コラムホーム 評判

MENU

コラムホームの評判をチェック!家に使う木を一緒に伐採できたりする

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
コラムホームに寄せられた評判の内容はどうなっている?

コラムホームに寄せられたという評判をチェックしてみると、自分の家であるという自覚を持てるような家作りができて満足しているというコメントがありました。

 

家に使う木の伐採を一緒にさせてもらったという情報があり、これなら確かに自分の家の一部を自分自身で選んだという感覚が持てるなと感じました。

 

他のハウスメーカーでも、自社林から大黒柱を自分で選ぶツアーが開催されていたりと、木にこだわりがある会社は木の伐採に関するイベントも行っていたりします。

 

また、コラムホームにこのようにしたいという希望を言うと、それ以上になって返ってくるという点も高評価でした。

 

スタッフ全員が楽しそうに働いているという声からは、話しかけにくさやコミュニケーション能力の低い人がいないように思えます。

 

担当者が当たりだと嬉しいですね。

 

満足度が高い口コミは?コラムホームへの感謝

コラムホームの口コミを、住宅情報サイト、ライフルホームズで確認してみると2件ありました。

 

このどちらもとても満足しているという良い口コミになっており、家に帰りたいと思えるような家作りができたと言います。

 

注文住宅は自分の理想を叶えられるものなので当たり前と言えば当たり前ですが、わがままをたくさん聞いてもらえたというところに感謝している人もいます。

 

遠慮して間取りなどの変更をしないという人もいるようですが、そこは一生に一度の大きな買い物なのでわがままを通してもらえる会社にしないと後悔するように思います。

 

幸い日本のサービス業は良いとされていますから、ルールが少ない注文住宅プランを選んでしっかり対応してもらいたいですね。

 

その財産は何十年と持つことになるので、納得できる会社選びは大切です。

 

住み心地が良い間取りを実現できるコラムホームの秘密

注文住宅を建てる時、理想と出来上がりがかけ離れていたら、それはもう詐欺の域になってしまうでしょう。

 

しかし、完成品がないのが注文住宅なので、多少なりともイメージとの違いというものは出てきてしまいます。

 

そこをカバーしたのがコラムホームで、プランニング中にCGで間取りやデザインを教えてくれます。

 

立体的にわかるのであればより想像しやすくなりますし、壁紙単体で見るよりも家全体のインテリアと照らし合わせた方が失敗しにくくなるはずです。

 

住み心地を左右する間取りにおいて失敗する不安がないというのは、家作りにおいてかなり重要と言える部分ではないでしょうか。

 

とことんこだわって話し合えるということもホームページに書かれていたので、安心して任せられると思います。

 

スタッフの写真付きの紹介を見ても、皆さん良い人そうに見えました。

 

冬に暖かい家を実現させるコラムホームの設計方法とは

冬場にも快適だと言えるような家作りができるかどうかは、ハウスメーカー選びの一つの基準です。

 

コラムホームの場合は、「パッシブ設計」というものを導入しています。

 

これは太陽の熱や風といった自然を家の中に取り入れることによって住宅設計をするもので、光熱費削減などのメリットが得られます。

 

もともと太陽光という暖かいものが自然界にあるのなら、それを家に取り入れることで暖かさを持続させようという考え方ですね。

 

気候を利用すればわざわざエネルギーを作りださなくても対応できるので、人が快適だと思える室温にすることを簡単にします。

 

暖房をガンガンに効かせればパッシブ設計でない家でも暖かいとは思いますが、それだと環境だけでなく家計にも悪影響を及ぼしてしまいます。

 

個人的には、これで光熱費が浮くなら是非とも採用したいなと思います。

 

コラムホームに感じる主婦に嬉しい魅力的なポイント

コラムホームには、家事を楽にする工夫が盛り込まれています。

 

ここは主婦にとってはかなり嬉しい魅力的なポイントではないでしょうか。

 

家が職場となる家事担当にとって、家事動線が考えられているとそれだけでかなり楽ができます。

 

子どもがいる場合には、見守りながら料理ができるような対面キッチンという選択もありますし、プレイルームを作るのは期間限定だから躊躇するという場合には、子どもが大きくなってから別のスペースとして使えるよう工夫を凝らすことができます。

 

どんなライフスタイルを送っているのか、またはこれからどんなライフスタイルを送りたいのか、ここを突き詰めて考えていけば、プロ目線での家事ラク動線を確保できるでしょう。

 

私なら、熱を使う料理中でも暑くならない空調設備が欲しいなと思ったりしますね。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

注文住宅の総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事

 

10年後のコラムホームの家のアフターサービスはどこ担当?コラムホームのアフターサービスについてですが、定期点検は家の引き渡しから1年後、2年後、5年後、10年後となっていました。10年というと保証期間としては最も短いものですが、これ以降のアフターサービスはリフォーム部が請け負うということです。コラムホームは新築を建築しますが、コラム建設というサイトの中に組み込まれています。コラム建設はリフォーム事...

 
 

8つあるコラムホームの商品のうち、最もスタンダードな坪単価コラムホームには8つの商品があります。それぞれ値段も違うのですが、ありがたいことにホームページにそれぞれの価格が表で表されています。これを見れば、どの商品がどれくらいのランクになるのかがわかります。この中で価格が中間になる「スタンダード」という商品から坪単価を計算してみると、約51万円になりました。ここがコラムホームの中間であると意識しなが...

 
 

コラムホームの外壁に関する情報は少ないコラムホームで家を建てたらどんな外壁になるのか、これはメンテナンス費用のことも考えると知っておきたいことです。実は、これといって外壁材に何を使うかという記述はないので、評判についても情報を見つけられませんでした。外壁材には、大きく分けてタイルとサイディングと塗り壁があり、このどれもにメリットとデメリットがあります。タイルは高価であると言われていますが、メンテナ...