平屋 坪単価 安い

MENU

平屋の坪単価は安いのか?平屋の坪単価を検証!

平屋の坪単価は一体いくら程度のものか、安いのか高いのか、平屋 坪単価とは工事金額を延べ床面積で割ったものを言います。

 

安いものであれば30万円以下と言いますが、それでもやっぱり私達は相場のことも知り、相場を出来るだけ外れないという姿勢も大事なことです。

 

平屋の坪単価は安いのかと言えば、一般的には2階建てを作るよりは割高になる傾向があると言われ、実際に趣向をこらしたものを建築する場合70万円以上かかるケースもあると言われています。

 

2階建てよりも高くつく

それは普通の人たちは2階建てを建てるケースが多いにもかかわらず、1階建てを敢えて求めている人たちの中には、特注スタイルで、個性的な家を作りたいと思っている人たちが多くいるからです。

 

特注という概念が高まればそれだけ料金が嵩むことは間違いがありません。

 

実際に2階建ての方が経済的と言われているのは真実なのか

 

2階建て、そして1階建てというものがあれば、1階建ては2階建ての半分の価格で終えることが出来るなどと単純計算することによって間違いが起こります。

 

多くのみなさんが1階建てを求めているのなら話しは変わってくるのかもしれませんが、実際にはそうではありません。

 

建築会社の人たちも一度に二階も同じ材料を使用することによって建てる大きなメリットがあります。

 

1階建ての単価を上げる要因

実際に1階建てを建てる時、20万円を想定しても不可能でなく、材料費も安価なものでなく、手抜き工事をされずに家が完成する場合もあります。

 

夫婦で住む家を作る場合には、それほど部屋数も必要ないでしょうし、このような感じで安く済む場合もありますが、家族が4人、5人いる場合には、このようにはまず行かず、それでも20万円で済んだと言うのなら、手抜き工事でも行われたと解釈するべきでしょう。

 

相場を知る

今大体1階建ての相場は30万円から50万円程度とて言われています。

 

今お話ししたように20万円で実現するケースもあるでしょうが、相場を知り、大幅にそれ以上安さを求めないということも、生涯住む家を作る上で大事なポイントと言えそうです。

 

なぜ1階建てを求めているのか

もう一度なぜ1階建てを求めているのかということを追求してください。

 

家族がいる時は普通の住宅、マンションに住み、子供さんが独立した後で夫婦がゆったりと1階建てを求めるというのも一つの方法です。

 

なぜ、2階建てでなく1階建てか理由を明確にしましょう。

 

平屋の坪単価は安いのかと言えば割高なのです。

注文住宅の総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。

注文住宅、平屋建てに関する記事一覧

 

セキスイハイムの平屋の値段についてしっかり調査をしましょう。セキスイハイムこそが平屋を建てる理想のハウスメーカーかもしれません。値段が安いのか高いのか知るということはやはり、私達に一番大事なことです。ただしあまり頑張って安い安いを意識しても、理想の家造りは期待出来ません。一階建て建築のための様々なプラン さて、セキスイハイムで平屋を建てる時には、大体どの程度の値段を意識しなければならないのでしょう...

 
 

段々とハウスメーカーが、一階建て建築に積極的になって来たという事実があります。それは、もちろん私達が一階建て建築を求めているからです。最近は、ダイワハウスも平屋建てを積極的にアピールしてきています。大和ハウスの平屋建ては、デザイン的にとてもオシャレなので、検討候補に入れたいと考えていますが、値段が気になる。。。ダイワハウスで平屋をダイワと言えば、知らない人はないと言われるほど大手のハウスメーカーで...

 
 

タマホームと言えば今コマーシャルでも一番評判な会社と言えるのではないでしょうか。ここで平屋を建てた場合、値段は一体いくら程度なのでしょうか。タマホームで平屋建築が一番いい方法ではないのかもしれません。私達は値段を比較して更に価格以上の充実した家作りを求めていかなければなりません。タマホームで平屋に挑戦!しかしやっぱり不安なのは値段の問題です。タマホームと言えばコマーシャルでもとても有名なので、この...

