イシンホーム 平屋

MENU

イシンホームで平屋を建てると価格も坪単価も低めでOK!

イシンホームはローン負担ゼロで家が建つ?

 

しかし実際は価格も坪単価も付いており、平屋で試算すると坪単価は55万円~程度。

 

低めの価格・坪単価にはなっているのです。

 

お得な平屋ならイシンホームを検討するのもよさそうです。

 

ローンがゼロで建つ住宅とは?

うまい話には裏がある、、、日本にはこんな言葉が昔からありますね。

 

いい顔をして寄ってくる人間には大抵、何らかのたくらみがあるというのです。

 

そういえば、太陽光発電がゼロ円で付くなんていうシステムを売りにしている。

 

そんな大手住宅メーカーがありました。

 

、、、まあ、いくら調べてみても裏なんかなかったのですが。

 

そして、ゼロ円で調べていたら、まあすごい住宅メーカーを見つけました。

 

こちらのセールストークは「ローンゼロ円住宅」。

 

太陽光パネルがゼロ円で付いてくる仕組みは理解しましたが、ローンがゼロ円って。

 

この価格にはさすがに何かあるのではないか?

 

これを提唱しているのが、岡山県に本拠地を持つ「イシンホーム住宅研究会」。

 

さて、本当にそんな価格で住宅が建つのでしょうか?

 

ローンがゼロだから価格がゼロというわけではない。

イシンホーム、気になるのが坪単価ですが、ローンがゼロ円ですから、坪単価もゼロ円です。

 

というのは、まあ広告上の謳い文句、実際にゼロ円で家が建つわけがない。

 

当然、住宅に価格は付いていますし、それを支払わなくてはいけません。

 

からくりは高性能の太陽光パネルを敷き詰めれば、売電収入でローン分はまかなえるかも「しれませんね」、という考え方。

 

実際の坪単価は50万円台といった所、まあローコスト系の住宅メーカーらしい坪単価です。

 

これが平屋になると、若干高めとなりますから坪単価は55?60万円といったところか。

 

イシンホームのサイトには平屋の建築例が3つほど挙げられていますが、まあ外観から伺える印象は普通な感じ。

 

特にローコスト系だからといって、全部同じようなデザインということもありません。

 

モダン系の陸屋根のものや、片流れの大屋根に太陽光パネルを載せたものなど、バリエーションも豊富です。

 

ローンが軽くなる、そんな可能性も?

さて、ローンゼロ円の話に戻ります。

 

イシンホームがローンゼロ円住宅で想定している太陽光パネルの発電量は30kw、、、これって相当広い面積です。

 

計算すると60坪って、これは相当な大豪邸。

 

加えて、平屋の話をしていますから立地条件によっては太陽光が充分に当たらない可能性がある。

 

もっというと、イシンホームは岡山県の会社、日本でも有数の日照時間が計算できる地域です。

 

太陽光発電に向いている地域ばかりかというと、全然そうではないはずです。

 

さて、これらの話を総合するとローンゼロ円で平屋は無理、という結論が出てしまいます。

 

しかし話自体には裏はありませんし、ホームページ上でも正直な所を語っています。

 

イシンホームで低めの価格で住宅を建てる、省エネ生活を目指して、少しでもローンを軽くする。

 

こんな考えならば、イシンホームを選ぶのもアリではないか?

 

実際に、内容から見る価格や坪単価は低めですし、上手く行けばローンも軽くなるかもという希望は持てますからね。

一風変わった低価格アピール、イシンホームの作戦のようです

イシンホームのホームページには、一風変わった低価格アピールが数多く見られます。

 

低価格、これは嬉しい事なのですが問題はそれ以上の価値があるかといこと。

 

イシンホームはそのことに特に自覚的なようで、、、。

 

知名度が低いからこその、この価格

始めてイシンホームという名前を聞いた時に、ん?どこのマイナー住宅メーカーだ?

 

などと、非常に失礼なことを考えていまして、、、調べてみると、地元にもイシンホームが見つかるという。

 

でも考えてみればこの知名度の低さは、それだけ全国版のCMをガンガン流していないからなのです。

 

また、知名度が高い=いい住宅を建てるメーカーだとは、絶対にならない。

 

顧客の立場で考えてみると知名度の高さよりも、造る住宅の信頼性だと思いますし。

 

その点、イシンホームはよさそうな感じがします。

 

というのも、大手住宅メーカーが年間かけている広告宣伝費はいったいどれぐらいなのか?

 

そして、そのおかげで一件あたりの価格がどれぐらい高くなっているのか?

