ガス 自由化 料金

MENU

自由化後のガス料金が一向に公表されない理由

ガスの自由化への関心が高まらない理由は、新たな料金体系が公表されていないから。

 

しかし、自由化で必ずしも料金が安くなるわけでもないので、料金を公表できないという説もあるのです。

 

ガスの自由化、現状ではただ不透明です。

 

関心が高まらないガスの自由化

ガスの自由化が来年に迫っているにもかかわらず、なかなか世間では話題に上りません。

 

最近おこなわれた調査によると、電力の自由化についての認知度が72.3%、対してガスの自由化については28.1%という結果。

 

こんなにもガスの自由化に対して関心が低い理由はいくつか考えられます。

 

実施までにまだ時間がある。

 

都市ガスの料金が変わるという程度の認識しかないから、自分には関係がないと思っている。

 

そもそもガスは使っていない、オール電化はトレンド、そもそもガスを使用していない家庭も多いことでしょう。

 

そんな家庭の割合が10%を上回る地域も多く、北陸エリアでは4年前の調査で17%を超えており、増加の傾向は止まりません。

 

、、、などなど。

 

しかし、一番大きな原因は料金表などで価格を比較したりできるようになっていないことでしょう。

 

つまり、現実味がないということですね。

 

料金表を公表「できない」のか?

料金表などが公表されていない理由は、自由化によって必ずしも料金が下がるとはいえないから。

 

料金が下がるということは、自由化により価格競争が起こることが必要なのでが、それが思うように起こらない可能性があるのです。

 

なぜなら、自由化になってどんな会社でもガスの小売に参入できるとなったとしても、そのハードルが高すぎる。

 

太陽光パネルを立てるなど、作ることが簡単な電気と違い、ガスタンクや港、タンカーなど大規模な設備が必要なのです。

 

ですから、現時点でガスの自由化の参入に手を上げているのはプロパンガスや電力、石油の会社ぐらいしかありません。

 

さらに各社とも進出を考えているジャンルはあくまでも電力、ガスはそのセット料金としての位置付けなのです。

 

実際に日本より先行してガスの自由化をおこなったヨーロッパでも、ガス料金が下がった例はありません。

 

そんなことも、自由化後の料金プランが明らかにされていない、いや、できない理由でしょう。

 

料金の規制の撤廃が狙いなのかも

そんな中でガスの自由化を推し進める狙いはなにか?料金が安くなる可能性が低い、ガスなど自由化する必要がないのではないか?

 

現在ではガス料金は経済産業省の監督を受けており、勝手に値上げができない体制ができています。

 

しかし、ガスを自由化するのと引き換えに、監督体制をなくそうとしているのではないか。

 

料金の自由競争をガス業界が受け入れる代わりに、価格も自由に決定できるように迫るのではないかといわれています。

 

そうなるとガス会社を選べないばかりか、料金ばかり上がるという事態が待っています。

 

まあ、料金が下がらなければオール電化にすればいい、、、といっても初期投資が問題なのですが。

注文住宅の総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。

自由化後のガス料金が一向に公表されない理由記事一覧

 

ガスの自由化がおこなわれるのは2017年、電力の自由化以上に、関心が低いのが実際です。本来ならガスの小売り間で競争が起こり、消費者にとって歓迎すべき状況になるはず。2017年までにはもっと周知徹底をおこなってほしいですね。ガスの小売り自由化も迫っています電力小売の自由化が実施される直前になって、少しは話題になるようになりました。オール電化住宅などの流行もありますから、このままいくとガスの旗色が一方...

 
 

ガスと電気の自由化でLPガスは青色吐息になっているはず。しかし、ただ手をこまねいているLPガス業界ではありません。電力の自由化に色気を出したり、エネファームを売りだしてみたりと必死です。さて、どうなりますことやら。ガスの自由化で熱くなっていない地域とは2010年度末で436万戸、2011年度末で485万戸、このままいくと2025年には1,000万戸を上回るのではないか?オール電化の伸びには目覚まし...

 
 

来年の春からのガスの自由化はプロパンガス業界にとって、あまりいい話ではありません。ガスの自由化の恩恵が見込めるのは都市ガスのみ、プロパンガスは置いて行かれた形になります。電力に参入するなど色々な試みはしているのですが、、、。旗色が悪いプロパンガスプロパンガスは値段が高いということもあり、どうも旗色があまり良くありません。近年は特にオール電化住宅が流行っており、ガス自体の存在価値が薄くなりつつありま...

 
 

ガスの自由化の影響は、都市ガスの小売価格やプロパンガスまで多岐にわたるはず。これらの自由化がもたらす影響が消費者にとって良いものばかりならば歓迎すべきなのですが、実際はまだ不透明な点が多いのです。影響を受けるのは小売価格?都市ガスを使うには、地域にあるガス会社と契約を結び、ガスを使う。これが従来、唯一のガスの使い方でした。しかし2017年から開始されるガスの自由化により、地域にあるガス会社以外とも...

