センチュリーホーム 坪単価

MENU
 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
坪単価は20~50万円とお値打ちなセンチュリーホーム

センチュリーホームの家の坪単価は、安くて20万円、高くても50万円という良心的な値段となっています。

 

20万円というのはローコスト住宅にあたり、家としては最も安いと言っても過言ではないでしょう。

 

対して50万円は標準かなという印象ですが、オプションをどれだけ付けるかによって家の品質は左右されます。

 

20万円の家でも、そう表記していながら大抵はもう少し坪単価が上がることがほとんどです。

 

正直、この値段でしっかりした家ができるとは思えません。

 

実際に見積もりを取ってみると、期待したような金額ではなかったということもあります。

 

ただ、センチュリーホームは過度な広告を控えたり、展示場は単独直営のもののみにしたりと、陰ながら経費削減の努力を行っています。

 

このことから、単に質を落とした安さではないことがわかります。

 

センチュリーホームは価格が魅力的な分デメリットもおさえよう

坪単価が約20~50万円という良心的なセンチュリーホームは、価格が気になって家を建てられないという人にとっては救世主になってくれるでしょう。

 

アパートやマンションも良いですが、やっぱり持ち家が良いという場合に価格によって制限される人が少なくなります。

 

本体価格だけで言えば、坪単価20万円の家を30坪で建てたら600万円です。

 

もちろんこれにオプションや外構費、契約金諸々が入って家が建つわけなので、貯金と住宅ローン返済計画はしっかり行わなければなりませんが。

 

また、安いとなるとやはり家の質は落ちてしまいます。

 

断熱材が薄いなら夏や冬にエアコンをしっかり効かせないと過ごしにくいでしょうし、それによって光熱費がかかります。

 

外壁材の質がそこまで良くないならメンテナンスが頻繁に必要になり、メンテナンス費がかかります。

 

相場はいくらだろう?センチュリーホームの坪単価から考える

坪単価に差があることから、センチュリーホームで家を建てた場合の相場を言うのは簡単ではありません。

 

単純に、建てたい家の坪数に建てたいプランの坪単価をかけて計算すべきでしょう。

 

坪単価は20~50万円とのことなので、その間をとって35万円で計算すれば大体の本体価格は出ます。

 

これもどのようにつけるかによりますが、オプション費が200万円、外構費や諸経費に200万円かかったとすると、それに400万円プラスすることになります。

 

35万円×40坪+400万円=1800万円となります。

 

これを安いととるか高いととるか、それも家の収入によって変わるでしょう。

 

センチュリーホームは他のハウスメーカーに比べるとかなり安く家が建つので、設備などのグレードを上げたいならオプション費はもう少し高くつくと思います。

 

予算内におさめるにはオプションをいくら削れるかがポイントになります。

 

値段を追求するならセンチュリーホームのキャンペーンが狙い目

一生に一度の最も大きな買い物が家である人は多いです。

 

ならばその値段は少しでも安い方が良いはず。

 

センチュリーホームはその値段からターゲット層が低所得者から「普通」と言われる層までとなっています。

 

ローコスト住宅で考えているならセンチュリーホームも入ります。

 

とことん安さを追求するなら、時が来るのを待ってキャンペーン企画に応募し、当たるのを祈るという手もなくはありません。

 

センチュリーホームはこのプレゼント企画やキャンペーン企画で販売する家がかなり安いと評判で、当たれば儲けものです。

 

そのためには妥協しなければならないこと、守らなければならない条件があるので、それをクリアできたらの話です。

 

スマホでブックマークなどをしておいて、定期的に家のキャンペーン企画はチェックしておいた方が良さそうですね。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

注文住宅の総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事

 

口コミチェックでセンチュリーホームの良し悪しを知ろうどのハウスメーカーも、公式サイトでは良いことしか書きません。都合の悪いことや自信のないことをわざわざ大発表しているところはありませんよね。でも、消費者からしたら他社を比較するために悪い情報こそ知りたいもの。そこで役立つのが口コミです。センチュリーホームの口コミで多いものには、家の設計に関する自由度が低いというものがあります。一応反転込みで700の...

 
 

ランキングサイトで見たセンチュリーホームの評判は?「158万人が評価した、オリコン日本顧客満足度ランキング」によると、センチュリーホームの評判は良いものばかりが並んでいました。サービスでウッドデッキを作ってもらったという人もおり、それはなかなかすごいことだと思いました。新築を建てたばかりの人の口コミだとこれからのことが気になりますが、7年間住んでいるという人も満足していました。このオリコン日本顧客...

 
 

家をセンチュリーホームに建ててもらうメリットはやはり安いこと家を建てるとなったら、まず迷うのが「どこに建ててもらおう」というハウスメーカー選びではないでしょうか。ローコストで建てたいならセンチュリーホームはオススメです。安いわりに質が良いという評判ですし、その安さのわけも大体検討がつくからです。全国に29あるという住宅展示場は単独ですし、過度な宣伝もやっていません。直営でやっているから安心できます...