 

よく小規模な工務店が「ウチは広告宣伝はおこなっていないから、いい家が安く建つよ」。

 

とか「芸能人のCMのギャラ払うために家を建てているみたいなものですよ」。

 

こんなことをいっていますが、それと同じことがイシンホームにもいえるのではないでしょうか?

 

しかも、地元にあるイシンホーム、これフランチャイズではないですか。

 

フランチャイズ展開ができるということは?

フランチャイズで全国展開をおこなっている。

 

つまり、イシンホームの経営姿勢や独自のノウハウに魅せられたたくさんの工務店があるということ。

 

それだけ、同業他社を納得させる物を持っていると考えることができます。

 

実際に、イシンホームの工法は木造軸組を基本にしながら、独自の金物を用いるなどしたオリジナル性の高いもの。

 

これにより耐震性や耐久性、断熱性や気密性を高いレベルで保っているのです。

 

低価格のアピールに力を入れています

そして、気になるのが価格なのですが、、、これがローコスト系に分類したくなるぐらいに安い。

 

ホームページによると、大容量ソーラー発電が初期費用0円とか、月々2万円でマイホームが建つとか。

 

さらにはローン0円住宅とか、低価格アピールに力を入れています。

 

独自の工法を用いて高性能の住宅を、低価格で建てている。

 

そのレベルは同業他社がフランチャイズに加盟したくなるレベルで高い。

 

そして、外観の写真を見る限り非常にバラエティに富んだ商品ラインナップを持っている。

 

さらには、太陽光パネルの導入ゼロ円だけでなく、ローン0円などという衝撃的なうたい文句も持っている。

 

ん?段々、イシンホームに惹かれてきませんか?

 

低い価格で高い満足、住宅だけでなくこれは全ての製品に望まれること。

 

イシンホームが実際にそうなのかは、住んだ人のみわかることではあるのです。

 

しかし、そのレベルを目指している住宅メーカーであることは、間違いなさそうなのです。

過去には低坪単価をアピールしていたイシンホーム

今でこそ、そうではないのですが、イシンホームも以前は低坪単価をアピールするメーカーでした。

 

低い坪単価をアピールしないと誰も見向きもしないから、イシンホームのような新興メーカーならしょうがないのかもしれません。

 

ルイ・ヴィトンに見る価格戦略

MHLVという、リシュモングループと双璧をなすブランドの大帝国があります。

 

中核のブランドはいうまでもなくルイ・ヴィトン、世界で最も成功したブランドと言ってよいでしょう。

 

なぜ、あそこまで成功できたのか?高いブランドイメージを保ちつつ、大衆化に成功したからです。

 

コレクションラインやオーダーメイドラインを発表しつつ、定番ラインを売りまくる。

 

コレクションラインと比較して安価といっても、定番ラインも充分高価。

 

それでも、一般人の手が出せないほど高価というわけでもない、練りに練られた価格戦略。

 

すっごいなあ、と思うのですがこれは、別次元なほど高価なコレクションラインがあってのこと。

 

そして、元々貴族階級だけのものだった高級鞄メーカーのルイ・ヴィトンの出自あってのことなのです。

 

認知度が低いメーカーが取るべき戦略とは

さて、ルイ・ヴィトンがこんな戦略を取れるのも、今まで積み上げてきたブランドイメージや認知度があってのこと。

 

認知度の低いブランドでは、このようにはいきません。

 

特に安心や信頼を売るような住宅メーカー、それも新興のメーカーならばどうなのか?

 

高い商品を販売しても誰も見向きもしないでしょう。

 

ですからイシンホームのような住宅メーカーは低価格戦略を取らざるを得ません。

 

「ローン0円住宅」とか「20年間で最大約700万円の収入」とか、、、。

 

よくある低坪単価と一味違うもの、低価格のアピールをおこなっています。

 

そして、今では鳴りを潜めていはいますが以前は「坪単価30万円台」から。

 

こんなアピールもおこなっていたのです。

 

低坪単価を最初はアピールするしか!

経済的な負担が少ないとか、儲かるとか。

 

坪単価が低いとうたいながら、オプションが満載になった結果、高価な坪単価になってしまうとか。

 

それもこれも、新興の住宅メーカーだからしょうがないのかもしれない、そんな風に考えたりするのです。

 

イシンホームがいきなり高価な住宅を販売したからといって誰が興味を惹かれるでしょうか?

