手付金 返ってくる

MENU

手付金が返ってくるのはどんなケース?

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
手付金が返ってくるのはどんなケース?倍戻ることもある?

契約時に手付金を支払ったのにもかかわらず、やっぱり購入を辞めたいとなれば、通常その手付金は戻ってきません。

 

何も買っていないのに10万円や100万円を支払ったことになってしまうので、契約する時には後戻りできないと思った方が良いと思いますね。

 

一方、反対に売る側がやっぱり売却を辞めたいという場合、手付金は支払った額の倍戻ってきます。

 

返ってくるかどうかを不安に思う人もいるようですが、相手が契約破棄をしたのならペナルティーはあってしかるべきでしょう。

 

ポイントは、手付金が戻ってきて白紙に戻るのではなく、倍戻ってくるところでしょう。

 

これにはキャンセルしてすみませんという謝罪の意味が込められているのかなと思います。

 

どちらにせよ、あまりこのような事態にはなりたくないのでスムーズな取引を願いましょう。

 

もっと良い賃貸を見つけた、別の賃貸に支払った手付金はどうなる?

賃貸探しをしていると、手付金を支払った物件を違う物件の方が良く見えてしまうというケースもあるでしょう。

 

しかし、この場合に手付金を支払った物件をキャンセルすると、そのお金は返ってきません。

 

返ってくるのは売主である不動産会社が契約をキャンセルした場合です。

 

このことから、手付金は買主がやっぱり買うのは辞めたと言わないようにする効力もあることがわかりますよね。

 

個人的には、良い条件の物件を探すのは見学などに必要な時間を考えるとキリがないので、ある程度の妥協も必要だと思います。

 

一度手付金を支払ったら、それ以降他の賃貸物件はもう一切調べないようにしないと、後からいいなと思うものはどうしても出てくると思うのです。

 

契約するということはもうそこで買うと決めたようなものなので、なるべく破棄はしたくないですね。

 

マンション購入で出した手付金、キャンセルしたら返ってくる?

賃貸マンションに支払う手付金は、戸建てと違って最低10万円と安くなっています。

 

とはいうものの、捨てるにはもったいない額ですよね。

 

もし手付金を支払った物件を辞めて別の物件に変更したいというのであれば、その手付金は戻ってきません。

 

契約をキャンセルしたわけですから、それについてペナルティーが科されます。

 

そもそも手付金とはそのキャンセルをされないために支払ってもらうという意味があるので当然でしょう。

 

手付金は返ってくると思っていると痛い目に遭うので、どんな形であれ売主にお金を支払った時点でそこで買うと決める必要があると思いますね。

 

手付金が1万円など、安い場合にはそれでもキャンセルして痛くも痒くもないという人がいるので、購入キャンセルの抑止力として働くくらいには捨てたら痛い額に設定されているのが特徴です。

 

土地購入で支払った手付金が返ってくる例外

土地購入で支払って手付金が返ってくるとしたら、それはどんなケースなのでしょう。

 

基本的には返ってこないのがルールなので、契約を破棄したいというのであれば、契約締結から手付け解除期日までであることが条件で解約は可能です。

 

ただ、やはり手付金は破棄しなくてはなりません。

 

もしこの期日を過ぎれば別に違約金が発生してしまうので、後になるほど損をします。

 

契約を破棄して手付金が返ってくる例外としては、契約前にしっかりとした土地の説明がなされていなかったと主張し、それを相手が認めた場合です。

 

このようなトラブルを避けるためには、やはり物件をその目でしっかりと確認しておくことだと思います。

 

しかし、土地の場合は見てもただの更地だということでこれを怠る人も多いのだと知り、少し危険だなと感じました。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

注文住宅の総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事