旭化成ホームズ 評判

MENU

旭化成ホームズの評判はどう?

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
旭化成ホームズの評判はどう?

旭化成ホームズは、ヘーベルハウスを作った会社であることから検索するとヘーベルハウスの方がヒットするくらいです。

 

この会社は、鉄骨の家というと一般的には軽量鉄骨を使うことが多いのに対し、重量鉄骨を使った家作りに定評があります。

 

丈夫で長持ちする家ができ、構造耐力が強いのです。

 

60年保証体制が整っていることでも良い評判がありますね。

 

反対に悪い評価としては、ヘーベル版やALC版と呼ばれる床や壁材が欠けやすいという点が見られました。

 

しかし、これは家が出来上がってからというより施工段階で見つけるようなので、その点はまだマシかなと思います。

 

また、寒冷地では凍結に弱いことからヘーベルハウスの家を建てられる地域は限られるのが惜しい点です。

 

頼むのであれば、地震に強く、次世代まで受け継げる家ができるでしょう。

 

魅力を探ると見えてくる旭化成ホームズの特徴

旭化成ホームズの魅力と言えば、ロングライフ住宅を打ち出していることでしょう。

 

ヘーベルハウスが有名ですが、これも60年点検システムを導入しているというくらい長い間面倒を見てもらえます。

 

これは家を買った年齢が30代だとしたら、一生問題なく住めますね。

 

長い間住めるというのは、中古住宅を購入しやすいということにもつながります。

 

築年数によっては遠慮したいと思う家もあるものの、ヘーベルハウスであれば耐久性がもともとあるのでメンテナンスを怠らなければまだまだ住めるはずです。

 

また、注文住宅だけでなく賃貸住宅にも幅広く取り組んでいることから、都市に住む女性向けのアパートや、ペットと一緒に住める「プラスわんプラスにゃん」という商品も持っています。

 

長く、自分たちに合った家に住めるというのは基本的なことですが、とてもありがたいことですね。

 

ライバルは三井ホーム?旭化成ホームズの課題

もし旭化成ホームズのヘーベルハウスにライバルがいるとしたら、私は三井ホームではないかと思います。

 

ハウスメーカー選びは外観や省エネ対策など、さまざまな視点から行われますが、やはり多いのは予算的都合です。

 

となれば、坪単価が高いと言われる三井ホームと、その次に高いと言われるヘーベルハウスは競争関係にあってもおかしくありません。

 

三井ホームの特徴は坪単価が日本で最も高いハウスメーカーと言われ、100万円近くなることもあります。

 

外観にこだわりを見せており、洋風の家と言ったら三井ホームで満足できるでしょう。

 

一方ヘーベルハウスは坪単価は80万円ほどで、スマートハウスやロングライフ住宅などを打ち出しています。

 

負けているとしたら外観なので、三井ホームを追い越せるくらいのデザイン性を取り入れれば勝てるかもしれません。

 

旭化成ホームズの良い評価と悪い評価をチェック!

ヘーベルハウスでお馴染みの旭化成ホームズは、テレビCMもよく見かけますがその評価はどうなっているのでしょうか。

 

まずメリットとしては、重量鉄骨を使用した頑丈な家作りが挙げられます。

 

これによって家の根本がしっかりしているため、メンテナンスさえ怠らなければ住宅寿命はかなり長くなります。

 

まだまだ欧米に比べれば進化途中ですが、日本の中ではロングライフ住宅になります。

 

一方デメリットとしては、使っているヘーベル板が寒冷地に向かないため北の方ではヘーベルハウスが建てられないということです。

 

展示場を探しても、関東、東海、関西、西日本と4つに分類されており、それ以上北の地域にはありません。

 

私としては、どうしても坪単価が高いのが気になってしまいますね。

 

いくら良い家でも予算は現実の壁となるので、安く提供できないのは惜しい気がします。

 

