ユニバーサルホーム 平屋

MENU
 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
平屋ならではの工夫を施してくれるユニバーサルホーム

ユニバーサルホームで平屋を作る場合、地熱床システムを採用する人が多いそうです。

 

これは冬だけでなく夏にも涼しく快適だというので高評価!

 

ユニバーサルホームはローコスト住宅とは言え、平屋建ての方が2階建てより基礎部分や屋根部分が多くなることから値段がむしろ高くなることもあります。

 

よって、効率よく断熱性を高めたいはず。

 

そういう場合には地熱床システムは向いています。

 

また、これは快適性だけでなく、台風などによる大雨によって浸水する心配もないそうです。

 

地熱床システムを採用すると床下の空間がなくなるからです。

 

平屋だと浸水は一大事ですしとても怖いです。

 

被害を最小限にとどめるためにも、平屋ならではの工夫を仰いでおくと良いのではないかなと思います。

 

まずはたくさんの事例を見て勉強してみましょう。

 

評判は悪い?ユニバーサルホームの実態はどうなのか

家は、建ててからわかることがたくさんあります。

 

ユニバーサルホームでもそんなことは珍しくないらしく、評判を調べてみると口コミは干し1つが最も多いという厳しい結果に。

 

評価数は20ほどと少ないことや、そのサイトにたまたま書き込んだ人の意見ということを理解してから飲み込まなくてはなりませんが。

 

その中で気になったのは、標準仕様だと言っていたものが実はオプションであったということです。

 

もしその人の勘違いでないとすれば詐欺まがいですよね。

 

また、購入者にはわからず、ユニバーサルホームだけがわかっている情報が多くて説明不足に不満だったという意見もありました。

 

良い評判では、何といっても坪単価が約28~31万円という安さが挙げられていました。

 

何十年も背負っていくローンの負担が減り、精神的にも楽ができるのは良いと思います。

 

口コミからわかるユニバーサルホームの営業マンの姿勢

何かを買い物する時、その商品を売っているサイトでは書かれていない情報は、口コミから得ることができますよね。

 

本当はどんな商品なのかを生の声で聞けるのは貴重だと思います。

 

ユニバーサルホームでも、公式サイトには載っていない情報が口コミにはあります。

 

星を最大の5つ付けている口コミでは、いくつも内覧をさせてもらったこと、設計から建築に至るまで、全ての点において営業マンの対応が素晴らしかったことが書かれていました。

 

これは大変優秀な営業マンに当たった場合でしょう。

 

ユニバーサルホームの家で暮らし始めて3か月経ったころの意見でしたが、とても満足している様子がわかりました。

 

一方、悪い口コミにはこれと反対のことが書かれており、営業マンによる説明不足で、こちらが知りたい情報を知らないまま家ができてしまったという場合もあるそうです。

 

レビューは2極化!?意見の分かれるユニバーサルホーム

ユニバーサルホームで家を建てた人のレビューを見てみると、かなり満足している人と全くもって不満という人の2極化が見られました。

 

満足している人のレビューでは、高性能の家に住めて良かったとしており、注文住宅を建てる時に担当してくれた営業マンの対応もとても良かったとあります。

 

設計段階からずっと対応力が良いと感じていたらしく、夢のマイホームが出来上がったのだとか。

 

一方、不満ありとする人の中には、営業マンの様子がおかしく、このような人を営業として採用する会社は信用ができないという強い批判も見られました。

 

性能に関するレビューというよりは、営業マンの人柄、対応力に関するレビューが多かったのが印象的です。

 

これによれば、当たり外れが大きいのがユニバーサルホームなのかなと思ってしまいますね。

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

注文住宅の総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事

 

後悔しないためにユニバーサルホームで避けるべきこと家は3回建ててようやく理想通りになるというほど、建てるのが難しいです。自分では満足の行く設計だと思っていても、いざ暮らすとなると必要なかったな、これがあったら良かったなと後悔してしまうものです。ユニバーサルホームで実際に家を建てたという人の口コミやアドバイスを見てみると、コストをできるだけかけずに家を建てる方法がいくつか載っていました。1つは、2階...

