アイダ設計 評判

MENU
 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
評判の良い注文住宅の夢を叶えるアイダ設計。後悔しない家作りとは

住宅を建てると決めたら、まずは土地か住宅かどちらかから決めるのですが、土地はある程度希望通りの場所を決めれても、ハウスメーカーは沢山ありすぎて、どこにしようか必ず迷ってしまうもの。

 

もちろんいい住宅を長期にわたって使用したいと感じている方は多いでしょうが、一生に何回も購入する訳ではないので、慎重になって当然です。

 

もちろん評判のいい所で建てれば、確率的に自分が後悔することは少ないだろうと誰しもが感じるでしょう。

 

アイダ設計は関東を中心に中部や九州地方にも営業所を持つ大手のハウスメーカーです。

 

価格もかなりリーズナブルで、そこに惚れたお客様が沢山いらっしゃる様な印象でした。

 

ですが安いだけではなく、きちんとフォローがしっかりいているのでこんなに大きな会社に成長したのではないかと感じています。

 

もちろん個人の意見ですが、アイダ設計は住宅メーカーの候補として十分アリです。

 

格安住宅のアイダ設計。気になる坪単価の価格とは。

ローコスト住宅の代表格と言えば、アイダ設計と脳裏にインプットされている方も少ないはず。

 

私もCMの印象が強すぎて、忘れることが出来ません。

 

ローコスト住宅だからといって、材料、工法に妥協している訳ではなく。自社の努力で最大限までコストをカットしているので、ユーザーには嬉しい事しかありえません。

 

ですが住宅建築の際一番気になるのは坪単価。

 

建築した住宅に対して1坪あたりいくらになるのか表したものですが、もちろん住宅の金額が上昇すればするほど坪単価は大きくなっていきます。

 

ちなみに某大手ハウスメーカーの場合、坪単価80万程。

 

アイダ設計はこの約半分~それ以下程の価格で、住宅が購入できるので、これも人気の秘密なのです。

 

安いだけじゃない、アイダ設計から目が離せませんね。

 

15坪で住宅が建つ?アイダ設計なら夢じゃない。

アイダ設計は建売販売はもちろん、注文住宅にもかなり力を入れているハウスメーカーと言えます。

 

やはりアパート等の賃貸に住むより、将来性を考えると住宅の方が将来的に財産になるので、形を残したい人には強くおススメできます。

 

独り身の方でも十分な床面積は15坪。

 

もちろんワンフロア平屋住宅にはなりますが1LDKほどの間取りは十分確保できますので、贅沢はしなくてもいいという方には十分おススメに値する間取りとなります。

 

15坪でももちろん注文住宅が可能なアイダ設計は、暮らしに対して、まっすぐな印象があるので小さい住宅だからといって手を抜くなんて事は絶対ありません。

 

自分に合った間取りプラン、是非アイダ設計に相談してみる価値はあると感じます。

 

住宅には25坪必要?アイダ設計のミラクル設計から目が離せない

二階建て住宅なら、25坪でも十分3LDKは建築出来ます。

 

2人から4人のご家庭には広すぎず、狭すぎずの住宅が建築出来るのではないかと感じています。

 

私個人的な事を言うと、せっかく住宅を建築するのなら30坪以上あった方が住宅としては良いのではないかと感じていたのですが、間取りによっては25坪程でも十分な間取りが可能なのです。

 

一部屋一部屋は少し狭い感じにはなってしまうものの、移動距離や、居住スパースに関しては十分な部屋数、広さを確保できるのではないでしょうか。

 

事実私の家も25坪と30坪で検討していましたが、その際に考えていた25坪プランも最後まで悩んでいました。

 

狭くても広くても、敷地に合わせた住宅をプランニングしてくれるアイダ設計に住宅の夢任せてみるのもいいかもしれません。

 

30坪は絶対欲しい。夢のマイホームを建てるならアイダ設計も見逃せない。

夢のマイホーム建築を検討しだすと、考えなければいけない事が盛りだくさんで、ちょっと疲れそうなんて感じているのは私だけではないはず。

 