IRはどうなっている?旭化成ホームズの情報公開

もし旭化成ホームズの情報が知りたければ、「旭化成ホームズ、ir資料室」で検索してみてください。

 

ネット上でも多くの情報を得られるようになっているので、財務状況などがわかります。

 

IRとはInvestor Relationsの略で、投資をする際に必要と思われる情報を企業が投資家に対して公開する活動のことを言います。

 

しかし、最近では投資家だけでなく一個人にも知ってもらおうという色も濃くなってきているようです。

 

情報を隠すことなくオープンにすることによってこちらも安心できますし、会社からしてみれば何もやましいことはないし、こんなに成果を上げていますよという良いアピールの場になります。

 

経営不振である会社にとってはあまりメリットのないことですが、上手く波に乗っている会社であれば公開する意味は多いにあるでしょうね。

 

こういう意味では情報の透明化をしているところは信頼できるなと思います。

 

旭化成の住宅専門として生まれたのが旭化成ホームズ

旭化成という響き自体はよく聞きますが、私は何をしている会社なのかと聞かれたら返答に詰まってしまうでしょう。

 

そこで調べてみたのですが、旭化成株式会社は、エレクトロニクスや医薬品、化学、繊維、住宅などの事業を行っている会社でした。

 

一部上場企業なので名前は誰でも聞いたことがあるほど。

 

本社は東京都千代田区にあります。

 

何をしている会社なのか私がふわっとしていたのは、幅広く事業を展開していたからかもしれません。

 

ここから派生したのが旭化成ホームズで、ここの目玉はヘーベルハウスです。

 

関東から西日本にかけて展開しており、各地にモデルハウスがあります。

 

重量鉄骨の家が特徴で、その頑丈さが売りの1つです。

 

家を建てるなら木造より鉄骨だという人の場合は、候補に入れておきたいハウスメーカーですね。

 

口コミから見る旭化成ホームズのメリット・デメリット

商品を買う際には口コミを少なからず参考にするという人もいますが、家も同じです。

 

旭化成ホームズのヘーベルハウスはその知名度から多くの人が候補にしますが、本当のところはどうなのかを知りたいと思っています。

 

ホームページでは技術やノウハウが書かれていますが、実際に暮らす方の立場から見た情報もたっぷり欲しいはずですよね。

 

口コミからは、メリットとしてはそれぞれの家族の特徴に合わせた家が作れるという評判が見られました。

 

ペットと暮らす家、年配者が暮らす家、それぞれに合わせてくれるのです。

 

一方デメリットとしては、解約するとなったときに厄介だということでした。

 

違約金問題でもめているようで、お金を払う前に注意深く品定めする必要があるなと思いました。

 

あくまで参考程度ですが、良い面、悪い面、両方知っておきたいですね。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

注文住宅の総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事

 

旭化成ホームズはペットと暮らす家も提供しているヘーベルハウスで有名な旭化成ホームズでは、ペットと一緒に暮らす家の提供をしています。ペットを家族の一員と考える今、そのような商品も出てきているのです。例えばヘーベルハウスでは、スカイコテージと言って最上階をペットとのびのびと暮らせる空間に変換するプランがあります。これならご近所の視線も気にすることなく暮らせますよね。私がここは良いなと思ったのは、旭化成...

 
 

女性のための賃貸「サフォレ」を作った旭化成ホームズ女性のための賃貸を見つけたい!そんな要望に応えてくれたのが、旭化成ホームズの「サフォレ」という賃貸です。ここは女性しか住めないようになっており、防犯、安全についての工夫が満載です。自分より弱い立場の人間を狙うという卑劣な男性を減らすことができないなら、自分たちで身を守るしかありません。この場合は家が守ってくれるというわけですね。この賃貸では中は女性...