 
 

安い割には住み心地が良いユニバーサルホームの家ユニバーサルホームで家を建てた人の口コミを見てみると、住み心地については評判が高いように思います。悪く書かれているのは主に営業マンの態度や姿勢で、設備に関しての不満は少ないのです。ローコスト住宅なのでここは少し意外に感じました。特にユニバーサルホームで人気の地熱床システムは冬は暖かいそうです。地べたに座ってもお尻が温かいというのは冷え性の人にとってあり...

 
 

100の間取りがあるユニバーサルホームのひらめきユニバーサルホームには、「1000のひらめき」というキーワードがあります。これは、100の間取りを持っており、そこに10の外観デザインを掛け合わせることでできるひらめきだと言います。どの間取りも、子どもがいる場合はその子たちが大人になっていくまでの長い期間を計算したものになっています。これだけプランがあるのであれば、注文住宅としては満足のいく数だと思...

 
 

床暖房で夏も冬も快適に過ごせるユニバーサルホームの家注文住宅を建てると、床暖房が欲しくなる人も多いです。ユニバーサルホームと言えば地熱床システムが有名ですが、これは床暖房を組み合わせたシステムのことを言い、全体では地熱床暖房と言っています。冬になるとこれをフル稼働させなければだめなのかという質問は多いようですが、そんなことはないそうです。冬が近づくと地熱床暖房を使い始めますが、その使い始めの1~2...

 
 

ユニバーサルホームの床暖房、電気代を節約する方法は?注文住宅をユニバーサルホームで建てる場合、床暖房を取り入れると夏も冬もより快適に過ごせます。ですが、気になるのはこれを取り入れた後のランニングコストですよね。あまりに高いのであれば月々の負担が増えるだけなので、できれば電気代を安くするコツを知りたいものです。この回答については、ユニバーサルホームがそのまま答えてくれていました。熱源機を間欠運転モー...

 
 

ユニバーサルホームの地熱床システム、メリットとデメリットは?地熱床システムがうりであるユニバーサルホームのメリットは、もちろん冬に快適に過ごせることです。床付近は25度程度まで暖かくなるので、1階は快適に過ごせますね。ただし、地熱を利用しているため2階部分は温まらないのがデメリットです。2階で過ごす時間が多くなりそうだという場合は、その仕事部屋などを1階へ持ってきたりと間取りを変えてみると快適度が...

 
 

アイフルホームと深い関りがあったユニバーサルホームユニバーサルホームというと、完全に確立した1つの会社なのかなと思っていましたが、実はアイフルホームと深いかかわりがありました。ユニバーサルホームは、アイフルホーム元社長が立ち上げた会社だったのです。だから、基本的な考えや仕組みはアイフルホームと同様です。違うのは、ユニバーサルホームの方が低コスト化しており、品質を上げようとしているところです。こう言...

 
 

鉄骨じゃないけど強いユニバーサルホームの家ユニバーサルホームは木造の家を建てるハウスメーカーです。木造というと鉄骨よりも耐久性が低いというイメージがありますが、これは阪神淡路大震災の時に倒壊した家が木造だったからで、それ以来鉄骨の方が強いのではないかというイメージがついてしまったそうです。そもそも木造が弱いと科学的根拠が出ているのであれば、この地震大国で家を建てるなら鉄骨が原則になっているように思...

 
 

アルファヴィータはユニバーサルホームの一押し平屋プラン!ユニバーサルホームの平屋商品に、アルファヴィータというものがあります。名前からしておしゃれな感じですが、この商品はプラスαをモットーにしています。ただのシンプルな平屋ではなくて、広さを感じられるような工夫を施しているのです。例えば、スキップフロアパターンだと、平屋なのに階段があり、中2階ができます。公式サイトの写真では、階段を上がった先では立...