めんどくさがり屋の私ですら、住宅を持つのなら最低30坪は必ず欲しいと感じています。

 

もちろん家族構成にもよる坪数ですが、少なくても工夫一つで、間取りなら何とかなるものです。

 

少し個々の部屋が狭くてもいいのなら4ldkでも可能な坪数と言えます。

 

もちろんローコスト住宅で話題のアイダ設計でも十分設計可能な住宅となっています。

 

ですが気を付けるべきは、生活動線。

 

アイダ設計だからという訳ではありませんが30坪住宅以下の広さでは注意が必要です。

 

最小現にまとめた住宅内で、人と人とがすれ違える事を想定した住宅を目指して後悔しない家づくりを目指したいものです。

 

40坪あれば贅沢住宅。アイダ設計が見せる住宅マジックとは

住宅建築において一番選択されるのが多いと感じているのは40坪。

 

広さも十分確保でき4人から6人程までのご家族なら十分住まえる広さを確保することが出来ます。

 

アイダ設計が手掛けるプランも40坪前後のプランが多い様ですが、それだけユーザーの希望が多いという事なのでしょう。

 

40坪以上の住宅なら、5ldkほどの住宅も十分可能ですし、サンルームや広いバルコニーなども余裕で設定できること間違いなし。

 

しかもアイダ設計なら、ローコスト住宅が可能ですので、安く夢が叶えられる分、自己資金の少ない方や住宅だけでなく外構にこだわりを持つ方などにはもってこいだと感じています。

 

ローコストだけ見ると不安を感じずにはいられませんが、できる理由があるハウスメーカーには期待しか持てません。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

注文住宅の総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事

 

3ldkの間取りもオススメ。アイダ設計のオススメとは。一家4人の家族なら3ldk位の間取りが広さ的には丁度良いのではないかと感じています。私の家族も4人家族ですが、子供2人に夫婦なので、十分3ldkでまかなえます。部屋数は3つですが、ldkがあるので十分くつろぐことが出来ますし、住む分には何ら問題はありません。ただ個人的にはもう少し余裕があった方がいいのかなとも感じています。というのもゆくゆく増築...

 
 

555万円でローコスト住宅。アイダ設計が見せる低価格住宅の謎555万円で住宅が建つとい一時話題となったアイダ設計。住宅が555万円で建つなんて、とビックリした方も多いのではないでしょうか。私も現在新築住宅を検討しているため555万円で住宅が持てるのならと、少し鼻息が荒くなってしまいます。でも残念ですが現在は555万円の住宅はすでに販売終了になっています。現在は888万円の約24坪プランからの販売に...

 
 

666万の家なんて怪しすぎる?アイダ設計の安心性とはアイダ設計の住宅には555万円、666万円、777万円と言われる、ゾロ目住宅が存在します。どの住宅にも共通して言えるのが、この金額だけでは住宅建築は難しいという事。もちろん土地など費用はもちろん、地盤改良にかかる費用や、水道引き込み、登記費用など、様々な料金が別途発生してしまいます。本来の他ハウスメーカーなどでも300万円程プラスで料金が上乗せす...

 
 

777万円の住宅はどのくらい広くできる?間取りに見るアイダ設計の裏技住宅業界に革命を起こしたアイダ設計の看板商品、777万円の家。もちろん間取り等も好きなように変更できるとあって、人気を博しています。ですが一方で、よくない評価が存在しているという事実も、口コミサイトには書かかれています。恐らく、安い為にメーカーが変えている仕様の確認などを怠った為かと感じますが、ローコスト住宅にあれもこれもと望んで...

 
 

ローコストアパート経営はアイダ設計。888万円のアパートが気になるローコスト住宅で有名なアイダ設計が提唱する、ローコストアパート物件に話題が集まっています。土地や資産運用に良く利用されているアパート経営ですが、アイダ設計なら888万円から建築する事が可能です。間取りは1Kが最も多い様ですが、アパートはほぼ単身の方が優位に運営できるのではと個人的には考えます。もちろんアパートオーナーなら、同じ契約者...