 
 

旭化成ホームズのモデルハウスは北にはないの?旭化成ホームズが展開するヘーベルハウスのモデルハウスは日本の広範囲にあります。ヘーベルハウスの家が欲しいなと思っても、今住んでいるところから遠いのであればモデルハウスを見に行くだけでも一苦労なのでこれはなかなかありがたいかなと思います。ただし、関東、東海、関西、西日本にはあるものの、あまり北の方にはありません。これはヘーベルハウスの家が凍結に弱く、寒冷地...

 
 

積水ハウスと旭化成ホームズで悩む人が多い旭化成ホームズと言えばヘーベルハウスですが、何故かよくハウスメーカー選びで最終的に積水ハウスとどちらにしようか迷う人がたくさんいます。ネットで検索してみても同じような質問をしている人がいてちょっとびっくりしました。迷っている人の内容をチェックしてみたところ、ヘーベルハウスが使っているヘーベル板よりダインコンクリートの方が丈夫なのではないかという点で決めかねて...

 
 

60年点検という旭化成ホームズのアフターサービスに満足ヘーベルハウスで有名は旭化成ホームズは重量鉄骨の頑丈な家が売りですが、そのアフターサービスはどうなっているのでしょうか。ヘーベルハウスは「ロングライフ住宅」というキーワードをもとに、長く住める家を目指しています。だからこそアフターサービスには力を入れており、60年点検システムがあります。これはロングライフプログラムのうちの1つであり、住宅の劣化...

 
 

旭化成ホームズのヘーベルハウスは重量鉄骨構造旭化成ホームズのヘーベルハウスは、鉄骨の家になっているので耐久性に優れています。家の構造でハウスメーカーを決める人も多いので、木造ではなく鉄骨で!という場合には検討しておきたいのがヘーベルハウスですね。特徴としては、軽量鉄骨ではなく重量鉄骨を使用していることです。これによって頑丈さは高まるのですが、デメリットとしては地盤の緩い土地だと向いていないことです...

 
 

お客様センターの評判は?旭化成ホームズの対応を見る旭化成ホームズでは、それぞれの要件に合わせてお客様センターを用意しています。住宅と一口に言っても、旭化成ホームズは戸建てや土地活用、賃貸経営、分譲マンションなども手掛けているので、それぞれの要件に合わせて連絡先が表示されます。中には採用についての情報もあります。どんな感じで対応してもらえるのかを調べたところ、口コミでは悪いものもありました。電話対応...

 
 

設計力も高いと言える旭化成ホームズのヘーベルハウス旭化成ホームズでは、将来を見据えた設計を大事にしているとのことです。住宅で言えばヘーベルハウスと言えばわかりやすいでしょうか。注文住宅は買って終わりではなく、そこから長い間の生活が始まるわけですから、将来を考えるのは当然のことだと思います。そのため、ロングライフ住宅と言われるのかもしれませんね。保証は60年というかなり長いスパンで見守ってくれている...

 
 

旭化成ホームズのスマートハウスの特徴を知ろう!旭化成ホームズのヘーベルハウスには、スマートハウスもあります。写真に近いイラストで解説されており、これを見ると確かにスマートだなと思いました。まず目につくのは屋根一面にあるソーラーパネル。イラストの家は陸屋根だったので、少し太陽よりにパネルが傾いています。また、太陽光発電と一緒に導入することによってお得になるエネファームもあるとのことでした。太陽光・蓄...

 
 

旭化成ホームズの特徴を挙げるとしたら?旭化成ホームズの特徴には色々ありますが、個人的に一番良いなと思ったのは個人を見てくれているという点です。子育てするお母さんが暮らしやすい賃貸住宅を作っていたり、女性だけが入居できるアパートを作っているところを見ると人の暮らし方を全部一緒に捉えていないことがわかります。どう暮らしたいかを考えてくれるのは、単純に相手の立場に立って物事が考えられるメーカーだなと感じ...