 
 

ガスの自由化を受けて参入する企業は、条件が限られており電力の自由化とは訳が違います。しかし参入企業があることで、硬直化したガス業界が刺激を受けるのは確かなはず。大きなインパクトと盛大な競争を期待したいですね。簡単には新規参入企業が現れないガス一説によると700社以上!これは、電力小売の完全自由化を受けて新規参入する「新電力」と呼ばれる企業の数。太陽光はともかく小型タービン、バイオマス発電、、、ター...

 
 

誰もが知る巨大企業、ガス自由化に向けたスタンスは非常に落ち着いたもの。反面、電力自由化への対応は、強い攻めの姿勢を感じます。ガス自由化にはゆったりと構える東京ガス、小売だけでなく元売も牛耳っているからこそでしょう。世界最大のガス事業者「東京ガス」営業エリアは関東1都6県という人口密集地、ガス導管の総延長は6万キロ。世界最大規模、国内なら文句なし最大手の一般ガス事業者というと「東京ガス」です。歴史は...

 
 

ガスの自由化がいつから始まるのか?といえば、すでに始まっていますし、メインの部分での争いはすでに決着がついています。いつからガスの自由化の恩恵を私たちが受けられるのかというと、答えは少し出しづらいものなのですが。いつから始まる?ガスの自由化ガスの自由化、これがいつから始まるかというと、実は始まっていまして、それは1995年のことでした。まずは巨大な工場から、それが中規模工場やホテルへと進み小規模な...

 
 

ガスの自由化で住人がすることは好きな会社と契約を結ぶだけ、あとは全てガス会社がやってくれます。しかし、アパートだけに引っ掛かる線引きをおこなってきそうな気もします。工事自体は非常に簡単なのですが…ガスが自由化になった以降は、ガス会社を自由に選べるという触れ込みになっています。この場合にどのような工事が必要なのか?ガス管を新たに引き直すわけがありません。既存のメーターを新たに選んだガス会社のものに付...

 
 

世界最大のコンサル企業アクセンチュアが、豊富なノウハウでガスや電気の自由化に参入する企業をアシストするようです。アクセンチュアの動きにより、ガス自由化に参入する企業の数が増えれば、消費者にも恩恵はありそうです。ガスの自由化でアクセンチュアの動きは?「アクセンチュア」、アイルランドに本拠地を置く世界最大のコンサルティング企業。従業員数は世界で29万人、拠点は世界56カ国に広がるフォーチュン・グローバ...

 
 

ガス販売だけなら全国2位、しかし大阪ガスはそれだけにとどまりません。電力の供給にも積極的で電力自由化でも活発な動きを見せています。ガス自由化については、大きな動きは見えませんが、エネルギー総合企業として存在感は増す作戦なのでしょうか。関西のエネルギー界の雄、大阪ガス東京ガス、東邦ガス、西部ガスそして「大阪ガス」が4大都市ガス事業者、販売量では全国2位、シェアは25%の巨大企業。供給するのは京阪神を...

 
 

ガスの自由化により料金が安くなる、はずですがそれには課題が残っています。なぜならガスの自由化に肝心のガス会社が乗り気ではないから、競争自体が生まれない可能性があるのです。この課題を解決するには消費者が動くことなのですが。ガス自由化が抱える今後の課題とは今まで独占状態だった都市ガスと、新規参入するガス会社の間に競争が生まれ価格がさがる。これが、ガス自由化の明るい未来です。しかし課題がある、、、もしか...

 
 

電力の自由化については積極的だったソフトバンクですが、ガスの自由化については直接的な動きはありません。ガスの自由化に参入するにはソフトバンクでも荷が重過ぎるという判断でしょうか。ただ、間接的には大いに関わっているのです。非常に活発な「ソフトバンクでんき」「ソフトバンクでんき」、なぜ電気を「でんき」と表記するのか全く理解できませんが、親しみやすさを考慮した結果でしょうね。年始より、電力の自由化に向け...

 
 

都市ガス自由化のずっと前から、自由競争の環境下にあったLPガス、その大手企業ニチガスは更なるシェアの拡大と、電力会社との有利な提携を模索しています。これはニチガスだけの作戦ではなく、多くのガス会社が自由化を前におこなっていることですが。自由競争下を勝ち残ってきたニチガス平成14年にLPガスの事業者は2万7千もありましたが、それが現在2万弱まで数が減ってしまいました。LPガスに依存している地域の世帯...

 
 

マンションでもガスの自由化の恩恵は受けられます。誰に遠慮することもなく、ガス会社を選べるようになるのが自由かですがマンションだからといって、その点が変わることはありません。また、特別にかかる費用もありませんからご心配なく。所変われば、とはいいますが所変われば、なんてよくいいますが自分がそのような事態に直面しない限り、その言葉を実感することはあまりありません。寡聞にして全く知らなかったのですが、北海...

 
 

ガスの自由化により受けられるメリットは、地域によってかなり異なりそう。地域差があるのはデメリットでしかありません。しかし今までこう着しデメリットしかなかったガスが、自由化によって解かれるのです。このこと自体がメリットなのです。メリットばかりでないガスの自由化競争がなかったところに競争が発生するのですから、メリットしかない。都市ガスの自由化について知ったときには、そのように思っていました。しかし先に...