 
 

賃貸住宅に低価格設定を施したアイダ設計は救世主になれるのか。低価格住宅で有名なアイダ設計は、賃貸経営用アパートも用意されています。もちろん賃貸なのですから、しっかり経営していかなければいけないので、それなりに苦労は付き物ですが、アイダ設計で建築されたアパートは、管理の仕方や入居者のサポートまで施してくれるのですから安心できます。もちろん安い価格で建築出来るアパートというだけあって、施工費がかからず...

 
 

555万円の家ってあり!?アイダ設計の気になる物件アイダ設計は建売住宅も売っているので、立地条件が合えば希望の物件を見つけることができるかもしれません。やはりアイダ設計を調べた人が最も興味をそそられるのは、555万円の家や888万円の家という激安の物件でしょう。坪数も明確に表記されているので、数字が具体的な分これでいけるのではと思わせられます。しかし実際は、様々な条件がそろっていないとこの価格には...

 
 

イベントの多いアイダ設計、子どもと一緒に出かけてみようアイダ設計は、定期的にイベントを開催しています。その情報はネットでも調べることができるので、週末に家の情報を得ることを兼ねて、子どもと遊びに行くのも良いですね。ゴールデンウィークやお盆だとイベントもにぎわうので、近くでやっていないかチェックしてみましょう。今見てみると、宇宙戦隊キュウレンジャーショーが祝日に行われる予定だとありました。こまめにチ...

 
 

エコハウスも作れるアイダ設計!太陽光発電システムを搭載できるアイダ設計には、「エコハウス980」というオール電化の商品があります。その名の通りエコな住宅を目指すため、太陽光発電システムは標準装備なので、オプションでわざわざ付ける必要がありません。また、エコキュートもあるので電気代を節約できるとのことです。キッチンはIHクッキングヒーターになるので、火を使って夏場に汗をかきながらする料理とはおさらば...

 
 

さいたま市に本社を構えるアイダ設計の特徴とはアイダ設計の本社はさいたま市にあります。だから東京やその周辺のベッドタウンに家を建てたいなら本社へは近いので、アイダ設計としては便利かもしれません。埼玉県は都心よりは土地が安く、都心へ通える範囲内ということで住宅業界が取り合う激戦区です。ここに本社を構えるのですから歴戦の勇者という感じです。ちなみにアイダ設計は30年以上も続いているハウスメーカーで、実績...

 
 

オール電化の家を作るアイダ設計で節約を極めるアイダ設計にも、オール電化の商品はあります。エコハウスという省エネに特化した商品で、太陽光発電システムやエコキュートが標準装備で本体価格が980万円というから素晴らしくお得です。オール電化なのでもちろんIHクッキングヒーターです。家の全てを電力に頼ってしまっては、台風が来た時の停電は困るのではないかという意見もありますが、大地震の時に復旧が圧倒的に早かっ...

 
 

注文住宅ならアイダ設計で二世帯住宅も可能二世帯住宅を建てることも今後のトレンドになっていきそうですが、これはアイダ設計でも建築可能です。特に際立って二世帯住宅のプランがあるわけではありませんが、注文住宅なので希望を言えばそれに合ったものを作ってくれます。二世帯住宅にも大まかに分けると種類があるので、そのうちのどれにしたいかくらいは事前に考えておいた方が良いかもしれませんね。例えば、私なら完全分離型...

 
 

床は一般的なフローリング。アイダ設計の「それなり」な家どんな住宅を建てるにも床は必ず必要になるものです。アイダ設計は価格が安いので、出したお金分の床材を使って家を建てることになります。人工的に作ったフローリングなのでメンテナンスが必要なく、特に問題なく普通に掃除機をかけたり、水拭きをしたりできるでしょう。ところが、家もおしゃれにとこだわりがある人には向いていません。無垢を取り入れたいという人もいる...