 

イシンホームをそれなりに研究している人ならば、高い坪単価以上に価値のある住宅を造っているに違いない。

 

と、理解してくれるかもしれませんが、イシンホームと馴染みがない人々からは高い坪単価をアピールしてしまうと問題がある。

 

興味をもつ前に手が出ないと判断してしまい、見向きもしてくれないでしょう。

 

イシンホームの坪単価は40万円中盤からといったところのようです。

 

完全にローコスト系の価格帯になっている、しかし様々な工夫が凝らされている。

 

これこそがイシンホームの真骨頂ではあるのですが、まずは低坪単価アピール。

 

そうしないと、誰も食いついてくれないですからね。

注文住宅の総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。

↓の記事も読むと、イシンホームの魅力が深く分かります。

 

業界団体から表彰を受けるなど、イシンホームの評価は非常に高いものがあります。一方で消費者からの評価については疑問が残るのですが、イシンホームは検討する価値がある住宅メーカーなのは間違いなさそうです。業界からは高い評価を得ているイシンホーム住宅の評価は何で決まるか?非常に難しいところです。そして、イシンホームに何を望んでいるか?これによっても大きく評価は左右されるのではないでしょうか?ローコスト系に...

 
 

イシンホームの謳い文句に「ローン0円住宅」というものがあります。非常に惹かれるフレーズなのですが実際はどうなのか。本当に0円住宅なのか?実際に住んでいる人たちの実績、イシンホームのHPにたくさん掲載されているのです。住宅ローンがゼロになるという話です自身の両親と同居している友人に言わせると、住宅ローンほど、バカバカしい物はないようで。「20年ローンとか30年ローンとか、懲役じゃないんだから、、、」...

 
 

1,000万円では難しそうですが、1,000万円台で面白そうな住宅が建つのがイシンホーム。太陽光パネルの設置が0円だったり、月々の返済額を2万円台におさえたり。イシンホームならではのプランが色々そろっていそうなのです。1,000万円では難しい?ローン0円プラン1,000万円の住宅をイシンホームで建てるとする、坪単価を50万円と計算したならば20坪。延床面積が20坪となるとちょっと一戸建としては厳し...

 
 

3,000万円といえば住宅の建築費用・全国平均に近い額。この3,000万円をイシンホームにまかせると、どのような一軒が建つか?得意の太陽光パネルはもちろん、動線や収納などイシンホームならではのノウハウが満載のものが建ちそうなのです。3,000万円は住宅一軒として平均的な価格最高はもちろん東京都の3,836万円、最低が青森県の2,719万円、全国平均は3,226万円、これらは住宅一軒の平均価格。「住...

 
 

商品のラインナップでも分かる通り、イシンホームはユニークな住宅メーカー。35坪、40坪といった限られた延床面積も充分に活用できるアイデアが豊富です。ちょっと手狭と感じない35坪、40坪、イシンホームはどのように提案してくれるのでしょうか?イシンホームならではのノウハウとは?35坪、40坪といえば、日本の住宅の平均的な広さ、間取りでいうならば4LDKがぴったり来る所。子ども2人に夫婦という、実にスタ...

 
 

イシンホームの住宅設備には35年保証がついている。とはいうものの、実態は損保だったりするのです。しかしイシンホームのようなハイテク設備満載だと、35年保証は頼もしい限り。損保にせよ保証にせよ、確認はとりたいところです。長期保証とはよく耳にしますが「60年長期保証」など非常に耳ざわりがよい、長期保証を売りにしている住宅メーカーがあります。しかし、60年間放っておいても問題なく住めるという意味ではあり...

 
 

在来工法を独自の工夫により強化したイシンホームの構造、3階建てもカンタンに建ってしまいます。加えて、イシンホームならではの間取りの工夫、3階建てどころか2階建て5層なんというものも手がけているのです。全国展開には必須の3階建てCMをあまりというか、全然見かけたことがないからでしょうか、イシンホームの知名度はあまり高くはありません。ひょっとすると、本拠地の岡山では、高い認知度があるのかもしれませんが...

 
 

スタンダードな4LDKや5LDKといった間取りもイシンホームの手にかかると非常に斬新なものとなる。4LDK、5LDKに一工夫で、より使いやすく住みやすくなるイシンホーム。もちろん太陽光発電も充分だったりするのです。4LDK、5LDK。スタンダードな間取りです土地の広さと空気の旨さぐらいしかセールスポイントがない田舎へいくと、、、。あ、気を悪くしないで欲しいのですが、私が住んでいるところの話ですよ。...