 
 

規格プランのあるセンチュリーホームなら構造作りはお手の物?日本の昔ながらの木造軸組工法を使っているセンチュリーホームは、夏でも冬でも湿度が高くても、それに対応できる家となっています。構造は一年を通して過ごしやすい基礎を守っているという感じですね。木造だと鉄骨よりは弱いのではないかというイメージがあるかもしれませんが、何も昔からのやり方を現代にまでそっくりそのまま使っているわけではありません。より改...

 
 

センチュリーホームで契約したら、その後の対応に注意家を買う時に決めてとなるのは値段だけではありません。人との相性も大いにあるので、センチュリーホームに決めたという人の中には感じの良い営業マンがいたからという理由も多いです。ですが、運悪く契約時にはいたのに、退社してしまって感じの良い人がいなくなってしまったということもありえます。実際このようなことになった人もおり、その他の人には自分の都合の良いよう...

 
 

賃貸探しも手伝ってくれるセンチュリーホームセンチュリーホームは、不動産売買やその仲介、賃貸探し、リフォームなどの事業まで行っています。夜7時以降も営業していることから、会社帰りに寄ることもできますね。得意なエリアは湖南地域(甲賀市・湖南市)ということなので、近くで賃貸物件を探しているなら他の不動産会社よりも自分の条件に合った家を探してくれるかもしれません。賃貸物件の条件は言うのは簡単ですが、パーフ...

 
 

オプションはつけなくてもセンチュリーホームの家は成り立つのかセンチュリーホームはローコスト住宅が買えるので、オプションにはそこまでこだわりがないという人も多いです。あるならもっと坪単価の高いハウスメーカーを選ぶからです。しかし、標準仕様がなかなか整っていることもあり、ほぼオプション無しで家を建てたという人もいます。もしつけるかつけまいか迷うとしたら、それはバスルームやトイレ、キッチンなどの水回りで...

 
 

モノコック構造で地震対策をするセンチュリーホーム地震に強い家というのはもはや日本では必要不可欠な要素ですが、もちろんセンチュリーホームも耐震性には注目しています。木造軸組工法なので鉄骨に劣るのではと言われていますが、その分強化すべき点である面材を床や壁、屋根の全てに張っています。いくら頑丈に見えても、地震の力が一点に集中してしまっては崩れやすくなってしまいます。だからその揺れのエネルギーを面で分散...

 
 

2000万円は普通?安いことが武器であるセンチュリーホーム安いことが最大の売りであるセンチュリーホームは、総額2000万円以下で家を建てることができます。安いことで毎月の住宅ローンの返済が楽になるのはかなり嬉しいことです。無理をしてまでマイホームが欲しいかと言えば、そこまで背負っての生活は嫌だと言う人がほとんどでしょう。坪単価60万円の家はちょっとキツイけれど、マンションやアパート暮らしも嫌だとい...

 
 

センチュリーホームの良い評判と悪い評判は相反するハウスメーカーの評判には悪いものがつきもので、センチュリーホームでもそれは同じです。家というのは人生をかけた大きな買い物であることから、求める期待値が高くなりがちです。また、同じ家でも施工する職人さんの腕によって出来栄えは違ってきますし、住む人の感性によって評価が変わってきます。センチュリーホームで多くみられる悪い評判には、営業マンの態度が悪かったこ...

 
 

センチュリーホームのキッチンは多少豪華にしても後悔しない人間は、生き物の中で唯一料理をする生き物です。センチュリーホームの家を建てたら、そのキッチンは使いやすさを意識すべきでしょう。毎日使う場所なので、設備に便利さを求めても良いでしょうし、デザインにも欲を出して後悔はしにくいのです。例としてあげられている写真では、まるで西洋にホームステイしたようなキッチンになっていました。コの字型になっており、シ...

 
 

総額はいくら?センチュリーホームを選んだ人のブログを参考にセンチュリーホームで家を建てた場合いくらするのか、その総額を知るには個人のブログへ行く必要があります。公式サイトでは、注文住宅で自由に作れる場合、一軒一軒値段が大きく変わってくるからです。オプションはどこにどれをどれくらいつけるのか、外構はどんな風にするのか、坪数はいくつか、これらによっても変わってきます。それらをとっぱらってものすごく雑に...

 
 

一般的な間取りならセンチュリーホームで対応可能間取りは今までのライフスタイルに合わせて作るのが最もオーソドックスです。センチュリーホームは家の安さが売りなので、あまり変わったことはしない印象です。ですが、外観からわかるのは屋根が複数組み合わされており、決してシンプルな作りだけではないということです。変わったものを求めないのであれば、1階はオープンキッチンにしてダイニングとリビングの間に仕切りを作ら...

 
 

ソーラーパネルを設置できるセンチュリーホームの商品坪単価の安い家にはソーラーパネルが付けられないというイメージも多いようですが、センチュリーホームの場合は商品の選び方次第でむしろそれを推奨していることがあります。初めからソーラーパネルを付ける前提で用意されている家もいくつかあり、それを採用するメリットには売電収入があります。得た電気は家で使う電力に充てられますが、余った場合はそれを電力会社に売るこ...

