スウェーデンハウス 価格

MENU

スウェーデンハウスの価格は恐ろしく高い!値引き交渉で安くなる?

スウェーデンハウスといえば、高価格。

 

しかし、ただ高価格というわけではなく、全て理由があるのです。

 

そして、それらはスウェーデンハウスならではの安心や快適性・省エネ性にすべてが直結しています。

 

高いだけある家、それがスウェーデンハウスなのです。

 

良い点ばかりの住宅メーカーです

「オリコン顧客満足度ランキング、ハウスメーカー(注文住宅)部門 総合評価、2015年度、第1位」。

 

スウェーデンハウスのホームページには燦然と、こんな文字が輝いています。

 

評価項目は、スタッフの対応、商品の品質、アフターケアなど。

 

それ以外に、スウェーデンハウスが自らの強みとしている点は、家中の温度差が少ない、北欧からの輸入住宅ならではの高気密・高断熱性であり、仕様のゆったり感。

 

地震にも強い構造であり、木製の住宅ならではの美しい経年の味わいです。

 

また、日本の住宅にはない垢抜けた外観もそうですし、「スウェーデンハウス」というブランドの高さもそうです。

 

これだけ良い面をずらりと並べると、さぞかし魅力的な住宅に違いないと、みなさん考えるはず。

 

特に、顧客満足度が高いというデータがある点には惹かれるはずです。

 

しかし、スウェーデンハウスには致命的な欠点があります。

 

それは、価格が恐ろしく高い点です。

 

住宅メーカートップクラスの坪単価

日本の大手住宅メーカーの坪あたりの価格ランキングを作るとすると、

 

へーベルハウス、住友林業そしてスウェーデンハウスが高価格帯の御三家。

 

中でも坪単価が80~100万円というスウェーデンハウスは、ダントツの高さなのです。

 

その理由は、スウェーデンの工場でプレカットをおこなった部材を日本に輸入して住宅を建てるから。

 

人件費が安くはない国で加工して、それを輸送してくるのですから、安くできるはずがありません。

 

さらに寒さの本場北欧仕様だけに、使われているパーツも一味違います。

 

例えば、屋内へ寒気や熱気を伝える窓。

 

スウェーデンハウスでは、他のメーカーと異なり、木製のサッシで断熱性を高めているのです。

 

だから、冬は暖か夏は涼しいという住宅ができるのですが問題は価格、もちろんよくあるアルミ製より価格が高いものなのです。

 

ただ高価格だというだけでなく

他には、壁や床の継ぎ目まで気密性を高める手間のかかる技法を使っている点や、計画換気システムを全戸導入している点、

 

外断熱を採用している点、断熱材ですらスウェーデンから輸入している点などが上げられます。

 

このように、理由を述べていくと価格が高いわけもわかってもらえるはず、その分、快適性は保証します。

 

それと、最後にゆったりとしたスウェーデンそのままの規格の注文住宅しか造っていないという点も忘れてはいけませんね。

 

これがスウェーデンハウスなのです。

 

価格は高い、でもそれだけの訳と価値はある、そう言い切ってしまってよいのではないでしょうか。

注文住宅の総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。

スウェーデンハウスに関する記事一覧

 

スウェーデンハウスを建てている人のブログには参考になる点が多いもの。一番参考になるのは、家造りを楽しんでいる姿勢でしょう。面倒なことが多くて嫌になりそうなものですが、楽しむこと。スウェーデンハウスに限らず大切なことですね。ブログの意見を参考にして住宅メーカーの営業マンはいいことしか言いません。しかし新築一戸建てを考えて、メーカーを選んでいる時ならば、悪い面も含めた意見を聞きたいものです。そんなとき...

 
 

スウェーデンハウスの坪単価は驚きの高さです。しかし、その分中古住宅も、高めの価格で取引されています。その理由は、アフターサービスの充実と独自の中古住宅サイト。スウェーデンハウスのブランド力も大きいでしょう。スウェーデンハウスとロレックス高い高いといわれているスウェーデンハウスですが、同じく高いといわれているロレックスの例をここで出してみます。ロレックスがなぜ高価なのか?その理由は、水を遮断する高気...

