平屋 値段 3ldk

MENU

平屋の3ldkだと値段は実際にいくら?

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

 

平屋の3ldk を実現させたい・・・。

 

でも私達はそれはどの程度の値段のものなのか、まずしっかり把握する必要があります。

 

大体の相場のことを知り、その平屋3ldkの値段が高いのか、安いのか。

 

更に深く理由を追求することもとても大事なことです。

平屋がやっぱりいいという人たちがいます。

 

平屋建ての家も魅力は存在しています。

1階建ての魅力

平屋建ては一度気に入ると、住みやすくて本当に良いと評判です。

 

地面や青空を近く感じたり、手を伸ばせば軒先に手が届きそうだったり。

 

また歳をとってくると、2Fへ上がるのは非常に困難ですよね…。

 

そんな時、平屋に住むんでいれば怪我もしないし、楽に生活できます。

コンパクトな感じも魅力の一つでしょう。

 

庭や道路へも気軽な感じで出入りが出来て、各部屋がしっかり繋がり、トイレ、バスへともすぐにアクセス出来ます。

 

本当に快適な環境というものを考えるのなら1階建てなのかもしれません。

 

人間がそもそも立体的構造を求めていないのです。

 

高齢化社会に向かい、バリアフリーのことなどを考えると、やはり平屋建てがいいという人たちが多いのが事実。

 

新築一戸建てはバリアフリー化のチャンス!』で書いているとおり、家の新築は、最高のバリアフリー化のチャンスなのです!

 

快適さを実現するにはコツが必要?

しかし、多くの住宅展示場を見てわかるように、新築住宅の段階で平屋建てになることはほとんどないようです。

 

希望の部屋数に対して敷地面積を計算すると、どうしても2階が必要になってくるからです。

 

お子さんがいる家族なら、どうしても子供部屋が欲しくなりますし、夫婦2人でもそれぞれ趣味部屋が欲しくなりますよね。

 

それに、大きなクローゼットがあるとやっぱり便利!

 

注文住宅の肝は収納、クローゼットの有効活用で、我が家は広々快適!

 

しかし、知恵を出せば平屋でも快適に過ごせるようになります。

 

例えば、足りない収納は屋根裏の一部をロフトにすれば荷物も置けるようになります。

 

ただし、これは自分と相性の良い設計者との出会いが必要になってくるかもしれません。

 

やっぱり1階建ての居心地の良さは設計者の腕によって作られていくようです。

光りは充分に取り込むことが出来るのか

1階建ての場合、光りが周りの住居によって遮られる可能性も実際には高いということなので、光りに対しての工夫も必要です。

 

上部に窓を設定して、そこから光りを取り込むような配慮も必要になって来ます。

 

他にも、中庭を作って光を取り入れるのも一つの手。

 

木をたくさん植えて、お気に入りのお庭を作るのも楽しいでしょう。

 

※採光にに関する知識をつけよう
注文住宅で平屋建てを設計する際に、採光に関する知識は不可欠なので、『注文住宅の失敗しないためのベストな採光とは?』を読み込んで確実に理解しておきましょう。

 

平屋3ldkの値段を調査!

あるハウスメーカーはとても安く家を建てることが出来ると評判です。

 

そしてその安い価格の割りにも大変住み心地がいいと評価を受けています。

 

でも、実際に坪単価が○○万円と言うものの、そのような額では建てることが出来なかったという声も多く聞きます。

 

そのハウスメーカーも安いことは安いのかもしれません。

 

ちょっと広告として出来るだけ安く謳い、お客様の関心を惹こうという思惑はあるようです。

 

実際に年配になって1階建てに関心を持つ人たちが多くいますが、本当にそのようなものなのでしょうか。

 

もう既に多くのハウスメーカーでは、みなさんが落ち着いた暮らしを求めています。

 

平屋建て建築を欲していることを察し、様々なプランを提供出来るようにもなって来ました。

 

実際に平屋建ては坪単価のコストが高いと言われています。

 

この安いと言われているハウスメーカーにおいて3ldk 26.16坪の値段はなんと775万円。

 

坪単価は約30万円で本当に実現出来るので、安いことは間違いありません。

 

限られた間取りを我が家のスタイルで!3LDK平屋でのプランニング

 

ミサワホームの間取りサイトが参考になる!

