富士住建 坪単価

MENU

実際と近い坪単価、これが富士住建のスタイルだ

広告の坪単価と実際との価格差!

 

ローコスト系の住宅メーカーがよく批判されていました。

 

ところが富士住建の坪単価は実際と限りなく近いと評判です。

 

近年話題の富士住建、営業エリアのせいで地域限定の話題となっているのが残念なのです。

 

広告と違いすぎる坪単価に疑問があるから!

安い坪単価につられて住宅メーカーの話を聞きに行ったら、広告の坪単価では住める家には絶対にならない。

 

あれもこれもと足していったら、坪単価にして+10万円!

 

延床面積ではなくて施工面積あたりの坪単価を算出して、少しでも安く感じさせようとする。

 

これらは、ローコスト系の住宅メーカーが得意とする手口、、、まあ、施主さんは納得してそのメーカーで建てているのです。

 

だから、外野がとやかく言うべきではないのですが、安い坪単価に釣られたみたいで何となく納得がいかない。

 

そんなことを思っている人はきっと多いはず、「富士住建」の経営者もそう感じた一人だったのかもしれません。

 

キャッチフレーズは「完全フル装備の家」

富士住建、埼玉県に本社を持つ中堅住宅メーカーなのですが、ここが使っている坪単価という単語は他と意味合いが違います。

 

キャッチフレーズは「完全フル装備の家」、今すぐ住めるぐらい充実した装備を延べ床面積で割って坪単価を出すのです。

 

ですから、他のメーカーの坪単価と全く違う数字が出てきてしまい、戸惑ってしまいますがそれが富士住建のやり方。

 

だって標準装備で太陽光発電システムや対面型のキッチン、食洗機、システムバスは1.5坪、なんとテレビ付き!

 

トイレも化粧台も初めから2台分は含まれていますし、全室Low-Eペアガラス、LED照明、カーテン、エアコン5台、、、。

 

まだまだあるのですが、キリがありません。

 

これらすべてを付けた上での坪単価で他のメーカーと勝負しようとしてくるのです。

 

広告などのメディアで伝えられる坪単価を信じてメーカーの話を聞きに行ったら、結果とんでもない額になりマイホーム計画をあきらめた。

 

そんな経験がある人ならば富士住建のやり方に拍手をしたくなるはずです。

 

「その意気やよし!」住宅業界を知っている人ほど、そう感じる。

 

そんな住宅メーカーが富士住建なのです。

 

それでいて抑え気味の坪単価

じゃあ富士住建ならば、飛んでもなく高い坪単価を日頃アピールし続けているのか。

 

だとしたら、営業担当が非常に不利になってしまうのですが、富士住建の坪単価は他の住宅メーカーと十分戦えるもの。

 

まあ標準的なタイプで坪単価は40万円台、紀州ひのきを多用した上級モデルで50?60万円台、これが富士住建の坪単価。

 

、、、内容を知れば知るほど、正直安いと思ってしまうのですが、皆さんどう思われますか?

 

これでいて、主に用いている工法はツーバイフォー、出来上がった住宅の評判も非常に良いと来ています。

 

現在は関東圏にしか営業所はないという富士住建、近所にあるならば、真っ先に話を聞きに行きたくなるのだけど。

 

そんなところだけが少々残念ではあるのです。

注文住宅の総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。

↓の記事も読むと富士住建のことが凄い理解できます。

 

無垢材を用いた家が一番いいのかもしれませんが、問題は高すぎる価格です。その点を富士住建はクリアしています。それも富士住建ならではの「完全フル装備の家」でオプションいらずといいますから朗報!一体どんな内容なのでしょうか?無垢材ならではの良さがあるのですが、、、無垢材信仰というものがある一方で、現在広く建材に用いられているものは集成材。ある大手の住宅メーカーは柱から梁まで全て集成材を用いているのが、あ...

 
 

近年では、アフターサービスで儲けようと考える住宅メーカーが多い傾向、その中で富士住建の保証などはごくスタンダード。これは富士住建が新築を売ることを事業のメインにしている証でしょう。保証期間が長いと安心というわけでもなさそうです。「完全フル装備の家」が人気な理由しかし住宅業界は特異な世界だなあと、つくづく思うのです。最近は下火になったとはいえ、ローコスト系の住宅メーカーが一時盛んに行っていた「坪単価...