 
 

トヨタホームも最近とても元気のいいハウスメーカーです。このような業者で平屋を建てる時、やっぱり意識しなければならない問題は値段です。比較をしてみなさんに一番理想に叶う業者は何処かということを見つけてください。トヨタホームで平屋の実現、果たして値段の問題はクリアできるのでしょうか。トヨタホームで平屋 を建てる場合、大体値段はどの程度かかるものなのでしょうか。基準が判らないなかなかざっと見て、このハウ...

 
 

パナホームで平屋に挑戦しましょう。やはり私達の時代が一階建て建築を求めていると言えるのではないでしょうか。しかし私達が家を作る上で考えていかなければならない問題は、値段です。パナホームで平屋を建てる場合、私達はいくら程度の値段を想定しなければならないのでしょうか。さあ家を建てましょう!いろいろなハウスメーカーがあって、本当にみなさんはどのハウスメーカーに家作りをお願いしていいのか迷っていることでし...

 
 

ヘーベルハウスで平屋を建てたい。やっぱり私達は、メジャーなハウスメーカーで家を建てたいと思ってしまうものです。しかし値段が当然気になる問題です。ヘーベルハウス というメジャーなハウスメーカーで平屋を建てた場合、安い値段であげることは出来るのでしょうか。ヘーベルハウスで一階建て建築なぜみなさんは一階建て建築を求めていくのでしょうか。大体人間の心理として一階二階に人が住んで生活をしていることが気持ち悪...

 
 

ミサワホームで平屋 を建てる場合値段は一体いくら程度になるのでしょうか。理想の家を建てたい、その時大事な役割を持っているものがハウスメーカーです。ミサワホーム と言えば、誰も知らない人がいないほどのハウスメーカーです。ここで平屋を建てる場合、気になる値段は一体どの程度なのでしょうか。ミサワホーム は有名な大手ハウスメーカーです。このような会社で平屋建築をお願いした場合一体値段はどの程度なのでしょう...

 
 

一条工務店で平屋を・・・。果たしてその値段は。兎に角みなさんはいろいろな工務店、ハウスメーカーで比較をして、一番ベストな安い家作りを目指していただきたいと思います。一条工務店で平屋の値段は、果たして高いのか安いのか・・・、かつそこはいい家を建ててくれる会社なのでしょうか。いい家を建ててくれるのなら、高い価格であっても仕方がないと思うものの実際に本音は違います。私達はいい家を出来る限り安い価格で建て...

 
 

住友林業で平屋を。果たしてその値段はいくらになるのでしょうか。いろいろ先入観もあるでしょうが、やはり事実は努力しなければ見付かるものではありません。住友林業 平屋、そして他のハウスメーカーもしっかり調査をして、理想に見合う値段が実現出来るのか追求しましょう。住友林業で平屋を建てる場合私達はどの程度の値段を想定しなければならないのでしょうか。住友林業で平屋を建てる場合一番安い値段で実現出来るのかもし...

 
 

積水ハウスで平屋を建てたいと思っている人たちも多くいらっしゃるのではないでしょうか。積水ハウスと言えば一流企業なので、そのような会社に任せれば安全、安心です。でも平屋を建てる場合やっぱり割高か・・・。値段のことは当然気になる問題です。果たしてその値段は・・・。もっともっと理想を求めて追求しましょう。積水ハウスで平屋を建てたい・・・。でも値段は?工務店、ハウスメーカー全部が同じ価格を持っている訳では...

 
 

平屋4ldk なら一体どの程度の値段がかかるものでしょうか。いろいろホームページなどに書かれていますよね。具体的に自分のケースにあてはまるものを見つけることも難しいことかもしれません。しかし私達はそれでも目安を判断するために、平屋 4ldk 値段を是非とも把握しなければならないのです。綿密なプランを建ててこそ理想の家造りが実現します。自分のして欲しいことはしっかりハウスメーカーに伝える一生に一度二...

