ヘーベルハウス 外壁

MENU
 このエントリーをはてなブックマークに追加 
最大の魅力は外壁にあり?へーベルハウスが送る安心住宅

人気のハウスメーカー、ヘーベルハウスは旭化成の住宅専門部門。

 

色々と独自の提唱する技術がふんだんに使用されている住宅という事で、他のハウスメーカーとの差別化がしっかりしているので、惹かれるユーザーも多いのではと感じています。

 

中でも外壁に関してはプロ級で、相当の自信を持っているのですが、サイディングやレンガ、タイルなどは選べないので注意が必要です。

 

ですがへーベルハウスのユーザーは外観を気に入って決めている顧客が多いので、流れのまま選択できなくても、何ら問題ない様です。

 

外壁に関しては独自の考えを持っているのですが、約15年ほどで再塗装を余儀なくされる住宅が多いので、その分積み立てをしておく方が無難の様です。

 

何年後かに大きなお金が動くことを想定すると、もう少し維持費の安く済む、建材が選べるとユーザー的には楽なのではないかと個人的には感じてしまいます。

 

多少の制限は仕方ない。へーベルハウスで建てるために選択したエリオス

人気ハウスメーカー大手のヘーベルハウス。

 

日本の大企業の一つである旭化成の住宅部門ですが、ネーミングが個性的で、覚えている方も多いのではと感じさせてくれます。

 

ヘーベルハウスの中でもローコストで建築出来ると評判なのが、ヘリオス。

 

もともとはなかった商品なのですが、年月を経て堂々のデビューとなりました。

 

ハウスメーカーでローコストは怖いと考えている方も少なくないのですが、ヘーベルハウスの中でもエリオスはほんの一部だけ仕様が違うだけで、あとはほぼ一緒。

 

部分的に仕様を制限することで完全なる注文住宅にはなりませんが、その分打ち合わせも少なくなるのでコストカットが出来るという訳です。

 

細かい所にも気づき実行する所は大手のハウスメーカーでは珍しい事と感じます。

 

同時に好感すら覚えるので、ヘーベルハウスの事、もっと知りたくなりました。

 

ソフィットのアイデア一つで有効区間に。ヘーベルハウスから目が離せない

住宅メーカーの大手、へーベルハウスの人気住宅ソフィットは、狭い土地にも採用できるアイデア満載の住宅でした。

 

まずは狭くても敷地面積を最大限広げれるように屋根の軒を最大限縮小しました。

 

これにより同じ土地面積でも横幅は最大限広く使う事が出来るようになります。

 

それだけではありません。

 

屋根付近のデッドスペースを最大限利用できる様、小屋裏収納、ロフトなどデッドスペースをしっかり利用できるような間取りプランの提案力があるのです。

 

狭い土地もアイデア次第で最大限引き延ばせる仕様に、へーベルハウスのアイデアは尽きません。

 

住宅メーカーによってはロフトや屋根裏収納を嫌がって拒否するハウスメーカーもあるくらいですので、しっかり選び、自分に合った住宅を選ぶことに尽力しましょう。

 

価格だけじゃないヘーベルハウスの自慢リビングそらのまとは。

リビングは広く取りたい、お風呂は足を延ばしたい、駐車場は2台は欲しい、リビングダイニングは20畳以上で、などなど、住宅の夢は考え出したらキリがない位、夢が溢れてきます。

 

もちろんン全て叶えられれば言う事無いのですが、金銭的、土地的にもなかなか満足に行くことは少ないと感じています。

 

特に都会の狭小地に建築するとなると、話はどんどん暗い方へ行ってしまいます。

 

ですがヘーベルハウスは違います。

 

今までも独自のアイデアで、他社にはない住宅を提案してきたヘーベルハウスですが、注目したいのはそらのまというオプションプラン。

 

リビングを2階に設定し、更には外にまで延長させてしまうといった大胆なものです。

 

坪単価にしてプラス5万円前後の価格。

 

夢の様なテラスリビングに、満足する事間違いなし、オリジナルオシャレプランを採用したいと密かに思ってしまいました。

 