 
 

オプションが必要なら自分から提案したいアイダ設計アイダ設計の特徴は、ローコスト住宅を建てられること。だから何もオプションを付けない状態の家はごくごくシンプルで、確かに値段なりのものなのだなと感じさせられます。でも、変に高品質だとどこか手抜きをしているのではないかと疑ってしまう私としてはそれはそれで安心なんですけどね。とことん安さを追求するのであれば標準装備だけでも良いと思いますが、快適さも少しプラ...

 
 

安い価格で注文住宅を建てられるのがアイダ設計アイダ設計は、ローコストで住宅を提供してくれるハウスメーカーです。その価格は坪単価が30~40万円ということを見ると、他と比べてかなり安いことがわかります。安い分標準装備がそれなりの作りになってしまっているのは否めませんが、それに対して文句を言う人は初めからローコストハウスメーカーで注文住宅は頼まないでしょう。大まかな評価としては、値段なりのものができる...

 
 

安さ重視で家を建てたいならアイダ設計に頼んでみるのもアリ家を建てるとなると、まずはハウスメーカー選びが重要になってきます。たくさんのハウスメーカーがある中で、選ぶ基準は人それぞれ。だから何を第一に考えればいいかという答えは存在しません。例えば、安さを第一に考えるならローコストハウスメーカーであるアイダ設計に頼むという選択もできます。他にもローコストで家を提供しているところはありますが、アイダ設計が...

 
 

口コミに寄せられるアイダ設計の評判の主なものとはハウスメーカーの評判を知りたいなら、まずは口コミを見た方が早いかもしれません。個人の意見ですし、一方的な見方になっていることをわかって読んでみると参考になりますね。アイダ設計の口コミを調べてみると、総合的には「値段相当の家を作るハウスメーカー」という感じでした。個人的には、安いのに高品質で最高!という書き込みがあったらむしろそれは怪しんでしまいます。...

 
 

構造躯体はプレカット工場で作っているアイダ設計アイダ設計の家の構造躯体は、プレカット工場で作られて運ばれていきます。何故工場で準備を行っているかというと、コンピューターで管理した高精度な木材を作れるからです。ミリ単位で削れるので、人間によってできる狂いがないのだとか。しかし、送り出す時には人間の目で確かめるため、万が一の時の備えもできていると言えるでしょう。公式ホームページの文章が若干おかしかった...

 
 

柱と梁、土台を一体化させるアイダ設計の構造アイダ設計の作る家の構造を見てみると、構造用面材を梁や土台、柱に釘打ちすることによって一体化させていました。ただ面だけが強いのでは意味がないので、接合部には高性能金物を使って強化もはかっています。接合部に金物を使う木造住宅は多く、各ハウスメーカーも構造の紹介を写真入りで解説しています。独自のものという表現や、オリジナルという表記があることも少なくありません...

 
 

アイダ設計の「ブラーボ・スタンダード」は水回り重視?アイダ設計の商品の1つに、「ブラーボ・スタンダード」というものがあります。アイダ設計の公式ホームページは、文章がおかしかったりする箇所がところどころあるのが少し気になりますが、説明を見てみると確かにこれぞスタンダードだなという雰囲気は伝わりました。メインとして紹介してあるのは他社のメーカーで、キッチン、バスルーム、トイレと、水回りの設備でした。写...

 
 

洋風も和風もイケる!外観で選んでも楽しいアイダ設計家の外観が良ければ、その家を建てたハウスメーカーに興味がわきます。これはいわば一目ぼれってやつですね!アイダ設計の作る家の外観は、洋風と和風、両方選べるのでこだわりを持っている人でも大丈夫です。洋風はいかにも日本の作り上げた「洋」という感じで、よく見かけるなという家があります。和風は、一部これは洋風に分類されるのでは?と思うような商品もありましたが...