 
 

ユニバーサルホームの各店舗のイベントをこまめにチェック!ユニバーサルホームの各店舗情報を見てみると、イベント情報も載っています。これをこまめにチェックしていると、完成見学会へ行く機会ができます。モデルハウスだと、家を買って欲しいがためにハウスメーカーもかなり頑張ります。だからかなり良い例を見るわけですが、完成見学会ならリアルに注文住宅を建てた人の家をまじまじと見ることができます。モデルハウスよりも...

 
 

ir情報はどこに?ユニバーサルホームのこれからを知りたいユニバーサルホームのir情報を調べようとしたら、そのページは何故か削除されていて見ることができませんでした。投資家や、これからユニバーサルホームで家を建てようとしている人のために情報を公開することirと呼びますが、これがないとなかなか投資ができないわけです。ユニバーサルホームのこれからのことは本部の人に聞かなければわからないので、ここでは憶測...

 
 

エコキュートも導入可能なユニバーサルホームの省エネ設計エコキュートがある家って、省エネに力を入れているのかなと思います。ユニバーサルホームでもエコキュートを導入できますが、これはあくまで給湯のために使います。ユニバーサルホームの十八番である床暖房もエコキュートと同じヒートポンプ式ではあるのですが、熱源機を使います。エコキュート1つだけで給湯も床暖房もまかなうことはできません。ですが、ヒートポンプ式...

 
 

光熱費の削減ができるユニバーサルホームの家作りとは注文住宅を建てるのであれば、家が光熱費の節約をしてくれる仕組みにすれば儲けものです。定年までローンを払い続ける人も多いので、それならば少しの節約が積み重なれば後々大きな金額になるはず。ユニバーサルホームでは地熱床システムが人気ですが、この光熱費についての具体的数字は少なくとも公式サイトでは出ていません。よくある質問として答えていたのは、立地条件やど...

 
 

メリット・デメリットを追求!ユニバーサルホームの特徴とはユニバーサルホームのメリットと言えば、最初に思いつくのはやはりローコストであるところですね。坪単価が28~31万円であるならば、賃貸ではなく持ち家が欲しいという場合でも多くの家族がその夢をかなえることができます。だから、都心で土地が高くても大丈夫ですし、地方なら大きめの土地を購入してゆったり暮らすこともできます。反対にデメリットと言えば、安い...

 
 

ユニバーサルホームの歴史を覗いてみるとわかることユニバーサルホームの歴史をさかのぼっていくと、社長である加藤充さんはアイフルホームの創設者であるものの、そこから新たにユニバーサルホームを作ったことがわかりました。だからコンセプトとしてはアイフルホームとよく似ています。ユニバーサルホームもアイフルホームもフランチャイズチェーンなため、これを活かしたローコストで高品質な家作りを心がけているとのことです...

 
 

オプションが高いので注意したいユニバーサルホーム坪単価が安いということで評判のユニバーサルホームですが、ここでちょっと注意したいことがあります。太陽光発電システムを取り入れるなど、設備に力を入れるとオプションなしでも坪単価は60万円まで行ってしまうこともあるという情報がありました。一般的なユニバーサルホームの坪単価が約30万円と言われているので、設備にこだわりたいならその倍はかかると思っておいた方...

 
 

SRC基礎を使うユニバーサルホームの特殊な基礎よく、家の基礎は「布基礎」か「ベタ基礎」の2種類を聞くと思いますが、ユニバーサルホームは地熱床システムを導入していることからこれらとは違った特殊な方法を取り入れています。名前は「SRC基礎」となっています。布基礎は中を見ると土が見えており、家を線で支える昔ながらの基礎で、ベタ基礎は中はコンクリートになっている家を面で支える基礎です。一方ユニバーサルホー...

 
 

優秀な制振装置を搭載しているユニバーサルホームの自慢地震に強い家というのは、どのハウスメーカーでもアピールしています。ユニバーサルホームの場合は、制震装置「MGEO-N63」というものを使って制震技術の向上に努めています。地盤によっては使えない装置もある中で、MGEO-N63は比較的広い条件に対応しているのがメリットです。ここでユニバーサルホームが強調しているのは、地震の脅威が1度ではないこと、ま...