 
 

高い高いといわれているスウェーデンハウス、新築で建てるのに必要な年収を計算してみたところ1,000万円は超えてしまいました。しかしスウェーデンハウスは意外と維持費がかからなそうです。低すぎるのも難しいですが年収のハードルは意外と低いかもしれません。年収1,000円程度は必要なのかまぁ、スウェーデンハウスは高い。色々なところで語られつくしていますが、スウェーデンハウスを建てるには、坪単価は70~90...

 
 

北海道で生まれたというスウェーデンハウスは、創業当時から高気密・高断熱を追求してきたメーカー。北海道という厳しい環境でも耐えられる基本性能が、スウェーデンハウス一番のセールスポイントといえるでしょう。北海道にはスウェーデンハウスが似合う日本の街並みには情緒がない、これはよくいわれる話です。それも、第二次世界大戦、空襲、高度成長、無計画な開発など、これらがすべて悪い方に出た結果。しかし、北欧風型の住...

 
 

スウェーデンハウスの評判はおおむねよいものばかりなので、非常に魅力的に感じますが、それは高い坪単価があってのこと。スウェーデンハウスのファンは高い坪単価というハードルを越えた人だけなのです。だから評判が良いのもうなずけます。セールスポイントが少ないという良さ新築一戸建てを検討していると、住宅メーカーのことを色々調べてしまい、結局よくわからなくなってしまいます。商品が住宅という特殊性からでしょう、ど...

 
 

木の部材が多いことをウリにしているスウェーデンハウスはメンテナンスが大変そうですが意外とそうでもありません。自分たちでメンテナンスを手掛けるといっても、数年に1度のこと。それでスウェーデンハウスは長持ちするのですから、簡単なことです。木の部分が多いとメンテナンスが心配木をふんだんに使った住まい、これはスウェーデンハウスの大きなセールスポイント。外観はもちろん、木の香りがするリビングにひかれてスウェ...

 
 

自社で建てた住宅の維持のための会社、スウェーデンハウスリフォームでもわかるように、リフォームへの備えは万全なもの。100年持つ住宅を創業当時から標榜するスウェーデンハウスは構造だけでなく、そのような点も重視しています。30年前から長期優良住宅住宅は新築を購入するものだから、25年持てばいい。スウェーデンハウスが誕生したのはそんな風潮がもっぱらだった30年前。北欧の住宅の良いところを、日本風にアレン...

 
 

業界トップクラスのスウェーデンハウスの坪単価、しかしスウェーデンハウス・クオリティーは変わらず値段を抑えたプランも販売されています。しかし、間取りをみると引っ掛かるところは数多くあり、、、値段を抑えるのって難しいですね。サキタテはお得なプランです!!高い高いといわれているスウェーデンハウスですが、その坪単価は80~100万円。数ある住宅メーカーの中でもトップクラスの値段になってしまいます。それでは...

 
 

いかにも北スウェーデンハウスという外観が主張するアルムですが、屋根の裏側が2階の室内に張り出してくる分断熱が心配になります。しかし、そこはスウェーデンハウス、分厚い断熱材が施工されているので、アルムでももちろん安心です。大きな三角屋根のアルムスウェーデンハウスの商品ラインナップは大きく分けて4つ、大きな三角屋根が特徴の「アルム」。切妻屋根の「グラン」、寄棟の「リンド」、そして平屋建ての「ビョルク」...

 
 

最もスウェーデンハウスらしい外観のアルムは坪単価も高めになります。しかし、特にデザインを重視したわけでなく、スウェーデンハウスの機能を形にしたらアルムになったというのが真相。坪単価がただ高いというわけでもないのです。特徴的な外観は坪単価も高め一番スウェーデンハウスらしい外観を持つ「アルム」ですが坪単価は70~80万円と、実にスウェーデンハウスらしい価格。他の「グラン」や「リンド」になると、60~7...