邸宅と呼ぶにふさわしいフレックス。ヘーベルハウスの上位モデルに満足者多数

住宅を夢見る全ての人が憧れる邸宅という名の豪邸。

 

一度は住んでみたいと感じる人も少なくないのですが、ヘーベルハウスの住宅プランにも最強邸宅と呼ぶにふさわしいフレックスがあります。

 

外観は広いエクステリアに合わせて庭も広々としているのが特徴で、何といってもプランが75坪から100坪ほどの住宅に向けた専用商品となっています。

 

もちろん住宅は広い方が何かと重宝しますし、邸宅と言う贅沢間は他の何にも代えがたいものがあります。

 

ですが反面、管理が難しいというのも事実。

 

実際邸宅と呼ばれるほどの住宅に住む方の多くには家政婦を雇っている方も多いのです。

 

自分たちでは管理できないという方はもちろん、親や親族から受け継いだりと理由は様々ですが、私なら邸宅に住めるほど余裕があるなら、仕様人さんを雇わないと管理できないのではないかと感じています。

 

最強断熱材ネオマフォーム。ヘーベルハウスの目指す住宅の形

独自のハウスオプションを打ち出してきた旭化成のヘーベルハウス。

 

化学工場が私の住まいのすぐ近くにありますが、最近縮小傾向にあります。

 

ですが住宅の方は好調のようで、その理由には独自開発の外壁や断熱材などが人気をはくしているようです。

 

中でも断熱材のネオマフォーム。

 

気密性の高い断熱材なのですが、その性能数値も他のメーカーの出す、断熱値よりもかなり基準数値が良い事が評価の証なのではないかと個人的に感じています。

 

近年話題に上がるようになってきたZEH住宅に一役も二役も買ってくれる事、間違いないと話題が尽きません。

 

ヘーベルハウスの住宅は、高いとよく耳にしますが、高いのには理由があるという事をよく理解し、しっかりと把握したうえで購入を決めなければいけません。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

注文住宅の総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事

 

オーナー専用へーべリアンで叶う、ヘーベルハウスの会員専門夢のマイホームに住む方も購入前に一度は必ず検討メーカーに入れるであろうヘーベルハウス。独自の工法で外壁や断熱材などに力を入れているのが高評価を受け、購入者のほとんどが満足していると答えるほど。もちろん目的によって住宅にかける思いは変わってきますが、そんな満足住宅をへーベルハウスで建築した方や、ヘーベルハウスに現在住んでいる方をへーべリアンとい...

 
 

庭が無くても屋上がある。アウトドアまで想定した奇想天外ヘーベルハウス大きな住宅でもそうでない住宅でも、住宅をもつと憧れる要素の一つに屋上が欲しいと感じている方も少なくありません。ヘーベルハウスももちろん夢を叶える住宅ですので、基本的にはどんな要望にも応えてくれます。特にヘーベルハウスの送る屋上住宅は、屋上でアウトドアが出来るもの、屋上がリビング仕様になっている物など、とてもユーモアのある商品が多く...

 
 

床も選択肢多数。ヘーベルハウスに見る断熱性の秘密に迫るほぼ、フルオーダー住宅が人気のヘーベルハウス。もちろん床も好きな仕様に選べるという事もあって、その人気は不動の物になっています。ですが、床と一言に言っても、種類はかなり豊富にあります。一般住宅のほとんどは、床がフローリングになっている所が多いのですが、もちろんPタイルや、クッションフロア、カーペット、畳などなど、思考を懲らせばそのパターンは無限...

 
 

浴室で最大のリラックスを。ヘーベルハウスで満足お風呂タイム一日の疲れをしっかり落とすにはお風呂に入るのが一番とまで私は感じているのですが、その重要なお風呂は日本国内だけでもかなり多く存在しています。へーベルハウスで選択できるのは、日本の大手と言っても過言ではない4社、TOTOやLIXILなどが顔を並べています。もちろん、大手のメーカーですのでかなり細部にまでこだわりがあり、しっかりと計算されている...