 
 

大地震でも耐えられるユニバーサルホームの頑丈な家家を建てるからには簡単に壊れてしまっては困ります。特に日本は地震に強い家というのは必須項目なので、ここに注目してハウスメーカーを選ぶ人も多いです。ユニバーサルホームの家も地震については研究熱心で、耐震等級は3相当だと言います。震度5では家に損傷が出ないくらいの強さを十分に誇っており、これならば大地震の震度7でも耐えられるほどです。地震は余震と言えども...

 
 

キッチンがど真ん中にあるユニバーサルホームのユニークな商品1階の間取りに特徴があるのが、ユニバーサルホームの「ルピオス」という商品です。これはなんと、キッチンが1階のど真ん中にあります!リビングとダイニングはそのままつながっていますが、それ以外の場所は廊下となっており、ドアを通じて別の部屋へと行けるようになっています。間取りを見たときにはユニークな作りだなと思いましたが、家族が集うようにしたいとい...

 
 

地熱床システムが人気!ユニバーサルホームなら是非取り入れたい地熱床システムを導入しないのであれば、ユニバーサルホームを選んだ意味がない!と、言われるくらい地熱床システムはユニバーサルホームの代名詞になっています。確かに大きな特徴と言われればこれが一番で、寒い地域に引っ越し人や冷え性の人にはオススメしたいシステムです。通常、他のハウスメーカーの床暖房は人工的に作ったエネルギーを使用しますが、ユニバー...

 
 

クレームで多いのは?ユニバーサルホームが抱える弱点ユニバーサルホームには、残念ながらクレームもあります。ネットで多く見かけるのは、施工が雑だという意見や、担当者の態度が悪いという意見です。ユニバーサルホームは、ローコストで住宅を建てられるようにとフランチャイズチェーンという仕組みを取りました。ですが、そのデメリットとして加盟店によって施工や対応の仕方が大きく変わるという代償を負ったのです。全国で家...

 
 

ウレタンフォームはユニバーサルホームの優秀な断熱材家を建てる上で、断熱材の存在は欠かせません。ないと外気の気温がそのまま家の中まで反映されてしまうので、いくら冷暖房を効かせてもその効果はイマイチで、電気代がもったいないです。ユニバーサルホームでは、断熱材に「吹付硬質ウレタンフォーム」を使っています。これは泡の集合体、「硬質ウレタンフォーム」の中に熱を伝えにくい空気が入っています。この仕組みによって...

 
 

窓とインナーサッシでユニバーサルホームの断熱性を底上げしようユニバーサルホームには地熱床システムがあるので、これを取り入れる人がほとんどです。冬場に床から部屋全体を暖めてくれるので、それなら当然断熱性も高い家の方が良いですよね。そこで活躍してくれるのが、ユニバーサルホームの窓です。サーモスのLow-eガラスがあるのですが、これにオプションで選べるインナーサッシを付けると気密性がアップします。断熱材...

 
 

契約金のことも考えてユニバーサルホームを選びたい家を建てるとなると、やはり家本体の方にかかるお金の方が気になりますよね。でも、ネットで見られる坪単価で本体価格を見積もってみても、そこにはオプションも外構も契約金も諸費用も入っていません。これを込みで計画立てていく必要があります。シミュレーションがあったりもするようですが、実際にはどんな家にするか細かく決めてからでないとわからないことなので、本当にざ...

 
 

値段面は高評価のユニバーサルホーム、不安点は払拭できそうかローコスト住宅と言われるユニバーサルホームは、値段的には嬉しい家が建てられます。坪単価は約30万円で、特別に設備をよくしようと欲張らなければそれなりのコストは抑えられるのが特徴です。標準仕様であれば安いものの、オプションの値段は高いという口コミを見ると安さを目当てに選んだハウスメーカーであるならばあまりオプションの追加はできないように感じま...

 
 

外壁材、ALCはユニバーサルホームの一押し商品ハウスメーカーを選ぶ基準はそれぞれですが、ユニバーサルホームを選んだ人にアンケートを取ると、1位は地熱床システムがあったから、2位は営業マンが気に入ったから、そして3位には高性能外壁材ALCがあるから、になっています。高性能外壁材ALCは断熱性に優れた外壁材で、世界中の住宅で活躍しています。北極圏にも赤道直下にも存在し、世界約40か国で使用されていると...