 
 

スウェーデンハウスは高断熱だからエアコンの効率がよいという話はよく効きます。一方でスウェーデンハウスは暑いとの評判も耳にするのです。結論から言うと、他の住宅より暑いということはなさそうですが、スウェーデンハウスも暑いときは暑いのです。最近の住宅は網戸がない最近のローコスト住宅は網戸すらオプションだと聞き、涙ぐましいまでの坪単価を下げる努力にしみじみしたものです。そしてスウェーデンハウスも網戸はオプ...

 
 

スウェーデンハウスのおこなうイベントで特殊なものは、メンテナンス講習会。豊富な木製パーツの取扱いを学ぶもので、スウェーデンハウスならでは。イベントに参加することで、意外と簡単な扱いに拍子抜けするパターンもあるようです。オーソドックスなイベント3つ輸入住宅のスウェーデンハウスだからといって、特別なイベントを打っているわけではありません。現場見学会、完成見学会、入居者内覧会、以上の3つがよくおこなわれ...

 
 

スウェーデンハウスでインテリアのコーディネートを任せると、大変な出費になります。インテリアすべてを任せるのではなく、出費の強弱をつける必要がありそうです。スウェーデンハウスにピッタリのインテリア、なかなかないのですが。インテリアも高額になりがちスウェーデンハウスのインテリアコーディネートを担当しているのは「北洋交易株式会社」。インテリアコーディネータも北洋交易の社員が担当しています。スウェーデンハ...

 
 

長く住むなら維持費がかかる、日本でもやっと認識が広まりつつあります。スウェーデンハウスは創業当時から、維持費をかけて長く住むことを提案中。スウェーデンハウスの方法にやっと、日本が追いついたという感じです。長く住むには維持費がかかる長期優良住宅の認定制度が始まって以来、様々な住宅メーカーが、長期無料定期診断を売りにしています。スウェーデンハウスももちろん、充実した無料点検プログラムを持っており、その...

 
 

住宅の施工ミスは人命に関わりますが、エクステリアはそうでもありません。スウェーデンハウスにあったエクステリアは高額になりがちなので、そこは施主施工という手もあります。スウェーデンハウスらしい、楽しみ方と思いますがいかがでしょうか?後回しになりがちなエクステリア住宅にお金を割くことばかり考えて、おろそかになりがちなのがエクステリア。スウェーデンハウスのような特長的な外観を持つ住宅ならなおさら、エクス...

 
 

木製品のひどい汚れにはウッドクリーナーが役立ちます。使い方は難しくありませんが、スウェーデンハウスにありがちな、外回りなどはウッドクリーナーと高圧洗浄の組み合わせが楽。面倒な作業ですが、これでスウェーデンハウスに愛着もわくのです。手入れが必須な木製の部位スウェーデンハウスは木の部材が多く、それがセールスポイントですし、支持を受けている点でもあります。また木製のサッシは、風合いがいいだけではなく、高...

 
 

スウェーデンハウスに相性がピッタリなのがウッドデッキですが、木製のものはメンテナンスが必要です。といってもメンテナンスは年に1度、塗装する程度、それほど手間ではありません。ウッドデッキは木製に限る、スウェーデンハウスのオーナーさんはそういいそうです。メンテナンス性で考えると樹脂製ウッドデッキの選択は何を重視するかで決まります。メンテナンス性を重視するならば樹脂製、風合いを重視するならば天然木製。ス...

 
 

スウェーデンハウスおすすめのエアコンの配管方法は隠ぺい配管、新築時と買い替え時のコストがかかる方法です。スウェーデンハウスらしく、見かけを重視するなら隠ぺい配管なのですが、、、。エアコンの買い替えを見越して家を建てますか?エアコンの2種類の配管方法スウェーデンハウスのような高気密・高断熱の住宅では、エアコンは必須、年中つけっぱなしが常識です。電気代が気になりますが、エアコンの電源を入れたり切ったり...

