古河林業 価格

MENU

古河林業の価格がお値打ちな理由は自由設計にあった!

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
最終更新:
価格を操れる古河林業その秘密は自由設計にあった

一般的に、ローコストハウスメーカーと呼ばれるようなところの坪単価は30万円くらいなので、例えば40坪の家を作ったとしたらその本体価格は1200万円となります。

 

古河林業の場合は、坪単価は安くて40万円、高くて70万円ほどなので、ターゲット層が広いのが特徴です。

 

所得が低い年齢でも坪単価40万円に抑えれば住宅ローンもそこまで苦にはならないでしょう。

 

逆に予算に余裕があるなら、坪単価70万円で納得できる家作りができます。

 

ここまで価格帯が広いのは、古河林業の注文住宅の自由度が非常に高いからだと思います。

 

注文住宅=自由設計というわけにはいかず、他のハウスメーカーではほとんど間取りが決まっているという場合すらあるのです。

 

ですが、古河林業はそれが細かく自分たちで決められるので、その分価格も左右できるようになります。

 

総額は希望通りに!古河林業の自由度の高さを利用する

家の総額が一体いくらになるのか、それを知るためには見積もりが必要です。

 

古河林業は注文住宅として自由設計に力を入れているハウスメーカーなので、家の総額にはかなりばらつきがあります。

 

口コミで40坪いくらだったとあっても、それはその注文住宅だからこその値段です。

 

簡単に言えば、オーダーメイドと思ってもらえば良いでしょう。

 

だから、総額が知りたければネット情報でざっくりと計算するのではなく、実際に営業マンに話を聞いてから初めて大体の値段がわかります。

 

総額は大体どの家庭でもこれくらいの家を建てたいなという希望があるはずなので、古河林業はそれに応える形となります。

 

予算と最低限の希望を言えば提案はしてくれますが、一部では提案力が弱いとあるので、こちらの意見をガンガンぶつけてみるのもアリだと思います。

 

古河林業では値段が高いという口コミが少ない

人生で最も高い買い物になる家では、納得して選んだハウスメーカーであっても常に値段が高いという口コミが見られます。

 

しかし、意外だったのは古河林業に限ってはそこまでコストに関する悪い意見がなかったということです。

 

注文住宅であり、自分たちで意見を述べるタイプのため値段設定の自由度も広いのかもしれませんね。

 

だとすれば、値段に対して不満が出ることが少ないのは納得がいきます。

 

気になるのは、「痒い所に手が届く」対応をしてくれるのは住友林業だというコメントです。

 

その分値段は高くなるのがデメリットだとありますが、古河林業は提案力に劣るという記述は散見されます。

 

コストがかからない家作りを希望するなら古河林業、提案力の方を第一にしたいなら他のハウスメーカーとした方が満足度は高いのかなと思います。

 

古河林業のキャンペーンと言えばやっぱり大黒柱選び!

古河林業が行っているキャンペーンのうち、特徴的なのはやはり大黒柱を自分たちで選べるというツアーでしょう。

 

展示場に行ったら特別オリジナルグッズをプレゼントするというようなことはどこのハウスメーカーも行っているため、より古河林業らしさを出せるのはここだと思います。

 

ただ受け身になって話を聞くタイプのキャンペーンではないのが良いなと思うところで、しっかりと大黒柱を選ぶという大役をこなす能動的なものが人気なのだと思います。

 

木材へのこだわりは他のハウスメーカーと比べると並々ならぬものを感じるので、建具や柱は丈夫な木が良いという人にはかなりぴったりくる会社でしょう。

 

モデルハウス内も是非裸足で歩いてくださいと言うほどですから、木の良さにはよほどの自信があると見えます。

 

木に関するキャンペーンなら見逃さないようにしておきたいです。

 

値引き交渉もできる?古河林業でいくら安くできるか

ハウスメーカーによっては、会社の規定だからと値引きができないところもありますが、古河林業の場合は数百万円単位での値引きをしてもらえると聞きました。

 

家となると一般的な2階建てを建てたとしても、土地代を含めれば3000万円なんて最低価格と言えます。

 

そうであれば値引きもしてほしいところであり、するとなれば規模が大きいのが家を買う時の特徴です。

 

100万円安くしてもらえるのであれば住宅ローン返済に回せますし、オプション費やカーテン、照明代など別の場所に使うこともできます。

 

私ならきっとうまい交渉などできないと思うので、あえて上限金額を低めに言っておこうかなと思います。

 

これならハウスメーカーも無理なお願いとわかって言うことが少なくなるでしょうから、値引きに自信がない人は試してみると良いかもしれません。

 

古河林業は他のハウスメーカーより比較的安く仕上がる?

