平屋 間取り おすすめ

MENU
 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
間取りのオススメはこれだ!長く愛する平屋にするには。

近年の住宅市場ではやり始めてきた平屋建て住宅。

 

階段が無い分、労働力が少なく、住宅自体が広く見えると人気が集まってきました。

 

一般の住宅なら、一階がリビング、ダイニング、キッチンで二階には寝室や子供部屋という間取りが多いと感じますが。平屋は同じフロアに全ての部屋を設定するため、敷地面積の広さがポイントになるのは言うまでもありません。

 

私個人的な間取りのおすすめは、個室は控えめに、リビング、ダイニングには十分な面積を与えると過ごしやすいと感じています。

 

余裕があれば各部屋に十分な面積を取りたいですがなかなか難しい現実。

 

後に家族が集まる空間でもあるので、その必要性は計り知れません。

 

寝るだけの部屋を広く取るより、家族が集まる部屋に重点を置き、皆に愛される平屋にしたいですね。

 

間取りで運命が変わる?平屋には家相も取り入れて。

受託の間取りによって、家そのもの、はたまたその家に住む住人までも運勢が変わってしまうかもしれないと言ってしまうと、いささか信じがたいかもしれませんが、家相によって住宅の運命は大きく変わってしまうものです。

 

鬼門や、裏鬼門の方向などは有名で北東や南西などは以外に忌み嫌われているのは事実です。

 

特に平屋などは、住宅環境建築条件などによって、なかなか全てにこだわれない事実ももちろんあります。

 

細かい所まで気にしてしまうと、家相を気にするあまり自分たちに合った住宅にたどり着くのにかなりの時間を要することになります。

 

私は家相も言われたら必死に気になりますが、恐らく言い出したらキリがないな、と半分割り切ってしまうでしょう。

 

もちろん、家相が悪いのは気持の上でもいい気はしないので、ある程度考えますが、そこを気にするあまりストレスになってしまっては元も子もありませんから。

 

代表的な部分と、どうしてもと言った所は押さえておいて、あとはできる範囲で十分家相もイイ住宅が出来上がると感じています。

 

平屋住宅は介護向き?間取り一つで変わる快適さ

一般的に平屋住宅は介護している側もされている側にも有利だと聞きます。

 

基本的に住宅内に大きな階段が無い事から、お年寄りになっても上り下りの作業が無いだけで、かなり体力的に楽な住宅だと言えます。

 

それは介護にも言える事の一つで、車いすなど段差が大きな障害になってしまう方にはとても魅力的な住宅なのです。

 

段差以外にも、扉を引き戸ではなく左右へのスライドドアにすれば、開閉面積も節約出来るし、壊れにくいので年齢を重ねてからも楽に生活が出来る住宅と言えます。

 

これからの日本は少子高齢化社会に突入する日本では、間取りを将来の介護生活も視野に入れて住宅を設定していかないと、高齢になった時、する方される方も困難な住宅にならない様にしないといけません。

 

間取り一つで変わる家事動線。平屋ならではの知恵とは。

大切な住宅の設計段階で一番気にしなくてはいけないのは間取りなのではないかと常々感じています。

 

というのも、ある程度の間取りって一般的には似たり寄ったりですでに決まっている事の方が多いですが、自分だけのこだわりを出す注文住宅なら、尚更間取りにこだわるのは鉄則だと個人的には感じています。

 

特に最近流行りの平屋住宅などは、二階建て住宅と違い、同じフロアに色んな部屋を設定するため、ゴチャゴチャしてしまいがちなのですが、間取りを少し工夫することで、そんなお悩みも解決出来てしまうのです。

 

特に注意が必要なのは家事動線。

 

同じ部屋に何人か入る事を想定し、人と人とがぶつからない様にしなくてはいけません。

 

家事動線を制する者は平屋を制すと言っても過言ではない位、大切なのです。

 

北玄関は無謀?平屋の間取りで注意したい点とは。

住宅を建築する時、嫌われるのが北玄関。

 