 
 

トレンドを反映して、富士住建でも平屋をラインナップに加えてきました。価格は52.4万円/坪。装備が充実している富士住建ならば適当な価格に思えますが、2階建てと比較すると割高。平屋だからしょうがないとはいえるのですが、、、。富士住建も平屋をラインナップ団塊の世代の高齢化、家族の独立、コンパクトで機能的な家、、、私の近所に新築の家が3軒建ちましたがどれも平屋。更には、全てに太陽光発電が乗っています。老...

 
 

富士住建は分譲住宅を手がけている会社ではありません。分譲住宅並みの値段で注文住宅、それも設備が充実した家を手に入れられる会社が富士住建なのです、、、と考えるならば、かなり良さそう!注文住宅、充実装備であの値段富士住建は注文住宅をメインで建てている住宅メーカーだけに、分譲住宅はありません。セールスポイントは完全フル装備の家。1.5坪のゆとりがあるシステムバスや上級グレードのシステムキッチン、太陽光発...

 
 

充実の標準仕様で知られる富士住建、「完全フル装備の家」が大きなセールスポイントです。http://www.fujijuken.co.jp/about/standard/標準仕様を見る限りは何の文句もない富士住建、その一方でちょっとした不満も耳にすることもあったりするのですが、、、。普通はオプションになるよね?キッチンにこだわりがある人に話を聞いているとトクラス、、、まあ「ヤマハ」ですね、、、の製品...

 
 

富士住建はオプションの費用がかからないのがセールスポイント。初めから充実している装備が人気です。それでも建築費以外の費用は発生するですが、、、それでも安く建ってしまうのが富士住建なのです。この記事を読んだあとに、こちらの知恵袋も参考になります。http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1133656806坪単価とか値引きとかは...

 
 

二世帯の住宅に望むものは施主によって異なりますから、要望をきっちりと富士住建側に伝える必要があります。まずは二世帯間の要望のすり合わせ、次に具体例を探し富士住建に伝える。結構な手間に思えますが、これが理想実現の近道なのです。二世帯住宅の豊富な施工例富士住建のホームページをみていると、施工例が豊富にアップされており二世帯住宅の実例も多数。https://www.fujijuken.co.jp/cas...

 
 

充実した標準装備で高評価の富士住建、これは内装にも当てはまります。出典 http://www.fujijuken.co.jp/about/standard/interior.htmlその一方で、内装にこだわりたいという人には不向きなのも富士住建。当然ながら凝ったオプションは用意されていないのです。普通が一番!そんな人のための住宅メーカーなのです。充実している標準の内装富士住建が非常に充実したオプシ...

 
 

ローンは金融機関と組むもので、富士住建など住宅メーカーと組むものではありません。ですから、金融機関が頭金がゼロでもOKといえば家が建ち、NOといえば建たないもの。富士住建だから頭金が必要とかそんなことは絶対にないのです。ローンを組んで家を建てよう!手持ちの資金が少なくても欲しいものがすぐに手に入る、ローンは素晴らしいですね。ローンと耳にして表情が曇る人には認識をぜひ改めてほしいのですが、現在はロー...

 
 

土地探しを富士住建に任せてしまうことで多少のメリットはあるのですが、基本的にお客とやっていることは変わりませんので、土地探しを依頼する大きなメリットは無いと個人的には思いました。これは富士住建だけでなく、住宅メーカーに共通していえる点なのです。土地探しならばまず不動産業者へ家を建てたいなあ、、、そんなことを考えたら、まずどこへ出向くべきなのか?何しろ初めてもしくは、一生に何度もする経験ではないもの...

 
 

天井高があることで受けるメリットは確かに大きなものがあります。富士住建の標準天井高は240cm 、充分に思えるのですが、他のメーカーと比較すると、他所見劣りがしてしまうもの。もちろん、富士住建でも高さを取ることはできるのですが、、、。匠が吹抜けを造りたくなる理由テレビのリフォーム番組などをみていると、いわゆる匠は吹抜けやガラス張りの家をやたらと造りたがります。まあ、誰が見ても普通の家を建てたとした...