 
 

外壁塗装はメンテナンス面でイマイチのユニバーサルホームユニバーサルホームの家の外壁材にはALCが使われており、断熱性能を上げる役割を果たしてくれています。これは北極圏や赤道直下でも使われていることからその証明になるでしょう。しかし、外壁塗装はリシン吹き付けとなっており、これがあまりよろしくありません。メンテナンスの面から言うと、10年ほどで一度チェックしておいた方が良いそうで、メンテナンスフリーに...

 
 

住友不動産とユニバーサルホームのアプローチの違い住友不動産とユニバーサルホーム、比べてみると、違うようで似た点がいくつかありました。まずは、どちらもプランが豊富なことが共通点です。住友不動産はJ-アーバンシリーズが人気で、そのデザイン性は高評価を得ています。ユニバーサルホームも商品は充実しており、キッチンを1階の真ん中に設置するなどのユニークなプランを展開しています。また、どちらのハウスメーカーも...

 
 

hemsを意識するならユニバーサルホームのソラ・イロZEHユニバーサルホームの商品の中に、「ソラ・イロZEH」というものがあります。ホームページを見てみると、まず目を引くのは家に付けられた太陽光パネルですね。上からのアングルで堂々とうつって見えます。このソラ・イロZEHはhemsというシステムを採用しており、家で使った電気や、発電している電気を「見える化」しています。棒グラフでわかりやすく表示する...

 
 

デザイン重視のユニバーサルホームの「ビースタイル」ユニバーサルホームには、洗練されたデザインを追求した商品、「ビースタイル」があります。これはホームページ写真を見ると、玄関からの見た目は完全に長方形で、直線を基準としたシンプルなデザインになっています。ボックス型であるのが特徴で、単におしゃれというよりは「個性派」という感じですね。写真のビースタイルは大き目の家だったのでまるでアパートのように見えま...

 
 

総額を考えてユニバーサルホームの家を建てようユニバーサルホームの商品はたくさんありますが、スマートハウス以外ならそこまで坪単価は変わらないのではと思います。一般的に言われているのが約30万円~なので、これを大まかな目安にできるのではないでしょうか。しかし、総額ともなればやはり本体価格以上のお金を用意できる計画性が必要になってくるので、ローンの組み方を慎重に考える必要が出てきます。ライフスタイルが変...

 
 

目隠しも必要!ユニバーサルホームの外構工事の工夫家を建てる時には、家そのものだけでなく外構にも目を向けなければなりません。ユニバーサルホームの外構には200万円かかったというネット上での書き込みもあるので、本体価格とは別で用意しておきたいですね。外構ななくても家は建ちますが、さすがに外構なしの家というのはいかがなものでしょう。細い道路を挟んで向かい合った家の片方は、近所の人の視線にいたたまれなくな...

 
 

ユニバーサルホームを選んだ理由ランキングベスト3!色んなハウスメーカーがある中で、どうしてユニバーサルホームを選んだのかというアンケートを取ったデータがあるのですが、この結果は私も納得できるものになっていました。ランキング3位が外壁材、2位が営業マン、1位が地熱床システムでした。ローコスト住宅なので値段がベスト3に入るかなと思ってはいたのですが、それ以外はなるほどと思うものです。やはりユニバーサル...

 
 

創建が手掛けるユニバーサルホームの掛川店ユニバーサルホームの掛川店は、会社案内の名称部分を見てみると「創建」と書かれています。ユニバーサルホームの加盟店で、主に建築工事業や設計施工、土木工事業、設計施工を行っています。静岡にあるので、引っ越しを検討している人は掛川店のことを調べておいた方が良いでしょうね。ネットでも公式サイトが用意されているので、世界中どこにいてもある程度の情報を入手することはでき...