 
 

スウェーデンハウスに雨戸を付けているケースは非常にまれ。3重ガラスのサッシに自信があるためか、スウェーデンハウスも雨戸を取り立ててすすめることはなさそう。すっかり役割を終えたイメージが強くなる雨戸なのです。低くなる雨戸の重要性皆さん、雨戸閉めてますか?私は現在の家に住んで以来20年ほど閉めた記憶がありませんし、その前の家には、そもそも雨戸がありませんでした。風雨を避ける、防犯・防火に、断熱・防寒に...

 
 

住友林業も、スウェーデンハウスも坪単価が高額な住居を建てますが、住友林業は施主の要望をかなえる提案力が大きな特徴。ですからメーカーのイメージとして強いものを持つ、スウェーデンハウスのファンとは客層がはっきり分かれそうです。住友林業の坪単価も高価!!散々今まで、高い高いといいまくってきましたスウェーデンハウスですが、それと1、2を争う坪単価なのが住友林業。木造軸組の構造を持つ住友林業は、最近の横綱白...

 
 

スウェーデンハウスから人気のオプションをあらかじめセットにした商品が発売になりました。内容は太陽光パネルさえオプションで追加すれば、オール電化になるという魅力的なもの。スウェーデンハウスにいっそうの愛着がわきそうです。オプションなしでは物足りないキッチン、バスルーム、フローリングなどなどスウェーデンハウスに限らず、住宅メーカーは様々なオプションを用意しています。オプションの方が使い勝手や見栄えがグ...

 
 

スウェーデンハウスでカーテンを依頼すると、北欧直輸入のステキなカーテンが選べますが、かなりの値段を覚悟しなくてはいけません。そこをスウェーデンハウスではなくて、専門店に依頼することで、かなりのコストダウンが見込めそうですが。カーテン代30万円プレゼント!!スウェーデンハウスのオーナーさんのブログを見ていると、「カーテン代を30万引いて」というフレーズを目にします。調べたところ「スウェーデンハウス倶...

 
 

住宅に発生するカビの原因はもっぱら結露の場合が多いようです。高断熱・高気密のスウェーデンハウスは壁内・室内ともに対策は完璧。カビの心配になるような結露について、スウェーデンハウスは全く心配がなさそうです。壁内のカビ対策はどうなっているのか?高断熱・高気密が代名詞のようになっているスウェーデンハウスなのですが、使用している断熱方法は内断熱。つまり、壁の内側に断熱材をしく方法をとっているのです。最近の...

 
 

他の住宅の例にもれず、スウェーデンハウスでも換気システムの設置は義務付けられています。そして、スウェーデンハウスと換気システムの相性は非常にいいものなのです。快適な生活に欠かせない換気システム、スウェーデンハウスがますます快適になりますね。高気密の家の問題点とはホルムアルデヒドやトルエンの滞留、湿気がこもるなど、冬暖かく夏涼しいという高気密の住宅はいいことばかりではありません。前者の問題はシックハ...

 
 

スウェーデンハウスは火災に強い構造ですから、火災保険も安くなります。また必要な補償だけを組み合わせれば、火災保険はもっと安くなります。せっかく建てたスウェーデンハウスですから安心して住みたいもの。火災保険は必須です。ローンの返済がとどこおらないようにスウェーデンハウスに限らず、住宅ローンを借すほう、債権者は、様々なリスクを想定します、まずは返済が滞った場合。そういうことがあっても大丈夫なように、住...

 
 

スウェーデンハウスにマッチする家具を選ぶのにはお金がかかります。それ以外ならば時間をかけてそろえていくだけでしょう。スウェーデンハウスの新しい提案「ミューク」で取り上げられている家具をみていると、そんなことを感じるのです。マッチする家具選びは難しい住まいを大切にメンテナンスしながら、何世代にも受け継いでいく北欧チックなライフスタイル。そんなことを提案しているスウェーデンハウスだけに、住宅は非常にタ...