 
 

ガスが自由化されたから安くなる。これが見込めないエリアなら電力を頼る、LPガスならば「消費者センター」を頼る。安くなる方法はいろいろありそうです。ガスの自由化に乗り遅れてしまいそうでも、とるべき手段は自分で探しましょう。自由化=安くなる、ではありません都市ガスが来春から自由化される、すなわち安くなる!と考えてしまうのは早計過ぎるのではないか?そんなネガティブな話を今までも取り上げてきました。関東や...

 
 

ガスの自由化に向けて家庭でおこなうことは、どのグループにエネルギーを任せるか?といった選択になりそう。ガスが自由化されたからといって、単独でガス会社を選ぶことはないでしょう。各家庭にあったプランの登場を待ちたいところです。ガス会社を単独で選ぶことはなさそう?都市ガスの自由化は、私たちの知らないところですでに進行しています。例えばガスを大量に消費する工場はもちろん、それほど消費しない企業の事務所まで...

 
 

ガスの自由化で大きな工事は不要ですが、既存の設備の使用料を、新規参入するガス会社は払わなくてはいけません。ですから、自由化だからすぐ値段が下がると考えるのは早計なのかもしれません。新たに電線をひくために工事が必要になるの?電気の自由化が始まりましたが、市場は盛り上がりに欠けるとか、スマートメータが充分に用意できていないとか、、、。何だかさびしい限りです。基本的なところから説明が必要ですし、何だか難...

 
 

ガスの自由化に伴い、どこが安いかと比較することはまだできません。また、ガス会社が単独で料金を下げてくることも考えにくい。ガスの自由化により盛んになるのは、他の公共料金とのセット価格。これらを比較することで自分のプランを見つけましょう。ガス会社間だけの比較は不可能?ガスの自由化だけについてみると、まだまだ不透明なところが大きいのです。ですから、ガスの自由化によって私たちの生活がどのように変わるかはわ...

 
 

東京電力は電力の大口顧客のジャンルで自由化でシェアを落としたという反省から、家庭向けのについては顧客の囲い込みに必死です。一方で東京電力はガスの自由化をにらみ、家庭向けのガスの販売を開始する予定、自体は混沌としてきました。提携先を増やし囲い込みを進める東電東京電力、日本の総人口における電力の35%、総販売電気料の31%のシェアを占める巨大企業。資本金は1兆3,700億円、売上は連結で6兆8,000...

 
 

ガスが自由化される、その仕組みは参入するガス会社が供給を開始するだけです。新しくガス管を敷設したりする仕組みではありません。自由化に伴い家庭がすることはガス会社と契約を結ぶだけ。なんら難しくはないのです。ガス会社を変えてもガス自体は変わらないガスの自由化に伴い、今までは地域に縛られていたガス会社の選択が、これからは(ある程度)自由になります。「今日から、我が家にピッタリのプランを提案しているA社に...

 
 

賃貸の場合でも、都市ガスの自由化にともないガス会社と、誰に気兼ねなく契約を結べます。賃貸だからガスの自由化の恩恵を受けられないということは全くありません。ただ、予想される障害もないわけではないのですが、、、。使い続けることを前提に契約を結ぶ?都市ガスが自由化になれば企業間の競争が進むから値段が下がるに違いない。こんな目論見の一方で、必ずしも当てはまらない場合が出てきます。例えば賃貸住宅、理屈でいえ...

 
 

ガス自由化に向けて、中部電力が積極的な姿勢を示しました。それを受ける形の東邦ガスは電気の販売に注力しています。巨大企業東邦ガスの、ガス自由化に向けた作戦は総合エネルギー企業への脱皮と顧客の囲い込みなのです。エネルギー自由化、東邦ガスの作戦とは?他のエリアの住人にはピンときませんが、愛知や岐阜、三重に住む人にとって東邦ガスは非常に身近な存在。そして東京ガスや大阪ガスと並ぶ、日本4大都市ガスの1つ、中...

 
 

ガスの完全自由化によって、都市ガスの価格が下がる。これが期待されていることですが、実際はどうでしょうか?自由化によって現在のガス料金規制が撤廃されるだけで、都市ガスの値段は上がるだけではないか?そんな懸念もあるのです。話題に上らない都市ガスの完全自由化工場や大型の事業所など大口のガスを消費する顧客については、すでに自由化はおこなわれています。私たちの知らないところで、激しいシェアの奪い合いがおこな...

 
 

ガスが自由かされれば、明るい未来がまっているかというとそうではありません。数多くの問題点が予想されるのです。ガスを自由化した結果、それ以前より不便になったなどは大問題。もっと関心が集まるような問題なのですが、、、。議論が足らなかったのが問題であってガスの自由化、、、電力でもそうですが、誰のためにやるのか?が明確ではないという批判が出ています。例えば自由化に関する法律が成立までに、消費者の意見は全く...