以前、平屋を探しに長野県、白馬村に訪れた時、ちょうどミサワホームが建てた平屋建てが売りに出ていたので見に行ったことがあります。

 

白馬村というリゾート地ということもあって、寒冷地仕様になっていて、とても暖かく過ごしやすい家だなーって感じたことを覚えており、ミサワホームのホームページを見ていたら、間取りを色々と見れるページがあって、かなり参考になりますね。

 

こういった感じで間取り集が見られます。

 

ミサワホームの平屋建て間取りイメージ
http://www.misawa.co.jp/hiraya/madori/index.html#HY0005

 

他にも何パターンもの間取りを確認することが出来ました。

 

ミサワホームはとても良い「家のつくり手」ですから、言うまでもなく最高の平屋建てを建ててくれることでしょう。

 

ミサワホームについては、私もかなり深く研究していますので、こちらの記事を読んでもらえばかなりの知識を手にして頂けると思います。

 

※ミサワホームの魅力を存分に調査しました。
ミサワホームについて徹底的に調査し、見えてきた真実を48記事にわたって書き綴りました。
ハウスメーカー選びに失敗しないためにも、まずは、『ミサワホームは低めの価格帯ながら独自の技術が満載で最高のクオリティだった!』から読んでみて下さい。

 

そして、もう1つ。

 

私が参考にしているのが海外の家を紹介しているサイト。

 

日本にはない、自由なデザインと明るい色使いなど、とっても参考になります。

 

例えば、こちらのお家

https://www.remax.com/realestatehomesforsale/15992-ranch-house-road-chino-hills-ca-91709-gid100002759310.html

 

建物の外観は、優しい色使いで心地良く過ごせそうです。

 

周囲に浮かないことも、長く住む家には必要だと思います。

 

そして、家の家具や内装はスモールラグジュアリーな雰囲気。

 

センスの良いプチホテルっていう感じが気に入っています。

 

おしゃれな平屋を感がている方は、ぜひ参考にしてみてください。

平屋で3LDKの値段は1,000万円程度から

ローコスト系のメーカーで考えるなら1,000万円~、これが3LDK・平屋の値段。

 

収納を強くしたり、高価格帯のメーカーに依頼すると、値段はやはり高くなってしまいます。

 

3LDKの平屋、長く住んで元は取りたいものですよね。

夫婦と子ども2人で暮らすならば

夫婦と子ども2人という家族が一軒家を持つならば、、、。

 

夫婦の寝室として1部屋、子どもに1部屋づつ、3LDKが理想の間取りとなるでしょう。

 

少しでも敷地に余裕があると部屋数を多くしたくなるものです。

 

しかし、部屋数は少ないほうがメリットは多くなるもの。

 

なぜなら、廊下や壁といった居住とは関係ないスペースを可能な限り減らすことができるから。

 

そして、オススメはやっぱり平屋。

 

階段という非居住の空間がなくなりますし、長い間住むという条件を加えて考えると、足腰が弱った頃のことも考慮すべき。

 

家の中の最大の障害となりうる階段はない方が、後に住みやすい間取りとなって来るのです。

 

加えて、コミュニケーションのとりやすさ。

 

それぞれの距離が近い、そんな平屋は仲の良い家族をつくる上でも重要な条件なのです。

 

こんな風に考えるならば、平屋で3LDKという間取りは、夫婦と子ども2人が暮らしていくのにちょうどいい。

 

それぞれの部屋に6帖、LDKに10帖と考えると必要な広さは最低でも20坪。

 

ただし、この場合は大きな収納をしつらえるなど余裕はありません。

 

注:注文住宅を立てる上で、収納に関する間取りの知識は必要不可欠
失敗しない収納に関しては、『注文住宅の肝は収納、クローゼットの有効活用で、我が家は広々快適!』で解説しているので、あわせて確認しておいてください。

 

それぞれの部屋の広さやウォークインクローゼットなど、余裕のある間取りを考えるならば30坪は欲しいところ。

 

ならば敷地面積は最低でも40坪は欲しいところとなってきます。

工夫をすると跳ね上がるのが坪単価

さて、悩ましいのが敷地面積に余裕が無い場合。

 

居住スペースを重視しますからどうしても収納が弱くなる、20坪程度の建坪にロフトなどの収納をしつらえたくなります。

 

そんな場合に跳ね上がるのが、坪あたりの値段。

 

例えばロフトとか、ミサワホームが得意にしている「蔵」だとか。

 

これらを造り付けるとなると、通常の坪当たりの値段の半分程度の値段はかかってきてしまうもの。

 

加えて、平屋の場合乏しくなってしまいがちな開放感や視線の変化。

 

こちらを演出するのに天井を高く取ったり、床を掘り下げて使ったり。

 

こんな風に凝ったことをすると、当然値段は跳ね上がってきてしまうのです。

 

坪単価については、こちらの動画でかなり深く知ることができます。

 

 

値段は1,000万円ぐらいから

まあ、ローコスト系の住宅メーカーで平屋の3LDKの値段を考えると、1,000万円ぐらいから。

 

上を見だすときりがないですが、坪単価が高いことで有名な住宅メーカーに任せると、値段は2,000万円中盤程度。

 

こんな風に考えることができるでしょう。

 

近年のトレンドで考えると、初期投資を多めにして将来的なメンテナンスコストを抑える。

 

こんなふうに考えると2,000万円弱程度の値段は覚悟しなくてはなりません。

 