 
 

さあ平屋のリフォームです。高齢化社会に向かいバリアフリーも考えていかなければならない問題です。まだまだ平屋をリフォームしたいことが一杯。でも一番気になる問題は値段です。値段のことを追求すればひょっとしたら新築の方が安くつくということもあるのかもしれないですよ。新築にしようか、はたまた全体改装か、しかしこのようなことはケースバイケースであり、一言でこうと言えない問題です。子供が巣立ってしまった50坪...

 
 

平屋の3ldk を実現させたい・・・。でも私達はそれはどの程度の値段のものなのか、まずしっかり把握する必要があります。大体の相場のことを知り、その平屋3ldkの値段が高いのか、安いのか。更に深く理由を追求することもとても大事なことです。平屋がやっぱりいいという人たちがいます。1階建ての家も魅力は存在しています。1階建ての魅力コンパクトな感じも魅力の一つでしょう。庭や道路へも気軽な感じで出入りが出来...

 
 

平屋 坪単価は一体工務店に注文した場合いくら程度かかってしまうものなのでしょうか。まず工務店にお願いする前に、1階建てか、2階建てなのかということは真剣に考えなければならない問題です。本当に1階建ての方が安いか、高いと判らないと言う人たちが多いのです。工務店で の平屋 坪単価だけでなく内訳を見極める必要もあります。平屋 坪単価という工務店のチラシをよく見る人も多いでしょう。坪の単価とは家を建てると...

 
 

平屋の注文住宅を建てたい。その時気になるものは値段です。平屋注文住宅の場合2階建てよりも割高と言われています。でも努力をすれば理想の家を理想の値段で実現出来るかもしれません。まずは、そのノウハウをしっかりここで勉強していただきたいと思います。一階建て建築がいい2階建て2階建てと言っていた時代もあったのではないでしょうか。しかし段々とやっぱり一階建て建築がいいという傾向にもなって来たのです。ゆったり...

 
 

平屋は坪単価が高いと言われています。それはなぜなのでしょうか。それは、私達が平屋坪単価は安いという最初からの先入観があるからなのです。でも、蓋を開ければ高いと言うことで、かなりショックな思いをしている人たちも多くいらっしゃるのかもしれないですよね。平屋の坪単価が高いのはなぜか・・・、ちょっと深く追求してみましょう。1階建ては、2階建てと同じ部屋の広さ、部屋数を求めてしまうと、数倍屋根面積、基礎面積...

 
 

平屋の坪単価を比較するというのも正しい方法です。平屋 坪単価 は絶対的ではありません。相対的なものであり、比較することによって私達は段々と正しい判断も出来るようになってくるものではないでしょうか・・・。私達は真剣に家と向きあい、単体の単価に惑わされないようにしたいものです。平屋の坪単価はまず比較からスタート!1階建て建築を建てる時に坪単価を重要なポイントとしている人たちは多くいます。しかしそこに表...

 
 

間取りを失敗すると収納にまで影響が。平屋ならではの危険性住宅の仕様は好みによっても人それぞれあるのは承知の上で敢えて言います。平屋に勝る家はないと個人的には感じています。色々賛否両論ありますが、私はそれくらい平屋が大好きなのです。もちろん実家が平屋建てという理由もありますが、それだけではなく平屋の方が住宅としてのメリットが沢山あるのです。でも、そんな平屋も建築方法によっては失敗してしまうパターンも...

 
 

平屋だから失敗は許されない。家事動線は間取りが重要。間取りの失敗は、家事動線を見極められない場合に起こる事がほとんどです。特に平屋住宅の場合、間取りが同じフロアにしかありませんので、同じ場所に人が密集する可能性が高くなるのではと個人的に感じています。中でもキッチン、洗面所、お風呂場など特定の目的が偏るところで起こりやすいので、図面上でしっかり確認しておく必要があるのです。間取りを決めた段階で、しっ...

 
 

おしゃれな間取りは工夫が沢山。平屋が人気の訳はココにあるおしゃれな平屋住宅の考え方は人それぞれ。私のオシャレな平屋は、キッチンが広く、リビングの大きな窓から見える景色がとてもきれいで、採光も十分。中庭にはきれいな緑を沢山沿えておくことでリラックス効果も期待できるような住宅が理想的です。ですが、平屋住宅は何かと制限が多く、オシャレに気を使うにはそれなりに検討検証が必要になります。生活動線を一番に考え...