 
 

建売住宅も売っているアイダ設計!その立地条件は様々アイダ設計と言うと注文住宅のイメージが強いかもしれませんが、建売住宅も売っています。建売住宅を見る時には、やっぱり快適に過ごせるかどうかを知るためにそこの立地条件を調べるのが得策です。いくつか見てみると、小学校やコンビニ、銀行などから近くて住みやすそうな物件もあるものの、反対に、周りに施設がなく住みにくいだろうなと思うような物件もありました。どうや...

 
 

安さランキングならアイダ設計は業界でも2位レベル!アイダ設計と言ったら、やはりその安さが一番の売りとなります。ハウスメーカーの価格勝負ランキングでは、 1位 タマホーム、 2位 アイダ設計、 3位 城南建設という結果で、かなり安いことがわかりますね。坪単価は大体30~40万円と言われています。これはいわゆるローコストハウスメーカーというやつですね。安い分使っている資材や性能に値段以上の期待はできま...

 
 

注文住宅をアイダ設計で建てるならローン返済が楽アイダ設計で注文住宅を建てるのであれば、安いおかげでお金に関してはそこまで悩まずに済むかもしれません。坪単価が30~40万円ということなので、オプションをたくさんつけても標準的なハウスメーカー並みになる商品もあります。安いと言っても、やはり外構にかかるお金やメンテナンス費、契約金等を考えればそれは巨額になりますが、他のハウスメーカーと比較したらまだ余裕...

 
 

アイダ設計の家のメンテナンスはアイダ設計でやってもらうべし!アイダ設計のホームページを見てみると、35年間の長期保証をするためにはメンテナンスが必要不可欠だとあります。品質や性能を維持していくためには欠かせないとしており、もし緊急の時であっても専門スタッフがすぐにかけつけてくれるそうです。ここまでは他のハウスメーカーも似たようなことはやっているように思いますが、気を付けるべきはメンテナンスは他業者...

 
 

点検はアイダ設計だけでなく外部機関も一緒に行ってくれる家の点検は定期的に行わなければ家の性能が維持できませんから、ハウスメーカーがやってくれるのも当然となっています。アイダ設計も点検は行っており、着工から引き渡し期間に関しても外部機関との検査があるそうです。アイダ設計が建てた家をアイダ設計がチェックするのではなく、第三者機関が入るのはかなり安心できるなと思いました。引き渡しからは、定期的な点検とメ...

 
 

住宅ローンの負担を減らしたいならアイダ設計は向いているアイダ設計にして嬉しいのは、住宅ローンの負担が他のハウスメーカーよりも減るという点です。理由は簡単、坪単価が安く、家の総額もそんなに高くはないから。もちろん安い、高いの基準は人によって違いますが、アイダ設計はローコストハウスメーカーと呼ばれます。坪単価は30万円からと言われており、これは安い部類に入ります。だから月々に支払う住宅ローンもそれに伴...

 
 

値段面ではかなり強いアイダ設計!安く家を手に入れられる家はどうしても人生で最高額の買い物となることが多いのですが、少しでも安くしたいならローコストハウスメーカーを選ぶべきでしょう。アイダ設計もそのうちの1つです。安いから設備にそこまでの期待はできないのですが、値段面で考えればかなりお財布にやさしい設計になっています。オプションを付けるとまた値段が上がってしまうのでできるだけ標準装備で我慢したいとこ...

 
 

web内覧会でアイダ設計の良い所・悪い所を先取りしよう!アイダ設計の家をのぞいてみたいなら、まずは手っ取り早くweb内覧会でも良いと思います。web内覧会とは、一般人がマイホームをブログに写真付きでアップして不特定多数の人に見てもらおうというものです。これなら忙しくても、まだどこのハウスメーカーにしようか迷っている段階でもいつでも好きな時に見られます。ブログなので個人的意見が満載ですが、そこから「...