2,000万円台の新築一戸建ては、こだわりの部分を一点集中で

 

決して安くはない買い物だけに、後考えることは、どれだけ長く住み続けるか。

 

そのためにも、最初の間取りが重要なのです。

タマホームの実例から平屋3ldkの価格とオーナーの声をチェック

タマホームのホームページで紹介されている、3ldkの平屋のお家がとってもステキだったのでご紹介します。

 

建築費は1,550万円。平屋の3ldkにしては少し高めの価格かな…と思いましたが、それだけご家族の想いがしっかり詰まったお家です。

 

こちらのお宅は、8歳と5歳の娘さんがいて、よく友達が遊びにくる「人が集まるお家」だとか。

 

なんと廊下や収納をできるだけ少なくして、建物を敷地に合わせたS字形状にすることでよりシンプルに合理的な生活ができているそうです。

 

大空間&曲がった形にすることで、きっと子どもたちが元気に走り回っているんでしょうね!

 


http://www.tamahome.jp/voice/feature_01.html

 

そして、もう1ついいな!と思った点が、リビングの天井に作られた化粧梁。

 

白くてスタイリッシュな空間に茶色の化粧梁を持たせることで、古民家風のアクセントになっていました。

 

空間を化粧梁でドレスアップする、そんなイメージですね。

 

これなら、その化粧梁を利用すればケーブルなどの配線も隠すことができますし、実用性もアップするのではないでしょうか。

 

平屋でも注文住宅なら「ここまでオシャレになるんだ!」と驚きです。

3LDKの平屋の相場、きちんと知ることで失敗しない家が建てられそうだと感じた(30代:主婦)


「平屋に住んでみたいな」と漠然と思ってはいても、購入しようと実際に行動を起こす人はどのぐらいいるでしょうか。

 

憧れはあっても、「平屋は二階建ての家よりも明らかに高い」

 

「広大な土地が必要になる」

 

との思いから、諦める人もいるかもしれませんね。

 

もちろん、安いに越したことはありません。

 

でも、正確な相場を把握するためにも、いろいろなハウジングメーカーが扱っている平屋の情報を集めることは必須ですね。

 

同時に、坪単価いくらという数字だけを見て判断しないで、光が取り込めるかどうかも確認しないといけないのですね。

 

バリアフリーにも対応し、子育て世代にとっても階段からの落下事故が防げるので平屋はおすすめですよね。

 

そのほか、これだけは事前に確認しておいた方が良いというポイントがあったら、また詳しく教えていただきたいなと思います。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

注文住宅の総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事

セキスイハイム平屋の値段、調査結果発表!
有名なダイワハウス、平屋の値段はいくらくらい?
タマホームだと平屋の価格が500万!?本当にこの値段でできる?
トヨタホームで平屋を建てる時も、やはり値段は重要!
パナホームで平屋を建てる場合、その値段は・・・?
ヘーベルハウスの平屋建て、値段の相場は?
ミサワホームの平屋建ての値段を大解剖!
一条工務店の平屋の値段はどの程度?
住友林業平屋って高い?平屋建てる場合の値段とは…
積水ハウスなら、平屋の値段はどのくらい?
平屋の4ldkを建てるなら、どのくらいの値段になる?
平屋をリフォームする場合、値段は一体いくら?
どちらが得?平屋か2階建てか工務店で坪単価を比較
気になる平屋の注文住宅の値段はいくら?
平屋は坪単価が高いって本当?
しっかりチェック!平屋坪単価を徹底比較
間取りを失敗すると収納にまで影響が。平屋ならではの危険性
平屋だから失敗は許されない。家事動線は間取りが重要。
おしゃれな間取りは工夫が沢山。平屋が人気の訳はココにある
間取りのオススメはこれだ!長く愛する平屋にするには。
20坪以下での平屋暮らし。決め手は間取りにあった。
平屋住宅なら気にかけたい水回り。間取りの注意点
間取り次第で開放感。平屋で余裕を持った子育てを。
平屋住宅でも蔵の有無で快適さが変わる?間取りに取り入れたい。
窓にこだわる平屋はオシャレ。間取りから可能な窓を把握しよう
コンパクトな住宅でも平屋に妥協はしたくない。間取りで解決できるのか
間取りを決めるなら風水も視野に入れて。平屋には必要不可欠。
正方形の平屋は狭い?広く利用する間取りとは。
同居を住宅を平屋で考える。将来を見据えた間取りに。
平屋住宅でもデメリットを拭い切れ!住みやすい間取りを検証
和風の平屋も洋風に。間取り次第で脱和風を叶える。
平屋住宅に吹き抜けは必要?間取りから見る必要性
こだわりを出さなきゃ損。間取り自由な平屋だからできる贅沢プラン。
メリット沢山!平屋だからできる間取りを実現せよ!
平屋でも北欧住宅に住みたいと願いを叶える間取りは?