 
 

建売住宅はどう選ぶ?旭化成ホームズが開いたフォーラムに学ぶ「くらしイノベーションフォーラム」は、2011年に旭化成ホームズが開いたもので、住宅に詳しい講師たちが呼ばれたそうです。その講師たちによると、建売住宅に対してかなり厳しい意見が飛んだのだとか。注文住宅と違って一から買い手の要望に応えるわけではないため、どれも同じような間取りになってしまっていると言います。居間階段にも疑問を呈し、子どものため...

 
 

本体価格だけでも高い旭化成ホームズは予算に注意価格面で評価するなら、旭化成ホームズの家は高いと言えます。ヘーベルハウスは知名度があるものの、いざ家を建てようかと検討してみたらその坪単価の高さに驚いたという人もいます。坪単価は80万円くらいで、これは大手ハウスメーカーの中で1位の三井ホームに次いで2番目に高い価格です。ですから、40坪で家を建てようとしたら本体価格だけでも3200万円かかってしまうわ...

 
 

へーベルらしいデザインを意識し続けている旭化成ホームズ旭化成ホームズが展開するヘーベルハウスは、「グッドデザイン・ロングライフデザイン賞」を受賞しています。実は、基本となる素材や工法や発売当初の1972年から変わっていないというから驚きです!評価されたのは、ヘーベルハウスが取り組んできた都市型住宅とロングライフ住宅についてです。都市での暮らしを追求し、そこで暮らす人たちがいかに快適に過ごせるかを研...

 
 

外壁材として使っているALCは、旭化成ホームズの外壁の代名詞家の外壁には様々な素材が使われますが、どれも一長一短で、ハウスメーカーがオススメを決めています。代表的な外壁材にはモルタルやサイディング、タイルがありますが、旭化成ホームズは通称ALCと呼ばれる軽量気泡コンクリートを使用しています。その理由は、このALCが世界でも高い評価を受けているから。ヘーベルハウスが使うALCをヘーベルボードと呼んだ...

 
 

ロングライフ住宅が売りの旭化成ホームズの頑張り旭化成ホームズのヘーベルハウスは、「ロングライフ住宅」と言われます。これはその名の通り長い間もつ家という意味もありますが、飽きずにいられるデザインやメンテナンス体制も含めます。欧米に比べると日本の住宅寿命は3分の1であることに言及し、日本の資源の乏しさをカバーするためにも長くもつ家は重要だという考えが旭化成ホームズの家に活かされています。家は10年もす...

 
 

ヘーベルハウスをリフォームするなら旭化成ホームズでOK!旭化成は旭化成リフォームという会社もありますが、実は旭化成ホームズでもリフォーム事業は行っているのでいつでも依頼ができます。リフォーム内容は様々ですが、最近多いのはソーラーパネルの設置工事だそうです。省エネ設計の家が増えてきているので、新築の時には迷ったけどやっぱり付けておいた方が便利だ、と考える人がいるようですね。当時は予算的にきつかったも...

 
 

アドバンスフローリングとは?旭化成ホームズ推す床材の秘密家の中で特別に目を引く主役ではないものの、必ず必要になるのが床材です。今ではもうほとんどフローリングですが、その中でも旭化成ホームズがオススメしているのはアドバンスフローリングと呼ばれるものです。これはわかりやすく言ってしまえば無垢材と複合フローリングの中間になります。見た目は無垢材そのものなのに、メンテナンスを考えると本物の無垢材ほどの頻度...

 
 

消費税増税に注意!旭化成ホームズに早めに相談を消費税が8%から10%に上がるという噂が出てきたとき、注文住宅を建てる人たちは慌てました。増税する前に早めに立てないと、あんな人生に一度の大きな買い物から10%も消費税が引かれたらたまったもんじゃないと考えたのです。それはそうですよね。旭化成ホームズにも増税による質問は多くあったようで、サイトにまとめられていました。一般的に、注文住宅を建てる計画を立て...