中にはあまり気にされない方もいると感じますが、気にされる方の方が多いのではという印象を受けています。

 

北玄関は水はけが悪いとか、鬼門だとか言われる方ももちろんいますが、建築的に北に玄関を設定しなくてはいけない状況ならもはや仕方ないのでは?と感じてしまいます。

 

玄関が北だからといっても工夫っすれば水はけは良くできますので一丸に嫌う必要性もありません。

 

平屋住宅などは北玄関を避けるあまり、間取りに制限が出来、余計なお金がかかってしまう方が、よっぽど意味のがありません。

 

もちろん住居環境によっても違うでしょうが、気にしすぎるのはあまりにも滑稽に感じてしまうのです。

 

一つの事に捉われるより、トータル的に見た時のバランスや、譲れない事、物などを優先して考えるとまた愛される住宅が出来上がるのではないかと個人的には感じています。

 

平屋に無理なキッチンは禁物。間取りで決める快適性能

一日の中で何度も足を踏み入れるあろうキッチン。

 

私の料理は好きですのでキッチンには並々ならぬこだわりを強く持っています。

 

もちろんみんなが使いやすいキッチンが一番ですが、なかなか人間そうはいきません。

 

特に平屋建て住宅の場合、同じフロアに何部屋も設計しないといけないので、間取り的にキッチンだけに十分なスペースを確保するのが難しい場合もあるのです。

 

私ならリビングダイニングをなるべく住宅の中央に設定し寄り添うようにキッチンを設定します。

 

あまり主張しすぎるキッチンもどうかと感じますので、あくまでも謙虚に。

 

使い勝手は話が変わってしまいますが、余計な機能は付けたくありません。

 

収納が沢山あって尚且つ、きれいにされているキッチンは、お客様が来ても良いインテリアの一つとして効果を発揮してくれそう。

 

みんなが集まるキッチンなんて素敵すぎますね。

 

平屋は狭小住宅向きじゃない。理由は全て間取りに隠されていた

近年の日本の住宅環境は、年々土地が限られてきて、都心や繁華街、住宅密集地などでは狭小住宅も良く見かけるようになりました。

 

二階建てだけではなく、三階建て、中には4階建てなんていう住宅も存在します。

 

もちろん限られた土地を有効的に使おうとする狭小住宅の利便性は解るのですが、平屋住宅を狭小スペースに設置するのは少し無理があると感じています。

 

というのも、そもそも平屋住宅は土地ありきで考えなくてはいけません。

 

同じ階に4部屋5部屋と間取りを設定する訳ですから、必然的に広さが必要になってくるわけです。

 

狭小スペースに無理をして平屋住宅を建てる良り、その土地に合った利便性を生かした住宅を建築した方がとても効率が良く、合理的なのではないかと個人的には考えています。

 

北向きは平屋に不向き。間取り一つで快適空間を手に入れろ。

住宅の間取りを決める時、北向きを進めてくる人はなかなかいないと感じます。

 

北向きの住宅で一番嫌われる理由として、日当たりの強弱の問題が挙げられます。

 

特に平屋住宅の場合、部屋に光を取り込まないと、部屋の温度が上がりづらく、一日を通して少し寒い住宅になってしまう恐れがあるのです。

 

一般的に南向きの窓が一番照度は高く、一日を通して安定的に光が差し込んできますが、朝、昼、夕、と時間帯によってばらつきがあるのも事実です。

 

北向きは嫌がられますが、バスルームやトイレなど北側に設定しても何も問題は無いと考えています。

 

少し冷えますが生活する上では特に不自由さは感じないレベルなのでは、と個人的には感じています。

 

むしろ北向きであることで、柔らかな光が一日安定しているので、日焼けしたくない、暑がりな方には北向きの方がイイのではないかとすら感じてしまうのです。

 

北側道路も悪くない?平屋だからと言って臆することなく間取りを決める

メイン玄関が北側道路だからといって、何も臆することはありません。

 

世間では水はけが悪いとか、日当たりが良くないとか言われている事も多々ありますが、悪い所ばかりではないのでは、と感じています。

 

出来ればメイン道路の逆側に玄関があるのが理想的ではありますが、何も無理する事は無いのでは?