 
 

平屋プランもしっかり用意してあるアイダ設計アイダ設計では、平屋のプランもあるので家族構成によって家の選択肢が増えます。ホームページには、アメリカの草原の中にあるような家などの表記があり、雰囲気はつかめるもののそれを再現するには相当田舎でないといけないなという疑問点もありました。しかし、良かったのは平屋の間取り例がネット上で多く公開されており、坪面積によってもそれが変えてあったことです。延床面積15...

 
 

フローリングトラブルが多いイメージのアイダ設計アイダ設計のフローリングは、個人のブログを見てみると床鳴りがあって酷いという情報もあります。やはり低コストではダメな部分も出てくるのかと思ってしまいました。アイダ設計の標準仕様では、使っているフローリングはMDFを使った確かに安いものですが、特段悪いというわけではありません。床鳴りがある素材をわざわざ選んでクレームを増やしたくはないでしょうから、張り合...

 
 

手付金返金トラブルも発生しているアイダ設計アイダ設計で「返金」について調べてみると、悪い対応を受けてアイダ設計に敵意むき出し!というブログなどがネットの上位にあがってきます。例えば、ある人はアイダ設計に手付金として1000万円を支払ったそうですが、それから着工してもらえず、不信感を抱いたそうです。そこで弁護士を巻き込む騒動にまで発展し、アイダ設計が手付金で支払われた半分の500万円を返金するという...

 
 

見積もりは何度も直してもらおう!アイダ設計で納得するために注文住宅を建てる時には見積もりが重要ですが、これは営業マンに何度も直しを依頼することができます。アイダ設計で見積もりをとってもらったという人は、書き直しをしてもらって3回目でようやくなんとか形になったものができたとネットに書き込んでいました。最終的な値段は1665万円で、費用を削りたかったのか床暖房はダイニングに入れないようにして20万円浮...

 
 

間取りは自由?アイダ設計の安さを活かしたいなら制限もあるアイダ設計で注文住宅を建てるなら、間取りは基本的に自由に頼めます。そこが建売住宅ではなく注文住宅であるメリットですからね。ただ、アイダ設計の最大のメリットが安さであることから、あまり変わった間取りにしてほしいと注文するとそのメリットをなくしてしまうことにもなりかねません。吹き抜けにしたい、大きなサンルームがほしい、屋上もいいな、そんな風に思っ...

 
 

レビューは2極化してる!?アイダ設計の評判をチェックアイダ設計のレビューを見てみると、見事に良かった派と悪かった派に分かれます。これはアイダ設計に限ったことではなくて、ほとんどのハウスメーカーで同じ現象が起こります。何か1つ悪いと思ったら悪い部分が目立つのか、ブログ内は悪口ばかりという人もいますし、一方で設計から引き渡しまで一貫して満足、悪いところはなかったという人もいます。私は正直、レビューでは...

 
 

電気代を節約できる家作りはアイダ設計は苦手?電気代を節約できる家を建てることはできますが、それはハウスメーカーと予算によります。アイダ設計はローコストハウスメーカーなので、太陽光発電システムを導入したり、エコキュートを入れたりするともはやそれはローコストではなくなってしまいます。また、多くの人が安さというメリットに引かれてアイダ設計を選ぶので、太陽光発電システムなどが設置できたとしてもそのノウハウ...

 
 

使う断熱材は1つじゃない!アイダ設計は使い分けをしていますアイダ設計の断熱性能を調べるため、まずはどんな断熱材を使っているのかを調べてみました。すると、どうやらローコスト住宅では一般的なグラスウールを内断熱で使っており、これは他のハウスメーカーと比べても方法も材料も「普通」でした。ところが、ワンランク上のブラーボシリーズだと、発泡ウレタンの断熱材を使用していました。これはグラスウールを使っていた時...

 
 

アイダ設計のメリットはローコストメーカーならではの安さ!アイダ設計で注文住宅を建てる最大のメリットは「安さ」です。家には莫大なお金がかかってしまいますが、これを無理せず少しでも安く提供してくれるのがアイダ設計です。坪単価が30万円からだったり、555万円の家というプランを打ち出していることからわかりますね。ローコスト住宅を選べば予算内におさまることも多いので、持ち家が欲しいのであれば検討の余地があ...

