北欧家具 キッチン 収納

MENU

北欧家具のエッセンスで、キッチン収納をコーディネイト!

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

キッチン収納だと、システムキッチンが一番優秀だけど、北欧風にはなりづらい?

 

アンティーク家具を使わないと、北欧風にはならないのかな?

 

通常の家具に北欧のエッセンスを加えて、居心地のよさを演出する、キッチン収納にしてみましょう。

北欧スタイルの差し色を使う

丁寧に作られた家具を、手入れしながら長く使う。

 

「祖父の代から使ってるカップボードなの」

 

そんなスタイルが北欧風とされています。

 

だからといって、現代的で機能的なシステムキッチンと相性が悪いかというと、そうでもありません。

 

北欧の生活を、そのまま切り取ったような雑誌や写真集を見ていると、いつも思うのが差し色の使い方。

 

基本的に白基調、もしくはオークやウォールナットなどの白木系の室内。

 

そこに、真っ赤なエッグチェアが置かれていたり、マリメッコのファブリックボードが置かれてあったりして、自然と目をひきます。

 

長く厳しい冬の間、長時間過ごす自宅の居心地をよくするために、北欧家具が生まれました。

 

単調になりがちな毎日に変化をあたえるように、家具にも差し色を使うのでしょう。

 

北欧テイストなシステムキッチンとは

システムキッチンでは、扉のカラーが自由に選べるものが多いので、壁面の扉は白基調。

 

アイランドキッチンだけビビッドな色目にすると、北欧風になります。

 

そして名作、ウェグナーの「Yチェア」やヤコブセンの「アントチェア」は、このような現代的な空間にもマッチします。

 

モダン・スカンジナビアン・スタイルと、命名しましょうか。

 

愛着があるものをそろえること

さて、カップボード、サイドボード、カウンターは独立した家具としてそろえるのが、従来の北欧らしいキッチンスタイル。

 

また、入りきらないキッチンウェアや、よく使うツール類は、壁にかけておく。

 

磁石を埋め込み、引っ付ける。

 

見せる収納もよく使われるテクニックです。

 

キッチン雑貨のセレクトにも、センスを問われますね。

 

味のあるアンティークが見つかれば、それを中心に他の家具をそろえていくのがいいでしょう。

 

最近は、きっちり修理・修復された、程度のいいアンティークが比較的かんたんに手に入るようになりました。

 

しかし、新築の場合、家具は一気にそろえなければいけないので、気に入った家具店に頼るか、通販を使うことになります。

 

ためしに「北欧家具 キッチン」で検索をかけてみると、イケアをはじめベルメゾン、ディノスなど数多くのサイトがヒットします。

 

これらの、組立て式の家具でも、ハウスメーカーにあらかじめ伝えておくと、コーディネイトもバッチリしあげてくれます。

 

北欧家具と言っても、明確な定義はありません。

 

強いて言うなら、家族を心地よくするものを選ぶこと。

 

物を大切にすること。

 

大切にするには愛着が必要なのです。

 

長く使うものだから、慎重に楽しみながら選びたいものですよね。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

注文住宅の総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事