、中古家具ということで実は購入後にトラブルも多いのです。その注意点として、注文住宅の場合は、まずサイズ感に配慮が必要だと言います。普通ならば住宅を設計をし、その設計に合ったサイズの家具を探すケースがほとんどだと思います...

 
 

おすすめの北欧デザインのキッチン家具は?注文住宅を建てるので、キッチンも思い切ってあこがれのアイランドデザインを取り入れました。ちなみに、リビングなどのお部屋は北欧家具で揃えています。アイランドキッチンは開放的でリビングからもつながる間取りなので、キッチン収納もできれば北欧家具で揃えたいと思っています。しかし、ビンテージの場所を取る北欧家具は正直言うとキッチン収納には向いてません。場所を取りますし...

 
 

憧れの北欧インテリア雑貨で新築一戸建てを飾りたい北欧インテリア雑貨は、温かみがあって小さい頃から大好きだったムーミンをイメージします。新築一戸建ての家に、是非飾りたい北欧インテリア雑貨です。北欧インテリアは、シンプルですのでどのような間取りにも合うところがとても嬉しいです。主人は、インテリアには全く関心がなく、実用性にばかりこだわりますが、北欧インテリアは気に入っています。色も落ち着いた配色で何気...

 
 

北欧インテリア、ニトリでも品揃えがあるの?北欧インテリアでコーディネートをしようと決めたので、家具や雑貨を調べています。先日、ニトリによってみると北欧インテリアのコーディネートのモデルルームを展示してありました。木目調の家具が印象的で、温かな演出を感じました。ニトリは、大型家具も手頃な値段なので北欧インテリアでコーディネートしてもリーズナブルな値段で揃えることができるように思います。北欧インテリア...

 
 

北欧インテリアは、まずは小物から揃えていきたいと思います。最近人気の、北欧インテリアコーディネートが気になって仕方ありません。新築一戸建ての注文住宅に北欧インテリアの小物を取り入れたいと思っています。大きな家具は、主人とも相談しながら決めたいと思いますが、キッチンや洗面所は北欧インテリア小物で飾りたいと思っています。北欧インテリアの癒される配色やデザインは、新築一戸建ての家にぴったりだと思います。...

 
 

水槽と北欧インテリアで素敵な部屋に変わる楽しみ家の北欧インテリアでコーディネートを考えています。今、家具や小物も北欧インテリアを探してみたり、カタログやネットでも探しています。先日、ネットで水槽と北欧インテリアがコラボして感じの良い部屋が載っていました。水槽は、考えていませんでしたが、小さなゆっくりと泳ぐ姿はまるでスライドショーが行われている空間のようで涼しそうで癒される空間となっていました。まわ...

 
 

北欧インテリアコーディネイトのアイデアいろいろ先日、見学した家が北欧インテリアを取り入れており、魅力あるものでしたので参考にしたいと思います。北欧調の壁面収納が部屋を広々と感じさせてくれました。北欧インテリアは、ナチュラルな木のぬくもりや配色の落ち着きがポイントなので、壁面が北欧インテリアになっているのは良いアイデアだと思いました。アイデアしだいで収納もできて床が広く使えるのだと感心しました。案内...

 
 

北欧インテリアでコーディネートならウォールナット家具にしたい新築の家には、お気に入りの北欧インテリアでコーディネートしたいと考えています。家具は、ウォールナットの家具を購入したいと思っていますが、ウォールナットにすればよいのは、どのような家具でしょうか?ウォールナットの家具は、狂いが少なく長く味ある雰囲気を醸し出します。先日、北欧インテリアの展示ルームでは、床がウォールナットになっていて少し暗めの...

 
 

北欧インテリアのリビングで癒されたいと思っています家に、北欧インテリアを取り入れたいので、モデルルームを見に行ったり、ネットで調べたりしています。北欧インテリアのリビングは人気ですので、家具屋さんとかホームセンターなどでも飾っているのでチェック中です。北欧インテリアは、デザインも優しく配色も癒し系ですのでリビングにぴったりです。床と家具の色合いを揃えて、落ち着いたリビングにしたいと思います。また、...

 
 

北欧インテリアは狭いリビングを広く見せる働きがある?注文住宅の家を建てる予定の土地が建坪45坪なので、狭くなりそうで色々考え中です。狭いリビングを少しでも効率よく広々とした雰囲気にしたいと考えています。先日、ハウスメーカーの展示場に行ってきて相談すると、北欧インテリアを紹介されました。写真やスライドを見せてもらうと、広々とした雰囲気なので北欧インテリで狭いリビングを広い感じにしたいと思っています。...