 
 

間取りのオススメはこれだ!長く愛する平屋にするには。近年の住宅市場ではやり始めてきた平屋建て住宅。階段が無い分、労働力が少なく、住宅自体が広く見えると人気が集まってきました。一般の住宅なら、一階がリビング、ダイニング、キッチンで二階には寝室や子供部屋という間取りが多いと感じますが。平屋は同じフロアに全ての部屋を設定するため、敷地面積の広さがポイントになるのは言うまでもありません。私個人的な間取りの...

 
 

20坪以下での平屋暮らし。決め手は間取りにあった。土地の事情などによっては、20坪以下の土地に住居を構える方も少なからずいます。20坪の場合、平米換算すると約65㎡となりますが、このくらいの面積だと、2LDKくらいの間取り、もしくは広めの1LDK位が理想的と言えます。平屋で1LDKなら老後の二人住まい、2LDKなら小さいお子様のいる3人から4人位までなら住居してもくにならないのではと考えています。...

 
 

平屋住宅なら気にかけたい水回り。間取りの注意点住宅を建築する際、設計段階で一番悩むのは水回りの配置なのではないかと感じています。水回りとしては、キッチン、トイレ、洗面所、お風呂、などが代表格ですが、どこに配置するかで住宅の完成後の生活動線がかなり変わってきてしまいます。特に平屋住宅の場合、上水の関係で上記に挙げた設備が同じ場所付近に集中しているケースがほとんどです。もちろん、これは水道の配管による...

 
 

間取り次第で開放感。平屋で余裕を持った子育てを。間取りを決める際に考える事は、現在の生活スタイルと、長い間住むことを想定し将来の事も見据えての設計になる事が主流なのではないかと感じています。平屋の場合、夫婦2人で暮らしている時は、自分たちの時間を有意義に使える様な室内設計でもいいのですが、子供を授かり、子育て期に入る時はそのままでは不便に感じる事がある様です。もちろん子供が増えてすぐという訳ではあ...

 
 

平屋住宅でも蔵の有無で快適さが変わる?間取りに取り入れたい。家族が増えれば据えるほど家に置く荷物は増える一方。対して住宅の収納を増やすことはなかなかできないのが現状です。特に平屋住宅の場合、広さを重視して建築するケースがほとんどで、収納まで気が回らないのが正直な所。もちろん多い方が収納ですが、同じ建屋の中に設計するとその分スペースが必要になり宅地面積も必要になるため、間取りも少し狭くなってしまいま...

 
 

窓にこだわる平屋はオシャレ。間取りから可能な窓を把握しよう平屋住宅には大きな窓があると、風通しも良くなり、光を確保するにも容易で安定していると感じています。大きな窓は、風や光だけでなく、バルコニーに続くドアの役目もあるので、間取りによっては必要不可欠な窓の設定になる事は言うまでもありません。もちろん住宅を窓だらけにしたいわけではありませんが、必要不可欠な窓を逆手に、インテリアに使う住宅も増えていま...

 
 

コンパクトな住宅でも平屋に妥協はしたくない。間取りで解決できるのか住宅を建築するなら、出来る限り広く、優雅に設計したいと誰しもが考えます。特に平屋住宅は尚の事。ですが広い家には広い家のデメリットが必ずあるもの。もちろんメリットもありますが、そのバランスはデメリットの方が大きく感じてしまうものです。私は住宅を建てるならコンパクトに、無駄なものはなるべく置きたくないという信条を持っていますので、建築す...

 
 

間取りを決めるなら風水も視野に入れて。平屋には必要不可欠。最近の住宅建築には風水も取り入れて間取りを決める方が少なくありません。特に風水は場所によっての色や方向などにこだわるパターンが多く見られます。間取りにも少し関わってきますが、まずは自分が一番愛せる住宅を設計するという事が最重要。中でも水回りには気を付けて間取りを決めたいものです。特に水を使う住宅の場所は、住宅における様々な気が集中している所...