コラムホーム アフターサービス

MENU

コラムホームの家のアフターサービスはどうなっているのでしょうか

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
10年後のコラムホームの家のアフターサービスはどこ担当?

コラムホームのアフターサービスについてですが、定期点検は家の引き渡しから1年後、2年後、5年後、10年後となっていました。

 

10年というと保証期間としては最も短いものですが、これ以降のアフターサービスはリフォーム部が請け負うということです。

 

コラムホームは新築を建築しますが、コラム建設というサイトの中に組み込まれています。

 

コラム建設はリフォーム事業も行っているため、家周りのことに関しては全般的にできるということになります。

 

だから新築を建てた後も、何かトラブルがあればリフォームの方で解決してくれるということになります。

 

ゼロから家を作っていけるのであれば、リフォームの技術があっても何ら不思議ではありません。

 

保証期間は短いですが、その後のフォローをどこがするかはっきりしているなと思いました。

 

コラムホームの家のメンテナンス頻度を低くするために

注文住宅をコラムホームで建てたら、その後メンテナンスも必要になります。

 

とことんこだわれるということから、どこにどんなメンテナンスが必要かどうかはその家1棟1棟によって異なります。

 

何か修理しなければならないところが出てきたとしても、コラムホームを持つコラム建設ではリフォーム部があるので心配ないでしょう。

 

住宅関連に関する知識と技術を持ち合わせている会社と言えるので、しっかりとした判断を下してくれるように思います。

 

私なら、メンテナンス頻度を低くするために全体的に耐久性の高い素材を選んでいきたいですね。

 

できることならデザインにも凝りたいですが、それは二の次です。

 

そうすることによって費用削減になりますし、この要望だって聞いてくれるでしょうからお願いしてどんなプランが出来上がるか見てみたいです。

 

メンテナンス費用を考えたコラムホームの家作り

コラムホームは、家を「二代・三代とフレキシブルに永く寄り添える場所」と考えています。

 

ということは、家を一代で終わらせるのではなく、もっと長く住めるものにしたいということですよね。

 

そうなると、大事になってくるのがメンテナンスです。

 

この費用は注文住宅一つ一つによって異なるため、寿命の長い家を目指すのであればメンテナンス費用も込みで家作りを考えるべきでしょう。

 

目安としては、サイディングの外壁材を使用すれば、長くても15年周期で30万円~100万円かかると言われています。

 

メンテナンス費用を抑えるならタイルですが、それでもタイルの下のシートのメンテナンスを考えると厳密にはメンテナンスフリーとは言えません。

 

どの素材を選ぶか迷ったら、耐久性を基準にしてメンテナンス費用を抑えるのも良いと思います。

 

保証期間は短い?コラムホームが見据える10年後

住宅情報サイト、ライフルホームズによれば、コラムホームの保証期間は10年ということになっています。

 

10年というのは最も短い期間になりますが、コラムホームが違うのはこの後はリフォーム部がアフターフォローをすると言っているところです。

 

コラム建設の中にはコラムホームがあり、リフォーム部もあります。

 

よって、家を建ててから長くお世話になるにはぴったり。

 

家を建ててから数十年経てば、自分だって年を取ります。

 

その時、バリアフリーにしたいなとか、家族が増えたという場合にはリフォーム部に頼めばまた理想を形にしてくれるでしょう。

 

保証期間は長ければ良いというものではないと思っているので、こんな風に保証期間終了後も見てもらえる体制が整っているのは良いなと感じました。

 

次の世代まで家を引き継げるかもしれませんね。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

注文住宅の総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事