 
 

住宅の空気環境が気になる、そんな場合はイシンホームに搭載される換気システムを考えて見てください。例えばpm2.5。非常に小さい粒子で除去が難しいのですが、このpm2.5を大幅除去可能。これもイシンホームの工夫の一つです。どこに住んでいようとも、空気環境は気になるもの衛星放送をよく視聴しているのですが、CSってスポンサー集めに苦労しているのでしょうか?通販のCMばかり流れて、興味がないにもかかわらず...

 
 

q値、c値といったマニアックな数値に注目が集まっています。そしてイシンホームはどちらもハイレベルな数値を出しているのです。その理由は、イシンホームが建材などを厳選しているから。まあq値、c値だけで、家の性能がわかるとも思えないのですが。q値やc値にとらわれ過ぎるのも住宅の断熱性や気密性が意識されるようになって以来、q値やc値というマニアックなところも注目されるようになりました。住宅メーカーによって...

 
 

アパートに住み続けるか、一戸建を購入するか。その答えの一つはイシンホームが用意しています。鍵をにぎるのが売電収入、太陽光発電というのがイシンホームらしい所なのですが、、、。アパートからの脱出、検討してみてください。非常に大きいアパートのメリット近年は造りがひどいという評判のアパートも多いですから、一概にはいえませんが、、、。気密性が高いとか、防音性が高いとか、構造が頑丈だとか、以上がすぐに思い浮か...

 
 

イシンホームのアフターサービスは、保証を含めて見るべきものはありません。しかし、イシンホームはフランチャイズ制、アフターサービスの多くの面でフランチャイジーの裁量によるところは大きいでしょう。要は、フランチャイジー次第なのです。大手メーカーのアフターサービスはなっていない?!某大手メーカーで住居を建てたのですが、まあアフターサービスの悪いこと!例えば、水道管が詰まった場合、大手メーカーのサービスダ...

 
 

イシンホームはセールス中に「エアコンが要らない」といった風なトークをすることもあるようです。確かに、そういいたくなるほどイシンホームは省エネ仕様になっているのです。だからエアコンが要らないかどうか、それは別問題だと思いますね。イシンホームだとエアコンが要らないの?!イシンホームの住宅は、猛暑でもエアコン要らずとか、エアコン一台で家中の空調全てをまかなえるとか。何でもイシンホームの断熱性や気密性は業...

 
 

エコアイと名前がつく技術をイシンホームは、換気システム・壁・屋根の3つの部位で採用しています。だから、エコアイだけでは何を指しているのかわからなくなるのですが、省エネや快適性のためにイシンホームが採用した技術、ということで期待大です。省エネで高い評価を得ているイシンホーム業界団体から送られる、ちょっとマニアックな賞なのですが。イシンホームの住宅は、省エネルギーの設計を評価され「ハウス・オブ・ザ・イ...

 
 

電気給湯器エコキュートをほぼ全ての住宅に搭載するイシンホーム。これはイシンホームが太陽光パネルをイチオシしているから。全てのエネルギーを電気でまかなう考えだけに、エコキュートを搭載しているのは当然なのです。エコキュートが標準装備のイシンホーム自然冷媒ヒートポンプ給湯器、、、まあ、登録商標の「エコキュート」ですから、NHK式にいうとこうなるのでしょうか?エコキュートとは、冷媒として空気中の二酸化炭素...

 
 

イシンホームが提案するカーポートはひと味違います。小部屋をプラスしてみたり、門の機能を持たせてみたり、カーポートの枠にとどまらないのです。加えてイシンホームらしいにが太陽光パネルの設置、どうです?かなり魅力的ではないですか。カーポート、後から付けますか?カーポートって良いんですよね、雨の日も濡れませんし、特に雪の日のメリットが大きい。車の屋根に積もった雪をおろしの手間から開放されて、非常に快適なの...

 
 

近年多用されるガルバリウムの屋根ですが、長所と同時に短所もあります。しかしイシンホームの使用法ならば、ガルバリウムの屋根でも問題はない。太陽光パネルのベースにつかうイシンホーム、ガルバリウムと好相性なのです。錆びにくい、軽量、安価、、、なガルバリウムガルバリウム、、、何というか男子好きがする語感、カッコいいですね。近年のデザイナーズハウスでも外装や屋根に多用されるガルバリウム鋼板。その実態は、何の...

 
 

イシンホームのキッチンはトクラスのもの、これにイシンホーム独自の収納家具でキッチンの使い勝手を高める。様々なメーカーの製品を集めて、完成度の高い住宅を提供するのがイシンホームのスタイルなのです。キッチンはトクラスの製品を採用イシンホームのキッチンの基本は「トクラス」の「ベリー」。トクラスとは旧社名をヤマハリビングテックといいまして、名前の通りヤマハの子会社。楽器製造を主に手がけているのに、なぜか他...