 
 

ガラスを2種類使用している旭化成ホームズのこだわりヘーベルハウスを建てる時、窓にも是非注目をしてみましょう。ここにちょっとした旭化成ホームズのこだわりが見えます。使うガラスは「低放射複層ガラス」と「遮熱低放射複層ガラス」の2つです。前者はどちらかというと冬場に強く、太陽エネルギーを家の中に取り込んで暖房がよく効くような構造にいなっています。後者は主に太陽高度が低い東や西の窓に状況に応じて使われるガ...

 
 

旭化成ホームズが展開する一風変わった注文住宅注文住宅を建てたいと思ったなら、まずはどんな家が良いのかざっくりと思い描く必要があります。完全なるノープランだと、どんな家が建てられるのかという基準からハウスメーカーを絞れなくなるからです。ちょっと変わったことをしてみたいのであれば、旭化成ホームズのヘーベルハウスは面白いかもしれません。「そらのま」という2階リビングが外に向けて解放される間取りは斬新で、...

 
 

賃貸向け保険が充実している旭化成ホームズ家という大きな買い物をしたのなら、当然保険は必要になってきます。旭化成ホームズの場合、戸建てだと「いま・あんしん家財」という名前の保険が使えます。これは賃貸住宅でも適用され、賃貸住宅専用の保険には「New賃貸住宅あんしん保険」というものもあります。これらは旭化成ホームズのヘーベルハウスの建物を対象にしています。価格に関しては特に高くも安くもない条件のようです...

 
 

最強!?旭化成ホームズが使用する防水シートがすごい人間が家に住むのは雨風をよけるためというのが究極の目的ではないでしょうか。そのため、家を建てるなら雨を防ぐことができるのが最低限守ってもらいたいことです。旭化成ホームズでは、防水シートを使って雨の侵入を防いでいます。屋上フラットルーフ部に独自の防水シートが使われているのですが、なんとこれは室内プールで実績があるという高分子系防水シートを、さらに進化...

 
 

中古でも耐久性が衰えない旭化成ホームズのヘーベルハウス旭化成ホームズのヘーベルハウスは「ロングライフ住宅」なので、たとえ中古であっても比較的良い状態のものが購入できるはずです。もちろん、前の持ち主がきちんと必要な時に必要なメンテナンスを行っていればの話ですが、この最低限の条件を満たしていれば、ヘーベルハウスは日本の中では長寿の家になります。ホームページでは、メンテナンスフリーなのかと勘違いしてしま...

 
 

二世帯住宅に見られる旭化成ホームズの工夫とは二世帯住宅を建てるなら、今時はどんなことができるのかをちょっと知っておきたいですね。旭化成ホームズのヘーベルハウスでは、二世帯住宅の提案の1つとして「家族図書館」を間取りにどうかとプランニングしています。子どもとおじいちゃんおばあちゃんが過ごす空間を作るのが目的のようですが、これはリビングの一角に本棚を置いてもできるなと思いますね。地べたの座れるように、...

 
 

外構専門の旭化成ホームズの子会社、AJEXの得意分野とは?家に注目していると、どうしても外構のことはその後になりがちです。しかし、家の周りの柵や緑によって雰囲気は大きくかわるのであまり見逃したくないところです。旭化成ホームズは、外構を専門とする子会社「AJEX」を立ち上げたので、ヘーベルハウスを建てる場合には外構のスペシャリストに施工してもらえます。ただし、AJEXは主に都市部のヘーベルハウスの外...

 
 

玄関収納を多めに!旭化成ホームズの家でお客さんを歓迎しよう旭化成ホームズの家は、重量鉄骨を使っていることにより強度があるので、その分家の柱を少なくすることが可能です。私だったら、それを利用して玄関周りに収納を増やせたらいいなと思います。玄関フロアは長居する場所ではないからと、割と狭く作る人もいます。けれど、靴が多い家やスポーツ家族だと、シュークローゼットを作ったとしても案外すぐに埋まってしまいます...