 
 

センチュリーホームの分譲住宅、二世帯住宅をチェックしてみた情報が多い分譲住宅、全国から希望する家を探すなら、SUUMOなどのサイトを活用するのが手っ取り早いです。センチュリーホームの場合、太陽光発電がある家もあれば二世帯住宅もあり、暮らし方によって選択できます。二世帯住宅を見てみると、1階と2階で場所が区切られていました。玄関やリビングは共有になっているので、完全分離型ではありません。完全分離型に...

 
 

モデルハウスでセンチュリーホームの「本物」を知ろうセンチュリーホームでは、住宅展示場の予約が公式サイトからできるようになっています。全国に単独住宅展示場が29あるので、近くにあるなら是非足を運んで実際のモデルハウスを実感してみましょう。ネットだけでは文字に踊らされるばかりで、自分が本物に対面した時どう感じるかがわかりません。センチュリーホームのモデルハウスを見に行くなら、是非他のハウスメーカーも見...

 
 

標準仕様の床で満足できるのがセンチュリーホームセンチュリーホームで床を選ぶ際には、まず集成材にしたいか無垢材にしたいかで2つの道ができます。標準仕様なら集成材だったという人もおり、住んでいてこれまでに特に不満はないそうです。床で不満があるとしたら相当ダメな家でしょう。床鳴りがしてしまうなら張り方が悪いのでしょうし、傷がつきやすいなら集成材そのものに問題があります。普通に暮らす上で特にこだわりがない...

 
 

センチュリーホームの注文住宅は「選んでいく」スタイル家族構成やライフスタイルに合わせて自由に作れる注文住宅。センチュリーホームの注文住宅は、それを最初から最後まで自分たちの思うように作るというよりかは、ある程度決められた中から選んでいくというスタイルです。例えば、太陽光発電システムが欲しいと思うなら、最初からそれが標準仕様になっている商品を選べます。後からオプションで付けるより便利ですね。センチュ...

 
 

外断熱を取り入れるセンチュリーホームの過ごしやすさセンチュリーホームでは、外壁、屋根、そして基礎に断熱工法が取り入れられています。「センチュリースタイル」と銘打ったウェブページでは、内断熱と外断熱についての解説もありました。日本の住宅のほとんどが内断熱であり、それは家の柱と柱の間にグラスウールなどの断熱材を入れ込むことを指します。一方、外断熱は内断熱のように柱で一度断熱材が途切れてしまうことなく、...

 
 

外壁にはタイルを勧めるセンチュリーホーム家の外壁材に関して、センチュリーホームではタイルの方がサイディングより良いと言っています。理由は、タイル張りの家はメンテナンスフリーであり、ほとんどメンテナンス費用がかからないから。一方のサイディングは10年~15年ごとに100万円近くのメンテナンス費用が必要になるので、コストパフォーマンス的に良いとは言えないのです。安さを求めるなら、あえて初期費用がかかる...

 
 

センチュリーホームでは、使う木材にも実験を施している木造軸組工法で家を建てるセンチュリーホームでは、使っている木材は全て集成材です。土台は特に米松という柔らかい木材を使っています。鉄と違ってどうしても他からの影響を受けてしまいますが、センチュリーホームでは木材を24時間水に浸すという実験も行っています。これは、24時間雨が降り続いたという設定を想定して行われたものです。雨の中建築を進めることもある...

 
 

センチュリーホームにはwebだけのリフォームサービスがあるリフォーム事業も行っているセンチュリーホームでは、webだけで発信するお得なサービスもあります。家を建てる時には当然将来を意識して間取りを考えるものですが、その将来なんて誰にもわかりません。子どもが2人おり、2人とも巣立っていくと思ったら実家暮らしになり、結果駐車場が2つ余分に必要になったなんてことも。もしかしたら孫ができて、その分の部屋を...

 
 

センチュリーホームのチラシ価格と必要予算センチュリーホームは注文住宅とリフォームを事業として行っており、その戦略は独特のもので、建築予算を組みときには注意が必要です。特に、チラシなどではとんでもなく安い価格となっていますが、表示価格には仮設工事費、産廃処理費、現場管理費、・・・などが含まれていない材料費だけのものもあり、その場合の実質的な材工価格は材料費の倍と考えておくべきでしょう。これは、ある意...

 
 

センチュリーホームの外観と仕様センチュリーホームの外観は、比較的シンプルでサイディング仕様を標準としており、ホームページ上の外観ギャラリーでバリエーションをパース画像で紹介しています。ローコストを特徴としている住宅では、外観がシンプルであることは重要で、複雑な形状になるほど高コストになってしまいます。しかし、一般的な住宅としては見劣りのしない外観で、一概にローコストでシンプルな住宅だから・・・と言...

 
 

センチュリーホームの住宅性能は標準より格上だった!センチュリーホームで満足のいく住宅を建てるためにローコストのメリットを最大限に生かすために必要なことセンチュリーホームの住宅性能は標準より格上だった!ローコスト住宅を謳っているセンチュリーホームですが、長期優良住宅を標準仕様としていますので、現在の一般的な住宅性能に比べると上位に位置すると思います。長期優良住宅の建設基準に対するセンチュリーホームの...