 

むしろ平屋建てなどの場合、私なら北側に玄関を設定し、南窓を邪魔しない様にしたいとすら考えています。

 

同じ南側に玄関があっては来客に部屋が丸見えですし、何しろ落ち着きません。

 

スマートな間取りを設定するために、少しのデメリット位なら我慢できると私自身は感じています。

 

ただ、妥協ではなく、出来る限り間取りの工夫をして最終的にというのが理想的。

 

あらゆる角度から見て検証した結果には、きっと納得がいく住宅が出来上がっているはずですから。

 

工夫を凝らして間取りを決めよう。平屋ならではの愛され住宅

同じフロアに部屋を集結させる平屋建て建築は二階建て、三階建てと違い間取りにかなり気を遣わなければいけません。

 

一階、二階と空間を分ければ、それぞれにテーマを決めやすいですし、おおよその想像もつきやすいのではとそれぞれのメリットがあるのです。

 

最近住宅を探し出した私も、平屋住宅によく目が行くのですが、その中で気が付いた事があります。

 

それは、どの平屋住宅も同じ間取りが無いという事。

 

一般的な住宅なら、建売りなどの影響もあってか、同じような間取りを良く目にするのですが、平屋住宅はなかなか同じような間取りが見られないのです。

 

中でも平屋住宅はそれぞれに工夫が凝らされていて、どれも独特な雰囲気を持つものばかり。

 

限られた面積を十二分に活用するため、思考が凝らされた住宅なら一生飽きずに済めること間違いなしです。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

注文住宅の総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事

セキスイハイム平屋の値段、調査結果発表!
有名なダイワハウス、平屋の値段はいくらくらい?
タマホームだと平屋の価格が500万!?本当にこの値段でできる?
トヨタホームで平屋を建てる時も、やはり値段は重要!
パナホームで平屋を建てる場合、その値段は・・・?
ヘーベルハウスの平屋建て、値段の相場は?
ミサワホームの平屋建ての値段を大解剖!
一条工務店の平屋の値段はどの程度?
住友林業平屋って高い?平屋建てる場合の値段とは…
積水ハウスなら、平屋の値段はどのくらい?
平屋の4ldkを建てるなら、どのくらいの値段になる?
平屋をリフォームする場合、値段は一体いくら?
平屋の3ldkだと値段は実際にいくら?
どちらが得?平屋か2階建てか工務店で坪単価を比較
気になる平屋の注文住宅の値段はいくら?
平屋は坪単価が高いって本当?
しっかりチェック!平屋坪単価を徹底比較
間取りを失敗すると収納にまで影響が。平屋ならではの危険性
平屋だから失敗は許されない。家事動線は間取りが重要。
おしゃれな間取りは工夫が沢山。平屋が人気の訳はココにある
20坪以下での平屋暮らし。決め手は間取りにあった。
平屋住宅なら気にかけたい水回り。間取りの注意点
間取り次第で開放感。平屋で余裕を持った子育てを。
平屋住宅でも蔵の有無で快適さが変わる?間取りに取り入れたい。
窓にこだわる平屋はオシャレ。間取りから可能な窓を把握しよう
コンパクトな住宅でも平屋に妥協はしたくない。間取りで解決できるのか
間取りを決めるなら風水も視野に入れて。平屋には必要不可欠。
正方形の平屋は狭い?広く利用する間取りとは。
同居を住宅を平屋で考える。将来を見据えた間取りに。
平屋住宅でもデメリットを拭い切れ!住みやすい間取りを検証
和風の平屋も洋風に。間取り次第で脱和風を叶える。
平屋住宅に吹き抜けは必要?間取りから見る必要性
こだわりを出さなきゃ損。間取り自由な平屋だからできる贅沢プラン。
メリット沢山!平屋だからできる間取りを実現せよ!
平屋でも北欧住宅に住みたいと願いを叶える間取りは?