 
 

地熱床システムはユニバーサルホームの性能面でも良い評価!ユニバーサルホームの家の性能面を調べてみると、口コミで最も良かったのは地熱床システムでした。これはユニバーサルホーム自身も一押しとしている設備なので、その売り込みが上手く行ったという感じでしょう。仕組みは違いますが、わかりやすく言うと床暖房ですね。でも使っているエネルギーは地熱で、1階部分全体を暖める方法を取っています。よって、1階の部屋の一...

 
 

建売も販売しているユニバーサルホームの一例ユニバーサルホームというと注文住宅のイメージが強いのですが、建売住宅も販売しています。青森県にある建売住宅を一例として見てみると、建物面積は109.35㎡で1788万円でした。見た目からしても結構広々としている印象で、お父さん、お母さん、子ども2人でも十分な広さに思えます。これで1788万円というのはさすがユニバーサルホームというところでしょうか。しかも、...

 
 

単価の安いユニバーサルホームはオプションが高い注文住宅を建てるなら、それぞれのハウスメーカーの大体の坪単価を知っておきたいものです。外観や素材、性能など希望するこだわりはたくさんあるでしょうけれど、世知辛いかな、お金がなければそれも不可能です。よって、多くの人が気にするのはハウスメーカーの平均的な坪単価です。ローコスト住宅にしたいなら、ユニバーサルホームはその中でも比較的品質の高いものができます。...

 
 

「つどい」でユニバーサルホームの3階建てを満喫しよう!ユニバーサルホームはローコスト住宅でありながら3階建てを作ることも可能です。その商品は「つどい」と言い、独自の「J-耐震開口フレーム」を使った耐震性の高さが自慢だそうです。ローコストハウスメーカーを選んでいる時点で予算を気にかけている人は多いので、土地代もそんなに高いところは無理という人もいます。このような場合、狭小地でも3階建てなら縦に長い分...

 
 

点検期間は?ユニバーサルホームのロングサポートについてユニバーサルホームで注文住宅を建てると、定期点検が受けられます。家を譲り受けてから6か月後、1年後、2年後、5年後、10年後と続けて節目に点検が入ります。ユニバーサルホームは20年にわたるロングサポートプログラムと言っていますが、他のハウスメーカーは60年サポートなどと言っているのを見ると、果たしてそれは客観的に見て本当にロングサポートなのかと...

 
 

2つの保証でユニバーサルホームの家を建てた後も安心いざユニバーサルホームで家を建てようと思っても、もしその施工会社が家を建築中に倒産してしまったらどうしましょうか。そんなことはあってほしくありませんが、ユニバーサルホームはフランチャイズチェーンということもあって、加盟店がなくなってしまうこともあるかもしれません。そこで頼れるのが保証です。もし上記のように建築中に施工会社が倒産してしまっても安心でき...

 
 

内装も希望通りになるユニバーサルホームの注文住宅家の内装を画像で見ると私は何故かテンションがあがるのですが、やはり素敵な家は内装も素敵だと思います。ユニバーサルホームの家の内装はネットでも実例の写真がたくさん出てくるので、参考にできるかもしれませんね。web内覧会という、個人が自分の建てた注文住宅をブログ等で公開しているものも勉強になりそうです。間取りが注文住宅の数だけあるので一例を見てみると、1...

 
 

内覧会でユニバーサルホームの設備をチェックしておこう!2016年、とあるユニバーサルホームの注文住宅内覧会で、60坪越えという大変広い家が見られるイベントがありました。やはり内覧会ともなると気合いが入るのでしょうか。もし出向く時には、自分が希望している、または興味を持っているシステムや設備を導入している家が良いですね。私がチェックしてみた家は、無垢を使用した部屋があり、鉄骨階段が目立ちました。太陽...

 
 

二世帯住宅をユニバーサルホームで建てるなら「ウィズ・ハート」これからももっと少子高齢化社会になっていくことを考えると、二世帯住宅を建てるのは良い案かもしれませんね。ユニバーサルホームでは、二世帯住宅用の商品、「ウィズ・ハート」があります。公式ホームページには外観と間取りの例の写真がありますが、外観は少し大きめの1世帯住宅かなとも思えます。色に大胆にも青を使っていて少し驚きました。内装はとにかく写真...

