大安心の家 外壁

MENU
 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

大安心の家の外壁に用いられているのは、非常にスタンダードなタイプ。

 

それだけに、標準仕様の外壁を選ぶと10年程度でメンテナンスが必要になります。

 

その期間を延ばすには外壁を大安心の家よりもグレードアップさせることが可能となります。

 

一番早く劣化するのは外壁なのです

住宅を建てた場合、一番最初にメンテナンスを考えなくてはいけない部位は外壁です。

 

なぜなら多くの住宅の外壁に用いられている建材であるサイディングの塗装や、そのボードをつなぐコーキングの寿命が短いから。

 

塗装はサイディングのボードの表面を雨風から保護する役割を負っていまが、塗装は経年による劣化が激しいもの。

 

用いる塗料や立地によっては10年以内とか、そんな短いスパンで再塗装の必要性が出てきます。

 

コーキングはシリコンの樹脂でできており、サイディングのつなぎ目をふさぎ、構造躯体への雨の侵入を防ぐもの。

 

しかし、コーキングは塗装よりもさらに早く劣化が進みます。

 

ですから、打ち直しというメンテナンス作業が必要になってくるのです。

 

スタンダードな、大安心の家の外壁

タマホームの「大安心の家」の外壁に用いられているサイディングやコーキングは非常にスタンダードなもの。

 

外壁に用いられている塗料は親水コートと呼ばれるもので、汚れを雨で洗い流すという触れ込みですが、劣化は進みます。

 

ですから建築後10年程度たってしまったら、メンテナンスをおこなわなければなりません。

 

しかし、スタンダードな2階建ての住宅の場合、作業に足場が必要で、それを組むのにコストがかかります。

 

さらに再塗装、用いる塗料の質にもよりますし、住宅の大きさにもよりますが、しめて100万円以上。

 

、、、これは大安心の家の外壁だから必要なメンテナンスというわけではありません。

 

タマホームよりもコストがかかっているような住宅メーカーのものでも、外壁は再塗装などのメンテは必要になるのです。

 

外壁のメンテナンス期間を延ばすなら

住宅ローンで首が回らないのに、加えて外壁のメンテナンスなんてとても考えられないとの声が聞こえてきます。

 

では、メンテナンスの期間を延ばしてやるのにどのような手段が考えられるでしょうか?

 

大安心の家の上のグレード「プレミアム」で用いられている外壁は、シーリングレスサイディング。

 

劣化が早いシーリングを用いずに外壁を覆っていきます。

 

さらに、外壁の塗膜は15年保証!

 

つまり15年間は外壁のメンテナンスの心配が要りません。

 

長持ちする外壁が必要ならば、大安心の家で外壁のグレードを上げれば良いのですが、そこはもちろんオプション料金がかかります。

 

価格は恐らく数10万円、、、メンテナンス1回分よりやや安い程度の料金でしょう。

 

しかし、このことはタマホームの大安心の家に限ったことではないのです。

 

他の住宅メーカーの商品でも外壁の経年劣化が進み、メンテナンスが必要になるのは同じことなのです。

 

大安心の家の外壁は通常にするかプレミアムにするかで異なる

タマホームの外壁は、他のハウスメーカーと比べてもごく標準的なもので、ローコストハウスメーカーということで特別な特典が付けられているわけではありません。

 

よって、タマホームの人気商品である大安心の家でも、標準的でメンテナンスが定期的に必要なタイプとなります。

 

もしここでもうひと踏ん張りできるようなら、やっぱりプレミアムタイプにしてみるのが良いかなと思います。

 

大安心の家には通常タイプとプレミアムタイプとがあり、後者では家の性能がワンランクアップします。

 

外壁もそうで、最初に傷むシーリングと呼ばれる部分のないサイディングを行うことができます。

 

これならより耐久性に優れているため、メンテナンスの際に直さなければならない箇所が少なくて済むかもしれません。

 

初期費用は高くなりますが、ランニングコストは良いでしょう。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

注文住宅の総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事