 
 

イシンホームが現在キャンペーン中ですが、それが本当に必要かどうか、良く考えた上で利用しなくてはなりません。キャンペーン=得とは限りません。これはイシンホームだけの話ではないのですが、、、。キャンペーン=得とは限らない家を建てるというのは人生で最も大きな買物といわれています。ですから、実際に購入に踏み切るためには大きな動機が必要となるわけで、その動機として働くのがキャンペーン。イシンホームは25周年...

 
 

シロアリの対策を施すべきは3カ所、基礎、基礎に接する柱、そして構造の柱。イシンホームはそれぞれに処理を施しシロアリを防いでいます。防蟻に安心な住宅、これを考えるならば、イシンホームの話を聞いて見ましょう。生息域を広げる凶暴なシロアリ自然環境が大きく変化している影響でしょうか、日本の南の地域で生息していた生物が北上している、そんな話を耳にします。シロアリも実はそんな生物の一つ、従来のヤマトシロアリよ...

 
 

イシンホームが考えるスマートハウスは省エネ住宅。業界最高と考える装備を集めて省エネ化を促進するのがイシンホーム。そんなスマートホームに必須の設備は全て標準。これがイシンホームのスマートハウスなのです。太陽光パネルをつければスマートハウス?新しく建った住宅の屋根には太陽光発電パネル、、、そんな光景が珍しくはなくなりました。私が居住しているのは年間日照量が非常に少ない地域、冬にはたくさん雪も降ります。...

 
 

イシンホームはフランチャイズ方式で店舗数を全国に伸ばしています。ですから、クレームを本部に入れるのはお門違い。地域のイシンホームのフランチャイジー(代理店)がクレームの窓口であり、対応責任を追っているのです。双方にメリットが大きそうなフランチャイズ方式イシンホームは岡山県にある本部が加盟店を募り、フランチャイズ方式で全国に販売店を増やしています。「フランチャイズ」、コンビニや外食産業でよく聞く方式...

 
 

太陽光発電パネルの売電で豊な暮らしを、イシンホームのこんな主張とよくにた商品が、セキスイハイムが発売。エネルギー収支ゼロを主張しています。どうせならばイシンホーム同様にローンゼロぐらいセキスイハイムも打ち出せばいいのにと思ったり。。セキスイハイムの新製品は3つのゼロ未来基準の家「スマートパワーステーション」、、、何だかカッコいいですね。セキスイハイムが最近打ち出している商品のラインナップ。特徴は、...

 
 

岡山にある住宅展示場プレステージ城東の特徴は、イシンホームの商品が3種類も展示されているという点。イシンホームのことを知りたい、そう思うならばプレステージ城東へ足を運ばなければ!!なのです。イシンホームを知るならプレステージ城東へ「プレステージ城東」なんか、どこかにあるマンションみたいですが、これは岡山市中区にある住宅展示場の名称。モデルハウスを建てているのは7社、まあ、よくある住宅展示場なのです...

 
 

イシンホームといえば発電、そんなイメージが強いのですが、デザイン力も大したもの!そんなことを実感するのがプロバンス風のモデルハウス。イシンホームが手がけただけに、よくあるプロバンス風とは手の掛かり方が違うのです。プロバンス風のモデルハウスは岡山西へ!エントランスと屋根瓦にはテラコッタを使いましょう、壁もオレンジ系で塗りましょう。アイアンの装飾を多用して、ウッドデッキを配置しましょう、、、これでプロ...

 
 

こと更に打ち出してはいないものの、イシンホームのペット共生住宅は気が利いています。それも豊富な経験によるアイデアによるもの。例えばイシンホームが提案するのは自然派住宅。ペットにも人にも優しい住宅です。豊富な経験からの提案は?ただ同居してかわいがるだけの動物から、人生の伴侶としての動物へ。ペットもずいぶん偉くなったみたいで、ペットと呼ばれることを嫌うケースも増えています。ペットではなくコンパニオン・...

 
 

イシンホームは小さな会社であることがメリットである反面、デメリットでもあります。ステップが軽く面白い商品を打ち出してくるメリットもあれば、完成度という点で疑問符がつくのがデメリットともいえるのです。コストパフォーマンスの高さが第一のメリット非常にコストパフォーマンスが高い、、、注文住宅を主に手掛けるイシンホームの特徴といえば、これでしょう。なぜ、コストパフォーマンスが高い住宅が建つのか?その理由は...