 
 

北欧インテリアの玄関でかっこよくお出迎え北欧のインテリアの玄関は、木の温かさとかっこよさで作りたいですね。北欧の自然と共に暮らす木を元に作られた玄関はかっこいい上に温かいので大人気です。また、玄関に緑を入れるのも北欧インテリアの特徴だと聞きました。玄関ですので、お客様を爽やかに迎える工夫も北欧インテリアではよくありますが、ラベンダーなどのポプリを飾ったりカゴの中に置いたりします。私たちも玄関は、北...

 
 

注文住宅には、北欧インテリアの寝室を希望注文住宅を建てるなら、寝室は北欧インテリアでまとめたいと思い、先日モデルルームに行ってきました。北欧インテリアは、天然素材は美しくコーディネートを手助けするので、一日の終わりに落ち着く寝室で明日に備えることが、できようにしたいと思います。ベッドも家具も木目調のインテリアにしたいと思っていますが予算も考え中ですので必要なものから少しづつ揃えていきたいと思ってい...

 
 

北欧インテリアのバスルームが広くて開放的になる北欧インテリのバスルームが、思った以上に明るく広いのに先日の展示会でびっくりしました。北欧はサウナの国だと思っていたので、北欧と、バスルームがイメージで結びつかなかったのですが、展示場は好みのバスルームでした。バスタブと床は、白が良いですね。清潔感がある上に、広く見えますし北欧インテリアの緑を取り入れた小物は、疲れをとってくれます。目を引くのは、やはり...

 
 

北欧インテリアのキッチン作り、雑貨を組み合わせておしゃれに北欧インテリアで、北欧風に憧れのキッチンにするには、どのようにすれば良いか考えているところです。北欧インテリアの基本は、ナチュラルですので木目と白、グリーンを取り入れてシンプルにデザイン配色をすれば温かなキッチンになります。北欧は、寒い時期が長いので家の中での生活を快適にするようにデザインされます。特に、キッチンは楽しく料理をするために欠か...

 
 

注文住宅を北欧インテリアの色使いでまとめてみる注文住宅を今人気の北欧インテリアでまとめるように進めています。北欧インテリアの特徴でもあるナチュラルな落ち着いた感じにしたいので色使いを考え中です。リビングは、ゆっくりと癒される色使いにしたいので、床に無垢材や木目調のインテリアでベージュ、茶色系で統一の予定です。白を基調に、グレイで明るいイメージの色使いもリビングを広々と見せてくれます。注文住宅を木の...

 
 

北欧家具に囲まれた注文住宅の暮らし、寝室は自然素材で北欧家具に囲まれた暮らしを想像すると、リラックスできるイメージはありませんか?木製のものが多いことから自然に囲まれた雰囲気が漂うのです。これを注文住宅の寝室に活かすなら、自然素材をふんだんに使うと良いでしょう。例えば、寝室は動きが少ないことから無垢材を惜しみなく使える場所です。リビングやダイニングだと食事をこぼした時に汚れが付いてしまいますし、耐...

 
 

子供部屋にビンテージの北欧家具の設置は不向き?注文住宅で洋風デザインの住宅を建てたので、子供が大きくなってもおしゃれに使えるように、子供部屋にも北欧家具の設置を検討しています。北欧家具は大きく分けて二通りあります。まず一つ目は、ビンテージのアイテム。正直、ビンテージの家具は価値があり高価な割には、もろく壊れやすいです。お手入れにも時間を要します。そして、装飾が多いため、とがっている部分があると小さ...

 
 

ワークデスクはスペースのの節約にもなる?注文住宅を建てる時、男性は書斎という体で自分の部屋を持つのに対し、女性はキッチンという場所があるからか自分の部屋は寝室になるというケースがあるそうです。しかしこれでは作業をするスペースがリビングだけとなってしまい、落ち着いて仕事ができません。そのような場合、北欧家具からワークデスクを探すとおしゃれなものが出てくるので、これを取り入れられる間取りを考えましょう...

 
 

格安ソファは北欧家具らしくなるのか北欧家具の代名詞ともいえるソファは、注文住宅に取り入れるならできれば格安のものが良いですよね。青がキレイな二人掛けのソファなら、楽天市場で9,999円で売っていました。北欧という名が付いているものの、間取りや他の北欧家具によってはちょっと地中海っぽくなってしまうので注意です。より北欧風の間取りを目指すなら、ヴィンテージスタイルがオススメです。しかしこれは安いものを...