 
 

地熱床システムが標準装備のユニバーサルホームユニバーサルホームにしたのなら地熱床システムを選ばない手なんてない!と言われるくらい、この2つは切っても切れない関係です。それだけ地熱床システムの評価が高く、ユニバーサルホームを選ぶ人でこれを目当てにしている人が最も多いのです。そんな地熱床システムは標準装備されているのも大きな魅力です。ユニバーサルホームはローコストハウスメーカーですが、オプションを付け...

 
 

ヘルシオンの斬新さをユニバーサルホームで確かめてみよう「ヘルシオン」とは、ユニバーサルホームの「地球環境と住まう人の健康に配慮したサプリメント住宅」です。エコではなく、サプリメントという言葉を住宅に使うのが斬新ですね。ヘルシオンでは、1階が「フルリビング」になっているのが特徴です。全体を見渡せるというのがコンセプトで、家族団らんの場が持てるのは家族関係にも家が一役買ってくれているのだなと思わせられ...

 
 

細かい見積もり公開あり!ユニバーサルホームの口コミをチェック注文住宅を建てるなら、どこのハウスメーカーにせよ見積もりを出してもらってから家を建てます。この時、私であれば複数社から見積もりをもらって比較検討したいですね。家に関しての知識がないので、同じ土地で、私の希望に合ったどんなプランを提供してくれるのか気になるのです。ちなみに、ユニバーサルホームに実際に見積もりを取ってもらった人はブログでそれを...

 
 

ローコスト住宅が提供できるユニバーサルホームの秘密ローコスト住宅を提案するユニバーサルホームなら、若年層でも持ち家を手に入れることができます。安いからダメというわけでもなく、ユニバーサルホームの場合は加盟店をよく調べておくことが必要です。フランチャイズチェーンによって全国展開しており、これによって安さを提供できているからです。もし加盟店の評判が悪いようならやめておいた方が良いように思いますし、そう...

 
 

無垢とユニバーサルホームの相性は悪いのか無垢のフローリングはなんとも言えない天然の味わいがあることから人気が高いです。注文住宅を建てる場合に希望する人も多いのですが、そのデザイン性が手に入る代わりに扱いが難しいのが難点です。ユニバーサルホームでは1階を全面地熱床システムで床暖房状態にしているので、使える無垢材は限られてきます。実際にユニバーサルホームの1階を無垢フローリングにしたという人のブログで...

 
 

自由度が高いユニバーサルホームの屋根の一例ユニバーサルホームの家は、かなり色んな外観が注文できるという印象があります。というのも、写真を見てもそれぞれ個性があるからです。その外観の印象を左右するのは屋根だったりもします。私がかっこいいなと思ったのは、2階から1階まで続く大屋根です。左右どちらにも同じだけの傾きがあり、二等辺三角形でないアンバランスさが絶妙なデザインセンスを醸し出していました。二等辺...

 
 

材料に対するユニバーサルホームのこだわりとは家作りには、どんな材料を使っているかが重要です。ユニバーサルホームはローコストハウスメーカーですが、それでもできるだけ高品質な家を作るために材料にはこだわりを見せています。例えば柱や梁に使っている木材ですが、これにはエンジニアリングウッドという集成材を使っています。天然の木だと節があるので、ここが弱点になってしまいますが、集成材は節を削って作られているの...

 
 

ランニングコストを加味したユニバーサルホームの創エネ家を建てるとなると、どれだけのお金が吹っ飛んでいくかを考えただけでぞっとします。ですが、初期投資が多少高くても、後々のことを考えられるのが家の良いところだと思います。ユニバーサルホームでは太陽光発電システムを取り入れられるプランがありますが、これもやはり初期投資は高いですが、ランニングコストを考えたらどうでしょうか。創エネのおかげで月々の電気代は...

 
 

リフォームに関する話も聞けるユニバーサルホーム注文住宅を中心として活躍しているユニバーサルホームですが、リフォームに関する質問に対する答えもネットで答えていました。よくあるのがリフォームをしようか建て替えにしようかと迷っていて、どちらが良いですかという質問だそうです。これに対し、リフォームなら低予算で済むし、家を取り壊さないから愛着がある場合はその部分を残すことができると回答しています。一方、建て...