同じプランの同じ2階建てだとしても、使う素材や制作方法によってその値段は大きく異なります。

 

古河林業の場合、自社一貫管理が行われていることからコストカットができるため、比較的安い値段で家が建ちます。

 

安いと坪単価40万円にもできるという記載を見つけたので、このように設定すれば月々の住宅ローン返済も楽になるのではないでしょうか。

 

注文住宅の良さはここにあり、自分たちで費用をコントロールできるのが魅力的です。

 

特に古河林業は向こうから提案してくるというよりこちらから提案してその要望を叶えてくれるというスタイルだと聞いたので、その分自由度が高い家ができあがると思います。

 

安い分悪い家は避けたいので、見積もりをもらったら耐久性や断熱性について聞いておくことを忘れないようにすると良いでしょう。

 

価格つきの実例がない理由

通常、メーカーの相場を知るにはSUUMOなどに掲載されている建築実例が参考になりますよね。

 

しかし、古河林業の家では価格つきの建築実例が見当たりません。

 

たとえばこちらは同社が手掛けた「シルバニアホーム」の事例ですが、価格情報は伏せられています。

 

SUUMO 公式サイト シルバニアホーム by 古河林業 プロヴァンスの風を感じる、ひとに優しい素材でつくられた自由設計の家
出典:SUUMO 公式サイト シルバニアホーム by 古河林業 プロヴァンスの風を感じる、ひとに優しい素材でつくられた自由設計の家

 

公式な情報がないことに対していらだちを覚える方もいらっしゃるかもしれませんが、逆に考えると、これって徹底的に顧客情報を守ってくれる企業さんだということですよね。

 

ある意味ではとても誠実な企業だということの表れではないでしょうか。

 

価格が伏せられていると「すごく高いんじゃないか」「だからオープンにできないのではないか」と勘繰ってしまいますが、口コミなど参考にしてみると同社の相場は下は坪単価50万円台から、上は90万円台と非常に幅が広いことがわかります。

 

つまり、建てる人の予算に合わせていかようにもアレンジできるということですね。

 

国産材をふんだんに使っているのにそこまで臨機応変な対応をしてくれるメーカーというのはなかなかないのではないでしょうか。

 

地元の小さな工務店だったらやってくれるかもしれませんが、こだれけ知名度の高いメーカーでは珍しいでしょう。

 

価格に関する情報は少ないものの、ネガティブな先入観なく「話を聞いてみたいな」と思わせてくれるメーカーさんの一つです。

 

古河林業が手がける「シルバニアホーム」が最近アツい!

2021年あたりから、「古河林業」で検索すると「シルバニアホーム」の情報もヒットするようになっていますね。

 

「シルバニアホーム」は、古河林業さんが手掛ける住宅メーカー。

 

相模原、厚木、小田原にそれぞれ展示場があります。

 

「サスティナブル(持続可能な)」がテーマの家づくりをしているメーカーで、古河林業と同じように「木の家」を手掛けるメーカーさんです。

 

古河林業との決定的な違いは、商品ラインナップがあるということ。

 

シルバニアホームby古河林業
出典:シルバニアホームby古河林業

 

古河林業本体のほうは「完全自由設計」を売りにしているので、施工実例集はあれど、いわゆる「商品名」がついたものは紹介されていません。

 

つまり、デザインも間取りもお客さまのニーズにとことん合わせますよ!という点を強くアピールしていたわけです。

 

一方、シルバニアのほうは「NATURAL MODERN」「シルバニ和の家」「ZEN0」「空間王子と収納王女」の4つのデザインバリエーションがあります。

 

どちらも国産材を使用していますし、家の性能自体に大きな違いはないと思われますが、「完全に自由に決められるのか、それともある程度の“型”があるのか」は大きな違いですよね。

 

0から家づくりを楽しみたいのか、それともある程度はフォーマットがあったほうが決めやすいのか。

 

ニーズに合わせて選び分けられるというのは、なかなか面白いブランディングだなあと感じます。

 

あなたはどちらの家づくりがお好みですか?

 

実はそこをハッキリさせることさえできたら、家づくりはスムーズに進むのかもしれませんよ。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

注文住宅の総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事