 
 

スウェーデンハウスで用意されているキッチンは豊富なばかりか、メーカーも一流どころばかり。それぞれ得意ジャンルを持つキッチンメーカーですから、選びがいがあります。スウェーデンハウスオリジナルキッチンもあるのですが、残念ながら不評のようです。外見だけならオリジナル択一スウェーデンハウスでも、キッチンはもちろん選択式になっています。メーカーはリクシルやクリナップ、トクラス、タカラ、そしてスウェーデンハウ...

 
 

福岡市に支店を構えるスウェーデンハウス九州は、九州北部に集中してモデルハウスなどを構えています。どの住宅もスウェーデンハウスらしさ満点なのですが、特に長崎のモデルハウスは注目の価値あり。平屋を検討している人にも参考になるはずです。スウェーデンハウス九州支店とはスウェーデンハウスを扱うのは支店、もしくはフランチャイズを結んでいる地場の工務店という2つのケースがあります。九州でスウェーデンハウスを展開...

 
 

スウェーデンハウスは通常より強度を増した布基礎を用いていますが、加えて地盤改良工事に力を入れる傾向にあります。基礎も地盤に力を入れるのがスウェーデンハウスの考え方、通常の住宅よりも重い本体を支えるためなのです。スウェーデンハウスは布基礎建物の基礎は、その上に乗る住宅を支えますから、非常に重要な部位で、施工方法は「布基礎」と「ベタ基礎」の2つにわかれます。布基礎とは、1階の壁や柱の下部だけを鉄筋コン...

 
 

スウェーデンハウスは結露しない住宅といわれていますが、その理由は高い断熱性、とりわけ窓の性能に負うところが大きいのです。加えて、スウェーデンハウスは壁の内部の通気を改善することで、壁内結露も防いでいます。これで家の寿命が縮むという心配もいりませんね。結露発生のメカニズム空気中には水蒸気が溶け込んでいるのですが、その溶け込む水蒸気の量の最大を「飽和水蒸気量」と呼びます。空気の温度が高いと飽和水蒸気量...

 
 

スウェーデンハウス・オリジナルのクロスは北欧直輸入品だけあって、センス・相性ともバッチリなのですが値段が高価。スウェーデンハウスのムードを壊さずにクロスでコストダウンをはかるにはアクセントウォールという手があります。アクセントウォールというテクニッククロスは部屋の印象を決める上で非常に重要な要素。スウェーデンハウスの場合、インテリアは関連会社がコーディネータを派遣してきますから、相談しながら決定し...

 
 

スウェーデンハウスの欠点といえば、真っ先に思いつくのは高い価格です。加えて、スウェーデンから直輸入だけに日本の生活との相性はどうなのだ?という欠点が思い浮かびます。それを踏まえても、優れた住宅メーカーなのは間違いないのですが。高いブランド力ゆえの欠点とは高断熱・高気密、地震に対する強さ、天然木を多用した内・外観、独特のデザイン、、、。スウェーデンハウスには他のメーカーにはない特長がたくさんあり、創...

 
 

スウェーデンハウスの見学会では、セールスポイントである耐震性や断熱・気密性の根拠になるポイントをチェックしましょう。そのほか、見学会では現場の様子も重要なチェックポイント、スウェーデンハウスの良さがここでも際立つでしょうか?住宅メーカーの特長が際立つ見学会住宅メーカーによってセールスポイントは違うものですが、主張していることは大体同じ。「○○だから耐震性や耐久性が高いですよ」これはどのメーカーでも...

 
 

スウェーデンハウスの構造は基本ツーバイフォー、高い気密・断熱性能を実現するには理想的な構造です。しかし、耐震性についてはどうでしょう。スウェーデンハウスはオリジナルの金物で耐震性を高めていると主張するのですが、、、。基本の構造はツーバイフォー北欧からの輸入住宅であるスウェーデンハウスについて、色々調べ得ていると、不安な点が1つ浮かびました。それは、地震への対策はどうなっているのか?という点です。一...