手付金 相場

MENU

手付金の相場はケースによって変わる!

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
不動産を買う際の手付金の相場は?皆が落ちつく額を

不動産は大きな買い物ですから、それに対して手付金が必要となってきます。

 

その相場は100万円と言われており、多くの人がここで落ち着くと聞きました。

 

不動産の10%という話もありますが、例えば4000万円の買い物をしたらその手付金は400万円となり、最初にこれを支払うのは難しいという例もあります。

 

長い間時間をかけて住宅ローンとして返済していくことはできるものの、今すぐに出せる額はというと不動産価格の10%というのは現実的ではないように思います。

 

ということで、なんとなく定着していったのが100万円というキリの良いものではないでしょうか。

 

これなら頭金として用意できないこともないですし、これができないのに不動産を購入し、返済できるだけの能力があるとは言い難いです。

 

不動産を買うならまずは100万円準備ですね。

 

新築を買う時の手付金の相場はいくら?最低価格は?

新築を建てたり買ったりする場合、それに支払う手付金の相場は100万円だということを知りました。

 

不動産会社から言われた額を出したという人が最も多く、次に多いのはその価格の〇%と決まっていたからという回答を見ました。

 

それを平均すると大体100万円になるとのことです。

 

ちなみに、実際に売主の立場から業務に携わっていたという人のブログを読むと、建売住宅では新築で50万円が手付金の最低価格だと書いてありました。

 

新築物件の5~10%が手付金となるという情報もあるので、高いと300万円くらいになることもあるのでしょう。

 

自分が建てたい、買いたい家の総額がいくらになりそうなのかによって大幅に変わってきそうですね。

 

今貯蓄があるのなら、手付金は多めに払って買った後の住宅ローンを楽にする方法も良いなと思います。

 

賃貸マンションを買う時に支払う手付金の相場を予測してみた

賃貸マンションを購入する場合、その手付金は10万円が最低価格だというサイトがありました。

 

これを書いている人はもともと不動産を売る側だったことがあるとのことで、本当であればかなり信頼できる内容だと思いました。

 

最低価格ということなので相場はもう少し高くなりそうですが、新築の相場が100万円であることを考えるとここまで高くはならないでしょう。

 

最低価格というのは、賃貸の場合であれば10万円以下の手付金では相手にされないということも意味しています。

 

しかし、これくらいにまでは額を落とせるという可能性も同時に提示しているため、交渉の目安になると思いますね。

 

不動産会社に言われたままの額だと高すぎるとする記事もあるので、数万円、数十万円浮かせるためにも交渉はしておいた方が良いように思います。

 

マイホームを買うなら手付金として最低100万円は用意したい

新築を建てる時、それに支払う手付金の相場を調べてみると100万円が多かったです。

 

最低価格から最高価格まで見るとピンキリになってしまいますが、どのくらいの手付金を支払いましたかというアンケート結果を見るとやはり大体100万円が目安になっていました。

 

用意できないこともない絶妙な額だと思います。

 

家を買うことを検討しているならそれなりに貯金をしているはずですし、だから100万円はあって当然という気がします。

 

これさえ支払えないのであれば、3000万円する家などは購入できないでしょう。

 

まず、住宅ローン審査に通るのが厳しいはずです。

 

返済能力が認められて初めてお金を借りることができるので、それを証明するためにも手付金の相場くらいは最低限用意しておくべきなのでしょう。

 

まずはマイホームのための100万円が目標ですね。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

注文住宅の総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事