 
 

賃貸住宅は低品質と思われがちですが、例えば防音性は賃貸のほうがずっと上。しかし、設備の面になると一戸建、特に富士住建の良さが目立ちます。充実設備は富士住建のお家芸。一戸建に惹かれてしまう理由がよくわかるのです。賃貸=低品質ではありません投資用の分譲マンションを賃貸に転用して資産運用というのはよく聞く話。そして、このマンションは分譲仕様だから、賃貸仕様と比較しても防音などは優れており、、、。といった...

 
 

現在の中古住宅の市場をみていると、住宅メーカーによって付加価値が付くというケースはまれです。これは、富士住建でも同じこと、特に住宅設備に力を入れているフジ住建ですから、それらは中古市場では評価されにくいのです。メーカーによる評価は反映されにくい中古住宅中古住宅は単なる古い家ですから、どこの住宅メーカーのものであろうと20年で資産価値はほぼゼロになります。これは比較的ローコストな富士住建のものでも、...

 
 

土地を調査した所、地盤改良に随分費用がかかる。こんなケースは富士住建でも良くあります。地盤改良はともかくとして、せめて住宅設備を高いレベルで標準化できないか?そんなことを考えているメーカーが富士住建ということができるでしょう。坪単価だけでは住宅の価格はわかりません何にいくらかかるのか、、、まあ、これがややこしいのが住宅の費用。坪単価◯◯円、とよく宣伝で使われていますが、これだけで家は建たないのは御...

 
 

富士住建は値引きをしない住宅メーカー、セールスポイントの豪華設備をダウングレードしても値引きにならない、それが富士住建。初めから値引きを期待せずに話をする、こっちのほうがストレスもなさそうで楽しそうではありませんか?値引きは時間の無駄だと思いませんか?もうねえ、大きな買い物をしたと思い込んでいるお客さんが口を開くと値引きを要求してくるのはなぜでしょうか?どんな風に上手く値引きを要求しても、売手は損...

 
 

断熱材に特別なものを使っていないにもかかわらず、富士住建が高い断熱性を持つのはなぜか?寒冷地用の断熱材も用意しているのが富士住建。オプション扱いにはなるのですが、よりすごしやすい家となるでしょう。高い断熱性を持つ富士住建ですが充実した住宅設備で評判の富士住建ですが、その一方で住宅の基本性能も非常に高いことで知られています。基本性能とは、耐震性と耐久性、耐火性、そして断熱性。用いられているサッシは室...

 
 

富士住建はタフな3種類の構法と特殊な壁材を用いることで、高い耐震性を実現しています。加えて、富士住建が力を入れているのは基礎。高級住宅並みのもので、耐震性についても信頼できる高さを得ることができるのです。富士住建の構法とは3種類「檜4寸構法」とか「J-WOOD構法」、そして「Fパネル構法」、、、これらは富士住建が用いる構法。好みの住宅に合わせて提案されるもので、それぞれ優れた点を持っています。檜4...

 
 

住宅の断熱性を大きく左右するのは窓。富士住建は窓に複合サッシやLow-e複層ガラスを用いることで、住宅の断熱性を大きく高めています。加えて、標準で3カ所の窓には電動シャッターまで付いてくる、こんなところも富士住建なのです。高断熱の住宅で最も大切なのは窓高断熱の住宅が注目をあつめるようになり、色々情報を集めていると気がつくのは、窓の重要性。外断熱だ内断熱だ、発泡ウレタンフォームだグラスウールだとかの...

 
 

洗面台も標準で充実装備なのが富士住建、用意されているのはリクシルとTOTO、日本の2大メーカーなのです。そして2台の洗面台がオプション料金無しで付いてきます。さすが富士住建ですね。富士住建は2大メーカーを標準で用意洗面台やトイレ、バスなどの住宅設備を比較していると、もう何でもいいや、、、という投げ遣りな気分になってきます。もう、これ以上進歩もしないであろう煮詰まりきった製品が並ぶパンフレットは本当...

 
 

住宅設備が充実している代わりに融通が利かない、これは富士住建についてよくいわれること。しかし、住宅設備が一番のセールスポイントである富士住建のそこが気に入らないならば、メーカーを変えるしかないのかもしれません。諸刃の剣、富士住建の住宅設備富士重建の住宅の一番のセールスポイントは、設備が標準で充実している点。つまり、コストパフォーマンスの高さというところにあります。逆に、弱点は何か?と考えた場合にも...