 
 

ガレージのある家の実績も多いアイダ設計なら安心かな?ガレージのある家にはメリットがたくさんあります。アイダ設計はガレージ付きの家の実績も多いので安心できるでしょう。実例の中には、アーリーアメリカンを思い起こさせる白を基調とした家にガレージがついているのを見ました。買い手がこだわった点らしく、中は広々としているそうです。大きさを考えれば、車を止めるだけでなく外の収納として掃除道具やガーデニング用具を...

 
 

内装はアイダ設計の床から考えるのはどうでしょうアイダ設計の内装を決めるなら、見える面積の多い床や壁から決めていくというのもデザインを間違えない手です。アイダ設計の場合、床は4色の中から選ぶことができます。ホワイトからダークブラウンまでグラデーションのようにあり、色の濃さが重要となりますね。私の家は、自分の部屋、きょうだいの部屋、書斎、とそれぞれ違った床色にしてあるので、個人個人の趣味に合わせて作る...

 
 

ロフトのある暮らしをアイダ設計の注文住宅で実現させよう!ロフトのある家での暮らしって、そこを何として使うかを考えるだけで楽しくなります。アイダ設計の注文住宅ならロフトも設置可能ですが、その代わり坪単価が高くなってしまう可能性があるので注意が必要です。まずは、やはり見積もりを取ってもらってから考えるのが適切でしょうね。ロフトは小さな屋根裏部屋のようなもので、収納として使う人が多いです。梯子を付けて登...

 
 

アイダ設計の注文住宅なら玄関収納は多めの方が良いかも安さが売りのアイダ設計で注文住宅を建てるなら、玄関も標準装備だとシンプルです。そのままでも困りませんが、何か要望が他にあるなら追加しても良いですね。例えば、玄関は靴が多くなりがちなので、通常より多めにシュークローゼットを取っておくのもアリです。夏ならサンダル、冬ならブーツ、仕事用のパンプス、遊び用の靴、スポーツの時の靴などなど、1人でも用途に合わ...

 
 

リフォーム事業も行っているアイダ設計の幅は広いアイダ設計は注文住宅を建てるだけでなく、リフォーム事業も行っています。もし家のどこかで直したい場所や改善したい場所があるとすれば、家を建てたのと同じハウスメーカーに頼むと話が早いかもしれません。リフォームと言っても幅は広く、壁紙の張替えから太陽光パネルの設置まで行っています。太陽光パネルの設置は家を建てる際に始めからそうして置いた方がお得です。パネルを...

 
 

アイダ設計の外観図ができてから外壁のデザインを決めようアイダ設計では、外観図ができてから外壁を決めていきます。外観は汚れがつかないようにする役割がある素材の方が、メンテナンスが少なくて済むので人気があります。しかし、多くの人はその性能よりもデザインで選びます。外観となるとその家に住む人だけでなく、その家の前を通る人なら誰もが目に入るものになりますからね。外壁によって印象は大分変ります。気を付けなけ...

 
 

1000万以内で家を作れるか!?アイダ設計の打ち出す激安の家1000万以内で家を作ろうと思ったら、無理ではないけれど相当無理が出る家になりかねません。ローコストハウスメーカーのアイダ設計は555万円の家や888万円の家という商品を打ち出していますが、これは本体価格のことです。総額はこれにオプション費や契約金、外構費などを追加したものになるので、やはり1000万円までにおさえようとするのは難しいよう...

 
 

3階建ても作れるアイダ設計。強度にはちょっと不安が残る?アイダ設計のようなローコスト住宅を販売しているハウスメーカーでは、3階建ては難しいのではと思われていることもあります。しかし、実際はアイダ設計で3階建ては作れます。しかも、そんなに多くを望まなければ総額1800万円で作れるという実例もあります。ここで気になるのは、3階建てとなると強度でしょうね。木造は鉄骨に比べると耐久性で少し劣ります。それで...