 
 

ワンストーリーでユニバーサルホームの平屋を満喫しよう!注文住宅の多くが2階建てになりますが、ユニバーサルホームでは平屋建てプランも用意してあります。商品名はクラス・ワンのワンストーリーと言って、無駄のない生活動線が特徴です。ワンフロアにすることで一緒に住まう家族との距離を居心地の良いものにし、さらに部屋から部屋への移動が考えられたことで快適度が増します。平屋だと屋根が見えやすく重要なポイントとなる...

 
 

ドリームコートはユニバーサルホームの中庭のある家家を買う時に庭も欲しいと思っていても、人目を避ける必要がある場所ならそれなりに柵などで工夫が必要になります。そうなると外構にお金がかかり、これは本体価格に含まれないので費用が跳ね上がってしまいます。このような場合、中庭という選択肢を選ぶと良いでしょう。ユニバーサルホームでは、「ドリームコート」という商品があり、中庭を作りたい人向けのプランです。これな...

 
 

Rコンセプトを活かしたユニバーサルホームのベランダはどう?2階建てや3階建てにするならば、洗濯物を干すためのベランダは欲しいところです。ユニバーサルホームでももちろんベランダの施工は可能なので、日の当たるところに付けたいですね。見た例はバルコニーでしたが、私はユニバーサルホームの「Rコンセプト」が好きです。直線で現代的な雰囲気を醸し出す商品よりは、曲線美を活かした「Rコンセプト」の方が暖かみがあっ...

 
 

玄関は何にこだわる?ユニバーサルホームの自由度を利用しよう玄関は、2階建てだとバルコニーやベランダの下に取り付ける人も多いです。ユニバーサルホームには「Rコンセプト」という曲線を活かした作りがありますが、外観を大切にする人に人気です。バルコニーを曲線にして家にくっつけるような形で見せ、その横からは家に入れるようになっている家が例でありました。外観の色は2色使いで、Rコンセプトとそうでないところとを...

 
 

住宅ローンシミュレーションができるユニバーサルホームのHPユニバーサルホームでは、住宅ローンのことについても解説してもらってあります。金融商品であることを強調し、どこで借りても同じになるわけではないという基礎からあるので、公式ホームページでチェックしてみると勉強になるでしょう。金融機関によって変わるのは返済期間や金利、条件で、0.1%というごくわずかな差であっても総返済の額に大きな影響を及ぼすこと...

 
 

ペットとの暮らしは快適?ユニバーサルホームの工夫とはペットと快適に暮らせる家を作るのに、ユニバーサルホームに頼んだというご夫婦がいました。犬と猫を飼っているようで、ユニバーサルホームの実例紹介に家の写真とコメントが載っていました。そこを読んでみると、人間もペットもストレスを感じない工夫が満載とあったのですが、肝心のどんな工夫をしたのかが一切書かれておらず、もどかしいなと思いました。購入者は満足して...

 
 

20坪でも広さを感じられるユニバーサルホームの3階建て20坪の家となると狭小地ですが、ユニバーサルホームなら3階建てのプランが良いかもしれません。木造であっても3階を建てるに十分な強度があり、狭い土地に部屋数を増やすならもってこいです。車を使っているならば、1階部分はビルトインガレージにすれば駐車場を別で借りなくても良いですね。2階にリビングやキッチン、ダイニングを持ってきて、3階を寝室や子ども部...

 
 

ユニバーサルホームの値引き率変化は担当者によるところが大きいユニバーサルホームはフランチャイズのため、その値引き率に関しても担当者次第なところが大きいと聞きました。例えば、ノルマ達成のためにはどうしても契約がほしいと思っている場合や時期が偶然重なったとしたら、大幅な値下げも考えてくれるでしょう。しかし、そうでないとしたら端数くらいしか値下げしてくれない場合もあります。一般的にハウスメーカーの値引き...