 
 

近年話題のシュークロークを富士住建が手掛けると「成長する玄関」となります。これは、子育て期は子どもに、それ以降はご自由に活用できる巨大収納。富士住建の成長する玄関、アイデア次第で面白そうなのです。富士住建による収納の提案注文住宅を建てるとなると女性の関心事はもっぱらキッチン、そして収納、収納と実にうるさい。収納にこだわるならば、その前に物を捨てた方が良いのではないか?そんな風に申し上げても、それは...

 
 

充実した設備が最初から付いていることで富士住建は有名ですが、照明も同じ。ただし、特別オシャレな照明を期待してはいけません。そんな場合は富士住建に追加の費用を払うだけ。すぐに希望の仕様にしてもらえるのです。施主支給?富士住建なら不要です住宅を安く上げるTipsみたいなブログをみていると、必ず出てくるのが施主支給。代表的なのがカーテン、最近増えた街のカーテン屋さんで購入、レールはホームセンターで購入し...

 
 

7帖の電気式床暖房が付いてくる、これも富士住建の標準仕様。さすが至れり尽くせりの富士住建と感心させられるのですが、床暖房となると電気代なども心配になってくるのです。床暖房ももちろん付いてくるのです遠赤外線の効果で陽だまりのような暖かさ、、、床暖房といえば必ずと言ってよいほど出てくるフレーズ。そして、床暖房といえば温かいだけでなく省エネという点でも見逃せない設備。採用した人が口をそろえて絶賛する設備...

 
 

富士住建の床材は積層材がメインだったのですが、近年では無垢材もラインナップに加わっています。しかし床材として積層材は悪いものではありません。ラインナップを増やすという富士住建のサービス精神には頭が下がるのですが。無垢材をありがたがるのは最近の傾向現在ほど技術が進歩していない時代は、住宅というと全て無垢材を使って建てていたはずなのです。もちろん、床材も無垢材。今でこそ無垢材ならではのぬくもりがなどと...

 
 

オプションが充実しているから、坪単価以上に費用がかかってこないのが富士住建。しかし、税金など諸費用は別に用意しなければなりません。これは富士住建だけでなく、どこで建てても諸費用は絶対に必要になってくるのです。オプション価格は不要でも諸費用は必要初めから装備が充実していることが最大のセールスポイントとなっている富士住建。オプション扱いになっている様々なものを追加していくと、初めに聞いていた坪単価を大...

 
 

富士住建のラインナップには三階建ても含まれていますが、坪単価は二階建てと変わらない。もちろん富士住建らしく充実装備はそのまま。三階建てを検討するときにも、やはり富士住建は候補からは外せません。坪単価は39.5万円~埼玉県を中心に1都6県に営業所を構える富士住建だけに、都市部に対応した住宅の開発は必須。数々ある、富士住建のラインナップには狭小地用三階建てのものも含まれています。その名も「三階建ての家...

 
 

富士住建が用意している工法は3つ、それぞれ違う工法ながら値段は同じ。そんな所にも富士住建らしさがでてきているのですが、こういった姿勢がローコスト系の住宅に求められているものなのかもしれません。各メーカー、差別化の方法は様々ありますが住宅メーカーは激しい競争を日々繰り広げているようです。様々なところで他のメーカーとの差別化をおこない、自分の所を選んでもらおうと必死です。大手と呼ばれているようなメーカ...

 
 

デザイン性や防犯など高い性能を要求される玄関ドア、富士住建ではYKKAP社の新製品をいち早く取り入れ、玄関ドアに対する高い要求をクリアしています。標準で装備が充実している点が富士住建、玄関ドアも抜かりがないのです。玄関ドアは大変重要な役割を負っています先日、海外のドキュメンタリー番組を観ていましたら、アメリカの住宅の性能試験の様子が流れていました。日本の場合ですと本物の住宅を用いて耐震性を調べるぐ...

 
 

富士住建を選んだポイントとして見積もりをあげる人は多いもの。同じ仕様の住宅にするなら、充実仕様がセールスポイントの富士住建が見積もりで負けることはなさそうです。反面、営業が手薄だとかいう評判もチラホラと見かけるのが問題かもしれませんが、、、。見積もりを比較するとダントツの安さ富士住建に関するブログを読んでいると、良く見かける意見です。「他の住宅メーカーと見積もりを比較すると、ダントツで富士住建さん...